菊池・合志旅行記(ブログ) 一覧に戻る
コロナ変異株が猛威を奮うこの頃。私もどこへも行けません(涙)。<br />しかしここは我慢のしどころ。林先生風に言えば「いつ我慢するの? 今でしょ」と思い、耐えるのみです。<br />そして先進国では最遅ながらもワクチン接種が終わったら「♪あんな時代もあったねと…」と歌いながらまた温泉に行きたいと願っています。<br /><br />ということで、今度の旅行記も回想録。菊池市の旅館、清流荘に行ったときの記録です。<br />市の中心部近くにある菊池温泉の中でも、やや郊外に位置する温泉ですが、迫間川(菊池川の支流)沿いの露天風呂が地元の温泉ファンの間でも人気の施設です。<br />ここの露天風呂に入ってみたい! ということで、はるばる菊池市までやってきました。(2021/5/3)

菊池温泉 木立ちの中の宿ー清流荘ー せせらぎを聞きながらの露天風呂を楽しむ (日帰り温泉回想録)

25いいね!

2019/10/09 - 2019/10/09

24位(同エリア102件中)

0

31

Deco

Decoさん

この旅行記のスケジュール

2019/10/09

この旅行記スケジュールを元に

コロナ変異株が猛威を奮うこの頃。私もどこへも行けません(涙)。
しかしここは我慢のしどころ。林先生風に言えば「いつ我慢するの? 今でしょ」と思い、耐えるのみです。
そして先進国では最遅ながらもワクチン接種が終わったら「♪あんな時代もあったねと…」と歌いながらまた温泉に行きたいと願っています。

ということで、今度の旅行記も回想録。菊池市の旅館、清流荘に行ったときの記録です。
市の中心部近くにある菊池温泉の中でも、やや郊外に位置する温泉ですが、迫間川(菊池川の支流)沿いの露天風呂が地元の温泉ファンの間でも人気の施設です。
ここの露天風呂に入ってみたい! ということで、はるばる菊池市までやってきました。(2021/5/3)

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ショッピング
4.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車

PR

  • まずは「きくち観光物産館」へ。地元の名産品や直売農産物などがありますが、ここで旅館組合に入っている施設で使用できる「温泉周湯券」を購入します。3枚1,000円とかなりお得…のはずが、なんと消費税増税に伴い、1,500円に値上げ。いきなり50%アップとはひどいじゃありませんか。<br />でも、今までが安すぎて、各旅館はかなり不満がたまっていたのかも知れません。<br /><br />【菊池市】<br />さて、菊池市は熊本県北東部に位置し、背後には菊池渓谷や阿蘇に連なる山々が広がります。熊本北部では山鹿や玉名と並んで地域の中核となっている都市です。この三市は菊池川沿いにあり、近代以前、熊本北部は菊池川が産業交通の大動脈であったことがわかります。<br />また、古代から中世くらいまでは肥後(熊本県)北部の中心でした。卑弥呼の邪馬台国と争った狗奴国の比定地の一つでもあり(諸説あり)、平安末期以降は名族・菊池氏(元寇や南北朝で活躍)の本拠地でもありました。ちなみにこの菊池氏、室町時代に滅亡し、その一族が東北に移ったため、現在でも岩手県などでは菊池姓が多いようです。

    まずは「きくち観光物産館」へ。地元の名産品や直売農産物などがありますが、ここで旅館組合に入っている施設で使用できる「温泉周湯券」を購入します。3枚1,000円とかなりお得…のはずが、なんと消費税増税に伴い、1,500円に値上げ。いきなり50%アップとはひどいじゃありませんか。
    でも、今までが安すぎて、各旅館はかなり不満がたまっていたのかも知れません。

    【菊池市】
    さて、菊池市は熊本県北東部に位置し、背後には菊池渓谷や阿蘇に連なる山々が広がります。熊本北部では山鹿や玉名と並んで地域の中核となっている都市です。この三市は菊池川沿いにあり、近代以前、熊本北部は菊池川が産業交通の大動脈であったことがわかります。
    また、古代から中世くらいまでは肥後(熊本県)北部の中心でした。卑弥呼の邪馬台国と争った狗奴国の比定地の一つでもあり(諸説あり)、平安末期以降は名族・菊池氏(元寇や南北朝で活躍)の本拠地でもありました。ちなみにこの菊池氏、室町時代に滅亡し、その一族が東北に移ったため、現在でも岩手県などでは菊池姓が多いようです。

    きくち観光物産館 お土産屋・直売所・特産品

    きれいな施設です by Decoさん
  • 周湯券の値上がりにややテンションが下がったものの、菊池温泉へvamosです。<br />この周湯券、菊池温泉旅館組合加盟旅館で使用できます。<br /><br />【菊池温泉】<br />菊池川やその支流沿いには、山鹿、菊鹿、平山、三加和、植木、玉名に泗水川沿いの辰頭・亀の甲・宝田・宮原と、名湯が揃っており、菊池温泉も湯量豊富で素晴らしい温泉です。<br /><br />その菊池温泉、以前は歓楽的要素が濃い(=H系)の温泉地として周辺では知られてきました。私も以前「菊池温泉はなんでもあり」という話をチラと聞いたことがあります。おそらく、開湯が1954年と歴史が浅く、周囲に強力なライバル温泉地が多い頃からそのような傾向に走ったのではないかと思われます。バブルの頃はさぞかし団体旅行で賑わったことでしょう。露天風呂付の宴会場のある旅館もあるそうですから。<br />しかしバブルが弾けると、その歓楽的イメージがマイナスになり客足は減少。そこでイメージの転換をはかり、女性客の取り込みを図りました。菊池市の中心部が隈府(わいふ)という地名であることから「ワイフ(=wife)の湯」とダジャレのようなニックネームを発案し、「美肌の湯」として売りこみ始めました。実際トロトロ感があって、しっとり感もあるので肌にはとても良い温泉です。<br />かくして、夫婦、カップル、ファミリー、女性グループなどを取り込み、やや盛り返し気味のようです。<br />歴史や伝統のある町で、背後には菊池渓谷や阿蘇を控えているのですから、観光+温泉でも十分やっていくポテンシャルはあります。

    周湯券の値上がりにややテンションが下がったものの、菊池温泉へvamosです。
    この周湯券、菊池温泉旅館組合加盟旅館で使用できます。

    【菊池温泉】
    菊池川やその支流沿いには、山鹿、菊鹿、平山、三加和、植木、玉名に泗水川沿いの辰頭・亀の甲・宝田・宮原と、名湯が揃っており、菊池温泉も湯量豊富で素晴らしい温泉です。

    その菊池温泉、以前は歓楽的要素が濃い(=H系)の温泉地として周辺では知られてきました。私も以前「菊池温泉はなんでもあり」という話をチラと聞いたことがあります。おそらく、開湯が1954年と歴史が浅く、周囲に強力なライバル温泉地が多い頃からそのような傾向に走ったのではないかと思われます。バブルの頃はさぞかし団体旅行で賑わったことでしょう。露天風呂付の宴会場のある旅館もあるそうですから。
    しかしバブルが弾けると、その歓楽的イメージがマイナスになり客足は減少。そこでイメージの転換をはかり、女性客の取り込みを図りました。菊池市の中心部が隈府(わいふ)という地名であることから「ワイフ(=wife)の湯」とダジャレのようなニックネームを発案し、「美肌の湯」として売りこみ始めました。実際トロトロ感があって、しっとり感もあるので肌にはとても良い温泉です。
    かくして、夫婦、カップル、ファミリー、女性グループなどを取り込み、やや盛り返し気味のようです。
    歴史や伝統のある町で、背後には菊池渓谷や阿蘇を控えているのですから、観光+温泉でも十分やっていくポテンシャルはあります。

    菊池温泉 温泉

  • 【木立ちの中の宿 清流荘】<br />本日訪れるのは「木立ちの中の宿 清流荘」です(同じ名称の「清流荘」は山鹿にもあって間違いやすいので要注意です)。<br /><br />ここは旅館本体の中に大浴場があり、また別に迫間川沿いに家族湯と露天風呂が設けられています。立ち寄り湯の場合、旅館内の大浴場か露天風呂どちらを選択することになりますが、迷わず露天に行きます。<br />(写真は家族湯と露天風呂の受付棟です)。

    【木立ちの中の宿 清流荘】
    本日訪れるのは「木立ちの中の宿 清流荘」です(同じ名称の「清流荘」は山鹿にもあって間違いやすいので要注意です)。

    ここは旅館本体の中に大浴場があり、また別に迫間川沿いに家族湯と露天風呂が設けられています。立ち寄り湯の場合、旅館内の大浴場か露天風呂どちらを選択することになりますが、迷わず露天に行きます。
    (写真は家族湯と露天風呂の受付棟です)。

    木立ちの中の宿 清流荘 宿・ホテル

    2名1室合計 12,400円~

    露天風呂に入りました by Decoさん
  • 露天風呂までのアプローチは田舎をイメージした庭園になっており、ちょっとお洒落な休憩コーナーなども設けられています。

    露天風呂までのアプローチは田舎をイメージした庭園になっており、ちょっとお洒落な休憩コーナーなども設けられています。

  • こちらも休憩スペース。古い農具などが置かれて、良い感じです。

    こちらも休憩スペース。古い農具などが置かれて、良い感じです。

  • 足湯もありました。

    足湯もありました。

  • さて、露天風呂「ほたるの湯」の入口です。

    さて、露天風呂「ほたるの湯」の入口です。

  • 門を入って方向転換すると、脱衣室と露天風呂が見えます。

    門を入って方向転換すると、脱衣室と露天風呂が見えます。

  • 脱衣室です。一応戸はありますが…冬場はちょっと寒そうです。この日は10月の暖かい日だったので大丈夫でした。どことなく黒川温泉風ではあります。

    脱衣室です。一応戸はありますが…冬場はちょっと寒そうです。この日は10月の暖かい日だったので大丈夫でした。どことなく黒川温泉風ではあります。

  • 露天風呂側から見た脱衣室と入口付近です。

    露天風呂側から見た脱衣室と入口付近です。

  • 脱衣室の中に泉質が表示されていました。「アルカリ性単純硫黄泉」と貼ってあります。菊池温泉は「アルカリ性単純泉」または「アルカリ性単純弱放射能泉」なのですが、ここは硫黄泉だったのですね。<br /><br />露天風呂は親子で二年かけて作られたそうです。<br /><br />脱衣室内には貴重品入れや洗面台(ドライヤー付き)もありました。私は面倒だったし、一人しかいなくて貸し切り状態だったので、貴重品は袋に入れて温泉内に持ち込みました(^^;

    脱衣室の中に泉質が表示されていました。「アルカリ性単純硫黄泉」と貼ってあります。菊池温泉は「アルカリ性単純泉」または「アルカリ性単純弱放射能泉」なのですが、ここは硫黄泉だったのですね。

    露天風呂は親子で二年かけて作られたそうです。

    脱衣室内には貴重品入れや洗面台(ドライヤー付き)もありました。私は面倒だったし、一人しかいなくて貸し切り状態だったので、貴重品は袋に入れて温泉内に持ち込みました(^^;

  • 日本の名湯100選だそうです(菊池温泉自体が認定のようです)。尚、「九州八十八湯めぐり(九州温泉道)」にも選ばれています。ただ、この八十八湯の選定基準には疑問がちょっとあります。平山や山鹿では選定された施設より(私の感覚としてはですが)良い泉質の施設があるのではないか、という疑問がぬぐえないのです。<br />ちょっと脱線しましたが、清流荘のお湯が素晴らしいことには違いありません。<br />というより、菊池温泉自体が素晴らしいのです。私が知る限りですが、恐らくどの施設も加水加温消毒なしの「源泉かけ流し100%」です。アルカリ度が高くてトロトロで、しかもしっとり感があって、泉質と温泉水の使い方では熊本北部でもトップクラスだと思います。

    日本の名湯100選だそうです(菊池温泉自体が認定のようです)。尚、「九州八十八湯めぐり(九州温泉道)」にも選ばれています。ただ、この八十八湯の選定基準には疑問がちょっとあります。平山や山鹿では選定された施設より(私の感覚としてはですが)良い泉質の施設があるのではないか、という疑問がぬぐえないのです。
    ちょっと脱線しましたが、清流荘のお湯が素晴らしいことには違いありません。
    というより、菊池温泉自体が素晴らしいのです。私が知る限りですが、恐らくどの施設も加水加温消毒なしの「源泉かけ流し100%」です。アルカリ度が高くてトロトロで、しかもしっとり感があって、泉質と温泉水の使い方では熊本北部でもトップクラスだと思います。

  • こちらが親子で二年がかりで作ったという木立ちの中の露天風呂です。野趣あふれる雰囲気が素敵です。

    イチオシ

    こちらが親子で二年がかりで作ったという木立ちの中の露天風呂です。野趣あふれる雰囲気が素敵です。

  • かけ流しのお湯が贅沢に注がれています。

    かけ流しのお湯が贅沢に注がれています。

  • 露天風呂からは、下の方向に迫間川の清流がちらちら見えます。清流荘の名に恥じないロケーションです。

    露天風呂からは、下の方向に迫間川の清流がちらちら見えます。清流荘の名に恥じないロケーションです。

  • 露天風呂側から見た脱衣室方向です。

    露天風呂側から見た脱衣室方向です。

  • ♪人生楽ありゃ苦もあるさ…ではなくなにやら有難そうな文章が掲示されていました。<br />最後には「未来予想図」。黄門様ではなくドリカムの世界でしたか…(^^;

    ♪人生楽ありゃ苦もあるさ…ではなくなにやら有難そうな文章が掲示されていました。
    最後には「未来予想図」。黄門様ではなくドリカムの世界でしたか…(^^;

  • こちらはかかり湯。

    こちらはかかり湯。

  • ただ、カラン(洗い場)はなく、当然鏡もありません。お湯はかかり湯又は露天風呂からくみ出して使います。

    ただ、カラン(洗い場)はなく、当然鏡もありません。お湯はかかり湯又は露天風呂からくみ出して使います。

  • 馬油シャンプーでした。<br /><br />とても良いお湯で、ロケーションも最高ですが、露天一つだったので、長風呂派の私には、もう少し変化が欲しかったかも。

    馬油シャンプーでした。

    とても良いお湯で、ロケーションも最高ですが、露天一つだったので、長風呂派の私には、もう少し変化が欲しかったかも。

  • 次いでランチです。観光物産館近くに戻り、老舗の喫茶店、チムチムでランチです。<br />ここはコーヒーも本格的ですが、料理も評判です。

    次いでランチです。観光物産館近くに戻り、老舗の喫茶店、チムチムでランチです。
    ここはコーヒーも本格的ですが、料理も評判です。

    チムチム グルメ・レストラン

    ランチが美味しい by Decoさん
  • 入口です。なかなか良い感じ。<br />尚、中には二階があり(一部吹き抜け)、ギャラリーなどにも利用されています。

    入口です。なかなか良い感じ。
    尚、中には二階があり(一部吹き抜け)、ギャラリーなどにも利用されています。

  • 私はコスパ重視で本日のランチ。サラダバー付きが嬉しいです。

    私はコスパ重視で本日のランチ。サラダバー付きが嬉しいです。

  • 料理がこちら。小鉢が多くてヘルシーです。<br />もちろん美味しかったです。接客のスタッフの方がとても親切でさらに好感度アップです(*^-^*)

    料理がこちら。小鉢が多くてヘルシーです。
    もちろん美味しかったです。接客のスタッフの方がとても親切でさらに好感度アップです(*^-^*)

  • 食事を終えて再び観光物産館へ。ここは菊池公園の一角にあり、すぐ側には菊池武光公の銅像もありました。この公園内にも足湯があります。

    食事を終えて再び観光物産館へ。ここは菊池公園の一角にあり、すぐ側には菊池武光公の銅像もありました。この公園内にも足湯があります。

    菊池市民広場 名所・史跡

    菊池武光公の騎馬像が目印 by Decoさん
  • 再び観光物産館へ。

    再び観光物産館へ。

    きくち観光物産館 お土産屋・直売所・特産品

    きれいな施設です by Decoさん
  • お土産類が販売されていました。

    お土産類が販売されていました。

  • 農産物の直売もあり。定番ですね。<br />ここは「道の駅」ではありませんが、実質的に十分にその機能は備えています。食事処はありませんが、すぐ側には先ほどの「チムチム」をはじめとして、飲食店がたくさんあります。ここに車を置いて食事に行っても良いわけですね。

    農産物の直売もあり。定番ですね。
    ここは「道の駅」ではありませんが、実質的に十分にその機能は備えています。食事処はありませんが、すぐ側には先ほどの「チムチム」をはじめとして、飲食店がたくさんあります。ここに車を置いて食事に行っても良いわけですね。

  • こちらは、向かいにある「菊池観光交流館」です。中には観光案内所と美術館が入っています。ここでも菊池温泉の周湯券は購入できます。いろいろパンフレットもあって、観光・食事も親切にアドバイスしてもらえます。

    こちらは、向かいにある「菊池観光交流館」です。中には観光案内所と美術館が入っています。ここでも菊池温泉の周湯券は購入できます。いろいろパンフレットもあって、観光・食事も親切にアドバイスしてもらえます。

    菊池観光交流館 美術館・博物館

    観光案内所が入っています by Decoさん
  • 菊池温泉と食事をたんのうして、福岡県南部の自宅に戻りますが、買物好きの家族は途中南関町の「やさい畑へ」。

    菊池温泉と食事をたんのうして、福岡県南部の自宅に戻りますが、買物好きの家族は途中南関町の「やさい畑へ」。

    やさい畑 お土産屋・直売所・特産品

    設備が整った直売所 by Decoさん
  • ここは私の旅行記の定番スポットなので詳細はカットしますが、中はこのような感じで新鮮や野菜果物が販売されていました。<br />ちなみに、EVの充電もできるので、電気自動車の方にも便利な施設です。<br /><br />またまた日帰りの回想録で恐縮ですが、最後までお目通しいただきありがとうございます。菊池温泉は素晴らしい温泉なので、近くを通られたら立ち寄ってみてくださいね。

    ここは私の旅行記の定番スポットなので詳細はカットしますが、中はこのような感じで新鮮や野菜果物が販売されていました。
    ちなみに、EVの充電もできるので、電気自動車の方にも便利な施設です。

    またまた日帰りの回想録で恐縮ですが、最後までお目通しいただきありがとうございます。菊池温泉は素晴らしい温泉なので、近くを通られたら立ち寄ってみてくださいね。

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

菊池・合志の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集