オスロ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
5月末から6月初旬にかけて北欧のフィンランドとノルウェーに出かけてきました。<br />今回の旅の目的は憧れの「フィヨルド」を観ること、<br />また、訪問したことのないフィンランドとノルウェーの文化に触れてみたいと、<br />無謀にもホテルと飛行機のチケット、ベルゲン鉄道の周遊チケットだけ<br />代理店に頼んで、ツアーではない「個人旅行」で出かけてみることにしました。<br /><br /><br /><br />オスロ最終日。<br />駆け足でオスロ観光の最終課題をクリアした後は、<br />11時過ぎの空港バス(Flybussen)でオスロ・ガーデモエン国際空港に<br />向かいます。<br />ここからヘルシンキ・ヴァンター国際空港へ飛び、<br />トランジットして成田への帰途につきます。<br />

初夏の北欧への旅 vol.17。──「オスロ・ガーデモエン国際空港」

4いいね!

2017/05/30 - 2017/06/07

465位(同エリア773件中)

旅行記グループ 1705・06 初夏の北欧への旅

0

14

5月末から6月初旬にかけて北欧のフィンランドとノルウェーに出かけてきました。
今回の旅の目的は憧れの「フィヨルド」を観ること、
また、訪問したことのないフィンランドとノルウェーの文化に触れてみたいと、
無謀にもホテルと飛行機のチケット、ベルゲン鉄道の周遊チケットだけ
代理店に頼んで、ツアーではない「個人旅行」で出かけてみることにしました。



オスロ最終日。
駆け足でオスロ観光の最終課題をクリアした後は、
11時過ぎの空港バス(Flybussen)でオスロ・ガーデモエン国際空港に
向かいます。
ここからヘルシンキ・ヴァンター国際空港へ飛び、
トランジットして成田への帰途につきます。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス
航空会社
フィンランド航空

PR

  • オスロ中央駅近くにあるバスターミナルを<br />出発したFlybussen(空港バス)は<br />「オスロ・ガーデモエン国際空港」をめざします。

    オスロ中央駅近くにあるバスターミナルを
    出発したFlybussen(空港バス)は
    「オスロ・ガーデモエン国際空港」をめざします。

  • のどかなオスロ郊外の景色を眺めながら、<br />中心部から49km離れた空港へ。。。

    のどかなオスロ郊外の景色を眺めながら、
    中心部から49km離れた空港へ。。。

  • 日本からの直行便はありませんが、<br />「オスロ・ガーデモエン国際空港」は、<br />スカンジナビア諸島で<br />最大級の空港の一つなのだそうです。<br />そんなに広くはありませんが。。。<br /><br /><br />フィンエアーのチェックインカウンターは<br />端の方にあります。

    日本からの直行便はありませんが、
    「オスロ・ガーデモエン国際空港」は、
    スカンジナビア諸島で
    最大級の空港の一つなのだそうです。
    そんなに広くはありませんが。。。


    フィンエアーのチェックインカウンターは
    端の方にあります。

  • こうやって眺めると結構大きい!!<br />木の質感を活かした北欧デザインが<br />洒落ています。

    こうやって眺めると結構大きい!!
    木の質感を活かした北欧デザインが
    洒落ています。

  • スーツケース屋さん。

    スーツケース屋さん。

  • やっぱり広いですね。

    やっぱり広いですね。

  • スターバックスなども(但し、日本よりも<br />お高いようです・汗)。。。

    スターバックスなども(但し、日本よりも
    お高いようです・汗)。。。

  • 出発便の電光掲示板。。。<br />ズラリと並んでいます。

    出発便の電光掲示板。。。
    ズラリと並んでいます。

  • 大きな石のオブジェ。

    大きな石のオブジェ。

  • 「エアポート・エクスプレス・トレイン」と<br />「普通列車」の「空港駅」。わかりやすい!

    「エアポート・エクスプレス・トレイン」と
    「普通列車」の「空港駅」。わかりやすい!

  • 何故かイタ車のマセラティが!

    何故かイタ車のマセラティが!

  • さて、パスポートを呈示して、手荷物検査を<br />終えたら免税品店でお買い物です。<br /><br />ヨーロッパの一部の国家間で締結されている「<br />シェンゲン協定」(検閲廃止協定)のおかげで<br />協定実施国間の移動は国境の移動が<br />自由化されているのだそうです。<br /><br />日本などの協定実施国以外から入国した場合は、<br />最初に到着した協定実施国の空港でのみ<br />「入国手続」を行い、帰国の際には最後に<br />出国する協定実施国でのみ「出国手続」を<br />行う必要があるのだそうです。<br /><br />道理で、日本からの直行便がない「ベルゲン」や<br />ここ「オスロ」の空港では「ほとんどフリーパス」<br />だった訳です。ようやく謎が解明されました!!<br /><br /><br />さて、物価が高い「ノルウェー」では<br />あるのですが、免税品店は別(笑)。<br />ノルディックセーターやサーモン、<br />チョコレート、化粧品等々、<br />色々揃っているのですが、<br />私が欲しかったのは、此方。<br />ノルウェーの地酒「アクアヴィット」です。<br /><br /><br />ラテン語で「生命の泉」という意味を持ち、<br />じゃがいもを主原料とした此方は<br />アルコール度数40度以上。<br />最低6ヶ月以上の樽熟成を経てできあがるそうです。<br /><br /><br />売り場のおばさんは「ビールと一緒に飲むと<br />美味しい!」「料理ともよく合う!」<br />「ワインよりも私はこっちが好きだ!」と<br />強調していましたが、ノルウェーでは「常温」で<br />ストレートで飲むのが普通だそうです。<br />が、私は氷を入れてロックで飲む方が好きかも!!<br /><br /><br />特にオススメは、この「リニエシリーズ」。<br />赤道を越えてノルウェーとオーストラリアを<br />行き来する船の中で、波によって揺られてできた<br />樽熟成の独特な風味がするそうです。<br /><br />中でもこの「リースホルム・リニエ」は、<br />世界で最も古いアクアヴィット・ブランドなのだそう。。。<br />「帆船」のマークが目印です。<br />この「帆船」ラベル、裏からみると、<br />透けていてちょっとお洒落!!<br /><br />我が家にイタリアから持って帰ってきた<br />同じメーカーのちと古いボトルがあるのですが、<br />残念ながら、そちらの方がだいぶ洒落ています。<br /><br /><br />大瓶(1L入り)と小瓶(500ml)を購入しよう<br />としたら、「買いすぎ!」とレジのおばさんに<br />怒られ(涙)、小瓶2本に変更を余儀なく<br />されました(爆)。悲しいっ!!<br />

    さて、パスポートを呈示して、手荷物検査を
    終えたら免税品店でお買い物です。

    ヨーロッパの一部の国家間で締結されている「
    シェンゲン協定」(検閲廃止協定)のおかげで
    協定実施国間の移動は国境の移動が
    自由化されているのだそうです。

    日本などの協定実施国以外から入国した場合は、
    最初に到着した協定実施国の空港でのみ
    「入国手続」を行い、帰国の際には最後に
    出国する協定実施国でのみ「出国手続」を
    行う必要があるのだそうです。

    道理で、日本からの直行便がない「ベルゲン」や
    ここ「オスロ」の空港では「ほとんどフリーパス」
    だった訳です。ようやく謎が解明されました!!


    さて、物価が高い「ノルウェー」では
    あるのですが、免税品店は別(笑)。
    ノルディックセーターやサーモン、
    チョコレート、化粧品等々、
    色々揃っているのですが、
    私が欲しかったのは、此方。
    ノルウェーの地酒「アクアヴィット」です。


    ラテン語で「生命の泉」という意味を持ち、
    じゃがいもを主原料とした此方は
    アルコール度数40度以上。
    最低6ヶ月以上の樽熟成を経てできあがるそうです。


    売り場のおばさんは「ビールと一緒に飲むと
    美味しい!」「料理ともよく合う!」
    「ワインよりも私はこっちが好きだ!」と
    強調していましたが、ノルウェーでは「常温」で
    ストレートで飲むのが普通だそうです。
    が、私は氷を入れてロックで飲む方が好きかも!!


    特にオススメは、この「リニエシリーズ」。
    赤道を越えてノルウェーとオーストラリアを
    行き来する船の中で、波によって揺られてできた
    樽熟成の独特な風味がするそうです。

    中でもこの「リースホルム・リニエ」は、
    世界で最も古いアクアヴィット・ブランドなのだそう。。。
    「帆船」のマークが目印です。
    この「帆船」ラベル、裏からみると、
    透けていてちょっとお洒落!!

    我が家にイタリアから持って帰ってきた
    同じメーカーのちと古いボトルがあるのですが、
    残念ながら、そちらの方がだいぶ洒落ています。


    大瓶(1L入り)と小瓶(500ml)を購入しよう
    としたら、「買いすぎ!」とレジのおばさんに
    怒られ(涙)、小瓶2本に変更を余儀なく
    されました(爆)。悲しいっ!!

  • 北欧LCCの「ノルウェーエアシャトル <br />Norwegian」。<br /><br /><br />格安料金と徹底的に効率化を図ったサービスで<br />人気を集めているようですが、フライトの<br />キャンセルは少なくないのだとか。。。<br />航空会社も色々ですねぇ。。。

    北欧LCCの「ノルウェーエアシャトル
    Norwegian」。


    格安料金と徹底的に効率化を図ったサービスで
    人気を集めているようですが、フライトの
    キャンセルは少なくないのだとか。。。
    航空会社も色々ですねぇ。。。

  • 13時15分にオスロ・ガーデモエン国際空港を<br />出た飛行機は1時間半ほどで<br />ヘルシンキ・ヴァンター国際空港に到着します。<br /><br /><br />ヘルシンキ上空のどこか懐かしい情景(笑)。。。<br /><br />ここでトランジットして、ヨーロッパ各国からの<br />日本人客と合流し、成田へと向かいます。。。

    13時15分にオスロ・ガーデモエン国際空港を
    出た飛行機は1時間半ほどで
    ヘルシンキ・ヴァンター国際空港に到着します。


    ヘルシンキ上空のどこか懐かしい情景(笑)。。。

    ここでトランジットして、ヨーロッパ各国からの
    日本人客と合流し、成田へと向かいます。。。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

1705・06 初夏の北欧への旅

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ノルウェーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ノルウェー最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ノルウェーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集