ホーチミン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初めてサイゴンを訪れたのは、1996年。<br />Pham Ngu Lao ファングラオ通り界隈に泊まったのですが、まだまだ夜は暗い街でした。<br /><br />次に訪れたのは、2008年。<br />ファングラオ通りから一つ入った、Bui Vien ブイビエン通りが栄えていました。<br />ATMでお金をおろしていたら、目つきの悪いおっちゃんにバイクで追いかけられたこともります。<br />巻きましたよ(+_+)フフフ<br /><br />夜はちょっと怪しい雰囲気もありました。<br />深夜は、秘策、Ma作戦を思いつき、ホンダガールを追っ払いました。<br /><br />ラオスでも、Ma作戦は、戦績をあげました。(+_+)フフフ<br />https://4travel.jp/travelogue/11035493<br />Good job (+_+)フフ<br /><br />現在、ブイビエン通りは、とっても騒がしく、レストランの値段もすっかり高くなってしまって、興味もちょっと失せました。<br />バックパッカーの闊歩する通りを眺めながら、ぼったくり価格のビールをちびちび程度です。。。<br /><br /><br />さて、ブイビエン通りの突き当たりの<br />De Tham デタム通りを9/23公園の反対方向に歩いて、大通りを渡って、真っすぐ歩いていくと、旅行者も少なくなって、ぐっとサイゴン市民の生活感に近づきます。<br />ずっとデタム通りです。<br /><br />朝市も立ちます。<br /><br /><br />そんな庶民生活感のあるデタム通り界隈で、Lau Hai San を楽しみました。<br /><br />Lau ラウ 鍋<br />Hai San ハイサン 海鮮 中国語もハイサンですねぇ。。。<br /><br />ーーーーーーーーーーーーー<br /><br />ベトナムの鍋にも、いっぱい種類があります。<br />ただ、日本の様に、地方で特色があるのかは不明です。<br />わかりません。。。<br /><br />鍋の具材で選ぶのが普通です。<br />具材で鍋が選べます。<br /><br />Lau ラウが鍋ですよ(^_^)/<br /><br />Lau Ca ラウカー 魚鍋<br /><br />Lau Bo ラウボー 牛鍋<br /><br />Lau De ラウゼー 山羊鍋<br />前に食べたことがあります。<br />具材の中にちっちゃな脳みそが鎮座していてビックリしました(+_+)<br />でも、フランスで牛の脳みそ料理を食べたことがあるので、<br />あまり抵抗がなかったです。<br />白子みたいで、美味しかったです(^_^)美味でございました。<br /><br />Lau Ngua ラウンガ 馬鍋 北部の山間部でよく見かけます。<br />日本人も馬刺しを食べますけど、馬鍋って日本にあるんですかねぇ。。。<br /><br />Lau Thai ラウタイ タイ風鍋もあります。<br />スープが辛いタイ風のようです。<br />タイスキとは違います。。。<br /><br />でんでんでん、、、<br />いっぱい種類があります。<br /><br /><br />でも、ゲテちゃんを食べたい人には、<br />(山羊の脳みそもゲテちゃんでした。。。が、たまたまです。。。)<br /><br />Lau Cho ラウチョー 犬鍋 OMG(+_+)<br /><br />稀ですが、<br />Lau Meo ラウメオ 猫鍋もあります(@_@)<br />地方で看板を見たことがあります。<br />ひっそりしたところにありました。。。<br /><br />衝撃、猫鍋の看板。<br />ご愁傷様です。。。<br />https://4travel.jp/travelogue/11219726<br /><br /><br />きっとラオス国境の山奥には、<br />Lau Khi ラウキー 猿鍋もあるに違いない(*_*)<br />見たことないけど、、、<br /><br />昔読んだ本で、ベトナムの秘境の隠れレストランについて読んだことがあります。<br />なんでも、テーブルに小さな穴が開いているのだとか。<br />そこに、生きた猿の頭がセットされます。<br />そして生きたまま、ナイフ、鋸、トンカチで、頭をかち割り、頭蓋骨をぱっくり開けるのだとか。。。<br />そして、まだ死に切れずキーと、アーギャーマーと鳴いている猿の生の脳みそをデリシャスと堪能するのだそうです(+_+)/よ<br />想像するだけで、猿の脳みそシャーベットが出てきたインディジョーンズの2作目のインドのマハラジャ宮殿の晩餐シーンを超えています(+_+)<br /><br />猿の脳みその生食いは、四半世紀前に本で読みました。。。<br /><br /><br />以前に、ベトナムの山奥で、たまたま入った峠の茶屋で、<br />猿が飼われていたのです。<br />ペットなのか、いや、<br />きっと君の行く先は、もしかして、君は生きたまま頭をかち割られるのか?<br />ご愁傷ですなぁ、と想像してしまいました(+_+)。。。<br /><br />ーーーーーーーー<br /><br />君は、ペットなのか? 脳みそを食べられるのか、それとも、猿鍋か、焼肉か?<br />https://4travel.jp/travelogue/11274459<br /><br /><br /><br /><br />

サイゴンで、Lau Hai San 海鮮鍋(^_^)/ oishii を楽しむ。

60いいね!

2019/08/23 - 2019/08/23

353位(同エリア6900件中)

旅行記グループ ベトナム サイゴン 2015 ~

4

10

pal

palさん

初めてサイゴンを訪れたのは、1996年。
Pham Ngu Lao ファングラオ通り界隈に泊まったのですが、まだまだ夜は暗い街でした。

次に訪れたのは、2008年。
ファングラオ通りから一つ入った、Bui Vien ブイビエン通りが栄えていました。
ATMでお金をおろしていたら、目つきの悪いおっちゃんにバイクで追いかけられたこともります。
巻きましたよ(+_+)フフフ

夜はちょっと怪しい雰囲気もありました。
深夜は、秘策、Ma作戦を思いつき、ホンダガールを追っ払いました。

ラオスでも、Ma作戦は、戦績をあげました。(+_+)フフフ
https://4travel.jp/travelogue/11035493
Good job (+_+)フフ

現在、ブイビエン通りは、とっても騒がしく、レストランの値段もすっかり高くなってしまって、興味もちょっと失せました。
バックパッカーの闊歩する通りを眺めながら、ぼったくり価格のビールをちびちび程度です。。。


さて、ブイビエン通りの突き当たりの
De Tham デタム通りを9/23公園の反対方向に歩いて、大通りを渡って、真っすぐ歩いていくと、旅行者も少なくなって、ぐっとサイゴン市民の生活感に近づきます。
ずっとデタム通りです。

朝市も立ちます。


そんな庶民生活感のあるデタム通り界隈で、Lau Hai San を楽しみました。

Lau ラウ 鍋
Hai San ハイサン 海鮮 中国語もハイサンですねぇ。。。

ーーーーーーーーーーーーー

ベトナムの鍋にも、いっぱい種類があります。
ただ、日本の様に、地方で特色があるのかは不明です。
わかりません。。。

鍋の具材で選ぶのが普通です。
具材で鍋が選べます。

Lau ラウが鍋ですよ(^_^)/

Lau Ca ラウカー 魚鍋

Lau Bo ラウボー 牛鍋

Lau De ラウゼー 山羊鍋
前に食べたことがあります。
具材の中にちっちゃな脳みそが鎮座していてビックリしました(+_+)
でも、フランスで牛の脳みそ料理を食べたことがあるので、
あまり抵抗がなかったです。
白子みたいで、美味しかったです(^_^)美味でございました。

Lau Ngua ラウンガ 馬鍋 北部の山間部でよく見かけます。
日本人も馬刺しを食べますけど、馬鍋って日本にあるんですかねぇ。。。

Lau Thai ラウタイ タイ風鍋もあります。
スープが辛いタイ風のようです。
タイスキとは違います。。。

でんでんでん、、、
いっぱい種類があります。


でも、ゲテちゃんを食べたい人には、
(山羊の脳みそもゲテちゃんでした。。。が、たまたまです。。。)

Lau Cho ラウチョー 犬鍋 OMG(+_+)

稀ですが、
Lau Meo ラウメオ 猫鍋もあります(@_@)
地方で看板を見たことがあります。
ひっそりしたところにありました。。。

衝撃、猫鍋の看板。
ご愁傷様です。。。
https://4travel.jp/travelogue/11219726


きっとラオス国境の山奥には、
Lau Khi ラウキー 猿鍋もあるに違いない(*_*)
見たことないけど、、、

昔読んだ本で、ベトナムの秘境の隠れレストランについて読んだことがあります。
なんでも、テーブルに小さな穴が開いているのだとか。
そこに、生きた猿の頭がセットされます。
そして生きたまま、ナイフ、鋸、トンカチで、頭をかち割り、頭蓋骨をぱっくり開けるのだとか。。。
そして、まだ死に切れずキーと、アーギャーマーと鳴いている猿の生の脳みそをデリシャスと堪能するのだそうです(+_+)/よ
想像するだけで、猿の脳みそシャーベットが出てきたインディジョーンズの2作目のインドのマハラジャ宮殿の晩餐シーンを超えています(+_+)

猿の脳みその生食いは、四半世紀前に本で読みました。。。


以前に、ベトナムの山奥で、たまたま入った峠の茶屋で、
猿が飼われていたのです。
ペットなのか、いや、
きっと君の行く先は、もしかして、君は生きたまま頭をかち割られるのか?
ご愁傷ですなぁ、と想像してしまいました(+_+)。。。

ーーーーーーーー

君は、ペットなのか? 脳みそを食べられるのか、それとも、猿鍋か、焼肉か?
https://4travel.jp/travelogue/11274459




PR

  • 前置きが長くなりました。。。<br /><br /><br />デタム通りの突き当たりを左に曲がって、ちょっとのところにあるお店です。<br /><br />天井はなくて、オープンです。<br /><br />ベトナム人のお客さんがいっぱいでした。<br /><br />安くて美味しいってことです。<br /><br />外国人もたまに紛れ込んできます。<br /><br />この日は、英語会話の男女二人組が隣の席に座りました。<br /><br />ちょっと漏れて来る会話を聞いていると、どうやらサイゴンで英語の先生の同僚の夕御飯のようでした。<br />

    前置きが長くなりました。。。


    デタム通りの突き当たりを左に曲がって、ちょっとのところにあるお店です。

    天井はなくて、オープンです。

    ベトナム人のお客さんがいっぱいでした。

    安くて美味しいってことです。

    外国人もたまに紛れ込んできます。

    この日は、英語会話の男女二人組が隣の席に座りました。

    ちょっと漏れて来る会話を聞いていると、どうやらサイゴンで英語の先生の同僚の夕御飯のようでした。

  • ビールは、ビールガールが薦めてきたアムステル。<br /><br />オランダのビールかなぁ。<br /><br />初めて見ました。<br />ほのかに甘い感じ。<br />まあまあです。<br /><br />1瓶、17000ドン。<br />良心的お値段です。<br /><br /><br />奥さんは、いつもの Heineken です。

    ビールは、ビールガールが薦めてきたアムステル。

    オランダのビールかなぁ。

    初めて見ました。
    ほのかに甘い感じ。
    まあまあです。

    1瓶、17000ドン。
    良心的お値段です。


    奥さんは、いつもの Heineken です。

  • Lau Hai San 海鮮鍋ドーン(+_+)/<br /><br />日本の様に、土鍋に盛りつけられていません。<br />中央にお鍋があって、一体の天皿に具材がてんこ盛りなのがベトナム鍋なのです(+_+)/<br /><br />170000ドンなり。<br /><br /><br />奥の左の白いのが、魚肉ボール。<br /><br />反時計回りに、<br /><br />マグロの切り身<br /><br />イカの切り身<br /><br />牛肉 海鮮鍋なのに不思議(+_+)?<br /><br />海老 芝海老みたいのが5尾(+_+)/あっぱれ<br /><br />野菜の死角になって写っていませんが、天皿にアサリも少々載っています。<br /><br /><br />野菜てんこ盛り。<br /><br />野菜はというと、<br /><br />空芯菜<br /><br />オクラ<br /><br />トマト <br /><br />小いさい玉ねぎ<br /><br />パクチー<br /><br />オジギ草(*_*)!?<br /><br />ベトナム人は、オジギ草を食べるんですよねぇ。。。<br />私は変な葉っぱを食べる方ですが、オジギ草は、微妙です(*_*)<br /><br />大昔、小学生用の本に、オジギ草の種がふろくで付いていたんですよねぇ。<br />毎日どう育つのか、興味津々でした。<br />やっと育った葉っぱが開いて、指でつんつんすると、葉っぱが閉じて、お辞儀して、大感激しました。(+_+)/ウホホーイ<br />でも、ベトナムでは、その辺に生えている食用の草なのです。。。<br />たんぼのあぜ道にうじゃうじゃ生えていたりします(+_+)<br />つんつんして、お辞儀するさまにウホホーイです。<br />子供にかえれます。<br />フフフ(^_^)/<br /><br /><br />写真を撮り忘れましたが、ブン(面の一種)も別皿で付いてきました。<br />ブンを知らない方は、こちらで見てください。<br />https://www.google.com/search?q=%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0+%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC&amp;tbm=isch&amp;ved=2ahUKEwjH08njlp3kAhVRWCsKHe0wAWQQ2-cCegQIABAC&amp;oq=%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0+%E3%83%96%E3%83%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%83%BC&amp;gs_l=mobile-gws-wiz-img.1.0.0i4j0i4i24l2.89646.91813..93383...0.0..0.128.495.0j4......0....1.Q6iUCabbAiI&amp;ei=oA1iXceDL9GwrQHt4YSgBg&amp;bih=964&amp;biw=602&amp;client=tablet-unknown&amp;prmd=imnv<br /><br /><br />奥さんは、追い空芯菜のてんこ盛りを一皿追加注文しました(=_=*)<br />鍋奉行です。。。<br /><br />ハハー(+_+)、<br />御奉行さまにはさからえませぬ。<br />仰せのままに。。。<br /><br />

    Lau Hai San 海鮮鍋ドーン(+_+)/

    日本の様に、土鍋に盛りつけられていません。
    中央にお鍋があって、一体の天皿に具材がてんこ盛りなのがベトナム鍋なのです(+_+)/

    170000ドンなり。


    奥の左の白いのが、魚肉ボール。

    反時計回りに、

    マグロの切り身

    イカの切り身

    牛肉 海鮮鍋なのに不思議(+_+)?

    海老 芝海老みたいのが5尾(+_+)/あっぱれ

    野菜の死角になって写っていませんが、天皿にアサリも少々載っています。


    野菜てんこ盛り。

    野菜はというと、

    空芯菜

    オクラ

    トマト 

    小いさい玉ねぎ

    パクチー

    オジギ草(*_*)!?

    ベトナム人は、オジギ草を食べるんですよねぇ。。。
    私は変な葉っぱを食べる方ですが、オジギ草は、微妙です(*_*)

    大昔、小学生用の本に、オジギ草の種がふろくで付いていたんですよねぇ。
    毎日どう育つのか、興味津々でした。
    やっと育った葉っぱが開いて、指でつんつんすると、葉っぱが閉じて、お辞儀して、大感激しました。(+_+)/ウホホーイ
    でも、ベトナムでは、その辺に生えている食用の草なのです。。。
    たんぼのあぜ道にうじゃうじゃ生えていたりします(+_+)
    つんつんして、お辞儀するさまにウホホーイです。
    子供にかえれます。
    フフフ(^_^)/


    写真を撮り忘れましたが、ブン(面の一種)も別皿で付いてきました。
    ブンを知らない方は、こちらで見てください。
    https://www.google.com/search?q=%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0+%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC&tbm=isch&ved=2ahUKEwjH08njlp3kAhVRWCsKHe0wAWQQ2-cCegQIABAC&oq=%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0+%E3%83%96%E3%83%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%83%BC&gs_l=mobile-gws-wiz-img.1.0.0i4j0i4i24l2.89646.91813..93383...0.0..0.128.495.0j4......0....1.Q6iUCabbAiI&ei=oA1iXceDL9GwrQHt4YSgBg&bih=964&biw=602&client=tablet-unknown&prmd=imnv


    奥さんは、追い空芯菜のてんこ盛りを一皿追加注文しました(=_=*)
    鍋奉行です。。。

    ハハー(+_+)、
    御奉行さまにはさからえませぬ。
    仰せのままに。。。

  • つけダレは、ニョクマム、魚醤です。<br /><br />お好みで、唐辛子を入れます。<br /><br />お好みで、具にちょっとだけ付けて、いただきます。<br /><br /><br />写真は、食べている最中のものです。<br /><br />ちょっと唐辛子を入れすぎて、取り出した後です。<br />無茶苦茶辛くなりました(T_T)<br /><br />うっすらと底に沈んでいるのは、ブンの切れ端です。。。<br />

    つけダレは、ニョクマム、魚醤です。

    お好みで、唐辛子を入れます。

    お好みで、具にちょっとだけ付けて、いただきます。


    写真は、食べている最中のものです。

    ちょっと唐辛子を入れすぎて、取り出した後です。
    無茶苦茶辛くなりました(T_T)

    うっすらと底に沈んでいるのは、ブンの切れ端です。。。

  • 先ずは、店員さんが固形燃料に火を付けてくれます。<br /><br />程よくスープが煮たって来たら、鍋の天皿てんこ盛りに盛られた具材を、<br />中央の鍋のスープにどーんと豪快にぶち込みます。<br /><br />後は、蓋をして、煮立つのを待つだけです(^_^)/<br />待ち遠しいです(+_+)ジュルジュル。<br /><br /><br />大事なのは、ブンは入れないことです。<br /><br />日本人は、閉めにうどんやご飯を入れますが、それも違います。<br />まあ、そうしてもいいと思いますけど。<br /><br />ブンはそのままニョクマムに付けて食べたり、<br />お椀に取って、鍋の熱々のスープをかけて食べるのが正解です(+_+)<br />

    先ずは、店員さんが固形燃料に火を付けてくれます。

    程よくスープが煮たって来たら、鍋の天皿てんこ盛りに盛られた具材を、
    中央の鍋のスープにどーんと豪快にぶち込みます。

    後は、蓋をして、煮立つのを待つだけです(^_^)/
    待ち遠しいです(+_+)ジュルジュル。


    大事なのは、ブンは入れないことです。

    日本人は、閉めにうどんやご飯を入れますが、それも違います。
    まあ、そうしてもいいと思いますけど。

    ブンはそのままニョクマムに付けて食べたり、
    お椀に取って、鍋の熱々のスープをかけて食べるのが正解です(+_+)

  • グツグツして、野菜がしんなりしたら出来上がりです(^_^)/

    グツグツして、野菜がしんなりしたら出来上がりです(^_^)/

  • ちょっと雨がぱらついてきました。<br /><br />青空レストランですが、心配無用です。<br /><br />天蓋が閉まるんです。<br /><br />あっぱれ(+_+)/<br /><br /><br />幸い土砂降りスコールではありませんでした。

    ちょっと雨がぱらついてきました。

    青空レストランですが、心配無用です。

    天蓋が閉まるんです。

    あっぱれ(+_+)/


    幸い土砂降りスコールではありませんでした。

  • ベトナムは暑いけど、ベトナム人は、鍋好きです。<br /><br />鍋料理は量が多いので、お一人様では食べ切れません。<br />一人だと量が多いので、たのめませんねぇ。<br />いいなぁと思いながら、食べているベトナム人を、ジュルっと眺めるしかないですねぇ。<br /><br />お二人様からですねぇ。<br /><br />ベトナムに行ったら、是非、お試しあれ(+_+)///<br /><br /><br />お一人様でも、ハノイやホーチミンには、Kichi Kichi キチキチっていう、鍋のチェーン店があるんです(+_+)/<br /><br />お一人様で大丈夫です。<br />カウンター席の一人一人の席に、鍋がセットされています。<br />そして回転寿司のように、肉、魚、野菜、色んな具がグルグルと回っています。<br />目の前に流れて来る具のお皿を自分好みで取り放題なのです。<br />二人で行っても、一人鍋という、日本人にはなんだかなぁ、というお店です。。。<br />私が知っている限り、日本では回転鍋って聞いたことがありません。。。<br />鍋はみんなで仲良くつつく物ですよねぇ。<br /><br />お一人様はきちきちにどうぞ。<br />Kichi Kichi は、吉吉かなぁ(+_+)<br />https://kichi.com.vn/<br /><br /><br /><br />さて、<br /><br />海鮮鍋は、とっても美味しかったです。<br />鍋、追加で空芯菜てんこ盛り1皿、ビール3本で、<br />231000ドンでした。<br /><br />安い(^_^)///<br /><br />二人でおなかいっぱいになりました。<br /><br />ごちそうさまでした(^_^)///<br />

    ベトナムは暑いけど、ベトナム人は、鍋好きです。

    鍋料理は量が多いので、お一人様では食べ切れません。
    一人だと量が多いので、たのめませんねぇ。
    いいなぁと思いながら、食べているベトナム人を、ジュルっと眺めるしかないですねぇ。

    お二人様からですねぇ。

    ベトナムに行ったら、是非、お試しあれ(+_+)///


    お一人様でも、ハノイやホーチミンには、Kichi Kichi キチキチっていう、鍋のチェーン店があるんです(+_+)/

    お一人様で大丈夫です。
    カウンター席の一人一人の席に、鍋がセットされています。
    そして回転寿司のように、肉、魚、野菜、色んな具がグルグルと回っています。
    目の前に流れて来る具のお皿を自分好みで取り放題なのです。
    二人で行っても、一人鍋という、日本人にはなんだかなぁ、というお店です。。。
    私が知っている限り、日本では回転鍋って聞いたことがありません。。。
    鍋はみんなで仲良くつつく物ですよねぇ。

    お一人様はきちきちにどうぞ。
    Kichi Kichi は、吉吉かなぁ(+_+)
    https://kichi.com.vn/



    さて、

    海鮮鍋は、とっても美味しかったです。
    鍋、追加で空芯菜てんこ盛り1皿、ビール3本で、
    231000ドンでした。

    安い(^_^)///

    二人でおなかいっぱいになりました。

    ごちそうさまでした(^_^)///

  • おまけ<br /><br /><br />その後、腹ごなしに、ホテルまで散歩でした。<br /><br /><br />奥さんは、フルーツシェイク屋さんで、ドリアンシェークをお買い上げ(+_+)))<br /><br /><br />そして、ホテルから目と鼻の先で見つけた飲み物屋台で一杯やることにしました。<br /><br />飲み物のショーケースの裏に隠れた1テーブルだけのお店です。<br /><br />ベトナム人には珍しい誠にふくよかな体型のおばちゃんが店主でした。<br />正確にいえば、婆さまです。<br /><br />お腹、大きすぎ(*_*)<br />もし妊娠していたら、いつつごちゃんが中にいそうなお腹でした。。。<br /><br />数年前に、まだブレイク前の、今はときめく直美ちゃんをパリのシャルル・ド・ゴール空港で見かけたことがあります。<br />とっても小柄でちょっとビックリでした。。。<br /><br />直美ちゃんもビックリの大きいお腹の婆さまでした(*_*)/

    おまけ


    その後、腹ごなしに、ホテルまで散歩でした。


    奥さんは、フルーツシェイク屋さんで、ドリアンシェークをお買い上げ(+_+)))


    そして、ホテルから目と鼻の先で見つけた飲み物屋台で一杯やることにしました。

    飲み物のショーケースの裏に隠れた1テーブルだけのお店です。

    ベトナム人には珍しい誠にふくよかな体型のおばちゃんが店主でした。
    正確にいえば、婆さまです。

    お腹、大きすぎ(*_*)
    もし妊娠していたら、いつつごちゃんが中にいそうなお腹でした。。。

    数年前に、まだブレイク前の、今はときめく直美ちゃんをパリのシャルル・ド・ゴール空港で見かけたことがあります。
    とっても小柄でちょっとビックリでした。。。

    直美ちゃんもビックリの大きいお腹の婆さまでした(*_*)/

  • 奥さんは、Heineken。<br /><br />おなかいっぱいの私は、ディスプレイケースにあった、ベトナム焼酎を発見(+_+)<br /><br />フフフ<br /><br />これが、大当りで美味しかったんです。<br /><br />その場飲みとお持ち帰り、<br />焼酎、Nep Moi Ha Noi 15000ドン x 2 私<br />缶Heineken 10000ドン x 3 奥さん(+_+)<br />合計 たった60000ドン<br /><br /><br />奥さんのおもちかえりの Heinekenは、結局、私が飲み干しました(+_+)フフフ

    奥さんは、Heineken。

    おなかいっぱいの私は、ディスプレイケースにあった、ベトナム焼酎を発見(+_+)

    フフフ

    これが、大当りで美味しかったんです。

    その場飲みとお持ち帰り、
    焼酎、Nep Moi Ha Noi 15000ドン x 2 私
    缶Heineken 10000ドン x 3 奥さん(+_+)
    合計 たった60000ドン


    奥さんのおもちかえりの Heinekenは、結局、私が飲み干しました(+_+)フフフ

60いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ベトナム サイゴン 2015 ~

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • ぶどう畑さん 2019/08/26 19:46:17
    脳みそと言えばハンニバル
    palさん

    ぶどう畑です。
    怖~い鍋の紹介をありがとうございました。(++)

    「脳みそを生きたまま」で私が思い浮かべるのは、『羊たちの沈黙』の続編『ハンニバル』の最後のほうのシーンです。ゾワゾワ…。

    オジギ草って食べれるんですね。ビックリ!
    ベトナムは野菜をたっぷり食べますよね。
    ホイアンの市場で、たくさんの種類のミントがあるのにも驚きました。
    日本じゃ、アイスに乗っている硬い葉っぱのミントくらいしかないけれど。

    先日の旅行でリル・シュル・ラ・ソルグという街に滞在した時、ベトナム料理屋があって、4泊中、3回も行っちゃいました。揚げ春巻きがとっても美味しかった!
    日本では「ベトナム料理=生春巻き」ですけど、揚げ春巻きのほうが絶対美味しい。(^^)

    pal

    palさん からの返信 2019/09/07 18:59:52
    Re: 脳みそと言えばハンニバル
    ぶどう畑さん、こんにちは。

    返信、遅くなってスミマセン。。。


    羊もハンニバルも見ました。でももうストーリーも覚えていなくて、生脳みそ食いのシーンも覚えていません。。。
    覚えているのは、ラストシーンで、白いスーツを着たハンニバルが、南米のどこかの街に消えていくというシーンです。。。


    オジギソウは、市場でもてんこ盛りで売っています。
    私は、生えているオジギソウをツンツンするだけで、大満足なんですけどねぇ。。。


    私もフランスのいくつかのベトナムレストランで揚げ春巻きを食べました。
    どちらかというと、北部ベトナム風です。
    でっかい揚げ春巻きでした。
    大食い人のフランス仕様です。

    一概に言えませんが、
    北部の揚げ春巻きは、大きくて、一口サイズに切って出てくることもあります。
    南部の揚げ春巻きは、はじめから一口サイズの小さなものです。ビールのお供にもってこいです。


    ベトナムでは、すでに形になって出てくる定番の生春巻きがあります。

    でも、自分で作る生春巻き料理もいっぱいあるんです。
    ライスペーパーにメインの肉か魚、葉っぱ、ハーブ、ナムス、パイナップル、ブンなどををお好みで載せて、自分で巻いて、ヌックマムなどにチュチュと浸けて食べるんです。

    日本の手巻き寿司みたいで、味変できて、美味しくて、楽しいですよ!!!


    (~_~)///

    pal

    ぶどう畑

    ぶどう畑さん からの返信 2019/09/07 20:20:16
    素朴な疑問
    palさん

    生脳みそ食いのシーンは、レクターが南米のどこかの街に消えて行く、少し前です。機会があったら、また観てください。

    揚げ春巻き、北部と南部とでは大きさが違うんですか。
    そこのお店は小さめ。ホイアンやダナンで食べた時と同じような大きさでした。

    > 自分で作る生春巻き料理もいっぱいあるんです。

    ライスペーパーは、戻してすぐ巻かないと、ややこしいことになりますよね。
    ホイアンの料理教室で、バインセオと野菜をライスペーパーをくるんで食べたんですが、その時のライスペーパーは薄くて、野菜の湿り気で戻るって感じ。
    スーパーで同じ物を買って帰り、イトコにも好評でした。

    手巻き生春巻きのライスペーパーは、そういうタイプですか?

    pal

    palさん からの返信 2019/09/07 20:58:34
    素朴な疑問へのお答え。
    ライスペーパーにも種類があります。

    格子模様が入っていたら、手作りかなぁ。竹籠の上で乾かしたものです。
    ペラペラで模様がないのは、きっと大量生産物です。

    ライスペーパー手巻き寿司料理には、必ずボールでお水が付いてきます。

    巻き巻き料理を自分で作る前に、ライスペーパーを一瞬しゃぶしゃぶのように水に浸すとか、手で水を塗って柔らかくします(+_+)///

    そうしないと、当たり前ながら、ライスペーパーは巻くときにバリバリかボロボロになってしまいます。。。


    生春巻きのライスペーパーは、作るのを見たことがありません。。。
    じっくり水で戻したものだと思います。

    pal

palさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集