トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

自然を満喫するなら奄美大島へ!絶景などおすすめスポット17選を紹介

自然を満喫するなら奄美大島へ!絶景などおすすめスポット17選を紹介

photo by mei1110さん

日本で2番目に大きな離島である奄美大島は、豊かな自然に囲まれた場所。山、川、海が織りなす絶景や、シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティも充実しています。今回は、奄美大島のなかでも特におすすめしたい見どころや観光スポットをご紹介! 奄美へ行ったらどこに行こうか、何をしようかと計画中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

4travel.jp

フォートラベル編集部

奄美大島ってどんなところ?

鹿児島本土と沖縄本島のほぼ真ん中に位置する「奄美大島」。島の大部分が森で構成されており、多様性と希少性をあわせ持った、世界にも誇れる豊かな自然が特徴です。

日本第2位の規模であるマングローブ林でのカヌー散策のほか、ダイビング、シュノーケリング、シーカヤック、トレッキングなど、全身で自然を楽しめます。数え切れないほどの見どころがあるので、行きたいところはあらかじめリストアップしておくのがおすすめです!

奄美大島へのアクセス&移動手段

奄美大島は、東京(羽田、成田)、大阪(伊丹、関西)、福岡、鹿児島などから直行便が出ています。

羽田空港からは約1時間~2時間25分、成田空港からは約2時間~3時間。
伊丹空港からは約1時間25分~1時間50分、関西空港からは約1時間30分~1時間55分。
福岡空港からは約1時間20分で、鹿児島空港からは約1時間で到着します。

ほか、大阪、神戸、鹿児島などからはフェリーで行く方法もありますが、どれも11時間を超える長距離なので、飛行機で行くのがおすすめです。

島内での交通手段としは、レンタカー、タクシー、路線バスが便利ですが、気ままに風景を楽しんだり、市街地を散策したりする場合はレンタサイクルもおすすめ。とにかく広いので、その日のスケジュールに合わせて移動手段を変えるとよいですよ♪

1. 奄美十景、新鹿児島百景の1つ「あやまる岬」

サンゴ礁や蘇鉄(そてつ)ジャングルを一望

奄美十景、そして新鹿児島百景の1つとして知られる「あやまる岬」。こんもりと丸みを帯びた地形が、綾(あや)で織られた“まり”に似ていることから、その名前が付けられたと言われています。太平洋に突き出したこの岬は奄美市笠利町の北東部にあり、トンパラ岩、サンゴ礁、蘇鉄(そてつ)ジャングルなど、奄美大島の自然あふれる景色を楽しめます。天気のよい日には、ぜひ東の水平線を眺めてみて! 海の向こう側に、美しい蝶が飛び交うことで知られている「喜界島」も見ることができますよ。

クチコミ:海がこんなにも綺麗

oranger03さん

奄美大島随一の展望を誇るあやまる岬ですが、名前の由来は謝罪とは無関係、綾鞠がなまってあやまるとなったそう。180度を超える素晴らしい眺望は砂浜とサンゴ礁、そして青い海のグラデーションが素晴らしい。トイレに入ってびっくり小用を足しなが……もっと見る

ここもおすすめ!「あやまる岬観光公園」

あやまる岬にある「あやまる岬観光公園」にはさまざまな施設があり、色んな楽しみ方ができます。

芝スキー、ファンシーサイクル、サイクル列車や遊具、グランドゴルフなど、美しい海を眺めながら大人から子どもまでアクティブに体を動かすことができます。夏におすすめなのが海水プール。波の影響を受けにくくなっているため、子どものいるファミリーも安心して海水浴を楽しむことができるでしょう。

公園でアクティビティを楽しんだ後は、海水プールに飛び込んで汗を流しましょう!

クチコミ:癒やしの風景が広がります。

SAKURAHANAさん

あやまる岬観光公園へ。干潮時は、真ん中のコンクリートで2つに分かれた天然プールで遊ぶことが出来るそうです。水着がなくてもここを徒歩で渡ったり、魚が泳ぐ姿を見ることが出来るのでお散歩がてらに訪れるのも良いかもしれません。もっと見る

2. 奄美トップクラスの美しさ「土盛海岸」

ブルーエンジェルと呼ばれる美しい海

「土盛海岸」は、奄美空港から車で10分ほどの場所にある海岸で、奄美で一番フォトジェニックな海と言われています。白い砂浜、エメラルドグリーンとコバルトブルーのグラデーションが織りなす風景は、見るものを圧倒する絶景です!砂地が広がる浅瀬は比較的泳ぎやすくなっているため、子どものいるファミリーにもおすすめです。少し沖まで進み、シュノーケルで海中をのぞいてみると美しいサンゴ礁の世界を見ることができます。運が良ければウミガメに会えるかも♪

クチコミ:奄美大島イチ綺麗な海

YUKIKO TAKEIさん

奄美空港から車で5分ほどのところにある土盛海岸は、奄美大島の中でも一番綺麗な海だと言われています。実際に訪れてみると、曇っていたにも関わらず美しいブルーのグラデーションの海を見ることができました。冬に訪れたせいもあり観光客が少なく……もっと見る

3. 潮の満ち引きで風景が変わる「マングローブ原生林」

日本で2番目の面積を持つマングローブ原生林

面積が約71ヘクタール以上あり、日本で2番目に大きいとされている奄美大島の「マングローブ原生林」は、奄美市住用町の住用川と役勝川が合流する河口の近くに広がっています。マングローブとは熱帯、亜熱帯の湿地帯や干潟に生息する植物の総称で、住用エリアは“メヒルギ”と“オヒルギ”という種類のマングローブで構成されています。カヌーに乗ってマングローブを探検するツアーは人気のアクティビティ。ツアーガイドが同行してくれるので初めての方も安心です。
潮が満ちている時は、マングローブのトンネルを探索できます。一方、潮が引いている時はマングローブに生息している生き物が見られます。このように潮の満ち引きによってマングローブ原生林の景色は大きく変わるため、カヌーに乗る際はそのあたりもチェックしておくとよいでしょう!

クチコミ:奄美大島の風景

けんたさん

奄美大島の風景と言った時に代表するのが、エメラルドグリーンの美しい海とマングローブの亜熱帯特有の緑ですが、そのひとつですが、日本でも沖縄や奄美など一部でしか見ることが出来ませんが、びっしりと緑が集中していて湿地というか川というか……もっと見る

4. 奄美の文化や産業を知る「鹿児島県奄美パーク」

展示も楽しめる奄美群島の観光拠点

「鹿児島県奄美パーク」は、奄美群島の観光拠点。奄美の自然、歴史、文化を展示や映像で楽しめる「奄美の郷」や、奄美の美しい自然を描いた日本画家・田中一村の作品を鑑賞できる「田中一村記念美術館」など、見どころ満載の施設です。奄美について学んだ後は、奄美の郷で提供されている最新の観光情報もゲットして!
ほか、「奄美シアター」では、奄美にまつわるさまざまな映像を上映しています。美しい映像とサウンドをとおして、奄美の自然や人々の姿を観ることができますよ。

クチコミ:奄美群島の事が良くわかりました

fuhchibahさん

奄美大島に着いて最初に行きました。奄美大島だけではなく、奄美群島の他の島についての情報も得られて良かったと思います。2階にはレストランもあり、郷土料理の鶏飯を頂きました。田中一村美術館も敷地内にありました。室内での展示が多いので、……もっと見る

5. カヌーツアーを楽しむ「黒潮の森マングローブパーク」

カヌーツアーでマングローブ原生林を探検

町全体の94%が山林の住用町にある「黒潮の森マングローブパーク」には、アカヒゲ・ルリカケス(鳥)やアマミノクロウサギなど、天然記念物が生息しています。もちろんカヌーに乗れますが、ほかにもセグウェイ体験やグラウンドゴルフなど、多彩なアクティビティが揃っているので長時間滞在するのがおすすめ。レストランもあるのでお腹を満たすこともできますよ♪カヌー体験は1人乗りと2人乗りがあり、ライフジャケットを着用するので小さい子どもや年配の方でも安心です! 起伏のある地形を生かしたグラウンドゴルフは、道具のレンタルが可能。手ぶらで気軽にゴルフを楽しめます。

クチコミ:カヌー体験で奄美の自然を満喫

とものしんさん

名瀬から古仁屋に向かう道のちょうど中間あたりに位置し、車でもバスでも行きやすいです。1日5回約1時間のカヌー体験ツアーがあり、マングローブ原生林を間近に見ることができます。潮の干満の差があるので時間によりコースが変わってくるようです……もっと見る

6. たくさんの玉石が転がる不思議な「ホノホシ海岸」

打ち寄せる波と豪快な水しぶきが大迫力

「ホノホシ海岸」は奄美の南東にある太平洋に面した海岸です。荒波が絶えず打ち寄せ、豪快な水しぶきが上がっている姿は必見!
“カラカラ”という音を頼りに歩いていくと海岸へたどり着きますが、まず目に付くのが一面に転がっている丸い形をしたテニスボールほどの大きさの石。荒波にもまれたこの玉石が、カラカラという音の正体です。奄美では石には魂が宿るという言い伝えがあり、きれいな石ですが持ち帰りは禁止なので注意しましょう。パワースポット巡りの1つとしてもおすすめの場所です。

クチコミ:とても素敵なビーチ

さおともさん

海岸には丸い大きな石がたくさん敷きつめられており、不思議な感じ。島の景色のきれいな海岸を、隅から隅まで、巡りましたが、ここが一番良かったかも。荒々しい海ではありますが、何とも良かったです。行った人だけが感じられる良さがあるのでは……もっと見る

7. 東シナ海に沈む夕日が神秘的「大浜海浜公園」

奄美らしい大自然を体感できる海浜公園

白い砂浜が美しい「大浜海浜公園」は、観光客だけでなく、奄美に暮らす地元住民の憩いの場でもある公園です。昼間は海遊びを楽しむファミリーが多く見られますが、夕暮れ時には感動的な夕日を眺めようと、たくさんの人が集まります。海の生き物の展示や飼育を行う「奄美海洋展示館」のほか、バーベキューやキャンプ場もあるため、さまざまな過ごし方ができる場所。
園内には多様な亜熱帯植物の姿も。その1つであるガジュマルの木には、奄美で“ケンムン”と言われている妖精が住んでいるのだそう。

クチコミ:珊瑚を拾いました

pisiriさん

ツアーで行きました。東シナ海に沈む夕日が綺麗、海水浴場として人気があり、ウミガメの産卵地としても有名だそうです。「珊瑚のかけらが落ちているので、拾って箸置きなど旅の思い出に」とガイドさんに言われ、海岸で珊瑚拾いをしました。シーズ……もっと見る

8. 奄美の恋のパワースポット「ハートロック」

干潮の時にだけ現れる神秘的なハート

恋愛のパワースポットとして話題になった「ハートロック」は、干潮の時にだけ現れる美しい潮だまりです。いつでもきれいなハートを見られる訳ではなく、波が穏やかで潮位が約80cm以下の干潮の時が見ごろなのだとか。潮見表をチェックしてから、足を運ぶのがおすすめです。

1月から3月あたりでは、ハートがアオサに囲まれて、ブルーとグリーンの美しいコントラストが楽しめます。

クチコミ:干潮の時にだけ近づけるハートの岩

YUKIKO TAKEIさん

奄美大島の空港からほど近くの海岸にあるハート型の潮だまりが「ハートロック」です。引き潮の時間になると潮だまりのすぐ近くまで歩いて行くことができ、フォトジェニックなハート型の写真を撮ることができました。駐車場から海岸までの道は、ま……もっと見る

9. 奄美の特産品を作って楽しむ「大島紬村」

奄美旅行の思い出にぴったりな大島紬

奄美大島を代表する伝統民芸品、大島紬。着物の女王とも言われている高級絹織物です。この「大島紬村」では、実際に作ることも、いっそ買うこともできます。
大島紬の「織り体験」、Tシャツやハンカチ、ストールを泥で染める「泥染め体験」、大島紬でできた着物の「着付体験」など、たくさんの体験メニューが用意されているので、奄美大島の旅の思い出にぜひいかがでしょう。大島紬村内にある「亜熱帯植物庭園」には、天然記念物のルリカケスが生息しています。運がよければその姿を見られるかもしれませんよ!

クチコミ:大島紬の製造工程を見られます

桃子さん

町からは放れていますが溢れる自然の中、大島紬の出来上がるまでを、作業を見ながら知ることができます。何度もの染め洗いや糸の段階からのパターンの色付け・織りでの柄糸の位置づけなど、丁寧に説明していただけます。最後に展示販売の建物に入……もっと見る

10. 自然を体感できる亜熱帯の森「金作原原生林」

ブロッコリーの森の中にある自然の宝庫

名瀬市街地から車を走らせること約30分。「金作原原生林」は、その形状から“ブロッコリーの森”と呼ばれている奄美の森の中にあります。
巨大な亜熱帯植物のヒカゲヘゴや、ルリカケス、オオトラツグミ(鳥)、キノボリトカゲなど、天然記念物に指定されている珍しい生き物が生息しています。貴重な自然を守るため、2019年2月以降は“認定エコツアーガイド”の同行など、利用時のルールが設けられました。ほかにも車両台数、通行規制など決められていますので、訪れる際は必ずルールを確認しておきましょう。

クチコミ:ガイドと入るのがおすすめ

SAKURAHANAさん

金作原原生林へ。初めて訪れました。ガイドがいないと入れないエリアがありますので、せっかく行くならガイドと一緒に入って説明を聞きながら散策するのが良いと思います。ヒカゲヘゴの大きな葉が青空に映えて美しかったです。自然の豊かさを体い……もっと見る

11. 奄美きってのダイビングスポット「倉崎海岸」

奄美クレーターの中でもっとも美しいと言われる海

奄美大島には、日本で初めて発見された隕石孔(いんせきこう)の“奄美クレーター”があります。その中でもっとも幻想的で美しいと言われている海岸が「倉崎海岸」です。
夏には海水浴やキャンプを楽しむ人々でにぎわい、子どもを連れたファミリーの姿も多く見られます。あまり沖に出なくても、美しいサンゴ礁や熱帯魚を見ることができます。また、波が比較的おだやかなためダイビングやシュノーケリング、ウィンドサーフィンの聖地としても知られています。

クチコミ:波穏やかで透明度が高いビーチ

はまちゃんさん

空港から車で20分ほどで行くことができます。海岸へ到着すると「KURASAKI BEACH」と書かれた可愛い看板のもとにアダン木、その向うに円弧を描くビーチは南国らしい雰囲気。ビーチは笠利湾の中に位置するため波も穏やかで透明度が高く透き通って……もっと見る

12. 太陽の光で美しく輝く「マテリヤの滝」

泳ぐこともできる神秘的な滝

湯湾岳の麓にある森林浴公園「奄美フォレストポリス」にある美しい滝が、「マテリヤの滝」です。
その昔、人々は滝つぼに写る太陽の影を見て、“本当に美しい太陽の滝つぼ”という意味のマ・ティダ・ヌ・コモリと呼んでいましたが、いつの間にかマテリヤの滝と呼ばれるようになったそうです。滝の高さは12mほどと高くはありませんが、滝つぼの深さは約9mとかなりの深さがあります。泳ぐこともでき、夏でもひんやりしているので、散策で火照った体を冷ますのによいかもしれませんね!

クチコミ:森林浴に最適

sakuranboさん

カーナビで案内され想像以上に車を走らせてやっとつきます。帰り道もその分走ります。なかなかの深い森の中。湿気で暑いやら、森林により涼しいやら。滝を見るとさらに涼しい感じに。近づいても動かないかえるが。平和だ。ゴールデンウイークあと……もっと見る

13. 透明度の高い穏やかな海「大島海峡」

ダイビングや釣りに♪ 1年中人気のスポット

瀬戸内町と加計呂麻島に挟まれた「大島海峡」は、おだやかで透明度の高い海として知られています。サンゴも豊富にあり、多くの回遊魚も集まるそうで、釣りやダイビング、シーカヤック、オープンウォータースイミングなど、マリンアクティビティを堪能しようと通年多くの人が集まる人気の海です。大島海峡に生息するサンゴは約200種とも言われており、その海の中の美しさが評価され、1974年には大島海峡全域が奄美群島国定公園に指定されました。

クチコミ:奄美本島と加計呂麻島の間に広がる海

康さん

奄美大島の古仁屋港から加計呂麻島を望む海峡。リアス式海岸が広がり、第二次世界大戦期には連合艦隊の停泊地にもなった奄美要塞を形成する海峡。今は穏やかで、どこまでも蒼い海だけがある。こころ落ち着く場所です。 もっと見る

14. 吸い込まれるような満天の星「加計呂麻島」

奄美大島南端の古仁屋から船でアクセス

昼間の絶景もさることながら、美しい星が見られることで有名な「加計呂麻島」には、島の最南端にある瀬戸内町の古仁屋港から海上タクシー、または町営フェリーでアクセスできます。
波の音を聞きながら、思わず息をのんでしまうような美しい星々や天の川を、ゆったり眺めるのがおすすめの過ごし方。南岸の於斉(おさい)にある巨大ガジュマルは、映画『男はつらいよ』のロケ地です。ここには、子どもがよろこぶターザンロープも設置されているので親子でぜひ訪れてみてください!

15. 大島海峡を一望「油井岳展望台(ゆいだけてんぼうだい)」

展望台まで車で行ける! のんびり景色を楽しもう

奄美空港から車で約1時間50分の場所にある「油井岳展望台」。奄美十景にも選ばれている美しいリアス式海岸が続く大島海峡を見渡すことができ、ほかにも加計呂麻島、与路島、請島、よく晴れた日には徳之島まで見渡せる絶景スポットです。車で展望台まで行けるのもうれしいポイント。山々の緑と青い海のコントラストも美しいですが、あたりがオレンジに染まる夕暮れ時の眺めも感動的です。のんびりとこの景色を眺めてみてください。

クチコミ:行かなきゃ損

pisiriさん

古仁屋からバスで15分、ツアーで行きました。油井岳と表示有るところに案内されましたが、展望台は別の場所にありました。上に上がると360度の眺望で、加計呂麻島と大島海峡、太平洋も見えました。階段途中ではハブの抜け殻も見られました。もっと見る

16. 郷土料理の“鶏飯”を食べるならここ「みなとや」

地元の鶏のおいしさをまるごと味わえる

奄美大島の郷土料理である“鶏飯”を食べるなら、昭和21年創業の鶏飯専門店「みなとや」がおすすめ! もともとは、たき込みご飯のようだった鶏飯を、初代の岩城キネさんがアレンジ。具材をご飯にのせて、その上から鶏スープをかけるという現在の食べ方を作り上げました。鶏スープは地元の鶏をまるごと使ったもので、その日に作ったものしか料理に使わないというこだわりっぷり。スープがなくなり次第お店は閉店となるため、ぜひ早めに足を運んで、おいしい鶏飯を味わってください♪

クチコミ:これが鶏飯だ!

海おこしさん

鶏飯(けいはん)は、簡単に言うと鶏のだし茶漬け。ご飯の上に鶏肉やら金糸卵やら薬味をのせて、お出汁をかけて、さらさらといただく。二日酔いなどの食欲がいまいちな時に最高。こちらみなとやの鶏飯はお出汁が濃厚なのが特徴。並んでも食べる価値……もっと見る

17. ヤギミルクのソフトクリームがおすすめ「それいゆふぁーむ」

ヤギ牧場、果樹園、カフェなどがある農園

ハートロックの入口前にある「それいゆふぁーむ」は、ヤギの酪農を行っており、ヤギ乳を使ってミルクやチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を作っています。施設内にあるヘルシーアイランドカフェでは、ヤギミルクや農園で採れたフルーツを使ったヘルシーフードがいただけますよ!低アレルギーで消化吸収のよさが特徴のヤギミルクを使ったヤギミルクソフトクリームなど、それいゆふぁーむでしか食べられないグルメをぜひ一度。

クチコミ:お土産も、食べ歩き用も

mei1110さん

山羊ホエーを使ったドーナツや、島のフルーツを使ったスムージー、その他ジャム、チーズケーキなど色々なものが楽しめます。スムージーはとても美味しいので是非!ここで食べ物をテイクアウトしてハートロックのあるビーチでまったり、なんてのも……もっと見る

奄美大島のおすすめスポットはいかがでしたか?

島の大部分が森になっている奄美大島は、とにかく自然がいっぱいの場所です。マングローブでのカヌー探検、山でのハイキング、ビーチでの海遊び、夜になれば波の音を聴きながら美しい星も楽しめます。特産品や奄美大島ならではのグルメもいっぱい! 魅力あふれる奄美大島へ行ってみませんか?奄美大島のホテルを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鹿児島の特集

鹿児島の特集一覧

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧