ヘルシンキ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
5月末から6月初旬にかけて北欧のフィンランドとノルウェーに出かけてきました。<br />今回の旅の目的は憧れの「フィヨルド」を観ること、<br />また、訪問したことのないフィンランドとノルウェーの文化に触れてみたいと、<br />無謀にもホテルと飛行機のチケット、ベルゲン鉄道の周遊チケットだけ<br />代理店に頼んで、ツアーではない「個人旅行」で出かけてみることにしました。<br /><br /><br />憧れの街、ヘルシンキを訪れて3日目ともなるとだいぶ慣れてきます。<br />この日はフィンランド独立100周年記念式が開催され、街中はすごい人ごみ。。。<br />前日、クローズしていたウスペンスキー寺院から国立博物館、さらには<br />テンペリアウキオ教会を経て、シベリウス公園をめざします。<br /><br /><br />6月というのにとんでもなく寒くて、朝は晴れていたのに、途中で雨。<br />さらには「あられ」へと変わり、災難に見舞われて警察へ行くことに。。。<br /><br /><br /><br />ヘルシンキ3日目(後半)はとんでもない記念日となりました。<br />

初夏の北欧への旅 vol.6。──「ヘルシンキ3日目 その2:涙のシベリウス公園」

12いいね!

2017/05/30 - 2017/06/07

1320位(同エリア3421件中)

旅行記グループ 1705・06 初夏の北欧への旅

0

9

5月末から6月初旬にかけて北欧のフィンランドとノルウェーに出かけてきました。
今回の旅の目的は憧れの「フィヨルド」を観ること、
また、訪問したことのないフィンランドとノルウェーの文化に触れてみたいと、
無謀にもホテルと飛行機のチケット、ベルゲン鉄道の周遊チケットだけ
代理店に頼んで、ツアーではない「個人旅行」で出かけてみることにしました。


憧れの街、ヘルシンキを訪れて3日目ともなるとだいぶ慣れてきます。
この日はフィンランド独立100周年記念式が開催され、街中はすごい人ごみ。。。
前日、クローズしていたウスペンスキー寺院から国立博物館、さらには
テンペリアウキオ教会を経て、シベリウス公園をめざします。


6月というのにとんでもなく寒くて、朝は晴れていたのに、途中で雨。
さらには「あられ」へと変わり、災難に見舞われて警察へ行くことに。。。



ヘルシンキ3日目(後半)はとんでもない記念日となりました。

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 徒歩
航空会社
フィンランド航空
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5

PR

  • ヘルシンキ3日目の続編です。<br />「テンペリアウキオ教会」を後に、向かったのが<br />「シベリウス公園」です。

    ヘルシンキ3日目の続編です。
    「テンペリアウキオ教会」を後に、向かったのが
    「シベリウス公園」です。

  • 地図上では近いのですが、徒歩でアクセスすると<br />割とあるので、バスで向かいます。<br />「フィンランディア」を手がけたフィンランドを<br />代表する作曲家シベリウスの生誕80周年を記念して<br />命名された公園なのだそうです。

    地図上では近いのですが、徒歩でアクセスすると
    割とあるので、バスで向かいます。
    「フィンランディア」を手がけたフィンランドを
    代表する作曲家シベリウスの生誕80周年を記念して
    命名された公園なのだそうです。

  • 広くてノンビリとした海沿いの公園で、<br />当日は音楽イベントが開催され、賑わっていました。

    広くてノンビリとした海沿いの公園で、
    当日は音楽イベントが開催され、賑わっていました。

  • 小さく映っていますが、この小さな山小屋風の<br />「カフェ・レガッタ」も人気のカフェです。<br /><br />フィンランドで人気のソーセージを自分で炙る<br />グリルコーナーもあるようです。。。<br /><br />が、時間帯もあったのでしょう。<br />アジア系の観光客を乗せたバスが次々と到着し、<br />周囲は騒然となります。

    小さく映っていますが、この小さな山小屋風の
    「カフェ・レガッタ」も人気のカフェです。

    フィンランドで人気のソーセージを自分で炙る
    グリルコーナーもあるようです。。。

    が、時間帯もあったのでしょう。
    アジア系の観光客を乗せたバスが次々と到着し、
    周囲は騒然となります。

  • この公園の目玉であるステンレスパイプの<br />モニュメントもこの通り。。。<br />どいてくれようっ(汗)!!

    この公園の目玉であるステンレスパイプの
    モニュメントもこの通り。。。
    どいてくれようっ(汗)!!

  • その横の御影石の上に置かれているのが<br />シベリウスの肖像レリーフです。<br /><br />ちと、いや、だいぶ怖い。。。<br />なんだか睨まれているようなイメージです(汗)。<br /><br /><br /><br />雨が激しくなってきたので、カメラをしまって退散。。。<br />したはずでしたが、停留所からバスに乗ったら、<br />ヤッケのポケットに入れたはずの<br />「iPhone」がない(滝汗)!!<br /><br />バッグ、ポケットすべてを探しても見当たりません。。。<br />どこかで落とした(ナイロン製の滑りやすい生地の<br />ヤッケなので)らしく。。。<br />シベリウスのおっかない顔を撮影した時には、<br />たしかにあったのですが、その後になくしたようです。<br />まさに「シベリウスの呪い」(爆)!!<br /><br /><br />すでに駅近くまで戻ってきていましたが、<br />再びシベリウス公園までUターン。。。<br />周囲を散策していた人やイベント会場の人たちに<br />手伝ってもらって探しましたが、<br />落ちているはずもなく。。。<br />この時は異様に寒くて私の不幸をあざ笑うかのように<br />「あられ」が降っていました(号泣)。<br /><br />「あられ」はフィンランド語で「rae」<br />(「ラーウ」と巻き舌で力強く発音する)ことを<br />教えてくれたのは、近くにいたおじいさんです。<br />言葉が通じない割にとても親切で帰りにバス停まで<br />見送って「元気を出せ!きっと見つかる!」と<br />握手して励まして(たぶん)くれました。<br /><br /><br /><br />その後、ホテルに戻り、ヘルシンキ警察への<br />道順を聞き出します。<br />「タクシーで行きたい!」という私に、<br />「タクシーは高いからトラムで行った方が良い!」と<br />ホテルスタッフ。。。<br />停留所の名前を書き、大体、何分ぐらいかかるかも<br />教えてくれます。<br /><br /><br />そしてヘルシンキ警察へ。。。<br />結構、中心地からは離れたところにあります。<br />まさか警察に行くことになろうとは想定外の出来事です。<br />番号カードを取って順番が表示されるシステム。。。<br />落とし物係の相談時間はとっくに終わっている(!)ので、<br />その他大勢の処理係のところで待たされます。<br />インターナショナルな客(相談者)が多くてちょっと安心(笑)。<br /><br /><br />40分ぐらい待たされて相談室へ。。。<br />女性の貫禄ある雰囲気の警官でした。<br />「どこで落としましたか?」「何時頃?」<br />「周囲はどんな状況でしたか?」など、<br />この辺りは日本と変わらない応対です。<br />PCをカチャカチャと操作し、<br />「残念ながらまだ届け出はないようです!」とのこと。。。<br />が、「ラッキーであれば、2~3日中に出てくるだろうし、<br />1年後に見つかることもあるので気をおとさないように。<br />あなたのeメールアドレスと電話番号をここに記入し、<br />帰国したらなくした電話のIMEI番号を警察署宛に<br />メールするように!!」ということで手続きは終了です。<br />意外と手続きはシンプルでした(爆)。。。<br /><br /><br />参考までに、ヘルシンキ警察はトラム7Aの終点から<br />徒歩3分ほどの場所にあります。<br />遠かったです(汗)。<br />そして、警察から出てくると中央駅周辺に向かう<br />帰りのトラム7Bが停留所に停まっています。<br />全力で走ったのですが、行っちゃいました(涙)。<br />とても寒いし、電話はなくしたし、<br />なんてついていない日なのでしょう。。。<br /><br /><br />間に合わなくて、がっくりしてベンチに座る私を<br />最初から見ていたのでしょう(汗)。<br />フィンランド人のおじさんが話しかけてきます。<br />「残念だったね。もう少しだったのに!」<br />そして「この路線は本数が少ないんだ。<br />20分は来ないよ!!」と追い打ちをかけます。<br /><br />さらにガックリする私に「どこから来たのか?」<br />「エストニアには行ったか?」<br />「1時間で行けるのだから、行かないと損だ!」等々、<br />話し好きのおじさんです。<br /><br />「今日はアンラッキーデーでiPhoneをなくして<br />警察にきたこと」を話すと、「『iCloud』」で<br />バックアップをとっているなら写真は大丈夫だし、<br />フィンランドは安全な国だから、たぶん出てくるし、<br />出てきたらフィンランドにもう一度、取りにくれば<br />いいさ!」と極めてポジティブに励ましてくる<br />親切なおじさんでした(笑)。<br /><br /><br />このおじさんのお陰で落ち込んでいた気分も<br />だいぶ復活。。。だいぶ元気を取り戻しました。<br />が、シベリウス公園以降の予定は全滅。。。<br />最終日のヘルシンキは散々な結果になって<br />しまいました。<br /><br /><br />最初はホテルから警察に電話して簡単に<br />手続きができると思っていたのですが、<br />落とし物係の受付時間は2時だかで終了で翌日の受付と<br />なります。<br />翌日はノルウェーへの移動日なので、直接、<br />行かないとダメかと思って出かけたのですが、<br />結果的に正解でした。<br />帰国してからIMEI番号も何とか見つけ出し、<br />言われた通りにメールしました。<br />まだ何も連絡がないので、たぶん見つかっては<br />いないのでしょう。<br /><br /><br />が、社会保障が充実しているフィンランドは<br />国民性もあるのでしょうが、とても安全な国で<br />落とし物の研究実験(国別対抗の)をしたところ、<br />落とし物を拾って届ける率が、それらの国の中で2番目<br />(トップはブルガリアだったかな?)だったそうです。<br />だからほんの少しは期待しているのですが(笑)。<br />まぁ、周囲はアジア系の観光客がウヨウヨいたので、<br />その人たちに拾われてしまったら・・・<br />あまり想像したくはありませんが。。。<br /><br />中国の怪しいエリアからパスワードの解除に関する<br />お知らせが時々届くのはそのせいかも(汗)。<br /><br /><br />また、海外では「iPhoneを探す」のアプリは<br />全く役に立ちません。<br />あっ、ハワイでは使えるらしいですが(友人情報)、<br />フィンランドでは全く使えませんでした。<br /><br /><br />そして携帯をなくしたり、おとしたりした場合は、<br />回線を止めることが「必須」です。<br />ホテルの部屋から日本の携帯会社に電話を<br />かけるのですが、これが全く通じません(汗)。<br />なんと!!宿泊したホテルの部屋からの<br />国際電話は使えないとのこと(驚)。<br />フロントから電話してもらいましたが、<br />やはりつながりませんでした。。。<br />これは翌日、ベルゲンのホテルから電話して<br />無事につながって解決しましたが<br />結構、ヒヤヒヤものでした。<br /><br /><br />しかし、私のiPhoneは今頃、どこで何を<br />しているのでしょう?<br />ヘルシンキで誰かに使われているとしたら、<br />それはそれで奇妙な話です。。。<br /><br /><br />なお、海外保険には入っていたのですが、<br />「紛失したもの」「なくしたもの」に関しては<br />保険請求はできません。<br />「盗られた」「盗まれた!」と申告しても、<br />携帯の場合は保険金が下りるか否かは<br />微妙なところだそうです(保険会社の担当者の話)。<br /><br /><br /><br />iPhoneはなくしましたが、iPad miniを持っていたので、<br />残りの旅行中はiPad miniに活躍してもらうことになります<br />(持って行って本当に良かったです)。<br /><br />

    その横の御影石の上に置かれているのが
    シベリウスの肖像レリーフです。

    ちと、いや、だいぶ怖い。。。
    なんだか睨まれているようなイメージです(汗)。



    雨が激しくなってきたので、カメラをしまって退散。。。
    したはずでしたが、停留所からバスに乗ったら、
    ヤッケのポケットに入れたはずの
    「iPhone」がない(滝汗)!!

    バッグ、ポケットすべてを探しても見当たりません。。。
    どこかで落とした(ナイロン製の滑りやすい生地の
    ヤッケなので)らしく。。。
    シベリウスのおっかない顔を撮影した時には、
    たしかにあったのですが、その後になくしたようです。
    まさに「シベリウスの呪い」(爆)!!


    すでに駅近くまで戻ってきていましたが、
    再びシベリウス公園までUターン。。。
    周囲を散策していた人やイベント会場の人たちに
    手伝ってもらって探しましたが、
    落ちているはずもなく。。。
    この時は異様に寒くて私の不幸をあざ笑うかのように
    「あられ」が降っていました(号泣)。

    「あられ」はフィンランド語で「rae」
    (「ラーウ」と巻き舌で力強く発音する)ことを
    教えてくれたのは、近くにいたおじいさんです。
    言葉が通じない割にとても親切で帰りにバス停まで
    見送って「元気を出せ!きっと見つかる!」と
    握手して励まして(たぶん)くれました。



    その後、ホテルに戻り、ヘルシンキ警察への
    道順を聞き出します。
    「タクシーで行きたい!」という私に、
    「タクシーは高いからトラムで行った方が良い!」と
    ホテルスタッフ。。。
    停留所の名前を書き、大体、何分ぐらいかかるかも
    教えてくれます。


    そしてヘルシンキ警察へ。。。
    結構、中心地からは離れたところにあります。
    まさか警察に行くことになろうとは想定外の出来事です。
    番号カードを取って順番が表示されるシステム。。。
    落とし物係の相談時間はとっくに終わっている(!)ので、
    その他大勢の処理係のところで待たされます。
    インターナショナルな客(相談者)が多くてちょっと安心(笑)。


    40分ぐらい待たされて相談室へ。。。
    女性の貫禄ある雰囲気の警官でした。
    「どこで落としましたか?」「何時頃?」
    「周囲はどんな状況でしたか?」など、
    この辺りは日本と変わらない応対です。
    PCをカチャカチャと操作し、
    「残念ながらまだ届け出はないようです!」とのこと。。。
    が、「ラッキーであれば、2~3日中に出てくるだろうし、
    1年後に見つかることもあるので気をおとさないように。
    あなたのeメールアドレスと電話番号をここに記入し、
    帰国したらなくした電話のIMEI番号を警察署宛に
    メールするように!!」ということで手続きは終了です。
    意外と手続きはシンプルでした(爆)。。。


    参考までに、ヘルシンキ警察はトラム7Aの終点から
    徒歩3分ほどの場所にあります。
    遠かったです(汗)。
    そして、警察から出てくると中央駅周辺に向かう
    帰りのトラム7Bが停留所に停まっています。
    全力で走ったのですが、行っちゃいました(涙)。
    とても寒いし、電話はなくしたし、
    なんてついていない日なのでしょう。。。


    間に合わなくて、がっくりしてベンチに座る私を
    最初から見ていたのでしょう(汗)。
    フィンランド人のおじさんが話しかけてきます。
    「残念だったね。もう少しだったのに!」
    そして「この路線は本数が少ないんだ。
    20分は来ないよ!!」と追い打ちをかけます。

    さらにガックリする私に「どこから来たのか?」
    「エストニアには行ったか?」
    「1時間で行けるのだから、行かないと損だ!」等々、
    話し好きのおじさんです。

    「今日はアンラッキーデーでiPhoneをなくして
    警察にきたこと」を話すと、「『iCloud』」で
    バックアップをとっているなら写真は大丈夫だし、
    フィンランドは安全な国だから、たぶん出てくるし、
    出てきたらフィンランドにもう一度、取りにくれば
    いいさ!」と極めてポジティブに励ましてくる
    親切なおじさんでした(笑)。


    このおじさんのお陰で落ち込んでいた気分も
    だいぶ復活。。。だいぶ元気を取り戻しました。
    が、シベリウス公園以降の予定は全滅。。。
    最終日のヘルシンキは散々な結果になって
    しまいました。


    最初はホテルから警察に電話して簡単に
    手続きができると思っていたのですが、
    落とし物係の受付時間は2時だかで終了で翌日の受付と
    なります。
    翌日はノルウェーへの移動日なので、直接、
    行かないとダメかと思って出かけたのですが、
    結果的に正解でした。
    帰国してからIMEI番号も何とか見つけ出し、
    言われた通りにメールしました。
    まだ何も連絡がないので、たぶん見つかっては
    いないのでしょう。


    が、社会保障が充実しているフィンランドは
    国民性もあるのでしょうが、とても安全な国で
    落とし物の研究実験(国別対抗の)をしたところ、
    落とし物を拾って届ける率が、それらの国の中で2番目
    (トップはブルガリアだったかな?)だったそうです。
    だからほんの少しは期待しているのですが(笑)。
    まぁ、周囲はアジア系の観光客がウヨウヨいたので、
    その人たちに拾われてしまったら・・・
    あまり想像したくはありませんが。。。

    中国の怪しいエリアからパスワードの解除に関する
    お知らせが時々届くのはそのせいかも(汗)。


    また、海外では「iPhoneを探す」のアプリは
    全く役に立ちません。
    あっ、ハワイでは使えるらしいですが(友人情報)、
    フィンランドでは全く使えませんでした。


    そして携帯をなくしたり、おとしたりした場合は、
    回線を止めることが「必須」です。
    ホテルの部屋から日本の携帯会社に電話を
    かけるのですが、これが全く通じません(汗)。
    なんと!!宿泊したホテルの部屋からの
    国際電話は使えないとのこと(驚)。
    フロントから電話してもらいましたが、
    やはりつながりませんでした。。。
    これは翌日、ベルゲンのホテルから電話して
    無事につながって解決しましたが
    結構、ヒヤヒヤものでした。


    しかし、私のiPhoneは今頃、どこで何を
    しているのでしょう?
    ヘルシンキで誰かに使われているとしたら、
    それはそれで奇妙な話です。。。


    なお、海外保険には入っていたのですが、
    「紛失したもの」「なくしたもの」に関しては
    保険請求はできません。
    「盗られた」「盗まれた!」と申告しても、
    携帯の場合は保険金が下りるか否かは
    微妙なところだそうです(保険会社の担当者の話)。



    iPhoneはなくしましたが、iPad miniを持っていたので、
    残りの旅行中はiPad miniに活躍してもらうことになります
    (持って行って本当に良かったです)。

  • 翌日は朝の飛行機で「ベルゲン」に移動です。<br />この日はレストランで優雅に食事しよう!と考えていたのに、<br />とてもそんな気分にはなれません。<br />ヘルシンキ中央駅近くにある「Sマーケット」<br />で食料品やお土産を色々と調達。。。<br />

    翌日は朝の飛行機で「ベルゲン」に移動です。
    この日はレストランで優雅に食事しよう!と考えていたのに、
    とてもそんな気分にはなれません。
    ヘルシンキ中央駅近くにある「Sマーケット」
    で食料品やお土産を色々と調達。。。

  • よく売れていたサンドイッチコーナーからの一品。<br />これがこの日の出来事を象徴するような、<br />とっても悲しいお味でした。。。<br />昨日のエクベリのパンの2割ほどの美味しさです。<br /><br />あまりのお味にボケボケ状態!!<br />まぁ、この日は何を食べても美味しくは<br />感じられなかったでしょう。<br />このようにしてヘルシンキステイ3日目は<br />過ぎていったのでした。。。<br /><br /><br />電話もなくしたし、今宵はパッキングして早寝するぞー!!と、<br />セントレアで買ってきたウヰスキーで作った水割りを<br />飲み干したのでした。。。<br /><br />おやすみなさい!!

    よく売れていたサンドイッチコーナーからの一品。
    これがこの日の出来事を象徴するような、
    とっても悲しいお味でした。。。
    昨日のエクベリのパンの2割ほどの美味しさです。

    あまりのお味にボケボケ状態!!
    まぁ、この日は何を食べても美味しくは
    感じられなかったでしょう。
    このようにしてヘルシンキステイ3日目は
    過ぎていったのでした。。。


    電話もなくしたし、今宵はパッキングして早寝するぞー!!と、
    セントレアで買ってきたウヰスキーで作った水割りを
    飲み干したのでした。。。

    おやすみなさい!!

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

1705・06 初夏の北欧への旅

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フィンランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フィンランド最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フィンランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集