上海旅行記(ブログ) 一覧に戻る
【 旅費も その都度 公開!】<br />行きだけですが、セール価格で Peach の航空券がゲットできたので、13年ぶりの上海へ!<br /><br />1人旅で訪れるのは初めて。<br />羽田~上海は、行きも帰りも 深夜のフライトなので、現地には2泊しかしないものの、1日目の朝早くから 3日目の夜遅くまで、丸3日間の滞在。<br /><br />いつものように ツアーは利用しないので、移動はすべて公共交通機関。<br />列車の旅が好きな身としては、リニアや高速鉄道(日本で言う新幹線)にも ぜひ乗っておきたい。<br />宿も なるべく費用を抑えるべく、2泊とも 相部屋タイプのゲストハウス。<br /><br />ただ、心配なのは天気。<br />1日目は晴れそうだけど 徐々に下り坂。<br />2日目からは 雨予報になっているけど、とりあえず 行ってきます!

上海リニア&上海ヒルズ・地上474m からの眺め、そして 約40円の船旅☆Peach 深夜便で行く 上海ひとり旅 その1

20いいね!

2018/05/24 - 2018/05/26

1676位(同エリア11624件中)

旅行記グループ 海外ひとり旅

0

65

うっちゃん

うっちゃんさん

【 旅費も その都度 公開!】
行きだけですが、セール価格で Peach の航空券がゲットできたので、13年ぶりの上海へ!

1人旅で訪れるのは初めて。
羽田~上海は、行きも帰りも 深夜のフライトなので、現地には2泊しかしないものの、1日目の朝早くから 3日目の夜遅くまで、丸3日間の滞在。

いつものように ツアーは利用しないので、移動はすべて公共交通機関。
列車の旅が好きな身としては、リニアや高速鉄道(日本で言う新幹線)にも ぜひ乗っておきたい。
宿も なるべく費用を抑えるべく、2泊とも 相部屋タイプのゲストハウス。

ただ、心配なのは天気。
1日目は晴れそうだけど 徐々に下り坂。
2日目からは 雨予報になっているけど、とりあえず 行ってきます!

同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩 飛行機
航空会社
ピーチ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 終電間際の列車にて 羽田空港入り。<br />この時間の空港は、人の数も少なく、動きもあまりないから、ひっそりとしている。<br />この落ち着いた雰囲気が意外と好きだな。

    終電間際の列車にて 羽田空港入り。
    この時間の空港は、人の数も少なく、動きもあまりないから、ひっそりとしている。
    この落ち着いた雰囲気が意外と好きだな。

    江戸小路(羽田空港第3ターミナル) ショッピングモール

  • 江戸時代の街並みを再現した「江戸小路」のお店も ほとんどが閉店してしまっていて、こちらも人通りはほとんどない。

    江戸時代の街並みを再現した「江戸小路」のお店も ほとんどが閉店してしまっていて、こちらも人通りはほとんどない。

  • 「旅立ちは 昔も今も 日本橋」<br />という事で、日本橋を再現した “はねだ日本橋” なるスポットもあります!

    「旅立ちは 昔も今も 日本橋」
    という事で、日本橋を再現した “はねだ日本橋” なるスポットもあります!

  • 落ち着いて寝るなら「はねだ日本橋」の下がうってつけ。<br />ただ、競争率は激しそうで、既に満席。<br />そもそも 2時台の便での出発なので、空港で 眠っている時間はない。<br /><br />2:45東京(羽田) → MM899便 → 5:00上海(浦東)

    落ち着いて寝るなら「はねだ日本橋」の下がうってつけ。
    ただ、競争率は激しそうで、既に満席。
    そもそも 2時台の便での出発なので、空港で 眠っている時間はない。

    2:45東京(羽田) → MM899便 → 5:00上海(浦東)

  • 順調に 上海の「浦東国際空港」に到着!<br />【 航空券代 8200円 :この旅の出費 合計8200円 】<br /><br />驚いたのは、あらかじめ セルフの機械で指紋を採取した後に 列に並び、入国審査を受ける点。<br /><br />日本より進んでいる気がしたけど、入国審査官の前でも あらためて指紋採取。<br />あれ!?<br />運用が始まったばかりだからかな?

    順調に 上海の「浦東国際空港」に到着!
    【 航空券代 8200円 :この旅の出費 合計8200円 】

    驚いたのは、あらかじめ セルフの機械で指紋を採取した後に 列に並び、入国審査を受ける点。

    日本より進んでいる気がしたけど、入国審査官の前でも あらためて指紋採取。
    あれ!?
    運用が始まったばかりだからかな?

    上海浦東国際空港 (PVG) 空港

  • まずは、一度 乗ってみたかった上海リニア!<br /><br />「磁浮」というのが リニアの事で、なるほど!って感じ。<br />中国では、リニアと言わずに Maglev(マグレブ)と言うみたい。

    まずは、一度 乗ってみたかった上海リニア!

    「磁浮」というのが リニアの事で、なるほど!って感じ。
    中国では、リニアと言わずに Maglev(マグレブ)と言うみたい。

  • まだ 朝の6時すぎ。<br />リニアの1番列車は 7:02。<br />朝食を食べるなら、まさに今でしょ!って事で、途中にあったフードコートに立ち寄ってみる♪<br /><br />こんな時間から 大半の店が開いているとは!<br />その中から選んだのは「真功夫」<br />中国を代表するファーストフード店らしい。

    まだ 朝の6時すぎ。
    リニアの1番列車は 7:02。
    朝食を食べるなら、まさに今でしょ!って事で、途中にあったフードコートに立ち寄ってみる♪

    こんな時間から 大半の店が開いているとは!
    その中から選んだのは「真功夫」
    中国を代表するファーストフード店らしい。

  • 肉まんのような「猪肉玉米包」7元に、<br />焼きそばのような「新鮮香肉醤蒸米粉」10元。<br />合わせて 日本円で328円くらい。<br />味は普通でした。<br />【 食事代 約328円:合計8528円 】

    肉まんのような「猪肉玉米包」7元に、
    焼きそばのような「新鮮香肉醤蒸米粉」10元。
    合わせて 日本円で328円くらい。
    味は普通でした。
    【 食事代 約328円:合計8528円 】

  • 6:40、リニアのチケット売場がオープン。<br />時間ピッタリに窓口が開いた事に まず驚いた。<br />日本なら当たり前の事だけど。<br /><br />自動券売機は見当たらないので、乗車券は窓口で購入するしかないみたい。<br />それで 間に合ってしまうくらい お客の数は少ないって事。

    6:40、リニアのチケット売場がオープン。
    時間ピッタリに窓口が開いた事に まず驚いた。
    日本なら当たり前の事だけど。

    自動券売機は見当たらないので、乗車券は窓口で購入するしかないみたい。
    それで 間に合ってしまうくらい お客の数は少ないって事。

  • 中国では、鉄道に乗る際も セキュリティチェックがあって、リニアも例外ではありません。

    中国では、鉄道に乗る際も セキュリティチェックがあって、リニアも例外ではありません。

  • このカードをかざして 自動改札機を通ります。<br /><br />窓口で 当日の航空券を提示すると、10元安くなって 片道40元で乗車する事ができます☆<br />【 交通費 約772円:合計9300円 】<br /><br />いよいよ、日本では まだ体験できない 時速430kmの世界へ!<br />と、いきたいとこでしたが・・

    このカードをかざして 自動改札機を通ります。

    窓口で 当日の航空券を提示すると、10元安くなって 片道40元で乗車する事ができます☆
    【 交通費 約772円:合計9300円 】

    いよいよ、日本では まだ体験できない 時速430kmの世界へ!
    と、いきたいとこでしたが・・

  • 時速430km まで速度を出すのは、<br />空港を 9:02~1047 と15:02~15:47 の間に発車する便のみ。<br />大半は 時速300km 止まり。

    時速430km まで速度を出すのは、
    空港を 9:02~1047 と15:02~15:47 の間に発車する便のみ。
    大半は 時速300km 止まり。

  • ここから さらに2時間、空港にいるのも勿体ないので、430km体験は またの機会に!<br /><br />時速300km止まりの 本日の一番列車にて、上海の市街地方面へ!

    ここから さらに2時間、空港にいるのも勿体ないので、430km体験は またの機会に!

    時速300km止まりの 本日の一番列車にて、上海の市街地方面へ!

  • 通路を挟んで、 3列シートが並ぶ客室。<br />早朝だからなのか、高い運賃が災いしてか、車内はガラガラ。

    通路を挟んで、 3列シートが並ぶ客室。
    早朝だからなのか、高い運賃が災いしてか、車内はガラガラ。

  • 上海リニアは 端から端まで わずか30km。<br />途中駅はなく、浦東空港を出ると 次は終点の「龍陽路駅」<br />地下鉄なら 6元で移動できてしまうところ、リニアは 所要時間7分とは言え、運賃は40~50元。<br />多少時間がかかっても、地下鉄を利用する人は多いかも。

    上海リニアは 端から端まで わずか30km。
    途中駅はなく、浦東空港を出ると 次は終点の「龍陽路駅」
    地下鉄なら 6元で移動できてしまうところ、リニアは 所要時間7分とは言え、運賃は40~50元。
    多少時間がかかっても、地下鉄を利用する人は多いかも。

  • 通路の上には、現在の速度が表示される。<br />ちゃんと 300km で頭打ちとなった。

    通路の上には、現在の速度が表示される。
    ちゃんと 300km で頭打ちとなった。

  • 仮に 時速430km まで出したとしても、乗車時間は わずか7分。<br />すぐに減速となってしまうらしい。

    仮に 時速430km まで出したとしても、乗車時間は わずか7分。
    すぐに減速となってしまうらしい。

  • 日本で開業予定のリニアとは 構造が違うみたいで、常にゴオォと走行音がある状態でした。<br />最高速度も 時速300km止まりだったし、新幹線とほとんど変わらない感じかな。<br />ですが、トンネルはないので、常に外の景色が楽しめる点は good!<br /> 時速430kmの世界も体験したい。

    日本で開業予定のリニアとは 構造が違うみたいで、常にゴオォと走行音がある状態でした。
    最高速度も 時速300km止まりだったし、新幹線とほとんど変わらない感じかな。
    ですが、トンネルはないので、常に外の景色が楽しめる点は good!
    時速430kmの世界も体験したい。

  • 7:02に空港を出発して、7:10には 終点の「龍陽路駅」に到着。<br />上海の市街地へ行くには、ここから 地下鉄2号線に乗り換える必要がある。<br />

    7:02に空港を出発して、7:10には 終点の「龍陽路駅」に到着。
    上海の市街地へ行くには、ここから 地下鉄2号線に乗り換える必要がある。

    龍陽路駅

  • 日本の Suica や PASMO のような チャージ式のIC乗車券「上海公共交通カード」を購入し、地下鉄に乗車。<br /><br />カード代として20元【 約386円:合計9686円 】<br />80元のお釣りをもらうつもりで 100元札を渡したら、80元チャージされたカードを渡されました。<br />もちろん お釣りはなし。 <br />何言ってるのか よくわからなかったけど、適当に返事しちゃったからね。<br /><br />地下鉄の初乗り運賃は3元。<br />80元も使わないだろうな・・

    日本の Suica や PASMO のような チャージ式のIC乗車券「上海公共交通カード」を購入し、地下鉄に乗車。

    カード代として20元【 約386円:合計9686円 】
    80元のお釣りをもらうつもりで 100元札を渡したら、80元チャージされたカードを渡されました。
    もちろん お釣りはなし。 
    何言ってるのか よくわからなかったけど、適当に返事しちゃったからね。

    地下鉄の初乗り運賃は3元。
    80元も使わないだろうな・・

  • つり革がこっちを見てる・・<br />しかも ちょっと怒ってる。<br />さすが 監視社会(笑)<br /><br />「龍陽路駅」から 虹橋方面へ5駅目「陸家嘴駅」で下車。<br />運賃は4元【 約77円:合計9763円】

    つり革がこっちを見てる・・
    しかも ちょっと怒ってる。
    さすが 監視社会(笑)

    「龍陽路駅」から 虹橋方面へ5駅目「陸家嘴駅」で下車。
    運賃は4元【 約77円:合計9763円】

  • 陸家嘴駅は、高層ビルが建ち並ぶ 上海のウォールストリート “浦東地区” の最寄り駅。<br /><br />地上へ出ると、まず 目に飛び込んできたのは、奇抜な形をした 近代的な高層ビルの数々。

    陸家嘴駅は、高層ビルが建ち並ぶ 上海のウォールストリート “浦東地区” の最寄り駅。

    地上へ出ると、まず 目に飛び込んできたのは、奇抜な形をした 近代的な高層ビルの数々。

  • 上海の象徴的存在の1つ「東方明珠塔」のあるのも このエリア。

    上海の象徴的存在の1つ「東方明珠塔」のあるのも このエリア。

  • 中国とは思えない 近代的な光景が広がっている。<br /><br />東方明珠塔の展望台には、2005年のピースボートクルーズのツアー内で訪れた事があるので・・

    中国とは思えない 近代的な光景が広がっている。

    東方明珠塔の展望台には、2005年のピースボートクルーズのツアー内で訪れた事があるので・・

  • 今回は、さらに高い場所から上海の街を見下ろすべく、地上492mに展望台を構える「上海環球金融中心 」通称 上海ヒルズへ☆<br /><br />展望台へのエントランスを探して、高層ビル内に入るも、なかなか それらしき場所が見つからない。

    今回は、さらに高い場所から上海の街を見下ろすべく、地上492mに展望台を構える「上海環球金融中心 」通称 上海ヒルズへ☆

    展望台へのエントランスを探して、高層ビル内に入るも、なかなか それらしき場所が見つからない。

    上海環球金融中心 (上海ワールドフィナンシャルセンター) 建造物

  • エスカレーターで地下へと下りてみると・・

    エスカレーターで地下へと下りてみると・・

  • 結構な広さのフードコートが!<br />朝の8時すぎだというのに この賑わい。<br />周辺のオフィスなどで働いている方達なのかな?

    結構な広さのフードコートが!
    朝の8時すぎだというのに この賑わい。
    周辺のオフィスなどで働いている方達なのかな?

  • なかなか見つからないと思ったら、高層ビル内ではなく、脇にある「観光庁入口」と表示された小さな建物が 展望台への入口。<br />このビルの目玉とも言える観光スポットへの入口が なぜこんな地味な所に!?<br /><br />展望台は 9時からの営業みたいで、まだ時間がある。<br />もう少し 周辺をブラブラしてみる。

    なかなか見つからないと思ったら、高層ビル内ではなく、脇にある「観光庁入口」と表示された小さな建物が 展望台への入口。
    このビルの目玉とも言える観光スポットへの入口が なぜこんな地味な所に!?

    展望台は 9時からの営業みたいで、まだ時間がある。
    もう少し 周辺をブラブラしてみる。

  • 上海市街を流れる「黄江河」に出ました。<br /><br />上海の中心は この川の向こう側。

    上海市街を流れる「黄江河」に出ました。

    上海の中心は この川の向こう側。

  • 川沿いは広場になっていて、喫茶店もあります。

    川沿いは広場になっていて、喫茶店もあります。

  • これだけの都市にもかかわらず、この辺りには 橋がほとんどない。<br /><br />沢山の大型船が往来する川だからなのか、道路や鉄道は 地下を通っている。<br />そのような事情からか、この辺りでは 渡し船が運行されているけど、それは後ほど。

    これだけの都市にもかかわらず、この辺りには 橋がほとんどない。

    沢山の大型船が往来する川だからなのか、道路や鉄道は 地下を通っている。
    そのような事情からか、この辺りでは 渡し船が運行されているけど、それは後ほど。

  • 9時になったので、再び 上海ヒルズへ。<br /><br />こちらでも、厳重なセキュリティチェックがあり、それをパスすると、展望台への直通エレベーターへ。

    9時になったので、再び 上海ヒルズへ。

    こちらでも、厳重なセキュリティチェックがあり、それをパスすると、展望台への直通エレベーターへ。

    上海環球金融中心 (上海ワールドフィナンシャルセンター) 建造物

  • 展望台は、94階、97階、100階 に合計3ヶ所あって、エレベーターで行けるのは94Fまで。<br /><br />94階のみの入場なら120元ですが、100階まで行く場合は、なんと180元!<br />軽く3000円越え!!<br /><br />中国で この金額は、一般庶民が気軽に足を運べるスポットではない気がする。<br />なにせ、今夜 宿泊する宿代より はるかに高い。<br />【 入場料 約3157円:合計12920円】

    展望台は、94階、97階、100階 に合計3ヶ所あって、エレベーターで行けるのは94Fまで。

    94階のみの入場なら120元ですが、100階まで行く場合は、なんと180元!
    軽く3000円越え!!

    中国で この金額は、一般庶民が気軽に足を運べるスポットではない気がする。
    なにせ、今夜 宿泊する宿代より はるかに高い。
    【 入場料 約3157円:合計12920円】

  • 天気 そして 視界がとてもいいので、奮発して100階までやって来ましたよ!!<br />こちらが 地上474mの「スカイウォーク100」

    天気 そして 視界がとてもいいので、奮発して100階までやって来ましたよ!!
    こちらが 地上474mの「スカイウォーク100」

  • 高い入場料なだけあって、眺めは最高!!<br /><br />地上からだと はるか頭上を見上げる存在だった 高層ビル群や、あの東方明珠塔すら 眼下に見下ろす大パノラマ!

    イチオシ

    高い入場料なだけあって、眺めは最高!!

    地上からだと はるか頭上を見上げる存在だった 高層ビル群や、あの東方明珠塔すら 眼下に見下ろす大パノラマ!

  • こうやって見ると、やはり 圧倒的な存在感の「黄江河」<br />川幅も相当なもの。

    こうやって見ると、やはり 圧倒的な存在感の「黄江河」
    川幅も相当なもの。

  • 高層ビルや高級マンションがある傍ら、昔ながらの、日本で言う団地のような建物もズラリと建っているのがわかる。<br />しかも、オレンジ、赤、水色と、綺麗に色分けされている。

    高層ビルや高級マンションがある傍ら、昔ながらの、日本で言う団地のような建物もズラリと建っているのがわかる。
    しかも、オレンジ、赤、水色と、綺麗に色分けされている。

  • 高層展望台のお約束とも言える ガラス張りの床もあります☆<br />高層ビルなので、真下が見えないのは、ちょっと残念かなぁ。

    高層展望台のお約束とも言える ガラス張りの床もあります☆
    高層ビルなので、真下が見えないのは、ちょっと残念かなぁ。

  • 地上 約500m から 上海の街並みを見下ろした後は、高級マンションを横目に、黄江河沿いの道を歩いて行きます。

    地上 約500m から 上海の街並みを見下ろした後は、高級マンションを横目に、黄江河沿いの道を歩いて行きます。

  • しばらく進むと、フェリーターミナルが見えてきます。<br />黄江河を横断し、対岸へと向かう “渡し船” がここから出ています。<br /><br />運賃は わずか2元【 約39円:合計12959円】<br />観光用ではなく、現地の人達が移動手段として利用する船なので、日本人からすると格安!

    しばらく進むと、フェリーターミナルが見えてきます。
    黄江河を横断し、対岸へと向かう “渡し船” がここから出ています。

    運賃は わずか2元【 約39円:合計12959円】
    観光用ではなく、現地の人達が移動手段として利用する船なので、日本人からすると格安!

  • 自動改札機に「上海公共交通カード」をタッチし、先へと進むと すぐに桟橋があります。

    自動改札機に「上海公共交通カード」をタッチし、先へと進むと すぐに桟橋があります。

  • 「渡し船」と言っても、結構 立派な船です。

    「渡し船」と言っても、結構 立派な船です。

  • 船内には、わずかですが 座席もあります。

    船内には、わずかですが 座席もあります。

  • デッキにも沢山の人。<br />観光に来ている人は、やっぱり こっちですね!

    デッキにも沢山の人。
    観光に来ている人は、やっぱり こっちですね!

  • 上海環球金融中心や東方明珠塔のある 浦東地区を離れていきます。

    上海環球金融中心や東方明珠塔のある 浦東地区を離れていきます。

    黄浦江フェリー 船系

  • わずか2元 (40円弱) で、船旅気分♪<br /><br />対岸の、上海随一の観光スポット「外灘」までは10分程度。

    わずか2元 (40円弱) で、船旅気分♪

    対岸の、上海随一の観光スポット「外灘」までは10分程度。

  • 天気が良いせいか、テレビカメラでの撮影も行われています。<br />

    天気が良いせいか、テレビカメラでの撮影も行われています。

  • 「外灘」の街並みが近付いてきました!<br /><br />19世紀後半 から 20世紀前半にかけて建設された西洋式高層建築が建ち並ぶ 上海を代表する観光スポットです。

    「外灘」の街並みが近付いてきました!

    19世紀後半 から 20世紀前半にかけて建設された西洋式高層建築が建ち並ぶ 上海を代表する観光スポットです。

  • わずか2元の船旅を終え、対岸の「外灘」に到着!

    わずか2元の船旅を終え、対岸の「外灘」に到着!

    外灘 (バンド) 散歩・街歩き

  • よく、上海の街並みの象徴として紹介される “あの風景” が見れるのがココ。<br />

    イチオシ

    よく、上海の街並みの象徴として紹介される “あの風景” が見れるのがココ。

  • まるでヨーロッパに来たような街並み。

    まるでヨーロッパに来たような街並み。

  • 以前、夜に車窓から眺めた際、ライトアップが素晴らしかった記憶がある。

    以前、夜に車窓から眺めた際、ライトアップが素晴らしかった記憶がある。

  • ここからは徒歩で、昔ながらの街並みが残る 住宅街へと進んでいきます。

    ここからは徒歩で、昔ながらの街並みが残る 住宅街へと進んでいきます。

  • 裏通りへ入ると、車よりもバイクの方が目立つ。<br />大半の人がノーヘル。

    裏通りへ入ると、車よりもバイクの方が目立つ。
    大半の人がノーヘル。

  • 生活感が漂うエリアに入ってきました。<br /><br />浦東地区とは ガラリと雰囲気が変わって 「外灘」の西側には、昔ながらの街並みが今も健在。

    生活感が漂うエリアに入ってきました。

    浦東地区とは ガラリと雰囲気が変わって 「外灘」の西側には、昔ながらの街並みが今も健在。

  • 頭上に洗濯物! <br />窓からは物干し竿が飛び出している。

    頭上に洗濯物! 
    窓からは物干し竿が飛び出している。

  • ベランダも庭もないくらい 建物が密集する住宅街では、こうするしかない。<br />限られた空間を有効活用してる様子が伺えます。

    ベランダも庭もないくらい 建物が密集する住宅街では、こうするしかない。
    限られた空間を有効活用してる様子が伺えます。

  • こういう場所は、ツアーで訪れる事は まずないですよね。

    こういう場所は、ツアーで訪れる事は まずないですよね。

  • 人民路と言う大通りへと出ると、観光スポットらしき建物の前で、同じく 1人旅をしていそうな方から 写真撮影をお願いされる。<br />それをキッカケに会話が始まるのだが、やがて 近くのお茶のお店に一緒に行こうと誘ってくる。<br /><br />今、来た道を引き返す形になるし、お茶してる時間はないし、やたら それにこだわるので 怪しく思い、お断りしました。<br /><br />どうやら、この付近でよくある手口みたいで、あのまま付いて行くと、グルになっている店に連れて行かれ、高額な料金を請求されるというオチになるらしい。<br /><br />気を取り直して、そろそろ お昼ご飯が食べたい。

    人民路と言う大通りへと出ると、観光スポットらしき建物の前で、同じく 1人旅をしていそうな方から 写真撮影をお願いされる。
    それをキッカケに会話が始まるのだが、やがて 近くのお茶のお店に一緒に行こうと誘ってくる。

    今、来た道を引き返す形になるし、お茶してる時間はないし、やたら それにこだわるので 怪しく思い、お断りしました。

    どうやら、この付近でよくある手口みたいで、あのまま付いて行くと、グルになっている店に連れて行かれ、高額な料金を請求されるというオチになるらしい。

    気を取り直して、そろそろ お昼ご飯が食べたい。

  • 現地の人が利用するような 中華料理店を発見!<br />お昼時とあり、ほとんどの席がお客で埋まっている。<br /><br />相席当たり前みたいな雰囲気で、逆に1人でも目立たない。<br />むしろ、1人の方が 1つでも席が空けばOKだから、利用しやすい!<br />ここに決めた!<br /><br />朝が麺類だったので、牛肉チャーハンを注文。

    現地の人が利用するような 中華料理店を発見!
    お昼時とあり、ほとんどの席がお客で埋まっている。

    相席当たり前みたいな雰囲気で、逆に1人でも目立たない。
    むしろ、1人の方が 1つでも席が空けばOKだから、利用しやすい!
    ここに決めた!

    朝が麺類だったので、牛肉チャーハンを注文。

  • かなりのボリューム!<br />具もそれなりに入っているし、ラーメンに使用しているスープも付いて13元【  約251円:合計13210円】<br />やっぱり 庶民が利用する店はリーズナブル!

    かなりのボリューム!
    具もそれなりに入っているし、ラーメンに使用しているスープも付いて13元【 約251円:合計13210円】
    やっぱり 庶民が利用する店はリーズナブル!

  • 隣りのお店(お肉屋さん?)では、このような物が売られてました。

    隣りのお店(お肉屋さん?)では、このような物が売られてました。

  • さらに、老西門方面へ南下していくと、さらに古い街並みが姿を現す。

    さらに、老西門方面へ南下していくと、さらに古い街並みが姿を現す。

  • ただ、そのような街並みも まるごと取り壊され、高層ビルやマンションに建て替えられていく。<br /><br />ガンガン壊して、ガンガン建てる。<br />中国のパワーというものを感じます。

    ただ、そのような街並みも まるごと取り壊され、高層ビルやマンションに建て替えられていく。

    ガンガン壊して、ガンガン建てる。
    中国のパワーというものを感じます。

  • 人民広場の南側、<br />“普安路” という通りからは、上海の秘境と言われる 水郷の街「朱家角」への高速バスが発着しています。<br /><br />ここらで、ちょっと 郊外へと足を運んでみます☆<br /><br />その2「白と黒のモノトーン・水墨画のような街並み広がる 上海の秘境 朱家角へ & 上海の夜景鑑賞」<br />https://4travel.jp/travelogue/11460260<br />へと続きます

    人民広場の南側、
    “普安路” という通りからは、上海の秘境と言われる 水郷の街「朱家角」への高速バスが発着しています。

    ここらで、ちょっと 郊外へと足を運んでみます☆

    その2「白と黒のモノトーン・水墨画のような街並み広がる 上海の秘境 朱家角へ & 上海の夜景鑑賞」
    https://4travel.jp/travelogue/11460260
    へと続きます

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

海外ひとり旅

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 301円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集