津軽半島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ふと思い立って、新緑のシーズンの青森県津軽地方へ、ローカル私鉄線に乗りに出かけています。<br /><br />最初に弘南鉄道弘南線に黒石まで乗車したあと、路線バスと五能線を乗り継いで五所川原駅まで来ました。<br />ここから、津軽鉄道に乗ります。<br /><br />津軽鉄道に乗るのは、たぶん3回目。<br />前回までの2回というのは、いずれも冬の名物「ストーブ列車」に乗りに行ったもので、車内の石炭ストーブが意外と暑かったということと、真っ白な景色、こればかりが印象に残っています。<br /><br />それに対して今回は普通のディーゼルカー、しかもしっかり景色が見える時期という、まるで初めて乗る路線のような印象がありました。

ローカル私鉄に乗りに、新緑の津軽地方へ【その4】 津軽鉄道に乗る

56いいね!

2018/05/11 - 2018/05/11

22位(同エリア307件中)

Tagucyan

Tagucyanさん

ふと思い立って、新緑のシーズンの青森県津軽地方へ、ローカル私鉄線に乗りに出かけています。

最初に弘南鉄道弘南線に黒石まで乗車したあと、路線バスと五能線を乗り継いで五所川原駅まで来ました。
ここから、津軽鉄道に乗ります。

津軽鉄道に乗るのは、たぶん3回目。
前回までの2回というのは、いずれも冬の名物「ストーブ列車」に乗りに行ったもので、車内の石炭ストーブが意外と暑かったということと、真っ白な景色、こればかりが印象に残っています。

それに対して今回は普通のディーゼルカー、しかもしっかり景色が見える時期という、まるで初めて乗る路線のような印象がありました。

同行者
一人旅
交通手段
JRローカル 私鉄
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【その3】からのつづき<br /><br />奥羽線・川部駅から、五能線の列車に乗って五所川原駅に着いた。

    【その3】からのつづき

    奥羽線・川部駅から、五能線の列車に乗って五所川原駅に着いた。

  • 五所川原駅の駅舎。

    五所川原駅の駅舎。

    五所川原駅

  • その、JRの駅舎の向かって左隣にある、津軽鉄道の駅舎。<br />こちらの方は、正式名称「津軽五所川原駅」である。

    その、JRの駅舎の向かって左隣にある、津軽鉄道の駅舎。
    こちらの方は、正式名称「津軽五所川原駅」である。

    津軽五所川原駅

  • 津軽鉄道の駅舎内。<br />由緒正しい、「ザ・ローカル私鉄の駅」という感じ。

    津軽鉄道の駅舎内。
    由緒正しい、「ザ・ローカル私鉄の駅」という感じ。

  • 駅舎内にある切符売り場。<br />これほど旅情をかき立てられる眺めはないですね。

    駅舎内にある切符売り場。
    これほど旅情をかき立てられる眺めはないですね。

  • 津軽五所川原駅。

    津軽五所川原駅。

  • 津軽鉄道の駅には、改札口というのがない。<br />真ん中にある扉を開けると、上の写真の待合室。<br />そして今いるところは、すでにJR駅の構内。<br />駅の中に入ってしまうと、内部はJRと共用なのである。<br />

    津軽鉄道の駅には、改札口というのがない。
    真ん中にある扉を開けると、上の写真の待合室。
    そして今いるところは、すでにJR駅の構内。
    駅の中に入ってしまうと、内部はJRと共用なのである。

  • JRと共用の跨線橋を渡る。<br />右の階段を降りるとJR線のホーム。<br />そしてこの先を進んでいくと、津軽鉄道のホームがある。

    JRと共用の跨線橋を渡る。
    右の階段を降りるとJR線のホーム。
    そしてこの先を進んでいくと、津軽鉄道のホームがある。

  • 跨線橋から見る、津軽鉄道のホーム。

    跨線橋から見る、津軽鉄道のホーム。

  • 通路の突きあたり。ここから階段を降りていく。

    通路の突きあたり。ここから階段を降りていく。

  • 津軽鉄道のホーム。<br /><br />ちなみに、写真真ん中に女性が写っている。<br />この方、「津軽半島観光アテンダント」という方で、走行中は車内放送や、いろいろ観光案内などをする。<br />アテンダントであって車掌ではなく、津軽鉄道の社員でもないらしい。<br />(よく間違えられるんですよ、とご本人も言っていた)<br />列車としては、あくまでワンマンである。

    津軽鉄道のホーム。

    ちなみに、写真真ん中に女性が写っている。
    この方、「津軽半島観光アテンダント」という方で、走行中は車内放送や、いろいろ観光案内などをする。
    アテンダントであって車掌ではなく、津軽鉄道の社員でもないらしい。
    (よく間違えられるんですよ、とご本人も言っていた)
    列車としては、あくまでワンマンである。

    津軽鉄道 乗り物

  • 津軽五所川原駅の駅名標。

    津軽五所川原駅の駅名標。

  • ホームに隣接して、列車の車庫や工場がある。

    ホームに隣接して、列車の車庫や工場がある。

  • 駅のホームには、ストーブ列車などに使われる客車が停まっていた。

    駅のホームには、ストーブ列車などに使われる客車が停まっていた。

  • 津軽五所川原駅を出発。

    津軽五所川原駅を出発。

  • すぐにJR線と分かれる。<br />すでにJR線が写ってないけど。<br />

    すぐにJR線と分かれる。
    すでにJR線が写ってないけど。

  • この車両は、「津軽21系」。<br />現在津軽鉄道で走っているディーゼルカーは、すべてこの形式。

    この車両は、「津軽21系」。
    現在津軽鉄道で走っているディーゼルカーは、すべてこの形式。

  • 車内にある路線案内。

    車内にある路線案内。

  • 運転台のところには、津軽に関する書籍・パンフレット類や、お手製の「あやこ」が置いてある。<br />「あやこ」とは、津軽弁で「お手玉」のこと。

    運転台のところには、津軽に関する書籍・パンフレット類や、お手製の「あやこ」が置いてある。
    「あやこ」とは、津軽弁で「お手玉」のこと。

  • のんびり単線。

    のんびり単線。

  • 最初の駅、十川(とがわ)駅。

    最初の駅、十川(とがわ)駅。

  • 十川駅。

    十川駅。

    十川駅

  • 五農校前駅。

    五農校前駅。

  • 五農校、正式名称「県立五所川原農林高校」。

    五農校、正式名称「県立五所川原農林高校」。

  • この駅舎、津軽鉄道の社員が自作したそうで。

    この駅舎、津軽鉄道の社員が自作したそうで。

    五農校前駅

  • 津軽飯詰駅の手前。<br />この駅だけポイントのところにスノーシェルターがついているが、現在はすれ違い設備は廃止され、このポイントも使われていない。

    津軽飯詰駅の手前。
    この駅だけポイントのところにスノーシェルターがついているが、現在はすれ違い設備は廃止され、このポイントも使われていない。

  • 現在はこちら側の片面ホームだけ使われている。

    現在はこちら側の片面ホームだけ使われている。

  • 津軽飯詰駅。立派な駅舎。<br />でも現在は無人駅。

    津軽飯詰駅。立派な駅舎。
    でも現在は無人駅。

    津軽飯詰駅

  • ホームの駅名標。

    ホームの駅名標。

  • 毘沙門駅。<br />まわりの雑木林は鉄道林だそうで。<br />

    毘沙門駅。
    まわりの雑木林は鉄道林だそうで。

  • 雑木林の中にあるせいか、他の駅とは雰囲気が異なっている。

    雑木林の中にあるせいか、他の駅とは雰囲気が異なっている。

    毘沙門駅

  • ここで先ほどのアテンダントさんがやってきた。<br />終点の津軽中里駅周辺の地図をもらった。

    ここで先ほどのアテンダントさんがやってきた。
    終点の津軽中里駅周辺の地図をもらった。

  • 嘉瀬(かせ)駅。

    嘉瀬(かせ)駅。

  • 20年前のテレビの企画で、元SMAPの香取慎吾が地元の子供達と落書きした車両が、引退後この駅に留置されている。

    20年前のテレビの企画で、元SMAPの香取慎吾が地元の子供達と落書きした車両が、引退後この駅に留置されている。

  • ちなみに、ここは吉幾三の出身地だそうで(アテンダントさんが言っていた)。<br /><br />「俺ら東京さ行ぐだ」に出てくる村はここのこと?<br />普通の町に見えたけど(笑)<br />

    ちなみに、ここは吉幾三の出身地だそうで(アテンダントさんが言っていた)。

    「俺ら東京さ行ぐだ」に出てくる村はここのこと?
    普通の町に見えたけど(笑)

    嘉瀬駅

  • その次が金木駅。<br />太宰治の生家「斜陽館」などがある観光の町。

    その次が金木駅。
    太宰治の生家「斜陽館」などがある観光の町。

  • 津軽鉄道線で唯一列車すれ違いができる駅で、しばらく停車。<br />ということで、ちょっと降りてみた。

    津軽鉄道線で唯一列車すれ違いができる駅で、しばらく停車。
    ということで、ちょっと降りてみた。

  • 「走れメロス」のヘッドマーク付き。

    「走れメロス」のヘッドマーク付き。

  • 金木駅の駅舎。<br />「交流プラザ」という施設が併設されている。

    金木駅の駅舎。
    「交流プラザ」という施設が併設されている。

    金木駅

  • 「太宰のふるさと」津軽鉄道金木駅。

    「太宰のふるさと」津軽鉄道金木駅。

  • 駅舎内。終日有人駅である。

    駅舎内。終日有人駅である。

  • 芦野公園駅。

    芦野公園駅。

  • この駅の駅名標、「東京ふるさと金木会」から寄贈された毛筆体。<br />金木駅と、津軽中里駅もこれだった。

    この駅の駅名標、「東京ふるさと金木会」から寄贈された毛筆体。
    金木駅と、津軽中里駅もこれだった。

    芦野公園駅

  • 駅全体が、芦野公園という公園の中にある。

    駅全体が、芦野公園という公園の中にある。

  • 田植え中の田んぼ。<br /><br />そういえば、津軽鉄道線の沿線にはリンゴ畑を見かけない。<br />アテンダントさんに聞いてみたところ、リンゴは弘前のあたりが中心で、このあたりはあくまで稲作なのだそうだ。

    田植え中の田んぼ。

    そういえば、津軽鉄道線の沿線にはリンゴ畑を見かけない。
    アテンダントさんに聞いてみたところ、リンゴは弘前のあたりが中心で、このあたりはあくまで稲作なのだそうだ。

  • 川倉駅。

    川倉駅。

  • 帰りの列車はこの駅を通過した。

    帰りの列車はこの駅を通過した。

    川倉駅

  • 大沢内駅。

    大沢内駅。

  • かつては有人駅だったようだ。

    かつては有人駅だったようだ。

    大沢内駅

  • 大沢内駅の駅名標。

    大沢内駅の駅名標。

  • 深郷田(ふこうだ)駅。

    深郷田(ふこうだ)駅。

  • この駅も帰りは通過した。

    この駅も帰りは通過した。

    深郷田駅

  • 次は終点。<br />車内の客は私を入れて2人になった。

    次は終点。
    車内の客は私を入れて2人になった。

  • まもなく終点の津軽中里駅。

    まもなく終点の津軽中里駅。

  • 駅としては片面ホームである。<br />機関車牽引のストーブ列車が走ることから、側線(機回し線)もある。

    駅としては片面ホームである。
    機関車牽引のストーブ列車が走ることから、側線(機回し線)もある。

  • 津軽中里駅に到着。

    津軽中里駅に到着。

  • ホームに唯一ある駅名標がこれ。<br />いいなあ、こういうの。

    ホームに唯一ある駅名標がこれ。
    いいなあ、こういうの。

  • 駅の出口へ。

    駅の出口へ。

  • 駅舎内。<br />委託ではあるが、有人駅。

    駅舎内。
    委託ではあるが、有人駅。

  • かつては生協ストアが併設していたが、現在は物産販売施設になっている。

    かつては生協ストアが併設していたが、現在は物産販売施設になっている。

  • でも、営業時間は2時まで。

    でも、営業時間は2時まで。

    津軽中里 駅ナカにぎわい空間 専門店

  • 津軽中里駅の駅舎。意外と立派。<br />

    津軽中里駅の駅舎。意外と立派。

    津軽中里駅

  • 駅周辺は中泊町の中心地である。<br />でも人通りはあまりない。

    駅周辺は中泊町の中心地である。
    でも人通りはあまりない。

  • 旧中里町と、少し離れた旧小泊村が合併してできた「中泊町」。<br />この2つの地域は旧市浦村を挟んで飛んでいる。<br />ちなみにその旧市浦村は、現在五所川原市の飛び地。<br />このほかにも、津軽半島にある自治体は、飛び地だらけである。<br />

    旧中里町と、少し離れた旧小泊村が合併してできた「中泊町」。
    この2つの地域は旧市浦村を挟んで飛んでいる。
    ちなみにその旧市浦村は、現在五所川原市の飛び地。
    このほかにも、津軽半島にある自治体は、飛び地だらけである。

  • ここからは、旧小泊村までと、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅まで行く路線バスが出ている。<br />これを使うコースも考えていた。

    ここからは、旧小泊村までと、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅まで行く路線バスが出ている。
    これを使うコースも考えていた。

  • 駅の先にある踏切から、構内を一望する。

    駅の先にある踏切から、構内を一望する。

  • 同じ踏切から反対側に振り向いたところ。<br />この先が路線の終端部。

    同じ踏切から反対側に振り向いたところ。
    この先が路線の終端部。

  • 駅構内にある転車台まで行く。<br />先ほどアテンダントさんからもらった地図によれば、駅構内をどんどん歩いて行け、と…

    駅構内にある転車台まで行く。
    先ほどアテンダントさんからもらった地図によれば、駅構内をどんどん歩いて行け、と…

  • 列車と、ホームの駅名標。

    列車と、ホームの駅名標。

  • 駅構内にある転車台。<br />使われていなかったものを、昨年復活させた。

    駅構内にある転車台。
    使われていなかったものを、昨年復活させた。

  • 今度は駅の手前にある踏切から、構内を見る。<br />写真右側の線路に並行した草っ原を歩いてきたことになる。

    今度は駅の手前にある踏切から、構内を見る。
    写真右側の線路に並行した草っ原を歩いてきたことになる。

  • さらにしばらく、中里の集落の中を歩いてみる。

    さらにしばらく、中里の集落の中を歩いてみる。

  • ちょうど、奥津軽いまべつ駅行きの路線バスが出ていった。<br />さっき黒石駅-川部駅間で乗ったのと同じマイクロバス型の車両だった。

    ちょうど、奥津軽いまべつ駅行きの路線バスが出ていった。
    さっき黒石駅-川部駅間で乗ったのと同じマイクロバス型の車両だった。

  • 中里町のメインストリート。<br />この先には銀行もパチンコ屋もある。

    中里町のメインストリート。
    この先には銀行もパチンコ屋もある。

  • 小泊村と合併する前の、旧中里町役場。<br />現在役場は別の場所にあり、ここは使われていない。<br />

    小泊村と合併する前の、旧中里町役場。
    現在役場は別の場所にあり、ここは使われていない。

  • あてもなく、わざと細い路地などに紛れ込んだりしていた。

    あてもなく、わざと細い路地などに紛れ込んだりしていた。

  • 津軽中里駅の切符売り場。<br />現在は昼間の時間帯だけ有人駅である。

    津軽中里駅の切符売り場。
    現在は昼間の時間帯だけ有人駅である。

  • 折返しの列車に乗る。

    折返しの列車に乗る。

  • 津軽五所川原行き。

    津軽五所川原行き。

  • 今回使用している「津軽フリーパス」のフリー区間には、津軽鉄道の金木-津軽中里間は含まれていない。<br />よって、往路もこの区間の料金を乗り越し精算した。<br />復路は、切符を購入。<br />金木まで買えばいいのだが、終点津軽五所川原まで買った。<br />まあ、記念に、ということで。

    今回使用している「津軽フリーパス」のフリー区間には、津軽鉄道の金木-津軽中里間は含まれていない。
    よって、往路もこの区間の料金を乗り越し精算した。
    復路は、切符を購入。
    金木まで買えばいいのだが、終点津軽五所川原まで買った。
    まあ、記念に、ということで。

  • 帰りの列車内。<br />足を伸ばして、まったり過ごす。

    帰りの列車内。
    足を伸ばして、まったり過ごす。

  • 芦野公園駅。

    芦野公園駅。

  • 金木駅。<br />帰りは、列車のすれ違いはなかった。

    金木駅。
    帰りは、列車のすれ違いはなかった。

  • ここの駅名標も毛筆体。

    ここの駅名標も毛筆体。

  • 嘉瀬駅。<br />落書き列車が停まってる。

    嘉瀬駅。
    落書き列車が停まってる。

  • 五農校前駅。<br />ここから高校生が乗ってきて、車内が騒がしくなった。

    五農校前駅。
    ここから高校生が乗ってきて、車内が騒がしくなった。

  • JR五能線と合流。

    JR五能線と合流。

  • 終点、津軽五所川原駅に到着。

    終点、津軽五所川原駅に到着。

  • 駅構内はJRと共用。<br />でも駅舎は別。<br />今回も、律儀に一度外に出た。

    駅構内はJRと共用。
    でも駅舎は別。
    今回も、律儀に一度外に出た。

  • そして、こちらがJRの駅舎です。<br /><br />【その5】につづく。

    そして、こちらがJRの駅舎です。

    【その5】につづく。

この旅行記のタグ

関連タグ

56いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • BTSさん 2018/06/28 09:34:40
    長閑な津鉄
    Tagucyanさまへ

    おはようございます。
    懐かしい思いで拝見させていただきました。私は今から3年前に津鉄を乗りました。

    津鉄はレトロの宝庫ですね。
    五所川原駅の待合室は映画のセットような…、途中駅は開業当初の木造駅舎が…、ストーブ列車、五所川原駅と金木駅の腕木式信号機(場内用)などなど、20kmほどの短い路線ですが魅力満載ですね。私は座りながら景色を眺めていただけなのでTagucyanさまが運転台から撮影した画像は有難いです。

    私が乗ったときのアテンダントは、「特定非営利活動法人・津軽半島観光アテンダント推進協議会」の代表理事でした。各席へ立ち寄り声掛けをしてくれました。とても綺麗な方で私は終点・津軽中里駅まで鼻の下を伸ばしてました。津軽中里へ着く前にアテンダントさんから「最北端証明書」をいただきました。

    私が津軽中里駅で降りた時、待合室にいた80歳くらいの男性に声を掛けられ話しましたが、地名以外は何を喋っているのかは分かりませんでした。折り返し20分ほどしかなかったので話しと一服で終わってしまい町中を見学することができませんでした。今から思うと、この日は五所川原で宿を取っていたので1本列車をずらせば良かったと思いました。

    津軽鉄道の乗り鉄が終わり、この後はどちらへ向かうのでしょうか?
    続きを楽しみにしています。

    BTS

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/06/28 23:43:37
    まったりと乗りました

    BTSさま
    こんばんは。

    3年前の、BTSさんの旅行記を読ませていただきました。
    私は見たとおりのことを書いただけですが、BTSさんの旅行記はいろいろ解説付きなのがいいですね。ちなみに私も津軽平野と聞いてすぐ浮かぶのが千昌夫の歌です。

    昔はローカル私鉄といえばどこもこういう雰囲気だったのでしょうが、現在になってもその雰囲気を残しているのはある意味貴重です。出発点である津軽五所川原駅の待合室からして、もうワクワクしてしまいますね。

    私はこのような路線を往復するときには、往路は立って前方を眺め、復路は座席に座ってまったりと過ごします。そんな私のところにもアテンダントさんは来ました。私のような旅行者には標準語に近い言葉を使いますが、地元の方との会話は本当に分からないですね。

    終点の津軽中里駅周辺は、本当に静かな集落という感じでした。アテンダントさんから詳しい地図をもらっていたので、もうちょっと歩き回ってみたかったですね。

    津軽鉄道に乗るのは今回で3回目。最初に乗ったときは、私も五所川原に泊まりました。BTSさんと同じサンルート。BTSさんがホテルでもらっていたリンゴジュース、今回お土産に買って帰ったのと同じものでした(笑)
    そして今回は… 五能線に乗ると、かなり高い確率で出会うあの列車です。

    ---
    Tagucyan

    BTS

    BTSさん からの返信 2018/06/29 14:00:45
    御礼

    Tagucyanさまへ

    こんにちは〜
    みちのく一人旅?と?をご覧いただきありがとうございました。

    ※返信不要

    BTS
  • 墨水さん 2018/06/27 22:02:02
    気が付いたこと。
    Tagucyanさん、今晩は。
    ふと、気が付いたことが・・・。
    津軽鉄道には、ATSの地上端子が無いね。
    旅行記見ながら、気動車の軽快なエンジン音を思い浮かべながら、駅場内に侵入すると、警告音が聞こえてくる・・・。
    あれ、地上端子が無い!。
    警告音が、聞こえて来ないじゃないか!・・・と。(笑)
    タブレットが写って無いんですけど・・・。(笑)
    墨水。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/06/27 23:36:19
    タブレット
    墨水様
    こんばんは。

    津軽鉄道線、たしかに駅の手前とかにATSの地上子がありませんねえ…
    言われてみれば、ジリリリリ… キンコンキンコン… なんて音も聞こえてきませんでした。

    改めて見てみて、今気づいたのですが、金木駅到着時の写真に写っている駅員さん、よく見たらタブレットを持ってます。五所川原と金木の間はタブレット方式のようです。
    さらに調べてみたら、金木と津軽中里の間は、わっかではない「票券」というものを使っているそうで、日本でこの方式なのはここと、あとは名鉄築港線だけだそうです。

    さすが、鋭いところに気がつきますねえ。

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

津軽半島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集