ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
人生初!の海外ひとり旅…<br /><br />ひとり旅も4日目。<br />思ったよりひとりで大丈夫やん!<br />ですが、やっぱ食事だけはなかなかレストランに入り辛い…<br /><br />どのカフェに入ろっか!?<br />どこで食事するかな!?<br />と迷いながら歩いてると、結局入るタイミングを逃し、スーパーやパン屋さんなどで買った物を部屋で食べる…<br />というパターンが多くなってます(泣)<br /><br />とはいえ、行きたい時に行きたい所に行ける気楽さと、自由さはじゅうぶん楽しんでいます。<br /><br />この日の写真がとても多くて、1回でまとめるのが大変だったので、4日目<br /><前半><後半>とアップいたします。<br /><br /><br /><br /><br /><Day-Ticket WIEN><br />ウィーン中央駅のÖBB券売機で購入…€5.80<br /><br /><br /><シュテファン寺院・北塔エレベーター> €6<br /><br /><br /><br /><スケジュール><br /><br />6/14(金)関西空港→ミュンヘン  <ミュンヘン泊><br />6/15(土)ミッテンヴァルト・アウグスブルク日帰り<ミュンヘン泊><br />6/16(日)→ウィーン・ブラチスラヴァ日帰り<ウィーン泊><br />■6/17(月)ウィーン市内観光     <ウィーン泊><br />6/18(火)→リンツ        <リンツ泊><br />6/19(水)→ミュンヘン      <ミュンヘン泊><br />6/20(木)            <ミュンヘン泊><br />6/21(金)            <ミュンヘン泊><br />6/22(土)→レーゲンスブルク   <レーゲンスブルク泊><br />6/23(日)→帰国<br />6/24(月)日本着<br />

ドキドキの海外ひとり旅、デビューしました!ドイツ・オーストリアとちょっとだけスロヴァキア④<ウィーン・前半>

44いいね!

2019/06/17 - 2019/06/17

363位(同エリア5799件中)

maggie

maggieさん

人生初!の海外ひとり旅…

ひとり旅も4日目。
思ったよりひとりで大丈夫やん!
ですが、やっぱ食事だけはなかなかレストランに入り辛い…

どのカフェに入ろっか!?
どこで食事するかな!?
と迷いながら歩いてると、結局入るタイミングを逃し、スーパーやパン屋さんなどで買った物を部屋で食べる…
というパターンが多くなってます(泣)

とはいえ、行きたい時に行きたい所に行ける気楽さと、自由さはじゅうぶん楽しんでいます。

この日の写真がとても多くて、1回でまとめるのが大変だったので、4日目
<前半><後半>とアップいたします。




<Day-Ticket WIEN>
ウィーン中央駅のÖBB券売機で購入…€5.80


<シュテファン寺院・北塔エレベーター> €6



<スケジュール>

6/14(金)関西空港→ミュンヘン  <ミュンヘン泊>
6/15(土)ミッテンヴァルト・アウグスブルク日帰り<ミュンヘン泊>
6/16(日)→ウィーン・ブラチスラヴァ日帰り<ウィーン泊>
■6/17(月)ウィーン市内観光     <ウィーン泊>
6/18(火)→リンツ        <リンツ泊>
6/19(水)→ミュンヘン      <ミュンヘン泊>
6/20(木)            <ミュンヘン泊>
6/21(金)            <ミュンヘン泊>
6/22(土)→レーゲンスブルク   <レーゲンスブルク泊>
6/23(日)→帰国
6/24(月)日本着

旅行の満足度
4.0
同行者
一人旅
航空会社
ルフトハンザドイツ航空 ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 4日目<前半><br /><br />今日もここからスタートです。<br /><br />ひとり旅が始まって4日目ですが、実はかなり睡眠不足です(泣)<br /><br />朝早くの電車移動のある日は、寝過ごしたらアカン!と気にしてベッドに入るから、夜中に何度も何度も目が覚める…<br />目が覚めてもそのまま寝られれば何の問題もないのですが、寝付けない時には時間ばかりが過ぎてしまい、起きるには早すぎても、今から寝たらもうヤバい!って時間にベッドから出る、の繰り返し…<br /><br />この日は1日ウィーン観光なので、少しゆっくり寝よう、と思っていたのですが、なんと朝4時半にお目覚めです(笑)<br />それから眠ることはできなかったけれど、しっかり体を休めることはできました。<br />

    4日目<前半>

    今日もここからスタートです。

    ひとり旅が始まって4日目ですが、実はかなり睡眠不足です(泣)

    朝早くの電車移動のある日は、寝過ごしたらアカン!と気にしてベッドに入るから、夜中に何度も何度も目が覚める…
    目が覚めてもそのまま寝られれば何の問題もないのですが、寝付けない時には時間ばかりが過ぎてしまい、起きるには早すぎても、今から寝たらもうヤバい!って時間にベッドから出る、の繰り返し…

    この日は1日ウィーン観光なので、少しゆっくり寝よう、と思っていたのですが、なんと朝4時半にお目覚めです(笑)
    それから眠ることはできなかったけれど、しっかり体を休めることはできました。

    ウィーン中央駅

  • 8時過ぎにホテルを出発し、まずは水を購入するために駅ナカのスーパーへ、そしてちょっとブラブラ。<br /><br />当たり前ですが、Mannerはどこへ行ってもたくさん並んでますね。

    8時過ぎにホテルを出発し、まずは水を購入するために駅ナカのスーパーへ、そしてちょっとブラブラ。

    当たり前ですが、Mannerはどこへ行ってもたくさん並んでますね。

  • こちらはモーツァルトクーゲル(モーツァルトのチョコレート)<br /><br />実は昨日、この日の朝食を買い忘れていまして…<br />食べ物ばかり目に入ります(笑)

    こちらはモーツァルトクーゲル(モーツァルトのチョコレート)

    実は昨日、この日の朝食を買い忘れていまして…
    食べ物ばかり目に入ります(笑)

  • さすが大都市の駅、大きな荷物を持った旅行者がたくさんです。

    さすが大都市の駅、大きな荷物を持った旅行者がたくさんです。

    ウィーン中央駅

  • ウィーンHbfの西出口に来てみました。<br /><br /><br /><br />さあ、いよいよ街歩き開始です。<br /><br />まず、デイチケットを購入しようと、券売機に並びました。<br />前の人はÖBBのベストを着た係の男性から教えてもらいながら、無事切符を買ったようです。<br /><br />私の順番が来た時、(多分)ドイツ語で「どんな切符を買いますか?」と聞かれたので、メモ帳に書いておいた「1 Tag WEIN(1日乗車券)」という文字を指差しました。<br />すると、「この券売機で買うと€8だけど、WEBで買うと€5.8だよ」と、教えてくれました。<br />ワタシ何度も言いますがドイツ語が全く分からない…<br />ですが、「マシーン・8ユーロ、WEB・5.8ユーロ」とそこだけわかったのでじゅうぶんです(笑)<br /><br />そこでÖBBのアプリをスマホで表示すると、丁寧に教えてくれました。そして、クレジット決済をする間も横を向いて(入力内容を見ないように)、ずっと待っていて下さり、スマホでチケットが表示されるのを確認して、また次の旅行者の質問に答えていらっしゃいました。親切な駅員さんに感謝、感謝です。<br /><br />事前調べによると、市内フリーパスは「24時間フリーパス(€8)」と「1日乗車券(€5.8)」があるとのこと。<br />きっと、1日乗車券は駅の券売機では買えないのね…  と解釈しましたが、それが正解なのかは未だわかりませんが、どちらにしてもアプリで購入できたので問題ナシでした。<br />

    ウィーンHbfの西出口に来てみました。



    さあ、いよいよ街歩き開始です。

    まず、デイチケットを購入しようと、券売機に並びました。
    前の人はÖBBのベストを着た係の男性から教えてもらいながら、無事切符を買ったようです。

    私の順番が来た時、(多分)ドイツ語で「どんな切符を買いますか?」と聞かれたので、メモ帳に書いておいた「1 Tag WEIN(1日乗車券)」という文字を指差しました。
    すると、「この券売機で買うと€8だけど、WEBで買うと€5.8だよ」と、教えてくれました。
    ワタシ何度も言いますがドイツ語が全く分からない…
    ですが、「マシーン・8ユーロ、WEB・5.8ユーロ」とそこだけわかったのでじゅうぶんです(笑)

    そこでÖBBのアプリをスマホで表示すると、丁寧に教えてくれました。そして、クレジット決済をする間も横を向いて(入力内容を見ないように)、ずっと待っていて下さり、スマホでチケットが表示されるのを確認して、また次の旅行者の質問に答えていらっしゃいました。親切な駅員さんに感謝、感謝です。

    事前調べによると、市内フリーパスは「24時間フリーパス(€8)」と「1日乗車券(€5.8)」があるとのこと。
    きっと、1日乗車券は駅の券売機では買えないのね…  と解釈しましたが、それが正解なのかは未だわかりませんが、どちらにしてもアプリで購入できたので問題ナシでした。

  • 無事、1日券をゲットし、地下鉄に乗ってシュテファンスプラッツへ向かいます。<br />

    無事、1日券をゲットし、地下鉄に乗ってシュテファンスプラッツへ向かいます。

  • シュテファンスプラッツ駅に到着し、地上に出るとシュテファン寺院が目に飛び込んできました。<br />残念ながらワタシ的には、イタリア・ミラノのデュオーモほどの感動はありませんでしたが、それでもドドドーーーーーンと存在感大です。<br /><br />周りのショップの開店準備時間帯なので、荷物を運んできた車が後を絶ちません。<br /><br />早速中へ入ってみました。<br />この日は遠足?社会見学?わかりませんが、小学生低学年くらいのグループがたくさん見学に来ていました。<br /><br /><br />

    シュテファンスプラッツ駅に到着し、地上に出るとシュテファン寺院が目に飛び込んできました。
    残念ながらワタシ的には、イタリア・ミラノのデュオーモほどの感動はありませんでしたが、それでもドドドーーーーーンと存在感大です。

    周りのショップの開店準備時間帯なので、荷物を運んできた車が後を絶ちません。

    早速中へ入ってみました。
    この日は遠足?社会見学?わかりませんが、小学生低学年くらいのグループがたくさん見学に来ていました。


    シュテファン大聖堂 寺院・教会

  • まずは教会の見学をする前に、オープンしたばかりの北塔にエレベーターで昇ってみることにしました。<br />チケット売り場に行ってみると、私の前に先ほどの小学生のグループが1グループ並んでいました。<br />10分くらい並んだ頃だったかと…<br />列が全く先に進まず、「9時過ぎてるのに、チケット売り場に係りの人がいないなんて、やっぱ日本人の感覚じゃないな…」とかひとり心の中で思っていたら、その小学生グループの先生が「ここで無駄な時間は過ごせない!」とばかりに、子供たちを連れて別の所へ行ってしまいました。<br />結局15分ほど待ち、やっと係のお兄さんからチケットを買って、待たされた訳が分かりました。<br />

    まずは教会の見学をする前に、オープンしたばかりの北塔にエレベーターで昇ってみることにしました。
    チケット売り場に行ってみると、私の前に先ほどの小学生のグループが1グループ並んでいました。
    10分くらい並んだ頃だったかと…
    列が全く先に進まず、「9時過ぎてるのに、チケット売り場に係りの人がいないなんて、やっぱ日本人の感覚じゃないな…」とかひとり心の中で思っていたら、その小学生グループの先生が「ここで無駄な時間は過ごせない!」とばかりに、子供たちを連れて別の所へ行ってしまいました。
    結局15分ほど待ち、やっと係のお兄さんからチケットを買って、待たされた訳が分かりました。

  • 写真中央右に見えるシルバーの扉がエレベーターの扉です。<br />そうなんです、このエレベーター定員が6名ほどの小さなもの、その上エレベーターと言っても半自動なんで、チケット売りのお兄さんがお客さんと一緒に上り下りし、その都度扉の開閉を手動でしないとダメなんです(笑)<br /><br />チケット売りの列がなかなか進まないのはそのせいです。納得、納得。<br /><br /><br />チケットを無事€6で買い、他のお客さんとお兄さんと一緒に塔の上まで上がりました。

    写真中央右に見えるシルバーの扉がエレベーターの扉です。
    そうなんです、このエレベーター定員が6名ほどの小さなもの、その上エレベーターと言っても半自動なんで、チケット売りのお兄さんがお客さんと一緒に上り下りし、その都度扉の開閉を手動でしないとダメなんです(笑)

    チケット売りの列がなかなか進まないのはそのせいです。納得、納得。


    チケットを無事€6で買い、他のお客さんとお兄さんと一緒に塔の上まで上がりました。

  • 塔の上でまず目にしたのは、すばらしいモザイクタイルの屋根です。<br />めちゃくちゃ細かい!<br /><br />オーストリアの国章とウィーン市の紋章が並んでいます。これ、23万枚ものタイルで作られているそうです。凄い!気が遠くなるような数ですね…<br /><br />

    塔の上でまず目にしたのは、すばらしいモザイクタイルの屋根です。
    めちゃくちゃ細かい!

    オーストリアの国章とウィーン市の紋章が並んでいます。これ、23万枚ものタイルで作られているそうです。凄い!気が遠くなるような数ですね…

  • 下をのぞくとこんな感じ。<br />北塔は高さ68mです。南塔(137m)もありこちらにも上れますが、こちらは343段の階段のみです。<br /><br />ちなみにこの南塔、寺院の塔としてはウルム大聖堂(161m)、ケルン大聖堂(157m)に次いで、世界で3番目だそうです。

    下をのぞくとこんな感じ。
    北塔は高さ68mです。南塔(137m)もありこちらにも上れますが、こちらは343段の階段のみです。

    ちなみにこの南塔、寺院の塔としてはウルム大聖堂(161m)、ケルン大聖堂(157m)に次いで、世界で3番目だそうです。

  • 向こうに見える白い2本の尖塔は、おそらくヴォティーフ教会だと思います。<br />左に見える緑の屋根はペーター教会です。

    向こうに見える白い2本の尖塔は、おそらくヴォティーフ教会だと思います。
    左に見える緑の屋根はペーター教会です。

  • 西側の眺望。

    西側の眺望。

  • 東側の眺望。

    東側の眺望。

  • 北塔の上に、大きな鐘がありました。

    北塔の上に、大きな鐘がありました。

  • 「プムメリン」と名付けられた鐘は、ヨーロッパで2番目に大きいそうです。<br />1683年オスマン・トルコのウィーン包囲で、トルコ軍が敗退した時に残していった大砲などの武器を溶かして鋳造したそうです。<br /><br /><br />

    「プムメリン」と名付けられた鐘は、ヨーロッパで2番目に大きいそうです。
    1683年オスマン・トルコのウィーン包囲で、トルコ軍が敗退した時に残していった大砲などの武器を溶かして鋳造したそうです。


  • この鐘は特別な時だけ鳴らされるそうです。<br />例えば、クリスマスや年末年始、またオーストリア大統領の国葬の時など。

    この鐘は特別な時だけ鳴らされるそうです。
    例えば、クリスマスや年末年始、またオーストリア大統領の国葬の時など。

  • 塔の上からウィーンを一望した後は、教会内の見学です。

    塔の上からウィーンを一望した後は、教会内の見学です。

  • 観光客や社会見学の子供達が、あちこちでガイドさんの説明を受けていました。

    観光客や社会見学の子供達が、あちこちでガイドさんの説明を受けていました。

  • 教会内は素晴らしい像やレリーフがたくさんです。<br />

    教会内は素晴らしい像やレリーフがたくさんです。

  • 「歯痛のキリスト」という名のキリスト像。面白い名前が付いてますね…

    「歯痛のキリスト」という名のキリスト像。面白い名前が付いてますね…

  • 教会には欠かせないパイプオルガン。

    教会には欠かせないパイプオルガン。

  • どこを見ても素晴らしい!

    どこを見ても素晴らしい!

  • なぜかこの絵が、スーーーっと心に入って来ました。

    なぜかこの絵が、スーーーっと心に入って来ました。

  • 中央の祭壇。<br />祭壇の近くにはツアーでないと入って行けません。

    中央の祭壇。
    祭壇の近くにはツアーでないと入って行けません。

  • とてもステキな教会には違いないのですが、あまりに人が多すぎて、正直ガッカリした部分もありました。

    とてもステキな教会には違いないのですが、あまりに人が多すぎて、正直ガッカリした部分もありました。

  • 朝食を食べていなかったのでお腹が空いてきました。<br />カフェ・デメルでちょっとスイーツでも…<br /><br />シュテファン寺院からデメルへ向かう途中、ペーター教会が見えてきました。

    朝食を食べていなかったのでお腹が空いてきました。
    カフェ・デメルでちょっとスイーツでも…

    シュテファン寺院からデメルへ向かう途中、ペーター教会が見えてきました。

  • 外壁には細かいレリーフがたくさんありました。<br />                                                                                                                               

    外壁には細かいレリーフがたくさんありました。
                                                                                                                                   

  • ペーター教会は、緑のドーム型屋根のこじんまりした外観です。

    ペーター教会は、緑のドーム型屋根のこじんまりした外観です。

  • デメルに到着!!<br /><br />まず店内のショーケースでケーキをオーダーすると、ケーキ名を書いたメモを渡されるので、席についてそのメモをウェイトレスに渡すシステムです。

    デメルに到着!!

    まず店内のショーケースでケーキをオーダーすると、ケーキ名を書いたメモを渡されるので、席についてそのメモをウェイトレスに渡すシステムです。

    デメル カフェ

  • さてドリンクは何にしよっかな…

    さてドリンクは何にしよっかな…

  • カフェラテとモーツァルトケーキをオーダーしました。<br /><br />ここはザッハトツテを食べなきゃ!と思いましたが、朝食抜きなので重たいチョコレートケーキはちょっとキツイな…と。<br /><br />でもモーツァルトケーキをオーダーして正解でした。チョコの風味はしっかりしていましたが、そこまでべったりと甘くなくてとっても美味しかったーーー?<br /><br />

    カフェラテとモーツァルトケーキをオーダーしました。

    ここはザッハトツテを食べなきゃ!と思いましたが、朝食抜きなので重たいチョコレートケーキはちょっとキツイな…と。

    でもモーツァルトケーキをオーダーして正解でした。チョコの風味はしっかりしていましたが、そこまでべったりと甘くなくてとっても美味しかったーーー?

  • 店の奥にはガラス張りの厨房があります。

    店の奥にはガラス張りの厨房があります。

  • デメルの前には、モーツァルトクーゲルなどを売っているお店がありました。<br />

    デメルの前には、モーツァルトクーゲルなどを売っているお店がありました。

  • ミヒャエル広場からの王宮

    ミヒャエル広場からの王宮

    ミヒャエル広場 広場・公園

  • ミヒャエル教会

    ミヒャエル教会

  • 豪華な正面祭壇。

    豪華な正面祭壇。

    聖ミヒャエル教会 寺院・教会

  • ミヒャエル広場の人の多さに比べて、教会見学に入ってくる人は少ない印象です。<br /><br />個人的には、シュテファン寺院よりこちらの方がとても落ち着いてて好きだなーー。

    ミヒャエル広場の人の多さに比べて、教会見学に入ってくる人は少ない印象です。

    個人的には、シュテファン寺院よりこちらの方がとても落ち着いてて好きだなーー。

  • 十字架を抱えた天使たち

    十字架を抱えた天使たち

  • パイプオルガンの飾りはとても細かい装飾です。

    パイプオルガンの飾りはとても細かい装飾です。

  • ペスト記念柱<br /><br />グラーベン通りにあるぺスト記念柱<br /><br />ヨーロッパのあらゆる場所に建てられているペスト記念柱ですが、ここウィーンでは、1679年にペストが猛威を振るい、その終息を記念してマリア・テレジアの祖父であるレオポルド1世によって建てられました。(現在の姿になったのは1693年)<br /><br />

    ペスト記念柱

    グラーベン通りにあるぺスト記念柱

    ヨーロッパのあらゆる場所に建てられているペスト記念柱ですが、ここウィーンでは、1679年にペストが猛威を振るい、その終息を記念してマリア・テレジアの祖父であるレオポルド1世によって建てられました。(現在の姿になったのは1693年)

    ペスト記念塔 建造物

  • ペスト記念柱

    ペスト記念柱

  • グラーベン通りはたくさんの観光客が行きかっています。

    グラーベン通りはたくさんの観光客が行きかっています。

  • グラーベン通りからの路地。

    グラーベン通りからの路地。

  • グラーベン通りから少し戻って、ペーター教会へ行ってみました。<br /><br />天蓋に描かれたロットマイヤーのフレスコ画「聖母マリアの被昇天」<br /><br /><br />

    グラーベン通りから少し戻って、ペーター教会へ行ってみました。

    天蓋に描かれたロットマイヤーのフレスコ画「聖母マリアの被昇天」


    ペーター教会 寺院・教会

  • 絵の繊細さに感動です。<br /><br />必見!とガイドブックに載っていることに納得!!

    絵の繊細さに感動です。

    必見!とガイドブックに載っていることに納得!!

  • 教会内360°どこを見ても、言葉では言い表せない程の素晴らしい装飾です。

    教会内360°どこを見ても、言葉では言い表せない程の素晴らしい装飾です。

  • たくさんの像、レリーフ、絵画が溢れています。

    たくさんの像、レリーフ、絵画が溢れています。

  • ハプスブルク家の双頭鷲の紋章。

    ハプスブルク家の双頭鷲の紋章。

  • 平面の壁画の回りにはたくさんの像や装飾。これらが立体感をかもし出し、より豪華に見えます。

    平面の壁画の回りにはたくさんの像や装飾。これらが立体感をかもし出し、より豪華に見えます。

  • 思わず息をのむほどの煌びやかさ。

    思わず息をのむほどの煌びやかさ。

  • あんなところにも天使が。

    あんなところにも天使が。

  • とても厳かな雰囲気です。

    とても厳かな雰囲気です。

  • 教会を出るとちょうど、観光客を乗せた馬車が目の前を過ぎて行きました。<br /><br /><br />ー後半に続きますー

    教会を出るとちょうど、観光客を乗せた馬車が目の前を過ぎて行きました。


    ー後半に続きますー

44いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 440円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集