弘前旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2019年2月9日に公開した「「えちごツーデーパス」で行く新潟の鉄道満喫の旅 2019・01(パート2)」という旅行記ではほぼ鉄道に関する旅行記のみの内容となってしまい、鉄道にあまり関心がない方にはご不便をお掛けしました。<br /> 今回はそのお詫びを兼ねて緊急に鉄道に全く関係ない旅行記を公開させて頂きます。<br /> 改めてになりますが、JR東日本では2018年12月1日から2019年3月31日までの間、冬の東北地方の旅の促進を図る目的で「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」キャンペーンを開催しています。<br /> 今回はそのキャンペーンにちなんだ旅行記の第2弾です。<br /> 2019年2月8日から2019年2月11日までの間、青森県弘前市の弘前公園では「第43回弘前城雪燈籠まつり」というイベントが開催されています。<br /> 場内では様々な雪燈籠や雪像を眺めることが出来る他、雪像とキャンドルが織り成す幻想的な光景や雪像を用いたプロジェクションマッピングの映像等を楽しむことが出来ます。<br /> 今回は2019年2月10日の夕方から夜にかけてその「弘前城雪燈籠まつり」を見てきた時の様子をご覧戴きます。<br /> なお今回は都合上、写真によってはコメントの記載を割愛しております。また冒頭で触れた通り、今回は鉄道ネタなしの旅行記ですので、鉄道愛好家の方にはご不便をお掛けすることをお許しください。その点、ご了承の上、よろしければご覧ください。<br />

「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」キャンペーン勝手に記念企画第2弾 2019「弘前城雪燈籠まつり」観覧記

40いいね!

2019/02/10 - 2019/02/10

100位(同エリア971件中)

5

38

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2019年2月9日に公開した「「えちごツーデーパス」で行く新潟の鉄道満喫の旅 2019・01(パート2)」という旅行記ではほぼ鉄道に関する旅行記のみの内容となってしまい、鉄道にあまり関心がない方にはご不便をお掛けしました。
 今回はそのお詫びを兼ねて緊急に鉄道に全く関係ない旅行記を公開させて頂きます。
 改めてになりますが、JR東日本では2018年12月1日から2019年3月31日までの間、冬の東北地方の旅の促進を図る目的で「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」キャンペーンを開催しています。
 今回はそのキャンペーンにちなんだ旅行記の第2弾です。
 2019年2月8日から2019年2月11日までの間、青森県弘前市の弘前公園では「第43回弘前城雪燈籠まつり」というイベントが開催されています。
 場内では様々な雪燈籠や雪像を眺めることが出来る他、雪像とキャンドルが織り成す幻想的な光景や雪像を用いたプロジェクションマッピングの映像等を楽しむことが出来ます。
 今回は2019年2月10日の夕方から夜にかけてその「弘前城雪燈籠まつり」を見てきた時の様子をご覧戴きます。
 なお今回は都合上、写真によってはコメントの記載を割愛しております。また冒頭で触れた通り、今回は鉄道ネタなしの旅行記ですので、鉄道愛好家の方にはご不便をお掛けすることをお許しください。その点、ご了承の上、よろしければご覧ください。

旅行の満足度
4.0
観光
5.0
交通
3.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  時刻は16時45分過ぎ、JR弘前駅付近に来ています。

     時刻は16時45分過ぎ、JR弘前駅付近に来ています。

  •  まずは「土手町循環100円バス」に乗り、弘前公園方面の最寄バス停である市役所前まで乗車します。

     まずは「土手町循環100円バス」に乗り、弘前公園方面の最寄バス停である市役所前まで乗車します。

  •  市役所前バス停で下車しました。

     市役所前バス停で下車しました。

  •  市役所前バス停から歩いてすぐ、弘前公園に着きました。

     市役所前バス停から歩いてすぐ、弘前公園に着きました。

  •  早速、中に入ります。<br />

     早速、中に入ります。

  •  今回の「弘前城雪燈籠まつり」、期間中様々な企画があるようです。

     今回の「弘前城雪燈籠まつり」、期間中様々な企画があるようです。

  •  場内ではこの日は雪燈籠や雪像を見ることができました。

     場内ではこの日は雪燈籠や雪像を見ることができました。

  •  本丸です。

     本丸です。

  •  付近には展望スペースがあり…

     付近には展望スペースがあり…

  •  その展望スペースから眺めた本丸の景色がこちらです。

     その展望スペースから眺めた本丸の景色がこちらです。

  •  また見づらいですが、別の会場には「ミニかまくら」が設置され、遠目からはこのような感じの景観を楽しむことが出来ました。<br />

     また見づらいですが、別の会場には「ミニかまくら」が設置され、遠目からはこのような感じの景観を楽しむことが出来ました。

  •  津軽錦絵大回廊です。<br /> このような感じの造りとなっていて…

     津軽錦絵大回廊です。
     このような感じの造りとなっていて…

  •  全部を紹介するわけにはいきませんが、このような絵柄が入っていました。<br />

     全部を紹介するわけにはいきませんが、このような絵柄が入っていました。

  •  旧弘前市庁舎の大雪像です。

     旧弘前市庁舎の大雪像です。

  •  こちらの旧弘前市庁舎の雪像、時間帯によってはこのように「プロジェクションマッピング」を実施することがあります。

     こちらの旧弘前市庁舎の雪像、時間帯によってはこのように「プロジェクションマッピング」を実施することがあります。

  •  付近にはチコちゃんや…

     付近にはチコちゃんや…

  •  ドラえもん風の雪像もありました。

     ドラえもん風の雪像もありました。

  •  最後は「雪明り会場」というところに向かいました。<br /> 場内は電球を装着した木々と火をたいたキャンドルのコントラストが綺麗でした。

     最後は「雪明り会場」というところに向かいました。
     場内は電球を装着した木々と火をたいたキャンドルのコントラストが綺麗でした。

  •  また希望する方には係りの方からキャンドルが渡され、ゾーン内であれば基本的にほとんどの何処でもおくことができるそうです。

     また希望する方には係りの方からキャンドルが渡され、ゾーン内であれば基本的にほとんどの何処でもおくことができるそうです。

  •  こちらでも比較的大きめな雪像の姿がありました

     こちらでも比較的大きめな雪像の姿がありました

  •  いろいろ見て参りましたが、この辺りで弘前公園を後にします。

     いろいろ見て参りましたが、この辺りで弘前公園を後にします。

  •  弘前公園から歩くこと25分程度、弘前駅付近に着きました。<br /> いかがでしたでしょうか?<br /> 雪燈籠の他、様々な見所がある為、非常に見ごたえがありましたので、よろしければご覧になるべく訪れてみてはいかがでしょうか?<br /> というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。<br /> ご覧戴きましてありがとうございました。<br />

     弘前公園から歩くこと25分程度、弘前駅付近に着きました。
     いかがでしたでしょうか?
     雪燈籠の他、様々な見所がある為、非常に見ごたえがありましたので、よろしければご覧になるべく訪れてみてはいかがでしょうか?
     というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。
     ご覧戴きましてありがとうございました。

40いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • BTSさん 2019/02/13 09:25:57
    寒い中の取材お疲れさまです!
    フロンティアさまへ

    おはようございます。
    画像を拝見する限りメチャ寒そうに感じます。風邪は引きませんでしたか?
    弘前城雪燈籠まつりは、札幌雪まつりと比べ、個人まりとしていますが、手作り感と幻想的なのが良いですね。このまつりが終わると、次は桜ですね。オジサンは弘前駅で乗換えたことがありますが、弘前城には行ったことがありません。弘南鉄道の乗り鉄を組み合わせて一度行ってみたいと思っています。

    BTS

    フロンティアさん からの返信 2019/02/13 21:23:51
    Re: 寒い中の取材お疲れさまです!
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     今のところ、風邪は引いていません。病は気から…じゃないけど、気にすると本当に風邪を引きそうになるので、なるべく気にしないようにしています。勿論、うがい・手洗い、それから適度な睡眠と栄養バランスを意識した食事も心掛けています。
     今回紹介した弘前城雪灯籠祭りは札幌雪まつりては性格が違うと思います。というのも札幌雪まつりは昼間に楽しむ感じの祭りかと思いますが、弘前城雪灯籠祭りはキャンドルやプロジェクションマッピング等雪と灯りのコントラストを楽しむ祭りのように感じたからです。ただ札幌雪まつりに比べれば規模は小さいかと思います。
     本当は横手のかまくらにも行きたいけど、三連休でない上、15日以外は平日の為、パスするつもりです。
     弘前は弘前城の他、昔ながらの町並みや西洋の館等歴史好きの方には1日いても足りない町かと思いますので、興味があるのであれば訪れてみてはいかがでしょうか?
     話はそれますが、自分自身の旅行記の数を見たところ、全部で389件あり、そのうち公開済みが320件、未公開が69件あるとのことで、あまりの未公開の多さに驚きました(苦笑)
     とりあえずこのシリーズが終わった後は四国の旅行記を公開しようかと考えています。
  • OE-343さん 2019/02/11 12:28:48
    繰り返し、秋田や弘前に訪問いただき、誠にありがとうございます
    フロンティア様

    秋田に続き、今回は弘前ですか。お出でいただきどうもありがとうございます。
    弘前公園内の様子を拝見させていただきましたが、確かに私が住んでいた頃よりかなり雪が少ない、との印象を受けました。
    地球温暖化の影響ですね。

    口コミも投稿されておられましたが、100円バスの夜間運行がない話、そういえば私も記憶がありません。確かに不便ですね。「地元民は乗らないし、どれだけバスに人が乗るかわからない」と言う感覚なのでしょうが、バスが走らなければ観光客には不便なので、その点考えてもらいたいといつも思っているんですが、あちらの人々、どうしても。。。「東京の旅行会社のなになにさんに言われたから」みたいな外圧があれば動けるんですが。。。そもそも団体旅行の誘致にしか興味がないので、その点が最大の問題でしょう。私の知人の市会議員も、弘前で行われるイベントのための旅行会社巡りにわざわざ出張してきますが、個人旅行者をどう誘致するか、というところに関心はあまりないようです。

    フロンティアさん からの返信 2019/02/12 22:41:55
    Re: 繰り返し、秋田や弘前に訪問いただき、誠にありがとうございます
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     またお礼のお言葉、ご丁寧に恐れ入ります。
     僕自身も子供の頃の一時期、富山にいたことがあり、当時はそれなりに雪があったのですが、その富山もここ数年、雪が降ることが少なくなりましたので、そういう意味ではOE-343さんが仰る弘前城の雪が減ったというのも分かるような気がします。たださすがに青森県なので雪がないというところまでには至らないみたいですね~
     ちなみにあの日、最終便の1本前となる弘前駅前16時51分発の土手町循環100円バスを利用しましたが、全ての2人掛けシートにおいて誰か1人は座る位多くの利用があり、そのほとんどが弘前城の最寄バス停となる市役所前で下車し、弘前城へと向かいました。さらに18時現在、多くの方が弘前城にいたのでもう少し融通を利かせて貰いたかったです。
     誘致する側としては個人旅行者を誘致するよりも団体客を誘致したほうがよりお金を置いてくれる可能性があるので、団体客を狙うのは仕方ないかもしれません。ただ静岡県の東伊豆では団体客を頼りきりな商売をした結果、そこそこの旅館・ホテルが大きな打撃を受けた一件があるのでもう少し考えてほしいですね~
     話は変わりますが、また今年も18きっぷの発売がされるようで、とりあえずは良かったですね~さらに「ぐんまワンデー世界遺産パス」という割引切符が今年の場合、4月~9月に利用可能になるらしく、山が好きなOE-343さん、よければ利用してみてはいかがでしょうか?

    OE-343さん からの返信 2019/02/24 14:03:09
    RE: Re: 繰り返し、秋田や弘前に訪問いただき、誠にありがとうございます
    フロンティア様
    こちらこそ、コメントどうもありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。


    >  僕自身も子供の頃の一時期、富山にいたことがあり、当時はそれなりに雪があったのですが、その富山もここ数年、雪が降ることが少なくなりましたので、そういう意味ではOE-343さんが仰る弘前城の雪が減ったというのも分かるような気がします。たださすがに青森県なので雪がないというところまでには至らないみたいですね?

    明らかに雪は減っていて、ドカ雪が降っても根雪にならないので積もらないのですが環境問題への関心は低い気がします。
    >  ちなみにあの日、最終便の1本前となる弘前駅前16時51分発の土手町循環100円バスを利用しましたが、全ての2人掛けシートにおいて誰か1人は座る位多くの利用があり、そのほとんどが弘前城の最寄バス停となる市役所前で下車し、弘前城へと向かいました。さらに18時現在、多くの方が弘前城にいたのでもう少し融通を利かせて貰いたかったです。

    桜祭りと違って、雪まつりには人が来ない、とでも思っているのでしょう。少なくとも個人観光客の事は頭にないものと思います。夜行バスに積極的な弘南バスですが、路線バスの運行終了はかなり早めで、ちょっとそこはいつも不便に感じていました。
    >  誘致する側としては個人旅行者を誘致するよりも団体客を誘致したほうがよりお金を置いてくれる可能性があるので、団体客を狙うのは仕方ないかもしれません。ただ静岡県の東伊豆では団体客を頼りきりな商売をした結果、そこそこの旅館・ホテルが大きな打撃を受けた一件があるのでもう少し考えてほしいですね?

    東伊豆の旅館が団体旅行に頼り大打撃を受けたのですか。。。青森県の旅館も、「東京から団体客を誘致しよう」と言うスローガンのもと団体客を当て込みました。今でも、私の知人の市会議員など、演劇イベントに絡めて団体旅行のツアーに組み込んでもらおうと、2日がかりで東京の旅行会社巡りを昨年もしています。ネットで個人客を相手に商売した方が遠隔地の人にとっては交通費が節約できて楽だと思うんですけどね。。。何よりも、私も関東近郊の日帰り旅行を繰り返して分かった事は、伊豆もそうですし、山梨の石和や、群馬県の水上、鬼怒川温泉など、首都圏から日帰りですぐ行ける場所に団体客相手の巨大ホテルが立ち並んでいると言うことで、そんなところにあるのにわざわざ青森まで団体客など、単純に宴会やって温泉入るだけなら来ないだろう、と言うことです。何かしら特別な魅力を持たなければ、団体客も個人客も来ないでしょう。しかしそんな意識が青森県の観光産業には低い気がします。無論、特色あるところも多いのですが、アピールが足りない気がします。「自分たちは不便なところなどで」と言う謙遜がすべてに先行し、不便でも旅行者はやってくる、と言う意識がありません。なので団体バスばかりを考えるのでしょう。「新幹線がやってくれば人が増える」とも思っていたようですが、実際には新幹線開通後も十和田湖周辺の観光客は減っているようです。
    旧正月に大セールを私の地元の街ではやるのですが、せっかく旧正にセールするなら中国人観光客を誘致すれば?と思うのですが一切そんな気はありません。。。
    驚いたのは、昨年末に訪れた下部温泉で、東京からあれほど近いのに温泉街が青森並みに寂れています。これには驚きました。。。


    >  話は変わりますが、また今年も18きっぷの発売がされるようで、とりあえずは良かったですね?さらに「ぐんまワンデー世界遺産パス」という割引切符が今年の場合、4月?9月に利用可能になるらしく、山が好きなOE-343さん、よければ利用してみてはいかがでしょうか?

    18はいつも廃止の話題がありますが、おそらく臨時列車を大量に出す東日本以外は儲かっていると思うので、やめられてしまうのは困ります。 18切符がなくなれば、きっと自家用車などに客が流れるだけだと思います。
    また、学生などお金がない人に、帰省の手段を全国一律に安価に提供していると言うのはすごいことと思います。遊びの切符ではなく、そういう必需品的な需要にも使える、と言うことをもっとアピールした方がいいかもしれませんね。
    ちなみに、今回は金券屋でJTB旅行券を96.5%の価格で購入しましたので、相当安く買うことができそうです。しかも私の最寄りのJTBはなんとビジネスえきネットで発券なので、面白い切符が出てきそうです。

    OE-343

フロンティアさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集