オスロ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ずーっと北欧との相性が良くないと思い込んでいました、、<br />それに、世界一物価の高い国々と言われているし、、<br />オーロラや犬ぞりにも興味ないしね、、<br />そう思っていました、、<br /><br />でも、、見てしまったのです、、<br />ノルウエーのフィヨルドの美しさ、、<br />ベルゲンのブリッゲン(Bryggen)&フロイエン山からの眺め、、<br />ストックホルムのガムラスタン(Gamla Stan)の街並みにフィヨルドに映える市庁舎、、<br />写真でですが、、(笑)<br /><br /><その地を 是非 この目で見てみたい♪><br />その一心で計画を練り、予算を立て、、<br />ダンナも「フィヨルドだったら休みを取るから連れて行って!」<br />その上、計画を練っている内に段々日にちが延びていく、、<br />最初は10日から2週間の予定だったのですけれど、、<br /><br />ダンナ同行前半1週間、、<br />& kuritchi ひとり旅10日間<br /><br />白夜の時期の北欧を思い入れ たっぷり に旅します、、<br /><br />【 1日目 】 <br />厳戒態勢のヘルシンキ ヴァンター空港で乗り換え<br />オスロ(Oslo)に到着、、<br />シーフードレストランでのデイナー<br /> ロフォーテン フィスケレストラン(Lofoten Fiskerestaurant)<br /><ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ(Radisson Blu Scandinavia Hotel, Oslo)泊><br />https://4travel.jp/travelogue/11384041<br /><br />【 2日目 】<br />ソグネフィヨルドめぐり<br />ベルゲン急行(オスロ中央駅→ミューダール駅)<br />フロム鉄道に乗り換え(ミューダール駅→フロム駅)<br />フロム(Flåm)へ、、<br />人生初のフィヨルドに うっとり♪<br /><フロムスブリュッガ ホテル(Flåmsbrygga Hotel)泊><br />https://4travel.jp/travelogue/11384044<br /><br />【 3日目 】<br /> フロム(Flåm)→ステーガスタイン展望台(10:30/11:00)<br /> →アウルラン(Aurland)→トラブル発生!したもののフロム(Flåm)へ戻り<br /> https://4travel.jp/travelogue/11384045<br /> 午後からフィヨルド サファリ(FjordSafari)を満喫♪<br /> この日もエーギル ブルッゲリ(Ægir BrewPub)で夕食<br /> https://4travel.jp/travelogue/11384048<br /><フロムスブリュッガ ホテル(Flåmsbrygga Hotel)泊><br /><br />【 4日目 】<br /> フロムスブリュッガ ホテル(Flåmsbrygga Hotel)で朝食<br /> Rallar Toget (観光バス)に乗車してフロム旧市街観光<br /> フロムの広場でランチ<br /> 観光船(フェリー)でフロム(Flåm)~グドバンゲン(Gudvangen)へ<br /> https://4travel.jp/travelogue/11408308<br /> グドバンゲン(Gudvangen)から今度はバスでネーロイ渓谷へ<br /> ちょっとだけ… ハイキング気分も味わって…<br /> 憧れのスタルハイム ホテル (Stalheim Hotel) 滞在、、<br /> 美味しいデイナーに大満足♪<br /><スタルハイム ホテル (Stalheim Hotel) 泊><br />https://4travel.jp/travelogue/11429789<br /><br />【 5日目 】<br /> バスでヴォス(Voss)駅へ<br /> 更に列車に乗り換えソグネフィヨルド周遊の終点ベルゲン(Bergen)へ<br /> https://4travel.jp/travelogue/11429789<br /> ベルゲン(Bergen)の街と世界遺産ブリッゲン(Bryggen)を てくてく、、<br /> ブリッゲン(Bryggen)のライトアップにうっとり♪<br /> https://4travel.jp/travelogue/11384050<br /><クラリオン ホテル アドミラル(Clarion Hotel Admiral)泊><br /><br />◎【6日目・7日目 】<br /> 今回、ダンナと一緒旅の最終地オスロ(Oslo)へ<br /> ソグネフィヨルドめぐりがメインの旅だったので、オスロの滞在時間は短め、、<br /> 限られた時間ですが、訪れたい場所やレストランがいっぱい♪<br /> あれやこれやと計画を練っていたkuritchiでしたが、、<br /> オスロ空港でダンナと逸れてしまい、、<br /> ただでさえ限られた時間が益々短くなってしまいました(涙)<br /> <br /> オスロ市庁舎は外せないし、ノーベル賞チョコも買わなくっちゃ♪<br /> ムンクの「叫び」や「マドンナ」も見に行きたいし、、<br /> オスロの美味しいレストランにも行きたいし、、、<br /> 本当はフェリーに乗って対岸のビィグドイ地区まで足を延ばしたかったのになぁ、、<br /><ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)泊><br />https://4travel.jp/travelogue/11438639<br /><br />ダンナはこの後日本へ帰国、、<br />そして… kuritchiの後半の10日間ひとり旅が始まるのです、、、

☆☆ 白夜(midnight sun)とフィヨルド と 美しい街並みに憧れて♪ ⑧ ☆☆ ~~ オスロ(Oslo) 最終日 市庁舎・エーケベルグ レストランテン (Ekebergrestauranten)&ムンク(Munch) 編 ~~

28いいね!

2018/07/15 - 2018/07/16

88位(同エリア764件中)

この旅行記のスケジュール

2018/07/15

2018/07/16

  • オスロ空港まではシャトルバス(Flybussen)で

ずーっと北欧との相性が良くないと思い込んでいました、、
それに、世界一物価の高い国々と言われているし、、
オーロラや犬ぞりにも興味ないしね、、
そう思っていました、、

でも、、見てしまったのです、、
ノルウエーのフィヨルドの美しさ、、
ベルゲンのブリッゲン(Bryggen)&フロイエン山からの眺め、、
ストックホルムのガムラスタン(Gamla Stan)の街並みにフィヨルドに映える市庁舎、、
写真でですが、、(笑)

<その地を 是非 この目で見てみたい♪>
その一心で計画を練り、予算を立て、、
ダンナも「フィヨルドだったら休みを取るから連れて行って!」
その上、計画を練っている内に段々日にちが延びていく、、
最初は10日から2週間の予定だったのですけれど、、

ダンナ同行前半1週間、、
& kuritchi ひとり旅10日間

白夜の時期の北欧を思い入れ たっぷり に旅します、、

【 1日目 】 
厳戒態勢のヘルシンキ ヴァンター空港で乗り換え
オスロ(Oslo)に到着、、
シーフードレストランでのデイナー
 ロフォーテン フィスケレストラン(Lofoten Fiskerestaurant)
<ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ(Radisson Blu Scandinavia Hotel, Oslo)泊>
https://4travel.jp/travelogue/11384041

【 2日目 】
ソグネフィヨルドめぐり
ベルゲン急行(オスロ中央駅→ミューダール駅)
フロム鉄道に乗り換え(ミューダール駅→フロム駅)
フロム(Flåm)へ、、
人生初のフィヨルドに うっとり♪
<フロムスブリュッガ ホテル(Flåmsbrygga Hotel)泊>
https://4travel.jp/travelogue/11384044

【 3日目 】
 フロム(Flåm)→ステーガスタイン展望台(10:30/11:00)
 →アウルラン(Aurland)→トラブル発生!したもののフロム(Flåm)へ戻り
 https://4travel.jp/travelogue/11384045
 午後からフィヨルド サファリ(FjordSafari)を満喫♪
 この日もエーギル ブルッゲリ(Ægir BrewPub)で夕食
 https://4travel.jp/travelogue/11384048
<フロムスブリュッガ ホテル(Flåmsbrygga Hotel)泊>

【 4日目 】
 フロムスブリュッガ ホテル(Flåmsbrygga Hotel)で朝食
 Rallar Toget (観光バス)に乗車してフロム旧市街観光
 フロムの広場でランチ
 観光船(フェリー)でフロム(Flåm)~グドバンゲン(Gudvangen)へ
 https://4travel.jp/travelogue/11408308
 グドバンゲン(Gudvangen)から今度はバスでネーロイ渓谷へ
 ちょっとだけ… ハイキング気分も味わって…
 憧れのスタルハイム ホテル (Stalheim Hotel) 滞在、、
 美味しいデイナーに大満足♪
<スタルハイム ホテル (Stalheim Hotel) 泊>
https://4travel.jp/travelogue/11429789

【 5日目 】
 バスでヴォス(Voss)駅へ
 更に列車に乗り換えソグネフィヨルド周遊の終点ベルゲン(Bergen)へ
 https://4travel.jp/travelogue/11429789
 ベルゲン(Bergen)の街と世界遺産ブリッゲン(Bryggen)を てくてく、、
 ブリッゲン(Bryggen)のライトアップにうっとり♪
 https://4travel.jp/travelogue/11384050
<クラリオン ホテル アドミラル(Clarion Hotel Admiral)泊>

◎【6日目・7日目 】
 今回、ダンナと一緒旅の最終地オスロ(Oslo)へ
 ソグネフィヨルドめぐりがメインの旅だったので、オスロの滞在時間は短め、、
 限られた時間ですが、訪れたい場所やレストランがいっぱい♪
 あれやこれやと計画を練っていたkuritchiでしたが、、
 オスロ空港でダンナと逸れてしまい、、
 ただでさえ限られた時間が益々短くなってしまいました(涙)
 
 オスロ市庁舎は外せないし、ノーベル賞チョコも買わなくっちゃ♪
 ムンクの「叫び」や「マドンナ」も見に行きたいし、、
 オスロの美味しいレストランにも行きたいし、、、
 本当はフェリーに乗って対岸のビィグドイ地区まで足を延ばしたかったのになぁ、、
<ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)泊>
https://4travel.jp/travelogue/11438639

ダンナはこの後日本へ帰国、、
そして… kuritchiの後半の10日間ひとり旅が始まるのです、、、

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス 徒歩
航空会社
フィンランド航空 スカンジナビア航空
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0

PR

  • 【 6日目 】<br />ベルゲン(Bergen)空港から <br />オスロ ガーデモエン空港(Gardermoen Airport)に戻って来たkuritchi達、、<br />(ここまでは順調だったのですが…)<br />出口へ向かう途中でダンナがいなくなった?!のです、、<br />kuritchiが空港の出口へは2階に上がらなくてはならないと聞き<br />ダンナに「この階段を上って行くよ」と告げ、先に進み、、<br />振り返るとダンナがいない!!<br /><何処へ行ったのよ!(怒!)><br />どうやらkuritchiを信じず、階段を一緒に上って来なかった模様、、<br />急いでダンナと一緒だった階段のところまで戻るものの、、ダンナの姿はなし、、<br />英語をほとんど話せないダンナは迷子になっても何処へ行ったら良いのかもわからない筈、、<br />恥も外聞もなく大声でダンナの名前を呼び、歩き回って捜すしか方法はなく、、<br />約30分… 空港の各ゲートや周辺を捜しまわってみるものの見つからず、、<br />空港の警備係の人にも一緒に協力してもらい捜しても、見つからず、、<br /><br />「ロビーに出てインフォメーションセンターに行って館内放送をかけてもらうしかないよ」と告げられ、、<br />親身に捜してくれた警備係の人たちにお礼を伝え、<br />2階へ進み、ロビーに出ようとすると、<br />ロビーへの出口の所に<br />スーツケースを持って 心細そうに立っているダンナの姿が、、、<br />ダンナはkuritchiとはぐれてしまったので、仕方なくそのまま進み<br />行き止まりになったので2階へ上り…(結局2階へ上がったのね!!)<br />預け荷物を受け取り、必ず通るであろう出口前で待っていたのだそうです、、<br />結局、、1時間近くダンナを捜していたkuritchi、、<br />怒り狂っています、、(怒!怒!)<br /><br />取り合えずFlybussen(シャトルバス)に乗車し、約60分、、<br />kuritchi達の宿泊するホテルに到着、、<br /><br />Flybussen(シャトルバス)にはいくつかルートがあり、ドライバーにホテルの名前を伝えると、どのバスに乗車したらよいのか教えてくれることも、、<br />バス内はWifiも完備されており、バス内の電光掲示板にパスワードも表示されます<br /><br />エアポートエクスプレストレインでオスロ中央駅まで移動すると早い(20分)ですが、大きなスーツケースを持って中央駅からの乗り換える事を考慮すると<br />ホテルの近くにFlybussen(シャトルバス)の停留所がある場合はこちらの方が楽だと思い、Flybussen(シャトルバス)を利用しました、、<br /><br />この日の宿泊ホテルもオスロ初日に泊った同じホテル<br />ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br />観光にも便利だし、朝食も美味しい、、<br />とても快適なホテルでした♪<br /><br />今回はプレミアムルーム フィヨルドビュー(上)<br />(前回はスーペリアルーム パノラミックシティビュー)<br />ホテルからのワイン&スナックのプレゼントも♪(下右)<br /><br />このビューを目にして、、kuritchiもご機嫌♪

    【 6日目 】
    ベルゲン(Bergen)空港から
    オスロ ガーデモエン空港(Gardermoen Airport)に戻って来たkuritchi達、、
    (ここまでは順調だったのですが…)
    出口へ向かう途中でダンナがいなくなった?!のです、、
    kuritchiが空港の出口へは2階に上がらなくてはならないと聞き
    ダンナに「この階段を上って行くよ」と告げ、先に進み、、
    振り返るとダンナがいない!!
    <何処へ行ったのよ!(怒!)>
    どうやらkuritchiを信じず、階段を一緒に上って来なかった模様、、
    急いでダンナと一緒だった階段のところまで戻るものの、、ダンナの姿はなし、、
    英語をほとんど話せないダンナは迷子になっても何処へ行ったら良いのかもわからない筈、、
    恥も外聞もなく大声でダンナの名前を呼び、歩き回って捜すしか方法はなく、、
    約30分… 空港の各ゲートや周辺を捜しまわってみるものの見つからず、、
    空港の警備係の人にも一緒に協力してもらい捜しても、見つからず、、

    「ロビーに出てインフォメーションセンターに行って館内放送をかけてもらうしかないよ」と告げられ、、
    親身に捜してくれた警備係の人たちにお礼を伝え、
    2階へ進み、ロビーに出ようとすると、
    ロビーへの出口の所に
    スーツケースを持って 心細そうに立っているダンナの姿が、、、
    ダンナはkuritchiとはぐれてしまったので、仕方なくそのまま進み
    行き止まりになったので2階へ上り…(結局2階へ上がったのね!!)
    預け荷物を受け取り、必ず通るであろう出口前で待っていたのだそうです、、
    結局、、1時間近くダンナを捜していたkuritchi、、
    怒り狂っています、、(怒!怒!)

    取り合えずFlybussen(シャトルバス)に乗車し、約60分、、
    kuritchi達の宿泊するホテルに到着、、

    Flybussen(シャトルバス)にはいくつかルートがあり、ドライバーにホテルの名前を伝えると、どのバスに乗車したらよいのか教えてくれることも、、
    バス内はWifiも完備されており、バス内の電光掲示板にパスワードも表示されます

    エアポートエクスプレストレインでオスロ中央駅まで移動すると早い(20分)ですが、大きなスーツケースを持って中央駅からの乗り換える事を考慮すると
    ホテルの近くにFlybussen(シャトルバス)の停留所がある場合はこちらの方が楽だと思い、Flybussen(シャトルバス)を利用しました、、

    この日の宿泊ホテルもオスロ初日に泊った同じホテル
    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)
    観光にも便利だし、朝食も美味しい、、
    とても快適なホテルでした♪

    今回はプレミアムルーム フィヨルドビュー(上)
    (前回はスーペリアルーム パノラミックシティビュー)
    ホテルからのワイン&スナックのプレゼントも♪(下右)

    このビューを目にして、、kuritchiもご機嫌♪

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • オスロ空港に到着したのが12:30、、<br />そして、ダンナを見つけるのに1時間、、<br />空港からホテルまで約1時間、、<br />結局ホテルのお部屋に着いたのが2:30PM過ぎ、、<br />限られた時間が更に短くなってしまいました(><)<br /><ランチもまだいただいていないよ、、><br /><br />ホテルの売店で24時間有効のRuter#を購入、、<br /><早速、ランチに出かけましょう♪><br /><br />※Ruter#※<br />地下鉄・トラム・バスに乗車できるICカード<br />24時間券や7日間券も有り<br /><br />

    オスロ空港に到着したのが12:30、、
    そして、ダンナを見つけるのに1時間、、
    空港からホテルまで約1時間、、
    結局ホテルのお部屋に着いたのが2:30PM過ぎ、、
    限られた時間が更に短くなってしまいました(><)
    <ランチもまだいただいていないよ、、>

    ホテルの売店で24時間有効のRuter#を購入、、
    <早速、ランチに出かけましょう♪>

    ※Ruter#※
    地下鉄・トラム・バスに乗車できるICカード
    24時間券や7日間券も有り

  • ランチを求めて、、 てくてく、、<br /><br />ホテルのすぐ近くに王宮、、<br />オスロ滞在時 何度もこの王宮前を通りました(^^<br />夏季はガイドツアーで王宮内見学ができますが、<br />この日は残念ながらガイドツアーが行われない日曜日、、<br />庭園や衛兵交代式(月曜から金曜までの13時半~)は年間を通じて見学可能です<br /><br />ホテルから近いので朝の散歩もいいだろうなぁ~♪と思ったのですが、、<br />結局散歩する機会にも恵まれませんでした、、

    ランチを求めて、、 てくてく、、

    ホテルのすぐ近くに王宮、、
    オスロ滞在時 何度もこの王宮前を通りました(^^
    夏季はガイドツアーで王宮内見学ができますが、
    この日は残念ながらガイドツアーが行われない日曜日、、
    庭園や衛兵交代式(月曜から金曜までの13時半~)は年間を通じて見学可能です

    ホテルから近いので朝の散歩もいいだろうなぁ~♪と思ったのですが、、
    結局散歩する機会にも恵まれませんでした、、

    ノルウェー王宮 城・宮殿

  • ランチを求めて、、てくてく、、<br /><br />Scandinavian Institute of Maritime Law<br />(オスロの法科大学院)の前を通り、、

    ランチを求めて、、てくてく、、

    Scandinavian Institute of Maritime Law
    (オスロの法科大学院)の前を通り、、

  • もう、、3時近く、、<br /><br />軽ーいサンドイッチランチなんていいわねぇ~<br />できればスモークサーモンオープンサンドイッチだったら素敵♪<br /><br />そう思いながら、、<br />カール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)周辺、、<br />マップによるとこの辺りなのに、、と何度もぐるぐる、、<br />結局見つけられず、、<br />< もう 疲れたよぉーー! ><br />今思えば… 日曜日なのでお目当てのお店はお休みだったのかも、、<br />

    もう、、3時近く、、

    軽ーいサンドイッチランチなんていいわねぇ~
    できればスモークサーモンオープンサンドイッチだったら素敵♪

    そう思いながら、、
    カール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)周辺、、
    マップによるとこの辺りなのに、、と何度もぐるぐる、、
    結局見つけられず、、
    < もう 疲れたよぉーー! >
    今思えば… 日曜日なのでお目当てのお店はお休みだったのかも、、

  • お目当てのお店は諦めてカール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)に面したÅpent Bakeriというパン屋さんでランチ♪<br />http://www.apentbakeri.no/<br /><br />店内で好きなパンやサンドイッチ、飲み物を選び、、<br /><br />kuritchiはアイスハーブティ&サーモンサンドイッチ<br />ダンナはパン×2個&アイスコーヒー

    お目当てのお店は諦めてカール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)に面したÅpent Bakeriというパン屋さんでランチ♪
    http://www.apentbakeri.no/

    店内で好きなパンやサンドイッチ、飲み物を選び、、

    kuritchiはアイスハーブティ&サーモンサンドイッチ
    ダンナはパン×2個&アイスコーヒー

  • カール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)沿いの公園の<br />Åpent Bakeriのテラス席でいただきましょう♪<br /><br />お味は…… 日本人好みとは言い難いですが、、<br />(ex レタスの代わりに香り高いハーブ、<br /> アイスレモンティではなくフレッシュペパーミントアイスティ<br /> ダンナ曰く、、パンが甘かった、、)<br />この緑多き花咲く中でのランチなので、、気分は GOOD ♪<br /><br />しかも、、2人分のサンドイッチ・パン×2と飲み物で233NOK(約\3000)<br />(内訳:サンドイッチ¥1200 パン1個¥500平均 コーヒー・ティ¥400平均)<br />と北欧としては とてもリーズナブル、、

    カール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)沿いの公園の
    Åpent Bakeriのテラス席でいただきましょう♪

    お味は…… 日本人好みとは言い難いですが、、
    (ex レタスの代わりに香り高いハーブ、
    アイスレモンティではなくフレッシュペパーミントアイスティ
     ダンナ曰く、、パンが甘かった、、)
    この緑多き花咲く中でのランチなので、、気分は GOOD ♪

    しかも、、2人分のサンドイッチ・パン×2と飲み物で233NOK(約\3000)
    (内訳:サンドイッチ¥1200 パン1個¥500平均 コーヒー・ティ¥400平均)
    と北欧としては とてもリーズナブル、、

    カール ヨハンスガーテ通り 散歩・街歩き

  • 公園には<br />噴水もあって、、オスロ市民たちの憩いの場になってます、、<br /><br />この日は30℃をとっくに超えている暑さ、、<br />(通年は夏でも最高気温20℃)<br />子供たちも噴水の泉の中に入って遊んでいます、、

    公園には
    噴水もあって、、オスロ市民たちの憩いの場になってます、、

    この日は30℃をとっくに超えている暑さ、、
    (通年は夏でも最高気温20℃)
    子供たちも噴水の泉の中に入って遊んでいます、、

  • お腹も満たされたので、、<br />次はオスロで一番見たかったものを求めて、、 てくてく、、<br />国立美術館 (Nasjonalgalleriet)へ<br />ピカソ、モネ、ゴーギャンなどの絵も展示されていますが、<br />もちろん、一番のお目当てはムンク♪<br /><br />入口で大きなカバンと認識されたらロッカーに預けなければなりません、、<br />ダンナのA4サイズの書類が余裕で入るカバンはOKでしたが<br />kuritchiのA4が入るかどうかの大きさのカバンは何故かロッカー預け、、(^^;<br />一応、何故預けなくてはならないのかを尋ねたところ、、大きいからだ!とのお答え、、<br />”大きい”の基準がよくわかりません(汗)<br /><br />因みにムンクの作品は2階に展示されています、、<br /><br />

    お腹も満たされたので、、
    次はオスロで一番見たかったものを求めて、、 てくてく、、
    国立美術館 (Nasjonalgalleriet)へ
    ピカソ、モネ、ゴーギャンなどの絵も展示されていますが、
    もちろん、一番のお目当てはムンク♪

    入口で大きなカバンと認識されたらロッカーに預けなければなりません、、
    ダンナのA4サイズの書類が余裕で入るカバンはOKでしたが
    kuritchiのA4が入るかどうかの大きさのカバンは何故かロッカー預け、、(^^;
    一応、何故預けなくてはならないのかを尋ねたところ、、大きいからだ!とのお答え、、
    ”大きい”の基準がよくわかりません(汗)

    因みにムンクの作品は2階に展示されています、、

    国立美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 国立美術館 (Nasjonalgalleriet)<br />ムンク(Munch) 「マドンナ(Madonna)」<br /><br />ムンクの代表作のひとつ「マドンナ」<br />真っ赤な帽子とマドンナの表情が印象的な作品です、、<br /><br />「マドンナ」も「叫び」と同様に<br />ムンク美術館、ドイツのハンブルク美術館など<br />複数のバージョン、そして版画版もあります、、<br />kuritchi的にはムンクの作品の中で一番好きな絵画♪<br /><br />

    イチオシ

    地図を見る

    国立美術館 (Nasjonalgalleriet)
    ムンク(Munch) 「マドンナ(Madonna)」

    ムンクの代表作のひとつ「マドンナ」
    真っ赤な帽子とマドンナの表情が印象的な作品です、、

    「マドンナ」も「叫び」と同様に
    ムンク美術館、ドイツのハンブルク美術館など
    複数のバージョン、そして版画版もあります、、
    kuritchi的にはムンクの作品の中で一番好きな絵画♪

    国立美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 国立美術館 (Nasjonalgalleriet)<br /><br />そして、、代表作の「叫び」(The Scream・The Cry)<br />ほとんどの入場者がこの「叫び」の前で何度も撮り直しをしつつ<br />記念撮影をしていました、、<br /><br />(ムンクの日記より)<br />私は二人の友人と一緒に道を歩いていた。日が暮れようとしていた。突然、空が赤くなった。私は立ち止まり、疲れを感じ、柵によりかかった。そのとき見た景色は、青黒いフィヨルドと町並みの上に炎のような血と舌が被さるような感じだった。友人は気にせず歩いていたが、私は不安に襲われてその場に立ちすくんだ。そして私は自然を通り抜けていく無限の叫び声を聞いた(感じた)。<br /><br />不安を煽る様な空の色、、そして叫んでいるポーズ&表情、、<br />ムンクの心の叫びが伝わってくる様です、、<br /><br />「叫び」も5枚の油彩版、その他にパステル画版、テンペラ画版、石版リトグラフ版が存在します、、<br />国立美術館が保有展示しているのは、1893年に一番先に描かれた最も有名な「叫び」です、、<br />この「叫び」を見たくて、、オスロにやって来たkuritchi、、<br />もっと、、激しいタッチの絵かと想像していましたのですが<br />意外と(?)さらりとしたタッチの絵でした、、<br /><br />この後 美術館を一通り鑑賞して、、<br />

    イチオシ

    地図を見る

    国立美術館 (Nasjonalgalleriet)

    そして、、代表作の「叫び」(The Scream・The Cry)
    ほとんどの入場者がこの「叫び」の前で何度も撮り直しをしつつ
    記念撮影をしていました、、

    (ムンクの日記より)
    私は二人の友人と一緒に道を歩いていた。日が暮れようとしていた。突然、空が赤くなった。私は立ち止まり、疲れを感じ、柵によりかかった。そのとき見た景色は、青黒いフィヨルドと町並みの上に炎のような血と舌が被さるような感じだった。友人は気にせず歩いていたが、私は不安に襲われてその場に立ちすくんだ。そして私は自然を通り抜けていく無限の叫び声を聞いた(感じた)。

    不安を煽る様な空の色、、そして叫んでいるポーズ&表情、、
    ムンクの心の叫びが伝わってくる様です、、

    「叫び」も5枚の油彩版、その他にパステル画版、テンペラ画版、石版リトグラフ版が存在します、、
    国立美術館が保有展示しているのは、1893年に一番先に描かれた最も有名な「叫び」です、、
    この「叫び」を見たくて、、オスロにやって来たkuritchi、、
    もっと、、激しいタッチの絵かと想像していましたのですが
    意外と(?)さらりとしたタッチの絵でした、、

    この後 美術館を一通り鑑賞して、、

    国立美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 次は市庁舎前広場(Rådhusplassen)を目指して、、 てくてく、、<br /><br />おーーーーっ!<br />まるで宮殿のようなショッピングセンター(Vikaterrassen)、、

    次は市庁舎前広場(Rådhusplassen)を目指して、、 てくてく、、

    おーーーーっ!
    まるで宮殿のようなショッピングセンター(Vikaterrassen)、、

  • てくてく、、 美しい国立劇場(Nationaltheatret)の前も通り、、<br /><br />この国立劇場から一番のメイン通りのカール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)、、<br /><br />実はこの写真はオスロ初日に撮ったもの、、<br />撮影時が午後10時過ぎだったので、空が色づき始めていますが、<br />この時は4時半PM頃と一日で一番暑い時間帯、、<br />何度も言っていますが、最高気温が30℃を超えで暑い!!<br />午後11時くらいにやっと日が暮れるので、午後4時はまだまだ真昼、、<br />(因みにオスロは北緯約60度、通年の同時期の最高気温20℃くらい)

    てくてく、、 美しい国立劇場(Nationaltheatret)の前も通り、、

    この国立劇場から一番のメイン通りのカール ヨハンスガーテ通り(Karl Johans Gate)、、

    実はこの写真はオスロ初日に撮ったもの、、
    撮影時が午後10時過ぎだったので、空が色づき始めていますが、
    この時は4時半PM頃と一日で一番暑い時間帯、、
    何度も言っていますが、最高気温が30℃を超えで暑い!!
    午後11時くらいにやっと日が暮れるので、午後4時はまだまだ真昼、、
    (因みにオスロは北緯約60度、通年の同時期の最高気温20℃くらい)

    国立劇場 劇場・ホール・ショー

  • kuritchiはお土産のノーベル賞メダルチョコを購入する為に<br />ノーベル平和センターへ、、<br />Nobel Peace Center(Nobels Fredssenter)<br /><br /><ダンナは日本に帰国するので、お土産を購入しておかないとね、、><br /><br />正面右側からミュージアムショップへ、、<br />お目当てのメダルチョコ&限定品(と言ってもボールペンなど)をGET♪<br /><br />ストックホルムのノーベル博物館だけでなく、オスロのノーベル平和センターのミュージアムショップでもノーベル賞メダルチョコを購入出来るのです、、<br /><br />館内入口のカフェでノーベル平和賞受賞者の写真や受賞者のサイン入りの椅子に囲まれて、ちょっと、、休憩TIME、、、<br />ダンナは冷たいドリンク(珍しくコーラ)<br />kuritchiはもちろん、特製アイスクリーム♪<br />このアイスクリームの写真を撮った記憶があるのですが、、見つからない?!<br /><もしかして… 間違って削除してしまった?!(涙)><br /><br /><br />

    kuritchiはお土産のノーベル賞メダルチョコを購入する為に
    ノーベル平和センターへ、、
    Nobel Peace Center(Nobels Fredssenter)

    <ダンナは日本に帰国するので、お土産を購入しておかないとね、、>

    正面右側からミュージアムショップへ、、
    お目当てのメダルチョコ&限定品(と言ってもボールペンなど)をGET♪

    ストックホルムのノーベル博物館だけでなく、オスロのノーベル平和センターのミュージアムショップでもノーベル賞メダルチョコを購入出来るのです、、

    館内入口のカフェでノーベル平和賞受賞者の写真や受賞者のサイン入りの椅子に囲まれて、ちょっと、、休憩TIME、、、
    ダンナは冷たいドリンク(珍しくコーラ)
    kuritchiはもちろん、特製アイスクリーム♪
    このアイスクリームの写真を撮った記憶があるのですが、、見つからない?!
    <もしかして… 間違って削除してしまった?!(涙)>


    ノーベル平和センター 博物館・美術館・ギャラリー

  • これが購入した ノーベル賞メダルチョコ♪<br /><br />5個入り(缶入り)約¥2000<br /><br />

    これが購入した ノーベル賞メダルチョコ♪

    5個入り(缶入り)約¥2000

  • ノーベル平和センターから先に進むと、<br />レストランやショップが並ぶ アーケル ブリッゲ (Aker brygge)<br /><br />初日のシーフードデイナーは このアーケル ブリッゲ (Aker brygge)<br />ロフォーテン フィスケ レストラン (Lofoten Fiskerestaurant)で、、<br />雰囲気もよく、ボリュームたっぷりの美味しいシーフードをテラス席でいただきました♪<br />https://4travel.jp/travelogue/11384041

    ノーベル平和センターから先に進むと、
    レストランやショップが並ぶ アーケル ブリッゲ (Aker brygge)

    初日のシーフードデイナーは このアーケル ブリッゲ (Aker brygge)
    ロフォーテン フィスケ レストラン (Lofoten Fiskerestaurant)で、、
    雰囲気もよく、ボリュームたっぷりの美味しいシーフードをテラス席でいただきました♪
    https://4travel.jp/travelogue/11384041

    アーケル ブリッゲ ショッピングセンター

  • このアーケル ブリッゲ (Aker brygge)から見るオスロの風景が<br />kuritchiの一番のお気に入り♪<br /><br />(この写真も初日に撮影)<br />

    このアーケル ブリッゲ (Aker brygge)から見るオスロの風景が
    kuritchiの一番のお気に入り♪

    (この写真も初日に撮影)

    アーケル ブリッゲ ショッピングセンター

  • アーケル ブリッゲ (Aker brygge)より、、<br />(初日に撮影)<br /><br />これから向かうアーケシュフース城(Akershus Festning)、、<br />夕日を浴びたアーケシュフース城砦は本当にきれいでした♪

    アーケル ブリッゲ (Aker brygge)より、、
    (初日に撮影)

    これから向かうアーケシュフース城(Akershus Festning)、、
    夕日を浴びたアーケシュフース城砦は本当にきれいでした♪

    アーケル ブリッゲ ショッピングセンター

  • 市庁舎前広場(Rådhusplassen)<br /><br />オスロ市民や観光客の憩いの場、、<br />彫刻が多くあり、格好の撮影スポットでもある様です、、

    市庁舎前広場(Rådhusplassen)

    オスロ市民や観光客の憩いの場、、
    彫刻が多くあり、格好の撮影スポットでもある様です、、

  • 市庁舎前広場(Rådhusplassen)<br /><br />今にも踊り出しそうな陽気な像は<br />Per Aabel  ノルウエーの俳優・ダンサー<br /><br />彫刻や像を見かけると、、<br />ついつい写真を撮りたくなりますよね、、(笑)<br />

    市庁舎前広場(Rådhusplassen)

    今にも踊り出しそうな陽気な像は
    Per Aabel ノルウエーの俳優・ダンサー

    彫刻や像を見かけると、、
    ついつい写真を撮りたくなりますよね、、(笑)

  • 市庁舎前広場(Rådhusplassen)<br />(初日に撮影)<br /><br />この市庁舎の前まで、緑豊かな公園?広場が続いています、、<br />もちろん、、彫刻や像も至る所に設置されていますよ、、<br /><br />この時期は10時PM過ぎてもまだまだ明るい、、<br />沢山の人たちが散策しながら、白夜の季節を楽しんでいました、、<br /><br /><br /><br />

    市庁舎前広場(Rådhusplassen)
    (初日に撮影)

    この市庁舎の前まで、緑豊かな公園?広場が続いています、、
    もちろん、、彫刻や像も至る所に設置されていますよ、、

    この時期は10時PM過ぎてもまだまだ明るい、、
    沢山の人たちが散策しながら、白夜の季節を楽しんでいました、、



  • 市庁舎前広場(Rådhusplassen)  像 その3<br />(初日に撮影)<br /><br />同じ場所で同じ様な写真は撮らないでおこうと思っていたので省略してしまいましたが、<br />時間帯が違うと光線の具合なども変わるのでもっと写真を撮っておけば良かった、、と帰国してから後悔、、<br />

    市庁舎前広場(Rådhusplassen) 像 その3
    (初日に撮影)

    同じ場所で同じ様な写真は撮らないでおこうと思っていたので省略してしまいましたが、
    時間帯が違うと光線の具合なども変わるのでもっと写真を撮っておけば良かった、、と帰国してから後悔、、

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br />夏の期間(7~8月)は午後6時までまで入場可、、<br />この時点でもうすぐ午後5時、、<br />急いで見学するとしましょうか、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)
    夏の期間(7~8月)は午後6時までまで入場可、、
    この時点でもうすぐ午後5時、、
    急いで見学するとしましょうか、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />公園内だけでなく、市庁舎の壁にも沢山の彫刻・レリーフ、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    公園内だけでなく、市庁舎の壁にも沢山の彫刻・レリーフ、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />狩りする人、スケートをする人、、<br />釣りをする人、、市民の姿が描かれています、、<br />

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    狩りする人、スケートをする人、、
    釣りをする人、、市民の姿が描かれています、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)  正面玄関<br /><br />最初捜したものの、開いている扉がない?!<br />もう、閉まってしまった?!と心配しましたが<br />正面玄関は港側・南側ではなく反対の北側にあり<br />壁面にも美しい天文時計が時を刻んでいます、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset) 正面玄関

    最初捜したものの、開いている扉がない?!
    もう、閉まってしまった?!と心配しましたが
    正面玄関は港側・南側ではなく反対の北側にあり
    壁面にも美しい天文時計が時を刻んでいます、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset) 正面玄関<br /><br />精巧な彫刻装飾が施された木製の重厚な扉<br />その上にはノルウェーの人々や聖人?が描かれているレリーフ、、<br />繊細な石の透かし模様、、<br />一見シンプルの様で手の込んだ彫刻やレリーフがふんだんに施されています、、<br /><br />精巧な彫刻装飾の施された重い扉を開けると、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset) 正面玄関

    精巧な彫刻装飾が施された木製の重厚な扉
    その上にはノルウェーの人々や聖人?が描かれているレリーフ、、
    繊細な石の透かし模様、、
    一見シンプルの様で手の込んだ彫刻やレリーフがふんだんに施されています、、

    精巧な彫刻装飾の施された重い扉を開けると、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />そこは、広々としたメインホール、、<br />ノーベル平和賞の授賞式が行われる会場でもあります、、<br /><br />大理石が敷き詰められた床、、<br />高い天井、、高窓から燦燦と光が注ぎ、、<br />壁面いっぱいに描かれた大きな壁画に圧倒されてしまいます、、<br /><br />

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    そこは、広々としたメインホール、、
    ノーベル平和賞の授賞式が行われる会場でもあります、、

    大理石が敷き詰められた床、、
    高い天井、、高窓から燦燦と光が注ぎ、、
    壁面いっぱいに描かれた大きな壁画に圧倒されてしまいます、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset) メインホール<br /><br />四方をぐるりとスカンジナビアの人々が描かれ、、<br />シンプルかつモダンでありながら、クラシカルな部分を残した造りになっています♪

    オスロ市庁舎 (Rådhuset) メインホール

    四方をぐるりとスカンジナビアの人々が描かれ、、
    シンプルかつモダンでありながら、クラシカルな部分を残した造りになっています♪

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset) メインホール<br /><br />床や階段は大理石、、<br />壁には美しい幾何学模様、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset) メインホール

    床や階段は大理石、、
    壁には美しい幾何学模様、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset) メインホール<br /><br />色鮮やかにスカンジナビアの歴史も描かれています、、<br />ひとつ、ひとつ独立した作品でありながら、<br />全体でも調和・一体となっている素晴らしいホールでした♪

    オスロ市庁舎 (Rådhuset) メインホール

    色鮮やかにスカンジナビアの歴史も描かれています、、
    ひとつ、ひとつ独立した作品でありながら、
    全体でも調和・一体となっている素晴らしいホールでした♪

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />2階へ<br />南側の窓からオスロフィヨルドや島々、、<br />行き交う船が目に飛び込んできます♪

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    2階へ
    南側の窓からオスロフィヨルドや島々、、
    行き交う船が目に飛び込んできます♪

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 <br /><br />木をふんだんに使ったムンクの間<br />ムンクの絵画「人生」が展示されています、、<br />この絵は元はドレスデンの美術館に展示されていましたが、<br />ヒトラーが嫌ったためドイツから返還され、この場所に展示されているのだそうです、、<br />温かで豪華なお部屋にムンクの近代的な絵が不思議とマッチしています♪<br /><br />このムンクの間では主に記者会見や晩餐会が行われますが<br />月1回、市民の結婚式にも使われるのだとか、、<br /><br />

    オスロ市庁舎

    木をふんだんに使ったムンクの間
    ムンクの絵画「人生」が展示されています、、
    この絵は元はドレスデンの美術館に展示されていましたが、
    ヒトラーが嫌ったためドイツから返還され、この場所に展示されているのだそうです、、
    温かで豪華なお部屋にムンクの近代的な絵が不思議とマッチしています♪

    このムンクの間では主に記者会見や晩餐会が行われますが
    月1回、市民の結婚式にも使われるのだとか、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />西側の壁面にも像やレリーフで飾られています、、<br />市庁舎の建物はノルウェー人の8人の画家と17人の彫刻家によって装飾されているのだそうです、、<br /><br /><br />

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    西側の壁面にも像やレリーフで飾られています、、
    市庁舎の建物はノルウェー人の8人の画家と17人の彫刻家によって装飾されているのだそうです、、


    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />いにしえの王が高みからオスロを見据え、守っている様です、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    いにしえの王が高みからオスロを見据え、守っている様です、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />南側の壁面&広場<br /><br />市庁舎全体に彫刻やレリーフ、透かし彫り、泉、、<br />どの角度から見ても建物が美しく見える様になっています、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    南側の壁面&広場

    市庁舎全体に彫刻やレリーフ、透かし彫り、泉、、
    どの角度から見ても建物が美しく見える様になっています、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br /><br />東塔には時計、そして屋上には49個の鐘があり<br />7~24時の1時間毎に鐘の音で音楽を奏でられています、、<br />

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)

    東塔には時計、そして屋上には49個の鐘があり
    7~24時の1時間毎に鐘の音で音楽を奏でられています、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • オスロ市庁舎 (Rådhuset)<br />(初日に撮影)<br /><br />2つの塔が西日のあたる様もとてもきれいでした、、<br />では、、そろそろアーケシュフース城砦へ向かいましょうか、、

    オスロ市庁舎 (Rådhuset)
    (初日に撮影)

    2つの塔が西日のあたる様もとてもきれいでした、、
    では、、そろそろアーケシュフース城砦へ向かいましょうか、、

    オスロ市庁舎 建造物

  • アーケシュフース城砦(Akershus Festning)<br /><br />残念ながらアーケシュフース城日曜は午後4時まででもう終了、、<br />という事で 城壁内を てくてく、、

    アーケシュフース城砦(Akershus Festning)

    残念ながらアーケシュフース城日曜は午後4時まででもう終了、、
    という事で 城壁内を てくてく、、

    アーケシュフース城砦 城・宮殿

  • アーケシュフース城砦(Akershus Festning)<br /><br />< 衛兵さん、、 みーつけっ! >

    アーケシュフース城砦(Akershus Festning)

    < 衛兵さん、、 みーつけっ! >

    アーケシュフース城砦 城・宮殿

  • アーケシュフース城砦(Akershus Festning)<br /><br />城壁からの眺め、、<br /><br />< 気持ち いい~♪ ><br /><br />kuritchiがフェリーで渡りたかったビィグドイ(Bygdøy)地区は湾の対岸、、

    アーケシュフース城砦(Akershus Festning)

    城壁からの眺め、、

    < 気持ち いい~♪ >

    kuritchiがフェリーで渡りたかったビィグドイ(Bygdøy)地区は湾の対岸、、

    アーケシュフース城砦 城・宮殿

  • アーケシュフース城砦(Akershus Festning)<br /><br />城内を てくてく、、<br /><br />城砦の壁の色といい、立体感といい、柔らかな光と相まって美しい、、<br />

    アーケシュフース城砦(Akershus Festning)

    城内を てくてく、、

    城砦の壁の色といい、立体感といい、柔らかな光と相まって美しい、、

    アーケシュフース城砦 城・宮殿

  • そろそろ午後6時、、ホテルに戻ります、、<br />折角、24時間有効のRuter#を購入したので、ちょっとトラムに乗車してみましょうか、、<br /><br />アーケシュフース城砦から街の中を10分ほど てくてく、、<br />オスロ大聖堂の近くの停留所からトラムに乗車、、<br /><br />オスロの街を眺めながら、、ホテル近くの停留所まで、、<br />乗車時間は約5分♪<br /><br />< これは便利♪ ><br /><br />後ろに見える塔はオスロ大聖堂、、

    そろそろ午後6時、、ホテルに戻ります、、
    折角、24時間有効のRuter#を購入したので、ちょっとトラムに乗車してみましょうか、、

    アーケシュフース城砦から街の中を10分ほど てくてく、、
    オスロ大聖堂の近くの停留所からトラムに乗車、、

    オスロの街を眺めながら、、ホテル近くの停留所まで、、
    乗車時間は約5分♪

    < これは便利♪ >

    後ろに見える塔はオスロ大聖堂、、

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />ホテルの入口のすぐ前にトラムの停留所、、、<br />TAXI乗り場もあったし、オスロ空港行きのFlybussenの停留所も、、<br />王宮はすぐ横、国立美術館、カール ヨハンスガーテ通り、<br />市庁舎も徒歩圏内、、<br />このホテルは本当にロケーション最高♪ <br /><br />ホテルの1階にオスロ セーター ショップ、<br />地下には宿泊者が利用できるサウナも、、<br /><br />ホテルに戻り、この日は丁度サッカーワールドカップの決勝戦の日、、<br />時差なしで決勝戦を見る、、<br />ちょっと得した気分?!

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    ホテルの入口のすぐ前にトラムの停留所、、、
    TAXI乗り場もあったし、オスロ空港行きのFlybussenの停留所も、、
    王宮はすぐ横、国立美術館、カール ヨハンスガーテ通り、
    市庁舎も徒歩圏内、、
    このホテルは本当にロケーション最高♪ 

    ホテルの1階にオスロ セーター ショップ、
    地下には宿泊者が利用できるサウナも、、

    ホテルに戻り、この日は丁度サッカーワールドカップの決勝戦の日、、
    時差なしで決勝戦を見る、、
    ちょっと得した気分?!

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ワールドカップの試合も最後まで見られません、、<br />この日のディナーの予約は7:30PM、、<br /><br />ホテルの前の停留場(Holbergs plass 18)からトラムに乗って出かけましょうか♪

    ワールドカップの試合も最後まで見られません、、
    この日のディナーの予約は7:30PM、、

    ホテルの前の停留場(Holbergs plass 18)からトラムに乗って出かけましょうか♪

  • トラムに乗って♪<br /><br /><おっと!! 銅像さんが被っている帽子の上に鳥が、、(笑)><br />場所はオスロ大聖堂前、、<br /><br />北欧では鳥さんが銅像の帽子の上に留まっているのを良く見かけました、、<br />

    トラムに乗って♪

    <おっと!! 銅像さんが被っている帽子の上に鳥が、、(笑)>
    場所はオスロ大聖堂前、、

    北欧では鳥さんが銅像の帽子の上に留まっているのを良く見かけました、、

  • kuritchi達はトラムの乗って約15分、、<br />Ekebergparkenというトラム停留所(18・19)で降車(左上)<br /><br />エーケベルグ公園 (Ekebergparken)の一角にある<br />白い瀟洒な建物のエーケベルグ レストラン(Ekebergrestauranten)でディナーをいただきます♪<br />(右上)<br /><br />人気のレストランだけあってテーブル席でのディナーは絶対に要予約、、<br />https://www.ekebergrestauranten.com/<br />kuritchi達が7:30PM~の予約(HPより)<br />この日は日曜日で、ほとんどのお店・レストランはお休み、、<br />日曜日も営業しているレストランを探すのも大変でした、、<br /><br />店内はとても明るく落ち着いた雰囲気♪<br />そして… 窓からはオスロフィヨルドやオスロも街が見えます♪<br /><br />飲み物は最初の1杯はビール、<br />2杯目はお料理に合わせてそれぞれ赤or白ワイン(ハウスワイン)<br /><br />お料理のセレクトも英語がちゃんと話せるスタッフによる丁寧な説明をしてもらい、、<br />< わくわく、、 ドキドキ、、 ルンルン♪ ><br />       楽しみです♪<br />

    kuritchi達はトラムの乗って約15分、、
    Ekebergparkenというトラム停留所(18・19)で降車(左上)

    エーケベルグ公園 (Ekebergparken)の一角にある
    白い瀟洒な建物のエーケベルグ レストラン(Ekebergrestauranten)でディナーをいただきます♪
    (右上)

    人気のレストランだけあってテーブル席でのディナーは絶対に要予約、、
    https://www.ekebergrestauranten.com/
    kuritchi達が7:30PM~の予約(HPより)
    この日は日曜日で、ほとんどのお店・レストランはお休み、、
    日曜日も営業しているレストランを探すのも大変でした、、

    店内はとても明るく落ち着いた雰囲気♪
    そして… 窓からはオスロフィヨルドやオスロも街が見えます♪

    飲み物は最初の1杯はビール、
    2杯目はお料理に合わせてそれぞれ赤or白ワイン(ハウスワイン)

    お料理のセレクトも英語がちゃんと話せるスタッフによる丁寧な説明をしてもらい、、
    < わくわく、、 ドキドキ、、 ルンルン♪ >
           楽しみです♪

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)<br /><br />【 スターター・FORRETTER 】<br /><br />ダンナ・kuritchi共に サーモン いくら添え♪<br /><br />また、、サーモンもいくらも最高に美味しい♪<br />それに、、ソースも とっても 美味しい♪<br />(端っこに写っている)パンも美味しい♪<br />< つまり、、全部 美味しい♪ ><br /><br />量的にも少なからず、、多からず、、(^^♪<br />最初の一皿目でお店のレベルの高さを納得!です、、

    エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)

    【 スターター・FORRETTER 】

    ダンナ・kuritchi共に サーモン いくら添え♪

    また、、サーモンもいくらも最高に美味しい♪
    それに、、ソースも とっても 美味しい♪
    (端っこに写っている)パンも美味しい♪
    < つまり、、全部 美味しい♪ >

    量的にも少なからず、、多からず、、(^^♪
    最初の一皿目でお店のレベルの高さを納得!です、、

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)<br /><br />【 メイン・ HOVEDRETTER 】<br /><br />ダンナ : ラムステーキ グレービーソース<br />  マッシュポテト・エリンギ・プチトマト・ブロッコリー添え<br /><br />     ダンナもペロリ(^^♪ 

    エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)

    【 メイン・ HOVEDRETTER 】

    ダンナ : ラムステーキ グレービーソース
      マッシュポテト・エリンギ・プチトマト・ブロッコリー添え

         ダンナもペロリ(^^♪ 

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)<br /><br />【 メイン・ HOVEDRETTER 】<br /><br />kuritchi:白身魚ふんわりソテー ポテト添え <br />   ベシャメルソース&ピース(豆)の2色ソース<br />     kuritchiもペロリ♪<br />ふっくら仕上がった白身のお魚とあっさりとしたソースの相性も抜群♪<br />   余りに美味しくて ほっぺが落ちた?!(笑)<br />   ソースも拭う様にきれいにいただきました♪

    エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)

    【 メイン・ HOVEDRETTER 】

    kuritchi:白身魚ふんわりソテー ポテト添え
       ベシャメルソース&ピース(豆)の2色ソース
         kuritchiもペロリ♪
    ふっくら仕上がった白身のお魚とあっさりとしたソースの相性も抜群♪
       余りに美味しくて ほっぺが落ちた?!(笑)
       ソースも拭う様にきれいにいただきました♪

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)<br /><br />【 デザート・ DESSERTER 】<br />チョコレートケーキ&ラズベリーソルベ<br />       コーヒー<br /><br />ちょっと甘めの濃いチョコレートケーキに<br />サッパリとした甘さ控えめのソルベは相性ピッタリ♪<br /><br />      < もう大満足♪ ><br /><br />この雰囲気、サービス、3コースのお料理でひとり650NOKくらい(約\8000)+お酒2杯&コーヒー(300NOK=¥3700)<br />物価の高いノルウェーでは大変リーズナブル♪<br />(美味しいとは限らないカジュアルレストランとほぼ同じ価格設定)<br />ダンナはこの内容だと¥30000以上かかったと思っていたらしいです(笑)<br />今回の旅でbest5に入るレストランでした♪<br /><オスロ再訪時(そんな機会あるかな?)には絶対又訪れたい♪ >

    エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)

    【 デザート・ DESSERTER 】
    チョコレートケーキ&ラズベリーソルベ
           コーヒー

    ちょっと甘めの濃いチョコレートケーキに
    サッパリとした甘さ控えめのソルベは相性ピッタリ♪

          < もう大満足♪ >

    この雰囲気、サービス、3コースのお料理でひとり650NOKくらい(約\8000)+お酒2杯&コーヒー(300NOK=¥3700)
    物価の高いノルウェーでは大変リーズナブル♪
    (美味しいとは限らないカジュアルレストランとほぼ同じ価格設定)
    ダンナはこの内容だと¥30000以上かかったと思っていたらしいです(笑)
    今回の旅でbest5に入るレストランでした♪
    <オスロ再訪時(そんな機会あるかな?)には絶対又訪れたい♪ >

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)<br /><br />食事を終えて 窓の外を見てみると、、<br />そろそろ夕暮れ時、、<br />(もうすぐ10時PM)<br /><br />お支払いを終えて、、

    エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)

    食事を終えて 窓の外を見てみると、、
    そろそろ夕暮れ時、、
    (もうすぐ10時PM)

    お支払いを終えて、、

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)<br /><br />kuritchi達、、外に飛び出す!<br />こんな素敵な夕日を見逃す手はありません、、<br /><br />エーケベルグ レストランはエーケベルグ公園内にあり、、<br />そうなのです、、<br />ムンクの「叫び」にはエーケベルグ公園の丘から眺めた景色が描かれているのです、、<br />その丘はこのレストランから数分上った丘だと言われていますが(プレート有り)<br />kuritchiにしたらほぼ同じ場所(^^<br />このロケーションもディナーに選んだ理由のひとつでもあります、、<br />

    エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)

    kuritchi達、、外に飛び出す!
    こんな素敵な夕日を見逃す手はありません、、

    エーケベルグ レストランはエーケベルグ公園内にあり、、
    そうなのです、、
    ムンクの「叫び」にはエーケベルグ公園の丘から眺めた景色が描かれているのです、、
    その丘はこのレストランから数分上った丘だと言われていますが(プレート有り)
    kuritchiにしたらほぼ同じ場所(^^
    このロケーションもディナーに選んだ理由のひとつでもあります、、

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)<br /><br />より美しく見えるところを求めて、、移動、、<br /><br />エーケベルグ レストランはテラス席もあり、<br />(この場所・料理は室内席より よりカジュアル)<br />テラス席での食事の場合は予約の必要はありません(大人数のみ必要)

    エーケベルグ レストラン (Ekebergrestauranten)

    より美しく見えるところを求めて、、移動、、

    エーケベルグ レストランはテラス席もあり、
    (この場所・料理は室内席より よりカジュアル)
    テラス席での食事の場合は予約の必要はありません(大人数のみ必要)

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • エーケベルグ レストラン より少し高台に移動、、<br /><br />今にも 沈まんとする夕日、、 <br /><br />「叫び」に描かれていた オレンジ色の空を見つめる、、<br />kuritchiはムンクの日記にあった”そのまま平気に歩いていた友人”と同じ、、<br />何も聞こえてこない、、 ただ、美しいと見とれるのみ、、、<br />

    エーケベルグ レストラン より少し高台に移動、、

    今にも 沈まんとする夕日、、 

    「叫び」に描かれていた オレンジ色の空を見つめる、、
    kuritchiはムンクの日記にあった”そのまま平気に歩いていた友人”と同じ、、
    何も聞こえてこない、、 ただ、美しいと見とれるのみ、、、

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • <ムンクには、、 どんな叫び・声が聞こえてきたのでしょうか、、><br /><br />

    イチオシ

    地図を見る

    <ムンクには、、 どんな叫び・声が聞こえてきたのでしょうか、、>

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • 沈んでいく夕日を眺め、、<br /><br />    < 感動♪ ><br /><br />     幸せな約10分間でした、、、<br /><br />

    イチオシ

    地図を見る

    沈んでいく夕日を眺め、、

        < 感動♪ >

         幸せな約10分間でした、、、

    エーケベルグ・レストラン 地元の料理

  • 帰りもトラムに乗ってホテルまで戻りましょう♪<br />今回はStortorvetで乗り換えです、、<br />ここは丁度 目の前にオスロ大聖堂があります、、<br />夕暮れ時のオスロ大聖堂も素敵でした♪<br />

    帰りもトラムに乗ってホテルまで戻りましょう♪
    今回はStortorvetで乗り換えです、、
    ここは丁度 目の前にオスロ大聖堂があります、、
    夕暮れ時のオスロ大聖堂も素敵でした♪

  • ショッピングセンターなどもあり、日曜日でなければ、とても楽しい場所です、、<br />(この日、日曜日はほぼ全てのお店がお休み)

    ショッピングセンターなどもあり、日曜日でなければ、とても楽しい場所です、、
    (この日、日曜日はほぼ全てのお店がお休み)

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />ホテルに戻って来ました(10:30PMごろ)<br />

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    ホテルに戻って来ました(10:30PMごろ)

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />今度はお部屋からオスロの街を眺めます、、<br />夕暮れから帳りも下り、、(11:30PM)<br /><br />市庁舎のライトアップ、、<br />街の光が白夜の時期の夜のオスロに浮かびだします♪<br />

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    今度はお部屋からオスロの街を眺めます、、
    夕暮れから帳りも下り、、(11:30PM)

    市庁舎のライトアップ、、
    街の光が白夜の時期の夜のオスロに浮かびだします♪

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />オスロフィヨルドも、、オスロにはとても大切な風景、、、<br /><br />訪れるまでオスロは海に面した街だと思っていました、、<br />実は入り組んだフィヨルドの湾に面した場所にあるのです、、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    オスロフィヨルドも、、オスロにはとても大切な風景、、、

    訪れるまでオスロは海に面した街だと思っていました、、
    実は入り組んだフィヨルドの湾に面した場所にあるのです、、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />ライトアップで浮き上がって見える建物は国立美術館(?)<br />その後ろにオスロ大聖堂の塔(ライトアップされていない)<br />向こうの山はエーケベルグ公園、、<br />ディナーをいただいたエーケベルグ レストランも見えています、、<br />空気が澄んでいるのでとてもきれいに見渡せます、、<br /><br />また、、眠るのがもったいなくなってきました(笑)<br />この美しいオスロの街を眺めながら眠りに付くとしましょうか、、<br />

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    ライトアップで浮き上がって見える建物は国立美術館(?)
    その後ろにオスロ大聖堂の塔(ライトアップされていない)
    向こうの山はエーケベルグ公園、、
    ディナーをいただいたエーケベルグ レストランも見えています、、
    空気が澄んでいるのでとてもきれいに見渡せます、、

    また、、眠るのがもったいなくなってきました(笑)
    この美しいオスロの街を眺めながら眠りに付くとしましょうか、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • 【 7日目 】<br /><br />おはようございます!<br />このホテルの地下にはサウナもあり、<br />サウナ好きのダンナは起きて直ぐにサウナに直行!(^^<br />kuritchiも、折角なので早朝にサウナに出かけましたよ、、<br />感想は、、”やっぱり、すっぽんぽんで入るんだ!”(笑)<br />(バスタオルを巻いて入るのだと思っていたkuritchi)<br />意外とこじんまりとしていて(当たり前?!)<br />サウナの後は水風呂ではなく、シャワー、、<br />(マナーとしてシャワー→サウナ→シャワー)<br /><br />ビュー(view)好きのkuritchiは<br />ホテルのお部屋の窓からオスロの街を眺めて過ごしています、、<br />(ダンナは恒例の朝のお散歩中、、)<br /><br />赤いレンガ造りの市庁舎や歴史博物館、国立劇場の丸い屋根なども見えます、、<br />オスロの初日に訪れたお気に入りのアーケル ブリッゲは右手のクレーンが並んでいるところあたり、、<br />あっ! 宮殿みたいなショッピングセンターも見えてるし、、<br />右手のこんもりとした森は王宮&公園、、<br />こんなに近いので朝のお散歩にぴったり♪と思ったのですが、、<br />kuritchiは朝の散歩に行く事もなく、お部屋の窓から眺めるのみ、、(^^;<br />(ダンナは今頃、王宮公園の中をお散歩しているのかも、、)

    【 7日目 】

    おはようございます!
    このホテルの地下にはサウナもあり、
    サウナ好きのダンナは起きて直ぐにサウナに直行!(^^
    kuritchiも、折角なので早朝にサウナに出かけましたよ、、
    感想は、、”やっぱり、すっぽんぽんで入るんだ!”(笑)
    (バスタオルを巻いて入るのだと思っていたkuritchi)
    意外とこじんまりとしていて(当たり前?!)
    サウナの後は水風呂ではなく、シャワー、、
    (マナーとしてシャワー→サウナ→シャワー)

    ビュー(view)好きのkuritchiは
    ホテルのお部屋の窓からオスロの街を眺めて過ごしています、、
    (ダンナは恒例の朝のお散歩中、、)

    赤いレンガ造りの市庁舎や歴史博物館、国立劇場の丸い屋根なども見えます、、
    オスロの初日に訪れたお気に入りのアーケル ブリッゲは右手のクレーンが並んでいるところあたり、、
    あっ! 宮殿みたいなショッピングセンターも見えてるし、、
    右手のこんもりとした森は王宮&公園、、
    こんなに近いので朝のお散歩にぴったり♪と思ったのですが、、
    kuritchiは朝の散歩に行く事もなく、お部屋の窓から眺めるのみ、、(^^;
    (ダンナは今頃、王宮公園の中をお散歩しているのかも、、)

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロのお部屋より<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />オスロの街並み、、<br />昨日歩いたアーケシュフース城も見えます、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロのお部屋より
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    オスロの街並み、、
    昨日歩いたアーケシュフース城も見えます、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロのお部屋より<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />方角的に湾は南なので、kuritchi達の居るホテルはオスロの街のほぼ北側に位置しています、、<br />何度も登場するエーケベルグ公園は左手の山の上、、<br />あの山の丘から見えた夕日は西・右手に沈んでいきました、、<br /><br />お部屋から眺めにすっかり満足したkuritchi、、<br />ダンナが戻ってきたら朝食に行きましょうか、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロのお部屋より
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    方角的に湾は南なので、kuritchi達の居るホテルはオスロの街のほぼ北側に位置しています、、
    何度も登場するエーケベルグ公園は左手の山の上、、
    あの山の丘から見えた夕日は西・右手に沈んでいきました、、

    お部屋から眺めにすっかり満足したkuritchi、、
    ダンナが戻ってきたら朝食に行きましょうか、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ 朝食<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />楽しみにしていた、、朝食♪<br />メニューの種類も豊富♪ <br />フレッシュオレンジで自分で絞るジュースがまた抜群に美味しい♪<br /><br />でも、この日は前回より数段お客が満杯!<br />中には品切れの品もあって、ちょっと残念、、<br /><br /><br />

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ 朝食
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    楽しみにしていた、、朝食♪
    メニューの種類も豊富♪ 
    フレッシュオレンジで自分で絞るジュースがまた抜群に美味しい♪

    でも、この日は前回より数段お客が満杯!
    中には品切れの品もあって、ちょっと残念、、


    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ 朝食<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />折角の美味しい朝食も 人の多さに息苦しくなるほど、、<br />早々にいただいて、、お部屋でゆっくりすることに、、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ 朝食
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    折角の美味しい朝食も 人の多さに息苦しくなるほど、、
    早々にいただいて、、お部屋でゆっくりすることに、、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />早朝は曇っていましたが、すっかり良いお天気になってきました、、<br />このオスロの街の景色とも そろそろお別れ、、<br />フィヨルド巡りに時間をかけたので、オスロ滞在の時間が短くなってしまい、まだまだまわりたい所が沢山残ってしまいました、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    早朝は曇っていましたが、すっかり良いお天気になってきました、、
    このオスロの街の景色とも そろそろお別れ、、
    フィヨルド巡りに時間をかけたので、オスロ滞在の時間が短くなってしまい、まだまだまわりたい所が沢山残ってしまいました、、

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ<br />(Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)<br /><br />フェリーに乗って対岸のビィグドイ地区(写真)まで足を延ばしたかったし、<br />お買い物やケーキやミートボールなどもいただきたかったなぁ~<br />まあ、、運が良く(?)また、訪れる事があれば、、<br />その時のお楽しみに取って置きましょうか、、(^^<br />

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ
    (Radisson Blu Scandinavia Hotel Oslo)

    フェリーに乗って対岸のビィグドイ地区(写真)まで足を延ばしたかったし、
    お買い物やケーキやミートボールなどもいただきたかったなぁ~
    まあ、、運が良く(?)また、訪れる事があれば、、
    その時のお楽しみに取って置きましょうか、、(^^

    ラディソン ブル スカンジナビア ホテル オスロ ホテル

  • ホテルの前からFlybussen(シャトルバス)に乗り、、<br />オスロガーデモエン空港(Gardermoen Airport)へ向かいます、、<br /><br />オスロ市内から空港まで47㎞ありますが、、<br />美しいノルウェーの景色を眺めながらの約1時間はあっという間、、<br /><br />

    ホテルの前からFlybussen(シャトルバス)に乗り、、
    オスロガーデモエン空港(Gardermoen Airport)へ向かいます、、

    オスロ市内から空港まで47㎞ありますが、、
    美しいノルウェーの景色を眺めながらの約1時間はあっという間、、

  • オスロの街を出たら、こんな長閑な風景の連続です、、

    オスロの街を出たら、こんな長閑な風景の連続です、、

  • オスロ空港内  フィスケリエット(Fiskeriet)<br />空港に着き、それぞれのAIRLINEで自動チェックイン機でチェックイン&預け荷物のタグも出し、荷物を預け、、手続き 完了、、<br />そうそう、、 ノルウェーはEURO加盟国でないので、<br />ノルウエー出国前に税の還元を済ませておかなくては、、<br />(物価が高いというかTAXが高いので、高級品を購入していなくても<br />お土産を購入しただけでも、結構な額になっていたのでランチ代くらいは返金がありました)<br /><br />するべき事を終えて、、<br />ダンナと軽いランチ、、ノルディックサーモンをシェア♪<br />このサーモン、、本当に美味しかった~♪<br />フレッシュなスモークサーモンやよく効いたスモークされたものも、、<br />2種類のソースもそれぞれ甘口、辛口とあって、サーモンをノルウェー最後までいただきました♪<br /><br />これから、ダンナはトランジットして日本へ帰国、、<br />kuritchiはこれから10日間のひとり旅が始まるのです、、<br />因みにダンナのスーツケースにはkuritchiの分も含めてお土産がギッシリ!入ってます(^^<br />(ダンナがこんなに大きなスーツケースは要らないと言うのを無理矢理持たせて正解!)

    オスロ空港内  フィスケリエット(Fiskeriet)
    空港に着き、それぞれのAIRLINEで自動チェックイン機でチェックイン&預け荷物のタグも出し、荷物を預け、、手続き 完了、、
    そうそう、、 ノルウェーはEURO加盟国でないので、
    ノルウエー出国前に税の還元を済ませておかなくては、、
    (物価が高いというかTAXが高いので、高級品を購入していなくても
    お土産を購入しただけでも、結構な額になっていたのでランチ代くらいは返金がありました)

    するべき事を終えて、、
    ダンナと軽いランチ、、ノルディックサーモンをシェア♪
    このサーモン、、本当に美味しかった~♪
    フレッシュなスモークサーモンやよく効いたスモークされたものも、、
    2種類のソースもそれぞれ甘口、辛口とあって、サーモンをノルウェー最後までいただきました♪

    これから、ダンナはトランジットして日本へ帰国、、
    kuritchiはこれから10日間のひとり旅が始まるのです、、
    因みにダンナのスーツケースにはkuritchiの分も含めてお土産がギッシリ!入ってます(^^
    (ダンナがこんなに大きなスーツケースは要らないと言うのを無理矢理持たせて正解!)

    オスロ空港 (OSL) 空港

  • オスロガーデモエン空港(Gardermoen Airport)<br /><br />さて、、そろそろ別行動、、<br />ダンナの飛行機はトランジット先のヘルシンキへ向かうFINNAIR便(13:15発)<br />ダンナが搭乗する飛行機は約15分遅れ、、、<br />ヘルシンキのトランジット時間は定刻到着で1時間45分、、<br />普段だったら全く問題ないのですが、この日7/16は<br />トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領が首脳会談の当日、、<br />ダンナのトランジットを心配していたkuritchi、、<br /><br />一方、kuritchiが塔乗するSASストックホルム行きは12:50発<br />先に出発予定が、機材繰りの為出発の見通し立たず<br />つまり、飛ぶはずの飛行機がやって来ない為 出発遅れ、、<br /><まぁ、、 もう一度ダンナ見送るとしましょうか、、><br />ところがダンナを乗せた便が出発後どころか、<br />kuritchiの出発予定時間を30分過ぎてもまだ機材(飛行機)は来ません、、<br />漸く機材(飛行機)が到着したのが出発時間から遅れること1時間近く、、<br />到着して、乗客が降りると、あっという間に荷物を下ろし、<br />新たに搭乗するkuritchi達の荷物を大急ぎで積み込み、<br />これまた、あっという間に清掃終了、、<br />そして、到着して15分後には搭乗開始、、<br />大丈夫なのかしら…と思いつつも、安堵の気持ちの方が大きく、、<br />あっという間に、、機上の人となったkuritchi、、<br /><br />※一方、心配していたダンナ、、※<br />往路と同じ様に、ヘルシンキでは一旦外に出されてセキュリティの再チェックなどを受けたそうですが、FINNAIRには多くの日本人が乗っており、暗黙の了解で、皆、一緒に行動して、問題なく搭乗出来たそうです、、

    オスロガーデモエン空港(Gardermoen Airport)

    さて、、そろそろ別行動、、
    ダンナの飛行機はトランジット先のヘルシンキへ向かうFINNAIR便(13:15発)
    ダンナが搭乗する飛行機は約15分遅れ、、、
    ヘルシンキのトランジット時間は定刻到着で1時間45分、、
    普段だったら全く問題ないのですが、この日7/16は
    トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領が首脳会談の当日、、
    ダンナのトランジットを心配していたkuritchi、、

    一方、kuritchiが塔乗するSASストックホルム行きは12:50発
    先に出発予定が、機材繰りの為出発の見通し立たず
    つまり、飛ぶはずの飛行機がやって来ない為 出発遅れ、、
    <まぁ、、 もう一度ダンナ見送るとしましょうか、、>
    ところがダンナを乗せた便が出発後どころか、
    kuritchiの出発予定時間を30分過ぎてもまだ機材(飛行機)は来ません、、
    漸く機材(飛行機)が到着したのが出発時間から遅れること1時間近く、、
    到着して、乗客が降りると、あっという間に荷物を下ろし、
    新たに搭乗するkuritchi達の荷物を大急ぎで積み込み、
    これまた、あっという間に清掃終了、、
    そして、到着して15分後には搭乗開始、、
    大丈夫なのかしら…と思いつつも、安堵の気持ちの方が大きく、、
    あっという間に、、機上の人となったkuritchi、、

    ※一方、心配していたダンナ、、※
    往路と同じ様に、ヘルシンキでは一旦外に出されてセキュリティの再チェックなどを受けたそうですが、FINNAIRには多くの日本人が乗っており、暗黙の了解で、皆、一緒に行動して、問題なく搭乗出来たそうです、、

    オスロ空港 (OSL) 空港

  • そして、、スカンジナビア半島の美しい大地を眺めながら、、<br />kuritchiの一人旅は始まったのでした、、<br /><br />( 「☆☆ 白夜(midnight sun)と 森、湖、島々、、王宮 と 美しい街並みに魅せられて  スウェーデン編 ① ☆☆  ~~ ストックホルム (Stockholm) 1日目&2日目朝  いよいよひとり旅スタート エステルマルム市場(Östermalmshallen)・朝のお散歩 ガムラスタン(Gamla stan)&シティ アパートメンツ ストックホルム (City Apartments Stockholm) 編 ~~」につづく)

    そして、、スカンジナビア半島の美しい大地を眺めながら、、
    kuritchiの一人旅は始まったのでした、、

    ( 「☆☆ 白夜(midnight sun)と 森、湖、島々、、王宮 と 美しい街並みに魅せられて スウェーデン編 ① ☆☆  ~~ ストックホルム (Stockholm) 1日目&2日目朝 いよいよひとり旅スタート エステルマルム市場(Östermalmshallen)・朝のお散歩 ガムラスタン(Gamla stan)&シティ アパートメンツ ストックホルム (City Apartments Stockholm) 編 ~~」につづく)

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • らぼさん 2019/01/23 15:31:31
    お約束
    年が明けちゃっ てかなりたちますがやっとゆっくりできるようになってきました。

    あけましておめでとうございます。
    今年もどうぞよろしく

    迷子の旦那様探しは大変でしたね。

    ウチも元気なうちは私にかまわずずんずん進むくせに疲れるとどんどん距離が離れていく夫に気を付けてはいますがはぐれることもしばしば
    子供のころ親によく言われたように建物に入る時なら「はぐれたらここで待っててね」って待つところを決めてます。

    空港や街歩き中なら一番近いインフォメーションセンターに…って

    今は携帯があるので速攻「どこにおるんやぁ」・・・って

    孫が持ってるGPSのついた子供携帯、旅行の時だけ借りようかしら…

    ちゃんと探して気持ちを切り替えて素敵な旅をされてるのはさすがです。


    おいしいお食事や素敵な街並み、写真はどれも素敵でじっくり読ませていただきますね。

    ・・・らぼ・・・

    kuritchi

    kuritchiさん からの返信 2019/01/25 08:26:11
    Re: こちらこそよろしくお願い致します(^^
    らぼさん、こちらこそ よろしくお願いいたします(^^

    そうなんですね、、
    確かにはぐれたら待っている場所を決めておくといいですね、、

    日本にいる時は即!「何処にいるの?!」と連絡可能ですが、海外だとダンナは携帯を持っていないので連絡が取れず困ってしまいます、、(><)

    これまで、必死について来てくれたのですが、、
    (kuritchiと一緒に行動していないと帰国できないので)
    最近、、ちょくちょくはぐれる事態が起きています、、
    ダンナとは はぐれた所から動かない様取り決めているのですが、、
    (いかなる事があっても、その場所に戻るkuritchi)
    最近、kuritchiが捜しまわっているのに 自分でホテルに戻っていたり、、今回の様に出入り自由でないところから出てしまっていたりと、はぐれた場所から移動してしまうので困ったものです、、
    日程表も作って渡しているのですが(ホテル名など英語or現地語で表記)それも全く役立っていませんね、、

    心の中は怒り狂っているkuritchiですが、、仕方がないので気持ちを切り替えて旅を続ける事にしています、、
    ひとり旅だとダンナの心配をしなくて良いので気楽ですが、、
    話し相手がいないので食事の時(特にアパートンメントだと)や必ず全荷物を持っての移動時などは考えてしまいます、、
    (現在ひとりで楽しくアパートメントで過ごせる様に色々と準備中、、)

    現在、、必死に北欧から帰国すべくもがいています(汗!)
    一刻も早く旅行記上、、無事帰国したいです、、
    (フランスからも帰国できていない、、涙)

    kuritchi

kuritchiさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ノルウェーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ノルウェー最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ノルウェーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集