アイツタキ島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「結婚25周年記念旅行、どこ行こうか?」<br />「綺麗なビーチがあるところがいいな、ボラボラ島とかモルディブとか…」<br />「カナダからモルディブは、かなり遠いし、となるとボラボラ?」<br />「ポールゴーギャン・クルーズも良さそうじゃない?」<br />「ポールゴーギャンでフレンチポリネシアとクック諸島を周るのがあるよ。」<br />「あ、それいいねー。それにしようか。」<br />「でも、11月のフレンチポリネシアって雨季みたいだよ。」<br />「海が大荒れで船酔いして、上陸しても雨で全くビーチも楽しめなかったら、最悪じゃない?」<br />なんて、ポールゴーギャン・クルーズの各寄港地の11月の気候を調べてみたら、ラロトンガ、アイツタキは初夏で、雨季から乾季へ移行する月だとのことで、結構穴場的シーズンのようです。<br />「だったら、クルーズはやめて、直接、ラロトンガ、アイツタキへ行ってしまうっていうのはどうよ!?」<br />バンクーバーからの航空運賃を調べてみたら、ニュージーランド航空が週に1便、ロサンゼルスからラロトンガまでのダイレクト便を運行しているので、それに合わせて以下のような旅程を組みました。<br /><br />Day1 バンクーバー→ロサンゼルス→<br />Day2 →ラロトンガ    Pacific Resort Rarotonga泊<br />Day3 終日ラロトンガ  Pacific Resort Rarotonga泊<br />Day4 ラロトンガ→アイツタキ  Aitutaki Lagoon Private Island Resort泊<br />Day5 アイツタキ Bishop&#39;s Cruise参加  Pacific Resort Aitutaki泊<br />Day6 アイツタキ   Pacific Resort Aitutaki泊<br />Day7 アイツタキ→ラロトンガ(半日)<br />Day8 →ロサンゼルス  サンタモニカ Bayside Hotel泊<br />Day9 ロサンゼルス→バンクーバー<br /><br />ちなみに、それ以外の曜日でも、北米からニュージーランド経由でラロトンガへ行けますが、時間も掛かり、運賃も高くなります。<br /><br />Day5-7(Bishop&#39;s Cruise5 探していた景色、みぃつけた♪)<br /><br />初めてアイツタキ島という名を聞いたのは20歳前後の頃でした。<br />「いつか行ってみたいなぁ、でも、こんなに遠い島に行くことはないだろうなぁ。」なんて思っていた場所です。<br />それが、今回の旅行先を決める際に、ポールゴーギャン・クルーズの寄航先にアイツタキが入っていたことから、アイツタキについてリサーチしていて、昔、観た写真と同じ場所の写真があり、やっぱり、どうしても行ってみたくなり、旦那に「アイツタキへ行こう!」と提案したものの、最初、旦那は「アイツタキ?何、それ?どこ、それ?」って感じで、あまり乗り気ではありませんでした。<br />でも、暫く、「アイツタキ」と言い続けて、綺麗な写真をバンバン見せ続けて、どれだけ美しい海かを語り続けて、旦那洗脳作戦に成功し、無事にここまで来ることができました♪<br /><br />その私が最初に惹かれた写真の場所が、One Foot Island(ワンフット・アイランド)で知られている、この島、Tapuaetai (タプアエタイ)にあるので、ここに来るのは本当に楽しみにしていました。<br />また、Te Vaka Cruiseの船がやって来るまでの島は、まるでBishop&#39;s Cruiseの貸切状態で人が少なく無人島感を味わえて良かったです。

25周年記念 クック諸島 Day5-7(Bishop's Cruise5 探していた景色、みぃつけた♪)

61いいね!

2019/11/09 - 2019/11/17

7位(同エリア37件中)

旅行記グループ クック諸島

0

71

森の番人

森の番人さん

「結婚25周年記念旅行、どこ行こうか?」
「綺麗なビーチがあるところがいいな、ボラボラ島とかモルディブとか…」
「カナダからモルディブは、かなり遠いし、となるとボラボラ?」
「ポールゴーギャン・クルーズも良さそうじゃない?」
「ポールゴーギャンでフレンチポリネシアとクック諸島を周るのがあるよ。」
「あ、それいいねー。それにしようか。」
「でも、11月のフレンチポリネシアって雨季みたいだよ。」
「海が大荒れで船酔いして、上陸しても雨で全くビーチも楽しめなかったら、最悪じゃない?」
なんて、ポールゴーギャン・クルーズの各寄港地の11月の気候を調べてみたら、ラロトンガ、アイツタキは初夏で、雨季から乾季へ移行する月だとのことで、結構穴場的シーズンのようです。
「だったら、クルーズはやめて、直接、ラロトンガ、アイツタキへ行ってしまうっていうのはどうよ!?」
バンクーバーからの航空運賃を調べてみたら、ニュージーランド航空が週に1便、ロサンゼルスからラロトンガまでのダイレクト便を運行しているので、それに合わせて以下のような旅程を組みました。

Day1 バンクーバー→ロサンゼルス→
Day2 →ラロトンガ    Pacific Resort Rarotonga泊
Day3 終日ラロトンガ  Pacific Resort Rarotonga泊
Day4 ラロトンガ→アイツタキ  Aitutaki Lagoon Private Island Resort泊
Day5 アイツタキ Bishop's Cruise参加  Pacific Resort Aitutaki泊
Day6 アイツタキ   Pacific Resort Aitutaki泊
Day7 アイツタキ→ラロトンガ(半日)
Day8 →ロサンゼルス  サンタモニカ Bayside Hotel泊
Day9 ロサンゼルス→バンクーバー

ちなみに、それ以外の曜日でも、北米からニュージーランド経由でラロトンガへ行けますが、時間も掛かり、運賃も高くなります。

Day5-7(Bishop's Cruise5 探していた景色、みぃつけた♪)

初めてアイツタキ島という名を聞いたのは20歳前後の頃でした。
「いつか行ってみたいなぁ、でも、こんなに遠い島に行くことはないだろうなぁ。」なんて思っていた場所です。
それが、今回の旅行先を決める際に、ポールゴーギャン・クルーズの寄航先にアイツタキが入っていたことから、アイツタキについてリサーチしていて、昔、観た写真と同じ場所の写真があり、やっぱり、どうしても行ってみたくなり、旦那に「アイツタキへ行こう!」と提案したものの、最初、旦那は「アイツタキ?何、それ?どこ、それ?」って感じで、あまり乗り気ではありませんでした。
でも、暫く、「アイツタキ」と言い続けて、綺麗な写真をバンバン見せ続けて、どれだけ美しい海かを語り続けて、旦那洗脳作戦に成功し、無事にここまで来ることができました♪

その私が最初に惹かれた写真の場所が、One Foot Island(ワンフット・アイランド)で知られている、この島、Tapuaetai (タプアエタイ)にあるので、ここに来るのは本当に楽しみにしていました。
また、Te Vaka Cruiseの船がやって来るまでの島は、まるでBishop's Cruiseの貸切状態で人が少なく無人島感を味わえて良かったです。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 向こうに見えているヘブンから歩いてワンフットアイランドまで歩いて来ました。

    向こうに見えているヘブンから歩いてワンフットアイランドまで歩いて来ました。

  • Bishop&#39;s Cruiseの船は、私達をヘブンで降ろすと、一足先に、ワンフットアイランドに着いて待っていました。

    Bishop's Cruiseの船は、私達をヘブンで降ろすと、一足先に、ワンフットアイランドに着いて待っていました。

  • 皆、どこかに行ってしまっていて、自由時間みたいだけど…

    イチオシ

    地図を見る

    皆、どこかに行ってしまっていて、自由時間みたいだけど…

  • 一応、スタッフに島での予定を聞きに行こう!

    一応、スタッフに島での予定を聞きに行こう!

  • ランチの準備をしているスタッフ<br />ここで、パスポートに足型のワンフットアイランド・スタンプを押してもらいました。

    ランチの準備をしているスタッフ
    ここで、パスポートに足型のワンフットアイランド・スタンプを押してもらいました。

  • 「ランチが出来上がるまで、暫く自由にしていていいよ~」と言われたので

    「ランチが出来上がるまで、暫く自由にしていていいよ~」と言われたので

  • どうする?

    どうする?

  • あっちの方が綺麗そうだよ!

    あっちの方が綺麗そうだよ!

  • あんまり遠くまで行かないで

    あんまり遠くまで行かないで

  • 船の近くでのんびりしましょ。

    船の近くでのんびりしましょ。

  • あっちに見えている白いのがヘブン

    あっちに見えている白いのがヘブン

  • 雨もあがりました。

    雨もあがりました。

  • あ、この景色、知ってる…

    あ、この景色、知ってる…

  • 20歳前後の頃、ボラボラ島に行きたいな~と思って買ったガイドブック、地球の歩き方(タヒチ/イースター島/クック諸島)に載っていた写真の場所って、この向こう側かも…

    20歳前後の頃、ボラボラ島に行きたいな~と思って買ったガイドブック、地球の歩き方(タヒチ/イースター島/クック諸島)に載っていた写真の場所って、この向こう側かも…

  • その時に初めてアイツタキ島を知って

    その時に初めてアイツタキ島を知って

  • 無人島というのにも惹かれて

    無人島というのにも惹かれて

  • いつか行ってみたいなぁ…

    いつか行ってみたいなぁ…

  • でも、行けないだろうなぁ…

    でも、行けないだろうなぁ…

  • なんて思いつつ、ボラボラ島に行く前に、こっちに先に来ちゃった。

    なんて思いつつ、ボラボラ島に行く前に、こっちに先に来ちゃった。

  • あっちの方かもしれない…

    あっちの方かもしれない…

  • この風景、なんか、いかにも無人島!!って感じでいいねぇ~♪

    この風景、なんか、いかにも無人島!!って感じでいいねぇ~♪

  • あ、鳥!

    あ、鳥!

  • さっきの島にいた白い鳥に羽の形とか似てるけど、色が対照的だね~

    さっきの島にいた白い鳥に羽の形とか似てるけど、色が対照的だね~

  • 船の方を振りかえってみると…

    船の方を振りかえってみると…

  • わぁ~お!

    わぁ~お!

  • わぁ~お!!わぁ~お!

    わぁ~お!!わぁ~お!

  • なんて綺麗な景色なの~~~♪

    イチオシ

    なんて綺麗な景色なの~~~♪

  • あ、ここだ…!

    イチオシ

    あ、ここだ…!

  • そうだ、そうだ!

    そうだ、そうだ!

  • 昔見た写真の風景は

    昔見た写真の風景は

  • この辺りで撮ったものだったんだなぁ…

    この辺りで撮ったものだったんだなぁ…

  • なんか信じられない世界が広がってるじゃん♪

    なんか信じられない世界が広がってるじゃん♪

  • ね?ね?ね!?<br />アイツタキ、本当に綺麗でしょ!?<br />来て良かったでしょ!?

    ね?ね?ね!?
    アイツタキ、本当に綺麗でしょ!?
    来て良かったでしょ!?

  • だな~!!<br />ここを見ずには死ねないな。(By旦那)

    だな~!!
    ここを見ずには死ねないな。(By旦那)

  • ざぼざぼざぼ…

    ざぼざぼざぼ…

  • ざぼざぼ…

    ざぼざぼ…

  • 360度、見渡す限り、美しすぎて…

    360度、見渡す限り、美しすぎて…

  • 言葉はいらない…

    イチオシ

    地図を見る

    言葉はいらない…

  • 私達のクルーズ船と2人のチャーター船しか、島に上陸していないので、まるで島を貸しきっているみたい。

    私達のクルーズ船と2人のチャーター船しか、島に上陸していないので、まるで島を貸しきっているみたい。

  • なんか、ここにいることが夢みたい!

    なんか、ここにいることが夢みたい!

  • でも、これで空が青かったら

    でも、これで空が青かったら

  • どうなっちゃうんだろ?

    どうなっちゃうんだろ?

  • いやいや、そんな贅沢なことを言っていたらバチがあたる。

    いやいや、そんな贅沢なことを言っていたらバチがあたる。

  • 今はただただ、ここに来れた事に感謝しよう!

    今はただただ、ここに来れた事に感謝しよう!

  • しかしのう…<br />今考えると、25周年目が去年の11月で、本当に良かった。

    しかしのう…
    今考えると、25周年目が去年の11月で、本当に良かった。

  • 島の内部には蚊がいそうな感じ…

    島の内部には蚊がいそうな感じ…

  • あの雲が全部、流れていってくれたらねぇ…

    あの雲が全部、流れていってくれたらねぇ…

  • あ、でも少しだけ青空が見えてきたよ!

    イチオシ

    地図を見る

    あ、でも少しだけ青空が見えてきたよ!

  • 少しでも光が射し込んでくると、すぐに色が鮮明になるね。

    少しでも光が射し込んでくると、すぐに色が鮮明になるね。

  • でも、また向こうから違う雨雲がやってくるよ。

    でも、また向こうから違う雨雲がやってくるよ。

  • 反対側の方に行ってみようよ!

    反対側の方に行ってみようよ!

  • さっきと反対側の方にやってきました。

    さっきと反対側の方にやってきました。

  • こっち側も綺麗だね~

    こっち側も綺麗だね~

  • 美しい海は、どこまでも美しいまま続いていて、感嘆するばかり…

    美しい海は、どこまでも美しいまま続いていて、感嘆するばかり…

  • そろそろ、ランチの準備も出来ている頃かもよ。<br />引き返そうか?<br /><br />あそこの黒く伸びているとこまで行ってから引き返そう。

    そろそろ、ランチの準備も出来ている頃かもよ。
    引き返そうか?

    あそこの黒く伸びているとこまで行ってから引き返そう。

  • ブルーベリーの形に似てるね。<br />何の実だろ?

    ブルーベリーの形に似てるね。
    何の実だろ?

  • なんだかユニークな葉の付き方している木

    なんだかユニークな葉の付き方している木

  • これ、さっき白い鳥がいた島でスタッフが話していたパンダナスの木だよね?<br />あの、名前の由来になった父子の息子がじっと隠れていたっていう木。<br />どれだろね?<br />まだ残っているのかなぁ…?<br />大昔の話だから、その木が残っているとしたら、もっと大きくなっているだろうから、これじゃないことだけは確かだよ。<br /><br />【関連旅行記】<br />Day5-4(Bishop&#39;s Cruise2 白い鳥達の楽園)<br />https://4travel.jp/travelogue/11600935

    これ、さっき白い鳥がいた島でスタッフが話していたパンダナスの木だよね?
    あの、名前の由来になった父子の息子がじっと隠れていたっていう木。
    どれだろね?
    まだ残っているのかなぁ…?
    大昔の話だから、その木が残っているとしたら、もっと大きくなっているだろうから、これじゃないことだけは確かだよ。

    【関連旅行記】
    Day5-4(Bishop's Cruise2 白い鳥達の楽園)
    https://4travel.jp/travelogue/11600935

  • あの、倒れているのも絶対に違うね。

    あの、倒れているのも絶対に違うね。

  • この黒いとこ、ちょっと歩いてみない?

    この黒いとこ、ちょっと歩いてみない?

  • おぉ、滑るね!

    イチオシ

    おぉ、滑るね!

  • とっても澄んだ水の中には、小さな生き物が沢山!

    とっても澄んだ水の中には、小さな生き物が沢山!

  • 少しだけ、空が明るくなってきた。

    少しだけ、空が明るくなってきた。

  • 何か泳いでる。

    何か泳いでる。

  • ホラ、そこそこ!<br />こんなに浅いところに留まっているんだね~

    ホラ、そこそこ!
    こんなに浅いところに留まっているんだね~

  • 今、干潮に向かっているから出てるけど、満潮時は水に浸かっているんじゃない?

    イチオシ

    地図を見る

    今、干潮に向かっているから出てるけど、満潮時は水に浸かっているんじゃない?

  • ちょっと足元が滑るので、向こうまで行くのは止めて戻ってきました。

    ちょっと足元が滑るので、向こうまで行くのは止めて戻ってきました。

  • あ、向こうの方から、Te Vaka Cruiseの船がやってくるよ!

    あ、向こうの方から、Te Vaka Cruiseの船がやってくるよ!

  • あの船の方がBishop&#39;s Cruiseの船よりも大きそうだから、あれがワンフット・アイランドに上陸したら、人が多くなって、島が賑わいそうだね。

    あの船の方がBishop's Cruiseの船よりも大きそうだから、あれがワンフット・アイランドに上陸したら、人が多くなって、島が賑わいそうだね。

  • こんな状態でも立っていられるなんて、凄い生命力!

    イチオシ

    地図を見る

    こんな状態でも立っていられるなんて、凄い生命力!

  • そろそろ、ランチの準備も終わっているんじゃないかな?<br />戻ろうっか。

    そろそろ、ランチの準備も終わっているんじゃないかな?
    戻ろうっか。

61いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

クック諸島

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集