田沢湖・乳頭温泉郷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6月は天気の悪い週末が続いたため2回しか登山に行けませんでしたが、この週末は東北北部なら晴れ間が期待できそうだったので、8月上旬までと連休しか登山バスが運行していない岩手県の早池峰山(標高1917m)に登ってきました。せっかく東北まで遠征したので、翌日は隣県まで足を延ばして秋田駒ヶ岳(標高1637m)と乳頭山(標高1478m)にも登ってみました。<br /><br /><旅程><br />【1日目(7/6土)】<br /> 東京駅23:10→盛岡駅6:35(高速バス)<br /> 盛岡駅7:10→岳駐車場8:40(岩手県交通・早池峰登山バス)<br /> 岳駐車場9:00→小田越9:24(シャトルバス)<br /> 小田越9:22-10:35早池峰山10:41-11:42中岳11:46-13:22鶏頭山13:39-15:00岳駐車場(登山)<br /> 岳駐車場15:50→盛岡駅17:20(岩手県交通・早池峰登山バス)<br /> 盛岡17:35→田沢湖18:08(秋田新幹線)<br /> 田沢湖駅18:20→田沢湖高原温泉18:52(羽後交通バス)<br />【2日目(7/7日)】<br /> 田沢湖高原温泉5:59→八合目6:26(羽後交通バス)<br /> 駒ヶ岳八合目6:30-7:20男女岳7:45-8:06男岳8:11-8:38駒池8:41-9:17横岳-9:59湯森山10:10-11:04笊森山11:07-11:22千沼ヶ原11:28-12:09乳頭山12:17-13:01一本松温泉13:03-13:28黒湯温泉14:44-15:01乳頭温泉バス停(登山)<br /> 乳頭温泉15:30→田沢湖駅16:18(羽後交通バス)<br /> 田沢湖17:13→東京20:04(秋田新幹線)<br /><br /><日本百名山登山記録><br />https://4travel.jp/travelogue/11346539

早池峰山&秋田駒ヶ岳登山

40いいね!

2019/07/06 - 2019/07/07

67位(同エリア620件中)

6月は天気の悪い週末が続いたため2回しか登山に行けませんでしたが、この週末は東北北部なら晴れ間が期待できそうだったので、8月上旬までと連休しか登山バスが運行していない岩手県の早池峰山(標高1917m)に登ってきました。せっかく東北まで遠征したので、翌日は隣県まで足を延ばして秋田駒ヶ岳(標高1637m)と乳頭山(標高1478m)にも登ってみました。

<旅程>
【1日目(7/6土)】
 東京駅23:10→盛岡駅6:35(高速バス)
 盛岡駅7:10→岳駐車場8:40(岩手県交通・早池峰登山バス)
 岳駐車場9:00→小田越9:24(シャトルバス)
 小田越9:22-10:35早池峰山10:41-11:42中岳11:46-13:22鶏頭山13:39-15:00岳駐車場(登山)
 岳駐車場15:50→盛岡駅17:20(岩手県交通・早池峰登山バス)
 盛岡17:35→田沢湖18:08(秋田新幹線)
 田沢湖駅18:20→田沢湖高原温泉18:52(羽後交通バス)
【2日目(7/7日)】
 田沢湖高原温泉5:59→八合目6:26(羽後交通バス)
 駒ヶ岳八合目6:30-7:20男女岳7:45-8:06男岳8:11-8:38駒池8:41-9:17横岳-9:59湯森山10:10-11:04笊森山11:07-11:22千沼ヶ原11:28-12:09乳頭山12:17-13:01一本松温泉13:03-13:28黒湯温泉14:44-15:01乳頭温泉バス停(登山)
 乳頭温泉15:30→田沢湖駅16:18(羽後交通バス)
 田沢湖17:13→東京20:04(秋田新幹線)

<日本百名山登山記録>
https://4travel.jp/travelogue/11346539

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 新幹線
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 東京駅から夜行バスで盛岡へ。基本3列シートですが、残り1席だったので、最後尾の4列のハズレ座席。。。コンセントやwifiもない。

    東京駅から夜行バスで盛岡へ。基本3列シートですが、残り1席だったので、最後尾の4列のハズレ座席。。。コンセントやwifiもない。

  • 長者原SAでの休憩を経て、ほぼ定刻の6:33頃に盛岡駅に到着。コンビニで食料を調達して、7:10発の早池峰登山バスに乗車(片道1900円)。予約制で直前だと満席になってしまうので、キャンセル料は覚悟で早めに予約しました(当日、余裕があれば予約なしでも乗れるようで、3人ほど予約なしで乗っていましたが)。バスは普通の路線バスタイプ。

    長者原SAでの休憩を経て、ほぼ定刻の6:33頃に盛岡駅に到着。コンビニで食料を調達して、7:10発の早池峰登山バスに乗車(片道1900円)。予約制で直前だと満席になってしまうので、キャンセル料は覚悟で早めに予約しました(当日、余裕があれば予約なしでも乗れるようで、3人ほど予約なしで乗っていましたが)。バスは普通の路線バスタイプ。

    盛岡駅

  • 途中、「峠の駅紫波ふる里センター」で休憩。帰りもここで休憩しました。

    途中、「峠の駅紫波ふる里センター」で休憩。帰りもここで休憩しました。

  • 8:34頃に岳駐車場に到着し、チケットを購入してシャトルバスに乗り換え(片道800円)。9時発のため、しばらく待ちました。団体客もいたのでバスは2台。

    8:34頃に岳駐車場に到着し、チケットを購入してシャトルバスに乗り換え(片道800円)。9時発のため、しばらく待ちました。団体客もいたのでバスは2台。

  • 9:22頃、登山口の小田越に到着し、登山開始。

    9:22頃、登山口の小田越に到着し、登山開始。

  • 樹林帯を抜けると、見晴らしの良い岩がちな登山道。

    樹林帯を抜けると、見晴らしの良い岩がちな登山道。

  • 振り返ると薬師岳が見えましたが、次第に雲に覆われて見えなくなってしまいました。

    振り返ると薬師岳が見えましたが、次第に雲に覆われて見えなくなってしまいました。

  • 岩場には色々な高山植物が咲き乱れていました。

    岩場には色々な高山植物が咲き乱れていました。

  • 五合目の御金蔵

    五合目の御金蔵

  • 写真だと垂直に近いように見えたハシゴですが、実際は緩やかな傾斜でさほど高度感はありませんでした。

    写真だと垂直に近いように見えたハシゴですが、実際は緩やかな傾斜でさほど高度感はありませんでした。

  • 稜線に出て山頂へ

    稜線に出て山頂へ

  • 山頂付近にも色々な種類のお花

    山頂付近にも色々な種類のお花

  • 山頂避難小屋

    山頂避難小屋

  • 早池峰山(標高1917m)に登頂♪<br />日本百名山の82座目。

    早池峰山(標高1917m)に登頂♪
    日本百名山の82座目。

    早池峰山 自然・景勝地

  • 山頂には剣がたくさん

    山頂には剣がたくさん

  • 山頂を後にして、縦走路を中岳方面へ。巨岩を伝って歩くような箇所も結構ありました。山頂までは多くの登山者がいましたが、縦走路で出会った登山者は僅か。

    山頂を後にして、縦走路を中岳方面へ。巨岩を伝って歩くような箇所も結構ありました。山頂までは多くの登山者がいましたが、縦走路で出会った登山者は僅か。

  • 樹林帯に入ると、ぬかるみが非常に多く、靴やズボンが泥だらけに。

    樹林帯に入ると、ぬかるみが非常に多く、靴やズボンが泥だらけに。

  • 振り返って早池峰山

    振り返って早池峰山

  • 中岳(標高1679m)に登頂♪

    中岳(標高1679m)に登頂♪

  • これから歩く鶏頭山への稜線。右側(北側)がガスっていました。

    これから歩く鶏頭山への稜線。右側(北側)がガスっていました。

  • 刃渡りのような細い岩場を歩く箇所も。

    刃渡りのような細い岩場を歩く箇所も。

  • 中岳付近は巨岩だらけ。

    中岳付近は巨岩だらけ。

  • 縦走路にも多くの花が咲いていました。

    縦走路にも多くの花が咲いていました。

  • ようやく最後のピークの鶏頭山(標高1445m)に到着しましたが、ガスって景色は見えませんでした。

    ようやく最後のピークの鶏頭山(標高1445m)に到着しましたが、ガスって景色は見えませんでした。

  • 少し下ると晴れていました。

    少し下ると晴れていました。

  • ニセ鶏頭山

    ニセ鶏頭山

  • 岳に向けて下山する途中に避難小屋

    岳に向けて下山する途中に避難小屋

  • 避難小屋から下は歩きやすい道となりました。

    避難小屋から下は歩きやすい道となりました。

  • 15時頃には岳駐車場に到着し、15:50発の早池峰登山バスで盛岡駅へ。<br />

    15時頃には岳駐車場に到着し、15:50発の早池峰登山バスで盛岡駅へ。

  • 定刻の17:20頃に盛岡駅に到着。これから田沢湖高原温泉の宿に至るまで乗継時間が短く、宿の周辺には飲食店やコンビニがなさそうなので、慌ただしく今夜の弁当や翌日の食料を買い込んで、17:35発の秋田新幹線で田沢湖駅へ。

    定刻の17:20頃に盛岡駅に到着。これから田沢湖高原温泉の宿に至るまで乗継時間が短く、宿の周辺には飲食店やコンビニがなさそうなので、慌ただしく今夜の弁当や翌日の食料を買い込んで、17:35発の秋田新幹線で田沢湖駅へ。

    盛岡駅

  • 18:08、田沢湖駅に到着。昨年10月以来です。

    18:08、田沢湖駅に到着。昨年10月以来です。

    田沢湖駅

  • 田沢湖駅から18:20発のアルパこまくさ行きの羽後交通バスで今夜の宿へ。最終バスなので、乗継失敗しなくてよかった。

    田沢湖駅から18:20発のアルパこまくさ行きの羽後交通バスで今夜の宿へ。最終バスなので、乗継失敗しなくてよかった。

  • 車窓から田沢湖。残念ながら、今回もたつこ像は見られませんでした。

    車窓から田沢湖。残念ながら、今回もたつこ像は見られませんでした。

    田沢湖 自然・景勝地

  • 車窓から秋田駒ヶ岳

    車窓から秋田駒ヶ岳

  • 今夜の宿「民宿はるかぜ」。素泊まり1泊4200円+入湯料150円。<br />温泉が付いていました。<br />周辺に飲食店やコンビニがないのが不便。

    今夜の宿「民宿はるかぜ」。素泊まり1泊4200円+入湯料150円。
    温泉が付いていました。
    周辺に飲食店やコンビニがないのが不便。

    民宿はるかぜ 宿・ホテル

    2名1室合計 8,360円~

  • 翌朝、宿の近くから田沢湖が見えました。<br />この写真を撮った時は気づきませんでしたが、左奥に鳥海山らしき山が見えていました。

    翌朝、宿の近くから田沢湖が見えました。
    この写真を撮った時は気づきませんでしたが、左奥に鳥海山らしき山が見えていました。

  • 始発のバスで駒ヶ岳八合目へ。大人数の団体さんが予約していたようで、田沢湖高原温泉から臨時便が出ていました。バス2台に全員が座れた模様。<br />下界は晴れていましたが、残念ながら山頂付近はガスっていました。

    始発のバスで駒ヶ岳八合目へ。大人数の団体さんが予約していたようで、田沢湖高原温泉から臨時便が出ていました。バス2台に全員が座れた模様。
    下界は晴れていましたが、残念ながら山頂付近はガスっていました。

  • 火山らしい光景

    火山らしい光景

  • まずは秋田駒ヶ岳最高峰の男女岳(おなめだけ)に向かいましたが濃霧。。。

    まずは秋田駒ヶ岳最高峰の男女岳(おなめだけ)に向かいましたが濃霧。。。

  • この山にも高山植物が多い。

    この山にも高山植物が多い。

  • 秋田駒ヶ岳(標高1637m)に登頂♪秋田県の最高峰。<br />日本二百名山はようやく20座目。

    秋田駒ヶ岳(標高1637m)に登頂♪秋田県の最高峰。
    日本二百名山はようやく20座目。

    秋田駒ヶ岳 自然・景勝地

  • 当初はガスって景色が何も見えませんでしたが、強風の中でしばらく待った甲斐があって、時々ガスが晴れて景色が見えました♪この写真は男岳とその右奥に田沢湖。

    当初はガスって景色が何も見えませんでしたが、強風の中でしばらく待った甲斐があって、時々ガスが晴れて景色が見えました♪この写真は男岳とその右奥に田沢湖。

  • 阿弥陀池も見えました。

    阿弥陀池も見えました。

  • 男女岳を後にして、次は男岳へ。

    男女岳を後にして、次は男岳へ。

  • 男岳の山頂からは田沢湖が見えました。

    男岳の山頂からは田沢湖が見えました。

  • 男岳からガレた急坂を下って谷底へ。スリップ・落石注意な感じで、本当は逆ルートで登りに使う方が良さそう。

    男岳からガレた急坂を下って谷底へ。スリップ・落石注意な感じで、本当は逆ルートで登りに使う方が良さそう。

  • 先ほど登った男岳

    先ほど登った男岳

  • 「ムーミン谷」と呼ばれているそうです。

    「ムーミン谷」と呼ばれているそうです。

  • 木道沿いはお花畑

    木道沿いはお花畑

  • 駒池

    駒池

  • 木道が終わると、一転して火山礫地帯となりました。

    木道が終わると、一転して火山礫地帯となりました。

  • 火山礫地帯にも、所々に花が咲いていました。

    火山礫地帯にも、所々に花が咲いていました。

  • 先ほど歩いた道を見下ろせました。

    先ほど歩いた道を見下ろせました。

  • 横岳付近にも色々な種類の花

    横岳付近にも色々な種類の花

  • 横岳山頂はガスって眺望なし。

    横岳山頂はガスって眺望なし。

  • 湯森山に向かう途中で振り返って駒ヶ岳。右側の男女岳には依然としてガス。

    湯森山に向かう途中で振り返って駒ヶ岳。右側の男女岳には依然としてガス。

  • 湯森山でしばしの休憩&食事。

    湯森山でしばしの休憩&食事。

  • それほどアップダウンの激しくない縦走路を更に先へ。所々に藪などで歩きにくい箇所もありました。

    それほどアップダウンの激しくない縦走路を更に先へ。所々に藪などで歩きにくい箇所もありました。

  • 笊森山付近の花

    笊森山付近の花

  • 笊森山(ざるもりやま)

    笊森山(ざるもりやま)

  • 寄り道して千沼ヶ原へ

    寄り道して千沼ヶ原へ

  • 池塘が点在する千沼ヶ原

    池塘が点在する千沼ヶ原

  • 乳頭山に向かう途中、大きな雪渓に行く手を阻まれましたが、少し迂回してアイゼン等は使わずに横断できました。

    乳頭山に向かう途中、大きな雪渓に行く手を阻まれましたが、少し迂回してアイゼン等は使わずに横断できました。

  • 乳頭山へ。この辺りは晴れていました。

    乳頭山へ。この辺りは晴れていました。

  • 乳頭山(標高1478m)に登頂♪<br />秋田駒ヶ岳は雲に覆われて見えませんでした。

    乳頭山(標高1478m)に登頂♪
    秋田駒ヶ岳は雲に覆われて見えませんでした。

    乳頭山 自然・景勝地

  • 田沢湖は見えました♪

    田沢湖は見えました♪

  • 乳頭山付近に咲いていた花

    乳頭山付近に咲いていた花

  • 黒湯温泉方面に下山する途中で硫黄の臭いがして、野湯「一本松温泉」がありました。

    黒湯温泉方面に下山する途中で硫黄の臭いがして、野湯「一本松温泉」がありました。

  • 誰も入っていませんでしたが、秘湯好きの方は是非♪

    誰も入っていませんでしたが、秘湯好きの方は是非♪

  • 岩伝いに渡渉したり

    岩伝いに渡渉したり

  • 川沿いを歩いたりして

    川沿いを歩いたりして

  • 黒湯温泉に到着。日帰り入浴600円。

    黒湯温泉に到着。日帰り入浴600円。

    黒湯温泉 (乳頭温泉郷) 宿・ホテル

  • 入浴前に秋田名物「みそたんぽ」を頂きました(350円)。

    入浴前に秋田名物「みそたんぽ」を頂きました(350円)。

  • こちらは男女別の温泉

    こちらは男女別の温泉

  • こちらは混浴の温泉。<br />どちらも白濁したお湯でしたが、泉質が違うそうです。

    こちらは混浴の温泉。
    どちらも白濁したお湯でしたが、泉質が違うそうです。

  • 黒湯温泉から少し下った川沿いに孫六温泉

    黒湯温泉から少し下った川沿いに孫六温泉

    孫六温泉 (乳頭温泉郷) 温泉

  • 更に下って、蟹場温泉からバスで田沢湖駅に向かいました。

    更に下って、蟹場温泉からバスで田沢湖駅に向かいました。

    蟹場温泉 (乳頭温泉郷) 温泉

  • 田沢湖駅前のお店で早めの夕食。新幹線を乗り継いで5時間以上かけて帰宅しました。

    田沢湖駅前のお店で早めの夕食。新幹線を乗り継いで5時間以上かけて帰宅しました。

    みずうみ グルメ・レストラン

40いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ねもさん 2019/07/10 13:41:56
    お久しぶりです
    mondoさん 相変わらずやりますね!
    2日目は私が先日、2日かけて歩いた行程です。まあ快足mondoさんなら朝飯前でしょうか(笑) 2週間経ってもきれいな花たちはすごいですね。私もまた訪ねてみたいと思いました。
    そうmondoさんも迂回した大きな雪田、まだ残ってましたか…… 私はこれに阻まれて千沼ヶ原に行きつけませんでした。

    早池峰縦走もさすがです。私も34年前の夏、鶏頭山まで歩いて、岳の民宿に泊まりました。懐かしい山旅です。今もこの縦走路は静かなようですね。
    mondoさんは仰いませんが、山は山頂さえ踏めば終わりじゃないでしょう!と、昔風登山者の私は思います。

    mondo

    mondoさん からの返信 2019/07/10 22:33:59
    RE: お久しぶりです
    ねもさん、こんにちは。

    秋田駒ヶ岳はねもさんの旅行記を参考にさせて頂きました。
    千沼ヶ原の近くの雪渓はかなり小さくなっていたと思います。
    秋田駒付近の登山道には全く雪は残っていませんでしたし、2週間でかなり状況が変化するものですね。

    早池峰山はねもさんも縦走されたのですね。
    下調べを殆どしていませんでしたが、意外と歩きごたえのあるコースでした。
    今年は山頂を踏んで戻る山行ばかりになっていたので、今回は2日とも縦走できて楽しかったです。

mondoさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

田沢湖・乳頭温泉郷の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集