トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

カンボジア・シェムリアップおすすめ観光ランキングベスト15!

カンボジア・シェムリアップおすすめ観光ランキングベスト15!

photo by kokochan408さん

「アンコールワット」をはじめとした、世界遺産に登録されている遺跡群を見ることができるカンボジア・シェムリアップ。今回はカンボジア・シェムリアップ周辺の定番観光スポットを、フォートラベルのクチコミ満足度を基に、ランキング形式でご紹介します。

4travel.jp

フォートラベル編集部

カンボジア・シェムリアップ観光におすすめの時期は?

カンボジアの季節は、ざっくりと11月から4月の乾季と5月から10月までの雨季に分けられます。観光におすすめの時期は、12月から2月までの比較的涼しく過ごしやすい時期(とはいえ、最高気温は30℃前後)です。

ただし、雨季の観光がよいという意見もあり、特に「アンコールワット」の朝焼け、東南アジア最大の湖「トンレサップ湖」、シェムリアップ郊外にある「ベンメリア」、今回は紹介しませんが水中遺跡「クバール スピアン」などは雨季の方が観光に適しているとも言われています。

逆に避けておいた方がよい時期は、4月と5月。厳密には3月末あたりから気温が高くなり、40℃に達することもあります。ゴールデンウィークのある、海外旅行をしやすい時期ではありますが、暑さが苦手という方は避けた方がよいでしょう。

15位 チャイアンコール

指圧、ヨガ、タイ古式マッサージなど東洋のリラクゼーション法をミックスした、オリジナルの「チャイ式マッサージ」を受けられるお店。六本木にマッサージ店を構える日本人が経営しており、日本語の問診票など、日本語でのサービスを受けることができます(セラピストはカンボジア人)。アンコールワットから市街地に帰る途中にあるので、遺跡観光の疲れを癒やしに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約10分(無料送迎あり)

クチコミ:ツアー込みで知り、気に入り自分たちでも行きました

ジジンシさん

東京にも店があるのか思っていたら経営者は日本人である。どうもこちらの方が支店であるらしい。マッサージは上手く、後日またこの店に来ることになりました。日本人好みのマッサージにしているのかもしれません。もっと見る

14位 アンコール国立博物館

アンコール遺跡から出土した石像、レリーフなどが展示された博物館。可能であれば、遺跡を実際に見学する前の予習で立ち寄りたいスポットです。日本語音声ガイドや日本語ビデオ上映もあるので、言葉がわからなくても大丈夫。最低でも1時間は確保して回りたい、見どころ満載の博物館です。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約5分

クチコミ:見るべき価値ある展示物満載です

TravelJackさん

とてもきれいな建物で、展示も工夫されていて見易いです。できれば遺跡に行く前に観たいところですが、遺跡ツアー後でも復習になります。音声ガイドは各国語版が準備されていて5USDで借りることができますが、とても丁寧で分かり易い解説ですので、ぜひ借りましょう!見学時間は人に寄りますが、少なくとも60分、じっくりと見るなら120分以上は必要です。もっと見る

13位 スラ スラン

10世紀なかばから12世紀末にかけて、王の沐浴池として造られた人工池。東西約700m、南北約300mという大きさの池で、現在は朝日や夕日を見る定番スポットとして親しまれています。空の色の移り変わりと、それにともなって色が変わる池がなんとも幻想的です。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約30分

クチコミ:夕陽に染まる美しい風景。

びびママさん

地元の方が「King’s Swimming Pool」というスラララン。王の沐浴場だった場所とのこと。遺跡めぐりの際朝に昼に夕に近くを通り水面に癒されました。プレループのサンセットの後にはオレンジの染まる美しい姿が・・。最高の印象的なシーンになりましたもっと見る

12位 プリヤ カーン

「プリヤ カーン」は、「聖なる剣」という意味の菩提寺で、12世紀末に、ジャヤヴァルマン7世がチャンパ軍との戦いに勝利したことを記念して建てられました。ギリシア神殿のような2階建ての建物は、階段も床もないため上にのぼることができない不思議な構造。図書館だったという説がありますが、正確な用途はわかっていません。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約30分

クチコミ:2階建てがめずらしい

keiさん

結構広く見応えありの遺跡です。重厚なムードと木々の軽やかさが良い対比を生んでいます。ここは何といっても2階建てのめずらしい遺跡!神殿のような雰囲気があります。もっと見る

11位 タ ケウ

「タ ケウ」は、「クリスタルの古老」という意味を持つ寺院で、アンコールワット造営の試金石として11世紀初頭に建てられたと言われています。建設を主導していた王が亡くなったことで、建設が中断され、未完成のまま放置されることになりました。当時の建設過程を知ることができる貴重なスポットです。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約30分

クチコミ:かなりハード

keiさん

ピラミッド式遺跡でかなりカッコイイのですが、登るのはかなりハードです。というのも整備された階段ではなく、段差の大きい石階段(しかもわりと不揃い)を登る必要があるからです。体の小さな日本人には結構つらいです。しかし登ったあとの達成感とそこからの眺めは素晴らしいです。体力が許すならば登ることをオススメします。もっと見る

10位 バンテアイ クディ

ヒンドゥー教寺院として建てられたものを仏教寺院として建て直し、その後ヒンドゥー教寺院になったという珍しい歴史を持つ寺院です。ほかの遺跡と比べて観光客が少ないため、静かに見て回りたい方におすすめ。「スラ スラン」のすぐ近くにあるので、あわせてプランに組み込むとよいでしょう。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約30分

クチコミ:バンテアイ・クデイ

claritinさん

派手な遺跡ではありませんが、今にも崩れそうな壁、表情豊かな美しいデバター、レリーフは見ごたえあります。遺跡の中は迷路のようで、外の眩しい太陽と比べてひっそりとしていて雰囲気があります。門には四面仏の像があります。もっと見る

9位 プレ ループ

シェムリアップ随一の夕日スポットとして知られる「プレ ループ」では、夕日とアンコールワットを同時に見ることができます。また、アンコール遺跡のなかでも1、2を争う、階段がきついスポットなので、のぼる計画であれば歩きやすい靴は必須。体力に不安がある場合は、上らないという選択もありかもしれません。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約30分

クチコミ:最初に見たので驚きの連続!

肉団子さん

一番最初に行ったので、遺跡の姿とその迫力に圧倒されてしまいました。中央には階段があり一気頭頂部へ上ることができますが、足が上部じゃない人は、樹脂サポートがサイドにあるランニングシューズなどで昇るとよいでしょう。頂きからは開けた景色がなかなか素晴らしい。もっと見る

8位 プノン バケン

プレ ループと並ぶ夕日鑑賞スポットとして知られている「プノン バケン」。夕日の写真を撮りたいという方にイチオシのスポットですが、入場制限があるため、遅くとも日没の1時間前から待機する必要があります。アンコール遺跡を見渡せるスポットなので、遺跡観光の序盤に上って全体像を把握するという利用法もありです。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約20分

クチコミ:登る途中で西バライを眺めることができます

Kchanさん

登る途中、バクセイ・チャムクロンの横からの眺めを木々の間から見るスポットがあります。また、遠くに西バライに浮かぶ西メボンを見ることのできる展望台があります。遠くからですが、西バライを上から眺めることなどがお好きな方には、昼間にプノン・バケンに登るのは、良いかもしれません。プノン・バケンからのアンコールワットの眺めは想像以上に素晴らしかったです。もっと見る

7位 トンレサップ湖

トンレサップ湖は東南アジア最大の湖で、現在でも、100万人以上の水上生活者が住んでいると言われています。「伸縮する湖」とも言われ、雨季は乾季の3倍以上の大きさになることも。カンボジアの観光は、比較的涼しく、雨も少ない乾季がおすすめですが、トンレサップ湖のクルーズは、水位の高い雨季、特に8月から10月がおすすめ。どちらを優先するか難しいところですが、もし8月から10月の間で観光を検討されているのであれば、トンレサップ湖をプランに組み込んでみるのもよいでしょう。

アクセス:シェムリアップ市街から遊覧船乗り場まで車で約20分(乾季は約45分)

クチコミ:遺跡だけじゃないシェムリアップ

HALさん

日本から数時間のツアーを申し込み。市内から意外と遠かったのと、船の手続きもガイドさんが行ってくれたのでツアーにして正解。琵琶湖の何倍もあるという巨大な湖の上で暮らす人達の生活や水上の休憩ポイントから見た夕陽。一人旅の人達との出会いなどの中でも、なぜか船に必ずいる現地の子供との触れ合いがとても楽しかった。もっと見る

6位 パブ ストリート

昼はアンコール遺跡、夜は「パブ ストリート」というのが、シェムリアップ観光の定番プランの1つ。クラブの音楽が路上まで響き渡り、時には路上がクラブ化することもあるにぎやかな通りです。ゆったりと過ごしたい方は、1時間約6~7ドルでフットマッサージを受けられる「プーラ ヴィーダ」がおすすめ。

アクセス:シェムリアップ市街から徒歩約1分

クチコミ:外せない場所

katieさん

シェムリアップの観光では外せないスポットかと思います。レストランやバー、マッサージ店などたくさんのお店が立ち並び、賑わっています。夜の方が賑わいがありますが、昼間の時間帯でもロールアイスの屋台で食べたり、ぶらぶらと歩いたりと楽しめました。もっと見る

5位 アンコールトム

アンコール3大遺跡の1つ。プリヤ カーンなどと同様に、12世紀末にジャヤヴァルマン7世によって造られた王都です。高さ約8m、一辺約3kmの城壁で囲まれた中心には、四面仏頭が乱立する「バイヨン」があります。そのほか、「バプーオン」、「ライ王のテラス」、「象のテラス」など見どころの多い、シェムリアップ観光の際はマストで訪れたいスポットです。また、象乗り体験(15~20分)も人気があります。アンコールトム観光に、象乗り体験を組み込んでいるツアーもあるので、体験したい方はツアーを利用するのがおすすめです。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約20分

クチコミ:広いところに細かく点在

keiさん

アンコールワットが狭いところに巨大な建造物1つだとすると、アンコールトムは広いところに小さなものがたくさんといった感じです。バイヨンを中心にいろいろな遺跡があります。マイナーな遺跡もいざ行ってみると趣があって素敵だったりします。大体そういうところは人もほとんどいないので、貸し切り状態で贅沢です。もっと見る

4位 バンテアイ スレイ

「女の砦」という意味を持つ「バンテアイ スレイ」は、シェムリアップの街から40kmほど離れたところにあるヒンドゥー教の寺院遺跡。赤色砂岩を使用した美しい遺跡として知られています。東西約115m、南北約95mと小規模な遺跡ですが、芸術性が高いので、美術館を回るように、1時間程度かけてゆっくり見るのがおすすめです。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約1時間

クチコミ:圧巻の超絶技巧レリーフです

TravelJackさん

いくつか行ったアンコール遺跡の中で一番のお気に入りです。何と言っても赤色砂岩に掘られたレリーフの美しさというか、凄さに圧倒されます。遺跡自体はコンパクトで見易いですし、トイレなどの施設もきれいです。ぜひ行くことをお勧めします。もっと見る

3位 ベンメリア

主に内戦の影響で崩壊し、木々が浸食し廃墟のようになっている寺院。周囲約4.2kmありますが、地雷が埋められており、見ることができるのは一部の遺跡のみです。見学時間は1時間弱で十分でしょう。入口付近から案内人が付くこともありますが、高額の案内料を請求されることもあるので注意が必要です。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約1時間半

クチコミ:神秘的な雰囲気

akiko_03さん

郊外の遺跡で、アンコール遺跡の共通入場券は使えませんが、行く価値は高いと思います。廃墟のように荒廃していますが、それがまたとっても風情があって、神秘的な雰囲気でした。崩れている岩をよく見てみると、美しい彫刻も発見できました。一番奥まで進んだら、さらに奥へ進む道も出来ていたので、今後は裏から入場できるように整備されていくのかもしれません。もっと見る

2位 タ プローム

アンコール3大遺跡の1つ。ジャヤヴァルマン7世が12世紀末に、母親を弔うために造った仏教寺院です。後にヒンドゥー教寺院に改宗されたと言われています。遺跡を覆う、樹齢300年以上と言われるガジュマルが最大の見どころ。現在では、ガジュマルが遺跡を破壊しているのか、遺跡を支えているのか、意見が分かれており、修復方針とともに議論されています。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約30分

クチコミ:かなり混雑する

kamaさん

長い間、森の中で放置されたかのような雰囲気。苔むした遺跡に樹々が絡みつく光景は一度は見ておいたほうがいい。時の流れを感じることができる。暑い夏でも比較的木陰が多くてしのぎやすかった。ただ、足元は不安定。工事中のところもあるので要注意。もっと見る

1位 アンコールワット

カンボジアを代表する観光スポット、アンコールワット。2019年2月現在、朝5時から入場することが可能で、朝日を見るために、早朝から観光客が多く訪れます。早朝以外の時間帯では、日の光の関係で、よい写真が撮りやすい午後が人気。混雑を避けるのであれば、午前中の観光がおすすめです。アンコールワットの最上部、第三回廊に入場してみたいという方もいるかと思いますが、妊婦、また11歳以下の子どもは入場不可であるほか、月に3~5日ある仏日は入場不可、服装にも規定があるなど、入場に際しての注意点があるので、旅行日を決める前に情報を確認しておくとよいでしょう。

アクセス:シェムリアップ市街から車で約20分

クチコミ:子連れアンコールワット

tamutamuさん

結構広くたくさん歩くので、スニーカーがオススメです。雨季だと苔で緑になった遺跡が、とても綺麗です。第三回廊への階段は、とても並びますが朝一で行けばあまり待たずに入れますので、朝日見にいってすぐに行くのをオススメします。もっと見る

カンボジア・シェムリアップのおすすめ定番観光スポットでした!

カンボジア・シェムリアップ旅行におすすめのスポットはいかがでしたでしょうか? フォートラベルではお得なシェムリアップのツアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。シェムリアップのお得なツアーを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧