宇奈月・黒部峡谷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎年恒例の夏の旅行。今年はパスポートも新しくしたので海外へでも、と思っていましたが公私共々ゴタゴタ続きで休みの計画すら立ちませんでした。9月になりようやく休みが取れることになりましたが、海外は行きたかった韓国も例の件で雲行きがあやしくなり、国内に変更。そこで、未だかつて訪れたことがない立山黒部アルペンルートへ行くことにしました。<br />せっかく立山方面へ行くのですから、その前後に黒部峡谷と乗鞍も寄ってみることにしました。<br /><br />【日程】<br />◎2012年9月18日(火)<br />京都から名神、北陸高速を経て富山県・宇奈月駅へ<br />黒部峡谷鉄道で欅平へ、その後鐘釣へ戻り、鐘釣温泉泊<br /><br />◎2012年9月19日(水)<br />鐘釣温泉から宇奈月。北陸高速経由で立山駅。ケーブルカー、バスで室堂へ。室堂散策、みくりが池温泉泊<br /><br />◎2012年9月20日(木)<br />室堂散策後、トロリーバス、ロープーウェイ、ケーブルカーで黒部ダムへ。また室堂へ戻りバスで弥陀ヶ原へ。弥陀ヶ原散策後、バス、ケーブルカーで立山駅に戻る。立山駅近くの湯の里雷鳥泊<br /><br />◎2012年9月21日(金)<br />一般道で神岡経由乗鞍へのシャトルバス乗り場のほおのき平へ。シャトルバスで乗鞍畳平、付近散策後、白雲荘泊<br /><br />◎2012年9月22日(土)<br />乗鞍山頂登山後、舞鶴へ帰る<br /><br />【計画】<br />旅行の計画は「るるぶ」やインターネット情報で。<br />宿の手配は「じゃらん」や電話で直接宿へ。<br /><br />【足】<br />交通手段は黒部峡谷鉄道、立山黒部アルペンルート、乗鞍はマイカー規制がかかっているのでシャトルバスで行くことになります。その基点の宇奈月駅や立山駅、シャトルバスの乗り場まではマイカーでの移動です。<br /><br />このページは一日目の黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)編です。<br /><br />関連旅行記<br /><br />一日目後半 <br />●欅平散策・鐘釣温泉編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10712335/<br /><br />二日目<br />●トロッコ電車帰り編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10713633/<br />●立山駅〜室堂編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10714176/<br /><br />三日目<br />●室堂散策編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10715654/<br />●黒部ダム編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10722768/<br />●弥陀ヶ原編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10722833/<br /><br />四日目<br />●立山山麓〜神岡編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10728013/<br />●乗鞍畳平星空編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10728267/<br /><br />五日目<br />●乗鞍登山編<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10730249/<br />

黒部川立山乗鞍天の川(黒部峡谷鉄道編)(3ページ)

11いいね!

2012/09/18 - 2012/09/22

194位(同エリア455件中)

0

49

毎年恒例の夏の旅行。今年はパスポートも新しくしたので海外へでも、と思っていましたが公私共々ゴタゴタ続きで休みの計画すら立ちませんでした。9月になりようやく休みが取れることになりましたが、海外は行きたかった韓国も例の件で雲行きがあやしくなり、国内に変更。そこで、未だかつて訪れたことがない立山黒部アルペンルートへ行くことにしました。
せっかく立山方面へ行くのですから、その前後に黒部峡谷と乗鞍も寄ってみることにしました。

【日程】
◎2012年9月18日(火)
京都から名神、北陸高速を経て富山県・宇奈月駅へ
黒部峡谷鉄道で欅平へ、その後鐘釣へ戻り、鐘釣温泉泊

◎2012年9月19日(水)
鐘釣温泉から宇奈月。北陸高速経由で立山駅。ケーブルカー、バスで室堂へ。室堂散策、みくりが池温泉泊

◎2012年9月20日(木)
室堂散策後、トロリーバス、ロープーウェイ、ケーブルカーで黒部ダムへ。また室堂へ戻りバスで弥陀ヶ原へ。弥陀ヶ原散策後、バス、ケーブルカーで立山駅に戻る。立山駅近くの湯の里雷鳥泊

◎2012年9月21日(金)
一般道で神岡経由乗鞍へのシャトルバス乗り場のほおのき平へ。シャトルバスで乗鞍畳平、付近散策後、白雲荘泊

◎2012年9月22日(土)
乗鞍山頂登山後、舞鶴へ帰る

【計画】
旅行の計画は「るるぶ」やインターネット情報で。
宿の手配は「じゃらん」や電話で直接宿へ。

【足】
交通手段は黒部峡谷鉄道、立山黒部アルペンルート、乗鞍はマイカー規制がかかっているのでシャトルバスで行くことになります。その基点の宇奈月駅や立山駅、シャトルバスの乗り場まではマイカーでの移動です。

このページは一日目の黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)編です。

関連旅行記

一日目後半 
●欅平散策・鐘釣温泉編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10712335/

二日目
●トロッコ電車帰り編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10713633/
●立山駅〜室堂編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10714176/

三日目
●室堂散策編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10715654/
●黒部ダム編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10722768/
●弥陀ヶ原編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10722833/

四日目
●立山山麓〜神岡編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10728013/
●乗鞍畳平星空編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10728267/

五日目
●乗鞍登山編
http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10730249/

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス 私鉄 自家用車 徒歩
利用旅行会社
個別手配

PR

  • ◎2012年9月18日(火)<br /><br />前日に京都で所用があり、早朝5時前京都発。<br />名神高速、北陸道を走る。<br />富山県に入ると前に立山連峰が見えてきた。

    ◎2012年9月18日(火)

    前日に京都で所用があり、早朝5時前京都発。
    名神高速、北陸道を走る。
    富山県に入ると前に立山連峰が見えてきた。

  • 08:55<br />北陸道・呉羽サービスエリアからの立山連峰。天気上々。

    08:55
    北陸道・呉羽サービスエリアからの立山連峰。天気上々。

  • 立山連峰の説明板。上の写真とほぼ同じ範囲。中央右が立山(雄山)。

    立山連峰の説明板。上の写真とほぼ同じ範囲。中央右が立山(雄山)。

  • 10:10<br />宇奈月駅着<br />駅前の駐車場に車を停める。<br />駐車料金は一泊の場合1,100円(日帰りは900円)<br />この日は平日だったので空きはたくさんあった。

    10:10
    宇奈月駅着
    駅前の駐車場に車を停める。
    駐車料金は一泊の場合1,100円(日帰りは900円)
    この日は平日だったので空きはたくさんあった。

  • 黒部川電気記念館<br />http://www1.kepco.co.jp/pr/kurobe/index.html<br /><br />無料で入れるらしいが今回は時間がなくパス

    黒部川電気記念館
    http://www1.kepco.co.jp/pr/kurobe/index.html

    無料で入れるらしいが今回は時間がなくパス

  • 切符を購入<br />切符は前もってインターネットで予約しておいた。<br /><br />黒部峡谷鉄道<br />http://www.kurotetu.co.jp/

    切符を購入
    切符は前もってインターネットで予約しておいた。

    黒部峡谷鉄道
    http://www.kurotetu.co.jp/

  • 10:20<br />駅構内に作業服を着た人がいたが、作業員もこのトロッコ電車で現場へ行くらしい。<br />10:24発の作業員専用トロッコの改札が始まる。一般のお客さんは乗車不可。

    10:20
    駅構内に作業服を着た人がいたが、作業員もこのトロッコ電車で現場へ行くらしい。
    10:24発の作業員専用トロッコの改札が始まる。一般のお客さんは乗車不可。

  • 時間があるので駅周辺をぶらつく。<br />手前が山彦橋。遊歩道になっている。<br />奥がトロッコが走る新山彦橋。

    時間があるので駅周辺をぶらつく。
    手前が山彦橋。遊歩道になっている。
    奥がトロッコが走る新山彦橋。

  • 10:24<br />作業員専用トロッコが出発。客車一両と貨物車の編成でした。

    10:24
    作業員専用トロッコが出発。客車一両と貨物車の編成でした。

  • 駅前の街灯にはトロッコのデザイン。

    駅前の街灯にはトロッコのデザイン。

  • 10:40<br />ちょっと早いがここらで昼食<br />駅のそば屋。

    10:40
    ちょっと早いがここらで昼食
    駅のそば屋。

  • 峡谷そばを食べる。<br />このようなただのかけそばだが500円くらいした。

    峡谷そばを食べる。
    このようなただのかけそばだが500円くらいした。

  • 10:56<br />発車時刻の10分前から改札が始まります。<br />

    10:56
    発車時刻の10分前から改札が始まります。

  • これがトロッコ電車。機関車は重連です。

    これがトロッコ電車。機関車は重連です。

  • 普通車に乗り込みます。<br />客車にはこのオープンタイプの他に窓付きやリクライニングの客車などがあります。

    普通車に乗り込みます。
    客車にはこのオープンタイプの他に窓付きやリクライニングの客車などがあります。

  • 車両は先頭の一号車。

    車両は先頭の一号車。

  • 構内にはこのようなかわいらしい機関車も。現役でしょうか。

    構内にはこのようなかわいらしい機関車も。現役でしょうか。

  • このマーク、近畿地方在住の人にとってはなじみがあるのでは。<br /><br />近畿地方では、大阪ガスのキングコブラに似たマークとこのマークをあちこちで見かけます。<br />そうか、黒部峡谷鉄道は関西電力のグループ会社だったのですね。<br /><br />この黒部川沿いの発電所は関西電力の発電所だったのです。<br />http://www.kepco.co.jp/index.html

    このマーク、近畿地方在住の人にとってはなじみがあるのでは。

    近畿地方では、大阪ガスのキングコブラに似たマークとこのマークをあちこちで見かけます。
    そうか、黒部峡谷鉄道は関西電力のグループ会社だったのですね。

    この黒部川沿いの発電所は関西電力の発電所だったのです。
    http://www.kepco.co.jp/index.html

  • 11:06<br />トロッコ発車。駅員さんに恥ずかしがらずに手を振りました。

    11:06
    トロッコ発車。駅員さんに恥ずかしがらずに手を振りました。

  • 発車するとすぐに鮮やかな赤の新山彦橋を渡ります。

    発車するとすぐに鮮やかな赤の新山彦橋を渡ります。

  • 車内はこのようにガラガラ。予約の必要はありませんでした。

    車内はこのようにガラガラ。予約の必要はありませんでした。

  • 新山彦橋から見る山彦橋と宇奈月温泉街。<br /><br />ちなみに車内放送はあの「室井滋」さんの声。富山県出身だそうですが、ひところは電波少年やなにわ金融道に出演されていましたが、最近はあまりテレビでは見かけなくなりました。

    新山彦橋から見る山彦橋と宇奈月温泉街。

    ちなみに車内放送はあの「室井滋」さんの声。富山県出身だそうですが、ひところは電波少年やなにわ金融道に出演されていましたが、最近はあまりテレビでは見かけなくなりました。

  • 更に先に進むとさっき渡った新山彦橋が見えてくる。

    更に先に進むとさっき渡った新山彦橋が見えてくる。

  • 湖面橋

    湖面橋

  • 11:13<br />トロッコは柳橋駅に到着。<br />向こうに見えるのは新柳橋発電所。<br /><br />この鉄道、切符は黒薙駅、鐘釣駅、欅平駅しか買えず、そのほかの駅は何のためにあるのかと思っていましたが、このように発電所やダムの保守のために必要な駅だったのですね。

    11:13
    トロッコは柳橋駅に到着。
    向こうに見えるのは新柳橋発電所。

    この鉄道、切符は黒薙駅、鐘釣駅、欅平駅しか買えず、そのほかの駅は何のためにあるのかと思っていましたが、このように発電所やダムの保守のために必要な駅だったのですね。

  • どこまでも碧い湖面沿いを進む。

    どこまでも碧い湖面沿いを進む。

  • 11:28<br />黒薙駅着。<br />ここには黒薙温泉があるそうで、一般の人も降車できます。

    11:28
    黒薙駅着。
    ここには黒薙温泉があるそうで、一般の人も降車できます。

  • みなさん、右手の後曳橋に注目していますが、左手にはこのような分岐レールがありました。どこまで行ってるのでしょうか?

    みなさん、右手の後曳橋に注目していますが、左手にはこのような分岐レールがありました。どこまで行ってるのでしょうか?

  • 11:32<br />笹平駅着<br />一般の人は降りられません。

    11:32
    笹平駅着
    一般の人は降りられません。

  • 出平ダム

    出平ダム

  • 11:41<br />出平駅着。先ほど見えた出平ダムのための駅でしょうか。<br />貨物用の車両が停まっています。<br />その向こうは冬季用通路。雪が降るとトロッコは走れなくなるため、作業員は徒歩で現場に向かう必要があるため、線路の横にはトンネル状の通路がありました。<br /><br />宇奈月から何時間もかけて歩くそうです。ひえー!

    11:41
    出平駅着。先ほど見えた出平ダムのための駅でしょうか。
    貨物用の車両が停まっています。
    その向こうは冬季用通路。雪が降るとトロッコは走れなくなるため、作業員は徒歩で現場に向かう必要があるため、線路の横にはトンネル状の通路がありました。

    宇奈月から何時間もかけて歩くそうです。ひえー!

  • 途中、このように工事中の場所が何箇所かありました。これだけ急峻な地形だったらしょっちゅう工事をしないといけないのではないでしょうか。

    途中、このように工事中の場所が何箇所かありました。これだけ急峻な地形だったらしょっちゅう工事をしないといけないのではないでしょうか。

  • 駅に着くたびに列車行き違いがありました。<br /><br />しかし、この色、どっかで見たことがあるな、と思っていたら・・・

    駅に着くたびに列車行き違いがありました。

    しかし、この色、どっかで見たことがあるな、と思っていたら・・・

  • 関電の車両の塗色と同じやないですか。

    関電の車両の塗色と同じやないですか。

  • 11:45<br />出六峰<br /><br />この様な見どころが近付くと室井さんの案内や、案内板が立っていますので見逃さないように。<br /><br />ちなみに宇奈月から鐘釣までは右側が谷になりますので、右側に座りましょう。

    11:45
    出六峰

    この様な見どころが近付くと室井さんの案内や、案内板が立っていますので見逃さないように。

    ちなみに宇奈月から鐘釣までは右側が谷になりますので、右側に座りましょう。

  • 11:51<br />猫又駅直前の黒部第二発電所。<br />欅平の奥に第三発電所、そして更に奥へ行くとあの有名な第四発電所があります。(紅白で中島みゆきが歌った)

    11:51
    猫又駅直前の黒部第二発電所。
    欅平の奥に第三発電所、そして更に奥へ行くとあの有名な第四発電所があります。(紅白で中島みゆきが歌った)

  • 猫又駅にはコンクリートプラントまでありました。

    猫又駅にはコンクリートプラントまでありました。

  • 各駅毎に列車入れ違い(列車交換)があるが、うまくダイヤが組んであるのか、待ち時間はほとんどありません。

    各駅毎に列車入れ違い(列車交換)があるが、うまくダイヤが組んであるのか、待ち時間はほとんどありません。

  • 作業用機関車?

    作業用機関車?

  • 河原にはヒスイ色をした石が見られます。

    河原にはヒスイ色をした石が見られます。

  • 11:58<br />森林地帯を通過。

    11:58
    森林地帯を通過。

  • 12:02<br />鐘釣駅着<br />ここで何人かお客さんが降りました。私たちは今日はここで宿泊なのでこのまま欅平まで行きます。<br /><br />ここの駅はホームが長く、ポイントがホームにかかっているため、発車のときは一度宇奈月側にバックして、ポイントを切り替え発車します。

    12:02
    鐘釣駅着
    ここで何人かお客さんが降りました。私たちは今日はここで宿泊なのでこのまま欅平まで行きます。

    ここの駅はホームが長く、ポイントがホームにかかっているため、発車のときは一度宇奈月側にバックして、ポイントを切り替え発車します。

  • 駅を出るとすぐに左手に万年雪が見えてきます。

    駅を出るとすぐに左手に万年雪が見えてきます。

  • 鐘釣からは左手に峡谷が見えます。

    鐘釣からは左手に峡谷が見えます。

  • このような扉付きのトンネル。雪対策でしょうか。

    このような扉付きのトンネル。雪対策でしょうか。

  • 12:14<br />小屋平駅着。ダムのための駅です。

    12:14
    小屋平駅着。ダムのための駅です。

  • 小屋平の美人

    小屋平の美人

  • 12:24<br />欅平駅到着。レールはさらに奥へ続き、なんと黒部ダムまで繋がっているそうです。(見学会に参加すると行けるらしい)

    12:24
    欅平駅到着。レールはさらに奥へ続き、なんと黒部ダムまで繋がっているそうです。(見学会に参加すると行けるらしい)

  • それにしてもこの駅のホーム、とても長くまた欅平駅の改札は宇奈月寄りなので、一号車に乗るとかなり歩くことになります。<br /><br />欅平散策、鐘釣温泉編へ続く<br />http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10712335/

    それにしてもこの駅のホーム、とても長くまた欅平駅の改札は宇奈月寄りなので、一号車に乗るとかなり歩くことになります。

    欅平散策、鐘釣温泉編へ続く
    http://4travel.jp/traveler/kuwa72/album/10712335/

この旅行記のタグ

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集