硫黄島・黒島・竹島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
離島の旅5回目で鹿児島県三島村(竹島・硫黄島)を訪れます。(3泊4日)<br />羽田より鹿児島に飛び、1泊。フェリーみしまのガン検診船で竹島を4時間弱、観光。硫黄島に2泊し、安徳天皇墓所 平家城跡 東温泉 恋人岬等を見学し、鹿児島より羽田に戻りました。  <br />(写真)岬橋からの眺め(村と港と硫黄岳と稲村岳と矢筈山)<br />③2022年6月7日(火)<br />早朝村内散歩(熊野神社 港等)(5:40-6:20)  朝食(7:00-7:45)を戴きます。<br />(硫黄島観光)観光案内所で電動自転車レンタル1500円(9:25-16:30)<br />観光案内所 俊寛堂 矢筈山 坂本温泉ウータン浜温泉 平家城露頭 平家城跡・俊寛上演記念碑 硫黄岳 穴之浜温泉 冒険ランドイオウジマ 稲村岳 徳体神社 岳乃神神社 東温泉(露天風呂入浴 昼食 応永年間の平家墓 観光案内所(バッテリー交換) 硫黄島灯台 希望の鐘 岬橋 永良部崎 恋人岬公園 しあわせの鐘 薩摩硫黄島飛行場 大浦港 孔雀 大山商店(缶ビール2本450円購入) 民宿に戻ります。(高低差があり疲れます。)<br />(夕食)刺身 タケノコ等(19:00-19:45)を美味しく戴きました。<br />(宿泊)民宿ガジュマル(昼弁当) (1泊3食7000円焼酎200円)<br />④2022年6月8日(水)<br />朝食(7:00-7:30)を戴き、徒歩で東温泉に向かい入浴します。<br />民宿7:36(徒歩)8:16東温泉(入浴)9:30(徒歩)10:10民宿10:25発。<br />フェリーみしまに11:00乗船し、竹島経由で鹿児島に戻ります。<br />次のブログhttps://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11759881/<br />10:55硫黄島11:10(フェリー)11:50竹島12:05(フェリーー昼食12:50-お弁当)15:05着鹿児島南埠頭に着きます。 <br />(硫黄島)<br />周囲14.5km 面積は11.7平方km 人口は約114人で白煙噴く硫黄岳(703m)があり、霧島火山帯に沿って噴火した海底火山の1つです。鬼界カルデラの中央火口丘にあたり、海岸の露天風呂が5つあり、七色に染まった海が綺麗です。木々はシャリンバイや椿の自生地です。畜産と漁業が主産業で温泉と名所旧跡(僧都俊寛が流された)(安徳帝が生き延びた)という島です。東温泉は日本名湯100選です。)昭和48年10月、ヤマハのリゾート整備で滑走路600mの飛行場が作られ、リゾートHも作られたが、昭和58年4月、撤退した。平成6年、村が飛行場を取得して鹿児島空港より週2便セスナが飛んでいます。ヤマハが連れてきた野生の孔雀が生き残っています。(ホロホロ鳥も連れてきましたが、捕食された。)<br />硫黄島と竹島の海底には火口直径20kmの「鬼界カルデラ」があり約7300年前の「アカホヤ大噴火」で形成された。その時に縄文文化は壊滅しました。恋人岬から矢筈山の断崖から竹島の南側はカルデラの外輪山となっています。硫黄岳は20kmのカルデラの噴火口の1つです。<br />(東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。<br />(僧都俊寛僧都と源平の争い)<br />1156年、保元の乱(天皇と上皇が対立)武士の平・源氏は天皇側で戦う。1159年、平治の乱で平清盛と源頼朝が戦い、平氏の勝利。1177年、鹿ケ谷の密議で平判官康頼 丹波少将成経 僧都俊寛が鬼界ケ島(今の硫黄島)に流刑された。翌年、中宮徳子(清盛の次女)の安産祈願の為の恩赦で康頼 成経は赦免された。俊寛は許されなかった。(理由は俊寛は清盛の側近であった為)<br />(熊野神社)<br />熊野神社硫黄大権現宮とも呼ばれ、安徳帝の晩年の皇居跡とも伝えられています。安徳帝の子孫の長濱家は1598年、朝鮮の役の時、島津義弘の危機を救った事より、熊野神社に品物が奉納された。以後、神社の修理費用が島津家が出された。1839年まで5回の修理があり、現在は昭和62年12年、改築された。<br />(歌舞伎「俊寛」)<br />平成8年(1996年)、硫黄島の砂舞台で三島村歌舞伎「俊寛」を中村勘三郎が演じ、それを記念して作られました。その後、2011年に再び、ここで歌舞伎「俊寛」が再演されました。 <br />{旅程}<br />①2022年6月5日(日)羽田15:25(SNA077)17:15鹿児島空港17:30(バス)18:16天文館(泊)<br />②6月6日(月)鹿児島7:45(船)10:45竹島(籠港 オンボ崎等)14:20(船)15:10硫黄島(安徳天皇陵等)(泊)<br />★③6月7日(火)硫黄島観光(俊寛堂 平家城跡 坂本温泉 東温泉 恋人岬 硫黄岳等)泊<br />★④6月8日(水)(東温泉入浴)硫黄島11:10(船)15:05鹿児島(天文館散策)(バス)空港20:40(SNA080)22:20羽田<br />

2022年6月離島(5)鹿児島県三島村(硫黄島(2)俊寛堂 坂本温泉 平家城跡 硫黄岳 東温泉 恋人岬公園 矢筈山 稲村岳)

46いいね!

2022/06/07 - 2022/06/08

4位(同エリア31件中)

愛猫シロネコ

愛猫シロネコさん

離島の旅5回目で鹿児島県三島村(竹島・硫黄島)を訪れます。(3泊4日)
羽田より鹿児島に飛び、1泊。フェリーみしまのガン検診船で竹島を4時間弱、観光。硫黄島に2泊し、安徳天皇墓所 平家城跡 東温泉 恋人岬等を見学し、鹿児島より羽田に戻りました。 
(写真)岬橋からの眺め(村と港と硫黄岳と稲村岳と矢筈山)
③2022年6月7日(火)
早朝村内散歩(熊野神社 港等)(5:40-6:20) 朝食(7:00-7:45)を戴きます。
(硫黄島観光)観光案内所で電動自転車レンタル1500円(9:25-16:30)
観光案内所 俊寛堂 矢筈山 坂本温泉ウータン浜温泉 平家城露頭 平家城跡・俊寛上演記念碑 硫黄岳 穴之浜温泉 冒険ランドイオウジマ 稲村岳 徳体神社 岳乃神神社 東温泉(露天風呂入浴 昼食 応永年間の平家墓 観光案内所(バッテリー交換) 硫黄島灯台 希望の鐘 岬橋 永良部崎 恋人岬公園 しあわせの鐘 薩摩硫黄島飛行場 大浦港 孔雀 大山商店(缶ビール2本450円購入) 民宿に戻ります。(高低差があり疲れます。)
(夕食)刺身 タケノコ等(19:00-19:45)を美味しく戴きました。
(宿泊)民宿ガジュマル(昼弁当) (1泊3食7000円焼酎200円)
④2022年6月8日(水)
朝食(7:00-7:30)を戴き、徒歩で東温泉に向かい入浴します。
民宿7:36(徒歩)8:16東温泉(入浴)9:30(徒歩)10:10民宿10:25発。
フェリーみしまに11:00乗船し、竹島経由で鹿児島に戻ります。
次のブログhttps://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11759881/
10:55硫黄島11:10(フェリー)11:50竹島12:05(フェリーー昼食12:50-お弁当)15:05着鹿児島南埠頭に着きます。
(硫黄島)
周囲14.5km 面積は11.7平方km 人口は約114人で白煙噴く硫黄岳(703m)があり、霧島火山帯に沿って噴火した海底火山の1つです。鬼界カルデラの中央火口丘にあたり、海岸の露天風呂が5つあり、七色に染まった海が綺麗です。木々はシャリンバイや椿の自生地です。畜産と漁業が主産業で温泉と名所旧跡(僧都俊寛が流された)(安徳帝が生き延びた)という島です。東温泉は日本名湯100選です。)昭和48年10月、ヤマハのリゾート整備で滑走路600mの飛行場が作られ、リゾートHも作られたが、昭和58年4月、撤退した。平成6年、村が飛行場を取得して鹿児島空港より週2便セスナが飛んでいます。ヤマハが連れてきた野生の孔雀が生き残っています。(ホロホロ鳥も連れてきましたが、捕食された。)
硫黄島と竹島の海底には火口直径20kmの「鬼界カルデラ」があり約7300年前の「アカホヤ大噴火」で形成された。その時に縄文文化は壊滅しました。恋人岬から矢筈山の断崖から竹島の南側はカルデラの外輪山となっています。硫黄岳は20kmのカルデラの噴火口の1つです。
(東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。
(僧都俊寛僧都と源平の争い)
1156年、保元の乱(天皇と上皇が対立)武士の平・源氏は天皇側で戦う。1159年、平治の乱で平清盛と源頼朝が戦い、平氏の勝利。1177年、鹿ケ谷の密議で平判官康頼 丹波少将成経 僧都俊寛が鬼界ケ島(今の硫黄島)に流刑された。翌年、中宮徳子(清盛の次女)の安産祈願の為の恩赦で康頼 成経は赦免された。俊寛は許されなかった。(理由は俊寛は清盛の側近であった為)
(熊野神社)
熊野神社硫黄大権現宮とも呼ばれ、安徳帝の晩年の皇居跡とも伝えられています。安徳帝の子孫の長濱家は1598年、朝鮮の役の時、島津義弘の危機を救った事より、熊野神社に品物が奉納された。以後、神社の修理費用が島津家が出された。1839年まで5回の修理があり、現在は昭和62年12年、改築された。
(歌舞伎「俊寛」)
平成8年(1996年)、硫黄島の砂舞台で三島村歌舞伎「俊寛」を中村勘三郎が演じ、それを記念して作られました。その後、2011年に再び、ここで歌舞伎「俊寛」が再演されました。 
{旅程}
①2022年6月5日(日)羽田15:25(SNA077)17:15鹿児島空港17:30(バス)18:16天文館(泊)
②6月6日(月)鹿児島7:45(船)10:45竹島(籠港 オンボ崎等)14:20(船)15:10硫黄島(安徳天皇陵等)(泊)
★③6月7日(火)硫黄島観光(俊寛堂 平家城跡 坂本温泉 東温泉 恋人岬 硫黄岳等)泊
★④6月8日(水)(東温泉入浴)硫黄島11:10(船)15:05鹿児島(天文館散策)(バス)空港20:40(SNA080)22:20羽田

同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝食前に村内を散歩します。<br />ガジュマルの木

    朝食前に村内を散歩します。
    ガジュマルの木

  • 硫黄島港(右は恋人岬 中央は乗って来たフェリーみしま 左はガン検診車でam6:00より検診が始まり、8:50には黒島に向けてフェリーみしまは出航します。)

    硫黄島港(右は恋人岬 中央は乗って来たフェリーみしま 左はガン検診車でam6:00より検診が始まり、8:50には黒島に向けてフェリーみしまは出航します。)

  • 熊野神社(硫黄島の島民の厄を祓う神々のお面のメンドンで八塑太鼓踊りで使います。)

    熊野神社(硫黄島の島民の厄を祓う神々のお面のメンドンで八塑太鼓踊りで使います。)

  • 民宿「ガジュマル」(食堂)

    民宿「ガジュマル」(食堂)

  • 民宿「ガジュマル」朝食を戴きます。

    民宿「ガジュマル」朝食を戴きます。

  • 黒島に行く船を見送ります。(ジャンベの演奏がありました。)

    黒島に行く船を見送ります。(ジャンベの演奏がありました。)

  • 硫黄島(地図)

    硫黄島(地図)

  • 観光案内所で電動自転車を借ります。(1日で1500円で昼にバッテリーを交換しに来ました。)

    観光案内所で電動自転車を借ります。(1日で1500円で昼にバッテリーを交換しに来ました。)

  • 僧都俊寛が流された喜界ケ島と謡曲

    僧都俊寛が流された喜界ケ島と謡曲

  • 俊寛堂入口

    俊寛堂入口

  • 緑(苔)のトンネルを進みます。

    緑(苔)のトンネルを進みます。

  • 参道の苔むした壁

    参道の苔むした壁

  • 地面の苔

    地面の苔

  • 俊寛堂(説明)(僧都俊寛僧都と源平の争い)<br />1156年、保元の乱(天皇と上皇が対立)武士の平・源氏は天皇側で戦う。1159年、平治の乱で平清盛と源頼朝が戦い、平氏の勝利。1177年、鹿ケ谷の密議で平判官康頼 丹波少将成経 僧都俊寛が鬼界ケ島(今の硫黄島)に流刑された。翌年、中宮徳子(清盛の次女)の安産祈願の為の恩赦で康頼 成経は赦免された。俊寛は許されなかった。(理由は俊寛は清盛の側近であった為)その半年後、有王(俊寛の面倒を見ていた人)(ありおう)という童子がこの島に来た。俊寛の妻と息子が亡くなり、娘だけが生きていると伝え、娘の手紙を渡した。家族の死により自分も死を覚悟し、その日より食物を取らず、念仏を唱えながら、37歳(1179年)で亡くなった。島の人々は俊寛の死を憐み、3人を合わせて祭り、俊寛の居住跡に御祈神社を建てた。これを俊寛堂と言いました。

    俊寛堂(説明)(僧都俊寛僧都と源平の争い)
    1156年、保元の乱(天皇と上皇が対立)武士の平・源氏は天皇側で戦う。1159年、平治の乱で平清盛と源頼朝が戦い、平氏の勝利。1177年、鹿ケ谷の密議で平判官康頼 丹波少将成経 僧都俊寛が鬼界ケ島(今の硫黄島)に流刑された。翌年、中宮徳子(清盛の次女)の安産祈願の為の恩赦で康頼 成経は赦免された。俊寛は許されなかった。(理由は俊寛は清盛の側近であった為)その半年後、有王(俊寛の面倒を見ていた人)(ありおう)という童子がこの島に来た。俊寛の妻と息子が亡くなり、娘だけが生きていると伝え、娘の手紙を渡した。家族の死により自分も死を覚悟し、その日より食物を取らず、念仏を唱えながら、37歳(1179年)で亡くなった。島の人々は俊寛の死を憐み、3人を合わせて祭り、俊寛の居住跡に御祈神社を建てた。これを俊寛堂と言いました。

  • 俊寛堂の庵

    俊寛堂の庵

    俊寛堂 名所・史跡

  • 俊寛堂の庵

    俊寛堂の庵

  • 中村勘九郎大記念碑

    中村勘九郎大記念碑

  • 俊寛堂の庵の周囲

    俊寛堂の庵の周囲

  • 庵より歩いてきた道を見ます。

    庵より歩いてきた道を見ます。

  • 平家城跡に向かう途中の矢筈山<br />

    平家城跡に向かう途中の矢筈山

  • 平家城跡に向かう途中の硫黄岳

    平家城跡に向かう途中の硫黄岳

  • 平家城跡に向かう途中の矢筈山<br />

    平家城跡に向かう途中の矢筈山

  • 平家城跡に向かう途中の硫黄岳

    平家城跡に向かう途中の硫黄岳

  • 坂本温泉(一番良い泉質ですが、モーターの故障で入れません。干潮の時に入れます。その他の時は海水で温くなってしまいます。天然の海水プールです。)

    坂本温泉(一番良い泉質ですが、モーターの故障で入れません。干潮の時に入れます。その他の時は海水で温くなってしまいます。天然の海水プールです。)

  • 坂本温泉(一番良い泉質ですが、モーターの故障で入れません。干潮の時に入れます。その他の時は海水で温くなってしまいます。天然の海水プールです。)

    坂本温泉(一番良い泉質ですが、モーターの故障で入れません。干潮の時に入れます。その他の時は海水で温くなってしまいます。天然の海水プールです。)

  • 坂本温泉周囲の断崖

    坂本温泉周囲の断崖

  • 坂本温泉よりの矢筈山

    坂本温泉よりの矢筈山

  • 坂本温泉より黒島を望みます。

    坂本温泉より黒島を望みます。

  • 坂本温泉よりの開聞岳

    坂本温泉よりの開聞岳

  • 嫌いな蛇が居ました。

    嫌いな蛇が居ました。

  • 分かれ道には標識があり、迷う事はありません。

    分かれ道には標識があり、迷う事はありません。

  • ウータン浜温泉入口

    ウータン浜温泉入口

  • ウータン浜温泉には道なき道を10分降ります。

    ウータン浜温泉には道なき道を10分降ります。

  • ウータン浜温泉(ここも干潮の時にしか入れません。その他の時は波で埋ってしまいます。平安時代に流された3人がここの近くに住んでいたようです。満潮近くですのでどこに温泉が湧いているのか分かりません。)岩の色が変色しているのでこの辺でしょうか?

    ウータン浜温泉(ここも干潮の時にしか入れません。その他の時は波で埋ってしまいます。平安時代に流された3人がここの近くに住んでいたようです。満潮近くですのでどこに温泉が湧いているのか分かりません。)岩の色が変色しているのでこの辺でしょうか?

  • ウータン浜温泉(ここも干潮の時にしか入れません。その他の時は波で埋ってしまいます。平安時代に流された3人がここの近くに住んでいたようです。満潮近くですのでどこに温泉が湧いているのか分かりません。)

    ウータン浜温泉(ここも干潮の時にしか入れません。その他の時は波で埋ってしまいます。平安時代に流された3人がここの近くに住んでいたようです。満潮近くですのでどこに温泉が湧いているのか分かりません。)

  • ウータン浜温泉(ここも干潮の時にしか入れません。その他の時は波で埋ってしまいます。平安時代に流された3人がここの近くに住んでいたようです。満潮近くですのでどこに温泉が湧いているのか分かりません。)

    ウータン浜温泉(ここも干潮の時にしか入れません。その他の時は波で埋ってしまいます。平安時代に流された3人がここの近くに住んでいたようです。満潮近くですのでどこに温泉が湧いているのか分かりません。)

  • 平家城露頭(地層の変化が見えている所です。)地層断面があり、数千年前の噴火の歴史が分かるそうです。

    平家城露頭(地層の変化が見えている所です。)地層断面があり、数千年前の噴火の歴史が分かるそうです。

  • 平家城露頭(地層の変化が見えている所です。)地層断面があり、数千年前の噴火の歴史が分かるそうです。

    平家城露頭(地層の変化が見えている所です。)地層断面があり、数千年前の噴火の歴史が分かるそうです。

  • 平家城露頭(地層の変化が見えている所です。)草が刈り取ってあります。地層断面があり、数千年前の噴火の歴史が分かるそうです。

    平家城露頭(地層の変化が見えている所です。)草が刈り取ってあります。地層断面があり、数千年前の噴火の歴史が分かるそうです。

  • 平家城展望台(硫黄島の5か所の見晴台の1つです。)

    平家城展望台(硫黄島の5か所の見晴台の1つです。)

  • 平家城跡と歌舞伎「俊寛」上演記念碑(18代中村勘三郎)

    平家城跡と歌舞伎「俊寛」上演記念碑(18代中村勘三郎)

  • 平家城跡と歌舞伎「俊寛」上演記念碑(18代中村勘三郎)

    平家城跡と歌舞伎「俊寛」上演記念碑(18代中村勘三郎)

  • 平家城跡からの硫黄岳

    平家城跡からの硫黄岳

  • 平家城展望台からの硫黄岳

    平家城展望台からの硫黄岳

  • 平家城展望台からの硫黄岳

    平家城展望台からの硫黄岳

  • 硫黄岳(点線の部分は流れ残った溶岩流が固まった跡です。)

    硫黄岳(点線の部分は流れ残った溶岩流が固まった跡です。)

  • 平家城展望台からの硫黄岳(流れ残った溶岩流が固まった跡が分かります。)

    平家城展望台からの硫黄岳(流れ残った溶岩流が固まった跡が分かります。)

  • 噴煙を上げている硫黄岳<br />

    噴煙を上げている硫黄岳

  • 平家城展望台からの穴之浜温泉(硫黄成分の乳水色です。)

    平家城展望台からの穴之浜温泉(硫黄成分の乳水色です。)

  • 平家城展望台からの穴之浜温泉(硫黄成分の乳水色です。)

    平家城展望台からの穴之浜温泉(硫黄成分の乳水色です。)

  • 平家城展望台からの乳水色の海水

    平家城展望台からの乳水色の海水

  • 平家城展望台からの矢筈山<br />

    平家城展望台からの矢筈山

  • 平家城跡からの矢筈山<br />

    平家城跡からの矢筈山

  • 平家城展望台からの左は竹島 右は昭和硫黄島<br />

    平家城展望台からの左は竹島 右は昭和硫黄島

  • 平家城展望台からの竹島

    平家城展望台からの竹島

  • 平家城展望台からの昭和硫黄島(奥に微かに種子島が見えます。)

    平家城展望台からの昭和硫黄島(奥に微かに種子島が見えます。)

  • 平家城展望台からの開聞岳が見えます。

    平家城展望台からの開聞岳が見えます。

  • 穴之浜温泉に向かいましたが、やぶ漕ぎが酷く、諦めました。

    穴之浜温泉に向かいましたが、やぶ漕ぎが酷く、諦めました。

  • 穴之浜温泉入口

    穴之浜温泉入口

  • 穴之浜温泉入口よりの硫黄岳

    穴之浜温泉入口よりの硫黄岳

  • ヤマツツジ

    ヤマツツジ

  • 冒険ランドいおうじま

    冒険ランドいおうじま

  • 冒険ランドいおうじまと後ろは矢筈山

    冒険ランドいおうじまと後ろは矢筈山

  • 冒険ランドいおうじまと矢筈山(349m)

    冒険ランドいおうじまと矢筈山(349m)

  • 冒険ランドいおうじまからの硫黄島

    冒険ランドいおうじまからの硫黄島

  • 冒険ランドいおうじまからの硫黄島

    冒険ランドいおうじまからの硫黄島

  • 冒険ランドいおうじまよりの稲村岳(236M)

    冒険ランドいおうじまよりの稲村岳(236M)

  • 冒険ランドいおうじまからの稲村岳<br />

    冒険ランドいおうじまからの稲村岳

  • 徳体神社(祭神は軽野大臣です。遣唐使の軽野大臣は唐に行き、唐の皇帝の怒りに触れ、毒薬で灯台鬼にされた。息子春衝が唐に渡ったが、父の灯台鬼が近寄り、指をかみ、血で事情を書いた。父と分り、許しを請い、一緒に日本に帰るが船が難破して硫黄島坂元に漂着した。父は衰弱して死亡。霊を弔う為に徳体神社を創建した。)

    徳体神社(祭神は軽野大臣です。遣唐使の軽野大臣は唐に行き、唐の皇帝の怒りに触れ、毒薬で灯台鬼にされた。息子春衝が唐に渡ったが、父の灯台鬼が近寄り、指をかみ、血で事情を書いた。父と分り、許しを請い、一緒に日本に帰るが船が難破して硫黄島坂元に漂着した。父は衰弱して死亡。霊を弔う為に徳体神社を創建した。)

  • 徳体神社(祭神は軽野大臣です。遣唐使の軽野大臣は唐に行き、唐の皇帝の怒りに触れ、毒薬で灯台鬼にされた。息子春衝が唐に渡ったが、父の灯台鬼が近寄り、指をかみ、血で事情を書いた。父と分り、許しを請い、一緒に日本に帰るが船が難破して硫黄島坂元に漂着した。父は衰弱して死亡。霊を弔う為に徳体神社を創建した。)

    徳体神社(祭神は軽野大臣です。遣唐使の軽野大臣は唐に行き、唐の皇帝の怒りに触れ、毒薬で灯台鬼にされた。息子春衝が唐に渡ったが、父の灯台鬼が近寄り、指をかみ、血で事情を書いた。父と分り、許しを請い、一緒に日本に帰るが船が難破して硫黄島坂元に漂着した。父は衰弱して死亡。霊を弔う為に徳体神社を創建した。)

  • 徳体神社(祭神は軽野大臣です。遣唐使の軽野大臣は唐に行き、唐の皇帝の怒りに触れ、毒薬で灯台鬼にされた。息子春衝が唐に渡ったが、父の灯台鬼が近寄り、指をかみ、血で事情を書いた。父と分り、許しを請い、一緒に日本に帰るが船が難破して硫黄島坂元に漂着した。父は衰弱して死亡。霊を弔う為に徳体神社を創建した。)

    徳体神社(祭神は軽野大臣です。遣唐使の軽野大臣は唐に行き、唐の皇帝の怒りに触れ、毒薬で灯台鬼にされた。息子春衝が唐に渡ったが、父の灯台鬼が近寄り、指をかみ、血で事情を書いた。父と分り、許しを請い、一緒に日本に帰るが船が難破して硫黄島坂元に漂着した。父は衰弱して死亡。霊を弔う為に徳体神社を創建した。)

  • 噴煙を上げる硫黄島

    噴煙を上げる硫黄島

  • 噴煙を上げる硫黄島

    噴煙を上げる硫黄島

  • 噴煙を上げる硫黄島

    噴煙を上げる硫黄島

  • 岳之神神社(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

    岳之神神社(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

  • 岳之神神社(鳥居)(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

    岳之神神社(鳥居)(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

  • 岳之神神社(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

    岳之神神社(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

  • 岳之神神社(祠)(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

    岳之神神社(祠)(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

  • 岳之神神社(祭神)(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

    岳之神神社(祭神)(平康頼が稲村岳入口のここに山の神様を祀った。今は硫黄岳と稲村岳の神様を祀っています。)

  • ここの先は硫黄岳展望台に行きますが、今は立ち入り禁止です。

    ここの先は硫黄岳展望台に行きますが、今は立ち入り禁止です。

  • (東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。

    (東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。

  • 東温泉への遊歩道

    東温泉への遊歩道

  • 遊歩道よりの稲村岳(反対側を見ます。)

    遊歩道よりの稲村岳(反対側を見ます。)

  • 那智の滝展望台

    那智の滝展望台

  • 東温泉の遊歩道(那智の滝展望台)より硫黄岳を見ます。(左中央に熊野の那智の滝を表しています。今は水が流れていません。)

    東温泉の遊歩道(那智の滝展望台)より硫黄岳を見ます。(左中央に熊野の那智の滝を表しています。今は水が流れていません。)

  • 東温泉の遊歩道からの硫黄岳

    東温泉の遊歩道からの硫黄岳

  • 東温泉の遊歩道から温泉に向かいます。

    東温泉の遊歩道から温泉に向かいます。

  • 東温泉の遊歩道から温泉に向かいます。

    東温泉の遊歩道から温泉に向かいます。

  • 中央部が湯船のある所

    中央部が湯船のある所

  • 東温泉(中央部が湯船) 

    東温泉(中央部が湯船) 

  • 簡単な石を積んだ脱衣場

    簡単な石を積んだ脱衣場

  • 東温泉(手前より ぬる湯 普通湯 あつ湯)

    東温泉(手前より ぬる湯 普通湯 あつ湯)

  • 東温泉(あつ湯)手前の栓で熱さを調節します。

    東温泉(あつ湯)手前の栓で熱さを調節します。

  • 東温泉(普通湯)手をいれても熱いです。

    東温泉(普通湯)手をいれても熱いです。

  • 東温泉(ぬる湯)一番、入りやすい所です。

    東温泉(ぬる湯)一番、入りやすい所です。

  • 3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。<br />(東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。

    3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。
    (東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。

  • 3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。奥の岩は「東の神」<br />(東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。

    3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。奥の岩は「東の神」
    (東温泉)全国でも秘湯中の秘湯です。海岸沿いの無料の露天風呂です。硫黄岳の流紋岩の成分のアルミニウム等を硫黄ミョウバン泉で、稀な強酸性(全国で2番目 1番目は秋田県玉川温泉)の温泉で舐めると舌がピリとしました。海に流れると海水と反応して乳青色になる。前面は東シナ海。浴槽は熱湯 普通 温湯に分けられます。波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。式根島の地鉈温泉と並ぶ露天風呂の秘湯です。

  • 左が湯船(波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。)

    左が湯船(波の強い時は入れず、波にさらわれて亡くなった人もいるそうです。)

  • あつ湯より海にこぼれる温泉

    あつ湯より海にこぼれる温泉

  • あつ湯より海にこぼれる温泉

    あつ湯より海にこぼれる温泉

  • 東温泉(あつ湯の所は波が強く押し寄せます。)

    東温泉(あつ湯の所は波が強く押し寄せます。)

  • 東温泉(硫黄で変色した岩)

    東温泉(硫黄で変色した岩)

  • ぬる湯と「東の神」

    ぬる湯と「東の神」

  • ぬる湯に入ります。(奥は「東の神」)1時間30分いて誰も来ませんでした。

    ぬる湯に入ります。(奥は「東の神」)1時間30分いて誰も来ませんでした。

  • 温泉に入りながら断崖を見ます。

    温泉に入りながら断崖を見ます。

  • 東温泉前の海(乳清色の分かれ目が分かります。)

    東温泉前の海(乳清色の分かれ目が分かります。)

  • 東温泉からの屋久島(来月、訪れる予定です。)

    東温泉からの屋久島(来月、訪れる予定です。)

  • 東温泉からの口永良部島(いつか、行ってみたくなりました。)

    東温泉からの口永良部島(いつか、行ってみたくなりました。)

  • 東温泉よりの恋人岬 右奥が硫黄島港

    東温泉よりの恋人岬 右奥が硫黄島港

  • 東温泉で民宿で戴いた昼食を食べます。

    東温泉で民宿で戴いた昼食を食べます。

  • 応永年間の平家墓(平家の墓と言われ、五輪塔や板碑、碑伝等色々な形の墓があります。墓石には梵字が彫られています。死者の三年忌、十三年忌に霊を慰めるために建てました。)

    応永年間の平家墓(平家の墓と言われ、五輪塔や板碑、碑伝等色々な形の墓があります。墓石には梵字が彫られています。死者の三年忌、十三年忌に霊を慰めるために建てました。)

  • 応永年間の平家墓(平家の墓と言われ、五輪塔や板碑、碑伝等色々な形の墓があります。墓石には梵字が彫られています。死者の三年忌、十三年忌に霊を慰めるために建てました。)

    応永年間の平家墓(平家の墓と言われ、五輪塔や板碑、碑伝等色々な形の墓があります。墓石には梵字が彫られています。死者の三年忌、十三年忌に霊を慰めるために建てました。)

  • 応永年間の平家墓(平家の墓と言われ、五輪塔や板碑、碑伝等色々な形の墓があります。墓石には梵字が彫られています。死者の三年忌、十三年忌に霊を慰めるために建てました。)

    応永年間の平家墓(平家の墓と言われ、五輪塔や板碑、碑伝等色々な形の墓があります。墓石には梵字が彫られています。死者の三年忌、十三年忌に霊を慰めるために建てました。)

  • 応永年間の平家墓(板碑の梵字)

    応永年間の平家墓(板碑の梵字)

  • 応永年間の平家墓(板碑の梵字)

    応永年間の平家墓(板碑の梵字)

  • 応永年間の平家墓(五輪塔)

    応永年間の平家墓(五輪塔)

  • 応永年間の平家墓(板碑の梵字)<br />

    応永年間の平家墓(板碑の梵字)

  • 応永年間の平家墓(板碑、碑伝等)<br />この後、観光案内所に戻り、電動自転車のバッテリーを交換します。(硫黄島は坂道が多いです。電動自転車でも疲れます。)

    応永年間の平家墓(板碑、碑伝等)
    この後、観光案内所に戻り、電動自転車のバッテリーを交換します。(硫黄島は坂道が多いです。電動自転車でも疲れます。)

  • 村より回り込んで、恋人岬まで電動自転車で登ります。<br />中央は村内 左は恋人岬で外輪山の淵に当たり、写真を撮っている所も外輪山の淵に当たります。村や硫黄岳は直径20kmのカルデラ内にあります。

    村より回り込んで、恋人岬まで電動自転車で登ります。
    中央は村内 左は恋人岬で外輪山の淵に当たり、写真を撮っている所も外輪山の淵に当たります。村や硫黄岳は直径20kmのカルデラ内にあります。

  • 村より回り込んで、恋人岬まで電動自転車で登ります。<br />中央は村内 左は恋人岬で外輪山の淵に当たり、写真を撮っている所も外輪山の淵に当たります。村や硫黄岳は直径20kmのカルデラ内にあります。

    村より回り込んで、恋人岬まで電動自転車で登ります。
    中央は村内 左は恋人岬で外輪山の淵に当たり、写真を撮っている所も外輪山の淵に当たります。村や硫黄岳は直径20kmのカルデラ内にあります。

  • 硫黄島灯台

    硫黄島灯台

  • 岬橋近くの希望の鐘

    岬橋近くの希望の鐘

  • 希望の鐘からの全景

    希望の鐘からの全景

  • 岬橋(風が強いと飛ばされる為、渡れません。)

    岬橋(風が強いと飛ばされる為、渡れません。)

  • 港の海底温泉の噴き出し口を「チムニー」と言います。

    港の海底温泉の噴き出し口を「チムニー」と言います。

  • 岬橋からの眺め(村と港と硫黄岳と稲村岳と矢筈山)

    岬橋からの眺め(村と港と硫黄岳と稲村岳と矢筈山)

  • 岬橋からの絶景(全体)赤褐色の海の色はチムニーからの温泉です。

    岬橋からの絶景(全体)赤褐色の海の色はチムニーからの温泉です。

  • 岬橋からの港の赤褐色の海

    岬橋からの港の赤褐色の海

  • 岬橋からの稲村岳と硫黄岳

    岬橋からの稲村岳と硫黄岳

  • 岬橋からの噴煙を上げる硫黄岳

    岬橋からの噴煙を上げる硫黄岳

  • 岬橋からの村内(上が小中学校 左が開発総合センター 中央下に俊寛の像が見えます。)

    岬橋からの村内(上が小中学校 左が開発総合センター 中央下に俊寛の像が見えます。)

  • 岬橋からのジャンベスクール

    岬橋からのジャンベスクール

  • 永良部崎(岬橋からの反対側の断崖 撮影はちょっと、怖かったです。)

    永良部崎(岬橋からの反対側の断崖 撮影はちょっと、怖かったです。)

  • 永良部崎(岬橋からの反対側の断崖 撮影はちょっと、怖かったです。)

    永良部崎(岬橋からの反対側の断崖 撮影はちょっと、怖かったです。)

  • 永良部崎(岬橋からの反対側の断崖 撮影はちょっと、怖かったです。)

    永良部崎(岬橋からの反対側の断崖 撮影はちょっと、怖かったです。)

  • 岬橋からの永良部崎と黒島

    岬橋からの永良部崎と黒島

  • 恋人岬公園全体

    恋人岬公園全体

    恋人岬展望台 自然・景勝地

  • 恋人岬公園のしあわせの鐘

    恋人岬公園のしあわせの鐘

  • 恋人岬公園からの眺め(港と矢筈山)

    恋人岬公園からの眺め(港と矢筈山)

  • 恋人岬公園からの稲村岳と硫黄岳

    恋人岬公園からの稲村岳と硫黄岳

  • 恋人岬公園からの硫黄岳と東温泉<br />

    恋人岬公園からの硫黄岳と東温泉

  • 恋人岬公園からの東温泉

    恋人岬公園からの東温泉

  • 恋人岬公園からの噴煙を上げる硫黄岳<br />

    恋人岬公園からの噴煙を上げる硫黄岳

  • 恋人岬公園の長命草

    恋人岬公園の長命草

  • 恋人岬の先端部

    恋人岬の先端部

  • 恋人岬の先端部からの東シナ海(遠くに微かに口永良部島が見えます。)

    恋人岬の先端部からの東シナ海(遠くに微かに口永良部島が見えます。)

  • 恋人岬の先端部からの硫黄岳

    恋人岬の先端部からの硫黄岳

  • 草を食べている牛たち

    草を食べている牛たち

  • 牛

  • 牛

  • 黒島

    黒島

  • 薩摩硫黄島飛行場(待合室)週2便セスナが飛ぶようです。(鹿児島空港往復)

    薩摩硫黄島飛行場(待合室)週2便セスナが飛ぶようです。(鹿児島空港往復)

    薩摩硫黄島飛行場 空港

  • 薩摩硫黄島飛行場(約600mの滑走路)

    薩摩硫黄島飛行場(約600mの滑走路)

  • 孔雀(昭和48年のリゾート開発で持ち込まれた孔雀 今は野性化して25組のつがいがいるそうですが、白孔雀に出会うと幸運が訪れるそうです。出会いませんでした。)

    孔雀(昭和48年のリゾート開発で持ち込まれた孔雀 今は野性化して25組のつがいがいるそうですが、白孔雀に出会うと幸運が訪れるそうです。出会いませんでした。)

  • どうゆう訳か柵の外にいた黒毛和牛の牛ちゃんです。(電動自転車で走り抜ける時にこちらは意識していました。)

    どうゆう訳か柵の外にいた黒毛和牛の牛ちゃんです。(電動自転車で走り抜ける時にこちらは意識していました。)

  • 大浦港に向かいますが、高低差がある為、途中で断念します。

    大浦港に向かいますが、高低差がある為、途中で断念します。

  • 広大な土地に放牧中の牛

    広大な土地に放牧中の牛

  • 右は硫黄岳 左は矢筈山<br />

    右は硫黄岳 左は矢筈山

  • 硫黄岳

    硫黄岳

  • 左は硫黄岳 右は稲村岳<br />

    左は硫黄岳 右は稲村岳

  • 噴煙を上げる硫黄岳

    噴煙を上げる硫黄岳

  • 噴煙を上げる硫黄岳

    噴煙を上げる硫黄岳

  • 硫黄島灯台

    硫黄島灯台

  • かなり疲れ民宿に戻って来ました。<br />民宿「ガジュマル」(夕食)

    かなり疲れ民宿に戻って来ました。
    民宿「ガジュマル」(夕食)

  • 夕食に焼酎を戴きました。

    夕食に焼酎を戴きました。

  • 民宿「ガジュマル」(食堂)今日の宿泊は自分1人だけでした。

    民宿「ガジュマル」(食堂)今日の宿泊は自分1人だけでした。

  • 2泊世話になった民宿「ガジュマル」

    2泊世話になった民宿「ガジュマル」

  • 民宿「ガジュマル」(朝食)

    民宿「ガジュマル」(朝食)

  • 椿の林<br />午前中、東温泉まで片道40分歩いて、温泉に入りに行きます。

    椿の林
    午前中、東温泉まで片道40分歩いて、温泉に入りに行きます。

  • 分かれ道(硫黄島港より東温泉まで約40分歩きます。)

    分かれ道(硫黄島港より東温泉まで約40分歩きます。)

  • 再び、東温泉に入ります。(1.5時間入っていましたが、鹿児島の漁師さん(19歳)と一緒になりました。

    再び、東温泉に入ります。(1.5時間入っていましたが、鹿児島の漁師さん(19歳)と一緒になりました。

  • 3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。

    3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。

  • 3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。奥の岩は「東の神」

    3つの湯船で手前よりあつ湯 普通 ぬる湯です。奥の岩は「東の神」

  • 手前より ぬる湯 普通湯 あつ湯

    手前より ぬる湯 普通湯 あつ湯

  • 時々、強い波がきます。(奥は「東の神」)

    時々、強い波がきます。(奥は「東の神」)

  • ぬる湯に長時間入ります。

    ぬる湯に長時間入ります。

  • ぬる湯に長時間入ります。(あつ湯の方向)

    ぬる湯に長時間入ります。(あつ湯の方向)

  • 綺麗なアジサイ

    綺麗なアジサイ

  • 竹林と苔の趣のある道を通り、帰ります。

    竹林と苔の趣のある道を通り、帰ります。

  • 村郊外のお墓(由緒ありそうな墓です。)

    村郊外のお墓(由緒ありそうな墓です。)

  • 村郊外のお墓(やはり、由緒ありそうな墓です。)

    村郊外のお墓(やはり、由緒ありそうな墓です。)

  • 東温泉で出会った19歳の漁師さんの乗った船です。

    東温泉で出会った19歳の漁師さんの乗った船です。

  • 左は観光案内所 右は船待合所

    左は観光案内所 右は船待合所

  • 船待合所内

    船待合所内

  • 港より村内を見ます。(名残惜しさがあります。)

    港より村内を見ます。(名残惜しさがあります。)

  • フェリーみしまが黒島より戻って来ました。

    フェリーみしまが黒島より戻って来ました。

  • 港の赤褐色の海水

    港の赤褐色の海水

  • 港の海水がかき混ぜられます。

    港の海水がかき混ぜられます。

  • 港の海水がかき混ぜられます。

    港の海水がかき混ぜられます。

  • 硫黄島港を離れて行きます。

    硫黄島港を離れて行きます。

  • 硫黄島港と硫黄島村内

    硫黄島港と硫黄島村内

  • 硫黄岳

    硫黄岳

  • 2回、入浴した東温泉

    2回、入浴した東温泉

  • 左が恋人岬 中央右が稲村岳 右が矢筈山<br />

    左が恋人岬 中央右が稲村岳 右が矢筈山

  • 噴煙をあげる硫黄岳

    噴煙をあげる硫黄岳

  • 噴煙をあげる硫黄岳

    噴煙をあげる硫黄岳

  • 噴煙をあげる硫黄岳

    噴煙をあげる硫黄岳

  • 硫黄島に分かれを告げます。竹島経由で鹿児島に戻ります。

    硫黄島に分かれを告げます。竹島経由で鹿児島に戻ります。

46いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • Sagres★"さん 2022/06/26 17:12:11
    硫黄島 羨ましいです
    愛猫シロネコ様
    ご無沙汰しております。
    旅行記、いつも楽しく拝見しております。
    東温泉、気持ちよさそうですね~。
    コロナ禍に入って海外へ行けなくなってから、硫黄島やトカラ列島など、火山島は何度も行こうと試みている島です。コロナ禍で三島村は入島規制が厳しめでしたが、最近ようやく規制緩和となったところに、愛猫シロネコ様の旅行記を拝見し、より行きたくなってしまいました(笑)。今後ともよい旅をお続けくださいませ。

    愛猫シロネコ

    愛猫シロネコさん からの返信 2022/07/31 07:48:49
    Re: 硫黄島 羨ましいです
    Sagres★様
    返事が遅くなり申し訳ございません。三島村 トカラ列島 屋久島 奥尻島と離島ばかり訪れていました。(少し、疲れ気味です。)のんびりした雰囲気など離島の良さを感じます。機会があれば、訪問してみて下さい。特に、トカラ列島は大変なので、ツアーか年数回のツアー船かボゼ船 レントゲン船などを利用すると良いと思います。コロナがもう少し納まると良いと思います。愛猫シロネコ

愛猫シロネコさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集