国分寺・小金井旅行記(ブログ) 一覧に戻る
奈良時代の中頃、伝染病や地震、農作物の不作などを鎮静しようとして全国各地に建てられた国分寺です。70近くの国分寺が建っていた中、国分寺市に残る武蔵国国分寺は最大級の規模を誇る国分寺だったそうです。東西1.5㎞、南北1㎞程の広さがあり、現在は広い公園のような草地に、金堂や講堂、経蔵、中門、七重塔などがあった場所がわかるように整地されています。<br />国分寺跡周辺には尾張徳川家が鷹場として利用したお鷹の道や、湧水が流れ出る真姿の池、武蔵野の面影が残る雑木林を生かした殿ヶ谷戸庭園、国分寺村の名主だった方の住宅長屋門、歴代の徳川将軍から篤く庇護されていた国分寺と境内に造られた万葉植物園、薄暗い中に建つ国分寺薬師堂、鎌倉と群馬や長野を結んでいた鎌倉街道、国分寺と北関東を繋いでいた東山道武蔵路跡など、奈良時代以降の史跡が数多く残っています。<br />歴史的ロマンを感じながら、のんびり散歩が楽しめるエリアです。<br />

国分寺から西国分寺へ歴史散歩

2いいね!

2021/06/12 - 2021/06/12

358位(同エリア440件中)

ぷーちゃんさん

この旅行記のスケジュール

2021/06/12

この旅行記スケジュールを元に

奈良時代の中頃、伝染病や地震、農作物の不作などを鎮静しようとして全国各地に建てられた国分寺です。70近くの国分寺が建っていた中、国分寺市に残る武蔵国国分寺は最大級の規模を誇る国分寺だったそうです。東西1.5㎞、南北1㎞程の広さがあり、現在は広い公園のような草地に、金堂や講堂、経蔵、中門、七重塔などがあった場所がわかるように整地されています。
国分寺跡周辺には尾張徳川家が鷹場として利用したお鷹の道や、湧水が流れ出る真姿の池、武蔵野の面影が残る雑木林を生かした殿ヶ谷戸庭園、国分寺村の名主だった方の住宅長屋門、歴代の徳川将軍から篤く庇護されていた国分寺と境内に造られた万葉植物園、薄暗い中に建つ国分寺薬師堂、鎌倉と群馬や長野を結んでいた鎌倉街道、国分寺と北関東を繋いでいた東山道武蔵路跡など、奈良時代以降の史跡が数多く残っています。
歴史的ロマンを感じながら、のんびり散歩が楽しめるエリアです。

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

国分寺・小金井の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集