シー・サッチャナーライ遺跡公園周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ソンクランの休暇どこに行こうか考えているうちに、7、8日にチェンマイ出張が入り5、6日が休みだったため、思い切って車でカムペーンペットの遺跡を見てからチェンマイまで北上し仕事を終え、南下しシーサッチャナーライ遺跡、スコータイの遺跡を見に行く事にした。<br /><br />更にソンクランの休みが9日間あり折角なので、東側の遺跡も全部見に行こうと、10泊11日の旅を計画した。とりあえず12日までホテルは予約したが、タイで2回目のロングドライブなので、疲労の度合いや連休中の渋滞、その他トラブルを考え、スコータイ以降の細かい行程は旅行中に考える事にして出発した。<br /><br />しかし、4月8日バンコクでクラスターが発生し、4月9日政府からバンコクからの入県に隔離や報告義務を発表。11日に泊まる予定だったホテルに確認メールしてみると、それに伴い宿泊できないという事実が判明。<br />残念ながらコロナの影響で、スコータイ以降の旅行が続けられなくなってしまった。<br /><br />東側の遺跡が回れなかったのは残念だったが、全行程のホテルを予約してなかった事で、容易に旅を中止する決断ができた。<br />コロナ禍の中、ソンクラン休暇前に出発できたことで、北部の遺跡をほぼ制覇することが出来きラッキーだった。次回機会を作って東側の遺跡をゆっくり回ってみたいと思う。<br /><br />遺跡を巡る旅で分かった事<br /><br /> ・4月は暑すぎるので、12月~1月がベスト<br /> ・遺跡正面は東側なので、午前中が順光で撮影にはベスト<br /> ・有名な遺跡以外はほとんど人がいなので、一人旅はお勧め出来ない<br /> ・吠える野良犬は威嚇に弱いが、唸り声をあげる犬には注意<br /> ・猿のいる遺跡では、眼鏡はかけない方が良い<br /> ・日焼け止め、虫よけ、水分補給は必須<br /> ・歴史公園内以外の遺跡は無料で車で見て廻ることができる<br /><br />今回の旅の行程<br /><br /> 4月5日  バンコク→カムペーンペット 走行距離453.4km<br /> 4月6日  カムペーンペット遺跡観光   <br /> 4月7日  カムペーンペット→チェンマイ 走行距離339.8km<br />●4月8日  チェンマイ→シーサッチャナーライ 走行距離283.7km<br /> 4月9日  シーサッチャナーライ→スコータイ 走行距離68.8km<br /> 4月10日 スコータイ観光<br /> 4月11日 スコータイ→バンコク 走行距離458km<br /><br />総走行距離1751.5km

タイの遺跡を全部巡るつもりが、コロナの影響で北部だけで終わってしまった旅 その17 シーサッチャナーライ郊外の遺跡巡り

14いいね!

2021/04/08 - 2021/04/08

11位(同エリア24件中)

旅行記グループ 遺跡巡りの旅 その1

0

59

Masa

Masa さん

この旅行記のスケジュール

2021/04/08

この旅行記スケジュールを元に

ソンクランの休暇どこに行こうか考えているうちに、7、8日にチェンマイ出張が入り5、6日が休みだったため、思い切って車でカムペーンペットの遺跡を見てからチェンマイまで北上し仕事を終え、南下しシーサッチャナーライ遺跡、スコータイの遺跡を見に行く事にした。

更にソンクランの休みが9日間あり折角なので、東側の遺跡も全部見に行こうと、10泊11日の旅を計画した。とりあえず12日までホテルは予約したが、タイで2回目のロングドライブなので、疲労の度合いや連休中の渋滞、その他トラブルを考え、スコータイ以降の細かい行程は旅行中に考える事にして出発した。

しかし、4月8日バンコクでクラスターが発生し、4月9日政府からバンコクからの入県に隔離や報告義務を発表。11日に泊まる予定だったホテルに確認メールしてみると、それに伴い宿泊できないという事実が判明。
残念ながらコロナの影響で、スコータイ以降の旅行が続けられなくなってしまった。

東側の遺跡が回れなかったのは残念だったが、全行程のホテルを予約してなかった事で、容易に旅を中止する決断ができた。
コロナ禍の中、ソンクラン休暇前に出発できたことで、北部の遺跡をほぼ制覇することが出来きラッキーだった。次回機会を作って東側の遺跡をゆっくり回ってみたいと思う。

遺跡を巡る旅で分かった事

 ・4月は暑すぎるので、12月~1月がベスト
 ・遺跡正面は東側なので、午前中が順光で撮影にはベスト
 ・有名な遺跡以外はほとんど人がいなので、一人旅はお勧め出来ない
 ・吠える野良犬は威嚇に弱いが、唸り声をあげる犬には注意
 ・猿のいる遺跡では、眼鏡はかけない方が良い
 ・日焼け止め、虫よけ、水分補給は必須
 ・歴史公園内以外の遺跡は無料で車で見て廻ることができる

今回の旅の行程

 4月5日  バンコク→カムペーンペット 走行距離453.4km
 4月6日  カムペーンペット遺跡観光   
 4月7日  カムペーンペット→チェンマイ 走行距離339.8km
●4月8日  チェンマイ→シーサッチャナーライ 走行距離283.7km
 4月9日  シーサッチャナーライ→スコータイ 走行距離68.8km
 4月10日 スコータイ観光
 4月11日 スコータイ→バンコク 走行距離458km

総走行距離1751.5km

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
レンタカー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • カオヤイ山から見えていたWat Yai Taへ

    カオヤイ山から見えていたWat Yai Taへ

  • 大きく発達して来た入道雲

    大きく発達して来た入道雲

  • 巨大な仏堂の遺跡

    巨大な仏堂の遺跡

  • 仏堂四隅の大きな柱

    仏堂四隅の大きな柱

  • 礼拝堂の列柱

    礼拝堂の列柱

  • 列柱の長い影

    列柱の長い影

  • 2箇所残る連子窓

    2箇所残る連子窓

  • 仏堂正面巨大な壁

    仏堂正面巨大な壁

  • 仏堂正面側

    仏堂正面側

  • 青い空に湧き出た入道雲と遺跡のシルエットが印象的だった

    青い空に湧き出た入道雲と遺跡のシルエットが印象的だった

  • 巨大な仏堂の遺跡

    巨大な仏堂の遺跡

  • 先程登ったカオヤイ山の夕陽

    先程登ったカオヤイ山の夕陽

  • Wat Khao Yai Bonのシルエット

    Wat Khao Yai Bonのシルエット

  • Wat Yai Taの駐車スペース。

    Wat Yai Taの駐車スペース。

  • 入道雲が綺麗だが、今晩も雨が降りそうな気配・・・

    入道雲が綺麗だが、今晩も雨が降りそうな気配・・・

  • 山の上にチェディを発見。疲れて思考能力がなく撮影した時は、カオヤイ山の遺跡だと思っていたが、歴史公園内のワット カオ スワンキーリーだった。

    山の上にチェディを発見。疲れて思考能力がなく撮影した時は、カオヤイ山の遺跡だと思っていたが、歴史公園内のワット カオ スワンキーリーだった。

  • すっかり疲れて思考能力が低下しているようで、カオヤイ山から見えていたWat Sa Khai Namの前を素通りし、なかなか見つける事が出来なかったが、ふと見ると畑の向こう側に普通に建っていた・・・

    すっかり疲れて思考能力が低下しているようで、カオヤイ山から見えていたWat Sa Khai Namの前を素通りし、なかなか見つける事が出来なかったが、ふと見ると畑の向こう側に普通に建っていた・・・

  • カオヤイ山のWat Kao Yai Lamg

    カオヤイ山のWat Kao Yai Lamg

  • カオヤイ山から見えていたWat Sa Khai Nam

    カオヤイ山から見えていたWat Sa Khai Nam

  • Wat Sa Khai Nam

    Wat Sa Khai Nam

  • カムペーンペットと同じ平板で造られた塀。

    カムペーンペットと同じ平板で造られた塀。

  • すっかり見慣れた礼拝堂の列柱

    すっかり見慣れた礼拝堂の列柱

  • 大分、陽が傾いて来た

    大分、陽が傾いて来た

  • 仏塔に仏像の姿はなかった

    仏塔に仏像の姿はなかった

  • 僅かに残る漆喰が当時の姿を想像させてくれる

    僅かに残る漆喰が当時の姿を想像させてくれる

  • 小規模だが保存状態の良いチェディ

    小規模だが保存状態の良いチェディ

  • 塔頂部の化粧漆喰はすっかり剥がれてしまっている

    塔頂部の化粧漆喰はすっかり剥がれてしまっている

  • 小規模だが保存状態の良いチェディ

    小規模だが保存状態の良いチェディ

  • 珍しく屋根まで残るスコータイ様式方形の仏堂

    珍しく屋根まで残るスコータイ様式方形の仏堂

  • Wat Kao Yai Lamgの駐車スペース

    Wat Kao Yai Lamgの駐車スペース

  • もうすぐ今日が終わる。

    もうすぐ今日が終わる。

  • 森の向こうにも遺跡があったが疲れで割愛。おそらくワット ラー フーと思われるが、調べてみるとスコータイ独特のチェディだったようで見に行くべきだったと後悔・・・

    森の向こうにも遺跡があったが疲れで割愛。おそらくワット ラー フーと思われるが、調べてみるとスコータイ独特のチェディだったようで見に行くべきだったと後悔・・・

  • 疲れてヘトヘトだったが、夕陽に染まる遺跡が撮りたくてワット プラ シー ラタナー マハータートへ。<br />本来、有料の遺跡のようだが、コロナ禍で観光客が少ないからか、窓口に人はおらず自由に入ることが出来た。

    疲れてヘトヘトだったが、夕陽に染まる遺跡が撮りたくてワット プラ シー ラタナー マハータートへ。
    本来、有料の遺跡のようだが、コロナ禍で観光客が少ないからか、窓口に人はおらず自由に入ることが出来た。

    ワット プラ シー ラタナー マハータート 寺院・教会

  • スコータイ様式とは雰囲気が違うワット プラ シー ラタナー マハータート。<br />

    スコータイ様式とは雰囲気が違うワット プラ シー ラタナー マハータート。

  • クメール王朝バイヨン様式の四面仏が上に乗った門

    クメール王朝バイヨン様式の四面仏が上に乗った門

  • 調べてみると立派なプラーンはアユタヤ時代に改築された形跡が認められるそうだ。

    調べてみると立派なプラーンはアユタヤ時代に改築された形跡が認められるそうだ。

  • アユタヤからここまで400km位あるが、こんな所まで当時の様式が伝わり寺院が建てられるなんて信仰の力は凄い。

    アユタヤからここまで400km位あるが、こんな所まで当時の様式が伝わり寺院が建てられるなんて信仰の力は凄い。

  • アユタヤ様式のプラーンとスコータイ仏。和洋折衷ならぬアユタヤ・スコータイ折衷の遺跡。

    アユタヤ様式のプラーンとスコータイ仏。和洋折衷ならぬアユタヤ・スコータイ折衷の遺跡。

  • プラーン塔部

    プラーン塔部

  • 塔頂部の飾り

    塔頂部の飾り

  • 空が段々良い雰囲気になって来た

    空が段々良い雰囲気になって来た

  • プラーン前の坐像

    プラーン前の坐像

  • プラーン北面

    プラーン北面

  • プラーン北面の坐像

    プラーン北面の坐像

  • プラーンの東側には現在も僧侶が居住する本堂がある

    プラーンの東側には現在も僧侶が居住する本堂がある

  • プラーン西側

    プラーン西側

  • プラーン西側足元に残る坐像

    プラーン西側足元に残る坐像

  • プラーン西側の門の上にも四面仏

    プラーン西側の門の上にも四面仏

  • 塔部が崩れてしまっているのが残念な巨大なチェディ。<br />クメール様式のプラーンより西側の遺跡が、スコータイ時代以前に造られたものと思わえる。

    塔部が崩れてしまっているのが残念な巨大なチェディ。
    クメール様式のプラーンより西側の遺跡が、スコータイ時代以前に造られたものと思わえる。

  • 典型的なスコータイ様式の仏塔とスコータイ仏。<br />

    典型的なスコータイ様式の仏塔とスコータイ仏。

  • スコータイ仏は遠くから見ると、非常にバランスが悪い。<br />暗くてピントが合わず、残念ながらピンボケ写真・・・

    スコータイ仏は遠くから見ると、非常にバランスが悪い。
    暗くてピントが合わず、残念ながらピンボケ写真・・・

  • 優しいお顔の仏像様

    優しいお顔の仏像様

  • 下から見上げるとスラっとしていて美しく見える様、計算されて造られている。

    下から見上げるとスラっとしていて美しく見える様、計算されて造られている。

  • スコータイ様式の仏堂と巨大チェディ

    スコータイ様式の仏堂と巨大チェディ

  • ワット プラ シー ラタナー マハータート一番西側に安置されていた坐像

    ワット プラ シー ラタナー マハータート一番西側に安置されていた坐像

  • 二体の坐像が折り重なるように安置されている

    二体の坐像が折り重なるように安置されている

  • 近年修復された坐像と思われるが損傷が酷い

    近年修復された坐像と思われるが損傷が酷い

  • 朦朧としながらマジックアワーまで撮影を続けたが、可成り暗くなってきたので退散することに。

    朦朧としながらマジックアワーまで撮影を続けたが、可成り暗くなってきたので退散することに。

  • 19時過ぎ宿に戻ると既に真っ暗。<br />開いているレストランも見当たらず、レストランもやっている宿で料理を作ってもらい部屋でNetfilxを見ながら食事。<br />意外と料理も美味かったが、何よりビールが美味かった。

    19時過ぎ宿に戻ると既に真っ暗。
    開いているレストランも見当たらず、レストランもやっている宿で料理を作ってもらい部屋でNetfilxを見ながら食事。
    意外と料理も美味かったが、何よりビールが美味かった。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

遺跡巡りの旅 その1

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

タイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安 230円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

タイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集