鶴居・標茶旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2016年9月17日の土曜日から2016年9月26日の月曜日の間、北海道へ旅行に行ってきました。<br /> そのうち2016年9月21日・22日の2日間は釧路湿原と帯広付近の景観を見るべく札幌から1泊2日?かけて往復してきました。<br /> 札幌~帯広・釧路間の移動にはJRを利用したのですが、旅行日現在、石勝線・根室本線のトマム~芽室間は列車の運行が出来ない状態にある為、札幌~釧路間を結ぶ特急「スーパーおおぞら」、札幌~帯広間を結ぶ特急「スーパーとかち」は全ての列車が運休となっていました。その為、札幌~釧路間で1日3往復の輸送手段が確保され、そのうち札幌~トマム間は臨時の特急列車、帯広~釧路間は臨時の快速列車、そしてトマム~帯広間は列車代行バスとして運行されていました。<br />1日目は車で釧路湿原の景色を楽しみ、2日目は帯広名物の豚丼を頂きつつ、レンタサイクルで十勝の風景を見てきました。<br /> そのうちパート1では札幌から釧路までの移動の様子、パート2では釧路湿原展望台付近にある湿原展望遊歩道という散策路を歩いた時の様子をご覧戴きました。<br /> パート3では鶴居村にある恩根内ビジターセンターにある遊歩道を歩いた時の様子をご覧戴きます。<br />

札幌発JR(臨時列車・列車代行バス)で行く1泊2日道東の旅(パート3 釧路湿原散策編 中編)

25いいね!

2016/09/21 - 2016/09/22

50位(同エリア287件中)

旅行記グループ 札幌発道内宿泊での散策旅

2

43

フロンティアさん

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2016年9月17日の土曜日から2016年9月26日の月曜日の間、北海道へ旅行に行ってきました。
 そのうち2016年9月21日・22日の2日間は釧路湿原と帯広付近の景観を見るべく札幌から1泊2日?かけて往復してきました。
 札幌~帯広・釧路間の移動にはJRを利用したのですが、旅行日現在、石勝線・根室本線のトマム~芽室間は列車の運行が出来ない状態にある為、札幌~釧路間を結ぶ特急「スーパーおおぞら」、札幌~帯広間を結ぶ特急「スーパーとかち」は全ての列車が運休となっていました。その為、札幌~釧路間で1日3往復の輸送手段が確保され、そのうち札幌~トマム間は臨時の特急列車、帯広~釧路間は臨時の快速列車、そしてトマム~帯広間は列車代行バスとして運行されていました。
1日目は車で釧路湿原の景色を楽しみ、2日目は帯広名物の豚丼を頂きつつ、レンタサイクルで十勝の風景を見てきました。
 そのうちパート1では札幌から釧路までの移動の様子、パート2では釧路湿原展望台付近にある湿原展望遊歩道という散策路を歩いた時の様子をご覧戴きました。
 パート3では鶴居村にある恩根内ビジターセンターにある遊歩道を歩いた時の様子をご覧戴きます。

同行者
一人旅
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  温根内ビジターセンターに着きました。<br /> こちらの施設、鶴居村の温根内というところに位置し、湿原に関する情報を紹介する施設です。<br /> ちなみにこちらのビジターセンターの近くには約3.1kmに及ぶ温根内木道という木道が整備され、湿原の景色だけではなく季節によっては花を楽しむことも出来るそうです。<br />

     温根内ビジターセンターに着きました。
     こちらの施設、鶴居村の温根内というところに位置し、湿原に関する情報を紹介する施設です。
     ちなみにこちらのビジターセンターの近くには約3.1kmに及ぶ温根内木道という木道が整備され、湿原の景色だけではなく季節によっては花を楽しむことも出来るそうです。

  • 中に入ります

    中に入ります

  •  恩根内ビジターセンターへ向かう通路は旅行日時点で施設自体の工事中の為、一部通行不可となり、このように仮設の通路が設けられていました。<br />

     恩根内ビジターセンターへ向かう通路は旅行日時点で施設自体の工事中の為、一部通行不可となり、このように仮設の通路が設けられていました。

  •  恩根内ビジターセンターです。<br /> 先程もコメントしましたが、施設自体を整備中の為、仮設施設での営業となっていました。<br />

     恩根内ビジターセンターです。
     先程もコメントしましたが、施設自体を整備中の為、仮設施設での営業となっていました。

  •  それでは温根内木道の中を歩いていきます。<br /> ちなみにこの温根内木道、先程散策した湿原展望遊歩道とは異なり、温根内ビジターセンターまでの出入り部分を除きほとんど平坦で、比較的歩きやすい遊歩道です。<br />

     それでは温根内木道の中を歩いていきます。
     ちなみにこの温根内木道、先程散策した湿原展望遊歩道とは異なり、温根内ビジターセンターまでの出入り部分を除きほとんど平坦で、比較的歩きやすい遊歩道です。

  •  2手に行先が別れます。さてどちらに行くのでしょうか?<br />

     2手に行先が別れます。さてどちらに行くのでしょうか?

  • 左手の道を選びました。<br />

    左手の道を選びました。

  •  しばらくこの木道の上を歩きます<br /> なおこの先は似たような風景の写真が続くため一部の写真を除きコメントを割愛させて頂きます。<br /><br />

     しばらくこの木道の上を歩きます
     なおこの先は似たような風景の写真が続くため一部の写真を除きコメントを割愛させて頂きます。

  •  木道沿いには釧路湿原に関するクイズが記された立て札もありました。<br />

     木道沿いには釧路湿原に関するクイズが記された立て札もありました。

  •  一方こちらは温根内湿原で見ることができる植物について紹介していました。<br />

     一方こちらは温根内湿原で見ることができる植物について紹介していました。

  •  分岐路があります。温根内ビジターセンター方面に戻る場合、こちらを右に進むと早く戻ることが出来ます。<br />

     分岐路があります。温根内ビジターセンター方面に戻る場合、こちらを右に進むと早く戻ることが出来ます。

  •  ちなみに当日はそのまま直進しました。

     ちなみに当日はそのまま直進しました。

  •  ミズコケ湿原という景観の良いところに来ました。<br />

     ミズコケ湿原という景観の良いところに来ました。

  • さらに木道を歩きます。

    さらに木道を歩きます。

  •  木道はまもなく終わります。<br />

     木道はまもなく終わります。

  •  ここからは温根内ビジターセンター方面へ向かい、普通の遊歩道を歩きます。<br />

     ここからは温根内ビジターセンター方面へ向かい、普通の遊歩道を歩きます。

  •  温根内ビジターセンターの工事に伴い、帰りの通路も暫定のものを通ることになりました。<br />

     温根内ビジターセンターの工事に伴い、帰りの通路も暫定のものを通ることになりました。

  •  温根内ビジターセンターの駐車場へと戻ってきました。<br />

     温根内ビジターセンターの駐車場へと戻ってきました。

  •  この後、車で釧路市内に戻り、釧路湿原道路という道路をドライブしました。その時の様子は次回パート4で紹介します。<br /> ご覧戴きましてありがとうございました。<br />

     この後、車で釧路市内に戻り、釧路湿原道路という道路をドライブしました。その時の様子は次回パート4で紹介します。
     ご覧戴きましてありがとうございました。

この旅行記のタグ

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

札幌発道内宿泊での散策旅

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • BTSさん 2016/10/19 16:41:27
    広大な釧路湿原
    フロンティアさまへ

    こんにちは〜

    良いですね〜広大な釧路湿原!
    おじさん、一日いても飽きないかもしれません。

    一眼レフと望遠レンズを持って行き動物の画像とか撮りたいですね〜
    厳寒期の丹頂鶴を追いかけるのも良いのですが…メチャ寒いんですよね。

    フロンティアさんが訪ねたのは9月の下旬ですが、湿原の草木は黄金色に
    染まっていますね。
    陽が陰ると気温は下がるのでしょうね。

    乗り鉄しながら釧路へ行ってみたいですね〜

    BTS


    フロンティアさん からの返信 2016/10/19 21:10:46
    Re: 広大な釧路湿原
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     今回も鉄道ネタがないので、BTSさんにとってはあまり面白くない内容かとおもっていたのですが、失礼ながら意外と興味アリアリなんですね…
     こちらは前回紹介した湿原展望遊歩道(北斗木道)とは異なり、ほとんどの区間で平坦なので結構歩きやすいです。ただこれからは結構寒いので、来年のゴールデンウィーク以降がお勧めかもしれないです。
     なお紅葉はさすがにおわっているのでしょうね…
    (追伸)関西の私鉄の乗り鉄を楽しむのなら今年の11月までがお勧めです。というのも関西の私鉄・バスが3日間利用し放題となる「スルッとKANSAI3dayパス」というフリー切符があるのですが、こちらが12月5日頃で完全に利用出来なくなるからです。確か3日間で5000円、1日1300円程度で利用し放題なので、乗り鉄・乗りバスにはお勧めかと思います。
     もし気が向いたのならばお早めにどうぞ。


     

フロンティアさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鶴居・標茶の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集