バウスカ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 今日は2014年10月13日の旅行5日目ですが、ラトヴィアのバウスカ近郊にある「ルンダーレ宮殿」を見学しました。<br /> ルンダーレ宮殿(Rundales Pils)は、バルトのベルサイユともいわれるバロック様式の豪華な宮殿です。<br /> その豪華な宮殿を外からも中からも十分見学しましたので、その模様を2回に分けてお届けしたいと思います。<br /> この旅行記(秋のバルト3国美しき古都と城を訪ねてNo.9<ルンダーレ宮殿①>)では、その1回目をお伝えすることにしました。<br /><br /><br />   <巻頭写真は、ルンダーレ宮殿>

秋のバルト3国美しき古都と城を訪ねてNo.9<ルンダーレ宮殿①>

8いいね!

2014/10/09 - 2014/10/18

23位(同エリア32件中)

mugifumi

mugifumiさん

 今日は2014年10月13日の旅行5日目ですが、ラトヴィアのバウスカ近郊にある「ルンダーレ宮殿」を見学しました。
 ルンダーレ宮殿(Rundales Pils)は、バルトのベルサイユともいわれるバロック様式の豪華な宮殿です。
 その豪華な宮殿を外からも中からも十分見学しましたので、その模様を2回に分けてお届けしたいと思います。
 この旅行記(秋のバルト3国美しき古都と城を訪ねてNo.9<ルンダーレ宮殿①>)では、その1回目をお伝えすることにしました。


   <巻頭写真は、ルンダーレ宮殿>

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • <出発直後のリガ><br /><br />  ◆ ルンダーレ宮殿に向かう<br /><br /> おはようございます。速いもので旅行5日目です。<br /> 早速いつものように「リガの朝」というホテルの評価などの記事をお伝えしたいところですが、アヴァロンホテルには2泊していますので、本日は申し上げることはありません。<br /><br /> そこで、ここでは、本日の観光予定を申し上げたいと思います。<br /> おっと!その前にホテル出発前の朝の行事を申し上げます。<br /><br /> ・ モーニングコール 7時30分<br /> ・ 朝食 7時00分から<br /> ・ ロビー集合・出発 9時00分<br /><br /> 次に観光予定です。<br /><br /> 午前 バルトのベルサイユともいわれる●ルンダーレ宮殿見学<br /> 午後 リガ市内に戻り、ドイツの影響を受けたリガ新市街の観光〇ユーゲントシュティール(アールヌーボー)様式の建築群を見ながらの散策 

    <出発直後のリガ>

      ◆ ルンダーレ宮殿に向かう

     おはようございます。速いもので旅行5日目です。
     早速いつものように「リガの朝」というホテルの評価などの記事をお伝えしたいところですが、アヴァロンホテルには2泊していますので、本日は申し上げることはありません。

     そこで、ここでは、本日の観光予定を申し上げたいと思います。
     おっと!その前にホテル出発前の朝の行事を申し上げます。

     ・ モーニングコール 7時30分
     ・ 朝食 7時00分から
     ・ ロビー集合・出発 9時00分

     次に観光予定です。

     午前 バルトのベルサイユともいわれる●ルンダーレ宮殿見学
     午後 リガ市内に戻り、ドイツの影響を受けたリガ新市街の観光〇ユーゲントシュティール(アールヌーボー)様式の建築群を見ながらの散策 

  • <ダウガヴァ川に架かる鉄橋><br /><br /> 早速、出発直後のリガ光景ですが、お天気も良く、気持ちの良いスタートが切れました。<br /> <br /> ホテルの近くでは、ご覧のようにトラムが走っていました。<br /> また、ダウガヴァ川の美しい光景を見ることができました。

    <ダウガヴァ川に架かる鉄橋>

     早速、出発直後のリガ光景ですが、お天気も良く、気持ちの良いスタートが切れました。
     
     ホテルの近くでは、ご覧のようにトラムが走っていました。
     また、ダウガヴァ川の美しい光景を見ることができました。

  • <ラトヴィアの道路>

    <ラトヴィアの道路>

  • <ラトヴィアの草原><br /><br /> バスは、ラトヴィアの南、リトアニアとの国境に近い「バウスカ」という町に向かいましたが、出発から約1時間後にはご覧のような「ラトヴィアの原風景」のような美しい光景が待っていました。<br /><br /> その後、何と書いてあるのか分かりませんが、道路標識が見えたり、小川と緑の美しい光景などがありました。<br /> ここまで来ますと、ルンダーレ宮殿は遠くはなさそうです。

    <ラトヴィアの草原>

     バスは、ラトヴィアの南、リトアニアとの国境に近い「バウスカ」という町に向かいましたが、出発から約1時間後にはご覧のような「ラトヴィアの原風景」のような美しい光景が待っていました。

     その後、何と書いてあるのか分かりませんが、道路標識が見えたり、小川と緑の美しい光景などがありました。
     ここまで来ますと、ルンダーレ宮殿は遠くはなさそうです。

  • <小川と緑の美しい光景>

    <小川と緑の美しい光景>

  • <ラトヴィアの道路標識><br /><br /> 先ほど、何と書いてあるのか分からない?と申し上げましたが、矢印や横文字は理解できそうです。<br /><br /> 左上に矢印が伸びているところには、赤色で囲まれたところに「A7」と、緑色で囲まれたところに「E67」とあり、その上に白色で「KAUNA」とありました。<br /> また、右上の線が丸くなっている部分にある矢印には、「P103」と「ELEJA DOBEJA」という文字が白色で表示されていました。<br /><br /> このうち、地名が見つかったのは、ELEJA(エレヤ)だけですが、ここから10分ぐらい走りますと、青空に導かれるようにルンダーレ宮殿の駐車場が見えてきました。 

    <ラトヴィアの道路標識>

     先ほど、何と書いてあるのか分からない?と申し上げましたが、矢印や横文字は理解できそうです。

     左上に矢印が伸びているところには、赤色で囲まれたところに「A7」と、緑色で囲まれたところに「E67」とあり、その上に白色で「KAUNA」とありました。
     また、右上の線が丸くなっている部分にある矢印には、「P103」と「ELEJA DOBEJA」という文字が白色で表示されていました。

     このうち、地名が見つかったのは、ELEJA(エレヤ)だけですが、ここから10分ぐらい走りますと、青空に導かれるようにルンダーレ宮殿の駐車場が見えてきました。 

  • <青空にぽっかり浮かんだ雲>

    <青空にぽっかり浮かんだ雲>

  • <ルンダーレ宮殿の駐車場><br /><br /> 宮殿に入る前の話がながい!?<br /> そうなのです。<br /> 豪華な宮殿の話というのは、フランスのベルサイユ宮殿やオーストリアのシェーブルン宮殿のように贅の限りを尽くしていますので、「凄いな!」で終わってしまうかも知れませんネ。<br /><br /> などと申し上げて、宮殿の説明ができないことを誤魔化そうとしているのですが、そういうことでは話が前に進みませんので、まず、宮殿に向かうところからご覧いただきましょう。

    <ルンダーレ宮殿の駐車場>

     宮殿に入る前の話がながい!?
     そうなのです。
     豪華な宮殿の話というのは、フランスのベルサイユ宮殿やオーストリアのシェーブルン宮殿のように贅の限りを尽くしていますので、「凄いな!」で終わってしまうかも知れませんネ。

     などと申し上げて、宮殿の説明ができないことを誤魔化そうとしているのですが、そういうことでは話が前に進みませんので、まず、宮殿に向かうところからご覧いただきましょう。

  • <宮殿への小路> 

    <宮殿への小路> 

  • <エントランスへの矢印と奥の赤い建物><br /><br /> 駐車場から小道を5分ほど歩きますと、最初に赤い平屋の建物が見えてきました。

    <エントランスへの矢印と奥の赤い建物>

     駐車場から小道を5分ほど歩きますと、最初に赤い平屋の建物が見えてきました。

  • <赤い建物と黄色の建物><br /><br /> そして、やがて、視界が大きく開けたところには、黄色と先ほどの赤の建物が並んで建っていました。<br /><br /> ところで、赤い建物は何だと思いますか?<br /> ベルサイユ宮殿にもあった馬小屋だというのですから「ビックリ!」です。

    <赤い建物と黄色の建物>

     そして、やがて、視界が大きく開けたところには、黄色と先ほどの赤の建物が並んで建っていました。

     ところで、赤い建物は何だと思いますか?
     ベルサイユ宮殿にもあった馬小屋だというのですから「ビックリ!」です。

  • <右側の赤い建物・馬小屋>

    <右側の赤い建物・馬小屋>

  • <ルンダーレ宮殿><br /><br /> ここから宮殿の正面に廻りますと、宮殿の大きさが実感できました。

    <ルンダーレ宮殿>

     ここから宮殿の正面に廻りますと、宮殿の大きさが実感できました。

  • <宮殿の左側>

    <宮殿の左側>

  • <宮殿の右側><br /><br /> 宮殿全体を正面から撮影したものはないのか?というお叱りを頂戴しそうですが、大きすぎて宮殿全体がうまく入るものが撮影できなかったのです。<br /><br /> ということで、次に正面の入口と門を入ったところ、そして、その反対(門方向)を撮影したものなどをご覧ください。

    <宮殿の右側>

     宮殿全体を正面から撮影したものはないのか?というお叱りを頂戴しそうですが、大きすぎて宮殿全体がうまく入るものが撮影できなかったのです。

     ということで、次に正面の入口と門を入ったところ、そして、その反対(門方向)を撮影したものなどをご覧ください。

  • <宮殿の外から見た正面入口>

    <宮殿の外から見た正面入口>

  • <宮殿の中の右側>

    <宮殿の中の右側>

  • <同じく正面>

    <同じく正面>

  • <宮殿の中からの門方向><br /><br /> この後は、宮殿の豪華な建物の中の様子ですが、ここでルンダーレ宮殿の一通りの説明をしておきます。<br /> <br /> ルンダーレ宮殿(Rundales Pila)は、バルトのベルサイユともいわれるバロック様式の豪華な宮殿です。<br /><br /> ◆◇◆◇◆◇◆◇バロック様式の勉強◆◇◆◇◆◇◆◇<br /><br /> バロック建築は、1590年頃から盛んになった建築様式。建築そのものだけではなく、彫刻や絵画を含めた様々な芸術活動によって空間を構成し、複雑さや多様性を示すことを特徴とする。特に、内部空間の複雑な構成は、他の建築様式とは際だった特色となっている。<br /> バロックの語源は、ポルトガル語のBarocco(歪んだ真珠)といわれ、元々は一部に見られるグロテスクなまでに装飾過剰で大仰な建築に対する蔑称であったが、のちに広く17・18世紀の芸術・建築に見られる傾向を示す洋式概念として用いられるようになった。<br /><br /> ◆◇◆◇◆◇◆◇Wikipedia◆◇◆◇◆◇◆◇<br /><br /> などと説明されていますが、小生にはよく分かりません。<br /> でも、そのよく分からない話をもう一つ申し上げます。<br /> それは、ルンダーレ宮殿の建設の歴史ですが、文字ばかりではつまりませんので、皆さんが宮殿の階段を上がっているところをご覧いただきましょう。

    <宮殿の中からの門方向>

     この後は、宮殿の豪華な建物の中の様子ですが、ここでルンダーレ宮殿の一通りの説明をしておきます。
     
     ルンダーレ宮殿(Rundales Pila)は、バルトのベルサイユともいわれるバロック様式の豪華な宮殿です。

     ◆◇◆◇◆◇◆◇バロック様式の勉強◆◇◆◇◆◇◆◇

     バロック建築は、1590年頃から盛んになった建築様式。建築そのものだけではなく、彫刻や絵画を含めた様々な芸術活動によって空間を構成し、複雑さや多様性を示すことを特徴とする。特に、内部空間の複雑な構成は、他の建築様式とは際だった特色となっている。
     バロックの語源は、ポルトガル語のBarocco(歪んだ真珠)といわれ、元々は一部に見られるグロテスクなまでに装飾過剰で大仰な建築に対する蔑称であったが、のちに広く17・18世紀の芸術・建築に見られる傾向を示す洋式概念として用いられるようになった。

     ◆◇◆◇◆◇◆◇Wikipedia◆◇◆◇◆◇◆◇

     などと説明されていますが、小生にはよく分かりません。
     でも、そのよく分からない話をもう一つ申し上げます。
     それは、ルンダーレ宮殿の建設の歴史ですが、文字ばかりではつまりませんので、皆さんが宮殿の階段を上がっているところをご覧いただきましょう。

  • <宮殿の階段>

    <宮殿の階段>

  • <これが宮殿の階段であるぞ!><br /><br /> 宮殿は、保存修復が行われている2階部分が公開されていますので、2階に上がりました。<br /> 宮殿は、ロココ調の装飾で埋まっていて、贅を尽くしたものとなっているという話ですが、中でも「黄金の広間」と呼ばれる即位の広間が豪華さで群を抜いていました。

    <これが宮殿の階段であるぞ!>

     宮殿は、保存修復が行われている2階部分が公開されていますので、2階に上がりました。
     宮殿は、ロココ調の装飾で埋まっていて、贅を尽くしたものとなっているという話ですが、中でも「黄金の広間」と呼ばれる即位の広間が豪華さで群を抜いていました。

  • <緑(青)の間><br /><br /> 緑(青)の間は、黄金の広間(Zelta Zale)の隣にありますが、絵画の横にある陶器製の暖炉が印象的です。<br /> でも、この暖炉は、他の部屋にも置かれていましたので特別なものではないようです。

    イチオシ

    <緑(青)の間>

     緑(青)の間は、黄金の広間(Zelta Zale)の隣にありますが、絵画の横にある陶器製の暖炉が印象的です。
     でも、この暖炉は、他の部屋にも置かれていましたので特別なものではないようです。

  • <黄金の広間><br /><br /> 黄金の広間は、公の戴冠式が行われた宮殿で最も豪華な広間です。<br /> 金箔の漆喰彫刻は、プロセインの彫刻家J.Mグラフが手がけたもので、また、知恵、力、正義などのテーマを寓話的に描いた天井画は、イタリア人のバロック画家F.マルティーニとCツッキによるものだそうです。<br /><br /> 次に、天井画などをご覧いただきたいところですが、その前に先ほど申し上げた宮殿の建設の歴史をご覧ください。<br /><br /> ◆◇◆◇◆◇◆◇宮殿の建設の歴史◆◇◆◇◆◇◆◇<br /><br /> ルンダーレ宮殿は、ロシアの女帝アンナ(1693~1740)の愛人になって、貧しい貴族からクールランド大公に上りつめたビロン公(エルルンスト・ヨハン・フォン・ビロン、1690~1772)の夏の離宮として1736年に建築が開始されました。<br /> 建築家は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館になっている冬の宮殿などを手がけたイタリア人のバルトロメオ・ラストゥレリです。<br /><br /> 女帝アンナが死亡した後の1741年に、ビロン公は財産すべてを没収されてシベリア流刑になってしまい、宮殿の建築も中断されましたが、1762年に親ドイツ系のピョートル3世が即位するとビロン公は宮殿に呼び戻され、さらに、1763年には女帝エカテリーナ2世が彼をクリーランド公に復帰させました。<br /> そして、工事が再開され、ルンダーレ宮殿は、1768年に完成しました。<br /><br /> ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇<br /><br /> 続きまして、先ほど申し上げた知恵、力、正義などを表しているという黄金の広間の天井画などをご覧ください。

    <黄金の広間>

     黄金の広間は、公の戴冠式が行われた宮殿で最も豪華な広間です。
     金箔の漆喰彫刻は、プロセインの彫刻家J.Mグラフが手がけたもので、また、知恵、力、正義などのテーマを寓話的に描いた天井画は、イタリア人のバロック画家F.マルティーニとCツッキによるものだそうです。

     次に、天井画などをご覧いただきたいところですが、その前に先ほど申し上げた宮殿の建設の歴史をご覧ください。

     ◆◇◆◇◆◇◆◇宮殿の建設の歴史◆◇◆◇◆◇◆◇

     ルンダーレ宮殿は、ロシアの女帝アンナ(1693~1740)の愛人になって、貧しい貴族からクールランド大公に上りつめたビロン公(エルルンスト・ヨハン・フォン・ビロン、1690~1772)の夏の離宮として1736年に建築が開始されました。
     建築家は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館になっている冬の宮殿などを手がけたイタリア人のバルトロメオ・ラストゥレリです。

     女帝アンナが死亡した後の1741年に、ビロン公は財産すべてを没収されてシベリア流刑になってしまい、宮殿の建築も中断されましたが、1762年に親ドイツ系のピョートル3世が即位するとビロン公は宮殿に呼び戻され、さらに、1763年には女帝エカテリーナ2世が彼をクリーランド公に復帰させました。
     そして、工事が再開され、ルンダーレ宮殿は、1768年に完成しました。

     ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

     続きまして、先ほど申し上げた知恵、力、正義などを表しているという黄金の広間の天井画などをご覧ください。

  • <黄金の広間の天井画>

    <黄金の広間の天井画>

  • <黄金の広間の窓際><br /><br /> 窓際の柱や天井は、赤を使った化粧板でしょうか?美しく飾ってありました。

    <黄金の広間の窓際>

     窓際の柱や天井は、赤を使った化粧板でしょうか?美しく飾ってありました。

  • <陶器の小部屋><br /><br /> 黄金の広間に隣接する小部屋には、日本や中国の陶器でしょうか?<br /> ヨーロッパの宮殿には、こういうスタイルの部屋が良く見受けられますね。

    <陶器の小部屋>

     黄金の広間に隣接する小部屋には、日本や中国の陶器でしょうか?
     ヨーロッパの宮殿には、こういうスタイルの部屋が良く見受けられますね。

  • <グランド・ギャラリー><br /><br /> 黄金の広間からは、大きな廊下が繋がっていますが、ここをグランド・ギャラリーとして使っていて、壁や天井に天使、草花などの美しいフレスコ画が描かれていました。

    <グランド・ギャラリー>

     黄金の広間からは、大きな廊下が繋がっていますが、ここをグランド・ギャラリーとして使っていて、壁や天井に天使、草花などの美しいフレスコ画が描かれていました。

  • <グランド・ギャラリーの壁><br /><br />

    <グランド・ギャラリーの壁>

  • <グランド・ギャラリー(大きな廊下)><br /><br /> この大きな廊下(グランド・ギャラリー)の先には、「白の広間」がありますが、この写真では、手前が白の広間になっています。<br /> 

    <グランド・ギャラリー(大きな廊下)>

     この大きな廊下(グランド・ギャラリー)の先には、「白の広間」がありますが、この写真では、手前が白の広間になっています。
     

  • <白の広間>

    <白の広間>

  • <部屋の奥から入口方向><br /><br /> 白の広間は、写真で見ますと照明がついていませんので、暗く黒く見えますが、描かれている彫刻に外の光が当たるように開放的な窓にしたり、白い壁にしているのだと思います。<br /><br /> ところで、この広間の見どころは、壁などにロココ様式の漆喰彫刻で描かれた農村風景や、動物、神話などだそうですから、じっくり拝見したいところです。

    <部屋の奥から入口方向>

     白の広間は、写真で見ますと照明がついていませんので、暗く黒く見えますが、描かれている彫刻に外の光が当たるように開放的な窓にしたり、白い壁にしているのだと思います。

     ところで、この広間の見どころは、壁などにロココ様式の漆喰彫刻で描かれた農村風景や、動物、神話などだそうですから、じっくり拝見したいところです。

  • <白の広間の漆喰彫刻>

    <白の広間の漆喰彫刻>

  • <同じく><br /><br /> いかがですか?<br /> なるほど、美しい彫刻ですね。<br /> この白の広間の奥には、小さな部屋があります。「楕円形の陶器の間」といわれる部屋です。

    <同じく>

     いかがですか?
     なるほど、美しい彫刻ですね。
     この白の広間の奥には、小さな部屋があります。「楕円形の陶器の間」といわれる部屋です。

  • <楕円形の陶器の間><br /><br /> この間は、「陶器も命を与えられたようだ」と評される陶器を飾った小部屋ですが、滝と波をイメージした45の台の上に陶器が並んでいました。<br /> 中国製か日本製だという話ですが、陶器といえばアジアだったのでしょうね。

    <楕円形の陶器の間>

     この間は、「陶器も命を与えられたようだ」と評される陶器を飾った小部屋ですが、滝と波をイメージした45の台の上に陶器が並んでいました。
     中国製か日本製だという話ですが、陶器といえばアジアだったのでしょうね。

  • <赤い絨毯の小さな廊下><br /><br /> この後は、小さな廊下(小回廊)と再び黄金の広間を通って、クールランド公の住居及び執務の場だったという南棟、そして公の家族が住んだ西棟に向かいました。

    <赤い絨毯の小さな廊下>

     この後は、小さな廊下(小回廊)と再び黄金の広間を通って、クールランド公の住居及び執務の場だったという南棟、そして公の家族が住んだ西棟に向かいました。

  • <ズボフ伯の間><br /><br /> どうしてここにズボフ伯という人の間があるのか分かりませんが、女帝エカテリーナ2世(1729~1796年)が最後に愛した人物がプラトン・ズーボフという人物だったそうですから、ズボフ伯というのは、この方かも知れませんね。

    <ズボフ伯の間>

     どうしてここにズボフ伯という人の間があるのか分かりませんが、女帝エカテリーナ2世(1729~1796年)が最後に愛した人物がプラトン・ズーボフという人物だったそうですから、ズボフ伯というのは、この方かも知れませんね。

  • <隣の小さな間>

    <隣の小さな間>

  • <図書の間>

    <図書の間>

  • <バラの間の入口><br /><br /> さて、「バラの間」は、最も風変わりな美しい部屋の一つで、ピンクの大理石の壁面に21の花飾りが添えられているのですが、「何だ!このピンク色は!?」とビックリしました。<br /> また、天井画は、春の女神たちが描かれているのですが、残念ながら、天井を撮影していませんでした。<br /><br /> <br /> ◆◇ 以上で「秋のバルト3国美しき古都と城を訪ねてNo.9<ルンダーレ宮殿①>」が終了です。 ◇◆<br /><br /> ◇◆ 引き続き、バラの間の花飾りを拡大したところからを「秋のバルト3国美しき古都と城を訪ねてNo.10<ルンダーレ宮殿②>」としてお伝えします。 ◆◇<br /> 

    <バラの間の入口>

     さて、「バラの間」は、最も風変わりな美しい部屋の一つで、ピンクの大理石の壁面に21の花飾りが添えられているのですが、「何だ!このピンク色は!?」とビックリしました。
     また、天井画は、春の女神たちが描かれているのですが、残念ながら、天井を撮影していませんでした。

     
     ◆◇ 以上で「秋のバルト3国美しき古都と城を訪ねてNo.9<ルンダーレ宮殿①>」が終了です。 ◇◆

     ◇◆ 引き続き、バラの間の花飾りを拡大したところからを「秋のバルト3国美しき古都と城を訪ねてNo.10<ルンダーレ宮殿②>」としてお伝えします。 ◆◇
     

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラトビアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラトビア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラトビアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集