丹沢・大山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
【概要】<br />【概要】<br />日本百名山のひとつである「丹沢山」は、神奈川県西部にある丹沢山地の中に位置する。周辺の山々と共に「丹沢大山国定公園」に指定されています。天気の良い時は、丹沢山周辺の山並みはもちろん、雄大な富士山の姿を堪能できます。<br /><br />【山行目的】<br />「バカ尾根」と呼ばれる大倉~塔の岳~丹沢山のピストン・ソロ登山して丹沢山より雄大な富士山を眺める登山<br /><br />【山行行動】<br />大倉 - 登山口 - 見晴茶屋 -  駒止茶屋  -  堀山の家 -  天神尾根分岐 -  花立山荘  -  金冷シ -  塔ノ岳 -  尊仏山荘 -  日高 -  竜ヶ馬場 -  丹沢山  -  竜ヶ馬場 -  日高 -  尊仏山荘 -  塔ノ岳 -  金冷シ -  花立山荘  - 1 天神尾根分岐 -  堀山の家 -  駒止茶屋 -  見晴茶屋 -  登山口 -  大倉<br /><br />【山行データ】<br />タイム 07:45 (その内ランチタイム30分),<br />距離 18.3km 上り 1,772m ,下り 1,775m<br /><br />【アクセス】<br />小田急電鉄「丹沢・大山フリーパスポート」新宿駅ー渋沢駅間の電車代、渋沢市内の神奈川中央バス(以降「神奈中バス」)のバス代が含まれるお得なフリーパスポートを利用してきました。<br /><br />[行き]<br />新宿 5:27発ー(小田急・小田原線 急行 新松田行き)ー6:44着 渋沢 6:48発ー(神奈中バス 大倉行き 2番のりば)ー7:03着 大倉 ⇒7:10 <山業開始><br /><br />[帰り]<br />15:00<山業終了> ⇒大倉 15:10発ー(神奈中バス・渋沢行き)ー17:25着 渋沢 17:35発ー(神奈中バス [秦18]系統 秦野駅行き 1番のりば)ー17:45着 白山塚バス停⇒バス停の目の前【日帰り温泉】湯花楽 秦野店 土日祝:900円⇒白山塚バス停17:14発ー白山塚(神奈中バス [秦18]系統 渋沢駅行き)ー17:25着 渋沢 17:34発ー(小田急小田原線 快速急行 新宿行き)ー18:49着 新宿<br /><br />

絶景の富士山 百名山「丹沢山」(神奈川)登山

9いいね!

2021/02/21 - 2021/02/21

334位(同エリア644件中)

旅行記グループ 日本百名山シリーズ

0

98

FBRUN'Z

FBRUN'Zさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

【概要】
【概要】
日本百名山のひとつである「丹沢山」は、神奈川県西部にある丹沢山地の中に位置する。周辺の山々と共に「丹沢大山国定公園」に指定されています。天気の良い時は、丹沢山周辺の山並みはもちろん、雄大な富士山の姿を堪能できます。

【山行目的】
「バカ尾根」と呼ばれる大倉~塔の岳~丹沢山のピストン・ソロ登山して丹沢山より雄大な富士山を眺める登山

【山行行動】
大倉 - 登山口 - 見晴茶屋 - 駒止茶屋 - 堀山の家 - 天神尾根分岐 - 花立山荘 - 金冷シ - 塔ノ岳 - 尊仏山荘 - 日高 - 竜ヶ馬場 - 丹沢山 - 竜ヶ馬場 - 日高 - 尊仏山荘 - 塔ノ岳 - 金冷シ - 花立山荘 - 1 天神尾根分岐 - 堀山の家 - 駒止茶屋 - 見晴茶屋 - 登山口 - 大倉

【山行データ】
タイム 07:45 (その内ランチタイム30分),
距離 18.3km 上り 1,772m ,下り 1,775m

【アクセス】
小田急電鉄「丹沢・大山フリーパスポート」新宿駅ー渋沢駅間の電車代、渋沢市内の神奈川中央バス(以降「神奈中バス」)のバス代が含まれるお得なフリーパスポートを利用してきました。

[行き]
新宿 5:27発ー(小田急・小田原線 急行 新松田行き)ー6:44着 渋沢 6:48発ー(神奈中バス 大倉行き 2番のりば)ー7:03着 大倉 ⇒7:10 <山業開始>

[帰り]
15:00<山業終了> ⇒大倉 15:10発ー(神奈中バス・渋沢行き)ー17:25着 渋沢 17:35発ー(神奈中バス [秦18]系統 秦野駅行き 1番のりば)ー17:45着 白山塚バス停⇒バス停の目の前【日帰り温泉】湯花楽 秦野店 土日祝:900円⇒白山塚バス停17:14発ー白山塚(神奈中バス [秦18]系統 渋沢駅行き)ー17:25着 渋沢 17:34発ー(小田急小田原線 快速急行 新宿行き)ー18:49着 新宿

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
高速・路線バス 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今回の登山 活動データ<br />標準コースタイム 12時間04分のところ、実際の登山時間7時間45分。距離18.3Km。登り1,772m・下り1,775mでした。

    今回の登山 活動データ
    標準コースタイム 12時間04分のところ、実際の登山時間7時間45分。距離18.3Km。登り1,772m・下り1,775mでした。

  • チェックポイント 通過タイム<br />神奈中バス停 大倉からスタートして、塔の岳経由して丹沢山の「バカ尾根」ピストンです。

    チェックポイント 通過タイム
    神奈中バス停 大倉からスタートして、塔の岳経由して丹沢山の「バカ尾根」ピストンです。

  • 小田急電鉄・新宿駅 切符自販機画面「フリーパスポート」<br />画面のグリーンゾーン「丹沢・大山」を選択。

    小田急電鉄・新宿駅 切符自販機画面「フリーパスポート」
    画面のグリーンゾーン「丹沢・大山」を選択。

    新宿駅

  • 画面が変わり、丹沢・大山フリーパスポート(A)・(B)の内、大山のケーブルカーを利用しないので、(B)を選択。大人1,560円。お得感を確認すると、<br />①小田急 新宿→渋沢間 現金690円×往復=1,380円・IC682円×往復=1,364円<br />②神奈中バス 渋沢ー大倉 現金・IC共に210円×往復=420円<br />③  同   渋沢ー白山塚 現金180円×往復=360円・IC178円×往復=356円<br />そのメリット額は、現金払いの時600円、IC払い580円と意外と大きい。<br />

    画面が変わり、丹沢・大山フリーパスポート(A)・(B)の内、大山のケーブルカーを利用しないので、(B)を選択。大人1,560円。お得感を確認すると、
    ①小田急 新宿→渋沢間 現金690円×往復=1,380円・IC682円×往復=1,364円
    ②神奈中バス 渋沢ー大倉 現金・IC共に210円×往復=420円
    ③  同   渋沢ー白山塚 現金180円×往復=360円・IC178円×往復=356円
    そのメリット額は、現金払いの時600円、IC払い580円と意外と大きい。

    新宿駅

  • これが「丹沢・大山フリーパスポート(B)」

    イチオシ

    地図を見る

    これが「丹沢・大山フリーパスポート(B)」

    新宿駅

  • 渋沢駅に向かう電車は、新宿 5:27発ー(小田急・小田原線 急行 新松田行き)ー6:44着 渋沢。

    渋沢駅に向かう電車は、新宿 5:27発ー(小田急・小田原線 急行 新松田行き)ー6:44着 渋沢。

    新宿駅

  • 小田急・小田原線 6:44着 渋沢<br />6:48発 神奈中バス 大倉行き 2番のりば。乗り換え時間が4分なので、電車を降りて、改札を経由してバス停までダッシュ。既にバス停にバスが停車していていた。<br />

    小田急・小田原線 6:44着 渋沢
    6:48発 神奈中バス 大倉行き 2番のりば。乗り換え時間が4分なので、電車を降りて、改札を経由してバス停までダッシュ。既にバス停にバスが停車していていた。

  • 終点の大倉バス停に向かいます。

    終点の大倉バス停に向かいます。

  • どんどん山が近づいています。

    どんどん山が近づいています。

  • 乗車して15分で、7:03着 大倉に到着。ここでも、WCが混むためダッシュ。

    乗車して15分で、7:03着 大倉に到着。ここでも、WCが混むためダッシュ。

  • 朝7時過ぎ。まだ太陽は低い。

    朝7時過ぎ。まだ太陽は低い。

  • 大倉バス停にあるレストハウスは、既にONENしていました。

    大倉バス停にあるレストハウスは、既にONENしていました。

  • 7:10 山業スタート。

    7:10 山業スタート。

  • 塔の岳方向に進みます。

    塔の岳方向に進みます。

  • 「丹沢大山国定公園」の標柱。

    「丹沢大山国定公園」の標柱。

  • この先までは、舗装道路が続きます。

    この先までは、舗装道路が続きます。

  • 木立に朝日が差し込み、綺麗です。

    木立に朝日が差し込み、綺麗です。

  • 大倉バス停から1.6Km地点でも、「塔の岳」の案内はありますが、「丹沢山」の文字は出てきません。

    大倉バス停から1.6Km地点でも、「塔の岳」の案内はありますが、「丹沢山」の文字は出てきません。

  • 舗装道が終わり、非舗装道路に変わります。

    舗装道が終わり、非舗装道路に変わります。

  • 8:07 大倉ベース<br />歩き始めて1時間となり、防寒ハーフパンツ・ミドルレイヤーのフリースを脱ぎ、半袖Tシャツになる。

    8:07 大倉ベース
    歩き始めて1時間となり、防寒ハーフパンツ・ミドルレイヤーのフリースを脱ぎ、半袖Tシャツになる。

  • ここまで登ると江の島が見えます。

    ここまで登ると江の島が見えます。

  • ウエアを脱いだ直後から階段地獄の始まりです。あそこでウエア調整して良かったと思う。

    ウエアを脱いだ直後から階段地獄の始まりです。あそこでウエア調整して良かったと思う。

  • 階段との闘いです。<br />

    階段との闘いです。

  • 8:36 駒止茶屋<br />茶屋は、営業していません。この手前の見晴茶屋も休業していました。

    8:36 駒止茶屋
    茶屋は、営業していません。この手前の見晴茶屋も休業していました。

  • 9:00 堀山の家(茶屋)は、営業中でした。暖かい甘酒などが用意されています。

    9:00 堀山の家(茶屋)は、営業中でした。暖かい甘酒などが用意されています。

  • 9:00 堀山の家(茶屋)<br />木立の間からクッキリと富士山の頭が見え、更に登るテンションが上がります。

    9:00 堀山の家(茶屋)
    木立の間からクッキリと富士山の頭が見え、更に登るテンションが上がります。

  • 9:00 堀山の家(茶屋)<br />富士山ズームアップ。

    9:00 堀山の家(茶屋)
    富士山ズームアップ。

  • 引き続き階段が続きます。<br />

    イチオシ

    引き続き階段が続きます。

  • 9:30 花立山荘到着<br />ここも営業中。開けた場所にあるので、富士山が良く拝めます。

    9:30 花立山荘到着
    ここも営業中。開けた場所にあるので、富士山が良く拝めます。

    花立山荘 宿・ホテル

  • 9:30 花立山荘<br />山では、綺麗に見えている風景も一瞬に見えなくなるので、小まめの撮影です。

    9:30 花立山荘
    山では、綺麗に見えている風景も一瞬に見えなくなるので、小まめの撮影です。

    花立山荘 宿・ホテル

  • 9:30 花立山荘<br />富士山ズームアップ。

    9:30 花立山荘
    富士山ズームアップ。

    花立山荘 宿・ホテル

  • 9:30 花立山荘<br />気温が高く、1.5Lハイドレーションの水とランチ用の山専ボトルのお湯0.5Lが足りなくなるのを懸念して、1本400円のコカ・コーラを買う。ちなみに富士山・山頂では1本500円でした。<br />

    9:30 花立山荘
    気温が高く、1.5Lハイドレーションの水とランチ用の山専ボトルのお湯0.5Lが足りなくなるのを懸念して、1本400円のコカ・コーラを買う。ちなみに富士山・山頂では1本500円でした。

    花立山荘 宿・ホテル

  • 9:30 花立山荘<br />登り始め約2時間半、このコカ・コーラでリセットです。

    9:30 花立山荘
    登り始め約2時間半、このコカ・コーラでリセットです。

    花立山荘 宿・ホテル

  • 登るにつれ、富士山の裾まで見えるようになってきた。

    登るにつれ、富士山の裾まで見えるようになってきた。

  • 富士山ズームアップ。<br />手前の土手が邪魔です。

    富士山ズームアップ。
    手前の土手が邪魔です。

  • 9:55 平らな尾根に出たら、塔の岳(中央)・丹沢山(左)が見えます。

    9:55 平らな尾根に出たら、塔の岳(中央)・丹沢山(左)が見えます。

  • 更に目線を左にやると、神奈川県最高峰の蛭が岳(中央左)・丹沢山(中央右)も見える。雲・霧が全くない。

    更に目線を左にやると、神奈川県最高峰の蛭が岳(中央左)・丹沢山(中央右)も見える。雲・霧が全くない。

  • 10:00 金冷し(分岐点)<br />当初計画していた時間よりも1時間14分早い。長丁場なので、スピードを上げていきます。ここから、左に行くと、2.2Kmに鍋割山に行けるようです。

    10:00 金冷し(分岐点)
    当初計画していた時間よりも1時間14分早い。長丁場なので、スピードを上げていきます。ここから、左に行くと、2.2Kmに鍋割山に行けるようです。

  • 蛭が岳・丹沢山が良く見えるようになる。

    蛭が岳・丹沢山が良く見えるようになる。

  • 10:17 塔の岳登頂<br />ここまで登り始めて3時間7分。

    10:17 塔の岳登頂
    ここまで登り始めて3時間7分。

    塔ノ岳 自然・景勝地

  • 10:17 塔の岳<br />絶景の富士山が待っていました。

    イチオシ

    地図を見る

    10:17 塔の岳
    絶景の富士山が待っていました。

    塔ノ岳 自然・景勝地

  • 10:17 塔の岳<br />ここでは20分の休憩と撮影タイム。

    イチオシ

    地図を見る

    10:17 塔の岳
    ここでは20分の休憩と撮影タイム。

    塔ノ岳 自然・景勝地

  • 塔の岳では、風が強く、流石に半袖Tシャツでは寒すぎる。<br />

    塔の岳では、風が強く、流石に半袖Tシャツでは寒すぎる。

  • 惚れ惚れする風景です。富士山は、日本のシンボルです。

    惚れ惚れする風景です。富士山は、日本のシンボルです。

  • 塔の岳山頂にある登山安全祈願石仏。富士山をバックに雰囲気があります。

    イチオシ

    塔の岳山頂にある登山安全祈願石仏。富士山をバックに雰囲気があります。

  • 富士山パノラマ撮影

    富士山パノラマ撮影

    塔ノ岳 自然・景勝地

  • 尊仏山荘<br />本格的な山荘。

    尊仏山荘
    本格的な山荘。

    尊仏山荘 宿・ホテル

  • 塔の岳山頂に最近では見かけない日時計がありました。

    塔の岳山頂に最近では見かけない日時計がありました。

  • 10:38 塔の岳山頂より尊仏山荘の脇を通リ、丹沢山に向かう。いきなり下りです。

    10:38 塔の岳山頂より尊仏山荘の脇を通リ、丹沢山に向かう。いきなり下りです。

  • 途中でも富士山を撮影。

    途中でも富士山を撮影。

  • 辛い急登でも、富士山を眺めると上に上に登れます。

    辛い急登でも、富士山を眺めると上に上に登れます。

  • 丹沢山に向かうと山の雰囲気が変わる。<br />

    丹沢山に向かうと山の雰囲気が変わる。

  • せっかく登ったのに、どんどん下ります。今回のコースは、ピストンにつき再度この登りを味わいます?

    せっかく登ったのに、どんどん下ります。今回のコースは、ピストンにつき再度この登りを味わいます?

  • 手前の沢と富士山が絵になります。絶景の富士山です。

    イチオシ

    手前の沢と富士山が絵になります。絶景の富士山です。

  • 丹沢山までのコースは、場所によっては霜・降雪によりぬかるみ・ドロドロになっています。

    丹沢山までのコースは、場所によっては霜・降雪によりぬかるみ・ドロドロになっています。

  • 丹沢山系の東北側の風景が広がっています。

    丹沢山系の東北側の風景が広がっています。

  • 少し霞がかかってきたような感じです。引き続き絶景の富士山が拝めます。

    少し霞がかかってきたような感じです。引き続き絶景の富士山が拝めます。

  • 11:34 百名山<丹沢山>標高1,567m登頂。<br />登り始めから4時間24分です。当初計画より1時間11分早かった。

    イチオシ

    11:34 百名山<丹沢山>標高1,567m登頂。
    登り始めから4時間24分です。当初計画より1時間11分早かった。

    丹沢山 自然・景勝地

  • 11:34 百名山<丹沢山>

    11:34 百名山<丹沢山>

    丹沢山 自然・景勝地

  • 11:34 百名山<丹沢山><br />2/21なのに暑い。塔の岳山頂と違い、風がなく快適です。

    11:34 百名山<丹沢山>
    2/21なのに暑い。塔の岳山頂と違い、風がなく快適です。

    丹沢山 自然・景勝地

  • 11:34 百名山<丹沢山><br />丹沢山山頂から眺める絶景の富士山 いい思い出になりました。

    イチオシ

    地図を見る

    11:34 百名山<丹沢山>
    丹沢山山頂から眺める絶景の富士山 いい思い出になりました。

    丹沢山 自然・景勝地

  • 山ランチタイムは、時短のためバーナーを封印し、カップヌードル味噌。フリーズドライの野菜をチョイたし。<br />

    山ランチタイムは、時短のためバーナーを封印し、カップヌードル味噌。フリーズドライの野菜をチョイたし。

    丹沢山 自然・景勝地

  • カップヌードル味噌に更に世界最小パスタ「クスクス」を加える。(写真は自宅撮影)いつもは、カップヌードルの麺を食べた後のスープに投入していましたが、時間を短縮するため、初めての試みでヌードル作製時に投入してみた。

    カップヌードル味噌に更に世界最小パスタ「クスクス」を加える。(写真は自宅撮影)いつもは、カップヌードルの麺を食べた後のスープに投入していましたが、時間を短縮するため、初めての試みでヌードル作製時に投入してみた。

  • 登山する方の間で愛好者が増えている「クスクス」は、北アフリカ発祥の食材ですが、フランスをはじめとしたヨーロッパにも普及。今回の商品もフランスの食品メーカー・Tipakの輸入品。MADE IN おFRACEでした。(写真は自宅撮影)

    登山する方の間で愛好者が増えている「クスクス」は、北アフリカ発祥の食材ですが、フランスをはじめとしたヨーロッパにも普及。今回の商品もフランスの食品メーカー・Tipakの輸入品。MADE IN おFRACEでした。(写真は自宅撮影)

  • 何といっても<調理の手軽さ>は、水洗いなし・茹で時間なしで、抜群です。アルファ米代わりに山業で愛用しています。(写真は自宅撮影)

    何といっても<調理の手軽さ>は、水洗いなし・茹で時間なしで、抜群です。アルファ米代わりに山業で愛用しています。(写真は自宅撮影)

  • ネットによる<br />クスクスvs生米vsアルファ米vsパスタ比較では、<br />?カロリー 全て同じくらい<br />?価格の手ごろさ<br />  生米 &gt; パスタ &gt; クスクス &gt; アルファ米<br />?調理の手軽さ<br />  クスクス &gt; アルファ米 &gt; パスタ &gt; 生米<br />腹持ちもイイです。(写真は自宅撮影)

    ネットによる
    クスクスvs生米vsアルファ米vsパスタ比較では、
    ?カロリー 全て同じくらい
    ?価格の手ごろさ
      生米 > パスタ > クスクス > アルファ米
    ?調理の手軽さ
      クスクス > アルファ米 > パスタ > 生米
    腹持ちもイイです。(写真は自宅撮影)

  • さぁーどうなることやら??お湯投入です。

    さぁーどうなることやら??お湯投入です。

    丹沢山 自然・景勝地

  • お湯投入しました。

    お湯投入しました。

    丹沢山 自然・景勝地

  • カップヌードルの水分を、チョイたししたフリーズドラィの野菜・クスクスが水分を吸収し、汁なしカップヌードル味噌となり、明らかに失敗です。普通にカップヌードルを食べた後のスープにクスクスを入れれば良かった。

    カップヌードルの水分を、チョイたししたフリーズドラィの野菜・クスクスが水分を吸収し、汁なしカップヌードル味噌となり、明らかに失敗です。普通にカップヌードルを食べた後のスープにクスクスを入れれば良かった。

    丹沢山 自然・景勝地

  • 気を取り直し、山コーヒー。時間のかかるドリップコーヒーではなく、スタバ・ダークローストのステックコーヒー。

    気を取り直し、山コーヒー。時間のかかるドリップコーヒーではなく、スタバ・ダークローストのステックコーヒー。

    丹沢山 自然・景勝地

  • やっぱり山コーヒーは、最高です!!山ランチの失敗を帳消しです。30分のランチタイムを終了して、登ってきたコースを折り返しします。<br />

    やっぱり山コーヒーは、最高です!!山ランチの失敗を帳消しです。30分のランチタイムを終了して、登ってきたコースを折り返しします。

    丹沢山 自然・景勝地

  • 丹沢山をしばらく下山すると、遠くに塔の岳が見えてきます。

    丹沢山をしばらく下山すると、遠くに塔の岳が見えてきます。

  • 塔の岳への帰路も険しいです。

    塔の岳への帰路も険しいです。

  • 途中で目線を東に向けると、丹沢山系の一つ大山が見えます。

    途中で目線を東に向けると、丹沢山系の一つ大山が見えます。

  • ズームアップ。あの電波施設、大山に間違いない!!

    ズームアップ。あの電波施設、大山に間違いない!!

  • 13:13 塔の岳に戻ってきました。相変わらず、風が強かった。富士山も霞がかかってきた。

    13:13 塔の岳に戻ってきました。相変わらず、風が強かった。富士山も霞がかかってきた。

    塔ノ岳 自然・景勝地

  • 塔の岳で小休憩し、下山しました。湘南の海岸線が見えます。

    塔の岳で小休憩し、下山しました。湘南の海岸線が見えます。

  • 渋沢・秦野などの麓の街も、良く見えます。

    渋沢・秦野などの麓の街も、良く見えます。

  • 登山の時も通過した痩せ尾根の渡り桟橋。登りは、人が多くて、実情を把握できませんでした。

    登山の時も通過した痩せ尾根の渡り桟橋。登りは、人が多くて、実情を把握できませんでした。

  • 結構、危険な箇所です。

    結構、危険な箇所です。

  • 山の斜面が崩落しています。かなり危険な痩せ尾根です。

    イチオシ

    山の斜面が崩落しています。かなり危険な痩せ尾根です。

  • 永遠と続く階段地獄です。

    イチオシ

    永遠と続く階段地獄です。

  • この周辺の森林は、神奈川の水源となっています。

    この周辺の森林は、神奈川の水源となっています。

  • この看板は、緊急事態発生の通報時に位置を伝える看板です。位置No.が麓のNO.1~続きます。こうした安全管理により、多くの登山者が山を楽しめます。感謝ですm(_ _)m

    この看板は、緊急事態発生の通報時に位置を伝える看板です。位置No.が麓のNO.1~続きます。こうした安全管理により、多くの登山者が山を楽しめます。感謝ですm(_ _)m

  • この日も2月ながら気温が20℃を越え、花も咲き始めます。

    この日も2月ながら気温が20℃を越え、花も咲き始めます。

  • 大倉バス停脇にある公園は、河津桜・菜の花が満開でした。春ですね~!!

    大倉バス停脇にある公園は、河津桜・菜の花が満開でした。春ですね~!!

  • 満開の河津桜・菜の花。

    満開の河津桜・菜の花。

  • 15:15 大倉バス停に到着。無事下山です。実際の登山時間7時間45分。バカ尾根18.3Kmのロングコースは、タフでした。渋沢駅行きのバスに乗車する。

    15:15 大倉バス停に到着。無事下山です。実際の登山時間7時間45分。バカ尾根18.3Kmのロングコースは、タフでした。渋沢駅行きのバスに乗車する。

  • 帰りのバスは満車状態。渋沢駅までは、約20分ぐらいかかりました。

    帰りのバスは満車状態。渋沢駅までは、約20分ぐらいかかりました。

  • 15:40 小田急線 渋沢駅に到着。そのまま電車に乗らず、1番のり場より日帰り温泉に立ち寄る。<br />

    15:40 小田急線 渋沢駅に到着。そのまま電車に乗らず、1番のり場より日帰り温泉に立ち寄る。

  • 渋沢 17:35発ー(神奈中バス [秦18]系統 秦野駅行き 1番のりば)を待つ。

    渋沢 17:35発ー(神奈中バス [秦18]系統 秦野駅行き 1番のりば)を待つ。

  • あのバスだ!!このバスもフリーパスポートで乗車出来ます。

    あのバスだ!!このバスもフリーパスポートで乗車出来ます。

  • 17:45着 白山塚バス停<br />バス停の目の前に【日帰り温泉】湯花楽 秦野店があります。

    17:45着 白山塚バス停
    バス停の目の前に【日帰り温泉】湯花楽 秦野店があります。

  • 【日帰り温泉】湯花楽 秦野店

    【日帰り温泉】湯花楽 秦野店

    湯花楽 秦野 温泉

  • 【日帰り温泉】湯花楽 秦野店

    【日帰り温泉】湯花楽 秦野店

    湯花楽 秦野 温泉

  • 【日帰り温泉】湯花楽 秦野店

    【日帰り温泉】湯花楽 秦野店

    湯花楽 秦野 温泉

  • 【日帰り温泉】湯花楽 秦野店 土日・一般900円<br />帰りの渋沢駅までのバスも【日帰り温泉】湯花楽 秦野店の目の前にあり、フリーパスポートを利用して、渋沢駅まで乗車しました。ただ本数が少ないので、帰りのバス時間を事前チェックして入浴されることをお勧めいたします。

    【日帰り温泉】湯花楽 秦野店 土日・一般900円
    帰りの渋沢駅までのバスも【日帰り温泉】湯花楽 秦野店の目の前にあり、フリーパスポートを利用して、渋沢駅まで乗車しました。ただ本数が少ないので、帰りのバス時間を事前チェックして入浴されることをお勧めいたします。

    湯花楽 秦野 温泉

  • 入浴後、バスの時間があったので、【日帰り温泉】湯花楽 秦野店の隣にあるコンビニの外で立ち飲みです。【日帰り温泉】湯花楽 秦野店にもレストランがありましたが、新型コロナ感染回避としました。<br />渋沢駅まで戻り、渋沢 17:34発ー(小田急小田原線 快速急行 新宿行き)ー18:49着 新宿で帰宅しました。久しぶりの山業を十分楽しみました。

    入浴後、バスの時間があったので、【日帰り温泉】湯花楽 秦野店の隣にあるコンビニの外で立ち飲みです。【日帰り温泉】湯花楽 秦野店にもレストランがありましたが、新型コロナ感染回避としました。
    渋沢駅まで戻り、渋沢 17:34発ー(小田急小田原線 快速急行 新宿行き)ー18:49着 新宿で帰宅しました。久しぶりの山業を十分楽しみました。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

日本百名山シリーズ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

丹沢・大山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集