5月末から6月初旬にかけて北欧のフィンランドとノルウェーに出かけてきました。<br />今回の旅の目的は憧れの「フィヨルド」を観ること、<br />また、訪問したことのないフィンランドとノルウェーの文化に触れてみたいと、<br />無謀にもホテルと飛行機のチケット、ベルゲン鉄道の周遊チケットだけ<br />代理店に頼んで、ツアーではない「個人旅行」で出かけてみることにしました。<br /><br /><br />オスロステイ3日目。最終日です。<br />この日は午後のフライトでヘルシンキに飛ぶため、<br />朝9時からオープンする「オスロ市庁舎」「国立美術館」「オスロ大聖堂」を<br />チェックするために準備万端で動きます。<br /><br /><br />「Flybussen」(空港バス)は11時05分発です。<br />

初夏の北欧への旅 vol.16。──「オスロ最終日:駆け足の市内散策!」

9いいね!

2017/05/30 - 2017/06/07

304位(同エリア797件中)

旅行記グループ 1705・06 初夏の北欧への旅

0

49

forestkoro

forestkoroさん

5月末から6月初旬にかけて北欧のフィンランドとノルウェーに出かけてきました。
今回の旅の目的は憧れの「フィヨルド」を観ること、
また、訪問したことのないフィンランドとノルウェーの文化に触れてみたいと、
無謀にもホテルと飛行機のチケット、ベルゲン鉄道の周遊チケットだけ
代理店に頼んで、ツアーではない「個人旅行」で出かけてみることにしました。


オスロステイ3日目。最終日です。
この日は午後のフライトでヘルシンキに飛ぶため、
朝9時からオープンする「オスロ市庁舎」「国立美術館」「オスロ大聖堂」を
チェックするために準備万端で動きます。


「Flybussen」(空港バス)は11時05分発です。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
徒歩
航空会社
フィンランド航空

PR

  • オスロ最終日。<br />この日は13:15 オスロ発の飛行機で<br />ヘルシンキまで飛ばなくてはなりません。<br />オンラインチェックインは済ませているものの、<br />乗りたいFlybussen(空港バス)は11時過ぎの予定です。<br /><br /><br />9時にオープンする「オスロ市庁舎」に合わせて<br />効率良く動きます。

    オスロ最終日。
    この日は13:15 オスロ発の飛行機で
    ヘルシンキまで飛ばなくてはなりません。
    オンラインチェックインは済ませているものの、
    乗りたいFlybussen(空港バス)は11時過ぎの予定です。


    9時にオープンする「オスロ市庁舎」に合わせて
    効率良く動きます。

  • 朝食をしっかり食べて行動開始!

    朝食をしっかり食べて行動開始!

  • この日はビーンズ、そして大きなポテト<br />(揚がっています)が美味しい!!

    この日はビーンズ、そして大きなポテト
    (揚がっています)が美味しい!!

  • 広々とした朝食用レストラン(2階)の一角。<br /><br />

    広々とした朝食用レストラン(2階)の一角。

  • チェックアウト後は荷物を預けて市庁舎へゴー!!<br /><br />大きなおじさんは守衛さん(ガードマン?)です。

    チェックアウト後は荷物を預けて市庁舎へゴー!!

    大きなおじさんは守衛さん(ガードマン?)です。

  • オスロ市創立900年を記念して建てられた<br />市庁舎は入場料無料。。。<br />1950年に完成したものなのだそうです。<br />1階セントラルホールでまず目に入るのが、<br />正面の巨大な油絵「働き楽しむ人々」。<br /><br />ヨーロッパ最大(24×12.6m)ともいわれる<br />この絵は、ドイツ軍占領下のノルウェー人の<br />文化や営みを描いたものなのだそうです。

    オスロ市創立900年を記念して建てられた
    市庁舎は入場料無料。。。
    1950年に完成したものなのだそうです。
    1階セントラルホールでまず目に入るのが、
    正面の巨大な油絵「働き楽しむ人々」。

    ヨーロッパ最大(24×12.6m)ともいわれる
    この絵は、ドイツ軍占領下のノルウェー人の
    文化や営みを描いたものなのだそうです。

  • ちなみに毎年12月10日には、<br />この場所で「ノーベル平和賞授与式」が<br />開催されます。

    ちなみに毎年12月10日には、
    この場所で「ノーベル平和賞授与式」が
    開催されます。

  • 横にはこのような絵画が!

    横にはこのような絵画が!

  • 後ろはこのような感じです。

    後ろはこのような感じです。

  • 2階にはこのようなホールもあります。

    2階にはこのようなホールもあります。

  • さらにこのようなお部屋も。。。<br />館内には323人の地元アーティストの<br />絵画や木彫りが陳列されています。

    さらにこのようなお部屋も。。。
    館内には323人の地元アーティストの
    絵画や木彫りが陳列されています。

  • 窓の外には素晴らしい眺望が広がります。

    窓の外には素晴らしい眺望が広がります。

  • 此方は2階にある、ウッディーな雰囲気で<br />統一された「ムンクの間」。

    此方は2階にある、ウッディーな雰囲気で
    統一された「ムンクの間」。

  • ムンクの「人生」。<br /><br />この絵は当初、ドイツのドレスデンに<br />置かれていたそうですが、<br />ヒトラーに毛嫌いされてドイツから<br />返還されたのだとか。。。

    ムンクの「人生」。

    この絵は当初、ドイツのドレスデンに
    置かれていたそうですが、
    ヒトラーに毛嫌いされてドイツから
    返還されたのだとか。。。

  • こちらは会議室です。

    こちらは会議室です。

  • 2階からセントラルホールの大きな絵を<br />眺めたところ。。。<br /><br /><br />実はこの時、手元が狂って眼鏡ケースを<br />柵の向こうに落としてしまいました(汗)。<br />手を伸ばして取ろうとするのですが<br />あと数センチのところでどうしても届かない!<br /><br />下を巡回しているガードマンのおじさん方からは<br />「白い目」で見られるし、時間はないし!!<br />結果、眼鏡ケースはそのまま置いてくることに!!<br /><br />マジックハンドがないと拾えないので<br />あの眼鏡ケースはずっとそのまま、<br />もしかしたら毎年、ノーベル平和賞授与式の<br />光景を見守っているかもしれないと思うと<br />ちょっと楽しいような複雑な気分に(笑)。

    2階からセントラルホールの大きな絵を
    眺めたところ。。。


    実はこの時、手元が狂って眼鏡ケースを
    柵の向こうに落としてしまいました(汗)。
    手を伸ばして取ろうとするのですが
    あと数センチのところでどうしても届かない!

    下を巡回しているガードマンのおじさん方からは
    「白い目」で見られるし、時間はないし!!
    結果、眼鏡ケースはそのまま置いてくることに!!

    マジックハンドがないと拾えないので
    あの眼鏡ケースはずっとそのまま、
    もしかしたら毎年、ノーベル平和賞授与式の
    光景を見守っているかもしれないと思うと
    ちょっと楽しいような複雑な気分に(笑)。

  • 通路には世界各国からの贈り物が<br />並んでいます。日本からのお品も!

    通路には世界各国からの贈り物が
    並んでいます。日本からのお品も!

  • 予定通り、ほぼ40分で見学終了。。。<br />地下にある巨大なお手洗い<br />(クロークもありましたが、とにかく双方共に<br />広くてビックリ!劇場のようです・笑))<br />に立ち寄って外へ。。。

    予定通り、ほぼ40分で見学終了。。。
    地下にある巨大なお手洗い
    (クロークもありましたが、とにかく双方共に
    広くてビックリ!劇場のようです・笑))
    に立ち寄って外へ。。。

  • 市庁舎入り口からの風景。。。

    市庁舎入り口からの風景。。。

  • 10時にオープンする「国立美術館」へ<br />向かいます。<br /><br />オスロ市内の建物は改修中の場所が<br />多かったのですが、此方も改修中のようです。<br />12分ほど前なのに、やはり早めに見学したい<br />人たちがすでに並んでいます。20番目ぐらいかな。<br />前は大きな荷物を背負ったバックパッカーの<br />お兄さんです。<br /><br /><br />ここの美術をはじめ、建築、工芸デザインなど、<br />国立ミュージアムはオスロ市内に4ヵ所あって<br />入場料金はいずれも50NOK(675円)。<br />1ヵ所で入場料金を払うと、残りの3ヵ所は半券を<br />呈示することで入場できるそうです<br />(当日のみ有効)。<br />

    10時にオープンする「国立美術館」へ
    向かいます。

    オスロ市内の建物は改修中の場所が
    多かったのですが、此方も改修中のようです。
    12分ほど前なのに、やはり早めに見学したい
    人たちがすでに並んでいます。20番目ぐらいかな。
    前は大きな荷物を背負ったバックパッカーの
    お兄さんです。


    ここの美術をはじめ、建築、工芸デザインなど、
    国立ミュージアムはオスロ市内に4ヵ所あって
    入場料金はいずれも50NOK(675円)。
    1ヵ所で入場料金を払うと、残りの3ヵ所は半券を
    呈示することで入場できるそうです
    (当日のみ有効)。

  • 美術館の周りにはこのような作品が<br />ディスプレイされています。

    美術館の周りにはこのような作品が
    ディスプレイされています。

  • そしてオープン!!<br />入場料を買うときに「どこの国から来たのか?」と<br />皆に尋ねていました。<br />荷物はロッカーに預けます。<br /><br /><br />時間がないので、「NO.19」=「ムンクの間」に<br />直行です。<br />本来はもっとゆっくり鑑賞したいところですが、<br />仕方ありません(汗)。<br />

    そしてオープン!!
    入場料を買うときに「どこの国から来たのか?」と
    皆に尋ねていました。
    荷物はロッカーに預けます。


    時間がないので、「NO.19」=「ムンクの間」に
    直行です。
    本来はもっとゆっくり鑑賞したいところですが、
    仕方ありません(汗)。

  • あの名画がここに。。。「叫び」(1893)です。

    あの名画がここに。。。「叫び」(1893)です。

  • 「マドンナ」(1894~1895)。

    「マドンナ」(1894~1895)。

  • やはり一番混んでいました。。。<br />

    やはり一番混んでいました。。。

  • 一時期、撮影禁止のこともあったようですが、<br />今は自由に撮影できるようです。<br /><br />

    一時期、撮影禁止のこともあったようですが、
    今は自由に撮影できるようです。

  • こちらはモネ。

    こちらはモネ。

  • ドガ。

    ドガ。

  • ロダンの「考える人」も!!

    ロダンの「考える人」も!!

  • ピカソの作品も。。。

    ピカソの作品も。。。

  • 名だたる数々の名画には誠に申し訳ない<br />のですが、時間がないのであとはカット!<br /><br /><br />最後に売店で「叫び」の絵はがきを購入<br />したところ、「もう帰っちゃうの?」と<br />売店のおねえさんに驚かれてしまいました。<br />「今日、日本に帰るので!」とついつい<br />言い訳なぞ(笑)。。。<br /><br /><br />この他にゴッホ、ゴーギャン、セザンヌなど、<br />巨匠の作品が色々と陳列されているので、<br />2~3時間は余裕をもって訪れたい美術館です<br />(月曜日は休館日なのでご注意ください!)。<br />

    名だたる数々の名画には誠に申し訳ない
    のですが、時間がないのであとはカット!


    最後に売店で「叫び」の絵はがきを購入
    したところ、「もう帰っちゃうの?」と
    売店のおねえさんに驚かれてしまいました。
    「今日、日本に帰るので!」とついつい
    言い訳なぞ(笑)。。。


    この他にゴッホ、ゴーギャン、セザンヌなど、
    巨匠の作品が色々と陳列されているので、
    2~3時間は余裕をもって訪れたい美術館です
    (月曜日は休館日なのでご注意ください!)。

  • 国立美術館の「叫び」とムンク美術館の<br />「叫び」。。。<br />どちらがどちらかわかるでしょうか?<br /><br /><br /><br />正解は小さい方が「国立美術館」の<br />「叫び」となります。<br />

    国立美術館の「叫び」とムンク美術館の
    「叫び」。。。
    どちらがどちらかわかるでしょうか?



    正解は小さい方が「国立美術館」の
    「叫び」となります。

  • さて、最速で国立美術館を駆け回って、<br />すでに時間は10時40分です。<br />ホテルに戻りがてら、やはり前日に入れなかった<br />「オスロ大聖堂」へやってきました。<br />

    さて、最速で国立美術館を駆け回って、
    すでに時間は10時40分です。
    ホテルに戻りがてら、やはり前日に入れなかった
    「オスロ大聖堂」へやってきました。

  • 1697年に創建されたルーテル派の<br />聖堂内部の装飾は20世紀のものが多いようですが、<br />見応えがあります。

    1697年に創建されたルーテル派の
    聖堂内部の装飾は20世紀のものが多いようですが、
    見応えがあります。

  • モダンな天井画。

    モダンな天井画。

  • 6,000本ものパイプが備えられた<br />見事な「パイプオルガン」。<br />圧巻ですね!!

    6,000本ものパイプが備えられた
    見事な「パイプオルガン」。
    圧巻ですね!!

  • ヴィラーゲン作のステンドグラス。

    ヴィラーゲン作のステンドグラス。

  • ミカエル・ラッシュによる<br />「最後の晩餐」をモチーフにした祭壇飾り。<br /><br /><br />とりあえず「駆け足」でしたが、<br />午前中2時間限定の「課題」はクリアできました。<br />この後は、急ぎ足でホテルに戻り、<br />スーツケースを受け取って、<br />ホテルから数分のバスターミナルへ。。。

    ミカエル・ラッシュによる
    「最後の晩餐」をモチーフにした祭壇飾り。


    とりあえず「駆け足」でしたが、
    午前中2時間限定の「課題」はクリアできました。
    この後は、急ぎ足でホテルに戻り、
    スーツケースを受け取って、
    ホテルから数分のバスターミナルへ。。。

  • 11時05分発の「Flybussen」(空港バス)に<br />乗って、「オスロ・ガーデモエン国際空港」を<br />めざします(180NOK/2,430円)。<br />HPで購入すると150NOKで購入できます。<br /><br /><br />バスは10番から出ます。<br />空港まではバスで45分。<br />ノルウェー中央駅から空港直行の「エアポート・<br />エクスプレス・トレイン」(180NOK/20分)、<br />普通電車の「ノルウェー鉄道」(92NOK/23分)<br />などもあります。<br /><br /><br /><br />課題をクリアして何だか「ホッ!」と<br />しました(笑)。<br />あとはヘルシンキ・ヴァンダー空港で<br />トランジットして成田をめざします。

    11時05分発の「Flybussen」(空港バス)に
    乗って、「オスロ・ガーデモエン国際空港」を
    めざします(180NOK/2,430円)。
    HPで購入すると150NOKで購入できます。


    バスは10番から出ます。
    空港まではバスで45分。
    ノルウェー中央駅から空港直行の「エアポート・
    エクスプレス・トレイン」(180NOK/20分)、
    普通電車の「ノルウェー鉄道」(92NOK/23分)
    などもあります。



    課題をクリアして何だか「ホッ!」と
    しました(笑)。
    あとはヘルシンキ・ヴァンダー空港で
    トランジットして成田をめざします。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

1705・06 初夏の北欧への旅

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ノルウェーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ノルウェー最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ノルウェーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集