東京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
動植物の固有種が多いことから、東洋のガラパゴスと言われている小笠原諸島だが、景観的には父島も母島も特段普通の島である。だが、南島に関しては、本当にガラパゴス諸島のような景色が広がっており、一見の価値があります。

東洋のガラパゴス 小笠原南島

5いいね!

2005/09/28 - 2005/10/03

40262位(同エリア63122件中)

旅行記グループ 離島

4

29

JTB

JTBさん

動植物の固有種が多いことから、東洋のガラパゴスと言われている小笠原諸島だが、景観的には父島も母島も特段普通の島である。だが、南島に関しては、本当にガラパゴス諸島のような景色が広がっており、一見の価値があります。

PR

  • 父島のとびうお桟橋から小舟で渡ります。<br /><br />1日の入島者数が100人と制限されています。<br />また、船に乗る前に靴底の泥をブラシで落して、<br />植物の種が持込まれないようにします。<br />

    父島のとびうお桟橋から小舟で渡ります。

    1日の入島者数が100人と制限されています。
    また、船に乗る前に靴底の泥をブラシで落して、
    植物の種が持込まれないようにします。

  • 二見湾を抜けるとすぐに南島が見えてきます

    二見湾を抜けるとすぐに南島が見えてきます

  • 島に近づくと、突然海の色がかわります。

    島に近づくと、突然海の色がかわります。

  • 南島の東側から南へ回り込みます。海流の早いところで、波をかぶります。

    南島の東側から南へ回り込みます。海流の早いところで、波をかぶります。

  • 上陸前に、国立公園・特別保護地区を歩く上での諸注意を受けます。

    上陸前に、国立公園・特別保護地区を歩く上での諸注意を受けます。

  • 奥の、石灰岩の岩からドライランディングします。

    奥の、石灰岩の岩からドライランディングします。

  • 上陸地点は鮫池と呼ばれる湾になっています。

    上陸地点は鮫池と呼ばれる湾になっています。

  • 我々の利用した、アイッパラ?号。

    我々の利用した、アイッパラ?号。

  • 湾への入口は、難所で船頭さんの腕の見せ所です。

    湾への入口は、難所で船頭さんの腕の見せ所です。

  • 東京都の新東京百景に選ばれている、扇池。

    東京都の新東京百景に選ばれている、扇池。

  • こちらは、北側の陰陽池

    こちらは、北側の陰陽池

  • 歩けるのは陰陽池までとなります。

    歩けるのは陰陽池までとなります。

  • 後発組がやってきました。

    後発組がやってきました。

  • 扇池を中心に、1時間程度かけて観光します。

    扇池を中心に、1時間程度かけて観光します。

  • シュノーケリングツアーなどで、大きい船を利用する場合は、扇池の外に船を待たせて、泳いで入島します。

    シュノーケリングツアーなどで、大きい船を利用する場合は、扇池の外に船を待たせて、泳いで入島します。

  • 波が荒かったので、皆けっこう苦労してます。

    波が荒かったので、皆けっこう苦労してます。

  • ラピエと呼ばれる石灰岩が永い年月をかけて風化して出来た岩。トカゲが沢山います。

    ラピエと呼ばれる石灰岩が永い年月をかけて風化して出来た岩。トカゲが沢山います。

  • ビーチ一面に、ヒロベソカタマイマイの化石群が見られます。

    ビーチ一面に、ヒロベソカタマイマイの化石群が見られます。

  • 1000〜2000年前に絶滅した、ヒロベソカタマイマイの半化石です。

    1000〜2000年前に絶滅した、ヒロベソカタマイマイの半化石です。

  • 当初は希少価値が高かったのですが、砂の中に山ほど埋っているので、現在では化石群の中を歩いてしまっています。でも持出しは厳禁です。

    当初は希少価値が高かったのですが、砂の中に山ほど埋っているので、現在では化石群の中を歩いてしまっています。でも持出しは厳禁です。

  • 南島内部のパノラマです

    南島内部のパノラマです

  • 南島の東側のパノラマです。海中公園地区に指定されています。

    南島の東側のパノラマです。海中公園地区に指定されています。

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

離島

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • Tedさん 2006/06/04 05:09:41
    なつかしい
    はじめまして、JTBさん

    南の島は、本当に綺麗ですね。素敵な写真ありがとうございます。

    私は、いまから30年ぐらい前に行きました。
    写真を見ると当時とまるっきり変わっていませんね。嬉しいです。

    父島から、行くまでの海で30m以上の海底が見えたのを良く覚えています。ここでの経験でその後スキューバのCカードとってしまいました。

    海の綺麗さは、ガラパゴス以上だと思います。

    また行って見たくなりました。

    Ted
    (PS)パノラマ写真どうやって撮られたのですか?

    JTB

    JTBさん からの返信 2006/06/05 21:44:25
    RE: なつかしい
    Ted さんはじめまして!

     南島の閲覧ありがとうございました。
    30年も前に行かれたのですね。
    私の行ったときは、母島も父島もずっと雨続きで、
    最終日の南島だけが快晴で、ここだけが唯一の南国でした。

    Tedさんはガラパゴスにも行かれているんですね。
    南島の女性ガイドさんも、行ったことがあるということで、
    話が弾みました。

    パノラマ写真については、簡単ですよ。
    デジカメ(オリンパス)の、パノラマモードで端が重なるように
    連続して撮影すれば、後はパソコンで付属のソフトが歪みを
    自動的に補正しながら接続してくれます。

    JTB
  • 花やんさん 2005/10/23 16:26:39
    初めて拝見します。
    私は約20年前父島へ仕事で行き、ついでに観光しました。
    南島はその時は話も聞きませんでした。
    今度小笠原丸が高速化されてチャンスがあれば訪れたいと思います。
    ありがとうございました。
    (当時お世話になった民宿とは今でも時々メール・電話で交流しています)
    小笠原観光協会からも定期的にメールをいただいています。

    http://www.ogasawaramura.com/

    JTB

    JTBさん からの返信 2005/10/24 23:04:57
    RE: 初めて拝見します。
    花やんさん はじめまして

     私も、南島はまったく知りませんでした。昨年行った同僚の
    写真を見て、初めてこんな島があるんだと知りました。
    小笠原への高速艇は、燃料の高騰で暗礁に乗上げているようですね。
    でも、今度の速い船は、70kmものスピードが出るので、甲板には
    出られません。逆に旅が長く感じられるのではないでしょうか?

    花やんさんの、風の盆を見させていただきました。
    これが今、日経新聞の連載小説で話題の『愛の流刑地』に出てくる
    風の盆なのですね。
    (主人公が風の盆を見に行って知り合った主婦と不倫して最後には
    殺してしまうという小説で、あまりにも性描写が激しいので苦情が
    多発しているそうです)
    それにしても、25歳以下だけ踊れるというのは、いいことですね。
    勉強になりました。

    JTB

JTBさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

東京の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集