西安 旅行 クチコミガイド

シルクロードの出発点であり城壁で囲まれ、古都の赴きを強く残す西安

日本との時差は1時間、内陸性気候で夏と冬の温度差、昼夜の気温差が大きいのが特徴です。サッカー場一面分くらいの敷地に人形のが並ぶ光景が大迫力の世界遺産兵馬俑、周、秦、前漢の紀元前から後漢、隋、唐の1千年の間の都が置かれての文物が陳列されている陜西歴史博物館、玄奘三蔵がインドから持ち帰った経典や仏像などを保存するために建立された大雁塔などが人気の観光スポットです。

ピックアップ特集

西安旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり320円~

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング 220 件

観光 クチコミ人気ランキング 78 件

  • 秦始皇帝陵博物院 (兵馬俑) 117

    • 2019年12月末情報
    • 生身の人間同様、個性豊かな兵士たちが見られます。
  • 大雁塔 72

    • 今、西安一番人気?のスポットで見る「不倒翁」パフォーマンス
    • 「ここからシルクロードが始まるのかな…」なんて考えてしまいました
  • 明代城壁 56

    • 見ているだけで雄大で歴史のロマンを感じました
    • 「明代城壁」は圧巻のロマンがあります。

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 25 件

中国でおすすめのテーマ

海外のテーマをすべて見る

旅行記 1,634 件

  • 西安紀行2019年7月④(西安編)

    • 同行者:カップル・夫婦
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2019/07/24 -  2019/07/25 (約1年前)

      「天下第一面」で朝食をいただきました。ビャンビャン面26元と辣子面19元をいただきました。ビャンビャン面は画数が多い漢字の麺で有名ですが、麺を打つときビャンビャン音がしたというだけあってなかなかのコシの極太の平麺でした。汁無し麺でしたが、途中でちょっと飽きてしまったので辣子面のスープにつけて食べてみました。「陜西歴史博物館」へ行ってみました。無料で入れるということで窓口に行ってみましたが、今日のチケットは予約でいっぱいだと言われ入ることができませんでした。ネットで予約する手順が掲示されていたので、次回は予約して行ってみたいです。大雁塔だけなら入場しなくても見えましたが、せっかく来たので40元払... もっと見る(写真56枚)

    • 若くなくても何とかなりますねん。ばあちゃん中国ふたたび7

      • 同行者:一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2019/12/25 -  2020/01/03 (約12ヶ月前)

        残るは後2日。今日は漢陽陵博物館へ行きます。翌日は大慈恩寺、大雁塔とその周辺を散策します。洛陽でアリペイがほとんど使えず、最終日の手持ち現金13元(200円くらい)それでもなんとか無事に帰ってこれました。 もっと見る(写真120枚)

      • 若くなくても何とかなりますねん。ばあちゃん中国ふたたび6

        • 同行者:一人旅
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2019/12/25 -  2020/01/03 (約12ヶ月前)

          2020元旦を中国で迎えました。中国のお正月はもうちょっと先の春節。なので、街は普段通りの景色のように見えます。私は初詣でに青龍寺へ。空海が修行した場所だとか。そこで日本からのツアー団体さんとばったり、「明けましておめでとうございます」の新年のご挨拶ができて嬉しかったです。そのあと、阿倍仲麻呂の碑がある公園へ。今日は遣唐使巡り?です。 もっと見る(写真71枚)

        • 若くなくても何とかなりますねん。ばあちゃん中国ふたたび5

          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2019/12/25 -  2020/01/03 (約12ヶ月前)

            洛陽から寝台列車に乗って西安へ。4日間お世話になるはずだった宿泊施設を一泊でチェックアウト。残り3日の宿泊先を現地で探す?そして大晦日は歩き納めに西安城壁を一周。 もっと見る(写真61枚)

          • 友人と三蔵法師をたずねて

            • 同行者:友人
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2017/08/11 -  2017/08/14 (約3年前)

              昔の旅行記をアップしていきたいと思います。夏休み友人と西安へ行くことになりました。ここ数年中国での仕事がスポットで入っており、その事を聞いていた友人は是非行きたいとの事で中国旅行が決まりました。僕も三蔵法師の見たシルクロードを見てみたくなったのでした。おことわり情報は2017年当時のもので、旅行記の記載は2020年10月です。 もっと見る(写真39枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            Q&A掲示板 67

            西安について質問してみよう!

            行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

            miharashi

            柳屋

            メイリン

            marimos

            エムエム@銀座

            Medina

            Make_HongKong_Free_Again

            satom4tra

            KmP

            junko

            タクちゃん

            KENZO

            tad

            まりもまめ

            cayorine

            …他

            • 中国のホテルのドレスコードについてすぐに

              投稿:2019/12/18 回答:4

              もずく

              年末に西安のグランドパーク西安に宿泊予定です。中国のホテルのドレスコードに詳しい方や該当ホテルに宿泊された方にお尋ねします。チェックイン前に荷物を預けてそのまま観光に行きたいのですが、スニーカーにダウンジャケット.リュックといった服装ではカジュアル過ぎるでしょうか?古いホテルでそれほど値段は張らないものの、一応5つ星と記載があったため心配しています。 (もっと見る) by もずく さん

              Matt Y

              全然大丈夫です。上半身裸とか、雑巾のような破れた服とか悪臭を放つとかでしたら、敷地の入り口で止められる事はありますが、それでなければ中国では基本ドレスコードのようなものはありません。あまりに高級なところにあまりに安っぽいものだと浮くという事はあるかもですが、、、 (もっと見る) by Matt Y さん

              締切済

            • 西安観光のハイライト

              5.0 旅行時期:2019/02 (1ヶ月以内)

              asiadaisuki

              asiadaisukiさん(非公開)

              秦始皇帝陵博物院 (兵馬俑)のクチコミ

              1974年井戸を掘っていた地元の農家の人が偶然発見した遺跡です。その発見場所がそのままの状態で兵馬俑博物館になっています。まず、その建物の大きさに大変驚きました。そして、すごい数の発掘品です。素焼きの兵隊の顔の表情はそれぞれに違い、同じものがないそうです。さらに、同じ敷地内には個々の素焼きの発掘品を展示しているホールもあり、ここでは有名なポーズの素焼きの数々がじっくり見られます。

            • かつて空海が修行したお寺

              4.0 旅行時期:2019/02 (1ヶ月以内)

              asiadaisuki

              asiadaisukiさん(非公開)

              青龍寺のクチコミ

              582年創建の寺院で、当時、遣唐使として渡中した空海がここで修行をしました。1973年に塔の礎石と本堂跡が発見され再建工事が始まりました。敷地には日本から寄贈された記念塔なども立っています。ここでは四国お遍路の0番札所の御朱印がいただけます。

            • 楊貴妃が愛用した浴槽があります

              4.0 旅行時期:2019/02 (1ヶ月以内)

              asiadaisuki

              asiadaisukiさん(非公開)

              華清池(驪山温泉)のクチコミ

              西安市街から約30キロ離れた山の麓にある離宮跡で、玄宗皇帝と楊貴妃のロマンスの舞台として有名です。現在、観光用に整備されており玄宗皇帝や楊貴妃が愛用したという浴室が見られます。シーズンオフに行ったせいか、兵馬俑博物館に比べればすっと空いていました。中国史に興味のある方は行かれてみるといいと思います。写真 楊貴妃の浴槽「海棠の湯」(3.6m×2.7m)楊貴妃が一人で入った温泉の跡

            • 餃子発祥の店(?)

              3.0 旅行時期:2018/06 (1ヶ月以内)

              浜太郎

              浜太郎さん(男性)

              徳発長のクチコミ

              最初に数種類の前菜が出されました。どの前菜も美味しく、青島ビールとの相性も良く、ビールが進みます。餃子の種類は100以上とのことですが、今回は10数種類が出てきます。水餃子は皿で、蒸し餃子は竹の篭で提供されます。皮は日本の餃子のような薄さはなく、かなり厚くお腹にたまります。10個目ぐらいから満腹状態でした。世界で一番小さい餃子のスープで餃子のコースは終了です。

            • 土産選びに

              3.5 旅行時期:2018/06 (1ヶ月以内)

              浜太郎

              浜太郎さん(男性)

              書院門のクチコミ

              日本の中華街にもありそうな書院門と書かれた門をくぐると主に書道用品を扱う店が両側に軒を並べる商店街です。切り絵や書画やアンティークな工芸品などもあり、お土産選びには最適です。店によって扱う商品も異なり、時間があったら、ちょっと立ち寄って覗いてみては如何ですか。

            西安 のクチコミ一覧(1,496)

            基本情報

            どんなとこ?

            シルクロードの東の起点として栄えた都市で、旧名は長安。紀元前1100年ごろから約2000年の間に、秦、前漢、西晋、西魏など11王朝の都となった。紀元前3世紀には、秦の始皇帝が万里の長城や壮大な墓を残し、墓を守る兵馬俑は西安最大の歴史遺産となっている。現在の市街地を含む広大な地域に大興城の都が造営されたのは、6世紀末に隋が興ったころで、続く唐の時代に太宗が「貞観の治」によって帝国の基礎を固めた。玄宗皇帝の開元年間には、李白、杜甫といった詩人を輩出したことでも名高い。10世紀初頭に唐が滅亡して以降、首都に返り咲くことはなかったが、現在も中国西北部の政治経済の中心となっている。また、町の内外には各時代の史跡が点在し、町はさながら歴史の博物館といった雰囲気だ。

            日本からのアクセス

            成田、中部空港などから経由便が運航。中国内都市で国内線に乗り継ぐ場合、北京、上海から1時間40分〜2時間10分。

            時差

            日本との時差は-1時間。中国の方が遅れている。サマータイムはない。場所によっては3〜4時間の生活時間のずれが生じている。

            空港から市内へのアクセス

            西安咸陽国際空港(XI'AN XIANYANG INT'L AIRPORT:XIY)から47KM、タクシー 1時間 120元、エアポートバス 25元。

            市内電話料金


            PAGE TOP