赤湯温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
山形県・庄内地方の有名イタリアン「アル・ケッチャーノ」でランチし赤湯温泉「山茱萸」で一泊。<br />翌日は東北の伊勢と言われている「熊野大社」でお参りして福島県の「大内宿」でランチ。

アルケッチャーノ~赤湯温泉・山茱萸~大内宿の旅

14いいね!

2015/10/03 - 2015/10/04

39位(同エリア95件中)

旅行記グループ 国内

0

19

サンブーカさん

山形県・庄内地方の有名イタリアン「アル・ケッチャーノ」でランチし赤湯温泉「山茱萸」で一泊。
翌日は東北の伊勢と言われている「熊野大社」でお参りして福島県の「大内宿」でランチ。

旅行の満足度
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
自家用車

PR

  • 朝6時に出発し関越自動車道を北へ。<br />北陸道〜日本海東北道〜一般道路を経て鶴岡市にある<br />イタリアン「アル・ケッチャーノ」に11時に到着。<br />オーナシェフ奥田氏はTVでもよくお見かけしますね。<br />詳細はweb検索していただければ。

    朝6時に出発し関越自動車道を北へ。
    北陸道〜日本海東北道〜一般道路を経て鶴岡市にある
    イタリアン「アル・ケッチャーノ」に11時に到着。
    オーナシェフ奥田氏はTVでもよくお見かけしますね。
    詳細はweb検索していただければ。

  • 12時に予約したので1時間近所のイオンで時間を潰して<br />いざ入店。<br />団体さんもいらして満席状態。<br />本日のランチは奥田シェフは不在の模様。<br /><br />予約の際、あらかじめコースを決めるように言われたので<br />一番安い3800円のコースにしました。<br />内容は<br />・本日の前菜 <br /> サーモンと鯛のテリーヌ風 数種のハーブ<br />・旬のスープ<br /> 蕪のスープ<br />・庄内米はえぬきのリゾット<br />・庄内のお肉料理または庄内浜のお魚料理<br />・アルケのパスタ<br />・イタリアンドルチェ<br /><br />写真は僕がチョイスした魚料理カスベのムニエル。<br />所謂、エイヒレですが軟骨の様な食感が印象的。<br />備え付けの野菜がしょっぱかったかな。

    12時に予約したので1時間近所のイオンで時間を潰して
    いざ入店。
    団体さんもいらして満席状態。
    本日のランチは奥田シェフは不在の模様。

    予約の際、あらかじめコースを決めるように言われたので
    一番安い3800円のコースにしました。
    内容は
    ・本日の前菜 
     サーモンと鯛のテリーヌ風 数種のハーブ
    ・旬のスープ
     蕪のスープ
    ・庄内米はえぬきのリゾット
    ・庄内のお肉料理または庄内浜のお魚料理
    ・アルケのパスタ
    ・イタリアンドルチェ

    写真は僕がチョイスした魚料理カスベのムニエル。
    所謂、エイヒレですが軟骨の様な食感が印象的。
    備え付けの野菜がしょっぱかったかな。

  • 嫁のチョイスした山形牛<br />意外にさっぱりして美味しかったです。

    嫁のチョイスした山形牛
    意外にさっぱりして美味しかったです。

  • メインの後にパスタが供されるスタイル。<br /><br />僕は鶏肉ときのこのトマトソースのパスタ。<br />鶏肉は軽くスモークされており良いアクセント。<br />トマトソースは余分な味付けをされておらずやさしい味でした。<br />妻のチョイスしたカニとズッキーニのクリームパスタ。<br />こちらはソースがシャバシャバで「ん?」な感じでした。<br /><br />この後ドルチェをいただいて「ごちそうさま」<br />この内容で3800円はCP高いと思います。

    メインの後にパスタが供されるスタイル。

    僕は鶏肉ときのこのトマトソースのパスタ。
    鶏肉は軽くスモークされており良いアクセント。
    トマトソースは余分な味付けをされておらずやさしい味でした。
    妻のチョイスしたカニとズッキーニのクリームパスタ。
    こちらはソースがシャバシャバで「ん?」な感じでした。

    この後ドルチェをいただいて「ごちそうさま」
    この内容で3800円はCP高いと思います。

  • 食後は進路を東南にとり本日のお宿<br />「櫻湯山茱萸」(さくらゆ さんしゅゆ)へ。<br />前回、2013年の雪降る1月にお邪魔して以来。

    食後は進路を東南にとり本日のお宿
    「櫻湯山茱萸」(さくらゆ さんしゅゆ)へ。
    前回、2013年の雪降る1月にお邪魔して以来。

  • 部屋に備え付けの露天風呂。<br />表示によると泉質は<br />「含流黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉」だそう。<br />この温泉に入ったり、日本酒でまったり夕食までの時間を過ごしました。

    部屋に備え付けの露天風呂。
    表示によると泉質は
    「含流黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉」だそう。
    この温泉に入ったり、日本酒でまったり夕食までの時間を過ごしました。

  • お待ちかねの夕食。<br /><br />枝豆豆腐、蒸雲丹、もって菊と黄菊のお浸し<br />モロヘイヤ パプリカ いくら<br />無花果ワイン煮 揚げ茄子 鴨ロース<br />海老蛸松葉串 サーモンチーズ豆腐巻<br />蓮根 茗荷黄味寿司 秋刀魚照焼<br />など、美味しい料理の数々。<br />お酒は銀住吉を2合ほど。

    お待ちかねの夕食。

    枝豆豆腐、蒸雲丹、もって菊と黄菊のお浸し
    モロヘイヤ パプリカ いくら
    無花果ワイン煮 揚げ茄子 鴨ロース
    海老蛸松葉串 サーモンチーズ豆腐巻
    蓮根 茗荷黄味寿司 秋刀魚照焼
    など、美味しい料理の数々。
    お酒は銀住吉を2合ほど。

  • 別途、松茸の土瓶蒸しと炭火焼を注文。<br />松茸は地物だそう。<br />秋ですね〜

    別途、松茸の土瓶蒸しと炭火焼を注文。
    松茸は地物だそう。
    秋ですね〜

  • 山形名物、芋煮です。<br />実は酔いつぶれて食べられませんでした。<br />ナサケナイ

    山形名物、芋煮です。
    実は酔いつぶれて食べられませんでした。
    ナサケナイ

  • 翌朝の朝食。<br />ボクは和食。<br />奇をてらわない胃に優しそうな内容でした。

    翌朝の朝食。
    ボクは和食。
    奇をてらわない胃に優しそうな内容でした。

  • 10時ころに宿を後にして東北のお伊勢様、熊野大社に参拝。<br />空気がピリッと澄んだ感じでした。

    10時ころに宿を後にして東北のお伊勢様、熊野大社に参拝。
    空気がピリッと澄んだ感じでした。

  • 本殿のどこかにウサギが3羽彫られているそうです。<br />それを見つけると願いが叶うと伝えがあるそうです。<br />裏の方らしいです。<br />

    本殿のどこかにウサギが3羽彫られているそうです。
    それを見つけると願いが叶うと伝えがあるそうです。
    裏の方らしいです。

  • さて、我々は参拝で願い事をしましたのでスルーして<br />福島県の大内宿を目指します。<br />日本の原風景に懐かしさを覚えます。

    さて、我々は参拝で願い事をしましたのでスルーして
    福島県の大内宿を目指します。
    日本の原風景に懐かしさを覚えます。

  • 茅葺とススキ。

    茅葺とススキ。

  • 大内宿は、会津城下と下野(しもつけ)の国(栃木県日光市今市)を<br />結ぶ全長130キロメートル(32里)の中で会津城下から<br />3番目の宿場町だそうです。<br />46軒程度の茅葺屋根の商店が連なる集落です。

    大内宿は、会津城下と下野(しもつけ)の国(栃木県日光市今市)を
    結ぶ全長130キロメートル(32里)の中で会津城下から
    3番目の宿場町だそうです。
    46軒程度の茅葺屋根の商店が連なる集落です。

  • 昼食をいただきに「分家玉や」へ。<br />

    昼食をいただきに「分家玉や」へ。

  • ここで『鳥せいろう飯』とそばをいただきました。<br />『鳥せいろう飯』は甘辛いたれとネギの食感で<br />ぐいぐい進みます。<br />セットの味噌汁は細かい野菜がごっそり入っており<br />現代人の野菜不足にはありがたい。<br />そばは太めの田舎そば。

    ここで『鳥せいろう飯』とそばをいただきました。
    『鳥せいろう飯』は甘辛いたれとネギの食感で
    ぐいぐい進みます。
    セットの味噌汁は細かい野菜がごっそり入っており
    現代人の野菜不足にはありがたい。
    そばは太めの田舎そば。

  • そばとセットの蕎麦団子の揚げが舌触りが滑らかで<br />何もつけなくても美味しくいただけました。

    そばとセットの蕎麦団子の揚げが舌触りが滑らかで
    何もつけなくても美味しくいただけました。

  • ということでまた食べてばかりの旅となってしまいました。<br />2日間の走行距離は930km程度。

    ということでまた食べてばかりの旅となってしまいました。
    2日間の走行距離は930km程度。

この旅行記のタグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

赤湯温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集