旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

セビリアの旅行記(ブログ)

787

旅行時期

旅行時期順 いいね順 新着順

  • 色々な意味で熱いアンダルシア地方by jalanjalanさん

    • 色々な意味で熱いアンダルシア地方
    • セビリアに到着。
アンダルシア地方の首都セビリアは、スペイン第三の人口を誇る大都市です。
ホテルで一休みしてカテドラル観光です。
空港からホテルまで25ユーロかかりました。なんかぼったくられた感が。
空港タクシーでもぼったくるのが悲しい。

さてカテドラルは65歳以上はシニア割引があります。母はシニア割で入場しました。パスポートが必要です。
    • コロンブスのミイラの柩

    1/4世紀ぶりのスペインへの旅です。今回は70歳越えの母の添乗員。 一度スペインはじっくりと旅したことがあるので、前回良かった場所をセレクトしてゆっくり旅。 スペインでは65歳以上は「シニア」で、入場料が割引になります。 今回はセビリア、コルドバ、バルセロナをじっくり周る旅。 フランスからセビリアまで、そしてセビリアからバルセロナまで飛行機を使いました。(LCC) 老人連れなので長い移動は避けて余裕のあるスケジュールで観光。 サグラダファミリア、カタルーニャ音楽堂のコンサート、ピカソ美術館、フラメンコショー... もっと見る(写真92枚)

  • 感動と充実のスペイン 4日目(1) セビーリャ編by miemieさん

    • 感動と充実のスペイン 4日目(1) セビーリャ編
    • おはようございます。旅行も半分が過ぎ、後半戦です。
アンダルシア地方は寒暖差が激しく、朝の気温は20度くらいだそうです。
ひんやりした空気の中、ホテル中庭のお散歩です。
    • ちょっと一回りで15分位
朝食前の朝の散歩にちょうど良いです。
    • 同行者: 友人
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2017/08/03 - 2017/08/10(約1ヶ月前)

      スペインの暑さにも負けず、元気に4日目のスタート。 今日は日曜日。日曜日の観光はは魅力が半減する所が多いですね。 信心のない私たちだからなのですが、カトリックの教会はミサのため観光ができません。 どなたかの旅行記で、日曜日のメスキータが観光できなかったとの情報があったので、コルドバの観光日のチェックはしたのですが、セビーリャのチェックが抜けていました。 あ〜あ、大聖堂がミサの真っ最中、ヒラルダの塔に登れなかった… 遠い遠いセビーリャは入っていなくても良かったかな? もっと見る(写真52枚)

    • アンダルシアの旅 3by fufufuさん

      • アンダルシアの旅 3
      • グラナダのバスターミナルからセビリアへ
日本からALSAのHPで予約済み

大きなバスターミナル プリントアウトしたものを運転手さんに見せて
席に着きます 1番前を予約。景色がよくシートもゴージャスでテレビつき
コンセントつき(充電できなっかたかも)
お水とクラッカー?付
      • Hotel Amadeus Music タクシーでホテル前の小道までいけます

赤いじゅうたんが もう朽ちていて言われないとわからないかも

この奥が受付のある棟があります
      • 同行者: 友人
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2017/06/11 - 2017/06/19(約3ヶ月前)
        • この旅行で利用した施設: ホテル アマデウス  

        グラナダからセビリアへ 12時のバス で15時着    高級感ある3列シートのバス 本当に時間ぴったりです バスターミナル出て左にタクシー乗り場 スペインのタクシー 初乗り2.1???からなので 気軽に乗れます (初乗り料金は様々でした) 某サイトのホテル住所みせるとわかってくれます 今日はホテルサイトで高得点  マデウス&ムージカで楽しみです 受付の方もテキパキ フラメンコの予約もしてもらいました 時間がなかったので今日はアルカサスへ 町散策しながら スペイン広場 見所は近くにあります 夕... もっと見る(写真23枚)

      • 妻と行くスペイン(7-) 世界で三番目に大きいセビリア大聖堂&広くて美しいスペイン広場に圧倒されたby deracineさん

        • 妻と行くスペイン(7-) 世界で三番目に大きいセビリア大聖堂&広くて美しいスペイン広場に圧倒された
        • コルドバからセビリアは切符を予約せずコルドバ駅の Renfe 窓口で購入した

スペイン語を使って15:25発 の AVANT の切符を問題なく買えた

グラナダからバスとAVEを乗り継いでコルドバに着いたのが9:39なのでコルドバ滞在時間は5時間46分だった
        • コルドバからセビリアに行く途中に見えたヒマワリ畑

AVANTは200km/h 以上の高速列車なのでシャッター速度 1/640secではブレてしまった
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2017/06/08 - 2017/06/09(約3ヶ月前)

          音楽好きの私にはセビリアと聞けば「セビリアの理髪師」という曲やビゼー作曲オペラ「カルメン」が浮かびますが一般的にはフラメンコや闘牛が有名でしょう しかしそのどちらにもあまり興味がない私たち夫婦は半日を近くのカルモナに出かけヒマワリ観光に、あと一日は市内観光に使いました 世界で三番目に大きいといわれるカテドラルの豪華な金ピカ祭壇にも驚きましたが、それ以上に驚いたのはスペイン広場 1929年のセビリア万博の施設として建設されましたが有名な映画のロケにも使われた大きな半円形の広場やタイル装飾の美... もっと見る(写真64枚)

        • Spain34 セビリア カテドラル(大聖堂)・サンタクルス地区散歩 ☆土産物店で小休止by マキタンさん

          • Spain34 セビリア カテドラル(大聖堂)・サンタクルス地区散歩 ☆土産物店で小休止
          • Spain34 セビリア カテドラル・サンタクルス地区 1
          • Spain34 セビリア カテドラル・サンタクルス地区 2

ヒラルダの塔

          セビリア大聖堂は、スペインのセビリアにあるカテドラルである。スペイン最大の、世界では3位の大きさの大聖堂と紹介されている。 ちなみに1位はローマのサン・ピエトロ大聖堂、2位はロンドンのセント・ポール大聖堂である。 レコンキスタ以前はこの地には巨大なモスクが立っていたといわれている。 隣接するヒラルダの塔はかつてはモスクの尖塔(ミナレット)であった。モスクを破壊したあとに教会が建てられているが、建物自体にモスクの名残がいくつかみられる。例えば、免罪の門から入った場合は教会に入る前に中庭が存在するとい... もっと見る(写真49枚)

        • Spain31 ミハス⇒セビリア 車窓風景 230km余/3時間半で ☆オリーブの主要産地by マキタンさん

          • Spain31 ミハス⇒セビリア 車窓風景 230km余/3時間半で ☆オリーブの主要産地
          • Spain31 ミハス⇒セビリア 車窓風景 1
          • Spain31 ミハス⇒セビリア 車窓風景 2

          セビリア(Sevilla)は、スペイン・アンダルシア州セビリア県のムニシピオ(基礎自治体)。アンダルシア州の州都であり、セビリア県の県都である。自治体人口は約70万人(スペイン第4位)であり、セビリア都市圏の人口は約130万人である。スペイン南部の政治、経済、文化の中心地であり、観光都市である。 グアダルキビール川沿いに位置しており、大西洋からセビリアまで船舶が遡航できる。そのために港湾都市としての役割を果たし、農作物や工業製品が盛んに輸出される。近隣の都市としては、約100キロ南西のカディス、120キロ北東の... もっと見る(写真64枚)

        • Spain32 セビリア 公園/街路にジャカランダ咲いて ☆タパス昼食・コロンブスの記念碑by マキタンさん

          • Spain32 セビリア 公園/街路にジャカランダ咲いて ☆タパス昼食・コロンブスの記念碑
          • Spain32 セビリア ジャカランダ咲いて コロンブスの記念碑 1

ムリーリョ公園 コロンブスは最初、ポルトガル王に航海のための援助を求めますが失敗し、スペイン王室に援助を求めに行きます。しかしここでも失敗、万策尽きたコロンブスがまさにフランスへ向けて出発しようとしていたところで、女王イサベル1世の伝令が追いつきます。スペイン王室と契約を締結したコロンブスは、1492年8月、サンタ・マリア号など3隻で出航。総乗組員数約90人(120人という説も)だったといわれます。

ムリーリョ公園のコロンブス記念塔
同年10月、アメリカ大陸航路を発見し、『太陽の沈まない帝国』スペイン帝国の礎が築かれていくことになります。セビリアは、コロンブスが新航路探索へ出発した地であり、セビリア大聖堂にコロンブスの墓があり、サンタ・クルス街の入口にあるムリーリョ公園にはコロンブスの記念塔が建てられています。サンタ・マリア号を模った船の舳先は新大陸(アメリカ)を向いています。コロンブスの肖像。台座にはイサベルの文字と反対側にはフェルナンドの文字が刻まれています。
(http://washimo-web.jp/Trip/Sevilla01/sevilla01.htm より引用)
          • Spain32 セビリア 公園/街路にジャカランダ咲いて 2

          ジャカランダ属は、ノウゼンカズラ科に属する中南米原産の低木または高木からなる属である。 高さは2mから30mほど。葉は多くが2回羽状複葉で、見かけはアカシアやネムノキに似る。花は円錐花序につく。花冠は5裂し色は青または青紫色、一部に白い種類もある。雄蕊のほかに長い仮雄蕊を持つ。果実は偏平で卵形または長円形のさく果で、多数の種子を含む。 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用) タパス(スペイン語単数形 Tapa)とは、スペイン料理の様々なアペタイザーである。冷製料理(オリーブとチーズ混... もっと見る(写真25枚)

        • Spain33 セビリア スペイン広場(1929年万国博覧会施設) ☆炎天下は35℃の暑さby マキタンさん

          • Spain33 セビリア スペイン広場(1929年万国博覧会施設) ☆炎天下は35℃の暑さ
          • Spain33 セビリア スペイン広場 1
          • Spain33 セビリア スペイン広場 2
          • 同行者: カップル・夫婦(シニア)
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2017/05/23 - 2017/05/23(約4ヶ月前)
            • この旅行で利用した施設: スペイン広場  

            スペイン広場(スペインひろば、Plaza de España)は、セビリア市中心部南寄りにある広場の名称。元来は1929年にセビリアで開催された万国博覧会「イベロ・アメリカ博覧会」の会場施設として造られたもの。 パビリオンとして建てられた広場内の建物は、セビリアをはじめアンダルシア地方の典型的な建築様式であるムデハル様式を取り入れたもので、両翼に半円形に延びる回廊と、スペイン各県の歴史的出来事を描写した壁面タイル絵が特徴的である。 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用) セビリ... もっと見る(写真40枚)

          • クチコミの新規登録が出来ない為旅行記でby churros さん

            • クチコミの新規登録が出来ない為旅行記で
            • アセイツナ・オリバがイイのか油濃くなくてアッサリしていて美味しい。
            • 人気のキオスクなので並んでいます。
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

              スペインのセビージャでchurrosを食べるなら。 セビージャ観光でマカレナを訪れたのなら是非食べてみませんか?、churros食べ歩いてチョット唸ったのがアルフォンソ家のchurros、屋台のchurros 店では断トツに美味しいですよ。 朝食べるのもイイのですが観光のついでに歩きながらオヤツ感覚で食べるのもありですね。 FAMILIA ALFONSO  KIOSCO DE CALENTITOS MACARENA 場所はバシリカ・デ・ラ・マカレナ正面の道路を挟んで向かえのキオスク(屋台) もっと見る(写真8枚)

            • 日にちが前後しますがMercado(市場)について。by churros さん

              • 日にちが前後しますがMercado(市場)について。
              • まずはメルカド・デ・ラ・サラマンカから、サラマンカのメルカドは有名なマヨール広場の横にあり、昔ながらの庶民の市場で都市の中心に位置のわりにはこじんまりしている、スペインの典型的な市場の建物で判りやすい。

場所は
プラサ・デル・メルカドとプラサ・デル・アンヘルに挟まれた所にあり、プラサ・マヨールの東側に位置しています。
              • どこのメルカドも同じですがアレアに分かれていて、魚介類のアレア・果物のアレア・肉類のアレア・野菜類のアレアなどに分かれています。
              • 同行者: 一人旅
              • 関連タグ:

                • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

                今回の旅行の目的は乗馬と馬具の購入でしたが、時間が余っているのでいつもの趣味の市場巡りを する事にしました、主にセビージャを周ったのですがスペインの市場も時代の変化で変わりつつあります。 庶民の台所の市場から観光客相手の屋台村と化したところや、昔ながらの地元客との掛け合いで値段の 交渉をする風景が残る市場、巡ると味のある市場が多いスペイン興味のある方は是非周られる事をお奨めします。 もっと見る(写真55枚)

              • 私のセビージャby churros さん

                • 私のセビージャ
                • セビージャと言えばココ、「La Giralda」からでしょう。

ヒラルダの塔はムスリムの建築物、700年間イベリア半島を支配したムスリムが、キリスト教徒に追われたレコンキスタ(国土回復)以後にキリスト教徒がミナレットを残し、モスクの跡にカテドラルを建てた。

ヒラルダとはスペイン語のヒラール(回る)で、ミナレットのてっぺんにコンスタンティンの旗を持つ女神像の風見が付いている為、ヒラルダの塔と呼ばれています。

セビージャ散歩(スペイン語でパセオ)をするにはカテドラル前のプラサ・デ・ロス・レイエスからがイイでしょう。
                • プラサ・デ・ロス・レイエスでヒラルダを背にして立ち、左へカテドラル沿いに周りコンスティトゥシオン通りに出ます、右角のスタバを右へ曲がると市庁舎の方に向かいます。

                スペインには特色の有る都市がたくさんあります、地域により文化・人種・食が多彩なのです。 中でもアンダルシアを代表する都市「セビージャ」(日本ではセビリアの方が通りがイイ)の魅力を歩いて紹介します。 観光する処が多いセビージャですが、歴史の古い都市だけあってカテドラルや遺跡がたくさん在り、ガイドブックにも載っている処載っていない処を、私の個人的に好きな処を紹介します。 先ずは、セビージャの基本から セビージャは南に位置するスペイン第4の大都市、人口は約70万人のアンダルシア州の州都でセビージャ県... もっと見る(写真23枚)

              • 私をEquitacion(乗馬)に連れてって。by churros さん

                • 私をEquitacion(乗馬)に連れてって。
                • セビージャで買ったボタス(ブーツ)を今日下ろします。

今日お世話になるお馬さん、名前はハビエル、私少し重いですがよろしくね、事前に鞍は装着して頂いていました。
                • 性格の良い馬をア・ペティシオンしておいたので、従順なお馬さんでした。
                • 同行者: 一人旅
                • 関連タグ:

                  • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

                  本来の目的のアンダルシアンに乗りに行きます、以前はウエルバ近郊のグランハで乗ったのですが、グルーポで周る観光用の乗馬でした、今回はカバジョ(馬)を借りて気楽に2時間ほど楽しんできました、次の日も晴天だったため2時間思い残す事無く楽しんでまいりました。 もっと見る(写真25枚)

                • セビージャのdescanso(休日)by churros さん

                  • セビージャのdescanso(休日)
                  • エストシオン・サンタ・フスタ
                  • 関連タグ:

                    • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

                    セビージャを訪れた回数はもう忘れてしまいましたが、行く度にセビージャは変わっていきます。 5月のセビージャはハカランダの花が咲き乱れ、街中が紫に煙るビオレッタの街、夜は街灯がオレンジ色のアナランハドの街。 もっと見る(写真27枚)

                  • 私のセビージャ 2by churros さん

                    • 私のセビージャ 2
                    • では今回もプラサ・デ・ビルヘン・デ・ロス・レイエスから歩き始めます。

ヒラルダを背にして真っ直ぐ前に歩きます、正面左にエル・ヒラルディージョ(レスタウランテ)が見えます、そのまま真っ直ぐ歩くと(約500メーター)、右に曲がる路地が現れます(角にBARボデガ・サンタ・クルスの在る角)右へ曲がってください、道なりに歩いて行くとプラサ・アリアンサに出ます、突き当りがアルカサルなので壁沿いに左へ歩いて行くと、花のトンネルが現れます。
                    • 写真は反対方向から撮っていますので本来は奥から手前に歩いて来る事になります、写真の左側の壁はハルディン・デル・アルカサルになります。

                    プラサ・ビルヘン・デ・ロス・レイエスから歩き始めます。 サンタ・クルス街は元々ユダヤ人街(Judea)、スペインでは各地にユダヤ人街が在るのですが、有名なのはコルドバのユダヤ人街ですよね、セビージャのサンタ・クルス街は一帯が観光の重要な地点、入り組んだ路地をさまよい歩き好みの店を探すのも楽しいですよ。 サンタ・クルス街にはBAR・雑貨店・レスタウランテ・タブラオと楽しみ方も色々、サンタ・クルスを少し迷ってみましょう。 もっと見る(写真18枚)

                  • 日にちは違いますがMARCADO 3by churros さん

                    • 日にちは違いますがMARCADO 3
                    • メルカド・ロンハ・デル・バランコ

これはもうメルカドと言えるのでしょうか?、マドリーのサン・ミゲルと同じく、観光客相手の屋台村と言える施設。サン・ミゲルやサン・アントニオとBARが集まり、施設内で飲み食いできるようになっている。

2013年にセビージャに行った時は内装工事をしていたのですが、なんの施設になるのか解らないまま(たぶんメルカドだろう)気にはなってました、今回は旅行記にする為入ってきましたが、基本私の好きなメルカドではないので通り一片の写真だけ。
                    • 角はインフォルマシオンになっています、近くにハマエストランサ闘牛場があるので観光拠点でもあり、グアダルキビル川沿いにテーブルを並べているので夏の暑い時には休憩もイイかも?。
                    • 関連タグ:

                      • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

                      1,2とメルカドを周ってきましたが、最後のメルカド巡りです。 メルカド・ロンハ・デル・バランコはセビージャのサン・ミゲルと思って間違いがないでしょう、観光用のイートイン・スペース有るBAR村と言う感じ。 メルカド・デ・ラ・エンカルナシオンはセビージャに観光に行けば是非立ち寄って頂きたいメルカドです、カテドラル(ヒラルダ)からパセオ(散歩)で、プラサ・ヌエバを通り、シェルペス通りをウインドショッピングしながら、プラサ・ドゥケまで出てコンフェテリア・ラ・カンパーナの角を右へ曲がればスグですよ。 ... もっと見る(写真25枚)

                    • EQUITACION(乗馬)by churros さん

                      • EQUITACION(乗馬)
                      • 当日コースを覚えるのを含めて二人で遠乘り。
                      • オリーブ畑が続く。
                      • 同行者: 一人旅
                      • 関連タグ:

                        • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

                        セビージャのオテル・ゴジャに宿が取れたものの、当日1泊は空き室があったものの2日目3日目と満室なので、他のところで泊まらなければならない為、セビージャ近郊のアスナルカサルと言う村まで行き、村の近くのグランハ(牧場)で馬を借りる事にしました。 取りあえずアルマスまで行きアスナルカサルまでのビジェテを買い、アウトブスに揺られて45分アスナルカサルで降りる、「BARパラダ」でカフェ・コン・レチェを飲み近くにオテルはないか聞く。 教えてもらったHOTEL Lince(この村で一番高級なオテル)で宿泊交渉、1泊... もっと見る(写真7枚)

                      • エウロパではお馴染の蚤の市by churros さん

                        • エウロパではお馴染の蚤の市
                        • 黄色い柵の場所から骨董市の入口です、路地を入ると大勢の客がゾロゾロ歩いています。
                        • 路地の入口を入ったところです、少し歩くと前に進めない位の人混み。
                        • 関連タグ:

                          • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

                          スペインを代表する蚤の市はマドリーの「ラストロ」ですが、セビージャにも毎週木曜日に行われる「木曜骨董市」と言うのが有ります、場所はバシリカ・デ・ラ・マカレナ近く歩いて5〜6分のフェリア通りで行われます、骨董市と名前が付く位ですから本当の骨董ばかり、誰が使ったか解らない尿瓶とか底に穴の開いた花瓶とか、凡そ使い物にならない骨董品や値打ちのありそうな時計とか、見て周ると時間を忘れる楽しいひと時。 もっと見る(写真30枚)

                        • 日にちは違いますがMARCADO 2by churros さん

                          • 日にちは違いますがMARCADO 2
                          • メルカド・プエルタ・デ・ラ・カルネ
100%観光客は来ることはないメルカド、地元の方だけが使われる市場で、私がカメラを持って歩いても違和感がありました、以前来た時には閉まっていたため中を観れなかったのですが、昔ながらのザ・メルカドと言う感じです。
                          • このドアーから入ります、勿論メルカド内にはBARがあります、BARでカフェ・コン・レチェを頂いたのですが、長居しずらい雰囲気の為早々にお邪魔をする事にしました。
                          • 関連タグ:

                            • 旅行時期: 2017/05/10 - 2017/05/26(約4ヶ月前)

                            セビージャには主なメルカドが6カ所あります。 .瓮襯ド・デル・アレナル(マエストランサ闘牛場近く) ▲瓮襯ド・デ・アバストス・トゥリアナ(イサベル鏡ざ兇鯏呂蟇Χ兇里燭發函 メルカド・プエルタ・デ・ラ・カルネ(アウトブセス・サン・セバスティアン近く) ぅ瓮襯ド・デ・ラ・フェリア(フェリア通りに在る) ゥ瓮襯ド・ロンハ・デル・バランコ(イサベル鏡ざ兇離肇ゥ螢▲覆謀呂觴蠢亜 Ε瓮襯ド・デ・ラ・エンカルナシオン(プラサ・ドゥケから歩いて3分) メルカドの形態が最近少し変化してきた様に思いま... もっと見る(写真35枚)

                          • 現地UP セビージャの春祭りへ! 3日目 最終日なので夜行ってみました。(詳細は後で) by 夏への扉さん

                            • 現地UP セビージャの春祭りへ! 3日目 最終日なので夜行ってみました。(詳細は後で)
                            • 今日はゆっくり起きたので、朝ごはんといっても10時頃。
3月に来た時に気になっていたお店に入りました。
                            • カウンターで立ち食い。

チョコ・ペストリー
                            • 同行者: 一人旅
                            • 関連タグ:

                              • 旅行時期: 2017/05/06 - 2017/05/06(約4ヶ月前)

                              今日は12時にアルカサルの予約、17時にフラメンコ・ミュージアムでフラメンコ鑑賞予約。そして今日は春祭り(フェリア)最終日。夜のフェリア会場もみに行きたいし花火も打ち上げられるらしい。 夜に備えて、ゆっくり起きました。 写真は夜のフェリア会場 もっと見る(写真25枚)

                            • セビージャの下町を満喫ーセゴビア、セビージャの旅(2)ーby ynkさん

                              • セビージャの下町を満喫ーセゴビア、セビージャの旅(2)ー
                              • 5月5日。セゴビアからマドリード・チャマルティン駅、アトーチャ駅と移動して、セビージャ行きのAVEに乗り込みます。ちなみにアトーチャ駅のセルカニアスからAVEへの乗換は、専用改札が1つしかなくて手間取りました…AVEに乗るのも行列です。
                              • 13:30セビージャ着。サンタフスタ駅でもタクシーを待つ大行列。フェリア期間中でホテルもなかなか予約できないし、この先どうなるのかと不安が募ります。もっともタクシーには15分くらいで乗れました。
                              • 同行者: カップル・夫婦
                              • 関連タグ:

                                • 旅行時期: 2017/05/05 - 2017/05/07(約4ヶ月前)
                                • この旅行で利用した施設: ホテル モンテ カーメロ  

                                夫婦で行くスペインの旅ver.5は、初のカスティージャ・イ・レオン地方&3回目のセビージャという取り合わせです。 5月3日羽田〜マドリード、5月4・5日セゴビア、5月5〜7日セビージャ、5月7・8日マドリード〜羽田の4泊6日ながら、相変わらず飲んで歩き、サッカーも見ています。 セビージャはフェリアで盛り上がるロス・レメディオス地区に宿泊。前回トゥリアナに泊まった時も感じましたが、グアダルキビル川の西側は安くておいしいバルが多くて楽しめます。 もっと見る(写真46枚)

                              海外旅行先で失敗しないためには?

                              スペインで使えるWi-Fiルーターが610円/日〜でレンタル可能!いつでもどこでもネットがつながれば、地図に翻訳、困ったことは即解決。

                              Wi-Fiについてもっと見る

                              フォートラベル GLOBAL WiFi

                              旅行会社に相談する

                              セビリアのことならおまかせください!

                              旅行会社一覧

                              4Tポイントを貯めよう

                              チャンスは一日一回。
                              エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

                              4Tポイントとは?