旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
ホテル・旅館 約27,000件を予約サイト17社から一括検索!1予約で最大60マイル相当のフォートラベル ポイントがもらえる!

田沢湖・乳頭温泉郷 ホテル予約

61

3月6日 2名1室1泊での最安値です。
※実際の料金は異なる場合がありますので、目安としてご覧ください。

※ご予約につきましてはお客様と宿泊予約サイトとの直接契約となり、フォートラベル株式会社は契約の不履行や 損害に関して一切責任を負いかねます。
※情報更新のタイミング等の理由により、宿泊予約サイトの情報と相違が発生することがあります。予約の際は必ず宿泊予約サイトの情報をご確認ください。
※料金は税込です。

利用規約

田沢湖・乳頭温泉郷の宿泊施設をカテゴリから探す

クチコミ

冬になるとスキー客でいっぱいになるそうで、客室数が少なくて、建物や館内がレトロで
素敵なお宿でした。
余計なものはおいていなく、静かな感じですが、田沢湖に来たな~という感じで、とても
気に入りました。
食事もお刺身からお肉まで沢山品数が出て、なにより味付けがとてもよかったです。
チェックアウトするときは田沢湖の上に雲海が出来ていて、まるで雲海の中にいるような
気分さえしました。
次回秋田に旅行する機会があればまたこちらに泊まりたいです。

秘湯 鶴の湯温泉

3.5 旅行時期:2019/09 (約6ヶ月前)

エンジュさん(女性)

乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯温泉のクチコミ

 ものすごい山奥でビックリしました。道路が途中からアスファルトから砂利道になり、道幅も狭くなるのです。がその先に秘湯 鶴の湯温泉があります。
 晩御飯が豪華なのですが、量が半端なく多いので、食べきれない。こんなに多いとわかってたら、少なくしてもらうように言ってたのにと思いました。
 
 

TVの旅番組で見て「あーーここ、行ってみたい!!」と思いました。
ダメ元で電話してみると、「ちょうど5日後に本陣にキャンセルが出ましたよ」とのこと。
あとは半年先まで空きはないらしい・・・。
え、本陣ってあの有名な本陣?!?!こりゃチョーラッキー!!
速攻で予約し、行ってきました。

鶴の湯には次の5タイプの部屋があります。(料金は2020年1月現在1人あたり税込)
・本陣 江戸時代からの部屋 いろり付 5室の長屋 \12,250円/人
・新本陣、東本陣 30年くらい前に建て増しされた鶴の湯では一番新しい部屋 
  9室のうち3室がいろり付 
  いろり無し\14,450円、いろり付き\19,950円
・離れ本陣 敷地の外にある本陣風の建物 いろり付き 2室
    主にJRツアーに使用 東京から往復新幹線付きで\34,000円 いろり付 2室
・一号館 一般の部屋 4室 \12,800円 ここまで部屋食
・二号館、三号館 湯治部屋 17室 本陣の食堂で食事 \9,830円

本陣以外の部屋は旅行予約サイトでツアー募集されていますが、本陣は直接電話予約のみ。
本陣は江戸時代に秋田藩主が訪れた際に、警護の武士が詰めた所で350年前からある茅葺きの建物。特に人気があり半年前に電話しても予約は取りにくいと言われています。

アルパこまくさから送迎バスで15分、雪深い鶴の湯の玄関到着。
TVで見たのと同じあの光景が目の前に広がります。

本陣の部屋は7部屋のみ。うち1~5が客室で6,7は共用の休憩室兼食事処となっています。ちょうど真ん中の「本陣3」に案内されました。
ドア(というかただの引き戸)には鍵がありません。
内側からは「心張棒」で引き戸を固定できます。
貴重品は帳場に預けて下さいと昔懐かしい「貴重品袋」を渡され、小銭以外全部預けました。
部屋の中は薄暗く、明りは石油ランプだけです。部屋に入ると江戸時代にタイムスリップした感じ。勿論テレビはありません。auの携帯も圏外。
外は3mの積雪ですが室内は暖房が利いて温かい。10畳の部屋と4畳のいろりの部屋、奥に
洗面とトイレがありますが、洗面は温水も出てトイレはウォッシュレット付きと外観から想像がつかないほど近代化されています。
ただ隣との壁が薄く、時折笑い声が聞こえてきます。もし騒々しいグループが隣室だったら苦痛かも。

16時過ぎ、いろりに火が入れられます。秋田弁バリバリのおじさんが炭火を持ってきます。串に刺された岩魚もいろりに立てられます。これからじっくり1時間焼くのだそうです。
湯治部屋の二号三号館以外は夕食は部屋食で、調理部屋から運んでくれるのだそうです。
湯治部屋は1階の大広間で食事だとか。

有名な混浴露天に行ってみました。
この鶴の湯には白湯、黒湯、中の湯、滝湯の4つの源泉があるそうで、混浴露天はpH6.4
の白湯から引いています。
温度は約40℃とぬる目で長湯できますが酸性硫黄泉なので長時間つかっていると、眼がピリピリしてきます。
底の砂利のすき間から湯が沸いているので、座る場所によってお尻にやけどしそう。
白濁の湯なので首まで浸かれば下は全く見えません。
女性は中の湯からの連絡通路で浸かれるのでそのまましゃがんで進めば全く見られませんので混浴難易度は低いです。タオル巻き入浴は禁止です。

混浴露天の脇に、黒湯と白湯が並んでいます。
男性は中でつながっているので着替えずに移動できますが、女性は入口が離れているので着衣(またはタオル巻き)しないと移動できません。そのかわり女性の黒湯と女性専用露天が中でつながっているので、着替えずに移動できます。
この女性専用露天(大白の湯)は結構広くて快適です。(写真)
脇に子宝の神と木製のかなり大きな男性器が祀られています。

中の湯にも女性専用露天がありますが、こちらはかなり小さ目で冬季は閉鎖です。
宿泊者専用の内湯のみシャワー、ドライヤー、シャンプーが備付けられているのは日帰り入浴では洗髪するなってことかな。

まだ日帰り入浴タイムで混んでいたので、新本陣にある宿泊者専用の内湯、黒湯に行きます。こちらはアルカリ泉でやや熱めですがツルツルになります。黒湯は唯一硫黄泉ではありません。
古びた木製の浴槽で湯治場に来たなあ、、という雰囲気を醸し出しています。いいね~(^O^)
風呂を全部制覇しようとすると、男性は6つ、女性は8つの浴槽に入れることになります。(宿泊者の場合。冬季は女性7つ)


部屋に戻ると食事が運ばれる最中でした。必要なものはお膳に重ねて一度で運んでしまいます。雪の日も嵐の日も一旦外に出て運ぶので大変だそうです。やはり部屋のいろりで食べさせたいという思いの表れでしょう。
食事は山の幸主体の素朴でやさしい味でした。いろりでじっくり焼いた岩魚は骨まで食べられて実においしい。
途中、ここの名物「山の芋鍋」が運ばれてきます。自然薯の団子汁で独特の味。
いろりで加熱しながらいただくので、常にアツアツが食べられます。
食後はいろりのために持参した餅、スルメ、エイヒレを焼いていただきました。これやってみたかった!!外では雪がパラつき、もう酒飲みにはたまらない至福の時間でした。
本陣サイコ~♪

しばらく酔い覚ましのあと21時過ぎ混浴露天へ。
昼間の喧騒はどこへやら、フランスから来られたカップルとでほぼ貸切状態。
本当に秘湯感が味わえました。雪見風呂もサイコ~です。

朝食は自分の部屋でななく、7号室のお食事処でいただきます。質素な丁寧に作られた食事でした。

朝食後混浴露天に行くとテレビ東京の旅番組の収録中で、お約束の「気持ちいい~~癒される~~」の台詞を聞くことが出来ました。
後で宿の方に聞くと「あの局、よく来るんだけど秋田では放送されないから見られないんだよね~」と。

収録が終わるまで小一時間、露天に浸かったまま眺めていたのですっかりふやけてしまいました。

やっぱ鶴の湯に行くなら日帰りでなくゼッタイに泊まりでしょ!!
人気の本陣も意外に直前キャンセルが出るらしいです。(⌒∇⌒)

     ---------------------------
(2016年1月訪問* 現在は内湯の黒湯は貸切風呂になっています。宿泊者は空いていれば誰でも内鍵で利用できます。)
*当時の宿泊料金は9870円/人(税込)でした。1万円以下というコスパの良さに感動しました。

大好きです

4.0 旅行時期:2019/11 (約4ヶ月前)

Triniさん(女性)

駒ヶ岳温泉のクチコミ

夏に引き続き、秋の紅葉の時期にもお邪魔しました。
このお宿の良いところは、食事とお湯。これに尽きる。
夏は露天風呂でアブに追いかけられ辛かったですが、
秋は秋で落ち葉が湯船にたっぷり入っており、
決して綺麗には見えないので、嫌な人は嫌かもですね。
夜8時に鶴乃湯行きのバスが出ます。鶴乃湯滞在時間は1時間くらい。十分です。
そしてここの宿で有名なのはカメムシ。
夏は一匹も見ませんでしたが、秋はウヨウヨいました。
自然の中の宿と思えばなんでもないですが、やはり、嫌な人は嫌かもですね。

まさに山荘。

3.5 旅行時期:2019/03 (約12ヶ月前)

okapee33さん(女性)

田沢湖高原水沢温泉 プラザホテル山麓荘別館 四季彩のクチコミ

ANAのツアーに秋田限定の割引クーポンが発行されたので、3月ならいいかなと思い一泊しました。残念ながら乳頭温泉でなく水沢温泉ですが、新幹線の駅から数十分で着くので気軽に滞在のつもりでしたが、思いがけず2食付きで、温泉、雪景色、グルメと、王道の滞在ができて満足でした。

Q&A 掲示板

田沢湖・乳頭温泉郷 ホテルについて質問してみましょう。

Q&Aで質問する

ホテルをエリアから選ぶ

ホテルをカテゴリから選ぶ