香取・佐原旅行記(ブログ) 一覧に戻る
お雛めぐりをしないと春が来ないSZKさんと唐辛子婆。<br />今年は東京駅八重洲口からバスに乗って千葉県の佐原まで<br />お雛さまを見にでかけました。<br /><br />お雛祭りをやっているのは2月9日から3月24日まで。<br />3月9日(土)には「さわら雛舟春祭り」が行われたやうです。<br />「本物の雅楽で平安時代にタイムスリップ!」<br />平安装束のお内裏様、お雛様、五人囃子、官女、稚児たちを乗せた船が<br />小野川を進むそうです。<br /><br />佐原駅のそばの「町並み観光中央案内処」の方々がとっても親切で<br />たすかりました。<br /><br />★Japan お雛さまシリーズ サイトマップ<br />https://4travel.jp/travelogue/11333987<br />

Japan 水郷佐原のお雛さま

15いいね!

2019/03/13 - 2019/03/13

163位(同エリア409件中)

旅行記グループ Japan お雛さま

3

61

お雛めぐりをしないと春が来ないSZKさんと唐辛子婆。
今年は東京駅八重洲口からバスに乗って千葉県の佐原まで
お雛さまを見にでかけました。

お雛祭りをやっているのは2月9日から3月24日まで。
3月9日(土)には「さわら雛舟春祭り」が行われたやうです。
「本物の雅楽で平安時代にタイムスリップ!」
平安装束のお内裏様、お雛様、五人囃子、官女、稚児たちを乗せた船が
小野川を進むそうです。

佐原駅のそばの「町並み観光中央案内処」の方々がとっても親切で
たすかりました。

★Japan お雛さまシリーズ サイトマップ
https://4travel.jp/travelogue/11333987

旅行の満足度
4.5
同行者
友人
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • この布切れが出ているお宅にお雛様が飾ってあります。

    この布切れが出ているお宅にお雛様が飾ってあります。

  • さて、いただいた「さわら雛めぐり」の地図をみながら<br />あるきはじめます。<br /><br />山城屋さんはお店を開けてないのに<br />ご親切にもお雛様を見せてくださいましたよ。

    さて、いただいた「さわら雛めぐり」の地図をみながら
    あるきはじめます。

    山城屋さんはお店を開けてないのに
    ご親切にもお雛様を見せてくださいましたよ。

  • お邪魔します。

    お邪魔します。

  • この官女さんは綱をにぎりしめて<br />勇ましさうに何をしやうとしていらっしゃるんでせう?

    この官女さんは綱をにぎりしめて
    勇ましさうに何をしやうとしていらっしゃるんでせう?

  • お内裏様は

    お内裏様は

  • 困惑したお顔・・・。<br />漫画ですとお顔に縦線がザ~っと流れてる場面^^。<br />かういふ、おすまし顔ぢゃないお雛様を見てあるくのが<br />何とも楽しいんですよね。

    困惑したお顔・・・。
    漫画ですとお顔に縦線がザ~っと流れてる場面^^。
    かういふ、おすまし顔ぢゃないお雛様を見てあるくのが
    何とも楽しいんですよね。

  • 「雛まつりは桜咲く国のクリスマスです。」<br />ってのがいいですね。

    「雛まつりは桜咲く国のクリスマスです。」
    ってのがいいですね。

  • こちらはなんともかわゆらしいお雛様たち。

    こちらはなんともかわゆらしいお雛様たち。

  • 水郷佐原のマンホールの蓋にはタイ焼きが3個泳いでる~^^。

    水郷佐原のマンホールの蓋にはタイ焼きが3個泳いでる~^^。

  • 木造のゆかしい街並みがつづく。

    木造のゆかしい街並みがつづく。

  • 土蔵

    土蔵

  • 小野川に

    小野川に

  • 佐原おかみさん会のお雛さま

    佐原おかみさん会のお雛さま

  • お内裏様たちが奥まっていて向こう岸から写せなかったけど<br />この官女さんもとてもうつくしい。

    お内裏様たちが奥まっていて向こう岸から写せなかったけど
    この官女さんもとてもうつくしい。

  • あらここにも

    あらここにも

  • きれいなお雛さま

    きれいなお雛さま

  • 川沿いの道の街灯に乗って騒いでるのは誰?

    川沿いの道の街灯に乗って騒いでるのは誰?

  • 橋についてたこの模様ははじめ蟹かと思った。<br />アヤメでした・・・。<br />香取市の市の花ですって。

    橋についてたこの模様ははじめ蟹かと思った。
    アヤメでした・・・。
    香取市の市の花ですって。

  • おかみさん会の方々の赤い法被がシブい街並みによく似合う。

    おかみさん会の方々の赤い法被がシブい街並みによく似合う。

  • そしてさっきから気になる白地に縦三本横二本のマークはなにかしら?

    そしてさっきから気になる白地に縦三本横二本のマークはなにかしら?

  • あ、このマークはホテルだったのね。<br />佐原商家町ホテルNIPPONIA

    あ、このマークはホテルだったのね。
    佐原商家町ホテルNIPPONIA

  • 元料亭や元商家などを昔の雰囲気そのままに素敵なホテルにリノベート。<br />なのでレセプションも泊まるところも街中に散らばっているんだそうです。<br />つまり佐原の町並み全体がひとつのホテルなんだそうで。

    元料亭や元商家などを昔の雰囲気そのままに素敵なホテルにリノベート。
    なのでレセプションも泊まるところも街中に散らばっているんだそうです。
    つまり佐原の町並み全体がひとつのホテルなんだそうで。

  • この千葉県の有形文化財である中村屋商店が<br />フレンチレストランのあるホテルのレセプションとなっております。

    この千葉県の有形文化財である中村屋商店が
    フレンチレストランのあるホテルのレセプションとなっております。

  • 空いているお部屋をのぞかせていただきましたけど<br />中はとってもスタイリッシュで縁側からの光があかるい<br />素敵なホテル。

    空いているお部屋をのぞかせていただきましたけど
    中はとってもスタイリッシュで縁側からの光があかるい
    素敵なホテル。

  • 客室にテレビはなくて静かな雰囲気を味わえるやうです。<br />一度泊まりに来たいなあ。

    客室にテレビはなくて静かな雰囲気を味わえるやうです。
    一度泊まりに来たいなあ。

  • 中村屋さんにはこんな張り紙が。<br />「古いお雛様が3階の土蔵にあります!!」

    中村屋さんにはこんな張り紙が。
    「古いお雛様が3階の土蔵にあります!!」

  • さっそく遠慮なく拝見させていただきました。<br />ご先祖のお雛様

    さっそく遠慮なく拝見させていただきました。
    ご先祖のお雛様

  • こちらは屏風の前にいらっしゃる

    こちらは屏風の前にいらっしゃる

  • カップルなんですけど

    カップルなんですけど

  • 「あらら、たいへんだわどうしましょ!」<br />または<br />「な・なんですってあなた!」

    「あらら、たいへんだわどうしましょ!」
    または
    「な・なんですってあなた!」

  • 「こ・こまったなあ」

    「こ・こまったなあ」

  • 「それは・・・」

    「それは・・・」

  • 「あなたは黙っていらっしゃいよ。」

    「あなたは黙っていらっしゃいよ。」

  • そして<br />お蔵に飾られていたこの折鶴は<br />なんとみ~~んな繋がってるのよ~~~~!<br />腰の強い和紙だからこそできる芸当ですよね!!<br />それにしてもすんごい!!

    そして
    お蔵に飾られていたこの折鶴は
    なんとみ~~んな繋がってるのよ~~~~!
    腰の強い和紙だからこそできる芸当ですよね!!
    それにしてもすんごい!!

  • 小野川の遊覧船は

    小野川の遊覧船は

  • こんなかわいいのもあり。

    こんなかわいいのもあり。

  • アヤメの時期にもういちど来てみたいわねえ。<br />両岸の柳もきれいでしょうね。

    アヤメの時期にもういちど来てみたいわねえ。
    両岸の柳もきれいでしょうね。

  • さてこれから

    さてこれから

  • 伊能忠敬の旧宅にお邪魔します。<br />このお宅で50歳まで醸造業をしていらしたそうです。<br /><br />「隠居してから江戸に出て天文方高橋至時の弟子になり<br />勉強を本格的に始めます。<br />55歳で北海道南岸の測量を行い、以後計10回に及ぶ<br />日本全国の測量を71歳まで行いました。<br />忠敬は73歳で亡くなりますが、彼の没後3年にして<br />日本全図は完成しました。」(HPより抜粋)<br /><br />

    伊能忠敬の旧宅にお邪魔します。
    このお宅で50歳まで醸造業をしていらしたそうです。

    「隠居してから江戸に出て天文方高橋至時の弟子になり
    勉強を本格的に始めます。
    55歳で北海道南岸の測量を行い、以後計10回に及ぶ
    日本全国の測量を71歳まで行いました。
    忠敬は73歳で亡くなりますが、彼の没後3年にして
    日本全図は完成しました。」(HPより抜粋)

  • ここにもお雛様

    ここにもお雛様

  • この銅像のお顔はとても若々しい。

    この銅像のお顔はとても若々しい。

  • 大違いだなあ、うふふ。

    大違いだなあ、うふふ。

  • 几帳面な性格そのものの地図

    几帳面な性格そのものの地図

  • 最後は馬場本店酒造の

    最後は馬場本店酒造の

  • お蔵にお邪魔します。

    お蔵にお邪魔します。

  • この場の渋いアースカラーの色調にあわせたかのやうな<br />SZKさんのイデタチが素敵。<br />彼女のやうにいつもスマートでいられたらなあと<br />ないものねだりの唐辛子婆。

    この場の渋いアースカラーの色調にあわせたかのやうな
    SZKさんのイデタチが素敵。
    彼女のやうにいつもスマートでいられたらなあと
    ないものねだりの唐辛子婆。

  • 奥まったお座敷に飾られた明治時代のお雛さまたち。

    奥まったお座敷に飾られた明治時代のお雛さまたち。

  • こちらは今まで見たこともない不思議なお雛様でした。<br />天使のやうに、または虫のやうに背中に羽根がはえていて<br />

    こちらは今まで見たこともない不思議なお雛様でした。
    天使のやうに、または虫のやうに背中に羽根がはえていて

  • 動きもと~っても躍動的。

    動きもと~っても躍動的。

  • こりゃ、動かないでよ。<br />ピンボケしちゃうぢゃないの。<br />こちらのドラマーにはてふてふのやうな羽根が。

    こりゃ、動かないでよ。
    ピンボケしちゃうぢゃないの。
    こちらのドラマーにはてふてふのやうな羽根が。

  • おじーさんも元気そのもの。

    おじーさんも元気そのもの。

  • この人はあきらかに酔っぱらってる。<br />コメントを全角3,000文字程度まで入力できます

    この人はあきらかに酔っぱらってる。
    コメントを全角3,000文字程度まで入力できます

  • まあまあよいではないか、お雛祭りだもの。

    まあまあよいではないか、お雛祭りだもの。

  • ほほほ、困ったひとたち。

    ほほほ、困ったひとたち。

  • わてらは金庫番ですねん。

    わてらは金庫番ですねん。

  • このお雛様の後ろの屏風がまたなかなかのもの。

    このお雛様の後ろの屏風がまたなかなかのもの。

  • 中国の風景のやうです。

    中国の風景のやうです。

  • 「だるまさんが転んだ」のゲームはこれからはじまりました。<br />な~んて嘘です。

    「だるまさんが転んだ」のゲームはこれからはじまりました。
    な~んて嘘です。

  • さて、令和はどんな

    さて、令和はどんな

  • 時代になるのでせうか?<br /><br />来年のお雛めぐりは<br />SZKさんがまだ真壁に行ってないといふので真壁にするかも。<br /><br />以前唐辛子婆が訪れた時のはこちらです。<br />https://4travel.jp/travelogue/11109016

    時代になるのでせうか?

    来年のお雛めぐりは
    SZKさんがまだ真壁に行ってないといふので真壁にするかも。

    以前唐辛子婆が訪れた時のはこちらです。
    https://4travel.jp/travelogue/11109016

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

Japan お雛さま

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • ラムロールちゃんさん 2019/04/08 15:54:46
    つながった折鶴、すごいですね!
    唐辛子婆さん、こんにちは。

    お雛様って特に興味がなく、こいのぼりの方が断然好きだったのですが(魚類好きなので)、こうやって唐辛子婆さんのコメント付きで拝見していると、お雛様も良いものですね。
    一体一体よく見ると、味わい深くて、好きになってきました。

    あ、今回の旅行記とは関係ないのですが、別な旅行記(タイ)で、現地の人はブロッコリーの茎も食べるというのを読んで、私もやってたところ、美味しかったです!!
    もっと茎いっぱいほしいと思うぐらいで。
    良いことを教えていただきました。
    今まで捨てた分よ、戻ってこい~~!(←怖いって)

    ラムロール

    唐辛子婆

    唐辛子婆さん からの返信 2019/04/08 21:22:53
    Re: つながった折鶴、すごいですね!←すごいでしょう!
    ラムロールちゃん、いらっしゃいまし~♪

    享保のお雛さまはみなさんなんだか怖いという人が多いんですけど
    私は、衣装デザインのシンプルなところが気に入ってます。
    ところでラムロールちゃんだったら
    この旅行記の後半に入っているお雛様がきっと面白いと思います。
    https://4travel.jp/travelogue/10859222

    ブロッコリの茎、美味しいでしょ。
    それが高じて今ではスティック・セニョールという
    茎の長い種類のが一番好きになりました。
    花の部分も普通のブロッコリよりも丈夫というか傷みが進むのが
    遅いような気がしてます。

    インド旅行記、楽しく、またハラハラドキドキと拝見しています。
    ラムロールちゃんの民族衣装(パキスタンではパンジャビドレスと呼んでいたやうな)の美しいお姿には目がくらみさう。

    唐辛子婆

    ラムロールちゃん

    ラムロールちゃんさん からの返信 2019/04/08 22:07:10
    お雛様も奥が深い~
    以前の旅行記のお雛様、ほんと、面白いですね(≧▽≦)
    お雛様というと、静のものという固定概念が覆されます(笑)
    こういうのを拝見すると、また、親しみやすくて良いですね。

    インド旅行記、お読みいただいて、ありがとうございます♪
    (インドではパンジャビスーツとか、単にスーツとか呼ばれてたような)
    暑さで脳がヤラレて、変なものをお目にかけてしまいました~。

    スティック・セニョールは、知りませんでした。
    見つけたら、買ってみます(^_-)-☆

唐辛子婆さんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集