ボルドー 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
14日目(6月21日(火))<br /><br />・今日は実質的な最終日。朝、サンテミリオンから電車で40分のボルドーへ。駅前のホテルに荷物を預け街歩きスタート。街の中心に向けサントカトリーヌ通りを歩く。ここはヨーロッパ有数の長い歩行者天国らしい。これまで田舎を巡っていたせいかやたら大きく賑やかだ。赤と白の市松格子模様の服を着た人と赤と黄色の服を着た人が目立つ。そうだ、今夜はサッカーのヨーロッパ選手権クロアチアvsスペイン戦がここボルドーであるのだった。<br />・通りから少し外れてサンタンドレ大聖堂に入る。ゴシック様式の教会は立派で荘厳だった。北門のタンパンに有名な最後の審判の彫刻があるというので見上げたが簡素なもの。ついでに教会横のベイ・ベルランの塔に登った。ここからガロンヌ川に沿って開けた街が一望できた。今日は日差しが強く暑い。<br />・街の中心コメディ広場に到着。ここのiで情報収集する。なんと今日は大劇場の見学も水鏡も休みという。仕方なくiの水鏡のパネルを写真に撮り水鏡の会場であるブルス広場に行きガロンヌ川に沿って三日月状に延々と広がる立派な建物群を眺めて北側のシャルトロン地区に向かう。この一帯はワイン交易が盛んだった時代のワイン倉庫、商人の館、埠頭が並ぶ歴史地区だが、一部は再開発されアウトレットモールに変身していた。<br />・再びコメディ広場近くに戻るとスペインとクロアチアのサポーターのボルテージが頂点に達していた。近くの歩行者道路に入ると旗を振り歓声をあげる者。クラクションを鳴らしながら走る車やバイク。彼らは間もなく列をなしてスタジアムに行ってしまった。これまで見たどの祭りより熱気に満ちていた。<br />・夜はTVで紹介されたレストラン「ボルドー・ブラッセリー」へ。お目当ては新鮮な牡蠣と看板の450gのシャロレー牛のステーキ。これが1人前らしいが我々はシェアしていただく。赤ワインも絶品、人気店らしく客足が絶えない。満足して店を出てサポーター達が去って静かになったブルス広場へ。水鏡は見れなかったが夕焼けに染まった建物とピエール橋を日が沈むまで見ていた。<br />

初夏の南西フランスを巡る 15 14日目 ボルドー

8いいね!

2016/06/21 - 2016/06/21

125位(同エリア301件中)

0

75

14日目(6月21日(火))

・今日は実質的な最終日。朝、サンテミリオンから電車で40分のボルドーへ。駅前のホテルに荷物を預け街歩きスタート。街の中心に向けサントカトリーヌ通りを歩く。ここはヨーロッパ有数の長い歩行者天国らしい。これまで田舎を巡っていたせいかやたら大きく賑やかだ。赤と白の市松格子模様の服を着た人と赤と黄色の服を着た人が目立つ。そうだ、今夜はサッカーのヨーロッパ選手権クロアチアvsスペイン戦がここボルドーであるのだった。
・通りから少し外れてサンタンドレ大聖堂に入る。ゴシック様式の教会は立派で荘厳だった。北門のタンパンに有名な最後の審判の彫刻があるというので見上げたが簡素なもの。ついでに教会横のベイ・ベルランの塔に登った。ここからガロンヌ川に沿って開けた街が一望できた。今日は日差しが強く暑い。
・街の中心コメディ広場に到着。ここのiで情報収集する。なんと今日は大劇場の見学も水鏡も休みという。仕方なくiの水鏡のパネルを写真に撮り水鏡の会場であるブルス広場に行きガロンヌ川に沿って三日月状に延々と広がる立派な建物群を眺めて北側のシャルトロン地区に向かう。この一帯はワイン交易が盛んだった時代のワイン倉庫、商人の館、埠頭が並ぶ歴史地区だが、一部は再開発されアウトレットモールに変身していた。
・再びコメディ広場近くに戻るとスペインとクロアチアのサポーターのボルテージが頂点に達していた。近くの歩行者道路に入ると旗を振り歓声をあげる者。クラクションを鳴らしながら走る車やバイク。彼らは間もなく列をなしてスタジアムに行ってしまった。これまで見たどの祭りより熱気に満ちていた。
・夜はTVで紹介されたレストラン「ボルドー・ブラッセリー」へ。お目当ては新鮮な牡蠣と看板の450gのシャロレー牛のステーキ。これが1人前らしいが我々はシェアしていただく。赤ワインも絶品、人気店らしく客足が絶えない。満足して店を出てサポーター達が去って静かになったブルス広場へ。水鏡は見れなかったが夕焼けに染まった建物とピエール橋を日が沈むまで見ていた。

同行者
友人
交通手段
鉄道 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
5.0

PR

  • サンテミリオン→(タクシー)→リブルヌ→(TER)→ボルドー街歩き:(アキテーヌ門、サントカトリーヌ通り、大時計、サンタンドレ大聖堂とベイ・ベルランの塔、コメディ広場、大劇場、ブルス広場とガロンヌ河畔の眺望、シャルトロン地区、泊)

    サンテミリオン→(タクシー)→リブルヌ→(TER)→ボルドー街歩き:(アキテーヌ門、サントカトリーヌ通り、大時計、サンタンドレ大聖堂とベイ・ベルランの塔、コメディ広場、大劇場、ブルス広場とガロンヌ河畔の眺望、シャルトロン地区、泊)

  •  サンテミリオンからTERで40分。ボルドー・サン・ジャン駅に到着。

     サンテミリオンからTERで40分。ボルドー・サン・ジャン駅に到着。

    ボルドー サン ジャン駅

  •  駅近のホテルに荷物を置いて街歩き開始。市場にちょっと立ち寄り。

     駅近のホテルに荷物を置いて街歩き開始。市場にちょっと立ち寄り。

  •  ヴィクトワール広場に建つアキテーヌ門。ここからサント・カトリーヌ通りを中心街に向かって歩く。

     ヴィクトワール広場に建つアキテーヌ門。ここからサント・カトリーヌ通りを中心街に向かって歩く。

    アキテーヌ博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  •  サント・カトリーヌ通りはヨーロッパ有数の長い歩行者天国らしい。

     サント・カトリーヌ通りはヨーロッパ有数の長い歩行者天国らしい。

  •  通りを東へ入った場所に大時計があった。

     通りを東へ入った場所に大時計があった。

    大鐘楼 史跡・遺跡

  •  この辺りには意匠を凝らした建物が並ぶ。

     この辺りには意匠を凝らした建物が並ぶ。

  •  巡礼の道のプレート。ボルドーはパリを起点とした「トゥールの道」の沿線に位置する。

     巡礼の道のプレート。ボルドーはパリを起点とした「トゥールの道」の沿線に位置する。

  •  カトリック教会。

     カトリック教会。

  •  巨大なサンタンドレ大聖堂が見えてきた。

     巨大なサンタンドレ大聖堂が見えてきた。

    サンタンドレ大聖堂 寺院・教会

  •  南フランス・ゴシック様式の典型。最も古い部分は11世紀に遡るという。

     南フランス・ゴシック様式の典型。最も古い部分は11世紀に遡るという。

  •  どの教会もステンドグラスが美しい。

     どの教会もステンドグラスが美しい。

  •  巡礼の道の重要な教会として世界遺産になっている。

     巡礼の道の重要な教会として世界遺産になっている。

  •  北側の「王の門」に施された「最後の審判」の彫刻。

     北側の「王の門」に施された「最後の審判」の彫刻。

  •  見上げると対の尖塔が美しい。

     見上げると対の尖塔が美しい。

  •  大聖堂の奥は重厚な建物の市庁舎

     大聖堂の奥は重厚な建物の市庁舎

  •   隣接するペイ・ベルランの塔に登る。

      隣接するペイ・ベルランの塔に登る。

  •  ここから見ると大聖堂は手に取る場所に。

     ここから見ると大聖堂は手に取る場所に。

  •  視線をこれから向かう街の方角に移す。

     視線をこれから向かう街の方角に移す。

  •  塔を下りたら広場に国旗を纏った人たちがあちこちに。今夜はサッカーのヨーロッパ選手権クロアチアvsスペイン戦がここボルドーである。

     塔を下りたら広場に国旗を纏った人たちがあちこちに。今夜はサッカーのヨーロッパ選手権クロアチアvsスペイン戦がここボルドーである。

  •  スペインのサポーター。

     スペインのサポーター。

  •  何とも陽気だ。

     何とも陽気だ。

  •  一方は格子模様のクロアチア。

     一方は格子模様のクロアチア。

  •  こちらは少しシャイ。

     こちらは少しシャイ。

  •  呉越同舟

     呉越同舟

  •   街の中心コメディ広場に向かう。田舎ばかり回っていたので人口24万人の街は大都会に感じる。

      街の中心コメディ広場に向かう。田舎ばかり回っていたので人口24万人の街は大都会に感じる。

  •  街の中心コメディ広場に着いた。

     街の中心コメディ広場に着いた。

    大劇場 建造物

  •  広場の正面には18世紀後半建築の大劇場。

     広場の正面には18世紀後半建築の大劇場。

    大劇場 建造物

  •  広場の一角にあるiで情報収集する。なんと今日は大劇場の見学ツアーも水鏡も休みらしい。

     広場の一角にあるiで情報収集する。なんと今日は大劇場の見学ツアーも水鏡も休みらしい。

  •  大劇場の横を通りガロンヌ河畔に向かう。

     大劇場の横を通りガロンヌ河畔に向かう。

  •  ガロンヌ川。

     ガロンヌ川。

  •  振り返るとブルス広場。均整の取れた美しい建物がガロンヌ川に向かって扇を広げたように並んでいる。

     振り返るとブルス広場。均整の取れた美しい建物がガロンヌ川に向かって扇を広げたように並んでいる。

    ブルス広場 広場・公園

  •  

     

  •  水鏡とは夕暮れにこの広場に浅く水を張って、これを鏡にして周囲の建物を映しだす夏の夜の風物。

     水鏡とは夕暮れにこの広場に浅く水を張って、これを鏡にして周囲の建物を映しだす夏の夜の風物。

  •  こんな感じになる(iのパネルより)。

     こんな感じになる(iのパネルより)。

  •  歩き疲れたので広場に面したカフェでビール休憩。

     歩き疲れたので広場に面したカフェでビール休憩。

  •  この辺りはスペインのサポーターが気勢を上げていた。

     この辺りはスペインのサポーターが気勢を上げていた。

  •  ついでに夕食のレストランの場所を確認しておく。

     ついでに夕食のレストランの場所を確認しておく。

    ラ ブラッセリー ボルデレーズ パン屋

  •  ひと休みして街歩き再開。正面に見えるのはジロンドの記念碑。

     ひと休みして街歩き再開。正面に見えるのはジロンドの記念碑。

  •  公園の中をシャルトロン地区に向かう。

     公園の中をシャルトロン地区に向かう。

  • シャルトロン地区はワイン交易が盛んだったころの邸宅や倉庫が残る地区。

    シャルトロン地区はワイン交易が盛んだったころの邸宅や倉庫が残る地区。

  •  とてつもなく大きなワイン倉庫。

     とてつもなく大きなワイン倉庫。

    ワインとネゴシアン博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  •  ボルドーはより上質のワインを求めるイギリス人のおかげで大きく発展した。

     ボルドーはより上質のワインを求めるイギリス人のおかげで大きく発展した。

  •  ワインの荷役設備の名残。

     ワインの荷役設備の名残。

  •  川岸から世界遺産の街並みを遠望。<br /> 世界遺産登録名の「月の港、ボルドー」とは、三日月型に蛇行するガロンヌ川を中心に発展したことによる。

     川岸から世界遺産の街並みを遠望。
     世界遺産登録名の「月の港、ボルドー」とは、三日月型に蛇行するガロンヌ川を中心に発展したことによる。

  •  大劇場に戻ってきた。

     大劇場に戻ってきた。

    大劇場 建造物

  •  場内ツアーがないので、せめてエントランスだけでもと入ってみた。

     場内ツアーがないので、せめてエントランスだけでもと入ってみた。

  •  

     

  •  この大階段はパリオペラ座ガルニエ宮のモデルになったそうだ。

     この大階段はパリオペラ座ガルニエ宮のモデルになったそうだ。

  •  外に出るとスペインとクロアチアのサポーターのボルテージが最高潮に達していた。

     外に出るとスペインとクロアチアのサポーターのボルテージが最高潮に達していた。

  •  道一杯に掛け声をかけ、こぶしを振り上げ …

     道一杯に掛け声をかけ、こぶしを振り上げ …

  •  国旗を掲げ、歌いながら …

     国旗を掲げ、歌いながら …

  •  ブルス広場のトラムの乗り場から …

     ブルス広場のトラムの乗り場から …

  •  スタジアムに行ってしまった。

     スタジアムに行ってしまった。

  •  彼らが去った後、ブルス広場はセミの抜け殻のようになった。

     彼らが去った後、ブルス広場はセミの抜け殻のようになった。

  •  いよいよ最後の夕食。TV「大人のヨーロッパ街歩き」で紹介されたレストラン「ボルドー・ブラッセリー」へ。

     いよいよ最後の夕食。TV「大人のヨーロッパ街歩き」で紹介されたレストラン「ボルドー・ブラッセリー」へ。

    ラ ブラッセリー ボルデレーズ パン屋

  •  お目当ての牡蠣。シーズンオフだが看板メニューのため確保してあった。

     お目当ての牡蠣。シーズンオフだが看板メニューのため確保してあった。

  •  これも名物450gのシャロレー牛のステーキ。シェアした。

     これも名物450gのシャロレー牛のステーキ。シェアした。

  •  Y氏は更に名残のフォアグラ。

     Y氏は更に名残のフォアグラ。

  •  ワインを飲みながらゆっくりと今回の旅行の感想を語り合った。

     ワインを飲みながらゆっくりと今回の旅行の感想を語り合った。

  •  ブルス広場に来ると多くの市民が夕涼みに出ていた。

     ブルス広場に来ると多くの市民が夕涼みに出ていた。

    ブルス広場 広場・公園

  •  広場の建物群が夕日を浴びて金色に輝いている。

     広場の建物群が夕日を浴びて金色に輝いている。

  •  そしてピエール橋も。

     そしてピエール橋も。

    ピエール橋 建造物

  •  日が沈むまでこの風景を眺めていた。SNCFのストに振り回されたが心に残る旅になった。

     日が沈むまでこの風景を眺めていた。SNCFのストに振り回されたが心に残る旅になった。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ボルドー(フランス) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集