ベネチア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2018年GWの欧州旅行、ベネチア観光の続き(1年以上というちょっと長いお休みに入っていましたが)です。高校時代の世界史なんかを思い返してみると、ベネチア共和国などの都市国家は、近代共和制の始まりなんでしたっけ? その省庁であり、政治の拠点であったドゥカーレ宮殿に入ってみましょう。ベネチアの栄華の、富と権力の象徴。きらびやかな装飾に、壁画、そして豪華な部屋と薄暗い牢獄。華やかかりし時代を彷彿とさせる、豪勢な宮殿でした。<br /><br />605冊目 2021/05/11投稿<br /><br /><br />

2018.05 GWに巡るイタリア三都物語(13)ヴァポレットで巡る水の都・ヴェネチア共和国の中枢、ドゥカーレ宮殿へ

37いいね!

2018/04/29 - 2018/05/06

438位(同エリア3937件中)

planaly

planalyさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

2018年GWの欧州旅行、ベネチア観光の続き(1年以上というちょっと長いお休みに入っていましたが)です。高校時代の世界史なんかを思い返してみると、ベネチア共和国などの都市国家は、近代共和制の始まりなんでしたっけ? その省庁であり、政治の拠点であったドゥカーレ宮殿に入ってみましょう。ベネチアの栄華の、富と権力の象徴。きらびやかな装飾に、壁画、そして豪華な部屋と薄暗い牢獄。華やかかりし時代を彷彿とさせる、豪勢な宮殿でした。

605冊目 2021/05/11投稿


同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 昼食を終えて、サン・マルコ広場へ戻ってきました。時刻は15時過ぎ、ドゥカーレ宮殿に入ります。このドゥカーレ宮殿はベネチア総督の居城、そして元老院やら十人委員会などが集まる場所だったそうで。どんなところなんでしょう。

    昼食を終えて、サン・マルコ広場へ戻ってきました。時刻は15時過ぎ、ドゥカーレ宮殿に入ります。このドゥカーレ宮殿はベネチア総督の居城、そして元老院やら十人委員会などが集まる場所だったそうで。どんなところなんでしょう。

  • 15分ほど並び、建物の中へ。

    15分ほど並び、建物の中へ。

  • こんな感じの部屋?展示スペース?を通り

    こんな感じの部屋?展示スペース?を通り

  • おお、ゴンドラ。

    おお、ゴンドラ。

  • 中庭に出てきました。

    中庭に出てきました。

  • サン・マルコ寺院の横なのね、ここ。周りの宮殿の建物に囲まれています。

    サン・マルコ寺院の横なのね、ここ。周りの宮殿の建物に囲まれています。

  • ああ、なんか雰囲気あるなあ。

    ああ、なんか雰囲気あるなあ。

  • それではクロークに荷物を預けたあと、順路に従って階段を登り建物の中へ。

    それではクロークに荷物を預けたあと、順路に従って階段を登り建物の中へ。

  • これは企画展? 入るには普通の入館料のほかに特別展の料金がかかるみたいです。それ以外のところでも見どころ満載なのでスルー。

    これは企画展? 入るには普通の入館料のほかに特別展の料金がかかるみたいです。それ以外のところでも見どころ満載なのでスルー。

  • うわー、なんかぎっしり書かれてる。

    うわー、なんかぎっしり書かれてる。

  • おお、なんかこの怖いカオのポストは見たことあるぞ。密告の口でしたっけ?

    おお、なんかこの怖いカオのポストは見たことあるぞ。密告の口でしたっけ?

  • 2階の吹き抜け通路から見た中庭。

    2階の吹き抜け通路から見た中庭。

  • おお、中庭がよく見えるなあ。あの井戸、なんと1500年代のブロンズ製だそうですよ。

    おお、中庭がよく見えるなあ。あの井戸、なんと1500年代のブロンズ製だそうですよ。

  • さあ、ここを登っていくそうです。

    さあ、ここを登っていくそうです。

  • 立派な門構え。って門じゃないか。

    立派な門構え。って門じゃないか。

  • おお、天井が!

    おお、天井が!

  • これが「黄金の階段」ってやつか。

    これが「黄金の階段」ってやつか。

  • 共和国議員や貴族、外国からの客人など、限られた人だけが通ることができた階段。

    共和国議員や貴族、外国からの客人など、限られた人だけが通ることができた階段。

  • 16世紀の黄金の化粧漆喰で天井が豪華に飾られています。

    16世紀の黄金の化粧漆喰で天井が豪華に飾られています。

  • 微細にして華麗、そして精緻

    微細にして華麗、そして精緻

  • いやあ、凝っていますねえ。

    いやあ、凝っていますねえ。

  • ガラスの文様も綺麗です。そう言えばベネチアンガラスってあるもんな。

    ガラスの文様も綺麗です。そう言えばベネチアンガラスってあるもんな。

  • 黄金の階段を登った3階は、ヴェネツィア総督の住居となっていて

    黄金の階段を登った3階は、ヴェネツィア総督の住居となっていて

  • こんな感じの豪華な部屋が幾つも続きます。

    こんな感じの豪華な部屋が幾つも続きます。

  • 総督はヴェネツィア共和国の象徴で、共和国国会から選ばれ、終身制だったそうです。もっとも、「君臨すれども統治せず」の形態であり、真の有力者は国家の安全保障に関わる案件を決定する十人委員会と元老院だったのだとか。

    総督はヴェネツィア共和国の象徴で、共和国国会から選ばれ、終身制だったそうです。もっとも、「君臨すれども統治せず」の形態であり、真の有力者は国家の安全保障に関わる案件を決定する十人委員会と元老院だったのだとか。

  • 4階に上がると4つの扉の間。

    4階に上がると4つの扉の間。

  • この絵はティツィアーノ作の「祈りを捧げるグリマーニ総督」

    この絵はティツィアーノ作の「祈りを捧げるグリマーニ総督」

  • ガイドブックに「必見」マークの付いている絵でした。

    ガイドブックに「必見」マークの付いている絵でした。

  • 見上げてみると

    見上げてみると

  • 天井が一つ一つ、見惚れるほど綺麗です。

    天井が一つ一つ、見惚れるほど綺麗です。

  • もちろん天井以外にも見どころはいっぱいですが。

    もちろん天井以外にも見どころはいっぱいですが。

  • 詳しいことはわからないまま

    詳しいことはわからないまま

  • すごい部屋が続くな~程度の気持ちで

    すごい部屋が続くな~程度の気持ちで

  • それぞれの部屋や飾られた絵画などを

    それぞれの部屋や飾られた絵画などを

  • 見学しながら歩いていきます。

    見学しながら歩いていきます。

  • こちらは謁見の間だそうで。

    こちらは謁見の間だそうで。

  • 各国大使との謁見や条約の締結に用いられた部屋だとか。

    各国大使との謁見や条約の締結に用いられた部屋だとか。

  • この時計、なんか風格あるなあ。奥に描かれている絵は、ヴェロネーゼ作「レパントの海戦の勝利を感謝するヴェニエル総督」

    この時計、なんか風格あるなあ。奥に描かれている絵は、ヴェロネーゼ作「レパントの海戦の勝利を感謝するヴェニエル総督」

  • おお、壁際の椅子にもなんか歴史の重みを感じそうです。

    おお、壁際の椅子にもなんか歴史の重みを感じそうです。

  • 誰が座ったんでしょうね。

    誰が座ったんでしょうね。

  • それでは

    それでは

  • 元老院の間へ。

    元老院の間へ。

  • 元老院の間には議員たちの中から実務担当として選ばれた100名余の元老院議員が集まったのだそうです。

    元老院の間には議員たちの中から実務担当として選ばれた100名余の元老院議員が集まったのだそうです。

  • この天井の真ん中に描かれている四角い絵が「ヴェネツィア称揚」。まあ、絵の名前はあとから旅行記書くときに改めてガイドブックで調べ直しているのですが……。

    この天井の真ん中に描かれている四角い絵が「ヴェネツィア称揚」。まあ、絵の名前はあとから旅行記書くときに改めてガイドブックで調べ直しているのですが……。

  • 今度は十人委員会の間

    今度は十人委員会の間

  • 十人委員会は、元老院から選ばれた10名と総督、そして総督補佐官6名を合わせた17人による委員会で

    十人委員会は、元老院から選ばれた10名と総督、そして総督補佐官6名を合わせた17人による委員会で

  • 重大な国家機密を決定する委員会だったそうです。

    重大な国家機密を決定する委員会だったそうです。

  • 終身制の総督はともかく、各委員会は1年ないし2年での交代制で、1人に権力が集中することを防いでいたのだとか。近代共和制発祥の地だけありますね。

    終身制の総督はともかく、各委員会は1年ないし2年での交代制で、1人に権力が集中することを防いでいたのだとか。近代共和制発祥の地だけありますね。

  • この十人委員会の間の天井は、ヴェロネーゼの絵画だそうですが、やはり綺麗よねえ。

    この十人委員会の間の天井は、ヴェロネーゼの絵画だそうですが、やはり綺麗よねえ。

  • もっともこんな部屋がどんどん続くと圧巻で、すごいのが普通というか、ありがたみが薄れてくる……というのは贅沢な話です。

    もっともこんな部屋がどんどん続くと圧巻で、すごいのが普通というか、ありがたみが薄れてくる……というのは贅沢な話です。

  • このあたりが武器の間かな。

    このあたりが武器の間かな。

  • いろんな武器が並びますねえ。

    いろんな武器が並びますねえ。

  • 宮殿から見えるヴェネツィアの街並み。4-500年前と今では、景色はどの程度変わったのでしょうか。

    宮殿から見えるヴェネツィアの街並み。4-500年前と今では、景色はどの程度変わったのでしょうか。

  • 4階から3階まで降りてきまして

    4階から3階まで降りてきまして

  • こんなこじんまりした感じの小部屋も。

    こんなこじんまりした感じの小部屋も。

  • おや、これは……

    おや、これは……

  • 修復作業かなにかでしょうか。

    修復作業かなにかでしょうか。

  • そして、敢えていえばこの部屋がドゥカーレ宮殿一番の見所でしょうか?

    そして、敢えていえばこの部屋がドゥカーレ宮殿一番の見所でしょうか?

  • 3階大運河に面したこの大きな部屋は、大評議の間。54m×25mという広大さです。

    3階大運河に面したこの大きな部屋は、大評議の間。54m×25mという広大さです。

  • ヴェネツィア共和国では20歳になった貴族の男子全員が議員となり、法案を審議する議会がここで行われたんですね。

    ヴェネツィア共和国では20歳になった貴族の男子全員が議員となり、法案を審議する議会がここで行われたんですね。

  • 天井にはヴェロネーゼの天井画「ヴェネツィアの勝利」が

    天井にはヴェロネーゼの天井画「ヴェネツィアの勝利」が

  • そしてこの大広間の正面の壁一面には、世界で一番大きな油絵と言われている

    そしてこの大広間の正面の壁一面には、世界で一番大きな油絵と言われている

    ドゥカーレ宮殿 城・宮殿

  • ティントレット作の「天国」が。

    ティントレット作の「天国」が。

  • いやあ、ここまで〇〇の間に誰某作の「~~」という絵が……なんて書いてきましたが、実は現地で実際に見ているときはそこまで下調べしておらず「すごい絵だらけやな~」程度だったのです。が、この絵だけは私の穴だらけの情報収集センサーにすら引っかかり、感慨深く鑑賞したのでした。数分間、この絵の前にいたんじゃなかったかな。

    いやあ、ここまで〇〇の間に誰某作の「~~」という絵が……なんて書いてきましたが、実は現地で実際に見ているときはそこまで下調べしておらず「すごい絵だらけやな~」程度だったのです。が、この絵だけは私の穴だらけの情報収集センサーにすら引っかかり、感慨深く鑑賞したのでした。数分間、この絵の前にいたんじゃなかったかな。

  • 他にも大評議の間を見渡してみると、こんな絵も。どういう名前の絵なのかはわかりませんが、ヴェネツィアが海洋国家であったんだなあ、と感じさせられる絵ですね。

    他にも大評議の間を見渡してみると、こんな絵も。どういう名前の絵なのかはわかりませんが、ヴェネツィアが海洋国家であったんだなあ、と感じさせられる絵ですね。

  • そのあとの部屋が、投票の間かな?

    そのあとの部屋が、投票の間かな?

  • いやあ、どこも圧巻で見応えのある宮殿でした。

    いやあ、どこも圧巻で見応えのある宮殿でした。

  • 最後に、もう一度大評議の間へ行って、世界最大級の油絵を眺めてから

    最後に、もう一度大評議の間へ行って、世界最大級の油絵を眺めてから

  • 順路に従って次のところへ。

    順路に従って次のところへ。

  • ガラリと雰囲気が変わってきました。

    ガラリと雰囲気が変わってきました。

  • おや、ここがためいき橋の中かなあ。

    おや、ここがためいき橋の中かなあ。

  • ため息の橋を渡って

    ため息の橋を渡って

  • やってきたのは監獄エリア。

    やってきたのは監獄エリア。

  • こんな感じだったんですな。牢獄。

    こんな感じだったんですな。牢獄。

  • 当時は電気もなかったでしょうし、暗かっただろうな……。

    当時は電気もなかったでしょうし、暗かっただろうな……。

  • 中庭には井戸がありました。

    中庭には井戸がありました。

  • 牢獄を一通りまわると、

    牢獄を一通りまわると、

  • 再びため息橋を渡って戻ります。

    再びため息橋を渡って戻ります。

  • 外を眺めてみると……

    外を眺めてみると……

    ため息橋 建造物

  • お~、皆さん外からため息橋を撮影していますね~。

    お~、皆さん外からため息橋を撮影していますね~。

  • 最後にミュージアムショップを抜けて

    最後にミュージアムショップを抜けて

  • 外へ、正確には中庭へと戻ってきました。

    外へ、正確には中庭へと戻ってきました。

  • いやあ、圧巻の豪華さでありましたね、ドゥカーレ宮殿。

    いやあ、圧巻の豪華さでありましたね、ドゥカーレ宮殿。

37いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集