トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

【2019-2020】年末年始に行く!おすすめの海外旅行先25選

【2019-2020】年末年始に行く!おすすめの海外旅行先25選

photo by 讃岐おばさんさん

大型連休 2019/08/06

4travel.jp

フォートラベル編集部

年末年始の海外旅行は早めに予約をしましょう! とはいえ「まだ行き先を決めていない」という方も多いはず。そこでフォートラベルが持つ旅行データやクチコミをもとに、おすすめの旅行先をご紹介します。日ごろから人気のエリアばかりですが、この時期はアフタークリスマスやカウントダウンイベントが開催されているなど、普段とは違った雰囲気を楽しめますよ♪

※記事に記載しているフライト時間は東京(羽田・成田)発着を基準としています。

1. ホノルル / 北米

年末年始の旅行先で人気の「ホノルル」。街ではアフタークリスマスセールやカウントダウンイベントなどが開催され、ビーチ以外の楽しみもたくさんあります。年明けには各ショッピングモールで初売りセールも行われるので、買い物を目的に訪れる人も多いそうです。常夏のイメージが強いハワイですが、この時期は雨季で降水量が多く、日中と夜は温度差があるため薄手の上着を持ち歩くとよいでしょう。

【目安】
フライト時間:直行便で約7時間半

旅行記:2018~2019 3度目のハワイは年越し旅行

あいるさん

3回目のハワイは念願の年越し旅行!観光の目的は特になく、のんびり年越し旅行です。(旅程)岡山~仁川~ホノルル~仁川~岡山 (ホテル)ロイヤルクヒオ~アウラニディズニー~ウィンダムビーチウォーク~インチョンエアポートクィーンホテル……もっと見る
■年末年始のハワイ旅行は下記の記事もあわせてご覧ください♪
【2019-2020】年末年始・お正月のハワイ旅行は早めの予約を!

ホノルルをもっと調べる


2. バンクーバー / 北米

「バンクーバー」はカナダきっての観光エリアで、ここを拠点にオーロラが見られる「イエローナイフ」や、「ナイアガラの滝 (カナダ滝)」に行く方が多いようです。とっても寒いイメージですが、冬でも0度を下回ることはほとんどなく、東京より少し気温が低いぐらい。とはいえ防寒対策は必須です! 広大な大自然と都会的な美しさが織りなす光景は、バンクーバーの魅力の1つ。

【目安】
フライト時間:直行便で約9時間

旅行記:バンクーバーで友人と年越し: Day 1 - 羽田空港~バンクーバー

ktoku3さん

12回目のバンクーバーは、初めて家族以外での年越し旅行 いつも伊豆やスキーに一緒に行っている友人なので、気心は知れていますが、私以外は英語に背を向けるタイプなので、私はガイド兼運転手という家族旅行でのポジションそのままでした。10/12 ANAの旅作を申し込み。一人 215,660円。もう一か月早ければ3万円近く安かったかも……もっと見る

バンクーバーをもっと調べる


3. グアム / オセアニア・ミクロネシア

東京から飛行機で約4時間、手軽に行ける海外リゾートとして人気の「グアム」。年間を通して温暖な気候なので、日本では冬にあたる年末年始も海水浴が楽しめます。カウントダウンの時には、島の数か所から花火が打ち上げられ盛り上がります。ホテルに宿泊して花火を楽しむ現地の方も少なくないのだとか。人気スポットの「恋人岬」では、カウントダウンパーティーが開催され、グアム伝統の「チャモロダンス」のショーなどが見られますよ!

【目安】
フライト時間:直行便で約4時間

旅行記:2018年 グアムで迎えるお正月(1) フィエスタリゾートグアム

Tomさん

2018年の年末年始はグアムで迎えます。寒い日本を離れ、大好きなグアムに向かいます。前半の宿泊はフィエスタリゾート。目の前に海が広がる素晴らしいロケーションです。大みそかはオーシャンフロントの部屋で過ごしました。盛り上がるホテルのパーティーを部屋から楽しみ、打ち上げられる花火で盛り上がりました……もっと見る

グアムをもっと調べる


4. パラオ / オセアニア・ミクロネシア

“ロックアイランド”と呼ばれる無人島がたくさんあり、大小さまざまな島で構成されている「パラオ」。周囲にはサンゴ礁が豊富にあり、美しいエメラルドグリーンの海が広がります。そんなパラオの年末年始はちょうど乾季にあたるため、海の透明度が高い時期。ダイビングのベストシーズンなので、多くのダイバーが訪れます。島を巡るロックアイランドツアーは人気のアクティビティ。ほかにも「ミルキーウェイ」で泥パックをしたり、「ドルフィンズ パシフィック」でイルカと遊んだり、自然を満喫できる場所です。

【目安】
フライト時間:乗り継ぎで8時間15分~

旅行記:2018 パラオ1<コロール>

MIYUKIさん

年末年始にパラオへ旅行しました。土曜、日曜、大晦日、元日の4泊5日。混んでるかな?お店が休みかな?と、あまり良さそうな日程ではありませんが・・・。1.コロール街歩きやお店のこと 2.ペリリュー島戦跡ツアー 3.カープアイランド日帰りツアーとカープレストラン ここでは、参考になりそうな情報を、なるべく簡潔に書きま……もっと見る

パラオをもっと調べる


5. ケアンズ / オセアニア・ミクロネシア

オーストラリアの人気観光都市「ケアンズ」。世界最大のサンゴ礁地帯「グレート バリア リーフ」や、世界最古の熱帯雨林など、大規模な世界遺産が見どころです。「キュランダ観光列車」や「スカイレール」に乗って熱帯雨林を見るのがポピュラーな遊び方♪ 年末年始のケアンズは雨季にあたり、湿度が高くスコールにおそわれることがあります。その半面、室内の冷房がキツイといったこともあるようなので、薄手の上着と雨具は用意しておきましょう。

【目安】
フライト時間:直行便で約7時間半

旅行記:2018-2019 年越しケアンズ3泊5日 #1

sosoさん

はじめて海外での年越し!毎日わくわくしながら天気予報を見るも、ケアンズは雨季のため雨予報。。どうなることかと思いましたが、素敵な年末年始が過ごせました(^^)……もっと見る

ケアンズをもっと調べる


6. ソウル / アジア

見る、買う、食べるを堪能できる「ソウル」も年末年始に人気の旅行先。しかし、冬は日中でも氷点下となる日が多いので、万全な防寒対策が必要です。そんな寒い時期に食べたいのが鍋料理。韓国料理には「スンドゥブチゲ」「タッカンマリ」「カムジャタン」など、たくさんの種類の鍋があるのでお気に入りの一品を見つけてみてください。さらに、ソウルには映えるおしゃれなカフェもたくさん! カフェ巡りをしながら過ごすのも楽しそう♪

【目安】
フライト時間:直行便で約2時間半

旅行記:女子旅 ソウル。。その1 ☆ 娘と年越しソウル * 東大門 * ホンデ * 『 ビョルグント 』 に 『 carin 』『肉典食堂』『pink pool cafe』他

mmmamaさん

娘と 女子会(=゚ω゚)ノ 年越しソウル (o^^o)前半戦(o^^o)可愛い ハンボク体験 (ビョルグント ハンボク )にインスタ映えカフェ巡り♩人気焼肉 に チメッ!サムゲタンで 美しく!gotoモールで 爆買いタイム! 部活、学校に忙しい姉妹との 女3人旅行記……もっと見る

ソウルをもっと調べる


7. 釜山 / アジア

都会的なソウルとは反対に、のどかなイメージがある韓国第二の都市「釜山」。ソウルよりも気温は高めですが、それでも冬の平均気温は5度前後。人気スポットの「甘川洞文化村」や「海雲台ビーチ」でゆっくりしようと考えている方、釜山の街をのんびり散策しようと考えている方は暖かい格好がマストです。釜山にもソウルに負けないぐらいおいしい食べ物がたくさんあります。釜山名物「テジクッパ」のお店が並ぶ「西面テジクッパ通り」や、海鮮市場「チャガルチ市場」はぜひ訪れてほしいスポットです。

【目安】
フライト時間:直行便で約2時間半

旅行記:年末年始 釜山 女一人旅

桜子鳥子さん

今年の年末年始はずっとヨーロッパと思っていたのですが、仕事の都合で近場しか行けなくなり釜山へ。仕事と分かってから長い期間かなりテンション下がっていましたが、何とか気持ちを持ち直して行ってきました……もっと見る

釜山をもっと調べる


8. 台北 / アジア

グルメ天国としても、観光名所としても人気の「台北」。12月の平均気温は20度前後と比較的温暖なエリアですが、温度調整しやすい服装がおすすめです。旧正月を大切にする文化の台北ですが「台北101」で開催されるカウントダウンイベントは必見! 過去には立体的に見える花火が演出されるなど、毎年華やかなショーが繰り広げられています。そして台北へ行ったら、食べ歩きも忘れずに! 台北で食べる小籠包は絶品なのだとか♪

【目安】
フライト時間:直行便で約4時間

旅行記:ひとりでできるもん!4泊5日の台北旅行

YUNさん

旅好き!なら1度は自分の力で旅をしたい♪という、思い付きで出発の5日前にドタバタ航空券からホテル手配までしました。わたしの右膝は果たして大丈夫なのか…
冬になると手術跡がキシキシ痛いよ(T_T)そして、今年はあいにく年末年始は雨そして雨…(T0T) そんなことは帳消しにしてしまうくらい台湾は日本人に優しい国で、
素敵な場所、素敵な人たちに出会ってきました(*´∇`)……もっと見る

台北をもっと調べる


9. 高雄 / アジア

台北に次ぐ台湾第二の都市「高雄」。日本からの直行便もあり近年注目を集めているエリアです。台北から「台湾高速鉄道 (台湾新幹線)」に乗れば、乗り換えを含めても2時間弱とアクセスしやすいのも人気の理由。お弁当を販売している駅もあるので、ぜひ台湾の駅弁を楽しんでください。高雄といえば、美しい地下鉄の駅として有名な「美麗島駅」があります。ほかにも日本統治時代の古きよき建物や、アートを楽しめる「駁二(ばくに)芸術特区」など見どころも豊富。

【目安】
フライト時間:直行便で約4時間

旅行記:年末年始 台湾・高雄 一人旅

桜子鳥子さん

近年年末年始は海外で過ごしていますが、今年は台湾の高雄に行ってきました。今年は直前までなかなか気分が乗らず行先も全然決まりませんでしたが、結局出発4日前に近場で行ったことのない高雄に決めました。もっと見る

高雄をもっと調べる


10. 香港 / アジア

100万ドルの夜景や新旧入り混じった街並みが魅力の香港。日本よりも温暖な気候なので、冬でも比較的過ごしやすいのが特徴です。ただし12月から2月は10度を下回る日もあるので厚手のコートは必須。台北と同じく旧正月を祝う文化ですが、大みそかから元旦にかけてビクトリア湾で開催される「香港ニューイヤー・カウントダウン・セレブレーションズ」の壮大さは一見の価値あり! 見やすい場所、穴場の場所など事前に調べておくとよいでしょう。

【目安】
フライト時間:直行便で約5時間

旅行記:2017-2018年越 香港旅行2日目(カウントダウンクルーズ!)

ぽんずさん

夜のカウントダウンクルーズまで香港の町をぶらぶらしました!香港が好きなくせに、八角など独特な香辛料が苦手なので食べ物などは参考にならないかもしれません…。①重慶大厦(チョンキンマンション)で両替 ②香港博物館で無料で見学 ③鼎泰豊・尖沙咀店で昼食 ④女人街をただ歩く ⑤八方雲集で昼食(2回目)……もっと見る

香港をもっと調べる

11. マカオ / アジア

香港からすぐにアクセスできる「マカオ」には、世界遺産に登録された「マカオ歴史市街地区」があり、教会、寺院、博物館などさまざまな歴史的建造物が歩いてまわれる範囲に点在しています。散歩しながら世界遺産巡りができる世界でも珍しい場所です。毎年12月に開催されている「マカオライトフェスティバル」は、プロジェクションマッピングなどを駆使してマカオの歴史市街地区を彩る、年末らしい華やかなイベントですよ。

【目安】
フライト時間:直行便で約5時間

旅行記:2018年ニューイヤー@マカオ

ぱくにくさん

2017年から2018年への年越しは、香港・マカオでした。大みそかにマカオに移動し、最初はマカオ・タワー近郊で打ち上げられる花火を見ようと思ってましたが、どうも開催が怪しい上混みあいそうだったので、ベネチアンホテルが主催するカウントダウンを楽しみました。元旦に初中国本土になる珠海を冷かしたり、この時期に開催されるライトアップを楽しんだりと、街歩きが中心です。もっと見る

マカオをもっと調べる


12. 上海 / アジア

現代建築や歴史的建造物、2016年にオープンした「上海ディズニーランド(上海迪士尼楽園)」など、見どころが豊富な「上海」。東京と同じような気候ですが、大陸からの風が冷たいので体感温度はもっと低いと言われています。年末年始に上海へ行く方は暖かい格好で! 上海も旧正月がメインですが、人気観光スポット「外灘 (バンド)」では毎年カウントダウンイベントのライトショーが行われています。

【目安】
フライト時間:直行便で約3時間半

旅行記:年末年始、ほぼ“ぼっち”の上海④「市内観光・14年前と比較してみて格段に進化している件」

人間キャットさん

ぼっち年末&正月を過ごしていた上海ですが、ようやく別のホテルに宿泊する両親と落ち合い、一部共に観光することができました。昔来た時と変わらないことを懐かしんだり、変化したことに驚いたり。今回、14年前に来た時と比べて変化していたことベスト3を挙げてみると、・英語が通じるようになった・マナーが良くなった・トイレがキレイになった 他にも交通網や建物も増えています。14年前と比較しながら見ていきます。もっと見る

上海をもっと調べる


13. シンガポール / アジア

「シンガポール」は東京23区ほどの小さな国ですが、観光、グルメ、ホテルステイとオールマイティーに楽しめるところが魅力。一年を通して高温多湿な気候で、年末年始は雨季。晴れていれば30度を超えることがあるので、ホテルのプールで遊べますよ♪ 大型ショッピングモールや「ガーデンズ バイ ザ ベイ」、「シンガポール動物園」や「ユニバーサル スタジオ シンガポール」など、大人も子どもも楽しめる場所が豊富にあります。

【目安】
フライト時間:直行便で約7時間半

旅行記:シンガポール観光詰め込みカウントダウンの旅 1/4《空港ラウンジ~ホテル》

のうさん

年末年始はがんばって貯めた500円貯金を元手に海外へ…思いのほか冬休み期間が短かったため、行先は比較的近場のシンガポールに決定!シンガポールは12年前に行ったことがあるものの当時はまだマリーナベイサンズもガーデンズバイザベイもなく、ごみの少ない綺麗な街並み…という印象だったのでどれだけ変わったかな~というのも楽しみ……もっと見る

シンガポールをもっと調べる


14. セブ島 / アジア

世界有数のリゾート地である「セブ島」。人気のダイビングスポットがあり、初心者向けのショップもあるのでセブ島で初めてダイビングに挑戦する方も多いのだとか。年末年始は雨季と乾季の境ですが、平均気温が25度~30度なので十分海を満喫できる気候です。ほかにも、高確率でジンベエザメに出会える「オスロブツアー」や、島から島へ移動する「アイランドホッピング」など、セブ島ならではのアクティビティがたくさんあります♪

【目安】
フライト時間:直行便で約5時間半

旅行記:年末年始!子連れ!セブ!最高だった( ̄▽ ̄)

ユッキーさん

2017年12月28日~2018年1月3日まで フィリピンのセブ島 旦那と11才息子と6才娘計4名 プランテーションベイリゾート&スパ滞在旅行記!格安で予約できる1年位前から動いてすべて個人手配で予算42万位だった。仙台空港発着仁川空港経由(私ことユッキーは羽田で出発し途中ソウルで1晩買い物三昧)セブ島4泊 セブ島ゆっくりできればいいかなと思って旅立ったら、洗練されたホテルリゾートで、近い、人も良い、美味しい、物価安い、最高の旅行だった!みんなの参考になったら本望です!もっと見る

セブ島をもっと調べる


15. バンコク / アジア

タイのなかでも人気の「バンコク」。大きな寝釈迦仏がある「ワット ポー」や、タイでもっとも格式の高い「ワット プラケオ」などの美しい寺院には、12月31日から年明けにかけて人々が参拝に訪れます。混雑が予想されるので、時間には余裕を持って行動しましょう。なお露出の激しい服では入れない寺院もあるので、注意してくださいね。カラフルなナイトマーケット「タラート ロットファイ ラチャダー(ラチャダー鉄道市場)」も必見スポットです。この時期のバンコクは乾季で平均気温は27度。朝晩は20度を下回る日もあるので上着があるとよいでしょう。日中は紫外線対策が必要ですが、観光にはベストなシーズンです。

【目安】
フライト時間:直行便で約6時間半

旅行記:First time in Thailand バンコク年越し Part1 サイアム周辺とワット・ポー そして修行僧再び集う

TAKさん

2018年の年越しはバンコクで過ごしてきました。台湾トラベラーズのはすのはなさんやyasakiさんにタイはいい所だよーと聞いていたのですが、ダメ元でJALの特典航空券のキャンセル待ちを入れたところ落ちてきたじゃありませんか( ゚∀゚)=3という事で2018年の年末年始はバンコクに決定……もっと見る

バンコクをもっと調べる


16. プーケット / アジア

タイ最大の島で、世界有数のリゾート地である「プーケット」。バンコク同様この時期は乾季で、最高気温が30度を超える日も多々あります。日本からの直行便がないため、飛行機を乗り継いで行きます。プーケットにはマリンアクティビティが楽しめるビーチ、夕日の名所、周囲に点在する美しい島を巡るツアー、動物と触れ合える施設、おいしいタイ料理のお店などなど、数日滞在しても飽きないほど楽しめるスポットがたくさんあります!

【目安】
フライト時間:乗り継ぎで約9時間~

旅行記:年末年始プーケット滞在記①

モグさん

2018~2019年の年越しは、前年と同じくタイで過ごす事にしました。今回は初めてのプーケットです。久々の海外リゾート!宿は、初日は深夜23時前プーケット着だったので空港近くのエアポート マンション プーケット(Airport mansion Phuket)に泊まり、2日目以降はアマリ プーケット(Amari Phuket)に滞在しました。12月29日~1月3日の6日間の旅行記です。もっと見る

プーケットをもっと調べる


17. ホーチミン / アジア

ベトナム南部に位置し、ベトナム商業の中心である「ホーチミン」。ブロードウェイミュージカル『ミス・サイゴン』の舞台としても有名です。一年中温暖な気候で、乾季にあたる12月は最高気温が30度を超える日もあります。特徴的なオブジェがフォトスポットとして有名になった「スイティエン公園」には、遊園地、プール、動物園、映画館などが施設内にあります。ホーチミン最大の教会「サイゴン大教会(聖母マリア教会)」は2019年8月現在改修工事中ですが、2019年末に完成予定。これを機に年末年始はホーチミンに訪れるのもよいかもしれませんね!

【目安】
フライト時間:直行便で約6時間

旅行記:3回目のベトナム 年越しはホーチミンで花火&カウントダウンParty!+食べ飲み夫婦旅

シフォンさん

海外での年越しは、マレーシア(KL)・ベトナム(ホーチミン)・マレーシア(ペナン&KL)・タイ(ピピ島)と訪れ、5年目の今年はホーチミン!年末年始でもEvaairの航空券がお得に買えたので、前回滞在して気に入った「レックスホテルサイゴンでカウントダウンしたいね」と計画。レックスのガラディナーは思ったとおり、豪華で華やか!シャンパンからダンスまで盛り沢山!寒い日本を離れ、暖かい国へ。海外で新年を迎えることが、私たち夫婦の一年間のご褒美♪なのだ^^……もっと見る

ホーチミンをもっと調べる


18. ハノイ / アジア

ベトナムの首都で、政治や文化の街として栄えてきた「ハノイ」。古きよきベトナムの風情が漂い、古都の風格を感じる街です。一年中温暖なホーチミンと違い、ハノイの年末年始は冬にあたります。12月に入ると最高気温が20度に満たない日も多いので寒さ対策は万全に! ベトナム随一の景勝地「ハロン湾」は、ハノイからバスで約3時間半~4時間の場所にあります。大小さまざまな奇岩が織りなす光景はとっても神秘的。「ハノイ36通り(旧市街)」は、なぜか懐かしさを感じる人が多いのだとか。ベトナムの伝統衣装“アオザイ”を購入して街中をブラブラするのもおすすめです。

【目安】
フライト時間:直行便で約6時間

旅行記:初めてのハノイへ。世界遺産ハロン湾クルーズアテナ・エレガンス号に泊まる1泊2日の旅

shokochinnさん

お正月休みは2度目のベトナムへ。初めてのハノイとハロン湾へ娘と行って来ました。せっかくハノイまで行くのなら世界遺産のハロン湾クルーズで1泊したいと思って、ベルトラで予約した世界遺産ハロン湾1泊2日クルーズツアーに参加しました……もっと見る

ハノイをもっと調べる


19. ダナン / アジア

ベトナムの中部の都市「ダナン」は、アジアでも人気急上昇中のリゾート地。真っ白な砂浜の「ノンヌォックビーチ」や「ミーケービーチ」の周辺にはリゾートホテルが並び、現在も開発が進行中。ダナンの年末年始は雨季にあたります。最高気温は25度前後ですが、雨が降るととたんに寒くなるので服装に気を付けましょう。海水浴ができなくてもダナンには見どころが満載! ドラゴンをモーチーフにした「ロン橋」は、夜になるとライトアップされ圧巻です。また街全体が世界遺産に登録されている古都「ホイアン」も車で30分ほどの距離にあります。

【目安】
フライト時間:直行便で約6時間

旅行記:3歳子連れ 3世代ダナンで年越し旅行 ホイアンウロウロ編①

ぷーりえさん

さかのぼるは昨年3月、年末年始の連休が長そう!どっかいきたい!人生初、年越し海外!?と調べだしたら意外に大韓航空で行く年末年始ダナンのチケットがお手頃だったため意を決し予約!そしてついでに義母孝行もできるうちにしておこうとお誘いしたところ二つ返事で「行く!」とのこと。初めての海外年越し。しかも初めて訪れるダナンという土地でのお正月を過ごしてまいりました。チケット代大人一人¥87300……もっと見る

ダナンをもっと調べる


20. クアラルンプール / アジア

“KL”と称されることも多いマレーシアの首都「クアラルンプール」。現代建築とイギリス統治時代に建てられた歴史的建造物が見事に調和した、美しい街並みが特徴です。多民族国家なので、さまざまな文化や風習が見られ、何度でも訪れたい魅力があります。年末年始は雨季。日本の梅雨のように一日中雨といったことは少ないですが、雨具は常備しましょう。“ピンクモスク”として人気の「プトラ モスク」や、ヒンドゥー教の聖地「バトゥ洞窟」は世界中から観光客が訪れるフォトジェニックな場所でもあります。

【目安】
フライト時間:直行便で約7時間半

旅行記:年末のクアラルンプール2日目:Grabでバトゥ洞窟、ブルーモスク、セントラルマーケットへ

thankyouさん

2018年の年末は、5日間の休みで、初めてのクアラルンプールへ。2日目は、Grabでバトゥ洞窟、ブルーモスク、セントラルマーケットに行きました。もっと見る

クアラルンプールをもっと調べる


21. バリ島 / アジア

インドネシアを代表するリゾート地「バリ島」。美しいビーチのみならず、古代遺跡などの歴史的名所も豊富。「タマン アユン寺院」や「ティルタ ウンプル寺院」「バトゥール湖」など、世界遺産に登録されているスポットもたくさんあります。年末年始のバリ島は雨季にあたるため、突然のスコールに注意しましょう。最高気温が30度を超える日もあるので、晴れていれば海水浴も可能。なおバリに数多くあるライステラス(階段状の棚田)は、雨上がりだと美しさが増すと評判ですよ♪

【目安】
フライト時間:直行便で約7時間半

旅行記:四十路女のひとり旅☆食べて歩いて癒されて☆緑の楽園ウブド

cao55さん

毎年、年末は夫か友人と旅行が定番でした。しかし、今年は誰も遊んでくれない。゚(゚´ω`゚)゚。 でもせっかくの年末年始休暇です。家でじっとしてるのはもったいない!そんなわけで、決断したバリ島ひとりっぷ。人生4度目のバリ島です。ひとりで訪れるのは初。そして、初めてのウブド滞在と初スミニャック。毎日お洒落カフェに癒しのマッサージと楽園満喫の旅となり、ウブドが大好きになりました……もっと見る

バリをもっと調べる


22. ドバイ / 中近東

世界一高いビル(2019年8月現在)の「ブルジュ ハリファ」や、7つ星ホテル「ブルジュ アル アラブ ジュメイラ」など、砂漠の中に建つラグジュアリーな世界で人々を魅了している「ドバイ」。年末年始のドバイは冬季にあたりますが平均気温は20~30度と高く、湿度は低いため旅行のベストシーズンと言えます。お正月はあまり関係ないイスラム教圏ですが、世界有数の観光都市でもあるため「ブルジュ ハリファ」では盛大なカウントダウンパーティーが開催されます。ただしドバイで過ごす際、特に女性は肌の露出を控えるなどマナーを守って楽しんでくださいね。

【目安】
フライト時間:直行便で約10時間半

旅行記:中東'18~'19④~オールドドバイとダウンタウンドバイ

おとおとさん

平成最後の年末年始の海外旅行は、アジアの西端、中東を選びました。ドバイ行きの安いチケットを見つけたからです。ドバイでの1週間をどうやって過ごすか。いろいろ考えた末に、ドバイのハブ空港としての充実ぶりを利用して、UAE近郊の国を巡ることにしました。具体的には、3泊4日でクウェート、バーレーンへの小旅行を企画することとなりました……もっと見る

ドバイをもっと調べる


23. バルセロナ / ヨーロッパ

「サグラダ ファミリア教会」「カサ ミラ」「カタルーニャ音楽堂」「サン パウ病院」など、多くの芸術的建造物であふれているスペインの「バルセロナ」。完成目前のサグラダ ファミリアはぜひ見たいですよね♪ バルセロナには四季があり、日本と似たような気候なので過ごしやすいと言います。地中海からの温暖な風により東京よりも暖かく感じるのだとか。しかし最低気温は5度前後なので、厚手のコートがあるとよいでしょう。また乾燥にも注意が必要です。バルセロナの中心地である「カタルーニャ広場」で毎年カウントダウンイベントが開催されています。

【目安】
フライト時間:乗り継ぎで約15時間半~

旅行記:'18-'19 スペイン03 : バルセロナ街歩き グラシア地区からバルセロネータへ

picotabiさん

早朝の無料入園時間にグエル公園に行ったあと 朝ごはんを求めてカフェへ入り カサ・ミラを観て パエリアを食べにバルセロネータへ。街歩きしながら 人と触れ合いながら初めての異国のあれやこれやを気づく。もっと見る

バルセロナをもっと調べる


24. パリ / ヨーロッパ

花の都「パリ」も年末年始の人気旅行先。特にこの時期は、「凱旋門」で行われるカウントダウンイベントを見ようと世界中から観光客が集まり、「シャンゼリゼ大通り」は人であふれかえります。美しい街ですがスリも多い街なので、参加する際は気を付けてくださいね。またパリの冬は東京よりも寒く感じると言われています。防寒対策も忘れずに! 「エッフェル塔」や「ヴェルサイユ宮殿」などの名所巡り、「ルーヴル美術館」でアートを堪能、「レ ドゥー マゴ」など有名カフェでのんびり……、どんな過ごし方も絵になる街です♪

【目安】
フライト時間:直行便で約12時間半

旅行記:子連れパリ:Day2~灰色のパリ~

アムさん

2018年末~2019年始にかけて、家族でパリに行きました。半年前に予約するも、出発1ヶ月半前に妊娠していることが判明。初めての妊娠(しかも高齢出産の部類)で、夫は中止を提案してきました。でも私にとっては4年ぶりのパリ。とにかく楽しみにしていたので、無理をしない程度に楽しむこととし、出発のときを迎えました……もっと見る

パリをもっと調べる


25. フィレンツェ / ヨーロッパ

ルネッサンス時代の芸術があふれ、街全体が作品のような美しさを誇るイタリア「フィレンツェ」。「ドゥオーモ(サンタ マリア デル フィオーレ大聖堂)」や「ウフィツィ美術館」など、冬休みを利用してゆっくりまわりたい人気の観光都市です。そんなフィレンツェの美しい街を一望できる「ミケランジェロ広場」では、カウントダウンイベントが開催されます。毎年かなり混雑しますが、屋台や仮設トイレが充実しているそうです。フィレンツェも四季があり、東京と同じような気候ですが、湿度がない分寒く感じると言われています。

【目安】
フライト時間:乗り継ぎで約14時間半~

旅行記:フィレンツェで年越し&新年のミラノ(2019年1月旅行記)

qaz_taroさん

平成最後の年越しは、日本を離れ大好きなフィレンツェで味わってきました。さすが世界的観光地だけあって、年末年始も街じゅう休まずフル営業してます!カウントダウンの街の様子をまとめてみました。トップの写真はフィレンツェのトルナブオーニ通りの年越し直後のイルミネーションです。ついでに、帰りに立ち寄ったミラノも少々記録。もっと見る

フィレンツェをもっと調べる


いかがでしたか?

年末年始におすすめの海外旅行先はいかがでしたか? ぜひ旅先選びの参考にしてくださいね~♪

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

大型連休の特集

大型連休の特集一覧