エルサレム旅行記(ブログ) 一覧に戻る
前編のパレスチナの分離壁に続きまして、また壁です♪<br />壁シリーズです(笑)<br />今度はエルサレムの嘆きの壁編ですが、なにか?(笑)<br />パレスチナのベツレヘムから、エルサレムに戻って来まして、これからエルサレムを本格的に見て回ろうと思ってます。<br />今朝は聖墳墓教会しか見てませんので、見所満載のエルサレム旧市街を中心に行ってみます♪<br /><br />ベツレヘムからバスで戻るとダマスカス門のバス停に到着します♪<br />なのでダマスカス門から、また旧市街へ突入(´・ω・)<br />やっとWi-Fiが繋がる環境に戻れて一安心だわ♪<br /><br />旧市街のごちゃごちゃした路地を歩き、まず目指すのは「嘆きの壁」!!<br />そう、また壁です(笑)<br />ヘロデ大王時代のエルサレム神殿の外壁のうち、現存する部分がこれ。<br />神殿はユダヤ教で最も神聖な建物であったそうです。<br />嘆きの壁という名前は、皆の祈りの姿が嘆いているように見えるから。<br /><br />ただ、その信じる力が人々の心の拠り所にもなり得るし、排他的な狂気に駆り立てる動機にもなり得る恐ろしいもの。<br />使い方を間違うとえらいことになるよね(;^_^A<br />大多数のユダヤ、ムスリム、クリスチャンは自身の信ずる神を崇拝してるだけなのは分かってますがね。<br /><br /><br />で、嘆きの壁。<br />ダマスカス門から、また迷路のような旧市街へ突入♪<br />薄暗いアーケードをGoogle先生を頼りに歩きます。<br />Western Wallと書かれた標識が見えてきたら、それが嘆きの壁♪<br />まずセキュリティチェックを通過して、ライフルを携帯するイスラエル兵士の前を通り抜けると、遠目に嘆きの壁が見えたヾ( ゚∀゚)ノ<br />壁に近付く前に、キッパと呼ばれるユダヤの小さな帽子を頭に乗せなくてはなりません。<br />レンタルキッパが置いてあるので、郷に入っては郷に従えで、ちゃんと私も頭に乗せてみます(笑)<br /><br />お祈りに来ている信者さんたちは巨大な壁に身体を接地させ、少しでも自分と関わる部分を共有したいという気持ちの想いなんだと思う。<br />それほどの強い想いがユダヤ人の皆さんにはあるのが、単純に凄いなぁと感心させられるのです。<br /><br />この地を治めていたソロモン王は紀元前965年頃に現在「神殿の丘」と呼ばれているところに神殿を建てました。<br />しかし、その神殿はユダヤ人がバビロン捕囚にあった時に破壊されたんだとか。<br />その後、紀元前515年頃に第2神殿として再建され、さらに紀元前20年頃にはヘロデ王によって改築されました。<br />ちょうどイエスの生きていたとされる時代ですが、神殿内で商売をしている様子を見たイエスは嘆かわしくなって、その店をひっくり返したことが聖書にも記載されています。<br />さかしヘロデ王が改築した神殿も西暦70年にはローマ軍によって完全に破壊され、神殿の西壁だけが残りました。<br />これがwestern wall、いわゆる嘆きの壁と呼ばれているのです。<br /><br />さらに西暦70年の神殿破壊の後はユダヤ教徒のエルサレムへの立ち入りは許可されず、4世紀以降には1年に1日だけ立ち入りが許されるようになります。<br />そして、残された西壁に向かって祖国の復興を祈りました。<br />こうして、神殿の西壁は「嘆き」のように見える祈りの壁となったのだそうです。<br />ていう、そんな壁。

シルクロードにおける宗教や歴史文化の伝播について興味津々なのでイスラエル来てみた(ユダヤが嘆く壁エルサレム中編8/29PM)13

55いいね!

2018/08/24 - 2018/08/31

24位(同エリア530件中)

旅行記グループ シルクロード巡礼の旅

6

108

てつやん

てつやんさん

この旅行記スケジュールを元に

前編のパレスチナの分離壁に続きまして、また壁です♪
壁シリーズです(笑)
今度はエルサレムの嘆きの壁編ですが、なにか?(笑)
パレスチナのベツレヘムから、エルサレムに戻って来まして、これからエルサレムを本格的に見て回ろうと思ってます。
今朝は聖墳墓教会しか見てませんので、見所満載のエルサレム旧市街を中心に行ってみます♪

ベツレヘムからバスで戻るとダマスカス門のバス停に到着します♪
なのでダマスカス門から、また旧市街へ突入(´・ω・)
やっとWi-Fiが繋がる環境に戻れて一安心だわ♪

旧市街のごちゃごちゃした路地を歩き、まず目指すのは「嘆きの壁」!!
そう、また壁です(笑)
ヘロデ大王時代のエルサレム神殿の外壁のうち、現存する部分がこれ。
神殿はユダヤ教で最も神聖な建物であったそうです。
嘆きの壁という名前は、皆の祈りの姿が嘆いているように見えるから。

ただ、その信じる力が人々の心の拠り所にもなり得るし、排他的な狂気に駆り立てる動機にもなり得る恐ろしいもの。
使い方を間違うとえらいことになるよね(;^_^A
大多数のユダヤ、ムスリム、クリスチャンは自身の信ずる神を崇拝してるだけなのは分かってますがね。


で、嘆きの壁。
ダマスカス門から、また迷路のような旧市街へ突入♪
薄暗いアーケードをGoogle先生を頼りに歩きます。
Western Wallと書かれた標識が見えてきたら、それが嘆きの壁♪
まずセキュリティチェックを通過して、ライフルを携帯するイスラエル兵士の前を通り抜けると、遠目に嘆きの壁が見えたヾ( ゚∀゚)ノ
壁に近付く前に、キッパと呼ばれるユダヤの小さな帽子を頭に乗せなくてはなりません。
レンタルキッパが置いてあるので、郷に入っては郷に従えで、ちゃんと私も頭に乗せてみます(笑)

お祈りに来ている信者さんたちは巨大な壁に身体を接地させ、少しでも自分と関わる部分を共有したいという気持ちの想いなんだと思う。
それほどの強い想いがユダヤ人の皆さんにはあるのが、単純に凄いなぁと感心させられるのです。

この地を治めていたソロモン王は紀元前965年頃に現在「神殿の丘」と呼ばれているところに神殿を建てました。
しかし、その神殿はユダヤ人がバビロン捕囚にあった時に破壊されたんだとか。
その後、紀元前515年頃に第2神殿として再建され、さらに紀元前20年頃にはヘロデ王によって改築されました。
ちょうどイエスの生きていたとされる時代ですが、神殿内で商売をしている様子を見たイエスは嘆かわしくなって、その店をひっくり返したことが聖書にも記載されています。
さかしヘロデ王が改築した神殿も西暦70年にはローマ軍によって完全に破壊され、神殿の西壁だけが残りました。
これがwestern wall、いわゆる嘆きの壁と呼ばれているのです。

さらに西暦70年の神殿破壊の後はユダヤ教徒のエルサレムへの立ち入りは許可されず、4世紀以降には1年に1日だけ立ち入りが許されるようになります。
そして、残された西壁に向かって祖国の復興を祈りました。
こうして、神殿の西壁は「嘆き」のように見える祈りの壁となったのだそうです。
ていう、そんな壁。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
5.0
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩 飛行機
航空会社
ウズベキスタン航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

55いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

シルクロード巡礼の旅

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • pedaruさん 2021/02/26 06:29:05
    イスラエルとは
    てつやんさん おはようございます。

    イスラエルの旅行記が少ない4トラベルですが、それだけでも珍しいのに、この膨大な写真、解説、これって大変な大作です。
    嘆きの壁、ほんとうに皆さん嘆いているようですね、中には女に振られて意気消沈している若者もいるのではないか、とゲスなpedaruは考えます。
    一見してユダヤ人とわかる制服のようなものがあるのですね、ベニスの商人のように
    世界中から嫌われる人たち、今は違うと思いますが、エリート意識の人たちはやはり嫌われるでしょうね。
    最後の晩餐の行われた部屋、本当ですかぁ?、といいたくなるような魔法をかけられたような気のする場所ですね。
    貴重な写真がたくさん載ってて、感心しています。前から知り合いのような気でいましたが、こんなにすごい人だったとは認識不足でした。すっかりファンになりました。
    遅まきながらフォローさせていただきます。

    pedaru

    てつやん

    てつやんさん からの返信 2021/02/26 20:02:45
    イスラエルとはなんぞや?
    pedaruさん


    こんばんは♪
    コメントありがとうございますm(_ _)m
    いつもポチ逃げばかりですみません(笑)

    〉〉〉
    イスラエルの旅行記が少ない4トラベルですが、それだけでも珍しいのに、この膨大な写真、解説、これって大変な大作です。

    確かに少ない気がしますね。
    大作かどうかは置いといて、2018年のメモがボロボロで思い出しながら書くのがしんどかったです(涙)


    〉〉〉
    嘆きの壁、ほんとうに皆さん嘆いているようですね、中には女に振られて意気消沈している若者もいるのではないか、とゲスなpedaruは考えます。

    ホントに一見そう見えます(笑)
    知らない人が見たら、壁に向かってうなだれた様子は祈りではなく、まさに嘆き。
    でも確かに心の中は分からないので失恋中の人もいるかもしれません。


    〉〉〉
    一見してユダヤ人とわかる制服のようなものがあるのですね、ベニスの商人のように
    世界中から嫌われる人たち、今は違うと思いますが、エリート意識の人たちはやはり嫌われるでしょうね。

    私も初めて生で見ました♪
    制服というか、スーツですかね?
    これが正統派と呼ばれる人達だそうですよ。
    選民意識が強いと言われますが、それも実際は分かりません。
    ちゃんと付き合って話してないので、実際どうなんでしょうかね(-ω- ?)
    私は自分の目で、頭で判断したいタイプ(笑)


    〉〉〉
    貴重な写真がたくさん載ってて、感心しています。前から知り合いのような気でいましたが、こんなにすごい人だったとは認識不足でした。すっかりファンになりました。
    遅まきながらフォローさせていただきます。

    いえ、そんなに貴重な訳ありませんよ(笑)
    私のうん○みたいな技術の写真は。
    もっとセンスの良い写真なら自慢にもなるんでしょうけど( ^ω^)
    こちらもとっくにお友達の気がしてましたが、今さらすみません。
    今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m


    てつやんでした
  • Mugieさん 2021/02/08 12:20:03
    こんにちは!
    ウズベキスタンの後に、イェルサレムに行くっておもしろいルートですね。
    前にヨルダンに行ったときに、イェルサレムにも足を延ばしたかったのですが、出入国の手続きにかかる時間が読めなくて断念しました。
    政情もあるので、なかなか行くタイミングが難しいです。
    ところで、岩のドームってムスリム限定なんですか。
    外があんなにきれいなんだから、中は相当立派なんじゃないかと思いますが、ヒジャーブ被ったら、紛れ込めますかね(笑)

    宗教や民族問題は複雑ですね。
    アラビアのロレンスを見たらアラブ人に肩入れしたくなるし、ホロコーストを知ると約束の地に帰りたいというユダヤ人の気持ちもわかるし、なんとも難しいですね。
    今HomelandというアメリカのCIAエージェントがイスラム過激派のテロと戦うドラマを見てますが、中東問題が複雑すぎて消化しきれません。
    そして単純に、みんな仲良くすればいいのに、って思ってしまいます。

    ムギー

    てつやん

    てつやんさん からの返信 2021/02/08 22:53:13
    こんばんはーー♪
    ムギーさん

    こんばんは!
    コメントありがとうございますm(_ _)m

    〉〉〉
    ウズベキスタンの後に、イェルサレムに行くっておもしろいルートですね。

    ですよね(笑)
    そんなルート辿ってる人、見たことも聞いたこともありませんでした♪


    〉〉〉
    前にヨルダンに行ったときに、イェルサレムにも足を延ばしたかったのですが、出入国の手続きにかかる時間が読めなくて断念しました。
    政情もあるので、なかなか行くタイミングが難しいです。

    キングフセインですかね?
    死海とセットで行きたいですよね♪
    空港ならだいたい読めそうですけど、陸路はどうなんですかね?
    ヨルダンいつか行きたいなぁ♪♪


    〉〉〉
    ところで、岩のドームってムスリム限定なんですか。
    外があんなにきれいなんだから、中は相当立派なんじゃないかと思いますが、ヒジャーブ被ったら、紛れ込めますかね(笑)

    ムスリム専用みたいっすよ。
    ネットでそんなこと見ました。
    そしてイスラエル兵に止められました。
    でも近くまで行けてる人もいるみたいだから、上手くやれたら近づけるのかも。
    でもムスリムの人達は嫌がるだろうから止めときましょ♪


    とにかく争いを一旦置いといて、落ち着いて欲しいですよね。
    みんな、エルサレムに思い入れはあるのは分かるけど、領土争いを続けても良いことないかと。
    当事者しか分からない、譲れないものがあるんでしょうけど。


    いま、イエメンが気になるてつやんでした
  • ももであさん 2021/02/06 09:01:11
    今なら'ワクチン'!?
    ユダヤ、ムスリム、クリスチャン... 信ずる神は違えども、
    ミカエルさんやガブリエルさんは共通しているのだから
    仲良くできないものですかね。

    てつやん

    てつやんさん からの返信 2021/02/06 11:28:52
    人類みな兄弟♪
    ももであさん


    こんにちは!!
    コメントありがとうございますm(_ _)m
    ホントにそうですよね。
    宗教で、敵だ!!味方だ!!なんて揉める意識が私には良くわかりませんが、ベツレヘムでの分離壁を見てホントにショックでしたよ。

    他者を尊重して仲良くして貰いたいものです。


    てつやんでした

てつやんさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イスラエルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イスラエル最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イスラエルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集