身延旅行記(ブログ) 一覧に戻る
山梨の身延山と三嶋大社へ枝垂れ桜を見に行ってきました。<br />どちらも毎年、かかさず初詣へ参拝しているのですが桜の時期に行くのは久々です。

2019.3 満開の桜を訪ねて~身延山久遠寺と三嶋大社の枝垂れ桜

121いいね!

2019/03/30 - 2019/03/30

7位(同エリア214件中)

旅行記グループ 満開の桜を訪ねて

2

33

+mo2

+mo2さん

この旅行記のスケジュール

2019/03/30

山梨の身延山と三嶋大社へ枝垂れ桜を見に行ってきました。
どちらも毎年、かかさず初詣へ参拝しているのですが桜の時期に行くのは久々です。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6時半に自宅を出て、8時前に身延山久遠寺の駐車場に到着。観桜期は9時以降交通規制が実施されますので早くでました。

    6時半に自宅を出て、8時前に身延山久遠寺の駐車場に到着。観桜期は9時以降交通規制が実施されますので早くでました。

    身延山久遠寺 寺・神社

  • 毎年初詣に参拝している身延山ですが、桜の時期に来るのは6年ぶりになります。

    毎年初詣に参拝している身延山ですが、桜の時期に来るのは6年ぶりになります。

  • 報恩閣前の樹齢約400年の枝垂れ桜と祖師堂。身延山の枝垂れ桜が紹介されるときのお決まりの構図です。

    報恩閣前の樹齢約400年の枝垂れ桜と祖師堂。身延山の枝垂れ桜が紹介されるときのお決まりの構図です。

  • こちらも見事な枝垂れ桜です。<br />

    こちらも見事な枝垂れ桜です。

  • シャワーのように降り注ぐ枝垂れ桜。

    シャワーのように降り注ぐ枝垂れ桜。

  • 身延山の桜は全国しだれ桜10選に選ばれているということでネットで検索してみましたが、しだれ桜10選や15選、20選など色々あり三大桜ほどしっかり決まったものではないようです(笑)

    身延山の桜は全国しだれ桜10選に選ばれているということでネットで検索してみましたが、しだれ桜10選や15選、20選など色々あり三大桜ほどしっかり決まったものではないようです(笑)

  • 客殿前の枝垂れ桜、こちらも樹齢約400年。

    客殿前の枝垂れ桜、こちらも樹齢約400年。

  • 日蓮宗の総本山久遠寺の伽藍は、明治8年の大火で焼失していますが、こちらの桜の木は大火のなか生き残ったのでしょうか。

    日蓮宗の総本山久遠寺の伽藍は、明治8年の大火で焼失していますが、こちらの桜の木は大火のなか生き残ったのでしょうか。

  • 可憐な花。

    可憐な花。

  • こちらの枝垂れは、濃いピンクです。

    こちらの枝垂れは、濃いピンクです。

  • 平成21年に完成(復元)された五重塔と桜。

    平成21年に完成(復元)された五重塔と桜。

  • 淡いピンクの枝垂れ桜の花。

    淡いピンクの枝垂れ桜の花。

  • 身延山境内から見える塔頭、宿坊が軒を連ねる西谷の里の桜。次はそちらへ向かいます。

    身延山境内から見える塔頭、宿坊が軒を連ねる西谷の里の桜。次はそちらへ向かいます。

  • 北之坊の枝垂れ桜、こちらも樹齢400年以上になるそうです。

    北之坊の枝垂れ桜、こちらも樹齢400年以上になるそうです。

  • 桜の西谷を歩いて廻ります・・・

    桜の西谷を歩いて廻ります・・・

  • 同じ枝垂れ桜でも色の濃さが様々です。

    同じ枝垂れ桜でも色の濃さが様々です。

  • 赤とピンクの花、淡いピンクの桜とのコントラスト・・・

    赤とピンクの花、淡いピンクの桜とのコントラスト・・・

  • 午前中9時頃ですが、土曜日にもかかわらず人は少なめでゆっくり見ることができました。

    午前中9時頃ですが、土曜日にもかかわらず人は少なめでゆっくり見ることができました。

  • 麓坊からの枝垂れ桜

    麓坊からの枝垂れ桜

  • 身延川沿いの桜

    身延川沿いの桜

  • こちらはややピンクが強い。

    こちらはややピンクが強い。

  • 枝垂れ桜越しに見える常唱殿。

    枝垂れ桜越しに見える常唱殿。

  • 納骨塔前の見事な枝垂れ桜。こちらの祖廟(日蓮聖人の墓所と草庵跡)方面は人も少なく凛とした空気が張り詰めています。

    納骨塔前の見事な枝垂れ桜。こちらの祖廟(日蓮聖人の墓所と草庵跡)方面は人も少なく凛とした空気が張り詰めています。

  • 午後からは伊豆国一宮の三嶋大社へ<br />こちらも枝垂れ桜が有名です。

    午後からは伊豆国一宮の三嶋大社へ
    こちらも枝垂れ桜が有名です。

  • 大鳥居と総門の間の参道の両側に神池がありますが、周囲に枝垂れ桜が植えられており、ほぼ満開をむかえていました。

    大鳥居と総門の間の参道の両側に神池がありますが、周囲に枝垂れ桜が植えられており、ほぼ満開をむかえていました。

  • 地元の一宮でありこちらへも毎年初詣に参拝していますが、桜の時期に来るのは三島勤務時以来の6年ぶりになります。

    地元の一宮でありこちらへも毎年初詣に参拝していますが、桜の時期に来るのは三島勤務時以来の6年ぶりになります。

  • 神池参道沿いの桜

    神池参道沿いの桜

  • たくさんの鯉や鴨などが泳ぐ神池ですが、かつてはたくさんの鰻が生息しており、耳のある鰻もいたことから、鰻を三嶋大社の使者と崇められ社地内での捕獲は固く禁じらていたそうです。時は流れて時代は明治維新。薩摩、長州の兵隊達が三島に宿泊した時、言い伝えを知らない兵士が争って鰻を捕まえて食べてしまった。それを見ていた三島の人々は何の神罰も当たらないと知り、三島の人々も食べるようになり、現在の三島は鰻の街となっています。

    たくさんの鯉や鴨などが泳ぐ神池ですが、かつてはたくさんの鰻が生息しており、耳のある鰻もいたことから、鰻を三嶋大社の使者と崇められ社地内での捕獲は固く禁じらていたそうです。時は流れて時代は明治維新。薩摩、長州の兵隊達が三島に宿泊した時、言い伝えを知らない兵士が争って鰻を捕まえて食べてしまった。それを見ていた三島の人々は何の神罰も当たらないと知り、三島の人々も食べるようになり、現在の三島は鰻の街となっています。

  • 大鳥居から見て左側の神池には厳島神社があります。

    大鳥居から見て左側の神池には厳島神社があります。

  • 参道の桜も満開に近くなっています。

    参道の桜も満開に近くなっています。

  • 拝殿

    拝殿

    三嶋大社 寺・神社

    地元の一宮 by +mo2さん
  • こちらは真っ白な桜

    こちらは真っ白な桜

  • 桜を満喫した一日でした。

    桜を満喫した一日でした。

この旅行記のタグ

関連タグ

121いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 吉備津彦さん 2019/04/07 11:01:11
    素敵なしだれ桜、素晴らしい。
    やはり春は桜ですね。私は曹源寺(岡山藩藩主池田家菩提寺)のしだれ桜を観に行ったら見事な葉桜でした。岡山空港近くの石妻地区の一本桜を観に行けばこちらはつぼみ、撃沈続きです。

    +mo2

    +mo2さん からの返信 2019/04/09 06:48:55
    RE: 素敵なしだれ桜、素晴らしい。
    吉備津彦様

    桜は美しいですが、本当にタイミング難しいですね。満開の時期は短く雨が降ったりすれば見に行けませんし、毎年何処の桜を見に行くか悩んでいます。先日は岐阜まで足を伸ばし、日本三大桜の1つ根尾谷淡墨桜をみてきました。樹齢1500年を超える桜は感動的でした。

    +mo2

+mo2さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

身延の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集