猪苗代旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GoToトラベルは始まったものの東京発着の旅は対象外とされたたため、その恩恵を受けることができません。<br />コロナ禍にあって旅の自粛が6月まで続いたものの、7月からはその反動で毎月のようにどこかにマイルを使った空の旅を再開しました。<br />その合間に車を使った車中泊の節約旅も織り交ぜて、9月の4連休は、前から行ってみたかったカラフルな天狗の絵の入った御朱印で人気の古峯神社の参拝と、茅葺の街並みが残る大内宿、猪苗代の五色沼を中心とする猪苗代湖、喜多方ラーメンと蔵の街喜多方の街歩き、米沢を経由して銀山温泉、酒田まで2泊3日のドライブ旅を計画しました。<br />実は私には車でひとり旅をする際に、自分で決めた3つのルールがあります。<br /><br />ルールその1<br />高速道路は使わずにひたすら一般道を走る<br />高速で一瞬で通り過ぎてしまう場所で思わぬ発見<br /><br />ルールその2<br />ホテルや旅館には泊まらず車中泊が原則<br /> 入浴は日帰り温泉を利用する<br /><br />ルールその3<br />事前の観光プランは最小限とし、思いつくまま気の向くままに、見かけた所に立ち寄る。<br />キーワードはいろいろあります。<br /> 絶景、ワースポット、一の宮神社、古刹、古い街並み、近代建築、世界遺産、現代アート、美術館、日本百名城、日本百名山、教会、秘湯・・・<br /><br />とまあ数えきれない程あります。 <br />まあ、ものは言い様で、単なる節約旅行でめんどくさがり屋だけなんですが。<br />そんな気ままな車旅で栃木から福島に抜けた1日目を紹介します。

一人ドライブ車中泊 一日目 古峯神社・大内宿・五色沼を歩く

9いいね!

2020/09/19 - 2020/09/20

170位(同エリア334件中)

0

48

ぬいぬい

ぬいぬいさん

この旅行記のスケジュール

2020/09/19

この旅行記スケジュールを元に

GoToトラベルは始まったものの東京発着の旅は対象外とされたたため、その恩恵を受けることができません。
コロナ禍にあって旅の自粛が6月まで続いたものの、7月からはその反動で毎月のようにどこかにマイルを使った空の旅を再開しました。
その合間に車を使った車中泊の節約旅も織り交ぜて、9月の4連休は、前から行ってみたかったカラフルな天狗の絵の入った御朱印で人気の古峯神社の参拝と、茅葺の街並みが残る大内宿、猪苗代の五色沼を中心とする猪苗代湖、喜多方ラーメンと蔵の街喜多方の街歩き、米沢を経由して銀山温泉、酒田まで2泊3日のドライブ旅を計画しました。
実は私には車でひとり旅をする際に、自分で決めた3つのルールがあります。

ルールその1
高速道路は使わずにひたすら一般道を走る
高速で一瞬で通り過ぎてしまう場所で思わぬ発見

ルールその2
ホテルや旅館には泊まらず車中泊が原則
入浴は日帰り温泉を利用する

ルールその3
事前の観光プランは最小限とし、思いつくまま気の向くままに、見かけた所に立ち寄る。
キーワードはいろいろあります。
絶景、ワースポット、一の宮神社、古刹、古い街並み、近代建築、世界遺産、現代アート、美術館、日本百名城、日本百名山、教会、秘湯・・・

とまあ数えきれない程あります。
まあ、ものは言い様で、単なる節約旅行でめんどくさがり屋だけなんですが。
そんな気ままな車旅で栃木から福島に抜けた1日目を紹介します。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車 徒歩

PR

  • 品川の自宅を5時前に出発し、栃木の佐野の実家に立ち寄ってrから最初に向かった先は鹿沼にある古峯神社。<br />到着は8時50分<br />

    品川の自宅を5時前に出発し、栃木の佐野の実家に立ち寄ってrから最初に向かった先は鹿沼にある古峯神社。
    到着は8時50分

  • 500hもある広大な神域を持つ「古峯ヶ原」に鎮座する古峯神社。

    500hもある広大な神域を持つ「古峯ヶ原」に鎮座する古峯神社。

  • 御祭神は日本武尊。

    御祭神は日本武尊。

  • 御祭神の使者である天狗は災厄を除災するとして古くから信仰を集めていて、「天狗の社」とも呼ばれている境内には、大小様々な天狗を見つけることができます。

    御祭神の使者である天狗は災厄を除災するとして古くから信仰を集めていて、「天狗の社」とも呼ばれている境内には、大小様々な天狗を見つけることができます。

  • 三の鳥居をくぐってまっすぐ進むと川にかかる太鼓橋があります。

    三の鳥居をくぐってまっすぐ進むと川にかかる太鼓橋があります。

  • その先にあるのは古峯園という庭園があります。<br />大芦川の清流を引き、自然の地形を生かして作られた広い廻遊式日本庭園です。<br />ここは有料で入園料は300円。<br />今回は中には入りませんでした。

    その先にあるのは古峯園という庭園があります。
    大芦川の清流を引き、自然の地形を生かして作られた広い廻遊式日本庭園です。
    ここは有料で入園料は300円。
    今回は中には入りませんでした。

  • 橋の手前を右に曲がると本堂へと続く階段があります。

    橋の手前を右に曲がると本堂へと続く階段があります。

  • 茅葺の本堂<br />玄関を入ると右奥には宿坊もあります。

    茅葺の本堂
    玄関を入ると右奥には宿坊もあります。

    古峯神社 宿・ホテル

    おなじみの一番人気の御朱印は書き手が引退して印刷のものしかもらえません by ぬいぬいさん
  • 日光の発祥の地とされている古峯神社は、日光山を開山した勝道上人がこの地で修業をしたことからとされています。<br /><br />

    日光の発祥の地とされている古峯神社は、日光山を開山した勝道上人がこの地で修業をしたことからとされています。

  • 古峯神社の創建はおよそ1,300年前<br />日本各地にある古峯神社の総本社。<br />

    古峯神社の創建はおよそ1,300年前
    日本各地にある古峯神社の総本社。

  • 天狗の絵の入った御朱印が人気の古峯神社の御朱印は、書き手によって何十2種類もあってその日によってもらえる天狗の絵が変わります。<br />天狗の絵の入った手の込んだ御朱印は大人気で、できるまで30分ほどかかりました。<br />

    天狗の絵の入った御朱印が人気の古峯神社の御朱印は、書き手によって何十2種類もあってその日によってもらえる天狗の絵が変わります。
    天狗の絵の入った手の込んだ御朱印は大人気で、できるまで30分ほどかかりました。

  • 一番人気の赤と黒の御朱印は書き手が引退してしまい今は御朱印帳に書いてもらうことはできず、印刷されたものしかないそうです。<br />種類はかなりの数がありますが、選ぶことができません。<br />選べるのは印刷されたものしかなく、直筆のものと同じ500円するので、当然のことながら直接書いてもらうのを選択。<br />これだけ手の込んだものなので待ち時間は約40分ほど。<br />その間は境内散策して時間をつぶすことに。<br />今日は当たりでした。<br />このカラフルな大天狗の御朱印もきれいでよかったです。

    イチオシ

    一番人気の赤と黒の御朱印は書き手が引退してしまい今は御朱印帳に書いてもらうことはできず、印刷されたものしかないそうです。
    種類はかなりの数がありますが、選ぶことができません。
    選べるのは印刷されたものしかなく、直筆のものと同じ500円するので、当然のことながら直接書いてもらうのを選択。
    これだけ手の込んだものなので待ち時間は約40分ほど。
    その間は境内散策して時間をつぶすことに。
    今日は当たりでした。
    このカラフルな大天狗の御朱印もきれいでよかったです。

  • 古峯神社の手前に立派な金剛不動尊像のあるお寺がこちらの金剛山瑞峯寺。<br />

    古峯神社の手前に立派な金剛不動尊像のあるお寺がこちらの金剛山瑞峯寺。

    金剛山瑞峯寺 寺・神社

    日光山開山の勝道上人が開祖した修験道の霊場 by ぬいぬいさん
  • 日光山を開山した勝道上人が23歳の時に開祖した修験道の霊場です。<br />神仏混合の名残でお寺ですが鳥居をくぐって境内に入ります。<br />ここでは5月には火渡りの儀式なども行われているそうです。<br />

    日光山を開山した勝道上人が23歳の時に開祖した修験道の霊場です。
    神仏混合の名残でお寺ですが鳥居をくぐって境内に入ります。
    ここでは5月には火渡りの儀式なども行われているそうです。

  • 次に向かった先は120キロほど離れた福島県の大内宿。<br />2時間半走りました。

    次に向かった先は120キロほど離れた福島県の大内宿。
    2時間半走りました。

    大内宿 名所・史跡

    未舗装の道路に茅葺屋根の民家が建ち並ぶ姿は、江戸時代にタイムスリップした気分を味わえます by ぬいぬいさん
  • 会津西街道や下野街道と呼ばれた江戸時代に運搬路に、参勤交代で江戸へ向かう大名や旅人の宿場町として栄えた大内宿。<br />今でも未舗装の土の道路の両側には茅葺屋根の民家が建ち並びあたかも江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。

    会津西街道や下野街道と呼ばれた江戸時代に運搬路に、参勤交代で江戸へ向かう大名や旅人の宿場町として栄えた大内宿。
    今でも未舗装の土の道路の両側には茅葺屋根の民家が建ち並びあたかも江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。

  • まずは大内宿の突き当りにある、街並みの全貌を見ることのできる展望台へと向かいます。

    まずは大内宿の突き当りにある、街並みの全貌を見ることのできる展望台へと向かいます。

  • 町を貫く道路も未舗装なのでそのまま時代劇のロケもできそうな街並みですね。

    イチオシ

    町を貫く道路も未舗装なのでそのまま時代劇のロケもできそうな街並みですね。

  • お腹がすいたので大内宿の名物そばを食べましょう。<br />数あるお蕎麦屋さんの中で選んだのはこちらの浅沼食堂。

    お腹がすいたので大内宿の名物そばを食べましょう。
    数あるお蕎麦屋さんの中で選んだのはこちらの浅沼食堂。

    浅沼食堂 グルメ・レストラン

    大内宿名物のネギそばがおすすめです by ぬいぬいさん
  • 街並みの突き当りの展望台の下にあるこちらのお店。<br />食事をしながら街並みを眺めることができます。

    街並みの突き当りの展望台の下にあるこちらのお店。
    食事をしながら街並みを眺めることができます。

  • 注文したのは名物のネギそば<br />ネギが一本そのままついて、これをお箸代わりに齧りながら食べます。<br />食べにくいので箸に変えてネギはそのまま齧るだけ。<br />山菜も入っていて、素朴な味のそばでした。

    イチオシ

    注文したのは名物のネギそば
    ネギが一本そのままついて、これをお箸代わりに齧りながら食べます。
    食べにくいので箸に変えてネギはそのまま齧るだけ。
    山菜も入っていて、素朴な味のそばでした。

  • お腹が落ち着いたところで街並みを散策。<br />街道筋の茅葺屋根の民家はほとんどがお土産屋さんや蕎麦屋さん、雑貨屋さんのお店になっています。<br />カラフルな野菜の形をしたこちらはお手玉です。

    お腹が落ち着いたところで街並みを散策。
    街道筋の茅葺屋根の民家はほとんどがお土産屋さんや蕎麦屋さん、雑貨屋さんのお店になっています。
    カラフルな野菜の形をしたこちらはお手玉です。

  • 道を挟んで両側に家が並んでいますがその前には切れな水の流れる堀があり、そこでラムネや飲み物を冷やしていました。

    道を挟んで両側に家が並んでいますがその前には切れな水の流れる堀があり、そこでラムネや飲み物を冷やしていました。

  • 軒につるされたわらの束<br />これなんでしょうねえ?

    軒につるされたわらの束
    これなんでしょうねえ?

  • コスモスと茅葺屋根<br />なかなかいい感じのコラボレーションですね。

    コスモスと茅葺屋根
    なかなかいい感じのコラボレーションですね。

  • 一軒だけ屋根の吹き替えをしている家がありました。<br />ゼネコン勤務の仕事柄興味深くしばし見学せてもらいました。

    一軒だけ屋根の吹き替えをしている家がありました。
    ゼネコン勤務の仕事柄興味深くしばし見学せてもらいました。

  • 大内宿を後にして次に向かった先は60キロ、1時間20分ほど走って猪苗代ハーブ園へ。<br />ここはリステル猪苗代というスキー場に併設されたホテルの敷地内にあるハーブ園。

    大内宿を後にして次に向かった先は60キロ、1時間20分ほど走って猪苗代ハーブ園へ。
    ここはリステル猪苗代というスキー場に併設されたホテルの敷地内にあるハーブ園。

    猪苗代ハーブ園 公園・植物園

    温室の中の水鏡のアンブレラスカイはとてもフォトジェニック by ぬいぬいさん
  • こちらに来た目的はこのカラフルなアンブレラスカイを見るため。

    イチオシ

    こちらに来た目的はこのカラフルなアンブレラスカイを見るため。

  • 下にある水槽に水を張っているので見事に鏡面になっています。

    下にある水槽に水を張っているので見事に鏡面になっています。

  • カラフルなビニール傘と色鮮やかな和傘

    イチオシ

    カラフルなビニール傘と色鮮やかな和傘

  • なかなか完成度の高いフォトジェニックなアンブレラスカイでした。

    なかなか完成度の高いフォトジェニックなアンブレラスカイでした。

  • ハーブ園ですがお花畑もきれい

    ハーブ園ですがお花畑もきれい

  • スキー場なので秋のこの時期が最後

    スキー場なので秋のこの時期が最後

  • ここは入園料310円かかるのですが、1回限りの入園券でなくシーズン券をもらえます。

    ここは入園料310円かかるのですが、1回限りの入園券でなくシーズン券をもらえます。

  • 花の季節に来れば地元の人なら何度でも見に来ることができるのでかなりお得ですよね。

    花の季節に来れば地元の人なら何度でも見に来ることができるのでかなりお得ですよね。

  • 今はコスモスがいい感じに咲いていました

    今はコスモスがいい感じに咲いていました

  • コキアはまだ緑のまま<br />あと2週間くらいで色付き始めるのでしょうね。

    コキアはまだ緑のまま
    あと2週間くらいで色付き始めるのでしょうね。

  • ハロウィンの飾りつけも

    ハロウィンの飾りつけも

  • この日最後にむかぅた先は五色沼。

    この日最後にむかぅた先は五色沼。

    五色沼自然探勝路 公園・植物園

    7つの沼をつなぐ自然探勝路は往復2時間半ほどで歩けます by ぬいぬいさん
  • 明治の中頃、磐梯山の噴火によってこの辺りには100を超える湖沼ができました。

    明治の中頃、磐梯山の噴火によってこの辺りには100を超える湖沼ができました。

  • 毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼などの数多くの湖沼の総して五色沼湖沼群と呼ばれています。<br />

    毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼などの数多くの湖沼の総して五色沼湖沼群と呼ばれています。

  • 名前の通り沼によってエメラルドグリーン、コバルトブルー、ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーなど季節や天気や時間帯によって微妙に違う色に見えて不思議な沼です。

    名前の通り沼によってエメラルドグリーン、コバルトブルー、ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーなど季節や天気や時間帯によって微妙に違う色に見えて不思議な沼です。

  • 訪れたのが夕方だったことっと、天気も曇り空だったので名前通りのきれいな沼を見ることができなかっったので、明日の早朝改めて来てみようと思い、今日のところは下見を兼ねてしばし歩くことに。

    訪れたのが夕方だったことっと、天気も曇り空だったので名前通りのきれいな沼を見ることができなかっったので、明日の早朝改めて来てみようと思い、今日のところは下見を兼ねてしばし歩くことに。

    五色沼湖沼群 自然・景勝地

    磐梯山の噴火によってできた沼は季節や天気によって色が変わって見えます。 by ぬいぬいさん
  • この5つの沼をつなぐ遊歩道は、五色沼自然探勝路として整備されています。<br />

    この5つの沼をつなぐ遊歩道は、五色沼自然探勝路として整備されています。

  • 全長約3.6kmあって少し足を延ばして檜原湖まで行っても毘沙門沼から2時間半ほどで往復できます。<br />火山の噴火によって落ちてきたごつごつした岩や葉っぱが堆積してじめじめして足元があまり良くありませんが、グリーンやブルーなど季節によって変化する沼の自然を眺めながら気持ちよく歩くことができました。<br /><br /><br />

    全長約3.6kmあって少し足を延ばして檜原湖まで行っても毘沙門沼から2時間半ほどで往復できます。
    火山の噴火によって落ちてきたごつごつした岩や葉っぱが堆積してじめじめして足元があまり良くありませんが、グリーンやブルーなど季節によって変化する沼の自然を眺めながら気持ちよく歩くことができました。


  • 明日の早朝どんな顔を見せてくれるのかが楽しみですね。

    明日の早朝どんな顔を見せてくれるのかが楽しみですね。

  • この日の車中泊をする場所はこちらの道の駅猪苗代に決定<br />きれいな道の駅で、車中泊の車結構停まっていました。<br />近くの日帰り入浴できる温泉は日中だけで、夕方以降入浴できるところが近くになかったのでこの日は諦めました。

    この日の車中泊をする場所はこちらの道の駅猪苗代に決定
    きれいな道の駅で、車中泊の車結構停まっていました。
    近くの日帰り入浴できる温泉は日中だけで、夕方以降入浴できるところが近くになかったのでこの日は諦めました。

  • 道の駅猪苗代で食事ができる時間は18時までなので、夕食は近くのデニーズで。<br />20時ころまでこちらで時間をつぶして、再び道の駅猪苗代へ移動。<br />新しい道の駅だったのでトイレもきれいで快適でした。

    道の駅猪苗代で食事ができる時間は18時までなので、夕食は近くのデニーズで。
    20時ころまでこちらで時間をつぶして、再び道の駅猪苗代へ移動。
    新しい道の駅だったのでトイレもきれいで快適でした。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

猪苗代の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集