八方尾根・岩岳旅行記(ブログ) 一覧に戻る
気象条件が良さそうだったので、北アルプスの唐松岳に登ってきました。唐松岳には3年半前に後立山連峰を縦走した際に登頂したことがありますが、積雪期には初めて。絶好のコンディションに恵まれて、雪山の絶景を楽しめました。<br /><br /><旅程><br />【1日目(2/27土)】<br /> →明科9:19(特急しなの)<br /> 明科駅前10:10→上生坂10:28(生坂村営バス)<br /> 上生坂バス停10:32-10:53京ヶ倉登山口10:59-11:49京ヶ倉11:57-12:09大城-13:00眠峠登り口-13:49やまなみバス停(徒歩)<br /> やまなみ13:54→あづみ病院14:07(池田町営バス)<br /> 信濃松川14:53→信濃大町15:05(JR大糸線)<br />【2日目(2/28日)】<br /> 信濃大町6:10→白馬6:51(JR大糸線)<br /> 八方池山荘9:37-11:34唐松岳11:58-12:11唐松岳頂上山荘12:22-13:49八方池山荘(徒歩)<br /> 白馬15:16→16:25松本16:53→(特急あずさ+しなの)

雪の北アルプス♪八方尾根から唐松岳

52いいね!

2021/02/27 - 2021/02/28

126位(同エリア720件中)

旅行記グループ 北アルプス

8

90

mondo

mondoさん

この旅行記スケジュールを元に

気象条件が良さそうだったので、北アルプスの唐松岳に登ってきました。唐松岳には3年半前に後立山連峰を縦走した際に登頂したことがありますが、積雪期には初めて。絶好のコンディションに恵まれて、雪山の絶景を楽しめました。

<旅程>
【1日目(2/27土)】
 →明科9:19(特急しなの)
 明科駅前10:10→上生坂10:28(生坂村営バス)
 上生坂バス停10:32-10:53京ヶ倉登山口10:59-11:49京ヶ倉11:57-12:09大城-13:00眠峠登り口-13:49やまなみバス停(徒歩)
 やまなみ13:54→あづみ病院14:07(池田町営バス)
 信濃松川14:53→信濃大町15:05(JR大糸線)
【2日目(2/28日)】
 信濃大町6:10→白馬6:51(JR大糸線)
 八方池山荘9:37-11:34唐松岳11:58-12:11唐松岳頂上山荘12:22-13:49八方池山荘(徒歩)
 白馬15:16→16:25松本16:53→(特急あずさ+しなの)

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
JR特急 JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 唐松岳に登るために前日に長野入りし、取り敢えず展望の良さそうな低山に登ってみようと、篠ノ井線の明科駅で下車。

    唐松岳に登るために前日に長野入りし、取り敢えず展望の良さそうな低山に登ってみようと、篠ノ井線の明科駅で下車。

    明科駅

  • バスの待ち時間が50分ほどあったので、駅から徒歩5分ほどの龍門渕公園に行ってみました。天気が良ければ北アルプスの常念山脈を一望できるようですが、曇っていて残念。

    バスの待ち時間が50分ほどあったので、駅から徒歩5分ほどの龍門渕公園に行ってみました。天気が良ければ北アルプスの常念山脈を一望できるようですが、曇っていて残念。

    龍門渕公園 公園・植物園

  • 蒸気機関車が展示されていました。1975年まで走っていたとのこと。

    蒸気機関車が展示されていました。1975年まで走っていたとのこと。

  • 明科駅前から生坂村営バスで生坂村へ。地元のお年寄り(?)が5人ほど乗っていました。

    明科駅前から生坂村営バスで生坂村へ。地元のお年寄り(?)が5人ほど乗っていました。

  • 上生坂バス停で下車して、20分ほど歩いて「京ヶ倉」の登山口へ

    上生坂バス停で下車して、20分ほど歩いて「京ヶ倉」の登山口へ

  • 京ヶ倉の登山口

    京ヶ倉の登山口

  • 途中の展望スポットからの景色。天気が良ければ、この向こうに常念山脈が見えるそうです。

    途中の展望スポットからの景色。天気が良ければ、この向こうに常念山脈が見えるそうです。

  • 稜線に出ると「馬の背」という痩せ尾根がありました。

    稜線に出ると「馬の背」という痩せ尾根がありました。

  • 北の方は割と晴れていて、後立山連峰が見えました。

    北の方は割と晴れていて、後立山連峰が見えました。

  • 山頂直下は急な岩場

    山頂直下は急な岩場

  • 京ヶ倉(標高990m)に登頂

    京ヶ倉(標高990m)に登頂

    京ヶ倉 自然・景勝地

  • 天気が良ければ北アルプスを一望の絶景。天気予報では午前中に晴れそうだったのですが残念。

    天気が良ければ北アルプスを一望の絶景。天気予報では午前中に晴れそうだったのですが残念。

  • 後立山連峰の爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳

    後立山連峰の爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳

  • 京ヶ倉から少し先に進むと大城跡。戦国時代の山城跡だそうです。

    京ヶ倉から少し先に進むと大城跡。戦国時代の山城跡だそうです。

  • 稜線上には所々に展望スポットがありました。こちらは餓鬼岳。これより南の山々は雲に隠れて見えませんでした。

    稜線上には所々に展望スポットがありました。こちらは餓鬼岳。これより南の山々は雲に隠れて見えませんでした。

  • 白馬三山

    白馬三山

  • 明科駅前のスーパーで購入した桜餅。桜餅が2種類あることを割と最近まで知らず、関東風を初めて頂きました。

    明科駅前のスーパーで購入した桜餅。桜餅が2種類あることを割と最近まで知らず、関東風を初めて頂きました。

  • 3時間ほどで軽登山を終えて、やまなみ荘前から池田町営バスで池田町へ。乗客は自分一人でした。

    3時間ほどで軽登山を終えて、やまなみ荘前から池田町営バスで池田町へ。乗客は自分一人でした。

  • 池田町から歩いて橋を渡って松川村へ。橋の上から北アルプスの後立山連峰が見えました♪

    池田町から歩いて橋を渡って松川村へ。橋の上から北アルプスの後立山連峰が見えました♪

  • 爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳

    爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳

  • 登録有形文化財の松川村収蔵庫。1937年に建設された米蔵。

    登録有形文化財の松川村収蔵庫。1937年に建設された米蔵。

  • 信濃松川駅から大糸線で信濃大町へ

    信濃松川駅から大糸線で信濃大町へ

    信濃松川駅

  • 当初は白馬に宿を探したものの、高かったので信濃大町で前泊することにしました。まだ時間が早いので、駅舎の向こうに見える山(鷹狩山)の中腹にある大町山岳博物館に行ってみることに。徒歩20分ほど。

    当初は白馬に宿を探したものの、高かったので信濃大町で前泊することにしました。まだ時間が早いので、駅舎の向こうに見える山(鷹狩山)の中腹にある大町山岳博物館に行ってみることに。徒歩20分ほど。

    信濃大町駅

  • 大町山岳博物館前から後立山連峰。この時間は逆光なのでイマイチ。<br /><br />ちなみに、大町には雪が殆ど残っていませんでしたが、木崎湖辺りからは結構残っていて、白馬は一面の雪景色でした。

    大町山岳博物館前から後立山連峰。この時間は逆光なのでイマイチ。

    ちなみに、大町には雪が殆ど残っていませんでしたが、木崎湖辺りからは結構残っていて、白馬は一面の雪景色でした。

    大町山岳博物館 美術館・博物館

  • 山岳博物館には以前に入館したことがあるので、お隣にある付属園(無料)に行ってみました。ニホンライチョウとスバールバルライチョウが飼育されていました(この写真はニホンライチョウ)。

    山岳博物館には以前に入館したことがあるので、お隣にある付属園(無料)に行ってみました。ニホンライチョウとスバールバルライチョウが飼育されていました(この写真はニホンライチョウ)。

    市立大町山岳博物館付属園 動物園

  • 他にも怪我を負って保護された動物などが飼育されていました。

    他にも怪我を負って保護された動物などが飼育されていました。

  • 信濃大町駅近くの宿にチェックイン。部屋名が「五竜」でした。素泊まり1泊5000円(バス・トイレ共同)。この宿には6年前にも泊まったことがあります。

    信濃大町駅近くの宿にチェックイン。部屋名が「五竜」でした。素泊まり1泊5000円(バス・トイレ共同)。この宿には6年前にも泊まったことがあります。

    竹乃家 宿・ホテル

    2名1室合計 8,600円~

  • 近くの中華料理屋で夕食

    近くの中華料理屋で夕食

    俵屋飯店 グルメ・レストラン

  • 翌朝、始発列車で白馬へ。日の出前ですが、信濃大町駅から後立山連峰が綺麗に見えました。

    翌朝、始発列車で白馬へ。日の出前ですが、信濃大町駅から後立山連峰が綺麗に見えました。

    信濃大町駅

  • 白馬駅から30分ほど歩いて白馬八方スキー場へ。途中で五竜岳~白馬三山が綺麗に見えました♪

    白馬駅から30分ほど歩いて白馬八方スキー場へ。途中で五竜岳~白馬三山が綺麗に見えました♪

  • 白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)

    白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)

  • 五竜岳とジャンプ台

    五竜岳とジャンプ台

  • 7:20頃にゴンドラ乗り場に到着すると既に長蛇の列で、チケット売場に1時間ほど並びました。日差しがあったせいか、意外とそれほど寒く感じなかったのは幸いでした。

    7:20頃にゴンドラ乗り場に到着すると既に長蛇の列で、チケット売場に1時間ほど並びました。日差しがあったせいか、意外とそれほど寒く感じなかったのは幸いでした。

    白馬八方尾根スキー場 スキー場

  • チケットを購入してから更に30分近く並んで、ようやくゴンドラに乗れました。登山者も多いですが、スキーヤーが更に多い感じ。

    チケットを購入してから更に30分近く並んで、ようやくゴンドラに乗れました。登山者も多いですが、スキーヤーが更に多い感じ。

  • 兎平でリフトに乗り換え

    兎平でリフトに乗り換え

  • 黒菱平で更にリフトを乗り継ぎ

    黒菱平で更にリフトを乗り継ぎ

  • 八方尾根を歩く登山者の列が見えました。

    八方尾根を歩く登山者の列が見えました。

  • 左手には五竜岳と鹿島槍ヶ岳

    左手には五竜岳と鹿島槍ヶ岳

  • 9時半近くにようやく八方池山荘に到着。チケット売場に並んでから約2時間かかりました(好天の週末だと概ねこのくらいかかるようです)。最終のリフトが15:40なので、それまでに戻らなければなりません(標準コースタイムは6時間くらい)。

    9時半近くにようやく八方池山荘に到着。チケット売場に並んでから約2時間かかりました(好天の週末だと概ねこのくらいかかるようです)。最終のリフトが15:40なので、それまでに戻らなければなりません(標準コースタイムは6時間くらい)。

    八方池山荘 宿・ホテル

  • アイゼンを装着して登り始めると、早速、白馬三山が見えました♪

    アイゼンを装着して登り始めると、早速、白馬三山が見えました♪

  • 広々としていて、踏み抜くこともなく歩きやすい。

    広々としていて、踏み抜くこともなく歩きやすい。

  • 唐松岳と白馬三山の間の「不帰ノ嶮」(かえらずのけん)が見えてきました。

    唐松岳と白馬三山の間の「不帰ノ嶮」(かえらずのけん)が見えてきました。

  • 3年半前に後立山連峰を縦走した際に歩き、この写真の右から2つ目のⅡ峰からの下りが高度感のある鎖場続きでなかなか険しかった記憶ですが、幸いにも「不帰」にはならずに済みました(^^;<br /><br />後立山縦走の旅行記<br />https://4travel.jp/travelogue/11276820

    3年半前に後立山連峰を縦走した際に歩き、この写真の右から2つ目のⅡ峰からの下りが高度感のある鎖場続きでなかなか険しかった記憶ですが、幸いにも「不帰」にはならずに済みました(^^;

    後立山縦走の旅行記
    https://4travel.jp/travelogue/11276820

  • 登山者は多いですが、広々としていて概ね渋滞に巻き込まれることなくマイペースで歩けました。

    登山者は多いですが、広々としていて概ね渋滞に巻き込まれることなくマイペースで歩けました。

  • 雪景色が本当に美しい♪

    雪景色が本当に美しい♪

  • 奥に白馬三山。この手前辺りが八方池でしょうか。紅葉の時期などにもまた来てみたいものです。

    奥に白馬三山。この手前辺りが八方池でしょうか。紅葉の時期などにもまた来てみたいものです。

    八方池 自然・景勝地

  • 八方池付近を過ぎると急な登り

    八方池付近を過ぎると急な登り

  • こんな場所にテントが設営されていました。自分には寒くて絶対無理です。。。

    こんな場所にテントが設営されていました。自分には寒くて絶対無理です。。。

  • 右奥に唐松岳山頂が見えてきました。

    右奥に唐松岳山頂が見えてきました。

  • 急な箇所となだらかな箇所の繰り返し。

    急な箇所となだらかな箇所の繰り返し。

  • 唐松岳山頂と不帰Ⅲ峰

    唐松岳山頂と不帰Ⅲ峰

  • 山頂に近づくと、幅の狭い箇所もありました。今回は問題ありませんでしたが、強風だと怖いようです。

    山頂に近づくと、幅の狭い箇所もありました。今回は問題ありませんでしたが、強風だと怖いようです。

  • ようやく稜線に出て、唐松岳山頂へ

    ようやく稜線に出て、唐松岳山頂へ

  • 山頂直下は割と急な登り。

    山頂直下は割と急な登り。

  • 唐松岳(標高2696m)に登頂!<br />標準コースタイムの半分くらいで登れたので、山頂でのんびり360°の絶景を楽しめました。

    唐松岳(標高2696m)に登頂!
    標準コースタイムの半分くらいで登れたので、山頂でのんびり360°の絶景を楽しめました。

    唐松岳(長野県白馬村) 自然・景勝地

  • 西側には剱・立山。右は毛勝三山。

    西側には剱・立山。右は毛勝三山。

  • 剱・立山

    剱・立山

  • 剱岳!

    剱岳!

  • 南側には五竜岳。その右奥には槍ヶ岳も見えました。

    南側には五竜岳。その右奥には槍ヶ岳も見えました。

  • 槍ヶ岳。左は穂高でしょうか。手前は蓮華岳?

    槍ヶ岳。左は穂高でしょうか。手前は蓮華岳?

  • 右が赤牛岳・水晶岳で左が針ノ木岳付近でしょうか。

    右が赤牛岳・水晶岳で左が針ノ木岳付近でしょうか。

  • 薬師岳

    薬師岳

  • 東側の景色。奥の雪山は恐らく四阿山で、その右が浅間山。

    東側の景色。奥の雪山は恐らく四阿山で、その右が浅間山。

  • 北東方面には火打山、妙高山、高妻山など

    北東方面には火打山、妙高山、高妻山など

  • 左から焼山、火打山、妙高山

    左から焼山、火打山、妙高山

  • 高妻山と戸隠山。高妻山の右奥に連なっている雪山は越後駒ヶ岳~巻機山あたりでしょうか。

    高妻山と戸隠山。高妻山の右奥に連なっている雪山は越後駒ヶ岳~巻機山あたりでしょうか。

  • 北側の白馬岳方面。不帰ノ嶮との鞍部にスノーボーダーの姿が見えました。あそこから急斜面を滑るのでしょうか!?

    北側の白馬岳方面。不帰ノ嶮との鞍部にスノーボーダーの姿が見えました。あそこから急斜面を滑るのでしょうか!?

  • 帰りは唐松岳頂上山荘(冬季閉鎖中)に立ち寄ってしばしランチ休憩。山頂は少し風が強くて寒かったのですが、山荘前は風もなく寒くもありませんでした。

    帰りは唐松岳頂上山荘(冬季閉鎖中)に立ち寄ってしばしランチ休憩。山頂は少し風が強くて寒かったのですが、山荘前は風もなく寒くもありませんでした。

    唐松岳頂上山荘 宿・ホテル

  • 山荘前から唐松岳山頂方面

    山荘前から唐松岳山頂方面

  • 絶景を満喫し、八方尾根を引き返して下山

    絶景を満喫し、八方尾根を引き返して下山

  • この辺りのみ道幅が狭い

    この辺りのみ道幅が狭い

  • 雪質が良く無雪期よりも歩きやすい。

    雪質が良く無雪期よりも歩きやすい。

  • あちらは五竜岳の遠見尾根

    あちらは五竜岳の遠見尾根

  • 遠くの高妻山

    遠くの高妻山

  • 雪に覆われた八方尾根

    雪に覆われた八方尾根

  • 雪の斜面が綺麗♪

    雪の斜面が綺麗♪

  • 八方ケルン

    八方ケルン

  • 八方池山荘が見えてきました。

    八方池山荘が見えてきました。

  • 高妻山~飯縄山

    高妻山~飯縄山

  • 飯縄山。左奥は苗場山?

    飯縄山。左奥は苗場山?

  • 白馬三山を見納め

    白馬三山を見納め

  • 八方池山荘に帰着

    八方池山荘に帰着

    八方池山荘 宿・ホテル

  • リフトからも絶景♪

    リフトからも絶景♪

  • 眼下には雪に覆われた白馬村

    眼下には雪に覆われた白馬村

  • コブだらけの斜面を滑るスキーヤーは凄いですね。自分は小学生の頃に毎年スキーに行ってスクールに入っても初心者用コースでボーゲンが精一杯でした。成人後に一度だけ滑ったら怖くて二度と行く気がしません。。。

    コブだらけの斜面を滑るスキーヤーは凄いですね。自分は小学生の頃に毎年スキーに行ってスクールに入っても初心者用コースでボーゲンが精一杯でした。成人後に一度だけ滑ったら怖くて二度と行く気がしません。。。

  • 最後はゴンドラ

    最後はゴンドラ

  • 歩いて白馬駅に向かう途中、白馬八方バスターミナルでは多くの人が長野駅行きのバスを待っていました。

    歩いて白馬駅に向かう途中、白馬八方バスターミナルでは多くの人が長野駅行きのバスを待っていました。

  • 唐松岳と白馬三山を見納め

    唐松岳と白馬三山を見納め

  • 白馬駅から帰途に。みどりの窓口が最近廃止されたらしく、特急券などの自動券売機も1台しかないので、並んでいてギリギリになってしまいました。

    白馬駅から帰途に。みどりの窓口が最近廃止されたらしく、特急券などの自動券売機も1台しかないので、並んでいてギリギリになってしまいました。

    白馬駅

  • 乗り換えの松本駅で購入した「タレから弁当」を夕食に頂きました。前回の山賊焼き弁当は食べきれないほどの量でしたが、このくらいだと丁度良い。

    乗り換えの松本駅で購入した「タレから弁当」を夕食に頂きました。前回の山賊焼き弁当は食べきれないほどの量でしたが、このくらいだと丁度良い。

    松本からあげセンター グルメ・レストラン

52いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

北アルプス

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • 琉球熱さん 2021/03/04 00:11:44
    「・・・」
    mondoさん、こんにちは

    素晴らしい景色を見させていただきました。
    登った人にしか味わえない特別な景色ですね。
    いや、ほんと 言葉ナシです。

    コンディションも申し分なしでしたね。
    しかしすごい人・・・ 驚きです。
    この辺は風が吹くことが多いような印象がありますが(この標高なら当たり前とも言えますね)、吹いたら恐そうです。
    雪山は危険もあれど、夏山にはない魅力がありますね。

    あ~ 山行きたい

    ---------琉球熱--------

    mondo

    mondoさん からの返信 2021/03/04 21:56:44
    Re: 「・・・」
    琉球熱さん、こんにちは。
    雪山の景色は本当に素晴らしいですね。
    今回は、快晴、風が弱い、気温が高め、雪質が良好、トレース豊富という好条件が揃ったので、雪山初心者の私でも登れました。以前に安達太良山で強風を経験したことがありますが、あんな強風に遭ったら唐松岳は登頂断念だったと思います。前週末は快晴ながら強風で2日ともゴンドラが運休していましたし、強風の日が多そうですね。
  • はなまま さん 2021/03/02 22:19:18
    絶景!
    紺色の空に真っ白の峰々、なんと美しい!地球ではないみたいですね。

    雪山トレッカーの多さにも驚きました。
    スキーは苦手でも、フカフカの綿のような雪を歩いてじっくりと景色を楽しむのも最高ですよね。

    写真の桜餅は、ピンク色のどら焼きみたいですねー(;・∀・)。でもスイーツに目がないはなままは一度は食べてみたいです。

    はなまま(*^^*)

    mondo

    mondoさん からの返信 2021/03/02 23:16:28
    Re: 絶景!
    本当に素晴らしい雪景色でした。空の青さも仰るとおり。
    大人気の雪山なのも納得です。
    私のスキルで行ける雪山はかなり限られますが、雪山トレッキングには魅了されてしまいました(^^;

    関東風の桜餅は、見た目は確かにどら焼きみたいな生地に見えましたが、食べてみるとやはり餅でした。関東風の地域に行かれた際には是非食べてみてください♪(長野では両方売っていました)

    はなまま

    はなまま さん からの返信 2021/03/04 18:46:09
    Re: 絶景!
    mondoさんの旅行記にはいつも驚かされますが、月曜日から金曜日までお仕事をなさって、週末にあの距離を踏破されるのですか?
    だとすると、超人的な体力&脚力ですね ヮ(゚д゚)ォ!

    はなまま(*^^*)

    mondo

    mondoさん からの返信 2021/03/04 22:01:30
    Re: 絶景!
    平日は仕事です。夏山シーズンは夜行バスを使って長距離縦走という週末も度々ありますが、最近は2-4時間程度のゆるい雪山ハイクしかしていません(^^;

    ねも

    ねもさん からの返信 2021/07/21 12:16:53
    Re: 絶景!
    今ごろすみません、見逃していました(><)
    ホントにこれ以上ないっていう絶景ですね、私も八方に行っていれば良かった、残念!
    mondoさんのスキーがボーゲンってΣ(・□・;) 人には意外な弱点があるものですね(笑) たしかに前世紀のスキーは「修行」でした。
    約30年前の異常なスキーブーム、いったい何が楽しくてみな舞い上がっていたのでしょうね、不思議です。
    mondoさんとしては、レアな旅と山歩きでもうお腹いっぱいかと推測しますが、今のスキー場は空いているしスキー板(カービングスキー)も操作しやすくなり、あのころと比べると天国と思います。

    mondo

    mondoさん からの返信 2021/07/21 22:23:31
    Re: 絶景!
    運動音痴なのでテクニックが必要なスポーツは全くダメです。人並みにできるのは走ることくらいでした。スキーは重いスキー板を担いで宿からスキー場まで歩いたり、スキーを履いて斜面を登ったりするのも苦痛(修行?)でした。
    確かねもさんの旅行記で知りましたが、今は扱いやすいスキー板があるのですね。雪景色は素晴らしいので、久しぶりに行ってみたい気もします。

mondoさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

八方尾根・岩岳の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集