マーストリヒト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ファンケンブルグの洞窟のクリスマスマーケットの見学を終えて、30分ほどの移動でマーストリヒトに到着しました。いろいろな国を行ったり来たりしているのでここはオランダなのかどこだか分からなくなります。マース川のほとりでバスを降りて旧市街まで20分くらい歩いたでしょうか。まずは予定に入っている「ドミニカネン」という世界で一番美しいといわれる本屋さんに入ります。元々は教会だった建物をそのまま本屋として使っています。内部に鉄骨で足場を組んで3階建てになっていたり、確かに美しい本屋ですが地元の人は気にしている様子もなく写真を撮っていても無関心です。添乗員さんは予定に載っている場所に案内しなければならないので、急いで「聖セルファース教会」に向かいますが、一足遅れで門扉が閉められています。ただここにはあまり皆さん興味が無かったようで、横のクリスマスマーケット会場で解散します。17時45分とかなり刻んだ時間まで自由行動になります。「フレイトホフ広場」には巨大な観覧車とスケートリンク、それを取り囲むようにクリスマスマーケットの屋台が立ち並びます。ここではシャンピニオンを食べましたが熱々に煮込んであって美味しかったです。続いて市役所広場にも行ってみましたが、こちらはマーケットは無く閑散としていました。デルフトの広場を思い出す雰囲気でした。仕方ないので広場に面した自動販売機の並んだレストランで熱々のコロッケを買って食べ歩きです。最後は集合場所の脇のイタリアンジェラート店で美味しいアイスを食べてマーストリヒトの観光は終わりですが、この日はこのままベルギーへと国境を越えブリュッセルまで移動です。

ドイツ・ベルギー・オランダ3か国のクリスマスマーケット巡り(6)マーストリヒトのクリスマスマーケットと世界一美しい本屋ドミニカーネン。

8いいね!

2017/12/07 - 2017/12/07

55位(同エリア108件中)

kojikoji

kojikojiさん

ファンケンブルグの洞窟のクリスマスマーケットの見学を終えて、30分ほどの移動でマーストリヒトに到着しました。いろいろな国を行ったり来たりしているのでここはオランダなのかどこだか分からなくなります。マース川のほとりでバスを降りて旧市街まで20分くらい歩いたでしょうか。まずは予定に入っている「ドミニカネン」という世界で一番美しいといわれる本屋さんに入ります。元々は教会だった建物をそのまま本屋として使っています。内部に鉄骨で足場を組んで3階建てになっていたり、確かに美しい本屋ですが地元の人は気にしている様子もなく写真を撮っていても無関心です。添乗員さんは予定に載っている場所に案内しなければならないので、急いで「聖セルファース教会」に向かいますが、一足遅れで門扉が閉められています。ただここにはあまり皆さん興味が無かったようで、横のクリスマスマーケット会場で解散します。17時45分とかなり刻んだ時間まで自由行動になります。「フレイトホフ広場」には巨大な観覧車とスケートリンク、それを取り囲むようにクリスマスマーケットの屋台が立ち並びます。ここではシャンピニオンを食べましたが熱々に煮込んであって美味しかったです。続いて市役所広場にも行ってみましたが、こちらはマーケットは無く閑散としていました。デルフトの広場を思い出す雰囲気でした。仕方ないので広場に面した自動販売機の並んだレストランで熱々のコロッケを買って食べ歩きです。最後は集合場所の脇のイタリアンジェラート店で美味しいアイスを食べてマーストリヒトの観光は終わりですが、この日はこのままベルギーへと国境を越えブリュッセルまで移動です。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ANA
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • ファンケンベルグでは最後にバスへ戻る前に雨が降ってきて難儀しましたが、マーストリヒトに着くころには雨は止んでいました。マース川を渡れば町に到着です。

    ファンケンベルグでは最後にバスへ戻る前に雨が降ってきて難儀しましたが、マーストリヒトに着くころには雨は止んでいました。マース川を渡れば町に到着です。

  • 美しい船の係留所もありました。この辺りが栄えたのと川を使った物流は深い関係があったと思われます。

    美しい船の係留所もありました。この辺りが栄えたのと川を使った物流は深い関係があったと思われます。

  • 美しいアーチの「ホーゲ・ブルグ橋」です。クリスマス時期はイルミネーションで飾られています。

    美しいアーチの「ホーゲ・ブルグ橋」です。クリスマス時期はイルミネーションで飾られています。

  • 川辺に大きな船が停泊していると思ったのですが。

    川辺に大きな船が停泊していると思ったのですが。

  • ヨーロッパの川のある観光地によく見られるボーテルというボート型のホテルでした。プラハやブダペストを旅した時は利用してみようと考えたこともありましたが、まだ泊まったことはありません。

    ヨーロッパの川のある観光地によく見られるボーテルというボート型のホテルでした。プラハやブダペストを旅した時は利用してみようと考えたこともありましたが、まだ泊まったことはありません。

  • ヨーロッパの古い都市が一番美しく見える時間帯だと思います。聖マルティヌス教会のネオゴシック様式の尖塔が美しくそびえています。

    ヨーロッパの古い都市が一番美しく見える時間帯だと思います。聖マルティヌス教会のネオゴシック様式の尖塔が美しくそびえています。

  • 川べりにあった「TOKYOTO」というレストラン。

    川べりにあった「TOKYOTO」というレストラン。

  • 繁華街の道はこんな風にイルミネーションで飾られています。

    繁華街の道はこんな風にイルミネーションで飾られています。

  • 突き当りには「バイエンコルフ(de Bijenkorf)」という百貨店でした。個人旅行だったら絶対に中に入るのですが、ツアーではそんな願いは叶いません。

    突き当りには「バイエンコルフ(de Bijenkorf)」という百貨店でした。個人旅行だったら絶対に中に入るのですが、ツアーではそんな願いは叶いません。

  • バイエンコルフを右折して広場に向かいます。

    バイエンコルフを右折して広場に向かいます。

  • 「フレイトホフ広場」の巨大な観覧車が見えてきました。

    「フレイトホフ広場」の巨大な観覧車が見えてきました。

  • 手前のドミニカネルケルク通りという路地に入ります。

    手前のドミニカネルケルク通りという路地に入ります。

  • 名前の通り路地の奥には「ドミニカネン」という本屋さんがあります。元々は教会だった建物で、正式名称は「ブックハンデル・ドミニカネン(Boekhandel Dominicanen)」というそうです。

    名前の通り路地の奥には「ドミニカネン」という本屋さんがあります。元々は教会だった建物で、正式名称は「ブックハンデル・ドミニカネン(Boekhandel Dominicanen)」というそうです。

  • 内部の美しさはこの通りでいくつもの写真集で紹介されている世界一美しい本屋さんです。これまでに見た本屋で一番美しいのはポルトガルのポルトで入った「レロ・イ・イルマオン」(ハリー・ポッターの映画にも出ていた。)ですが、ここも美しいです。

    内部の美しさはこの通りでいくつもの写真集で紹介されている世界一美しい本屋さんです。これまでに見た本屋で一番美しいのはポルトガルのポルトで入った「レロ・イ・イルマオン」(ハリー・ポッターの映画にも出ていた。)ですが、ここも美しいです。

  • この後に行くブリュッセルの「ギャルリー・サンチュベール」にある「トロピズム」という本屋さんも世界一美しい本屋と呼ばれますが、甲乙つけがたい魅力があります。

    この後に行くブリュッセルの「ギャルリー・サンチュベール」にある「トロピズム」という本屋さんも世界一美しい本屋と呼ばれますが、甲乙つけがたい魅力があります。

  • 2008年にイギリスの新聞「ガーディアン」が世界中の本屋から「世界で最も美しい本屋」を10軒選び発表しましたが、その中に選ばれて有名になったそうです。

    2008年にイギリスの新聞「ガーディアン」が世界中の本屋から「世界で最も美しい本屋」を10軒選び発表しましたが、その中に選ばれて有名になったそうです。

  • 今から700年以上前にドミニコ会修道院の教会として建てられましたが、歴史の波に翻弄されて荒廃し、一時は倉庫や自転車置き場にまでなったそうです。

    今から700年以上前にドミニコ会修道院の教会として建てられましたが、歴史の波に翻弄されて荒廃し、一時は倉庫や自転車置き場にまでなったそうです。

  • 太い柱とヴォールト天井の組み合わせがとても美しいです。訪れた時間帯も良かったのだと思いますが、窓から差し込む光が青く染まってさらに美しく見えます。

    太い柱とヴォールト天井の組み合わせがとても美しいです。訪れた時間帯も良かったのだと思いますが、窓から差し込む光が青く染まってさらに美しく見えます。

  • 教会の内陣に鉄骨を組んで3階建てになっています。床の墓碑もそのまま残されているのですね。

    教会の内陣に鉄骨を組んで3階建てになっています。床の墓碑もそのまま残されているのですね。

  • 教会を見学してもこのような目線で建物を見ることが出来ないので貴重な体験です。ウィーンのカールス教会へ行ったときに工事用のエレベーターでドーム近くまでのどれたことがありましたが、これも貴重な体験でした。

    教会を見学してもこのような目線で建物を見ることが出来ないので貴重な体験です。ウィーンのカールス教会へ行ったときに工事用のエレベーターでドーム近くまでのどれたことがありましたが、これも貴重な体験でした。

  • 本屋さんの見学が終わった後は予定表にある「聖セルファース教会」に向かいます。

    本屋さんの見学が終わった後は予定表にある「聖セルファース教会」に向かいます。

  • 左手の「フレイトホフ広場」が気になりますが添乗員さんの後に続きます。

    左手の「フレイトホフ広場」が気になりますが添乗員さんの後に続きます。

  • 右手にはレンガ造りの美しいアールヌーヴォーの建物はオランダの紋章の下にポスト&テレグラムとあるので元々は郵便と電信を扱う建物だったようです。アールヌーヴォー様式は第1次世界大戦までで、大戦以降はアールデコ・モダニズムなどに変わっていきますが、オランダは第1次世界大戦では中立だったので戦争による中断がなく、アールヌーヴォー様式が続いたと言われています。

    右手にはレンガ造りの美しいアールヌーヴォーの建物はオランダの紋章の下にポスト&テレグラムとあるので元々は郵便と電信を扱う建物だったようです。アールヌーヴォー様式は第1次世界大戦までで、大戦以降はアールデコ・モダニズムなどに変わっていきますが、オランダは第1次世界大戦では中立だったので戦争による中断がなく、アールヌーヴォー様式が続いたと言われています。

  • 「聖セルファース教会」に到着しました。ガイドブックには入場は午後4時30分とありましたがすでに4時50分です…。ロマネスクとゴシック様式の混ざった美しいファサードです。

    「聖セルファース教会」に到着しました。ガイドブックには入場は午後4時30分とありましたがすでに4時50分です…。ロマネスクとゴシック様式の混ざった美しいファサードです。

  • 案の定入り口の門扉は閉じられ内部を見学することは出来ませんでした。

    案の定入り口の門扉は閉じられ内部を見学することは出来ませんでした。

  • 聖セルファースは4世紀にマーストリヒトにやって来たこの町の最初の司祭で、伝承によると死後埋葬された場所に小さな木の礼拝堂が建てられたそうです。その後何世紀もかけてこの礼拝堂は現在の聖セルファース教会の姿になったということです。出口の扉だけが少し開いています。

    聖セルファースは4世紀にマーストリヒトにやって来たこの町の最初の司祭で、伝承によると死後埋葬された場所に小さな木の礼拝堂が建てられたそうです。その後何世紀もかけてこの礼拝堂は現在の聖セルファース教会の姿になったということです。出口の扉だけが少し開いています。

  • 聖セルファース教会はカトリック教会なので、プロテスタント教会に比べ華やかな内装なので楽しみにはしていました。残念ですが仕方ありません。

    聖セルファース教会はカトリック教会なので、プロテスタント教会に比べ華やかな内装なので楽しみにはしていました。残念ですが仕方ありません。

  • 教会の前に立つのは聖セルファースの像でしょう。少しマニエリスムを感じるひょろ長い姿で表わされています。エル・グレコの絵を立体にしたような印象を受けます。

    教会の前に立つのは聖セルファースの像でしょう。少しマニエリスムを感じるひょろ長い姿で表わされています。エル・グレコの絵を立体にしたような印象を受けます。

  • 教会前で解散してクリスマスマーケットに集中します。

    教会前で解散してクリスマスマーケットに集中します。

  • 巨大な観覧車の前は大きなスケートリンクがあります。オランダ人の人はスケートが大好きですからね。アムステルダムの国立美術館にも古いフランドルの絵で湖沼でスケートを楽しむ人々の絵があります。

    巨大な観覧車の前は大きなスケートリンクがあります。オランダ人の人はスケートが大好きですからね。アムステルダムの国立美術館にも古いフランドルの絵で湖沼でスケートを楽しむ人々の絵があります。

  • 誰もお客のいないメリーゴーランドはちょっと寂しいです。

    誰もお客のいないメリーゴーランドはちょっと寂しいです。

  • 子供の喜びそうな屋台は世界共通ですね。

    子供の喜びそうな屋台は世界共通ですね。

  • マーストリヒトの象徴的存在の聖ヤンス教会と聖セルファース教会が並んだ美しい光景ですが、フラッシュを焚いたら背景が真っ黒けです。

    マーストリヒトの象徴的存在の聖ヤンス教会と聖セルファース教会が並んだ美しい光景ですが、フラッシュを焚いたら背景が真っ黒けです。

  • 「聖ファルース教会」は内陣の後ろから見た方がロマネスクを様式を感じます。

    「聖ファルース教会」は内陣の後ろから見た方がロマネスクを様式を感じます。

  • 一度クリスマスマーケットでスケートをしてみたいです。最後にスケートをしたのは赤城山か榛名山ですが、今も氷が張ってスケートできるのでしょうか。もう50年近く前のことです。

    一度クリスマスマーケットでスケートをしてみたいです。最後にスケートをしたのは赤城山か榛名山ですが、今も氷が張ってスケートできるのでしょうか。もう50年近く前のことです。

  • 仮設とはいえ本格的なお店まであります。こういったヨーロッパの移動遊園地やマーケットはすごいと思います。

    仮設とはいえ本格的なお店まであります。こういったヨーロッパの移動遊園地やマーケットはすごいと思います。

  • 「マジカル・マーストリヒト」の星を掲げた観覧車を見上げてみます。さすがに風が強くて寒いので乗ってみたいとは思いませんでした。

    「マジカル・マーストリヒト」の星を掲げた観覧車を見上げてみます。さすがに風が強くて寒いので乗ってみたいとは思いませんでした。

  • きれいなイルミネーションで記念写真を撮りました。

    きれいなイルミネーションで記念写真を撮りました。

  • 広場を離れて町中も少し歩いてみます。

    広場を離れて町中も少し歩いてみます。

  • おしゃれなショッピングセンターもあります。もうこの町に泊まりたいという気分です。

    おしゃれなショッピングセンターもあります。もうこの町に泊まりたいという気分です。

  • 「マーストリヒト市庁舎」は「マーケット広場」に面して建っていました。1659年から5年の歳月を費やして完成したそうです。ここでもクリスマスマーケットが開かれるのかと思っていましたが閑散としていました。多分通常のマーケットが開かれているのでしょう。

    「マーストリヒト市庁舎」は「マーケット広場」に面して建っていました。1659年から5年の歳月を費やして完成したそうです。ここでもクリスマスマーケットが開かれるのかと思っていましたが閑散としていました。多分通常のマーケットが開かれているのでしょう。

  • 市庁舎の雰囲気と大きさからデルフトの広場を思い出しました。デルフトには3日ほど滞在しましたが、オランダ王家を知るには最低2日は必要な町でした。

    市庁舎の雰囲気と大きさからデルフトの広場を思い出しました。デルフトには3日ほど滞在しましたが、オランダ王家を知るには最低2日は必要な町でした。

  • 市庁舎の前にある建物に妻が入っていくので何かと思ったら自動販売レストランでした。妻は前のオランダ旅行でコロッケの味をしめています。仕方ないので1.5ユーロ渡します。

    市庁舎の前にある建物に妻が入っていくので何かと思ったら自動販売レストランでした。妻は前のオランダ旅行でコロッケの味をしめています。仕方ないので1.5ユーロ渡します。

  • その名も「フリッター」です。カウンターでも料理を注文できて、店内でも食事できるようですが我々は立ち食いです。

    その名も「フリッター」です。カウンターでも料理を注文できて、店内でも食事できるようですが我々は立ち食いです。

  • 濃厚な味のクリームコロッケを食べながらウインドウショッピングです。

    濃厚な味のクリームコロッケを食べながらウインドウショッピングです。

  • 確かにオランダのコロッケは美味しいです。

    確かにオランダのコロッケは美味しいです。

  • もう一度「フレイトホフ広場」のクリスマスマーケットに戻ります。そこで2人そろって「あっ。」と声を上げます。シャンピニオンの文字を見つけました。

    もう一度「フレイトホフ広場」のクリスマスマーケットに戻ります。そこで2人そろって「あっ。」と声を上げます。シャンピニオンの文字を見つけました。

  • 玉ねぎと一緒に美味しそうに煮えたマッシュルームです。

    玉ねぎと一緒に美味しそうに煮えたマッシュルームです。

  • 4.5ユーロと少し高めなのですが、妻の満面の笑顔を見れば安いものです。

    4.5ユーロと少し高めなのですが、妻の満面の笑顔を見れば安いものです。

  • 醤油に近い味で煮込まれた玉ねぎとマッシュルームにマヨネーズソースって、まずい訳がありません。熱々で最高に美味しかったです。

    醤油に近い味で煮込まれた玉ねぎとマッシュルームにマヨネーズソースって、まずい訳がありません。熱々で最高に美味しかったです。

  • 少しお腹も一杯になったのでマーケット巡りを続けます。親子連れが楽しそうなのはどこのマーケットも同じです。

    少しお腹も一杯になったのでマーケット巡りを続けます。親子連れが楽しそうなのはどこのマーケットも同じです。

  • 雪ダルマもスケートしています。

    雪ダルマもスケートしています。

  • メリーゴーランドのサンタクロースはロケットに乗って出発進行!

    メリーゴーランドのサンタクロースはロケットに乗って出発進行!

  • そろそろ集合時間です。遅れてはいけません。

    そろそろ集合時間です。遅れてはいけません。

  • 「PINKY」というイタリアン・ジェラートのお店のお姉さんはとてもチャーミングでした。

    「PINKY」というイタリアン・ジェラートのお店のお姉さんはとてもチャーミングでした。

  • ワッフルにレッド&ブラックベリーとピスタチオをお願いしました。濃厚でどちらも美味しかったです。

    ワッフルにレッド&ブラックベリーとピスタチオをお願いしました。濃厚でどちらも美味しかったです。

  • ピスタチオのジェラートは原価率が高いから日本で食べるとあまりおいしくなかったりしますがヨーロッパのピスタチオは美味しいです。シチリア風にパンに挟んで食べたい気もします。ワッフルまで食べるとお腹が更にいっぱいです。

    ピスタチオのジェラートは原価率が高いから日本で食べるとあまりおいしくなかったりしますがヨーロッパのピスタチオは美味しいです。シチリア風にパンに挟んで食べたい気もします。ワッフルまで食べるとお腹が更にいっぱいです。

  • さぁ時間になり皆さん揃ったのでバスに戻ります。

    さぁ時間になり皆さん揃ったのでバスに戻ります。

  • 美味しそうに炒られたピーナッツは表までいい香りがします。時間があったら買いたかったです。

    美味しそうに炒られたピーナッツは表までいい香りがします。時間があったら買いたかったです。

  • 往きと帰りは違う道を通って戻りました。昨年のマーケット巡りで行ったスロヴェニアのリブリヤーナの町を思い出させる雰囲気です。

    往きと帰りは違う道を通って戻りました。昨年のマーケット巡りで行ったスロヴェニアのリブリヤーナの町を思い出させる雰囲気です。

  • 「聖母教会」の前の広場もきれいでした。教会の入り口に聖母子像が見えましたが、観に行く時間もありません。

    「聖母教会」の前の広場もきれいでした。教会の入り口に聖母子像が見えましたが、観に行く時間もありません。

  • 後ろ髪を引かれるように街並みを振り返ります。

    後ろ髪を引かれるように街並みを振り返ります。

  • 不思議な建築様式の建物です。それでいてきっちり左右対称になっています。壁に設けられた鉄製の金物は壁が崩れないように引っ張る役目があります。これが無かったら壁の中央部が膨らんで壊れるだろうと感じます。

    不思議な建築様式の建物です。それでいてきっちり左右対称になっています。壁に設けられた鉄製の金物は壁が崩れないように引っ張る役目があります。これが無かったら壁の中央部が膨らんで壊れるだろうと感じます。

  • 「マジカル・マーストリヒト」はこれでおしまいですが、バスに乗って国境を越えてベルギーのブリュッセルまで移動です。

    「マジカル・マーストリヒト」はこれでおしまいですが、バスに乗って国境を越えてベルギーのブリュッセルまで移動です。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集