シンガポール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2024年2月20日(火)<br /><br />シンガポール2日目。<br />午前中は、世界遺産の植物園の一番の見所「ナショナル・オーキッド・ガーデン」でランを鑑賞。<br /><br />午後は「ラッフルズ・ホテル」のアフタヌーンティ!<br />優雅な「グランド・ロビー」で、3段のティースタンドに盛られたサンドイッチ、リッチなテイストのペストリー、この上なくしっとりのスコーンを堪能。<br /><br />そのあと「ロング・バー」へ。<br />コロニアルな雰囲気の中、シンガポールの代表的なカクテル「シンガポール・スリング」も味わいました。<br /><br />お土産を求めに、シンガポールの銀座「オーチャード通り」にも足を伸ばして、ラグジュアリーな1日を過ごしました♪

アフタヌーンティ&スリング@ラッフルズ♪ラン園、オーチャードもぶらり*シンガポール・ツアコンの旅2

25いいね!

2024/02/20 - 2024/02/20

3530位(同エリア14873件中)

ぶどう畑

ぶどう畑さん

この旅行記のスケジュール

2024/02/20

この旅行記スケジュールを元に

2024年2月20日(火)

シンガポール2日目。
午前中は、世界遺産の植物園の一番の見所「ナショナル・オーキッド・ガーデン」でランを鑑賞。

午後は「ラッフルズ・ホテル」のアフタヌーンティ!
優雅な「グランド・ロビー」で、3段のティースタンドに盛られたサンドイッチ、リッチなテイストのペストリー、この上なくしっとりのスコーンを堪能。

そのあと「ロング・バー」へ。
コロニアルな雰囲気の中、シンガポールの代表的なカクテル「シンガポール・スリング」も味わいました。

お土産を求めに、シンガポールの銀座「オーチャード通り」にも足を伸ばして、ラグジュアリーな1日を過ごしました♪

同行者
友人
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • シンガポールの時差は1時間。<br />いつも6時過ぎに目が覚めるぶどう畑、今回も5時過ぎに目が覚めた。<br />7時を過ぎないと明るくならないから、散歩ってワケにもいかず…。<br />幸い『NHKKプラス』を視聴できたので、ニュースを観ながらゴロゴロ。<br /><br />朝食は1階のレストランで。<br />7時半にイトコのY姉さん、S夫人と落ち合うことになっています。<br /><br />エレベーターホールの窓から海が見えて驚きます。<br />大きな幹線道路の向こうは、船から降ろした荷物を置く「コンテナヤード」。<br />シンガポールでこういう景色を観るのは初めて。

    シンガポールの時差は1時間。
    いつも6時過ぎに目が覚めるぶどう畑、今回も5時過ぎに目が覚めた。
    7時を過ぎないと明るくならないから、散歩ってワケにもいかず…。
    幸い『NHKKプラス』を視聴できたので、ニュースを観ながらゴロゴロ。

    朝食は1階のレストランで。
    7時半にイトコのY姉さん、S夫人と落ち合うことになっています。

    エレベーターホールの窓から海が見えて驚きます。
    大きな幹線道路の向こうは、船から降ろした荷物を置く「コンテナヤード」。
    シンガポールでこういう景色を観るのは初めて。

    M ホテル シンガポール ホテル

  • ビュッフェの料理は豊富でした。<br />でもね、13時半にアフタヌーンティを予約しているので欲張って食べちゃダメ。軽く済ませる。

    ビュッフェの料理は豊富でした。
    でもね、13時半にアフタヌーンティを予約しているので欲張って食べちゃダメ。軽く済ませる。

  • 土地勘のない場所での朝食付きプランはありがたいが、当初の予定どおりだったら、泊まるはずだった「KINN Studios」近くのローカルなレストラン「東亜餐室」で、濃ゆ~いミルクティーを飲みながら、カヤトーストを食べていただろう。<br />楽しみにしていたのになぁ、残念だぁ…。(T-T)<br /><br />姉さんたちはホテルの部屋、朝食に満足しているけれど、ぶどう畑はホテル変更を引きずっています…。

    土地勘のない場所での朝食付きプランはありがたいが、当初の予定どおりだったら、泊まるはずだった「KINN Studios」近くのローカルなレストラン「東亜餐室」で、濃ゆ~いミルクティーを飲みながら、カヤトーストを食べていただろう。
    楽しみにしていたのになぁ、残念だぁ…。(T-T)

    姉さんたちはホテルの部屋、朝食に満足しているけれど、ぶどう畑はホテル変更を引きずっています…。

  • 8時半、タクシーを呼んでもらいます。<br /><br />待っている間、姉さんたちの写真を撮ろうとした時、男性スタッフが愛想よく「撮りましょう」とシャッターを押してくれました。<br />しかも「こちらをバックにするのはどうですか」と場所も変えたり。<br /><br />チェックインのトラブルがあったから、胸の内はモヤモヤ。<br />故に、笑顔はちょっと微妙。(~~;

    8時半、タクシーを呼んでもらいます。

    待っている間、姉さんたちの写真を撮ろうとした時、男性スタッフが愛想よく「撮りましょう」とシャッターを押してくれました。
    しかも「こちらをバックにするのはどうですか」と場所も変えたり。

    チェックインのトラブルがあったから、胸の内はモヤモヤ。
    故に、笑顔はちょっと微妙。(~~;

  • タクシーが来て、植物園に向かいます。<br />初シンガポールのS夫人の希望のひとつが、ここの「ラン園」に行くこと。<br /><br />が、ぶどう畑は3回も行っているし、3回目の2016年9月は、25年ぶりの懐かしい気持ちで訪れたものの、メッチャ暑くて汗びっしょり。<br />だから、気が進まない…。<br /><br />「シンガポールは赤道に近いから暑いですよ~」<br />何度も言いましたが効果ナシ。<br /><br />ある時、テレビの旅番組を観たS夫人、「植物園って、東京ドーム約13個分もあるのね。そんなに広いとは思わなかったわ」。<br /><br />おぉ、行かずに済みそうだ!<br />期待したけれど、昔読んだミステリーで、犯人が逃げ込んだ「ラン園」にどうしても行ってみたいと。<br /><br />なるほど、理由はそれだったのね。

    タクシーが来て、植物園に向かいます。
    初シンガポールのS夫人の希望のひとつが、ここの「ラン園」に行くこと。

    が、ぶどう畑は3回も行っているし、3回目の2016年9月は、25年ぶりの懐かしい気持ちで訪れたものの、メッチャ暑くて汗びっしょり。
    だから、気が進まない…。

    「シンガポールは赤道に近いから暑いですよ~」
    何度も言いましたが効果ナシ。

    ある時、テレビの旅番組を観たS夫人、「植物園って、東京ドーム約13個分もあるのね。そんなに広いとは思わなかったわ」。

    おぉ、行かずに済みそうだ!
    期待したけれど、昔読んだミステリーで、犯人が逃げ込んだ「ラン園」にどうしても行ってみたいと。

    なるほど、理由はそれだったのね。

  • 「ラン園」は、広大な植物園の真ん中あたりにあります。<br />MRTの「ボタニック・ガーデンズ駅」を出た所が正面玄関だけど、ラン園まで1.4km。<br /><br />そのため、前回はバスを利用して、南東端の「Tanglin Gate」から入りました。<br />「Tanglin Gate」からだったら1kmだけど、道は緩い上り坂。<br /><br />帰りは「Nissam Gate」に出ました。<br />ラン園からゲートまで400mでしたが、近くにバス停はナシ。<br />運よくお客を降ろしたタクシーに乗ることができたけど。

    「ラン園」は、広大な植物園の真ん中あたりにあります。
    MRTの「ボタニック・ガーデンズ駅」を出た所が正面玄関だけど、ラン園まで1.4km。

    そのため、前回はバスを利用して、南東端の「Tanglin Gate」から入りました。
    「Tanglin Gate」からだったら1kmだけど、道は緩い上り坂。

    帰りは「Nissam Gate」に出ました。
    ラン園からゲートまで400mでしたが、近くにバス停はナシ。
    運よくお客を降ろしたタクシーに乗ることができたけど。

  • う~む、なるべく歩かずに「ラン園」に行けるルートはないものか…。<br /><br />地図をガン見するうち、「Learning Forest Carpark」なる駐車場に気づきました。そこからだと、なんと徒歩2分!<br /><br />イマドキ、ナビはあるだろうけれど、念のためグーグルマップをプリントアウトしてきました。<br />案の定、運転手さんは「Learning Forest Carpark」を知らない様子。<br /><br />地図を見せてなんだかんだ話すうち「ラン園に近いゲートならTyersall Gateでしょう」と。<br />おぉ、なるほどゲートのある道は「Tyersall Ave.」。<br />そう、そこです、そこです!

    う~む、なるべく歩かずに「ラン園」に行けるルートはないものか…。

    地図をガン見するうち、「Learning Forest Carpark」なる駐車場に気づきました。そこからだと、なんと徒歩2分!

    イマドキ、ナビはあるだろうけれど、念のためグーグルマップをプリントアウトしてきました。
    案の定、運転手さんは「Learning Forest Carpark」を知らない様子。

    地図を見せてなんだかんだ話すうち「ラン園に近いゲートならTyersall Gateでしょう」と。
    おぉ、なるほどゲートのある道は「Tyersall Ave.」。
    そう、そこです、そこです!

  • 「Tyersall Gate」を進むと、車寄せのような場所が現れました。<br />そこでタクシーを降ります。<br /><br />グーグルマップによると「Ring Road Park」でした。<br />「Learning Forest Carpark」ではなく「Ring Road Park」と言えばよかったのかもね。

    「Tyersall Gate」を進むと、車寄せのような場所が現れました。
    そこでタクシーを降ります。

    グーグルマップによると「Ring Road Park」でした。
    「Learning Forest Carpark」ではなく「Ring Road Park」と言えばよかったのかもね。

  • うん、ここで正解!<br />「ナショナル・オーキッド・ガーデン」まで、たったの220m♪

    うん、ここで正解!
    「ナショナル・オーキッド・ガーデン」まで、たったの220m♪

  • 「Ring Road Park」からすぐの場所に滝がありました。

    イチオシ

    「Ring Road Park」からすぐの場所に滝がありました。

  • 滝の裏側を通ることができます。「裏見の滝」だね。(^^)

    滝の裏側を通ることができます。「裏見の滝」だね。(^^)

  • あっという間に「ラン園」の入口に到着。<br /><br />植物園自体は無料ですが、ここだけは有料。<br />嬉しいことに、大人15ドルが、60歳以上は3ドル♪<br />パスポートのコピーを見せてチケット購入。

    イチオシ

    地図を見る

    あっという間に「ラン園」の入口に到着。

    植物園自体は無料ですが、ここだけは有料。
    嬉しいことに、大人15ドルが、60歳以上は3ドル♪
    パスポートのコピーを見せてチケット購入。

    ナショナル オーキッド ガーデン 国立公園

    なるべく歩きたくない方向け、ラン園へのアクセス方法あります by ぶどう畑さん
  • ルンルンと歩き出したものの、あれぇ、なんだかランの花が少ない…。<br /><br />2016年9月8日に来た時はデンドロビュームがたくさん咲いていて「デンドロの小路だね」なんて思いながら歩いたのに…。

    ルンルンと歩き出したものの、あれぇ、なんだかランの花が少ない…。

    2016年9月8日に来た時はデンドロビュームがたくさん咲いていて「デンドロの小路だね」なんて思いながら歩いたのに…。

  • 丘を利用したラン園、花の少なさに違和感を感じつつも坂をのぼり、頂上付近にある「VIP オーキッド・ガーデン」に来ました。

    丘を利用したラン園、花の少なさに違和感を感じつつも坂をのぼり、頂上付近にある「VIP オーキッド・ガーデン」に来ました。

  • ここには世界の有名人にちなんだランが植えられています。<br />写真は「雅子皇后」のラン。<br />これも花の付きがイマイチ…。

    ここには世界の有名人にちなんだランが植えられています。
    写真は「雅子皇后」のラン。
    これも花の付きがイマイチ…。

  • 「ダイアナ妃」のメモリアルのランもしかり。う~む…。(-ム-)

    「ダイアナ妃」のメモリアルのランもしかり。う~む…。(-ム-)

  • VIPガーデンから丘を少し下ったところに、樹木の間を縫うトレイルがありました。<br />あぁ、ここ覚えている。<br /><br />でも、その前に「Tan Hoon Siang Mist House」があったはずなんだけどなぁ…。<br />たくさんのランに感激しっぱなしだったのよね。<br />S夫人に見せたいのに、どこ行っちゃったの?

    VIPガーデンから丘を少し下ったところに、樹木の間を縫うトレイルがありました。
    あぁ、ここ覚えている。

    でも、その前に「Tan Hoon Siang Mist House」があったはずなんだけどなぁ…。
    たくさんのランに感激しっぱなしだったのよね。
    S夫人に見せたいのに、どこ行っちゃったの?

  • そんなことを考えならトレイルを下るうち「Sembcorp Cool House」という涼しい温室が現れました。<br /><br />標高1000m~2000m、16~23℃にの高山林を再現してそうで、その名のとおり涼しい。

    そんなことを考えならトレイルを下るうち「Sembcorp Cool House」という涼しい温室が現れました。

    標高1000m~2000m、16~23℃にの高山林を再現してそうで、その名のとおり涼しい。

  • 前回、涼しい温室にホッとしたっけ。<br />でも、もっと小規模で、こんなに綺麗じゃなかった。<br />リニューアルしたのかな?

    イチオシ

    前回、涼しい温室にホッとしたっけ。
    でも、もっと小規模で、こんなに綺麗じゃなかった。
    リニューアルしたのかな?

  • 以前よりもランが多い。

    以前よりもランが多い。

  • 食虫植物や、

    食虫植物や、

  • 一風変わったラン。これは以前もあった。

    一風変わったラン。これは以前もあった。

  • わぁ~、不思議な形の花!

    わぁ~、不思議な形の花!

  • 清楚なランもあれば、

    清楚なランもあれば、

  • 独特な模様のラン、

    独特な模様のラン、

  • 密林に咲くランの雰囲気も味わえます。

    密林に咲くランの雰囲気も味わえます。

  • 圧巻は「胡蝶蘭」!

    圧巻は「胡蝶蘭」!

  • これも変わったランだね。

    これも変わったランだね。

  • オレンジが際立つラン。なんとなく金魚っぽい?

    オレンジが際立つラン。なんとなく金魚っぽい?

  • 手入れの人たちを見かけます。

    手入れの人たちを見かけます。

  • この温室、前よりもずっと見ごたえありました!

    この温室、前よりもずっと見ごたえありました!

  • たくさんのランが咲き誇っていた「Tan Hoon Siang Mist House」は、この涼しい温室近くにあったようです。<br /><br />ただ、植物園のサイトを見るに、展示面積が350㎡から760㎡に拡大された結果、ランが密集して咲いている感じは消えていました。<br /><br />それでも、S夫人に見せてあげたかった…。<br /><br />【ラン、ラン、ラン!世界遺産のボタニック・ガーデン ジャカルタ・シンガポール2016の旅5-2】<br />https://4travel.jp/travelogue/11187243

    たくさんのランが咲き誇っていた「Tan Hoon Siang Mist House」は、この涼しい温室近くにあったようです。

    ただ、植物園のサイトを見るに、展示面積が350㎡から760㎡に拡大された結果、ランが密集して咲いている感じは消えていました。

    それでも、S夫人に見せてあげたかった…。

    【ラン、ラン、ラン!世界遺産のボタニック・ガーデン ジャカルタ・シンガポール2016の旅5-2】
    https://4travel.jp/travelogue/11187243

  • 全体的に花が少ないと感じたのは、2月はランのベストシーズンではなかったのかも?<br /><br />前回訪れたのは9月初め。たくさん咲いていました。<br />一年中暑いシンガポール、いつでもランが咲いていると思い込んでいましたが、どうやら時期があるようです。

    全体的に花が少ないと感じたのは、2月はランのベストシーズンではなかったのかも?

    前回訪れたのは9月初め。たくさん咲いていました。
    一年中暑いシンガポール、いつでもランが咲いていると思い込んでいましたが、どうやら時期があるようです。

  • ラン園の観光は1時間ほどで終了。

    ラン園の観光は1時間ほどで終了。

  • この日はさほど気温が高くなかったおかげで、汗びっしょりにならずに済みました。<br />ひと休みしないとバテバテかもと、ラン園入口近くのレストラン「Halia Pantry Bakery」での休憩を考えていたけれど、その必要はなし。<br /><br />午後の部に備え、いったんホテルに帰りましょう。<br /><br />ちなみにこのレストラン、9時オープン。テイクアウトは8時から。<br />ここで朝食を摂り、ラン園を観光するのもいいかもね。

    この日はさほど気温が高くなかったおかげで、汗びっしょりにならずに済みました。
    ひと休みしないとバテバテかもと、ラン園入口近くのレストラン「Halia Pantry Bakery」での休憩を考えていたけれど、その必要はなし。

    午後の部に備え、いったんホテルに帰りましょう。

    ちなみにこのレストラン、9時オープン。テイクアウトは8時から。
    ここで朝食を摂り、ラン園を観光するのもいいかもね。

  • タングリング・ゲート(Tangring Gate)に向かう途中、お土産が買えるガーデンズ・ショップを発見。新しそう。(・o・)<br />植物園も進化していることを感じる。

    タングリング・ゲート(Tangring Gate)に向かう途中、お土産が買えるガーデンズ・ショップを発見。新しそう。(・o・)
    植物園も進化していることを感じる。

  • タングリング・ゲートから植物園を出て、向かうはトムソン・イーストコースト線の「ネイピア(Napier)駅」。

    タングリング・ゲートから植物園を出て、向かうはトムソン・イーストコースト線の「ネイピア(Napier)駅」。

  • 「トムソン・イーストコースト線(Thomson East Coast Line)」は新しい路線。<br />2022年11月に開業したネイピア駅、ピカピカです。 <br /><br />

    「トムソン・イーストコースト線(Thomson East Coast Line)」は新しい路線。
    2022年11月に開業したネイピア駅、ピカピカです。

  • アウトラム・パーク駅で乗り換えてタンジョン・パガー駅を上がると、緑に覆われた「オアシア・ホテル」がビルの間に覗いていました。<br /><br />以前、探索したフードコート、このビルの近くだったよね。<br />思いつつも、滞在しているMホテルとの位置関係がピンときてないぶどう畑…。

    アウトラム・パーク駅で乗り換えてタンジョン・パガー駅を上がると、緑に覆われた「オアシア・ホテル」がビルの間に覗いていました。

    以前、探索したフードコート、このビルの近くだったよね。
    思いつつも、滞在しているMホテルとの位置関係がピンときてないぶどう畑…。

    タンジョン パガー駅 (MRT)

  • この日の一番のイベントは、ラッフルズ・ホテルでのアフタヌーン・ティ!<br /><br />世界的に有名な「ラッフルズ」ですから、「カジュアル・シック」のドレスコードがありました。<br />お洒落して出かけます。<br /><br />タンジョン・パガー駅ならラッフルズ・ホテルの最寄り駅「シティ・ホール」まで、イースト・ウェストラインで2駅。<br />電車に乗ったら、あっという間に到着。<br /><br />ホテルに行く前に、シティ・ホール駅に隣接するショッピングセンター「ラッフルズ・シティ」のスーパーをチェック。

    この日の一番のイベントは、ラッフルズ・ホテルでのアフタヌーン・ティ!

    世界的に有名な「ラッフルズ」ですから、「カジュアル・シック」のドレスコードがありました。
    お洒落して出かけます。

    タンジョン・パガー駅ならラッフルズ・ホテルの最寄り駅「シティ・ホール」まで、イースト・ウェストラインで2駅。
    電車に乗ったら、あっという間に到着。

    ホテルに行く前に、シティ・ホール駅に隣接するショッピングセンター「ラッフルズ・シティ」のスーパーをチェック。

    ラッフルズ シティ ショッピングセンター

  • 12時半、道を渡って、いざ、ラッフルズ・ホテルへ!

    12時半、道を渡って、いざ、ラッフルズ・ホテルへ!

  • アフタヌーンティのあと、有名なカクテル「シンガポール・スリング」も飲みたいね。<br /><br />「ロング・バー」の場所を確認しようと行ってみると、たくさんの人が待っていました。<br /><br />えっ、こんなに混んでるの…?<br />私たちが入る頃には、どうぞ空いてますように。

    アフタヌーンティのあと、有名なカクテル「シンガポール・スリング」も飲みたいね。

    「ロング・バー」の場所を確認しようと行ってみると、たくさんの人が待っていました。

    えっ、こんなに混んでるの…?
    私たちが入る頃には、どうぞ空いてますように。

  • アフタヌーンティの予約は13時半。<br />それまでホテルを探索しましょう!

    アフタヌーンティの予約は13時半。
    それまでホテルを探索しましょう!

  • 回廊のようになっている通路を進みます。

    回廊のようになっている通路を進みます。

  • でもね、気軽に覗けるような店がない…。<br />庶民でもどうにか手の届くお土産が買える「ラッフルズ・ブティック」へ行きましょう。

    でもね、気軽に覗けるような店がない…。
    庶民でもどうにか手の届くお土産が買える「ラッフルズ・ブティック」へ行きましょう。

  • 姉さんとぶどう畑は、2015年9月、ラッフルズに来ています。<br />あの時は「コートヤード」でひと休みしました。<br /><br />【F1の爆音を聴きながらラッフルズでティータイム! インドネシア・シンガポールの旅5-3】<br />https://4travel.jp/travelogue/11094626

    姉さんとぶどう畑は、2015年9月、ラッフルズに来ています。
    あの時は「コートヤード」でひと休みしました。

    【F1の爆音を聴きながらラッフルズでティータイム! インドネシア・シンガポールの旅5-3】
    https://4travel.jp/travelogue/11094626

  • 昔の記憶を頼りに歩いていると、芝生の広がる場所に出ました。<br /><br />ラッフルズ・ホテルは2017年1月から大規模な改修工事を行い、リニューアル・オープンしたのが2019年8月1日。<br /><br />この芝生の広場、以前とは違い、入るのもはばかれる…。

    昔の記憶を頼りに歩いていると、芝生の広がる場所に出ました。

    ラッフルズ・ホテルは2017年1月から大規模な改修工事を行い、リニューアル・オープンしたのが2019年8月1日。

    この芝生の広場、以前とは違い、入るのもはばかれる…。

  • それだけでなく、以前の場所に「ラッフルズ・ブティック」がない…?<br /><br />あの時は、ラッフルズの有名なカクテル「シンガポール・スリング」が誕生100周年で、アチコチにスリングの立て札があった。今はそれもなく…。

    それだけでなく、以前の場所に「ラッフルズ・ブティック」がない…?

    あの時は、ラッフルズの有名なカクテル「シンガポール・スリング」が誕生100周年で、アチコチにスリングの立て札があった。今はそれもなく…。

  • ブティックを探してウロウロ。

    ブティックを探してウロウロ。

  • もしかして、ホテルの中に移ったのかしら?<br />ホテル内に進もうとすると「ご予約ですか?」聞かれます。<br />なんらかの予約がないとロビーにも入れない雰囲気。<br /><br />「アフタヌーンティの予約をしているけれど、時間にはまだ早いのでブティックに行きたいのですが」<br />「それなら(ホテル棟外側の)ちょうどこの反対側です」<br /><br />う~ん、その辺も歩いてきたんだけど…。<br />思うものの、もう一度、探しに行くことにしました。

    もしかして、ホテルの中に移ったのかしら?
    ホテル内に進もうとすると「ご予約ですか?」聞かれます。
    なんらかの予約がないとロビーにも入れない雰囲気。

    「アフタヌーンティの予約をしているけれど、時間にはまだ早いのでブティックに行きたいのですが」
    「それなら(ホテル棟外側の)ちょうどこの反対側です」

    う~ん、その辺も歩いてきたんだけど…。
    思うものの、もう一度、探しに行くことにしました。

    グランドロビー (ラッフルズ ホテル シンガポール) カフェ

  • 一体、どこにあるんだ~!<br />まだ歩いてない通路を歩くうち、どうにか到着。<br /><br />ホテル敷地の端のほうにありました。<br />なぜ、こんな目立たない場所にしたんだろう…。<br /><br />ここで売られている物はどれも高い。<br />それでも姉さんたちは、14ドルもするラッフルズ・オリジナルの「カヤジャム」を買っていました。<br /><br />端まで来たついでに、ホテルの北側、Seah St.を通って正面玄関に行くことにしました。<br />2018年3月に来た時は、ラッフルズ・ホテルは大改装中で、Seah St.沿いに仮店舗があったのです。<br /><br />その場所は、今は空きスペース。<br />仮店舗は雰囲気ゼロだったけれど、それでも一時は「ロング・バー」があった場所。ほったらし感がむなしかった…。

    一体、どこにあるんだ~!
    まだ歩いてない通路を歩くうち、どうにか到着。

    ホテル敷地の端のほうにありました。
    なぜ、こんな目立たない場所にしたんだろう…。

    ここで売られている物はどれも高い。
    それでも姉さんたちは、14ドルもするラッフルズ・オリジナルの「カヤジャム」を買っていました。

    端まで来たついでに、ホテルの北側、Seah St.を通って正面玄関に行くことにしました。
    2018年3月に来た時は、ラッフルズ・ホテルは大改装中で、Seah St.沿いに仮店舗があったのです。

    その場所は、今は空きスペース。
    仮店舗は雰囲気ゼロだったけれど、それでも一時は「ロング・バー」があった場所。ほったらし感がむなしかった…。

  • ホテルの正面玄関が面する「ビーチ・ロード」に出ました。<br />道の先にラッフルズ・プレイスの高層ビル群が見えます。

    ホテルの正面玄関が面する「ビーチ・ロード」に出ました。
    道の先にラッフルズ・プレイスの高層ビル群が見えます。

  • では、ラッフルズ・ホテルの正面玄関から入りましょう!

    イチオシ

    地図を見る

    では、ラッフルズ・ホテルの正面玄関から入りましょう!

    ラッフルズ ホテル シンガポール ホテル

  • ロビーはシャンデリアも、

    ロビーはシャンデリアも、

  • 春節の紅い飾りが下がるオブジェもゴージャス♪<br />円安で宿泊を諦めた憧れのホテルの雰囲気を味わいます。

    イチオシ

    春節の紅い飾りが下がるオブジェもゴージャス♪
    円安で宿泊を諦めた憧れのホテルの雰囲気を味わいます。

  • 「テーブルの支度が整うまで少しお待ちください」<br />言われてソファーに腰かけていると、ドアボーイさんが写真を撮ってくれました。<br /><br />ターバンを巻いたラッフルズの象徴的存在のドアボーイは宿泊者対応。というか、ほぼお飾り?<br /><br />実質的な役割を果たすドアボーイさんたちはとても愛想がよく、ユーモアたっぷり。<br />「アフタヌーンティの予約ですか。何人?」聞かれて「3人」と答えると、「えっ、5人でしょ。僕たちも一緒だから」と笑かしてくれました。(^^)

    「テーブルの支度が整うまで少しお待ちください」
    言われてソファーに腰かけていると、ドアボーイさんが写真を撮ってくれました。

    ターバンを巻いたラッフルズの象徴的存在のドアボーイは宿泊者対応。というか、ほぼお飾り?

    実質的な役割を果たすドアボーイさんたちはとても愛想がよく、ユーモアたっぷり。
    「アフタヌーンティの予約ですか。何人?」聞かれて「3人」と答えると、「えっ、5人でしょ。僕たちも一緒だから」と笑かしてくれました。(^^)

  • いよいよテーブルに案内されます♪<br />3段のティースタンドが運ばれてきました。<br />3人なので、サンドイッチは盛りきれず別皿にも。

    イチオシ

    地図を見る

    いよいよテーブルに案内されます♪
    3段のティースタンドが運ばれてきました。
    3人なので、サンドイッチは盛りきれず別皿にも。

    グランドロビー (ラッフルズ ホテル シンガポール) カフェ

  • 「アフタヌーンティー」は、1840年頃にベッドフォード公爵夫人のアンナ・マリア・ラッセルによって始められたと伝えられています。<br /><br />18~19世紀のイギリス貴族は、朝食と夜8時頃からの夕食の2食制。<br />午後、お腹が空いた夫人は、お茶とパンとケーキを部屋に運ばせました。<br />それが夕食までの腹ごしらえと気分転換を兼ねて、軽食と紅茶を楽しむ習慣になったそうな。<br /><br />一応、サンドイッチ、スコーン、ペストリーの順で食べるというお作法があるらしいので、サンドイッチからいただきます。

    「アフタヌーンティー」は、1840年頃にベッドフォード公爵夫人のアンナ・マリア・ラッセルによって始められたと伝えられています。

    18~19世紀のイギリス貴族は、朝食と夜8時頃からの夕食の2食制。
    午後、お腹が空いた夫人は、お茶とパンとケーキを部屋に運ばせました。
    それが夕食までの腹ごしらえと気分転換を兼ねて、軽食と紅茶を楽しむ習慣になったそうな。

    一応、サンドイッチ、スコーン、ペストリーの順で食べるというお作法があるらしいので、サンドイッチからいただきます。

  • スコーンがきました。これが絶品!<br />こんなスコーン食べたことがないってくらいシットリしています。<br /><br />でも、結構大きくて、これを2つ食べちゃったら、ケーキを残すことになりそう…。<br />こっそりバッグに忍ばせました。(^^;

    スコーンがきました。これが絶品!
    こんなスコーン食べたことがないってくらいシットリしています。

    でも、結構大きくて、これを2つ食べちゃったら、ケーキを残すことになりそう…。
    こっそりバッグに忍ばせました。(^^;

  • ティースタンド、2段目。<br />手前の緑の楕円は、ピスタチオのチョコでコーティングされたケーキ。<br />右奥のケーキは柑橘系で、ミニ・マカロンの味が驚くほどの存在感。<br />左奥、可愛らしいピンクに心躍ります。

    ティースタンド、2段目。
    手前の緑の楕円は、ピスタチオのチョコでコーティングされたケーキ。
    右奥のケーキは柑橘系で、ミニ・マカロンの味が驚くほどの存在感。
    左奥、可愛らしいピンクに心躍ります。

  • ティースタンド、最上段。<br />濃厚なテイストのチョコレートは、かなりの食べ応えあり。<br /><br />年齢とともに洋菓子より和菓子に好みが移っている今日この頃。<br />最上段のケーキに手を伸ばす頃には、少々ギブアップ気味…。<br /><br />ちなみにこのアフタヌーンティのお値段は、88$に税・サービスが加わって、一人105.5ドル。日本円で12,000円。<br />庶民のぶどう畑は、この値段に見合う「普通」のランチを食べたいと思ったり。(^^;

    ティースタンド、最上段。
    濃厚なテイストのチョコレートは、かなりの食べ応えあり。

    年齢とともに洋菓子より和菓子に好みが移っている今日この頃。
    最上段のケーキに手を伸ばす頃には、少々ギブアップ気味…。

    ちなみにこのアフタヌーンティのお値段は、88$に税・サービスが加わって、一人105.5ドル。日本円で12,000円。
    庶民のぶどう畑は、この値段に見合う「普通」のランチを食べたいと思ったり。(^^;

  • でもさぁ、アフタヌーンティっていうと、なぜケーキがメインのものばかりなの?<br /><br />いつぞや、香港「ランガム・プレイスホテル」で食べたアフタヌーンティは、中華のおかずも入っているユニークなものでした。<br /><br />こういうアフタヌーンティがもっとあればいいのになぁ。そう思いません?<br /><br />【香港・上海ガニの旅1 女人街・シンフォニーオブライツ】<br />https://4travel.jp/travelogue/10900458

    でもさぁ、アフタヌーンティっていうと、なぜケーキがメインのものばかりなの?

    いつぞや、香港「ランガム・プレイスホテル」で食べたアフタヌーンティは、中華のおかずも入っているユニークなものでした。

    こういうアフタヌーンティがもっとあればいいのになぁ。そう思いません?

    【香港・上海ガニの旅1 女人街・シンフォニーオブライツ】
    https://4travel.jp/travelogue/10900458

  • それはさておき…。<br />二度目はないだろうラッフルズのアフタヌーンティなのに、エレガントでラグジュアリーな雰囲気を2人の子どもに邪魔された。(T-T)<br /><br />隣のテーブルに中国人と思われる家族連れがいて、ガキンチョ2人はテーブルを離れ、私たちが食べている様子をニヤニヤ。<br />手にしたケーキを立ったまま食べて、床にカスをまき散らすという行儀の悪さ。<br /><br />長ズボンは履いているけれどTシャツって「男性は襟付き」のドレスコードから外れている。子どもはOKなの?<br /><br />大人にドレスコードを言う前に、子どもの出入りは禁止にして欲しいよ!

    それはさておき…。
    二度目はないだろうラッフルズのアフタヌーンティなのに、エレガントでラグジュアリーな雰囲気を2人の子どもに邪魔された。(T-T)

    隣のテーブルに中国人と思われる家族連れがいて、ガキンチョ2人はテーブルを離れ、私たちが食べている様子をニヤニヤ。
    手にしたケーキを立ったまま食べて、床にカスをまき散らすという行儀の悪さ。

    長ズボンは履いているけれどTシャツって「男性は襟付き」のドレスコードから外れている。子どもはOKなの?

    大人にドレスコードを言う前に、子どもの出入りは禁止にして欲しいよ!

  • アフタヌーンティは2時間半の時間制限があります。<br />15時前、グランドロビーを後にして、お次は「ロング・バー」!

    アフタヌーンティは2時間半の時間制限があります。
    15時前、グランドロビーを後にして、お次は「ロング・バー」!

  • シックな階段を上り、

    シックな階段を上り、

  • ロング・バーの入口へ。<br />先ほどの混雑はどこへやら。入口前には誰もおらず。<br /><br />ラッフルズ・ホテルが改装中の2018年3月、仮店舗のロング・バーに行ったけれど、改装後は初めて。<br />店内はどんな感じなんだろう。ドキドキ、ワクワク。

    ロング・バーの入口へ。
    先ほどの混雑はどこへやら。入口前には誰もおらず。

    ラッフルズ・ホテルが改装中の2018年3月、仮店舗のロング・バーに行ったけれど、改装後は初めて。
    店内はどんな感じなんだろう。ドキドキ、ワクワク。

  • 各テーブルには、麻袋に入った名物のピーナッツが置かれています。<br />食べたピーナッツの殻を床に捨てるがロング・バーの流儀。<br />なので、歩くと床の感触が微妙…。(~~;<br /><br />シンガポール・スリングは39ドル。値上がりしてた…。<br />かなりのお値段だけど、これを飲まなきゃね。

    イチオシ

    各テーブルには、麻袋に入った名物のピーナッツが置かれています。
    食べたピーナッツの殻を床に捨てるがロング・バーの流儀。
    なので、歩くと床の感触が微妙…。(~~;

    シンガポール・スリングは39ドル。値上がりしてた…。
    かなりのお値段だけど、これを飲まなきゃね。

  • ジャジャ~ン、これがオリジナルのシンガポール・スリング!<br /><br />一見、ジュースのようで口当たりもいいけれど、ジンやチェリーブランデーなどアルコール度数の高いお酒が使われているので、私たちはノンアルコールに。

    イチオシ

    ジャジャ~ン、これがオリジナルのシンガポール・スリング!

    一見、ジュースのようで口当たりもいいけれど、ジンやチェリーブランデーなどアルコール度数の高いお酒が使われているので、私たちはノンアルコールに。

  • 「シンガポール・スリング」は1915年、ラッフルズ・ホテルのバーテンダー「嚴崇文(Ngiam Tong Boon ギャン・トン・ブン)」により編み出されました。<br /><br />当時、女性が公の場でアルコールを嗜むのはNGとされていたため、フルーツ・ジュースに見えるよう考案したのがこのカクテルだそうな。

    「シンガポール・スリング」は1915年、ラッフルズ・ホテルのバーテンダー「嚴崇文(Ngiam Tong Boon ギャン・トン・ブン)」により編み出されました。

    当時、女性が公の場でアルコールを嗜むのはNGとされていたため、フルーツ・ジュースに見えるよう考案したのがこのカクテルだそうな。

  • 周りのテーブルのスリングと比べると、あれ、ノンアルは色が明るい?<br /><br />ホンモノのスリングは、色が少しダーク。<br />2018年3月に飲んだスリングの写真と比べても違いがわかります。<br /><br />ちなみに、ノンアルのスリングは約20ドル、約2000円でした。<br />ジュースにしてはお高いけれど。

    周りのテーブルのスリングと比べると、あれ、ノンアルは色が明るい?

    ホンモノのスリングは、色が少しダーク。
    2018年3月に飲んだスリングの写真と比べても違いがわかります。

    ちなみに、ノンアルのスリングは約20ドル、約2000円でした。
    ジュースにしてはお高いけれど。

  • ラッフルズ・ホテル改装中の仮店舗は、先ほど歩いてきたSeah St.に面したロケーションで、ここはドトールか?ってくらい風情はゼロでした…。<br /><br />【ちょっと悲しい初スリング@ラッフルズ改装中で仮店舗のロングバー ジャカルタ・シンガポール2018の旅8-2】<br />https://4travel.jp/travelogue/11389001

    ラッフルズ・ホテル改装中の仮店舗は、先ほど歩いてきたSeah St.に面したロケーションで、ここはドトールか?ってくらい風情はゼロでした…。

    【ちょっと悲しい初スリング@ラッフルズ改装中で仮店舗のロングバー ジャカルタ・シンガポール2018の旅8-2】
    https://4travel.jp/travelogue/11389001

  • それに比べて、改装後の「ロング・バー」はレトロな雰囲気がいいね、いいね!<br />ウチワのような天井のファンがコロニアル風。<br />ピーナッツの殻を床に捨てる流儀は、ぶどう畑的にはいただけないが。

    それに比べて、改装後の「ロング・バー」はレトロな雰囲気がいいね、いいね!
    ウチワのような天井のファンがコロニアル風。
    ピーナッツの殻を床に捨てる流儀は、ぶどう畑的にはいただけないが。

  • 「ロング・バー」近くの壁に描かれていた絵。<br />紳士淑女の麻仕立てと思われる洋服、かぶっている帽子、19世紀、イギリス・東インド会社によって植民地支配された時代の「ロング・バー」はこんな感じだったのでしょうか。

    「ロング・バー」近くの壁に描かれていた絵。
    紳士淑女の麻仕立てと思われる洋服、かぶっている帽子、19世紀、イギリス・東インド会社によって植民地支配された時代の「ロング・バー」はこんな感じだったのでしょうか。

  • ラッフルズをあとにして、シンガポールの銀座通り「オーチャード」にやって来ました。<br />目的はお土産を買うこと。<br /><br />まずはスケッチャーズのスニーカーを求めに、通り沿いにあるショッピングセンター「パラゴン」へ。<br /><br />なぜ、スケッチャーズかというと、日本では扱い店が減って通販にシフトしているから。<br />靴はやっぱり履き心地を試して買いたいでしょ。<br />昨年、6月に来た時は、サンテックでサンダル2足、買って帰りました。<br /><br />パラゴンの店は品揃えが少なかったが、目的のスニーカーが買えて、免税手続きもできました~♪<br /><br />【欲ばりな1日♪展望No.1スカイガーデン、チョンバル、ホランド、インド人街*シンガポール下見の旅3】<br />https://4travel.jp/travelogue/11841179

    ラッフルズをあとにして、シンガポールの銀座通り「オーチャード」にやって来ました。
    目的はお土産を買うこと。

    まずはスケッチャーズのスニーカーを求めに、通り沿いにあるショッピングセンター「パラゴン」へ。

    なぜ、スケッチャーズかというと、日本では扱い店が減って通販にシフトしているから。
    靴はやっぱり履き心地を試して買いたいでしょ。
    昨年、6月に来た時は、サンテックでサンダル2足、買って帰りました。

    パラゴンの店は品揃えが少なかったが、目的のスニーカーが買えて、免税手続きもできました~♪

    【欲ばりな1日♪展望No.1スカイガーデン、チョンバル、ホランド、インド人街*シンガポール下見の旅3】
    https://4travel.jp/travelogue/11841179

    パラゴン ショッピングセンター

  • 続いては、パイナップルケーキに目がないY姉さんの希望で「高島屋」の地下に入っている「ブンガワンソロ」へ。<br />ブンガワンソロは、シンガポールに40店舗以上展開するお菓子屋さん。<br /><br />パイナップルケーキと言えば台湾ですが、お土産にもらったブンガワンソロのパイナップルケーキが美味しかったんだって。<br /><br />高島屋の向こうに見える「ヒルトン」は、以前は中国風の屋根が特徴的なホテル「タン」と並んで、オーチャードのシンボル的ホテル「マンダリン」だった…。<br />ラッフルズもアコーグループの傘下になったし、時代の変遷を感じます。

    続いては、パイナップルケーキに目がないY姉さんの希望で「高島屋」の地下に入っている「ブンガワンソロ」へ。
    ブンガワンソロは、シンガポールに40店舗以上展開するお菓子屋さん。

    パイナップルケーキと言えば台湾ですが、お土産にもらったブンガワンソロのパイナップルケーキが美味しかったんだって。

    高島屋の向こうに見える「ヒルトン」は、以前は中国風の屋根が特徴的なホテル「タン」と並んで、オーチャードのシンボル的ホテル「マンダリン」だった…。
    ラッフルズもアコーグループの傘下になったし、時代の変遷を感じます。

    シンガポール 高島屋ショッピングセンター 百貨店・デパート

  • 夕飯はオーチャードのお粥屋さんを考えていたけれど、17時半ではお腹が空かず…。<br /><br />S夫人がビールを飲みたいと言うので、アイオンの地下4階にあるフードコート「フード・オペラ」でひと息つくことにしました。

    夕飯はオーチャードのお粥屋さんを考えていたけれど、17時半ではお腹が空かず…。

    S夫人がビールを飲みたいと言うので、アイオンの地下4階にあるフードコート「フード・オペラ」でひと息つくことにしました。

    アイオン オーチャード ショッピングセンター

  • ぶどう畑は、大好きなスイカジュースを飲んでハッピー♪

    ぶどう畑は、大好きなスイカジュースを飲んでハッピー♪

  • では、タクシーで帰ろうか。<br />ところが、車は一向に現れない…。<br />時刻は18時、通勤時間帯に当たり、渋滞してるのかな?<br /><br />そのうち、タクシースタンドに東南アジアの配車サービス「グラブ」や「ゴジェック」のマークがあるのに気づきました。<br />アプリでタクシーを呼ぶことが定着しているとヒシヒシ感じた瞬間。<br /><br />タクシーは諦め、MRTで帰ることに。

    では、タクシーで帰ろうか。
    ところが、車は一向に現れない…。
    時刻は18時、通勤時間帯に当たり、渋滞してるのかな?

    そのうち、タクシースタンドに東南アジアの配車サービス「グラブ」や「ゴジェック」のマークがあるのに気づきました。
    アプリでタクシーを呼ぶことが定着しているとヒシヒシ感じた瞬間。

    タクシーは諦め、MRTで帰ることに。

  • ホテルで一休みして、19時半、夕飯に出かけます。

    ホテルで一休みして、19時半、夕飯に出かけます。

  • 以前、探索したタンジョン・パガー駅近くのホーカーセンター「Tanjong Pagar Plaza Market &amp; Food Centre」に惹かれたものの、この時、名前が思い出せず…。<br /><br />【パステルカラーの家並みを再び!ランチは本場カトンのラクサ 懲りずにシンガポール2018年9月の旅4-2】<br />https://4travel.jp/travelogue/11437648

    以前、探索したタンジョン・パガー駅近くのホーカーセンター「Tanjong Pagar Plaza Market & Food Centre」に惹かれたものの、この時、名前が思い出せず…。

    【パステルカラーの家並みを再び!ランチは本場カトンのラクサ 懲りずにシンガポール2018年9月の旅4-2】
    https://4travel.jp/travelogue/11437648

  • それで、グーグルマップの「フードコート」でヒットした「アモイ・フードコート」に行ってみることにしました。<br /><br />バスを使うと、ホテル向かいの停留場からひと駅の「アフター・キャピタル・タワー」で下車して、徒歩5分で行けるよう。<br />歩いても10分程度。<br /><br />ホテル前の停留所は、たくさんのバスが通ります。<br />「バスにも乗ってみたい!」<br />S夫人が張り切っているし、バスで向かいます。

    それで、グーグルマップの「フードコート」でヒットした「アモイ・フードコート」に行ってみることにしました。

    バスを使うと、ホテル向かいの停留場からひと駅の「アフター・キャピタル・タワー」で下車して、徒歩5分で行けるよう。
    歩いても10分程度。

    ホテル前の停留所は、たくさんのバスが通ります。
    「バスにも乗ってみたい!」
    S夫人が張り切っているし、バスで向かいます。

  • 19:50、「アモイ・フードコート」に来ました。<br />あらぁ、ほとんどの店のシャッターが降りている…。<br /><br />そうだった、「マックスウェル・フードセンター」も夜は閉まっている店が多かったっけ…。<br /><br />ちなみに、夜に賑わうホーカーもありますよ。<br />テロック・エアの「ラウパサ」はサテーが有名で、夜はたくさんの観光客でにぎわいます。<br /><br />【土砂降りだけど熟女2人は超高層でクラフトビール♪オフィス街のホーカーセンターでサテーも 懲りずにシンガポール2018年9月の旅3-2】<br />https://4travel.jp/travelogue/11430848

    19:50、「アモイ・フードコート」に来ました。
    あらぁ、ほとんどの店のシャッターが降りている…。

    そうだった、「マックスウェル・フードセンター」も夜は閉まっている店が多かったっけ…。

    ちなみに、夜に賑わうホーカーもありますよ。
    テロック・エアの「ラウパサ」はサテーが有名で、夜はたくさんの観光客でにぎわいます。

    【土砂降りだけど熟女2人は超高層でクラフトビール♪オフィス街のホーカーセンターでサテーも 懲りずにシンガポール2018年9月の旅3-2】
    https://4travel.jp/travelogue/11430848

    アモイストリートフードセンター 地元の料理

  • 空いている店は少ない中、行列ができている店がありました。<br />おぉ、チャーシュー・ライスがあるじゃない。<br />ここに決定!<br /><br />チャーシュー・ライス(5ドル)、Braised Duck Noodle(5ドル)を注文。

    イチオシ

    空いている店は少ない中、行列ができている店がありました。
    おぉ、チャーシュー・ライスがあるじゃない。
    ここに決定!

    チャーシュー・ライス(5ドル)、Braised Duck Noodle(5ドル)を注文。

  • その隣はフレッシュ・ジュースの店。<br />生のフルーツを使った店、意外と少ないのよ~。<br /><br />それぞれに好みのジュースを選びました。<br />ぶどう畑は、あったら思わず頼んでしまう「レッド・ドラゴンフルーツ・ジュース」。

    その隣はフレッシュ・ジュースの店。
    生のフルーツを使った店、意外と少ないのよ~。

    それぞれに好みのジュースを選びました。
    ぶどう畑は、あったら思わず頼んでしまう「レッド・ドラゴンフルーツ・ジュース」。

  • 2つの料理、よーく混ぜていただきます。<br />色が濃くてしょっぱそうなスープは見た目よりもずっと薄味で、ぜんぶ美味しかった~♪

    2つの料理、よーく混ぜていただきます。
    色が濃くてしょっぱそうなスープは見た目よりもずっと薄味で、ぜんぶ美味しかった~♪

  • 復路はバスが利用できず、徒歩で。<br />20:45、ホテルに戻っていました。<br /><br />スッタモンダしたMホテルの宿泊は今夜が最後。<br />明日はこの旅のハイライトのひとつ「マリーナ・ベイサンズ」に泊まります。(*^^*)

    復路はバスが利用できず、徒歩で。
    20:45、ホテルに戻っていました。

    スッタモンダしたMホテルの宿泊は今夜が最後。
    明日はこの旅のハイライトのひとつ「マリーナ・ベイサンズ」に泊まります。(*^^*)

    M ホテル シンガポール ホテル

  • 夕べのうちにE社にメールを送っておいたら、お昼ごろ、返信が届いてました。<br />差額返金の可否を検討してくれるよう。<br />早速、カード払いしたレシートの写真を添付して送信します。<br /><br />泊まる予定だった「KINN Studios」と比べ、メッチャ高いMホテル。<br />E社がどれだけ負担してくれるかわからないものの、少しでも払ってもらえるのなら嬉しい限り。<br /><br />Y姉さん、S夫人のツアコンを務めるぶどう畑は、一気に気持ちが軽くなりました♪

    夕べのうちにE社にメールを送っておいたら、お昼ごろ、返信が届いてました。
    差額返金の可否を検討してくれるよう。
    早速、カード払いしたレシートの写真を添付して送信します。

    泊まる予定だった「KINN Studios」と比べ、メッチャ高いMホテル。
    E社がどれだけ負担してくれるかわからないものの、少しでも払ってもらえるのなら嬉しい限り。

    Y姉さん、S夫人のツアコンを務めるぶどう畑は、一気に気持ちが軽くなりました♪

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

シンガポールで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
シンガポール最安 249円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

シンガポールの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP