芦之湯・大平台・宮城野旅行記(ブログ) 一覧に戻る
久し振りに体重を量ってみると、何と自分史上最大になっていた。<br />折角の三連休だし、箱根で旧街道でも歩いてみれば運動にもなるし達成感も得られるだろう。<br />そんな計画を家族に話してみた。<br />奥様:「日月は仕事だからダメ」<br />小僧:「模試だし。だいたい歩くなんて面倒臭い。」<br />速攻却下。<br />ふん、いいさ。一人で行ってやる。<br />ってんで、気ままに箱根一人旅。<br /><br />さて前編は、箱根湯本から芦之湯まで箱根旧街道を歩くの巻でござる。<br /><br />【後編】仙石高原すすき野を歩く<br />http://4travel.jp/travelogue/10954264

箱根旧街道を歩き、飛竜の滝・芦之湯へ

21いいね!

2014/11/02 - 2014/11/03

45位(同エリア144件中)

2

45

久し振りに体重を量ってみると、何と自分史上最大になっていた。
折角の三連休だし、箱根で旧街道でも歩いてみれば運動にもなるし達成感も得られるだろう。
そんな計画を家族に話してみた。
奥様:「日月は仕事だからダメ」
小僧:「模試だし。だいたい歩くなんて面倒臭い。」
速攻却下。
ふん、いいさ。一人で行ってやる。
ってんで、気ままに箱根一人旅。

さて前編は、箱根湯本から芦之湯まで箱根旧街道を歩くの巻でござる。

【後編】仙石高原すすき野を歩く
http://4travel.jp/travelogue/10954264

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
私鉄 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
2.5
グルメ
4.0
交通
4.0

PR

  • 先ずは小田急株主優待乗車証を購入して小田原まで。<br />11時過ぎに小田原到着。<br />朝ご飯も食べずに来たので腹ごしらえしよう。<br />箱根湯本でも良いが、小田原の方が平均的に安くて旨いので小田原で昼食を摂る事にした。<br /><br />駅前に出ると真新しい地下街が出来ていた。<br />HaRuNe小田原と言うんだそうだが、何と今朝営業を開始したばかり。<br />山安の支店があって、金目鯛の干物がオープン特価で並んでいた。<br />明日帰りに寄って買っていこう。

    先ずは小田急株主優待乗車証を購入して小田原まで。
    11時過ぎに小田原到着。
    朝ご飯も食べずに来たので腹ごしらえしよう。
    箱根湯本でも良いが、小田原の方が平均的に安くて旨いので小田原で昼食を摂る事にした。

    駅前に出ると真新しい地下街が出来ていた。
    HaRuNe小田原と言うんだそうだが、何と今朝営業を開始したばかり。
    山安の支店があって、金目鯛の干物がオープン特価で並んでいた。
    明日帰りに寄って買っていこう。

    ハルネ小田原 市場・商店街

  • とりあえず混み合う地下街はスルーして地上へ。<br />適当にうろうろしていたら人だかりが見えた。<br />サカナ・キュイジーヌ・リョウ。<br />開店は11時半だが、開店15分前でこんな感じだったので並んでみた。<br />暫く並んでいたが、11時20分頃に店内に案内された。

    とりあえず混み合う地下街はスルーして地上へ。
    適当にうろうろしていたら人だかりが見えた。
    サカナ・キュイジーヌ・リョウ。
    開店は11時半だが、開店15分前でこんな感じだったので並んでみた。
    暫く並んでいたが、11時20分頃に店内に案内された。

    サカナキュイジーヌ・リョウ グルメ・レストラン

  • 各30食限定のランチが4種類。<br />まかない丼ってのがあったので、面白そうだから注文してみた。<br /><br />これが まかない丼。<br />色々な魚の刺身がサイコロ状に切られて丼に盛られている。<br />これ、実は半分くらいが刺身で、もしかするとご飯より多いかもしれない。<br />刺身に適度に味付けがされており、丁度良い按配で散らされた茗荷がアクセント。かなり美味しい。<br />税込で千円ちょっとと値段も申し分ない。<br />ダイエット目的で歩きに来たのにのっけからガッツリ食ってしまった。

    各30食限定のランチが4種類。
    まかない丼ってのがあったので、面白そうだから注文してみた。

    これが まかない丼。
    色々な魚の刺身がサイコロ状に切られて丼に盛られている。
    これ、実は半分くらいが刺身で、もしかするとご飯より多いかもしれない。
    刺身に適度に味付けがされており、丁度良い按配で散らされた茗荷がアクセント。かなり美味しい。
    税込で千円ちょっとと値段も申し分ない。
    ダイエット目的で歩きに来たのにのっけからガッツリ食ってしまった。

  • さて、箱根湯本に到着。<br />蛇足だが小田急株主優待乗車証は小田原までが有効区間。小田原より先は別途料金が必要なので、湯本まで直接行く電車に乗られた方は注意されたい。<br /><br />写真は箱根湯本駅正面のあじさい橋。<br />右側が湯本富士屋ホテルになる。<br />箱根からの第一歩はこの橋を渡るところから。

    さて、箱根湯本に到着。
    蛇足だが小田急株主優待乗車証は小田原までが有効区間。小田原より先は別途料金が必要なので、湯本まで直接行く電車に乗られた方は注意されたい。

    写真は箱根湯本駅正面のあじさい橋。
    右側が湯本富士屋ホテルになる。
    箱根からの第一歩はこの橋を渡るところから。

  • 今回の徒歩ルートを4つの地図に分けて書き記す。<br /><br />最初の地図は、箱根湯本〜箱根湯本ホテル付近 のエリア<br /><br />早雲寺まで山登りの道を選んでショートカットする処から始まる。

    今回の徒歩ルートを4つの地図に分けて書き記す。

    最初の地図は、箱根湯本〜箱根湯本ホテル付近 のエリア

    早雲寺まで山登りの道を選んでショートカットする処から始まる。

  • あじさい橋を渡り切るとすぐに突当り。<br />そこにこの看板。<br />右が『健脚向き』らしいのでそちらに行ってみた。<br /><br />■地図上 №①地点

    あじさい橋を渡り切るとすぐに突当り。
    そこにこの看板。
    右が『健脚向き』らしいのでそちらに行ってみた。

    ■地図上 №①地点

  • こりゃあ正に健脚向きだわ。<br />結構キツイ山登りコース。<br />登り切ると早雲公園と言うスペースがあり、そこから下ると早雲寺の傍に至る。<br />確かに地図上ではショートカットできたが、平坦路を大回りするより余計な体力を使ってしまったように感じる。<br /><br />■地図上 №②地点

    こりゃあ正に健脚向きだわ。
    結構キツイ山登りコース。
    登り切ると早雲公園と言うスペースがあり、そこから下ると早雲寺の傍に至る。
    確かに地図上ではショートカットできたが、平坦路を大回りするより余計な体力を使ってしまったように感じる。

    ■地図上 №②地点

  • 早雲寺<br />工事中で、概ね立ち入りが禁止になっていた。<br />とりあえず鐘撞堂を撮影。

    早雲寺
    工事中で、概ね立ち入りが禁止になっていた。
    とりあえず鐘撞堂を撮影。

  • 早雲寺から白山神社に出て、そこから旧東海道を東に進む。<br />2kmちょっと歩くと山紫園近くに至る。<br />右側に山紫園、左側に天山湯治郷900mの看板が目印。<br />(箱根湯本ホテルまで行っちゃったら行き過ぎ)<br />ここで右下の側道を下る。<br /><br />■地図上 №③地点

    早雲寺から白山神社に出て、そこから旧東海道を東に進む。
    2kmちょっと歩くと山紫園近くに至る。
    右側に山紫園、左側に天山湯治郷900mの看板が目印。
    (箱根湯本ホテルまで行っちゃったら行き過ぎ)
    ここで右下の側道を下る。

    ■地図上 №③地点

    台の茶屋 グルメ・レストラン

  • これが最初の箱根旧街道の石畳。<br /><br />如何にも旧街道の佇まい。<br />良いねぇ。

    これが最初の箱根旧街道の石畳。

    如何にも旧街道の佇まい。
    良いねぇ。

    台の茶屋 グルメ・レストラン

  • 更に下って猿橋を渡る。<br /><br />■地図上 №④地点

    更に下って猿橋を渡る。

    ■地図上 №④地点

  • 猿橋を越えると上りになり、旧街道を登っていくと先程まで歩いていた旧東海道に戻る。<br />結局下って上っただけなんだが、旧街道の雰囲気は味わえた。<br />この辺りを歩かれる方は是非。<br /><br />■地図上 №⑤地点

    猿橋を越えると上りになり、旧街道を登っていくと先程まで歩いていた旧東海道に戻る。
    結局下って上っただけなんだが、旧街道の雰囲気は味わえた。
    この辺りを歩かれる方は是非。

    ■地図上 №⑤地点

  • さて、旧東海道を更に進むと天山湯治郷に至る。<br />いつもは自動車で伺っており、歩いてなんて行く気にもなれなかったのだが、意外や簡単に辿り着いてしまった。<br /><br />本日は入場制限中。<br />人気があるので珍しくも無いが、この日ばかりは混みようが凄く、写真左奥にまだ10台程が並んでいた。

    さて、旧東海道を更に進むと天山湯治郷に至る。
    いつもは自動車で伺っており、歩いてなんて行く気にもなれなかったのだが、意外や簡単に辿り着いてしまった。

    本日は入場制限中。
    人気があるので珍しくも無いが、この日ばかりは混みようが凄く、写真左奥にまだ10台程が並んでいた。

    天山湯治郷 温泉

    【貸座敷・離れ雲】個室を利用し秘湯的な奥の湯を楽しむ by TaxNaXさん
  • 緩やかな上り坂を更に進む。<br />箱根大天狗山神社 別院 天聖院。<br />派手だ・・・。

    緩やかな上り坂を更に進む。
    箱根大天狗山神社 別院 天聖院。
    派手だ・・・。

    箱根大天狗山神社 寺・神社

  • 天聖院を通り越して暫く歩くと須雲川ICに至る。<br /><br />二番目の地図は、須雲川IC〜須雲川自然探勝歩道 のエリア

    天聖院を通り越して暫く歩くと須雲川ICに至る。

    二番目の地図は、須雲川IC〜須雲川自然探勝歩道 のエリア

  • 天聖院から更に歩き、須雲川ICの前を通過すると、須雲川集落に入る。<br /><br />■地図上 №⑥地点

    天聖院から更に歩き、須雲川ICの前を通過すると、須雲川集落に入る。

    ■地図上 №⑥地点

    須雲川 自然・景勝地

  • 須雲川集落を抜けて暫く進むと鎖雲寺。<br />写真は鎖雲寺隣の霊泉の滝。<br />今日はちょろちょろだった。<br /><br />■地図上 №⑦地点

    須雲川集落を抜けて暫く進むと鎖雲寺。
    写真は鎖雲寺隣の霊泉の滝。
    今日はちょろちょろだった。

    ■地図上 №⑦地点

  • 須雲川自然探勝歩道 入口。<br />ここから旧街道を進む。<br /><br />■地図上 №⑧地点

    須雲川自然探勝歩道 入口。
    ここから旧街道を進む。

    ■地図上 №⑧地点

    須雲川自然探勝歩道 公園・植物園

  • 入口近くに結構綺麗な手洗いがあるので、用を足してから進む。

    入口近くに結構綺麗な手洗いがあるので、用を足してから進む。

  • ちょっとアスレチック的な印象で、確かに自然探勝歩道ではあるが、あまり旧街道の雰囲気は感じない。

    ちょっとアスレチック的な印象で、確かに自然探勝歩道ではあるが、あまり旧街道の雰囲気は感じない。

  • いきなりこんな丸太橋が出現<br />ここを渡る。<br />川の水量が多い時は無理して渡らず、奥の鉄橋を渡れと書いてあった。<br /><br />■地図上 №⑨地点

    いきなりこんな丸太橋が出現
    ここを渡る。
    川の水量が多い時は無理して渡らず、奥の鉄橋を渡れと書いてあった。

    ■地図上 №⑨地点

  • 丸太橋を渡り、坂を上り切った処から左手を撮影。<br />奥に見えるのが鉄橋。<br />丸太橋を渡らない場合はこの鉄橋を渡る。<br /><br />さて、これから進むのは逆方向。

    丸太橋を渡り、坂を上り切った処から左手を撮影。
    奥に見えるのが鉄橋。
    丸太橋を渡らない場合はこの鉄橋を渡る。

    さて、これから進むのは逆方向。

  • すぐに旧東海道に戻る。<br />戻ってすぐ左側に須雲川自然探勝歩道の続きがあるのでそこに入る。<br />(写真中央)

    すぐに旧東海道に戻る。
    戻ってすぐ左側に須雲川自然探勝歩道の続きがあるのでそこに入る。
    (写真中央)

  • ここが入口<br /><br />■地図上 №⑩地点

    ここが入口

    ■地図上 №⑩地点

  • ここの石畳は綺麗に維持されており、見応えがあった。

    ここの石畳は綺麗に維持されており、見応えがあった。

  • 先程の石畳は後世補完されたものだそうで、江戸時代に敷設された石畳は幾つかの区間に渡れて保存されている。<br />昔の人はこんな道を歩いて箱根を越えていたのかと思うと感慨深いものがある。<br /><br />■地図上 №⑪地点

    先程の石畳は後世補完されたものだそうで、江戸時代に敷設された石畳は幾つかの区間に渡れて保存されている。
    昔の人はこんな道を歩いて箱根を越えていたのかと思うと感慨深いものがある。

    ■地図上 №⑪地点

  • 綺麗な石畳が続く<br /><br />この先、石畳を暫く歩くと須雲川自然探勝歩道は旧東海道に突き当たる。

    綺麗な石畳が続く

    この先、石畳を暫く歩くと須雲川自然探勝歩道は旧東海道に突き当たる。

  • 三番目の地図は、須雲川自然探勝歩道西端〜飛竜の滝 のエリア

    三番目の地図は、須雲川自然探勝歩道西端〜飛竜の滝 のエリア

  • 旧東海道を少し進むと、またしても箱根旧街への入口がある。<br />迷わずここを下る。<br /><br />■地図上 №⑫地点

    旧東海道を少し進むと、またしても箱根旧街への入口がある。
    迷わずここを下る。

    ■地図上 №⑫地点

    大澤坂石畳 名所・史跡

  • 大澤坂と言うのだそうだが、この先は山も深みがあり、雨上がりで石畳が濡れている事もあって、味わい深い道だった。<br /><br />■地図上 №⑬地点

    大澤坂と言うのだそうだが、この先は山も深みがあり、雨上がりで石畳が濡れている事もあって、味わい深い道だった。

    ■地図上 №⑬地点

    大澤坂石畳 名所・史跡

  • おっと蟹さんめっけ。<br /><br />この他にも2匹ほど発見した。

    おっと蟹さんめっけ。

    この他にも2匹ほど発見した。

  • やっとこさ旧東海道に戻る。<br />この先、畑宿方面に歩く。<br /><br />■地図上 №⑭地点

    やっとこさ旧東海道に戻る。
    この先、畑宿方面に歩く。

    ■地図上 №⑭地点

  • 畑宿の寄木工芸館を通り過ぎた辺りにこの案内板。<br />かなり心が揺らいだ。<br />時刻は午後3時。<br />箱根旧街道を甘酒茶屋の方に進んで芦ノ湖に出る予定だったが、その経路だと芦ノ湖に着く頃には暗くなっている筈。<br />今日は芦之湯まで歩いて温泉に浸かるつもりだったので、これでは日のある内に芦之湯に辿り着くのは不可能。<br /><br />って事で予定変更。<br />チャレンジだが、芦之湯方面にショートカットする事にした。<br /><br />■地図上 №⑮地点

    畑宿の寄木工芸館を通り過ぎた辺りにこの案内板。
    かなり心が揺らいだ。
    時刻は午後3時。
    箱根旧街道を甘酒茶屋の方に進んで芦ノ湖に出る予定だったが、その経路だと芦ノ湖に着く頃には暗くなっている筈。
    今日は芦之湯まで歩いて温泉に浸かるつもりだったので、これでは日のある内に芦之湯に辿り着くのは不可能。

    って事で予定変更。
    チャレンジだが、芦之湯方面にショートカットする事にした。

    ■地図上 №⑮地点

    飛龍の滝 自然・景勝地

  • 飛竜の滝 自然探勝歩道に踏み入る。<br />案内板の通りなら日のある内に1号線に出られる筈。<br /><br />ところが、これが参った参った。<br />最初から急坂だったが、最初はコンクリート舗装だったのに途中からこんな岩ごろごろの斜面に変わる。<br />結構キツイ道だった。<br /><br />■地図上 №⑯地点

    飛竜の滝 自然探勝歩道に踏み入る。
    案内板の通りなら日のある内に1号線に出られる筈。

    ところが、これが参った参った。
    最初から急坂だったが、最初はコンクリート舗装だったのに途中からこんな岩ごろごろの斜面に変わる。
    結構キツイ道だった。

    ■地図上 №⑯地点

    飛龍の滝 自然・景勝地

  • 思ったより長く上った所でT字路に突当った。<br />道案内があって、100m左が飛竜の滝らしい。<br />ここまで来たのだから拝んでいくかと左に進む。<br />歩くとすぐにこんな沢。

    思ったより長く上った所でT字路に突当った。
    道案内があって、100m左が飛竜の滝らしい。
    ここまで来たのだから拝んでいくかと左に進む。
    歩くとすぐにこんな沢。

    飛龍の滝 自然・景勝地

  • さらに奥に進むと、沢の上に杜に囲まれた見事な滝があった。<br /><br />飛竜の滝<br /><br />大規模な滝にも勿論魅力はあるが、上流の清い滝には人を遠ざけて淡々と時を刻む清楚な魅力を感じる。<br />こういった予定に無い出会いが一人旅の魅力だろう。<br /><br />■地図上 №⑰地点

    さらに奥に進むと、沢の上に杜に囲まれた見事な滝があった。

    飛竜の滝

    大規模な滝にも勿論魅力はあるが、上流の清い滝には人を遠ざけて淡々と時を刻む清楚な魅力を感じる。
    こういった予定に無い出会いが一人旅の魅力だろう。

    ■地図上 №⑰地点

    飛龍の滝 自然・景勝地

  • 飛竜の滝を後にして、一路芦之湯へ。<br /><br />四番目の地図は、飛竜の滝〜芦之湯 のエリア

    飛竜の滝を後にして、一路芦之湯へ。

    四番目の地図は、飛竜の滝〜芦之湯 のエリア

  • 飛竜の滝を後にしてもまだまだ上り道は続く。<br />飛竜の滝から少し進むと、今度は林道に入る。<br />木立の脇には枝打ちされた後の枝が綺麗に並んで積まれ、人が大事に育む森である事を物語る。<br />育ちの関係で山は慣れているが、森を美しく管理する方には敬意を表したい。<br /><br />■地図上 №⑱地点

    飛竜の滝を後にしてもまだまだ上り道は続く。
    飛竜の滝から少し進むと、今度は林道に入る。
    木立の脇には枝打ちされた後の枝が綺麗に並んで積まれ、人が大事に育む森である事を物語る。
    育ちの関係で山は慣れているが、森を美しく管理する方には敬意を表したい。

    ■地図上 №⑱地点

  • ようやく1号線に出た。<br /><br />出たところで芦之湯の山形屋に電話してみたが、誰も出てくれない。<br />不安感を持ちながら芦之湯方面に歩を進める。<br /><br />■地図上 №⑲地点

    ようやく1号線に出た。

    出たところで芦之湯の山形屋に電話してみたが、誰も出てくれない。
    不安感を持ちながら芦之湯方面に歩を進める。

    ■地図上 №⑲地点

  • 芦之湯・山形屋<br /><br />芦之湯は箱根でもお気に入りの湯。<br />山形屋は初めてだが、良い湯だと言う事なので一度伺ってみたいと思っていた。<br />ただ、電話にも出てくれないし、見た目どうもお休みのご様子。<br />三連休中日なのに?<br /><br />■地図上 №⑳地点

    芦之湯・山形屋

    芦之湯は箱根でもお気に入りの湯。
    山形屋は初めてだが、良い湯だと言う事なので一度伺ってみたいと思っていた。
    ただ、電話にも出てくれないし、見た目どうもお休みのご様子。
    三連休中日なのに?

    ■地図上 №⑳地点

    山形屋 宿・ホテル

  • ダメ元で玄関の扉に手を掛けるとあっさり開いた。<br />「御免下さ〜い」<br />「・・・・・」<br />う〜ん、真っ暗だし、誰も応えてくれないし、やっぱりお休みなのかな・・・。

    ダメ元で玄関の扉に手を掛けるとあっさり開いた。
    「御免下さ〜い」
    「・・・・・」
    う〜ん、真っ暗だし、誰も応えてくれないし、やっぱりお休みなのかな・・・。

  • ん?<br />良ーく見ると、カウンターに何やら書かれたものが見える。<br />上がりこんで見てみるとご覧の通り。<br /><br />なんちゅういい加減な・・・<br />そう思いながらも小銭入の中から500円玉を取り出してポストの中へ。<br />落ちる音から底には殆どコインはないと分かる。<br /><br />空いてるんだろうな、と思いながら、勝手にスリッパを履いて奥に進む。

    ん?
    良ーく見ると、カウンターに何やら書かれたものが見える。
    上がりこんで見てみるとご覧の通り。

    なんちゅういい加減な・・・
    そう思いながらも小銭入の中から500円玉を取り出してポストの中へ。
    落ちる音から底には殆どコインはないと分かる。

    空いてるんだろうな、と思いながら、勝手にスリッパを履いて奥に進む。

  • 館内は真っ暗。<br />人影も見られない。<br />

    館内は真っ暗。
    人影も見られない。

  • お化け屋敷のように暗い館内をうろうろして、ようやく風呂場を見つけた。<br />先客がお一人。<br />その方もすぐに出て行かれたので、殆ど一人で過ごさせて貰った。<br />硫黄泉芦之湯の源泉賭け流し。<br />写真右の瓶には湯冷ましの源泉が溜められ、風呂の湯を冷ます際は水は用いず湯冷ましの温泉で冷ませと書いてある。<br />何とも良心的。<br />シャワーはあるもののお湯は出ない。こりゃあ自分好み。<br />湯も良いし、静かだし、秘湯感もあるし、良い風呂だった。<br /><br />疲れた足をマッサージしながら40分ほど温まって、今夜の宿パンシオンに向かった。

    お化け屋敷のように暗い館内をうろうろして、ようやく風呂場を見つけた。
    先客がお一人。
    その方もすぐに出て行かれたので、殆ど一人で過ごさせて貰った。
    硫黄泉芦之湯の源泉賭け流し。
    写真右の瓶には湯冷ましの源泉が溜められ、風呂の湯を冷ます際は水は用いず湯冷ましの温泉で冷ませと書いてある。
    何とも良心的。
    シャワーはあるもののお湯は出ない。こりゃあ自分好み。
    湯も良いし、静かだし、秘湯感もあるし、良い風呂だった。

    疲れた足をマッサージしながら40分ほど温まって、今夜の宿パンシオンに向かった。

  • 午後5時過ぎだと言うのにこの暗さ。<br />しかも小雨が降り、ガスっていて視界が利かない。<br />そういう事で、芦之湯バス停からバスで小涌園に行く事にした。<br />ただ・・・、三連休中日という事で道路は大変な混雑。<br />小涌園までの約4kmに40分程を要するハメに。<br /><br />なかなか楽しい旅路だったが、疲れた疲れた。<br /><br />後編 『仙石高原すすき野を歩く』編に続く<br />http://4travel.jp/travelogue/10954264

    午後5時過ぎだと言うのにこの暗さ。
    しかも小雨が降り、ガスっていて視界が利かない。
    そういう事で、芦之湯バス停からバスで小涌園に行く事にした。
    ただ・・・、三連休中日という事で道路は大変な混雑。
    小涌園までの約4kmに40分程を要するハメに。

    なかなか楽しい旅路だったが、疲れた疲れた。

    後編 『仙石高原すすき野を歩く』編に続く
    http://4travel.jp/travelogue/10954264

この旅行記のタグ

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • わんぱく大将さん 2014/11/25 09:55:03
    よく歩かれましたね
    TaxNaXさん

    ちょっと一人では怖いかな、と思いつつ拝見させていただきました。
    しかし、最後のお風呂。 連休になんで人がおらんの?って。 社員旅行で別の温泉に、ってなことはないか。 しかし、一人位おってもよさそうではないですか。 わたしゃ農道を2時間ばかり、この日曜日に。こんな味も素っ気もなく、飼料の匂いだけがぷ〜ん、と。今日は脚より腰がパンパン。汗かきまくりでした。

     大将

    TaxNaX

    TaxNaXさん からの返信 2014/11/25 22:55:35
    RE: よく歩かれましたね
    わんぱく大将さん

    おいで頂き有難うございます。
    15km余りの距離ですがずっと上り坂で、滝の辺りは結構な登山
    でしたので、30km以上歩いた気分です。

    実は山形屋に伺うのはこれが三度目ですが、過去二度は玄関に鍵
    がかかっている状態で、今回が三度目の正直。
    今回初めて温泉に浸かる事が出来ました。
    でも、いまだに旅館の方にはどなたにも会ってないんですね。
    こんなんで経営大丈夫なのか?

    農道を歩かれたんですか。
    広い土地の農道って景色の変化が少ないので、実際歩いた距離
    以上に長く歩いた気がするんですよね。
    お疲れ様です。

    TaxNaX


    > TaxNaXさん
    >
    > ちょっと一人では怖いかな、と思いつつ拝見させていただきました。
    > しかし、最後のお風呂。 連休になんで人がおらんの?って。 
    > 社員旅行で別の温泉に、ってなことはないか。 
    > しかし、一人位おってもよさそうではないですか。 
    > わたしゃ農道を2時間ばかり、この日曜日に。
    > こんな味も素っ気もなく、飼料の匂いだけがぷ〜ん、と。
    > 今日は脚より腰がパンパン。汗かきまくりでした。
    >
    >  大将

TaxNaXさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集