御所・葛城旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 天皇に準じるとされ、天皇と呼ばれるも「*代」と言う系統の中には組み入れられていない天皇もおられる。現在、日経新聞で連載中の「ワカタケル」の中に出てくる「イヒトヨ(飯豊)」は第22代清寧天皇の崩御後、第23代顕宗天皇の間に一時執政を取ったと言われています。飯豊皇女または飯豊王女と呼ばれているところから女性ですので、日本史上初の女性天皇は第33代推古天皇では無く彼女だったかも知れません。

飯豊天皇は番外だが初の女帝 だったのではないか天皇とか・・・

9いいね!

2019/08/05 - 2019/08/05

190位(同エリア289件中)

旅行記グループ 快適な銀輪行 その2

2

20

河内温泉大学名誉教授

河内温泉大学名誉教授さん

 天皇に準じるとされ、天皇と呼ばれるも「*代」と言う系統の中には組み入れられていない天皇もおられる。現在、日経新聞で連載中の「ワカタケル」の中に出てくる「イヒトヨ(飯豊)」は第22代清寧天皇の崩御後、第23代顕宗天皇の間に一時執政を取ったと言われています。飯豊皇女または飯豊王女と呼ばれているところから女性ですので、日本史上初の女性天皇は第33代推古天皇では無く彼女だったかも知れません。

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
自家用車 バイク

PR

  •  そんな飯豊天皇の御陵があるのが、葛城市新庄です。新庄の保健センタ-の筋南に長さが90メートル程の比較的はっきりと分かる前方後円墳があります。宮内庁による制札と拝所という形式は整っていますが、第**代という系図で言う順番が記されていません。

     そんな飯豊天皇の御陵があるのが、葛城市新庄です。新庄の保健センタ-の筋南に長さが90メートル程の比較的はっきりと分かる前方後円墳があります。宮内庁による制札と拝所という形式は整っていますが、第**代という系図で言う順番が記されていません。

  •  制札には天皇と。

     制札には天皇と。

  •  拝所。<br />

     拝所。

  •  歴代天皇以外では、天皇若しくは準じるとされる「追尊天皇」(志貴皇子等)、「追号天皇」(後高倉天皇等)または「天皇だったのではないかと考えられている」(神功皇后等)という分類があるようだが、それによると飯豊天皇は「だったのではないか天皇」に分類されるそうです。<br /> <br /> 全景です。

     歴代天皇以外では、天皇若しくは準じるとされる「追尊天皇」(志貴皇子等)、「追号天皇」(後高倉天皇等)または「天皇だったのではないかと考えられている」(神功皇后等)という分類があるようだが、それによると飯豊天皇は「だったのではないか天皇」に分類されるそうです。
     
     全景です。

  •  本日奈良市内で所用があり、その帰りに葛城市の飯豊さんのお墓参りをして来ました。最近は「ワカタケル」の追っかけのような事をしていますが、小説の世界とその原典の古事記の世界がより身近に見えてくるような気がします。<br /> 古事記編者「太安万侶」墓。(奈良市郊外)

     本日奈良市内で所用があり、その帰りに葛城市の飯豊さんのお墓参りをして来ました。最近は「ワカタケル」の追っかけのような事をしていますが、小説の世界とその原典の古事記の世界がより身近に見えてくるような気がします。
     古事記編者「太安万侶」墓。(奈良市郊外)

  •  古事記が編纂されるまでは口伝で古事が伝えられていました。その伝承にたずさわった稗田阿礼を祀る「賣太神社」。(大和郡山市)

     古事記が編纂されるまでは口伝で古事が伝えられていました。その伝承にたずさわった稗田阿礼を祀る「賣太神社」。(大和郡山市)

  •  賣太神社拝殿。

     賣太神社拝殿。

  •  日経新聞連載中の「ワカタケル」切り抜き。これも古事記がベースにあります。

     日経新聞連載中の「ワカタケル」切り抜き。これも古事記がベースにあります。

  •  歴史は堺の仁徳天皇陵古墳へと繋がるのか。

     歴史は堺の仁徳天皇陵古墳へと繋がるのか。

  •  履中天皇陵古墳は仁徳陵の南です。親父が北上に大きくと言う宮内庁(省)の意思表現で決められたらしいが、出てくる埴輪は後から出来たと云う履中陵からの方が古いものらしい。

     履中天皇陵古墳は仁徳陵の南です。親父が北上に大きくと言う宮内庁(省)の意思表現で決められたらしいが、出てくる埴輪は後から出来たと云う履中陵からの方が古いものらしい。

  •  帰路葛城山を越えるのですが、越えた真下辺り「竹ノ内街道」沿いにあるのが清寧天皇陵です。飯豊天皇が即位する直前の第22代天皇です。この陵の二種の定番大道具の制札には即位順が記されています。<br /> 拝所も含めて民地との境界明示に後ずさりした様に、脇に民家が建ち並んでいます。都市部では、開発業者の押しが強いのか宮内庁が押し切られているのが良く見えます。

     帰路葛城山を越えるのですが、越えた真下辺り「竹ノ内街道」沿いにあるのが清寧天皇陵です。飯豊天皇が即位する直前の第22代天皇です。この陵の二種の定番大道具の制札には即位順が記されています。
     拝所も含めて民地との境界明示に後ずさりした様に、脇に民家が建ち並んでいます。都市部では、開発業者の押しが強いのか宮内庁が押し切られているのが良く見えます。

  •  即位順が書かれていますね。

     即位順が書かれていますね。

  •  清寧天皇陵の東隣には白鳥陵、所謂「大和尊」の古墳もあります。

     清寧天皇陵の東隣には白鳥陵、所謂「大和尊」の古墳もあります。

  •  二上山脇を抜け堺へのルート竹ノ内街道沿いには、この様な大規模古墳が立ち並んでいます。大陸からの使者が最後に上陸した地から、明日香までのルート上にこの様な古墳群を並べ国力を訴えようとした島国の意が酌み取れます。しかし、大勢の一般庶民を苦しめた税制度「租庸調」の一つ労役で出来たものですね。<br />

     二上山脇を抜け堺へのルート竹ノ内街道沿いには、この様な大規模古墳が立ち並んでいます。大陸からの使者が最後に上陸した地から、明日香までのルート上にこの様な古墳群を並べ国力を訴えようとした島国の意が酌み取れます。しかし、大勢の一般庶民を苦しめた税制度「租庸調」の一つ労役で出来たものですね。

  •  竹ノ内街道沿いから二上山を遠望する。

     竹ノ内街道沿いから二上山を遠望する。

  •  なお、過日に第23代顕宗天皇天皇陵も訪れていますので、ここに並べることで雄略天皇後の3代の有力者の陵墓巡りとなります。

     なお、過日に第23代顕宗天皇天皇陵も訪れていますので、ここに並べることで雄略天皇後の3代の有力者の陵墓巡りとなります。

  •  第23代顕宗天皇天皇陵全景。

     第23代顕宗天皇天皇陵全景。

  •  第23代顕宗天皇陵古墳は、宮内庁により前述の奈良県香芝市北今市にある傍丘磐坏丘南陵とされています。これとは別に、奈良県大和高田市築山にある宮内庁の磐園陵墓参考地では、顕宗天皇が被葬候補者に想定されています。<br /><br /> 参考陵です。

     第23代顕宗天皇陵古墳は、宮内庁により前述の奈良県香芝市北今市にある傍丘磐坏丘南陵とされています。これとは別に、奈良県大和高田市築山にある宮内庁の磐園陵墓参考地では、顕宗天皇が被葬候補者に想定されています。

     参考陵です。

  •  同石柱。

     同石柱。

  •  顕宗天皇についてはその実存性についても疑問視されるところですが、そのような人物がいなかったとしても天皇家の歴史を綴る上では必要な人物だったという所に脚本家としての編者(古事記)の演出力が物語っているのではないでしょうか。<br /><br /> 顕宗天皇陵古墳も民地の中で狭そうに祀られています。

     顕宗天皇についてはその実存性についても疑問視されるところですが、そのような人物がいなかったとしても天皇家の歴史を綴る上では必要な人物だったという所に脚本家としての編者(古事記)の演出力が物語っているのではないでしょうか。

     顕宗天皇陵古墳も民地の中で狭そうに祀られています。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

快適な銀輪行 その2

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 河内温泉大学名誉教授さん 2019/08/09 23:58:50
    橿原神宮が最たるモノでしょうか
    お説のように明治維新後、政府は天皇を歴史的に体系づけて国の基本に据えることに苦心されているようですね。天皇陵を指定して御陵を特定しだしたそうですね。

    中には墓場泥棒の資料が出て来て、抜き差しならぬようになって訂正しているのもあるようです(天武 持統天皇陵)。

    私がもっと注目していますのは御所市にある「神武天皇社」ですね。この社近くで神武天皇は即位したと江戸期の書物まで書き連ねられているのですが、1890年に橿原神宮が近隣の一般人や家を追い払って造営されてからは、神武天皇社の事は歴史から消えかかり、橿原神宮で日本の国造りが始まったの如くされています。
    神武天皇社については、愚僧の拙稿「白洲正子ワールド「御所周辺の神話の世界を楽しむ 」」(https://4travel.jp/travelogue/11322282)にも多少触れていますので、よろしければお読みいただけたら誠に幸甚です。

    これからも、色々とご教示ください。
  • 墨水さん 2019/08/09 22:27:33
    明治政府。
    河内温泉大学名誉教授さん、今晩は。
    明治政府は、明治維新のドサクサに陵を造ってます。(笑)
    結構、あっちこっちに造ったもんだから、後につじつま合わせが大変で・・・・。
    本当に「歴史有る物」なら良いんですよ、日本人としては・・・・。
    明治に「造った」と為っては「マジデーッ。」しか、感想湧いてこないですよね。(笑)
    だから、民家に囲まれてるとか・・・・。
    明治政府は「名誉」が欲しかったんですよ・・・・。
    墨水。

河内温泉大学名誉教授さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

御所・葛城の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集