ハイデルベルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 観光6日目、シュトゥットガルトから宿をマインツに移動します。途中エーベルバッハに寄った後、ハイデルベルクを観光しました。一昨日から続いているネッカー川の続きです。<br /><br /> 旅行の日程は以下の通り:★印がこの旅行記です。<br /> 9月03日(月) 19:10関空~22:10香港経由0:05~06:30チューリッヒ着<br />(機中泊)<br /> 9月04日(火) ザンクト・ガレン、シュタイン・アム・ライン、コンスタンツ(コンスタンツ泊)<br /> 9月05日(水) メーアスブルク、<br />        ウールディンゲン・ミュールホーフェン 、ユーバーリンゲン、シャフハウゼン、コンスタンツ(コンスタンツ泊)<br /> 9月06日(木) フェルトキルヒ、ブレゲンツ、リンダウ(コンスタンツ泊)<br /> 9月07日(金) シュトゥットガルト、バート・ヴィンプフェン、ハイルブロン(シュトゥットガルト泊)<br /> 9月08日(土) (予定変更で)マンハイム(シュトゥットガルト泊)<br /> 9月09日(日) エーベルバッハ、<br />★       ハイデルベルク<br />        マインツ(マインツ泊)<br /> 9月10日(月) ザンクト・ゴアール、ボッパルト、オーバーヴェーゼル、バッハラッハ(マインツ泊)<br /> 9月11日(火) 13:45フランクフルト~06:50香港(機中泊)<br /> 9月12日(水) (08:00香港~12:55関空着の予定でしたが変更)<br />         10:00香港~11:30台北13:00~17:20成田着<br /><br />

2018夏ボーデン湖とライン川の旅17:ハイデルベルク、ネッカー川の街(6)

16いいね!

2018/09/09 - 2018/09/09

186位(同エリア804件中)

blumental

blumentalさん

 観光6日目、シュトゥットガルトから宿をマインツに移動します。途中エーベルバッハに寄った後、ハイデルベルクを観光しました。一昨日から続いているネッカー川の続きです。

 旅行の日程は以下の通り:★印がこの旅行記です。
 9月03日(月) 19:10関空~22:10香港経由0:05~06:30チューリッヒ着
(機中泊)
 9月04日(火) ザンクト・ガレン、シュタイン・アム・ライン、コンスタンツ(コンスタンツ泊)
 9月05日(水) メーアスブルク、
        ウールディンゲン・ミュールホーフェン 、ユーバーリンゲン、シャフハウゼン、コンスタンツ(コンスタンツ泊)
 9月06日(木) フェルトキルヒ、ブレゲンツ、リンダウ(コンスタンツ泊)
 9月07日(金) シュトゥットガルト、バート・ヴィンプフェン、ハイルブロン(シュトゥットガルト泊)
 9月08日(土) (予定変更で)マンハイム(シュトゥットガルト泊)
 9月09日(日) エーベルバッハ、
★       ハイデルベルク
        マインツ(マインツ泊)
 9月10日(月) ザンクト・ゴアール、ボッパルト、オーバーヴェーゼル、バッハラッハ(マインツ泊)
 9月11日(火) 13:45フランクフルト~06:50香港(機中泊)
 9月12日(水) (08:00香港~12:55関空着の予定でしたが変更)
         10:00香港~11:30台北13:00~17:20成田着

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
鉄道 高速・路線バス
航空会社
キャセイパシフィック航空

PR

  • 11:43エーベルバッハ発のREで12:09ハイデルベルク着。夫婦揃って20年ぶりの訪問です。ハイデルベルク中央駅の前には恐ろしいほどの駐輪の数、これだけあれば見事な景観です。<br />駅前のバス停から33番バスに乗り、Rathaus/Bergbahnで下車(乗車時間19分)。まずは城へ。

    11:43エーベルバッハ発のREで12:09ハイデルベルク着。夫婦揃って20年ぶりの訪問です。ハイデルベルク中央駅の前には恐ろしいほどの駐輪の数、これだけあれば見事な景観です。
    駅前のバス停から33番バスに乗り、Rathaus/Bergbahnで下車(乗車時間19分)。まずは城へ。

  • バス停の前は城へのケーブルカーBergbahn乗り場。すごい行列です。今日は日曜だからでしょうか。

    バス停の前は城へのケーブルカーBergbahn乗り場。すごい行列です。今日は日曜だからでしょうか。

  • 何度かカーブルカーが往復しているのですがなかなか順番が回って来ません。やっとで乗り込めたのは切符を買ってから25分後。時間のロス!

    何度かカーブルカーが往復しているのですがなかなか順番が回って来ません。やっとで乗り込めたのは切符を買ってから25分後。時間のロス!

  • 一つ目のシュロス駅Schlossで降りて東に進むとハイデルベルク城Schloss Heidelberg。エリザベス門Elisabethentorからスタート。1615年、プファルツ選帝侯フリードリッヒ5世が妃のエリザベス・スチュワート(イギリス王女)の20歳の誕生日に造ったもの。

    一つ目のシュロス駅Schlossで降りて東に進むとハイデルベルク城Schloss Heidelberg。エリザベス門Elisabethentorからスタート。1615年、プファルツ選帝侯フリードリッヒ5世が妃のエリザベス・スチュワート(イギリス王女)の20歳の誕生日に造ったもの。

  • 門をくぐると城の堀Burggrabenがあります。堀の奥はイギリス館Englischer Bau。堀の右側中央は図書館棟Bibliotheksbau、右端はループレヒト館Ruprechtsbau。<br />ハイデルベルク城の成立は13世紀前半らしいのですが、プファルツ選帝侯の居城としてその後拡張されました。

    門をくぐると城の堀Burggrabenがあります。堀の奥はイギリス館Englischer Bau。堀の右側中央は図書館棟Bibliotheksbau、右端はループレヒト館Ruprechtsbau。
    ハイデルベルク城の成立は13世紀前半らしいのですが、プファルツ選帝侯の居城としてその後拡張されました。

  • しかしながら17世紀末のプファルツ継承戦争でフランス軍に破壊され、復興をあきらめた選帝候カール・フィリップが1720年に宮廷をマンハイムに移し、以後ハイデルベルク城は廃墟のまま放置されました。<br />手前は牢獄塔Seltenleer。この崩れ具合がいいですね。

    しかしながら17世紀末のプファルツ継承戦争でフランス軍に破壊され、復興をあきらめた選帝候カール・フィリップが1720年に宮廷をマンハイムに移し、以後ハイデルベルク城は廃墟のまま放置されました。
    手前は牢獄塔Seltenleer。この崩れ具合がいいですね。

  • 牢獄塔の後ろに見えるのは城門塔Torturm 。<br /><br />

    牢獄塔の後ろに見えるのは城門塔Torturm 。

  • 城の西側からハイデルベルクの街並みを展望できます。

    城の西側からハイデルベルクの街並みを展望できます。

  • 西方向の風景。右は聖霊教会、左はイエズス教会。ネッカー川が旧市街の北側に沿って流れています。

    西方向の風景。右は聖霊教会、左はイエズス教会。ネッカー川が旧市街の北側に沿って流れています。

  • 堀の南側から見たイギリス館。左はディッカー塔 Dicker Turm。

    堀の南側から見たイギリス館。左はディッカー塔 Dicker Turm。

  • 城門塔はこの城に現存する最も高い塔です(高さ52m)。1531-41年にルートヴィヒ5世(在位1508-44年)が建設。<br /><br />

    城門塔はこの城に現存する最も高い塔です(高さ52m)。1531-41年にルートヴィヒ5世(在位1508-44年)が建設。

  • 堀の上に架かる橋を渡って城門塔へ(ここから有料)。

    堀の上に架かる橋を渡って城門塔へ(ここから有料)。

  • 門をくぐると城の中庭。正面(北側)はフリードリヒ館Friedrichsbauです。選帝侯フリードリヒ4世(在位1583-1610年)によって建設(1601-07年)。<br />右はガラスの広間棟Gla:serner Saalbau、左は夫人居館Frauenzimmerbau。<br />

    門をくぐると城の中庭。正面(北側)はフリードリヒ館Friedrichsbauです。選帝侯フリードリヒ4世(在位1583-1610年)によって建設(1601-07年)。
    右はガラスの広間棟Gla:serner Saalbau、左は夫人居館Frauenzimmerbau。

  • 中庭の西側。左はルプレヒト館、中央は図書館棟、ゴシック様式の出窓が付いています。右は夫人居館。

    中庭の西側。左はルプレヒト館、中央は図書館棟、ゴシック様式の出窓が付いています。右は夫人居館。

  • 中庭の東側はオットハインリヒ館Ottoheinrichsbauです。選帝侯オットー・ハインリヒ(在位1556-59年)によって建設(1556年)。

    中庭の東側はオットハインリヒ館Ottoheinrichsbauです。選帝侯オットー・ハインリヒ(在位1556-59年)によって建設(1556年)。

  • オットーハインリヒ館のルネサンス様式のファサード。ドイツ薬事博物館Deutsches Apotheken-Museumの入り口があります。

    オットーハインリヒ館のルネサンス様式のファサード。ドイツ薬事博物館Deutsches Apotheken-Museumの入り口があります。

  • 1957年に開設された博物館の中にはいくつかの調剤室が再現され、薬品、実験器具、医学関係の書籍も展示されています。<br />シュヴァルツァッハ(ラインミュンスター)のベネディクト会修道院の調剤室(1730年)。バロック様式ですね。<br />

    1957年に開設された博物館の中にはいくつかの調剤室が再現され、薬品、実験器具、医学関係の書籍も展示されています。
    シュヴァルツァッハ(ラインミュンスター)のベネディクト会修道院の調剤室(1730年)。バロック様式ですね。

  • ウルムのクローネ(王冠)薬局の調剤室(1812年)。<br />

    ウルムのクローネ(王冠)薬局の調剤室(1812年)。

  • バンベルクのホーフ薬局Hofapothekeの調剤室(1730-40年)。<br />吊り下げられたワニが気になります。

    バンベルクのホーフ薬局Hofapothekeの調剤室(1730-40年)。
    吊り下げられたワニが気になります。

  • 薬の材料の展示室。19世紀まで薬局で常備されていた薬の材料(植物、動物、鉱物)が展示されています。<br />

    薬の材料の展示室。19世紀まで薬局で常備されていた薬の材料(植物、動物、鉱物)が展示されています。

  • 水蒸気蒸留装置です(1890年)。<br />

    水蒸気蒸留装置です(1890年)。

  • 解熱鎮痛薬でお馴染みのアスピリンAspirin(アセチルサリチル酸)。アスピリンはドイツのバイエル社の商標(1899年から販売)。今まで薬といえばほとんどが薬草や生薬など天然物が使われていた時代に初めて登場した合成薬剤であり、歴史的にも画期的なものです。

    解熱鎮痛薬でお馴染みのアスピリンAspirin(アセチルサリチル酸)。アスピリンはドイツのバイエル社の商標(1899年から販売)。今まで薬といえばほとんどが薬草や生薬など天然物が使われていた時代に初めて登場した合成薬剤であり、歴史的にも画期的なものです。

  • フリードリヒ館の前から地下のワインケラーのある左の大樽棟へ向かいます。ワインの大樽を置くため1589-92年にかけて建造されました。

    フリードリヒ館の前から地下のワインケラーのある左の大樽棟へ向かいます。ワインの大樽を置くため1589-92年にかけて建造されました。

  • フリードリヒ館のファサードに飾られたフリードリヒ4世の像。

    フリードリヒ館のファサードに飾られたフリードリヒ4世の像。

  • 大樽棟Fassbauにある世界一大きいワインの大樽。この樽は4代目のカール・テオドール樽(1751年作)で容積22万リットル。

    大樽棟Fassbauにある世界一大きいワインの大樽。この樽は4代目のカール・テオドール樽(1751年作)で容積22万リットル。

  • 選帝侯に樽の番人を命じられた宮廷道化師ペルケオPerkeo。子供の頃から飲み物としてワインだけを飲み続けていたそうです。

    選帝侯に樽の番人を命じられた宮廷道化師ペルケオPerkeo。子供の頃から飲み物としてワインだけを飲み続けていたそうです。

  • 中央のガラスの広間棟のアーチをくぐり城の北側へ出ます。

    中央のガラスの広間棟のアーチをくぐり城の北側へ出ます。

  • 城の北側はアルタンと呼ばれる選帝侯のバルコニー。ハイデルベルク旧市街を一望できます。<br />左の鐘楼Glockenturmは砲塔の上に居住部分を増築したもの。城の北東の角に位置します。

    城の北側はアルタンと呼ばれる選帝侯のバルコニー。ハイデルベルク旧市街を一望できます。
    左の鐘楼Glockenturmは砲塔の上に居住部分を増築したもの。城の北東の角に位置します。

  • フリードリヒ館の北側の面です。

    フリードリヒ館の北側の面です。

  • バルコニーからネッカー川東側の眺め。

    バルコニーからネッカー川東側の眺め。

  • ネッカー川に架かるカール・テオドール橋Carl-Theodor Bru:cke。何と橋門に覆いが!修復中みたいです(がっかり)。

    ネッカー川に架かるカール・テオドール橋Carl-Theodor Bru:cke。何と橋門に覆いが!修復中みたいです(がっかり)。

  • 聖霊教会と市庁舎(右側)。<br />次は旧市街に下ります。

    聖霊教会と市庁舎(右側)。
    次は旧市街に下ります。

  • ケーブルカーのシュロス駅です。下りはたいして待つことなく乗れました。<br />

    ケーブルカーのシュロス駅です。下りはたいして待つことなく乗れました。

  • ケーブルカーの下の駅の北側にはコルンマルクト広場Kornmarkt。目の前に市庁舎Rathaus(南の面)。

    ケーブルカーの下の駅の北側にはコルンマルクト広場Kornmarkt。目の前に市庁舎Rathaus(南の面)。

  • コルンマルクトから見たハイデルベルク城。この奥がケーブルカーの乗り場。

    コルンマルクトから見たハイデルベルク城。この奥がケーブルカーの乗り場。

  • 広場の中央には聖母子像Mariens:ule。別名コルンマルクトのマドンナ像Kornmarkt-Mabonna(1718年建造)。

    イチオシ

    広場の中央には聖母子像Mariens:ule。別名コルンマルクトのマドンナ像Kornmarkt-Mabonna(1718年建造)。

  • コルンマルクトの西側には。。。

    コルンマルクトの西側には。。。

  • マルクト広場Marktplatz。観光客でいっぱいです。<br />広場の西側に聖霊教会Heiliggeistkirche。

    マルクト広場Marktplatz。観光客でいっぱいです。
    広場の西側に聖霊教会Heiliggeistkirche。

  • マルクト広場の東側には先ほどの市庁舎(西の面)。<br />この広場、中世においては公開裁判と刑執行の場でした。

    マルクト広場の東側には先ほどの市庁舎(西の面)。
    この広場、中世においては公開裁判と刑執行の場でした。

  • 広場の中央にはヘラクレスの泉Herkulesbrunnen(1701年建造)。

    広場の中央にはヘラクレスの泉Herkulesbrunnen(1701年建造)。

  • 聖霊教会の尖塔は高さ82m(1544年完成)。<br />この教会は、政権を握った選帝侯の意向によってカトリック派とプロテスタント派が交互に使いながら両派で紛争を繰り返していましたが、1705年以降、教会の身廊部と聖壇部に隔壁を設けて新旧両宗派で同時使用することとなりました。

    聖霊教会の尖塔は高さ82m(1544年完成)。
    この教会は、政権を握った選帝侯の意向によってカトリック派とプロテスタント派が交互に使いながら両派で紛争を繰り返していましたが、1705年以降、教会の身廊部と聖壇部に隔壁を設けて新旧両宗派で同時使用することとなりました。

  • この問題の最終決着は1936年。プロテスタント派がカトリック派から使用権を買い取って長く続いた争いは終わりました。ですから、ここはプロテスタント派の教会です。<br />教会の身廊。身廊の幅が狭いせいでしょうか、他の教会よりも柱が密集している感じがします。<br />

    この問題の最終決着は1936年。プロテスタント派がカトリック派から使用権を買い取って長く続いた争いは終わりました。ですから、ここはプロテスタント派の教会です。
    教会の身廊。身廊の幅が狭いせいでしょうか、他の教会よりも柱が密集している感じがします。

  • 内陣は特に目につくものはありません。パイプオルガンは左側。何か柱だらけという印象です。

    内陣は特に目につくものはありません。パイプオルガンは左側。何か柱だらけという印象です。

  • 入口側です。上にはステンドグラスのみ。

    入口側です。上にはステンドグラスのみ。

  • ステンドグラス「物理学部の窓」には広島の悲劇の日付が入っています。

    ステンドグラス「物理学部の窓」には広島の悲劇の日付が入っています。

  • 聖霊教会から北に延びるシュタイン通りSteingasse、その先にはカール・テオドール橋の修復中の橋門が見えます。今回のネッカー川沿いではたくさんの修復中に出会っています、残念。

    聖霊教会から北に延びるシュタイン通りSteingasse、その先にはカール・テオドール橋の修復中の橋門が見えます。今回のネッカー川沿いではたくさんの修復中に出会っています、残念。

  • ハイデルべルクの代表的スポットですが、布で覆われた橋門など写真に撮る気にならずそのままカール・テオドール橋へ。選帝侯カール・テオドールにより建設されました(1788年建造)。

    ハイデルべルクの代表的スポットですが、布で覆われた橋門など写真に撮る気にならずそのままカール・テオドール橋へ。選帝侯カール・テオドールにより建設されました(1788年建造)。

  • 橋に上には選帝侯カール・テオドール。プファルツ選帝侯(在位1743-99年)ながら、バイエルン選帝侯(在位1777-99年)にもなった人。宮廷をマンハイムからミュンヘンに移したにも関わらず、バイエルンの統治に無関心だった人。フランス軍がバイエルンに迫ったとき、バイエルンを見捨てようとした人。そしてハイデルベルク城のワインの大樽を作った人です。

    橋に上には選帝侯カール・テオドール。プファルツ選帝侯(在位1743-99年)ながら、バイエルン選帝侯(在位1777-99年)にもなった人。宮廷をマンハイムからミュンヘンに移したにも関わらず、バイエルンの統治に無関心だった人。フランス軍がバイエルンに迫ったとき、バイエルンを見捨てようとした人。そしてハイデルベルク城のワインの大樽を作った人です。

  • 英知の女神でありハイデルベルクの守護神でもあるミネルヴァの像(ギリシャ神話ではアテーナー)。

    英知の女神でありハイデルベルクの守護神でもあるミネルヴァの像(ギリシャ神話ではアテーナー)。

  • カール・テオドール橋からの北側から。

    カール・テオドール橋からの北側から。

  • 橋から見たハイデルベルク城。

    橋から見たハイデルベルク城。

  • 城の眺めはいいのですが、城の正面は北向きで日陰。夕方に来れば西日に照らされた城が見れたのでは。

    イチオシ

    城の眺めはいいのですが、城の正面は北向きで日陰。夕方に来れば西日に照らされた城が見れたのでは。

  • 橋から見た東の風景(ネッカー川上流)。ネッカー川は今回の訪問地ではシュトゥットガルト、ハイルブロン、バート・ヴィンプフェン、エーベルバッハを経てここへ流れてきます。綺麗な川です。ボートやカヌーもちらほら。

    橋から見た東の風景(ネッカー川上流)。ネッカー川は今回の訪問地ではシュトゥットガルト、ハイルブロン、バート・ヴィンプフェン、エーベルバッハを経てここへ流れてきます。綺麗な川です。ボートやカヌーもちらほら。

  • こんなお姉さんもいました。

    こんなお姉さんもいました。

  • 橋から見た西の風景(ネッカー川下流)。川はマンハイムでライン川に合流します。

    橋から見た西の風景(ネッカー川下流)。川はマンハイムでライン川に合流します。

  • さて聖霊教会まで戻って来ました。教会の向いには、騎士の館として建てられたHaus zum Ritter(1592年建築)。ルネッサンス様式のファサードが素晴らしい。今はホテルです。

    さて聖霊教会まで戻って来ました。教会の向いには、騎士の館として建てられたHaus zum Ritter(1592年建築)。ルネッサンス様式のファサードが素晴らしい。今はホテルです。

  • ここからハウプト通りHauptstr.を西に進み駅に戻ります。

    ここからハウプト通りHauptstr.を西に進み駅に戻ります。

  • プファルツ選帝侯博物館Kurpfa:izisches Museumの前を通り。。。

    プファルツ選帝侯博物館Kurpfa:izisches Museumの前を通り。。。

  • フリードリッヒ館Friedrichsbau(現ハイデルベルク大学の心理学研究所Psychologisches Institut)の前に立つブンゼン像を見てビスマルク広場へ。<br />ロベルト・ヴィルヘルム・ブンゼン(1811-99年)はハイデルベルク大学理学部教授、セシウムやルビジウムの発見者。ブンゼン・バーナーでお馴染みです。

    フリードリッヒ館Friedrichsbau(現ハイデルベルク大学の心理学研究所Psychologisches Institut)の前に立つブンゼン像を見てビスマルク広場へ。
    ロベルト・ヴィルヘルム・ブンゼン(1811-99年)はハイデルベルク大学理学部教授、セシウムやルビジウムの発見者。ブンゼン・バーナーでお馴染みです。

  • ビスマルク広場からバスでハイデルベルク駅へ。相変わらず自転車がぎっしり。トランクをピックアップした後、15:13発のS-Bahnで15:29マンハイム着。ここで乗り換え、マインツに向かいました。<br />これでネッカー川は終わり、再びライン川の旅になります。<br /><br />(マインツ)https://4travel.jp/travelogue/11569862<br />

    ビスマルク広場からバスでハイデルベルク駅へ。相変わらず自転車がぎっしり。トランクをピックアップした後、15:13発のS-Bahnで15:29マンハイム着。ここで乗り換え、マインツに向かいました。
    これでネッカー川は終わり、再びライン川の旅になります。

    (マインツ)https://4travel.jp/travelogue/11569862

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集