旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

kemurさんのトラベラーページ

kemurさんのクチコミ全5件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • シンバヒルズ国立保護区

    投稿日 2014年07月27日

    モンバサ

    総合評価:4.5

    あまり観光客が訪れないマニアックな保護区です。ケニアで唯一、セーブルアンテロープが生息しており、それが保護区設立の理由にもなっています。「セーブルアンテロープ・・・たまらない!どうしても見たい!」という方におすすめの保護区です(もちろん見られるかどうかは運次第)。コンパクトな保護区ですが、サファリにシェルドリク滝へのトレッキングも組み合わせると楽しい1日を過ごせること間違いなしです。雨季は草丈が高くなり、動物観察は難しそうです。見られる動物は、セーブルアンテロープ、キリン、ゾウ、バッファロー、インパラ(以上がShimbahills・Big5とのこと)、バブーン、イボイノシシなど。昼食を撮ったシンバヒルズロッジでは、ヤブリスとミズオオトカゲが見られました。ライオン等の大型ネコ科動物は見られません。ヒョウが生息しているようですが運がよくないと見られないとのこと。

    旅行時期
    2013年08月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    4.0
    モンバサから近いです。
    コストパフォーマンス:
    5.0
    景観:
    3.5
    人混みの少なさ:
    5.0

  • 動物だけじゃない、壮大な景色も見どころです!

    投稿日 2011年02月02日

    セレンゲティ国立公園 セレンゲティ国立公園周辺

    総合評価:5.0

    ケニアのマサイマラと繋がっているタンザニアの大平原です。
    (ヌーが大移動するのはマサイマラ⇔セレンゲティです。)

    日本の四国とほぼ同じ面積の広大な草原で、時には
    動物ウォッチングを忘れてしまうほど素晴らしい景色が広がっています。

    環境への配慮として、サファリカーは規定の道路以外の
    走行は禁止されているため、マサイマラと比べると
    動物との距離が遠くなってしまうことも
    多々ありますが、それを考慮しても素晴らしいサファリを
    楽しめるはずです。

    広さが半端ではないため、じっくり滞在したいところです。

    マサイマラよりもアクセスは悪いですし、
    サファリ・インフレも劣るかもしれませんが
    より土臭くワイルドなサファリを楽しみたい方におすすめです。

    旅行時期
    2011年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    2日以上
    アクセス:
    3.0
    飛行機またはアルーシャから車
    コストパフォーマンス:
    3.0
    景観:
    5.0
    人混みの少なさ:
    5.0

  • クレーターの底に広がる動物たちの楽園

    投稿日 2011年02月02日

    ンゴロンゴロ保全地域 ンゴロンゴロ自然保護区周辺

    総合評価:5.0

    アルーシャから車で2~3時間くらいで到着。
    自分はケニアから国境を越えて行ったので、
    国境越え&昼食を含めて9~10時間かかりました。
    舗装されていない道路もあり、それなりに大変かもしれません。

    広大なクレーターの底に草原が広がっており、
    まさに「動物たちの楽園」といった感じです。

    朝はクレーター(の山の部分)が雲で覆われるので、
    絶景を楽しめました(2010年8月)。

    キリンは生息していないそうです。
    湖に集まるフラミンゴが有名ですが、湖の塩分濃度が
    変わると集まらなくなるそうです。

    ガイド兼ドライバー曰く、ンゴロンゴロで
    ヒョウ、クロサイ、チーターに出会うのは難しいそうですが
    運もあるのでなんとも言えません。
    生息頭数が極端に少ないのは確かなようです。

    マサイマラやセレンゲティよりも高地にあるせいか、
    朝夕はとても冷え込みます。

    旅行時期
    2010年08月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    1日
    アクセス:
    3.0
    コストパフォーマンス:
    3.0
    景観:
    5.0
    人混みの少なさ:
    4.0

  • シュクドゥ・ゲーム・ロッジ Tshukudu Game Lodge

    投稿日 2011年02月02日

    クルーガー国立公園周辺

    総合評価:5.0

    【食事】
    全てビュッフェ形式。日本人の口にも合うと思いました。
    とても美味しかったです。

    【部屋】
    全てコテージタイプ。ベッドには蚊帳、虫よけスプレー、ケトル、
    コーヒー&紅茶あり。お湯も問題なく出ました。
    プラグは南ア専用のものがよいと思います。

    【アクティビティ】
    朝食前の「チーターウォーク」(2011年1月現在)、午前と午後のゲームドライブ。
    2泊するとナイトサファリが1回催行されます。

    【過ごし方】
    担当のレンジャー1名と乗客(2名~最大8名くらい)がチームになり
    1日3食+ゲームドライブ2回を一緒に過ごします。
    ですので英語ができないと厳しいロッジかも・・・
    (自分はカタコトで、苦労しました)

    【チーター】
    保護区内にチーター4頭が過ごしており、遊ぶことができました(2011年1月現在)。
    万が一、怪我等を負った場合は自己責任になります。
    (免責事項の確認があります)
    ロッジの周辺にいることもありましたが、基本は毎日どこにいるか
    わからないので、レンジャーにリクエストして
    探してもらうのがよいと思います。

    その他、2011年1月現在では子供のライオンやカラカルに触ったり、
    リカオンやキングチーターの飼育エリアに入ることができました。
    動物の成長によっても変動があるらしいので、あくまで参考程度で
    お願いいたします。

    2010年12月~2011年1月のタイムテーブルは下記の内容でした。
    天候や動物の体調によっても変動するそうです。

    6:15 モーニングティータイム
    6:30 チーターウォーク
    8:00 朝食
    9:00~12:00 ゲームドライブ
    12:30 昼食
    ~フリータイム~
    16:00~19:00 ゲームドライブ
    19:30 夕食
    20:30~21:30 ナイトゲームドライブ ※2泊目のみ

    旅行時期
    2011年01月
    利用した際の同行者
    友人
    1人1泊予算
    30,000円 未満
    コストパフォーマンス:
    3.0
    サービス:
    4.0
    バスルーム:
    3.0
    ロケーション:
    4.0
    客室:
    3.0

  • 荒々しい野生を感じることができる、タンザニア南部のルアハ国立公園

    投稿日 2011年08月15日

    その他の観光地

    総合評価:5.0

    タンザニア中南部に位置する、周辺保護区も合わせると
    その広さ約20,000km2(現地情報)のとても広大な国立公園です。

    ンゴロンゴロやセレンゲティ国立公園のような
    有名な北部サーキットとは異なり、観光客が少なく(年間1万人弱とか)
    「手つかずの自然」が残っている数少ない国立公園だそうです。

    また景観が変化に富んでいます。ルアハの魅力は動物よりも
    その景観を楽しめることにあると思いました。
    リバーサイド、ブッシュ、草原、岩丘群、バオバブ、油ヤシ・・・
    様々な景観を楽しむことができました。
    最初はフォトサファリ(動物を観察・撮影する)を目的にしていましたが
    写真撮影を忘れてしまうほど、大自然を五感で楽しむことができました。

    観光客が少ないためか、動物が「人間慣れ」していないため、
    特に草食動物にあまり接近できず(もちろん個体差はあります)、
    写真撮影は難しいものの逆に手つかずのワイルドなサファリを
    楽しめました。

    観光客の少なさを例えるならば・・・
    例えばケニアのマサイマラやタンザニアのセレンゲティ国立公園等
    有名な場所では、1頭の雄ライオンが見つかると多いときには
    20台ほどのサファリカーが集まってくることがありますが
    ルアハはそんな心配がありません。多くても3~4台。
    特にライオンは生息数も多く、接近しても逃げないので
    ゆっくりじっくり観察できます。

    草食動物では、キリン、ゾウ、インパラがうじゃうじゃいました。

    たまに「リカオン(ワイルドドッグ)」が生息している、と
    ガイド等の記述を目にしますが、2011年8月現在、リカオンは
    ルアハから姿を消しているそうです(セルー動物保護区方面へ移動したそうです)。

    東部アフリカ(ケニアやタンザニア)の動物相と
    南部アフリカ(ザンビアやボツワナ)の動物相が重なる場所で
    一度に両方の動物相を観察できる、数少ない国立公園なのです。


    旅行時期
    2011年08月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    2日以上
    アクセス:
    3.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    景観:
    5.0
    人混みの少なさ:
    5.0

kemurさん

kemurさん 写真

21国・地域渡航

25都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

kemurさんにとって旅行とは

野生動物に出会うこと。もはや「旅行」とは呼べないかもしれません...

※当ブログに掲載している写真の無断使用はご遠慮ください。使用される場合はメールで連絡をお願いいたします。

■■お知らせ■■■
下記のサイトにも小型サンショウウオやカエルなど両生類を中心とした記事を寄稿しております。よろしければご覧くださいませ。
https://totokore.com/

私の記事の一覧ページはこちら
https://totokore.com/author/kemur

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

近所の公園からアフリカのサバンナまで野生生物の生息地ならどこでも。
いつかタンザニアで家族揃ってサファリするのが1つの夢です。

大好きな理由

野生動物や自然、現地の人たちの躍動を感じることができるから。

行ってみたい場所

【アフリカ】
エチオピア:バレ・マウンテン国立公園
タンザニア:カタヴィ国立公園
ケニア:ルマ国立公園、サンブル国立保護区、メルー国立公園
南アフリカ:マウンテンゼブラ国立公園
ナミビア:ナミブ砂漠、エトシャ国立公園、CCF

【オセアニア】
オーストラリア:タスマニア州ナラウンタプ国立公園
トンガ:ババウ島
ミクロネシア:ジープ島

【アジア】
ネパール:チトワン国立公園

【北米・南米】
アメリカ合衆国:レイク・クラーク国立公園
コスタリカ:カーニョネグロ野生保護区
イギリス領:ターコス・カイコス諸島

【日本国内】
鹿児島県:徳之島
富山県:有峰林道周辺
奈良県:大台ヶ原

現在21の国と地域に訪問しています

拡大ボタンを押すと地図が
動かせます。

現在25都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全1件)