ボルドー 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7月30日 パリ泊 <br />7月31日~8月12日 ボルドー泊 &#11013;11日目です。今日は予期せず近郊のペサックに泊まることに。<br />8月12日~8月14日 ルルド泊<br />8月14日~8月16日 ビアリッツ泊<br />8月16日~8月18日 スペイン、サンセバスチャン泊<br />8月18日~8月20日 サン ジャン デュ リュズ泊<br />8月20日~8月21日 シャルルドゴール空港近く泊<br /><br />待ちに待った三年連続三回目フランス旅行。毎回行くエリアを変えていますが、その度に好きな所が増えていきます。今回は南西部のヌーベルアキテーヌ地方を中心に、以前スペインで行かなかったサンセバスチャンの街へも脚を伸ばすことにしました。

大好きフランス vol.11 Pessac Bordeaux あたたかい人たち

27いいね!

2016/08/10 - 2016/08/10

19位(同エリア284件中)

    28

    7月30日 パリ泊
    7月31日~8月12日 ボルドー泊 ⬅11日目です。今日は予期せず近郊のペサックに泊まることに。
    8月12日~8月14日 ルルド泊
    8月14日~8月16日 ビアリッツ泊
    8月16日~8月18日 スペイン、サンセバスチャン泊
    8月18日~8月20日 サン ジャン デュ リュズ泊
    8月20日~8月21日 シャルルドゴール空港近く泊

    待ちに待った三年連続三回目フランス旅行。毎回行くエリアを変えていますが、その度に好きな所が増えていきます。今回は南西部のヌーベルアキテーヌ地方を中心に、以前スペインで行かなかったサンセバスチャンの街へも脚を伸ばすことにしました。

    同行者
    一人旅
    交通手段
    鉄道 徒歩
    航空会社
    エアカナダ
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    グルメ
    5.0
    交通
    4.5

    PR

    • ボルドー滞在も今日と明日のみ。アパートのオーナーのマリーさんが2日間友人のコテージに行っていたので、その間は留守番となりましたが、色々おしゃべりして、居心地がいいこと。。。AirBnBを利用するのは昨年の両親とのフランス旅行のパリ、アルル、カシに続いて四回目。でも今回は私一人ですし、オーナー(のマリーさん)とキッチンなどをシェアするのは初めての形態。彼女は私をとても信用・大事にしてくれ、彼女が2日間郊外に行き家を開けるときも、先日ホームパーティーでお会いした友人のジャンを緊急連絡先として私のことを頼んでくれたりしました。<br /><br />今日の夜は、光栄にもIさんのお家にディナーにお呼ばれされたので、朝はゆっくりとマリーさんとお話して、昼は私の大好きなこのレストランへ。12日間で3回目&#128517;<br /><br />Restaurant Influences <br />36 Rue Saint-Sernin, 33000 Bordeaux, France

      ボルドー滞在も今日と明日のみ。アパートのオーナーのマリーさんが2日間友人のコテージに行っていたので、その間は留守番となりましたが、色々おしゃべりして、居心地がいいこと。。。AirBnBを利用するのは昨年の両親とのフランス旅行のパリ、アルル、カシに続いて四回目。でも今回は私一人ですし、オーナー(のマリーさん)とキッチンなどをシェアするのは初めての形態。彼女は私をとても信用・大事にしてくれ、彼女が2日間郊外に行き家を開けるときも、先日ホームパーティーでお会いした友人のジャンを緊急連絡先として私のことを頼んでくれたりしました。

      今日の夜は、光栄にもIさんのお家にディナーにお呼ばれされたので、朝はゆっくりとマリーさんとお話して、昼は私の大好きなこのレストランへ。12日間で3回目😅

      Restaurant Influences
      36 Rue Saint-Sernin, 33000 Bordeaux, France

    • いつも通り一番乗りで店に入った私、こちらから言わなくても前回の訪問のレビューをありがとう、と言われました(笑)。<br /><br />さてさて、あつあつのべシャメルソースと西洋ニラのシューがまたきました。今日は中を切って写真に撮ってみたので、みえますでしょう?<br /><br />さて今日のサプライズメニューはなんでしょうか。

      いつも通り一番乗りで店に入った私、こちらから言わなくても前回の訪問のレビューをありがとう、と言われました(笑)。

      さてさて、あつあつのべシャメルソースと西洋ニラのシューがまたきました。今日は中を切って写真に撮ってみたので、みえますでしょう?

      さて今日のサプライズメニューはなんでしょうか。

    • Je vous remercie pour votre accueil chaleureux et votre création extraordinaire. Ils restrons dans mon coeur avec les autres BONS souvenirs de Bordeaux.  C&#x27;était un grand plaisir d&#x27;avoir vous deux rencontrés.

      Je vous remercie pour votre accueil chaleureux et votre création extraordinaire. Ils restrons dans mon coeur avec les autres BONS souvenirs de Bordeaux. C'était un grand plaisir d'avoir vous deux rencontrés.

    • 「これは前回と同じ、コーンスープです。」手作りなのがわかる、ほどよい酸味と甘味、そして透明なコーンのツブツブの食感が楽しいこと。

      「これは前回と同じ、コーンスープです。」手作りなのがわかる、ほどよい酸味と甘味、そして透明なコーンのツブツブの食感が楽しいこと。

    • ラディ、うす緑のはアボガドのソース。暑い夏に涼やかな野菜の一品。パインナッツもふんだんに添えられています。C&#x27;est très très bon!

      ラディ、うす緑のはアボガドのソース。暑い夏に涼やかな野菜の一品。パインナッツもふんだんに添えられています。C'est très très bon!

    • ダックとプラムの繊細な美しいメイン。確か黄色のケーキなようなのはホームメードポレンタです。ミントを添えて彩りも良く。幸せ。<br /><br />今日はこの後Iさんの家に行く前に手土産もかいたいので、こちらのレストランでもおいているダマンフレールの紅茶が近くで買えるお店のことも教えていただきました。<br /><br />最近久々にこちらのことをググってみたら、どうやらミシュランに掲載されたようで、こーんな美味しいレストランだから当然なのかもしれませんが、開店当時(2016年夏)に通ったファンとしては少し複雑です。。 でも頑張って私の次回訪問にはより驚かせていただきたい!

      ダックとプラムの繊細な美しいメイン。確か黄色のケーキなようなのはホームメードポレンタです。ミントを添えて彩りも良く。幸せ。

      今日はこの後Iさんの家に行く前に手土産もかいたいので、こちらのレストランでもおいているダマンフレールの紅茶が近くで買えるお店のことも教えていただきました。

      最近久々にこちらのことをググってみたら、どうやらミシュランに掲載されたようで、こーんな美味しいレストランだから当然なのかもしれませんが、開店当時(2016年夏)に通ったファンとしては少し複雑です。。 でも頑張って私の次回訪問にはより驚かせていただきたい!

    • さぁIさんのお家へ行くまでに少し時間があるので、レストランから近くの装飾芸術・デザイン美術館へきました。実はボルドーで美術館はここが初めて。。門をくぐると、

      さぁIさんのお家へ行くまでに少し時間があるので、レストランから近くの装飾芸術・デザイン美術館へきました。実はボルドーで美術館はここが初めて。。門をくぐると、

      装飾美術館 博物館・美術館・ギャラリー

    • ホテル ラランドとして1775年から1779年に建てられましたが、所有者は転々とし、1880年にボルド市が購入。

      ホテル ラランドとして1775年から1779年に建てられましたが、所有者は転々とし、1880年にボルド市が購入。

    • 主に1880年代以降のボルドーの繁栄期にまつわる家具や展示品が常設、デザイナーの新しい作品の特別展(別料金)であります。時間の都合上、常設展だけをみます。

      主に1880年代以降のボルドーの繁栄期にまつわる家具や展示品が常設、デザイナーの新しい作品の特別展(別料金)であります。時間の都合上、常設展だけをみます。

    • Marie-Thérèse de France (1778-1851)<br /><br />ルイ16世とマリーアントワネットの一番上の子供。

      Marie-Thérèse de France (1778-1851)

      ルイ16世とマリーアントワネットの一番上の子供。

    • 公爵夫人の間にきました。

      公爵夫人の間にきました。

    • ボルドー骨董らしいです。

      ボルドー骨董らしいです。

    • 私はこういう感じの家具は好きではありませんが、ハープが生で聴けるのはいいなぁ。

      私はこういう感じの家具は好きではありませんが、ハープが生で聴けるのはいいなぁ。

    • いつも思いますが、天蓋付き昔のベッドは寝る部分が小さいですよね。気のせいかな。

      いつも思いますが、天蓋付き昔のベッドは寝る部分が小さいですよね。気のせいかな。

    • またハープだ。

      またハープだ。

    1件目~20件目を表示(全28件中)

    この旅行記のタグ

      27いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • NOAHさん 2018/02/14 15:48:24
        どのお皿も美味しそう!(≧∀≦)
        dankeさん、こんにちは!
        自身の旅行内容とは180度方向性が違いますが、すてきなご旅行だな〜と拝見しています。
        「暮らすように旅する」という言葉をたまに耳にしますが、まさにそんな雰囲気で。
        深い話ができるのはdankeさんの語学力があってこそというのは勿論ですがそれだけではなく、人間力と人に構えさせない魅力があり、あとdankeさんは人がお好きな方なのだろうと妄想しています。

        NOAH

        danke

        dankeさんからの返信 2018/02/15 01:54:42
        RE: どのお皿も美味しそう!(≧∀≦)
        NOAHさん、

        素敵なコメントをありがとうございます。NOAHさんのところにもお邪魔しなくちゃ!

        このレストランははっきり言って超、おすすめです。これでランチ16ユーロくらいなんて信じられないでしょう? 人気がとても出ているようですが、いい部分は維持していただきたいなぁ。。。ボルドーに行ったら必ず再訪します。

        旅は人それぞれ、NOAHさんの旅行、可愛らしいちまさんととびきりかわいいものを身にまとい、とびきり美しい景色や色を求めて歩く、そしてまだみたことのないものを求め、というのも素敵です。はっきりいって、旅に正解はないし、だからこそいいのだと思います。

        サン テグジュペリの人間の大地(渋谷豊さん訳)の一節に、
        「本当の贅沢は一つしかない。人間の関係という贅沢がそれだ。」とあります。これは同僚のことについて言っている節ですが、旅にも通じるものがあるとは思います。

        旅は、はっきり言って、いつも住んでいる土地ではいませんし、いわばお金を出して自分の知らなかったり大好きな土地に行くので、いいとこどりというのもあるかもしれません。が、その中でもいい人たちに5分でも、一度でも、会える可能性はあるわけで…。まぁそんな出会いがあれば美しい景色、おいしいもの、わくわくする機会、がより深く心に刻まれると思います。ただその旅が伴侶をともなうものであれば、もちろん、その人間関係がより旅を充実させてくれると思います。

        えらそうに書きましたが(汗)、ただ単にNOAHさんの言われるように、人に構えさせない雰囲気はもしかしたらあるのかもしれません。初めての土地でもよく道をきかれるし初めてあった子供にも遊び相手になっているし。。 このおよばれしたバーベキューでもドイツからのお子さんたちに片言の英語で会話しました。本人はパリっとしたカッコいい熟女のつもりなんだけれど、なんて(笑)。

      dankeさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      フランス最安 240円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      フランスの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      ボルドー(フランス) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集