テラヴィ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ムグサニー村のワイナリー訪問2軒目は、同じ村の中に有る小さなワイナリーです。ここはワイナリーというより村の中にある小さな造り酒屋のような感じでした。<br /><br />地元の人が空のペットボトル片手にふらりと立ち寄り、クヴェヴリからワインを詰めて持ち帰る、、、そんなワイナリーでした。こういうワイナリーこそ、今回私が訪ねたかった場所です。<br /><br />ガイドのマムカさんとしては、ワイナリー見学なら2~3軒訪問すれば十分でしょ。<br /> ・まずは 大きなワイナリー VAZIANI Company<br /> ・続いて メジャーなワイナリー SHUMI Winery<br /> ・最後は 観光客用ワイナリー Numisi Winery<br />これで満足いただけるのでは?って思っていたようですが、日本人をなめちゃ困るんです。<br /><br />はるばるアジアの片隅から来たのだから、満足の行くまでジョージアのワイナリーを見せてもらいますよ。むしろここからが「本番」ですよ。<br /><br />

2017年 ジョージア旅行記 9 ワイナリー訪問 3 VELISTSIKHIE Winery

8いいね!

2017/12/04 - 2017/12/12

11位(同エリア15件中)

menhir(メンヒル)

menhir(メンヒル)さん

ムグサニー村のワイナリー訪問2軒目は、同じ村の中に有る小さなワイナリーです。ここはワイナリーというより村の中にある小さな造り酒屋のような感じでした。

地元の人が空のペットボトル片手にふらりと立ち寄り、クヴェヴリからワインを詰めて持ち帰る、、、そんなワイナリーでした。こういうワイナリーこそ、今回私が訪ねたかった場所です。

ガイドのマムカさんとしては、ワイナリー見学なら2~3軒訪問すれば十分でしょ。
 ・まずは 大きなワイナリー VAZIANI Company
 ・続いて メジャーなワイナリー SHUMI Winery
 ・最後は 観光客用ワイナリー Numisi Winery
これで満足いただけるのでは?って思っていたようですが、日本人をなめちゃ困るんです。

はるばるアジアの片隅から来たのだから、満足の行くまでジョージアのワイナリーを見せてもらいますよ。むしろここからが「本番」ですよ。

PR

  • ガイドのマムカさんが尋ねてくる。<br /><br />「ボス、次はどうする?この村にも数件ワイナリーがあるが、お勧めは20キロほど離れた有名なワイナリーだ。そこは古いトンネルが熟成倉庫になっているぞ」<br /><br />「大きなワイナリーは最後で良いです。できればこの村の他の小さなワイナリーへ行きたい。クヴェヴリをもっと見たいよ」<br /><br />「お前も好きだな、よし俺に任せろ。この村にあるすべてのワイナリーに連れて行ってやる!」<br /><br />みたいな会話をしながら、先ほどのワイナリーのすぐ近くにあるワイナリーへ突撃です。<br /><br />VELISTSIKHIE VERANDA WINE CELLAR<br /><br />カヘティ地方にあるワイナリーは、大小問わずこのような看板が掲げられていました。小さな醸造所まで丁寧に掲げられていて、とても便利でした。

    ガイドのマムカさんが尋ねてくる。

    「ボス、次はどうする?この村にも数件ワイナリーがあるが、お勧めは20キロほど離れた有名なワイナリーだ。そこは古いトンネルが熟成倉庫になっているぞ」

    「大きなワイナリーは最後で良いです。できればこの村の他の小さなワイナリーへ行きたい。クヴェヴリをもっと見たいよ」

    「お前も好きだな、よし俺に任せろ。この村にあるすべてのワイナリーに連れて行ってやる!」

    みたいな会話をしながら、先ほどのワイナリーのすぐ近くにあるワイナリーへ突撃です。

    VELISTSIKHIE VERANDA WINE CELLAR

    カヘティ地方にあるワイナリーは、大小問わずこのような看板が掲げられていました。小さな醸造所まで丁寧に掲げられていて、とても便利でした。

  • 一見すると、大きなワイナリーのような風情ですが、ここは家族経営の小さなワイナリーでした。<br /><br />事前に予約した訪問ではありませんので、ガイドの方にネゴシエーションして頂き、無事見学の許可を得ました。<br /><br />この付近のワイナリーは、訪問者に試飲を提供する時にフードを準備しておもてなしするのが通例の様で「今日は食べ物が一切無いので無理」みたいなことをしきりに述べていましたけど、「試飲は不要」と申し出ると、少し不思議な様子でしたがOKの返事を得ました。たぶん、試飲以外で何が楽しみなんだ?という事でしょうね。<br />

    一見すると、大きなワイナリーのような風情ですが、ここは家族経営の小さなワイナリーでした。

    事前に予約した訪問ではありませんので、ガイドの方にネゴシエーションして頂き、無事見学の許可を得ました。

    この付近のワイナリーは、訪問者に試飲を提供する時にフードを準備しておもてなしするのが通例の様で「今日は食べ物が一切無いので無理」みたいなことをしきりに述べていましたけど、「試飲は不要」と申し出ると、少し不思議な様子でしたがOKの返事を得ました。たぶん、試飲以外で何が楽しみなんだ?という事でしょうね。

  • 早速クヴェヴリがある貯蔵施設へ案内していただきました。窓が沢山あり、とても明るく清潔な熟成庫です。<br /><br />たぶん訪ねて来る方が殆どいない、と言うより、尋ねる対象にならないような小さなワイナリーなのでしょう。訪問者が珍しいのか?それとも日本人が珍しいのか?ワイナリーのスタッフの方々があちこちから沢山集まってきてお祭り状態。<br /><br />お土産用の個包装の「柿の種」を子供たちに渡したら大喜びでした。

    早速クヴェヴリがある貯蔵施設へ案内していただきました。窓が沢山あり、とても明るく清潔な熟成庫です。

    たぶん訪ねて来る方が殆どいない、と言うより、尋ねる対象にならないような小さなワイナリーなのでしょう。訪問者が珍しいのか?それとも日本人が珍しいのか?ワイナリーのスタッフの方々があちこちから沢山集まってきてお祭り状態。

    お土産用の個包装の「柿の種」を子供たちに渡したら大喜びでした。

  • こちらの施設にも大小さまざまなサイズのクヴェヴリが有ります。レイアウトもバラバラで雑然としているようですが、これはこれで素敵です。

    こちらの施設にも大小さまざまなサイズのクヴェヴリが有ります。レイアウトもバラバラで雑然としているようですが、これはこれで素敵です。

  • ワイナリーの主人自らがクヴェヴリの様子を教えてくれました。当然ながら現地語しか話せません。私が英語でマヌカさんに質問し、それを現地語に直してくれます。こういう時にガイドの有難さを感じます。

    ワイナリーの主人自らがクヴェヴリの様子を教えてくれました。当然ながら現地語しか話せません。私が英語でマヌカさんに質問し、それを現地語に直してくれます。こういう時にガイドの有難さを感じます。

  • こちらはサービスで供されたこの施設のオリジナルワイン。素焼きの器で頂きました。ジョージアの田舎では、このスタイルで飲むのが普通のようです。<br /><br />試飲は不要、と一度は断ったのですが、せっかくの好意を受け入れることにしました。

    こちらはサービスで供されたこの施設のオリジナルワイン。素焼きの器で頂きました。ジョージアの田舎では、このスタイルで飲むのが普通のようです。

    試飲は不要、と一度は断ったのですが、せっかくの好意を受け入れることにしました。

  • 醗酵中のクヴェヴリ。ガスを抜くために簡易式の醗酵栓がありました。ペットボトルを使うとは、理に適った方式です。

    醗酵中のクヴェヴリ。ガスを抜くために簡易式の醗酵栓がありました。ペットボトルを使うとは、理に適った方式です。

  • クヴェブリの中で一番小さなサイズはこちらでした。

    クヴェブリの中で一番小さなサイズはこちらでした。

  • 一番大きなサイズのクヴェヴリはこちら。数字は容量でリッター換算です。

    一番大きなサイズのクヴェヴリはこちら。数字は容量でリッター換算です。

  • 醗酵中のクヴェヴリは、中の様子が見えるようにすべてガラスの蓋で覆われていました。瓶の淵を粘土で覆い、蓋の開け閉めが簡単にできるようにしていました。

    醗酵中のクヴェヴリは、中の様子が見えるようにすべてガラスの蓋で覆われていました。瓶の淵を粘土で覆い、蓋の開け閉めが簡単にできるようにしていました。

  • 種だけが上がって来ています。既に果実や皮部分は取り除かれていますが、意図的に種だけ少し残している様でした。

    種だけが上がって来ています。既に果実や皮部分は取り除かれていますが、意図的に種だけ少し残している様でした。

  • クヴェヴリはすべて土の中に埋まっています。温度管理は自然任せですが、良い感じで低温貯蔵できるようです。

    クヴェヴリはすべて土の中に埋まっています。温度管理は自然任せですが、良い感じで低温貯蔵できるようです。

  • 運良く地元のお客様が自宅用にワインを購入しに来ました。そのため瓶からワインを注ぐ場面を運良く見ることができました。<br /><br />素敵な場面に立ち会えてとても幸せです。<br /><br />まずは、ガラスの蓋を持ち上げて、、、、

    運良く地元のお客様が自宅用にワインを購入しに来ました。そのため瓶からワインを注ぐ場面を運良く見ることができました。

    素敵な場面に立ち会えてとても幸せです。

    まずは、ガラスの蓋を持ち上げて、、、、

  • 粘土で閉じているだけなので、簡単に開ける事が出来ました。香りは余り立ち上がりませんが、クヴェヴリぎりぎりまで液面が有りました。

    粘土で閉じているだけなので、簡単に開ける事が出来ました。香りは余り立ち上がりませんが、クヴェヴリぎりぎりまで液面が有りました。

  • この中にビールジョッキのようなピッチャーを入れて、、、、、

    この中にビールジョッキのようなピッチャーを入れて、、、、、

  • お客さんが持参したペットボトルへどんどん移して行きます。

    お客さんが持参したペットボトルへどんどん移して行きます。

  • ピッチャーで注ぐため、一度に1Lぐらい入るようです。注ぐ量も多いので、ペットボトルはすぐに満杯になります。しかし大きなペットボトルですね。

    ピッチャーで注ぐため、一度に1Lぐらい入るようです。注ぐ量も多いので、ペットボトルはすぐに満杯になります。しかし大きなペットボトルですね。

  • オレンジ色の美しい色です。大小合わせて30L程購入されて行きました。

    オレンジ色の美しい色です。大小合わせて30L程購入されて行きました。

  • ワイナリーに飾っていた絵も素敵でした

    ワイナリーに飾っていた絵も素敵でした

  • 突然のお願いに快く対応頂いた社長さん。十分堪能できました。<br /><br />「今度は9月頃に再訪問してクヴェヴリの掃除をぜひ体験したい」と言うと、「クレイジーだな。すごく助かるよ!」と喜びの笑顔。<br /><br />本当にありがとうございました。

    突然のお願いに快く対応頂いた社長さん。十分堪能できました。

    「今度は9月頃に再訪問してクヴェヴリの掃除をぜひ体験したい」と言うと、「クレイジーだな。すごく助かるよ!」と喜びの笑顔。

    本当にありがとうございました。

  • KTW(KAKHETIAN TRADITIONAL WINEMAKING)の看板が掲げられていました。KTMはこの後訪問する予定の、この地の巨大なワイナリーです。<br /><br />多分、このワイナリーはその系列に当たるのでしょう。KTWは巨大な醸造工場なので、クヴェヴリでワインを楽しみたい、という人をこの施設でもてなすのでしょうね。良い仕組みですね。

    KTW(KAKHETIAN TRADITIONAL WINEMAKING)の看板が掲げられていました。KTMはこの後訪問する予定の、この地の巨大なワイナリーです。

    多分、このワイナリーはその系列に当たるのでしょう。KTWは巨大な醸造工場なので、クヴェヴリでワインを楽しみたい、という人をこの施設でもてなすのでしょうね。良い仕組みですね。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ジョージア (グルジア)で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ジョージア (グルジア)最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ジョージア (グルジア)の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集