アイツタキ島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「結婚25周年記念旅行、どこ行こうか?」<br />「綺麗なビーチがあるところがいいな、ボラボラ島とかモルディブとか…」<br />「カナダからモルディブは、かなり遠いし、となるとボラボラ?」<br />「ポールゴーギャン・クルーズも良さそうじゃない?」<br />「ポールゴーギャンでフレンチポリネシアとクック諸島を周るのがあるよ。」<br />「あ、それいいねー。それにしようか。」<br />「でも、11月のフレンチポリネシアって雨季みたいだよ。」<br />「海が大荒れで船酔いして、上陸しても雨で全くビーチも楽しめなかったら、最悪じゃない?」<br />なんて、ポールゴーギャン・クルーズの各寄港地の11月の気候を調べてみたら、ラロトンガ、アイツタキは初夏で、雨季から乾季へ移行する月だとのことで、結構穴場的シーズンのようです。<br />「だったら、クルーズはやめて、直接、ラロトンガ、アイツタキへ行ってしまうっていうのはどうよ!?」<br />バンクーバーからの航空運賃を調べてみたら、ニュージーランド航空が週に1便、ロサンゼルスからラロトンガまでのダイレクト便を運行しているので、それに合わせて以下のような旅程を組みました。<br /><br />Day1 バンクーバー→ロサンゼルス→<br />Day2 →ラロトンガ    Pacific Resort Rarotonga泊<br />Day3 終日ラロトンガ  Pacific Resort Rarotonga泊<br />Day4 ラロトンガ→アイツタキ  Aitutaki Lagoon Private Island Resort泊<br />Day5 アイツタキ Bishop&#39;s Cruise参加  Pacific Resort Aitutaki泊<br />Day6 アイツタキ   Pacific Resort Aitutaki泊<br />Day7 アイツタキ→ラロトンガ(半日)<br />Day8 →ロサンゼルス  サンタモニカ Bayside Hotel泊<br />Day9 ロサンゼルス→バンクーバー<br /><br />ちなみに、それ以外の曜日でも、北米からニュージーランド経由でラロトンガへ行けますが、時間も掛かり、運賃も高くなります。<br /><br />Day5-6(Bishop&#39;s Cruise4 念願のヘブンへ♪)<br /><br />ワンフット・アイランドの近くにヘブンと呼ばれる、最高に美しいサンドバンクがあり、そこは、今回の旅行で一番、楽しみにしていた場所でした。<br />ワンフット・アイランドから干潮時には歩いて行けるのですが、私達が参加したBishop&#39;s Cruiseは、ヘブンで降りたい人だけ降ろしてくれて、海の中を歩いてワンフット・アイランドまで行くことができます。<br /><br />残念ながら、私達がヘブンに上陸した時にポツリポツリと雨が降り出し、風も強く、空は雨雲で真っ暗だったのですが、それでも感動ものの美しさでした。<br />天気が悪くても、感動する美しさのヘブン、晴れていたら、どんだけ凄いんだろ~と想像するだけで、もう一度、行きたくなってきます。

25周年記念 クック諸島 Day5-6(Bishop's Cruise4 念願のヘブンへ♪)

70いいね!

2019/11/09 - 2019/11/17

2位(同エリア37件中)

旅行記グループ クック諸島

2

72

森の番人

森の番人さん

「結婚25周年記念旅行、どこ行こうか?」
「綺麗なビーチがあるところがいいな、ボラボラ島とかモルディブとか…」
「カナダからモルディブは、かなり遠いし、となるとボラボラ?」
「ポールゴーギャン・クルーズも良さそうじゃない?」
「ポールゴーギャンでフレンチポリネシアとクック諸島を周るのがあるよ。」
「あ、それいいねー。それにしようか。」
「でも、11月のフレンチポリネシアって雨季みたいだよ。」
「海が大荒れで船酔いして、上陸しても雨で全くビーチも楽しめなかったら、最悪じゃない?」
なんて、ポールゴーギャン・クルーズの各寄港地の11月の気候を調べてみたら、ラロトンガ、アイツタキは初夏で、雨季から乾季へ移行する月だとのことで、結構穴場的シーズンのようです。
「だったら、クルーズはやめて、直接、ラロトンガ、アイツタキへ行ってしまうっていうのはどうよ!?」
バンクーバーからの航空運賃を調べてみたら、ニュージーランド航空が週に1便、ロサンゼルスからラロトンガまでのダイレクト便を運行しているので、それに合わせて以下のような旅程を組みました。

Day1 バンクーバー→ロサンゼルス→
Day2 →ラロトンガ    Pacific Resort Rarotonga泊
Day3 終日ラロトンガ  Pacific Resort Rarotonga泊
Day4 ラロトンガ→アイツタキ  Aitutaki Lagoon Private Island Resort泊
Day5 アイツタキ Bishop's Cruise参加  Pacific Resort Aitutaki泊
Day6 アイツタキ   Pacific Resort Aitutaki泊
Day7 アイツタキ→ラロトンガ(半日)
Day8 →ロサンゼルス  サンタモニカ Bayside Hotel泊
Day9 ロサンゼルス→バンクーバー

ちなみに、それ以外の曜日でも、北米からニュージーランド経由でラロトンガへ行けますが、時間も掛かり、運賃も高くなります。

Day5-6(Bishop's Cruise4 念願のヘブンへ♪)

ワンフット・アイランドの近くにヘブンと呼ばれる、最高に美しいサンドバンクがあり、そこは、今回の旅行で一番、楽しみにしていた場所でした。
ワンフット・アイランドから干潮時には歩いて行けるのですが、私達が参加したBishop's Cruiseは、ヘブンで降りたい人だけ降ろしてくれて、海の中を歩いてワンフット・アイランドまで行くことができます。

残念ながら、私達がヘブンに上陸した時にポツリポツリと雨が降り出し、風も強く、空は雨雲で真っ暗だったのですが、それでも感動ものの美しさでした。
天気が悪くても、感動する美しさのヘブン、晴れていたら、どんだけ凄いんだろ~と想像するだけで、もう一度、行きたくなってきます。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • さぁ、いよいよ…

    さぁ、いよいよ…

  • 念願のヘブンへ~!

    念願のヘブンへ~!

  • って時に

    って時に

  • また雨が降り出した。

    また雨が降り出した。

  • けど、もうそんなことは…

    けど、もうそんなことは…

  • どうでもいい!!

    どうでもいい!!

  • なんとも神秘的で不思議な…

    なんとも神秘的で不思議な…

  • この景色♪

    この景色♪

  • 深い所との境目の海の底も気になって

    深い所との境目の海の底も気になって

  • 雨に濡れながらも

    雨に濡れながらも

  • 船の2階から

    船の2階から

  • じぃっと食い入る様に

    イチオシ

    じぃっと食い入る様に

  • 近づいてくるヘブンを見た。

    イチオシ

    近づいてくるヘブンを見た。

  • はぁ~こういうものを創ってしまう大自然って…

    はぁ~こういうものを創ってしまう大自然って…

  • ただただ、凄い!!

    ただただ、凄い!!

  • 雨だろうが

    雨だろうが

  • 風が強かろうが

    風が強かろうが

  • 来て良かった~♪と

    来て良かった~♪と

  • 心の底から感動していると

    イチオシ

    心の底から感動していると

  • 船が止まった。

    船が止まった。

  • あそこの小さいボートはさっき、シュノーケリングで一緒だったチャーターの2人みたいだね。

    イチオシ

    あそこの小さいボートはさっき、シュノーケリングで一緒だったチャーターの2人みたいだね。

  • あ、もうすでにヘブンに上陸し始めてるよ。

    あ、もうすでにヘブンに上陸し始めてるよ。

  • 私達も早く降りよう!

    私達も早く降りよう!

  • ワンフット・アイランドまで歩きたい人だけ

    ワンフット・アイランドまで歩きたい人だけ

  • ヘブンで降りて歩き出します。

    ヘブンで降りて歩き出します。

  • 上陸してみると、結構、大きい。

    上陸してみると、結構、大きい。

  • ヘブンで降りずに船に残った人も数人いて、船は先にワンフット・アイランドに向かい

    ヘブンで降りずに船に残った人も数人いて、船は先にワンフット・アイランドに向かい

  • ヘブンで降りた私達は、歩いてワンフット・アイランドへ向かいます。

    ヘブンで降りた私達は、歩いてワンフット・アイランドへ向かいます。

  • 風が強いので、雲の流れが速くて

    風が強いので、雲の流れが速くて

  • ポツリポツリと雨が降ったり、止んだりしている中…

    ポツリポツリと雨が降ったり、止んだりしている中…

  • 向こうに見えているワンフット・アイランドを目指して

    イチオシ

    向こうに見えているワンフット・アイランドを目指して

  • ザボザボと、前方に見える人達が海の中へ

    ザボザボと、前方に見える人達が海の中へ

  • まだ、結構、水位が高くて、お尻辺りまでは濡れそうだね。

    まだ、結構、水位が高くて、お尻辺りまでは濡れそうだね。

  • 「うわぁ、あっちから、また雨雲がやってくるじゃん。」なんて言いつつ

    「うわぁ、あっちから、また雨雲がやってくるじゃん。」なんて言いつつ

  • 海水も全く冷たくなくて

    海水も全く冷たくなくて

  • 全く寒さは感じないし

    全く寒さは感じないし

  • さっきのシュノーケリングで、もうすでに濡れてしまっているので

    さっきのシュノーケリングで、もうすでに濡れてしまっているので

  • このアドベンチャー感が楽しい♪

    このアドベンチャー感が楽しい♪

  • ワンフット・アイランドまで、結構、距離があります。

    ワンフット・アイランドまで、結構、距離があります。

  • 私達が一番最後かしら?と思って

    私達が一番最後かしら?と思って

  • 後ろを振り返ってみたら、まだ後ろから歩いてくる人達もいた。

    後ろを振り返ってみたら、まだ後ろから歩いてくる人達もいた。

  • ここからだと、ヘブンと目線の高さが一緒だわ。

    ここからだと、ヘブンと目線の高さが一緒だわ。

  • 雨が止みました。

    雨が止みました。

  • 風が強いせいで波もあります。

    風が強いせいで波もあります。

  • 何度も振り返っては、ヘブンを眺めつつ

    何度も振り返っては、ヘブンを眺めつつ

  • ヘブンって呼ばれるのに相応しい場所だなぁと。

    ヘブンって呼ばれるのに相応しい場所だなぁと。

  • 段々、ワンフット・アイランドが近づいてきた。

    段々、ワンフット・アイランドが近づいてきた。

  • この辺りの色の薄い場所は、そんなに深くなくて、最高干潮時には、姿を現す場所もあり。

    この辺りの色の薄い場所は、そんなに深くなくて、最高干潮時には、姿を現す場所もあり。

  • もう、ここまで来ると、水位も膝下。

    もう、ここまで来ると、水位も膝下。

  • 船はもうすでに向こうで待っています。

    船はもうすでに向こうで待っています。

  • アイツタキの海、やっぱりサイコー!

    アイツタキの海、やっぱりサイコー!

  • こうして見ると、かなりの距離を歩いてきたな~

    こうして見ると、かなりの距離を歩いてきたな~

  • もうすぐワンフット・アイランドに上陸です。

    もうすぐワンフット・アイランドに上陸です。

  • 向こうに見えている陸地は、ワンフット・アイランドの横にある島

    向こうに見えている陸地は、ワンフット・アイランドの横にある島

  • ヘブンへと続くサンドバンク

    ヘブンへと続くサンドバンク

  • 今日は午後に最高干潮時を迎えるので

    今日は午後に最高干潮時を迎えるので

  • ランチ後には、もっと水位が低くなり

    ランチ後には、もっと水位が低くなり

  • 砂地が見えてくることでしょう。

    砂地が見えてくることでしょう。

  • ワンフットアイランドに到着♪

    ワンフットアイランドに到着♪

  • ワンフットアイランドで知られていますが、正式な島の名前はTapuaetai (タプアエタイ)といいます。<br />

    ワンフットアイランドで知られていますが、正式な島の名前はTapuaetai (タプアエタイ)といいます。

  • この島がなぜワンフット・アイランドと呼ばれるようになったかという話は、Moturakau(モツラカウ島)で聞きました。<br /><br />【関連旅行記】<br />Day5-4(Bishop&#39;s Cruise2 白い鳥達の楽園)<br />https://4travel.jp/travelogue/11600935

    この島がなぜワンフット・アイランドと呼ばれるようになったかという話は、Moturakau(モツラカウ島)で聞きました。

    【関連旅行記】
    Day5-4(Bishop's Cruise2 白い鳥達の楽園)
    https://4travel.jp/travelogue/11600935

  • 取り敢えず、一旦、船に戻りましょう。

    取り敢えず、一旦、船に戻りましょう。

  • 船のすぐ横で海の中を覗きこんでる人がいるけど…<br />何かいるんじゃない?

    船のすぐ横で海の中を覗きこんでる人がいるけど…
    何かいるんじゃない?

  • 行ってみると、船の横のすぐ近くの浅瀬に大きな魚の姿が…<br />背中が黒くてお腹が白い。

    イチオシ

    行ってみると、船の横のすぐ近くの浅瀬に大きな魚の姿が…
    背中が黒くてお腹が白い。

  • すぃ~と泳いで行っちゃったけど…<br />あれ?<br />でも、もしかして、魚じゃなくてイルカだったのかも?

    イチオシ

    地図を見る

    すぃ~と泳いで行っちゃったけど…
    あれ?
    でも、もしかして、魚じゃなくてイルカだったのかも?

  • 濡れた体を拭きに一旦、船に戻ってきました。

    濡れた体を拭きに一旦、船に戻ってきました。

  • 島で必要な荷物を持って船を降りました。

    島で必要な荷物を持って船を降りました。

  • 改めて、ワンフットアイランドからヘブンを眺めて

    改めて、ワンフットアイランドからヘブンを眺めて

  • そのまま反対側へ目線を移すと

    そのまま反対側へ目線を移すと

  • 海の色は、、もっと美しく見えて感動的!

    イチオシ

    地図を見る

    海の色は、、もっと美しく見えて感動的!

  • あっちの方まで行ってみたいね!

    あっちの方まで行ってみたいね!

  • でも、あそこでランチなんじゃ?<br />この島内での予定をスタッフに聞きに行こうと、屋根のある方へ向かうことにしました。

    でも、あそこでランチなんじゃ?
    この島内での予定をスタッフに聞きに行こうと、屋根のある方へ向かうことにしました。

70いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

クック諸島

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • M-koku1さん 2020/03/24 07:28:07
    溺れそうな恐怖
    ここの砂地をヘブンと言うんですね!

    どこかのポスターでみたことのある風景。
    クック諸島にあったんだ!
    これは確かに上陸したいですね。
    でもそのあと ワンフットアイランド迄の水の深さ 結構あるんですね。
    波も来るでしょう?
    泳ぎが得意じゃないので 途中でパニックになりそう! 
    ずっと膝ぐらいの深さならいいのに!

    地球温暖化が進むと ここは確実に消滅しそうですね。
    ヘブンがいつか幻にならないことを祈ります。

    日本もいよいよアメリカ帰りは二週間隔離ということになりました。
    オーストラリア社会人留学中の後輩は 急遽ご家族だけ 日本に避難帰国。
    一ヶ月前には考えられないような この変化に ついていけません。

    森の番人さんも 本当に お身体お気をつけて!

    Mより

    森の番人

    森の番人さん からの返信 2020/03/24 15:52:10
    RE: 溺れそうな恐怖
    Mさん、こんにちは。

    > ここの砂地をヘブンと言うんですね!
    > どこかのポスターでみたことのある風景。

    はい!
    ヘブンと呼ぶのに相応しい場所でした。
    ポスターに使われても文句なしってくらい、感動的な景色です。

    > でもそのあと ワンフットアイランド迄の水の深さ 結構あるんですね。
    > 波も来るでしょう?
    > 泳ぎが得意じゃないので 途中でパニックになりそう! 
    > ずっと膝ぐらいの深さならいいのに!

    私達が歩いた時は、まだ最高干潮時ではなかったので、水の深さはお尻下あたりでしたが、船とかが通らなければ波はないし、泳ぐ必要もなかったです。
    それに、ランチ後、最高干潮時になった時には、膝下くらいになっていたので、私達の後に着いた船の人達はワンフット・アイランドから歩いて往復していましたので、干潮時なら溺れる程の深さではないです。
    あそこは、天候に恵まれなかったので、晴れた日に、もう一度行って、のんびりしたい場所です。

    > 地球温暖化が進むと ここは確実に消滅しそうですね。
    > ヘブンがいつか幻にならないことを祈ります。

    確かに…
    それは嫌なので、私も一緒に祈ります。

    昨日の今日で、BC州も、NB州同様に、2mのsocial distanceを守らない企業や個人に対して罰金制度を設けると、今日、発表されました。企業に対しては最高$5,000、個人に対しては$1,000ですって…
    これで、隣人の家に上がり込んだり、友達家族とパーティーすることも出来なくなってしまいました。
    これがやりすぎなのか、どうなのか、わかりませんが…
    でも、「家にいるように!外に出る時は2mのsocial distanceを取るように!」と言っても、ニュースを見ていないのか?聞く耳持たず、集団で行動する人達も多く、医療崩壊を防ぐ為には、仕方がない処置なのかもしれません。
    カナダは病院数が少ないし、今、感染拡大を抑えられなければ、4月半ば以降に医療崩壊となり、イタリアのような悲惨な状況になるという危機感があるようで、まだ死者数は少ないですが、アメリカよりも早いタイミングで色々な事をシャットダウンしているような感じです。

    まるで、第三次世界大戦に突入したかのような今日この頃です。
    暫く、旅行はムリですが、一日も早く開放されるよう、今は大人しくしています。
    Mさんも気を付けてくださいね。

    森の番人

森の番人さんのトラベラーページ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集