木曽・塩尻旅行記(ブログ) 一覧に戻る
五街道制覇を目指してここ数年歩いていますが、東海道と日光街道は既に完歩したものの、甲州街道は甲府の先で、中山道は木曽路に入って藪原宿で停まったまま、1年半以上さぼっていました。<br />理由はのひとつは、既に日帰りウォークできる距離を超えてしまったこと。<br />つまり、泊まらないと歩けないところまで進んでしまったこと。<br />二つ目は、基本お金をかけずに歩いていることから、お得切符の青春18きっぷの利用できる時期に集中して歩いてきたのですが、ここ数年その時期もJALのどこかにマイルを使った旅が主流になってしまったこと。<br />そんなことで、コロナで移動の制限のかかった12月に入って3密を避けて何とか旅ができないものかといろいろ考えた中で、街道歩きを久しぶりに再開しました。<br />本来であれば12月26日からの冬季休暇は、久しぶりに京都に行こうと予約していたのですが、コロナの感染再拡大によりGoToトラベルが休止してしまい、急遽街道歩きが再開しました。<br />そんなことで、中山道を歩くのも1年半ぶり<br />今回は日帰りで福島宿まで歩くつもりでしたが、帰りの電車の中で何気に見た宿の予約サイトで、27日まではGoToトラベルが利用できることを知って、急遽松本に泊まって2日連続で中山道を野尻宿まで歩くことになりました。

目指せ五街道制覇!! 中山道ウォーク14回目  福島宿~野尻宿

29いいね!

2020/12/26 - 2020/12/27

205位(同エリア1083件中)

旅行記グループ 中山道ウォーク

0

61

ぬいぬい

ぬいぬいさん

この旅行記スケジュールを元に

五街道制覇を目指してここ数年歩いていますが、東海道と日光街道は既に完歩したものの、甲州街道は甲府の先で、中山道は木曽路に入って藪原宿で停まったまま、1年半以上さぼっていました。
理由はのひとつは、既に日帰りウォークできる距離を超えてしまったこと。
つまり、泊まらないと歩けないところまで進んでしまったこと。
二つ目は、基本お金をかけずに歩いていることから、お得切符の青春18きっぷの利用できる時期に集中して歩いてきたのですが、ここ数年その時期もJALのどこかにマイルを使った旅が主流になってしまったこと。
そんなことで、コロナで移動の制限のかかった12月に入って3密を避けて何とか旅ができないものかといろいろ考えた中で、街道歩きを久しぶりに再開しました。
本来であれば12月26日からの冬季休暇は、久しぶりに京都に行こうと予約していたのですが、コロナの感染再拡大によりGoToトラベルが休止してしまい、急遽街道歩きが再開しました。
そんなことで、中山道を歩くのも1年半ぶり
今回は日帰りで福島宿まで歩くつもりでしたが、帰りの電車の中で何気に見た宿の予約サイトで、27日まではGoToトラベルが利用できることを知って、急遽松本に泊まって2日連続で中山道を野尻宿まで歩くことになりました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2400円で泊まったスーパーホテル松本駅前は朝食付き<br />6時半の食堂のオープンを待って腹ごしらえし、7時45分の電車に乗って9時過ぎには今日のスタート地点の木曽福島駅へ到着の予定です。

    2400円で泊まったスーパーホテル松本駅前は朝食付き
    6時半の食堂のオープンを待って腹ごしらえし、7時45分の電車に乗って9時過ぎには今日のスタート地点の木曽福島駅へ到着の予定です。

    スーパーホテル松本駅前 宿・ホテル

    2名1室合計 5,000円~

    当日予約のGoto利用で2400円で泊まれました by ぬいぬいさん
  • 遠くに見える北アルプスの山並み

    遠くに見える北アルプスの山並み

  • 駅のコンコースからも槍ヶ岳など北アルプスの山並みが良く見えていました。

    駅のコンコースからも槍ヶ岳など北アルプスの山並みが良く見えていました。

    松本駅

  • 電車の時間を待つ間に駅のコンビニでコーヒーを<br />改札横のニューデイズはやたら大きくて信州土産盛りだくさんでした

    電車の時間を待つ間に駅のコンビニでコーヒーを
    改札横のニューデイズはやたら大きくて信州土産盛りだくさんでした

    NEW DAYS松本銘品館 スーパー・コンビニ・量販店

    松本駅構内にあるニューデイズはお土産ものに特化します by ぬいぬいさん
  • 木曽福島駅に9時1分到着<br />今日もいろいろ立ち寄れそうな観光スポットが盛だくさん<br />観光案内所で機能ぼろぼろになってしまった木曽路マップをもらってスタートします。

    木曽福島駅に9時1分到着
    今日もいろいろ立ち寄れそうな観光スポットが盛だくさん
    観光案内所で機能ぼろぼろになってしまった木曽路マップをもらってスタートします。

    木曽福島駅

  • この辺りは結構雪が残っています

    この辺りは結構雪が残っています

  • 建物に沿って曲がった先には・・・

    建物に沿って曲がった先には・・・

  • 高台の上に続くこんな細い道をしばらく進んでいきます。

    高台の上に続くこんな細い道をしばらく進んでいきます。

  • 江戸から70里目の塩淵の一里塚<br />280キロ地点通過です

    江戸から70里目の塩淵の一里塚
    280キロ地点通過です

  • ここから先にはダムや変電所がいくつかありました。

    ここから先にはダムや変電所がいくつかありました。

  • この先中央線を挟んで右に行ったり左に行ったり進んでいきます

    この先中央線を挟んで右に行ったり左に行ったり進んでいきます

  • 雪道を鬱蒼とした森の中を進んでいきます

    雪道を鬱蒼とした森の中を進んでいきます

  • 数年前に噴火で死傷者の出た御嶽山の鳥居だけの御岳神社と遥拝所が森の中にありました。

    数年前に噴火で死傷者の出た御嶽山の鳥居だけの御岳神社と遥拝所が森の中にありました。

  • 木曽の桟は対岸へ架した橋ではなく断崖絶壁に平行して作られた丸太の柱に板を敷いた桟道だったそうです

    木曽の桟は対岸へ架した橋ではなく断崖絶壁に平行して作られた丸太の柱に板を敷いた桟道だったそうです

    木曽の棧 名所・史跡

    中山道の三大難所とされた断崖絶壁に並行して造られた桟道 by ぬいぬいさん
  • 中山道の三大難所とされてい場所で、あとの2つは碓氷峠、太田の渡し<br />対岸には松尾芭蕉の「桟橋や命をからむ蔦葛」という句碑が残っていました。

    中山道の三大難所とされてい場所で、あとの2つは碓氷峠、太田の渡し
    対岸には松尾芭蕉の「桟橋や命をからむ蔦葛」という句碑が残っていました。

  • てっきり赤い橋の事だとばかり思っていましたが木曽川の向こう河の道に沿って見えるガードフェンスの下の岩壁に沿って丸太を組んだ桟のような道だったそうです。

    イチオシ

    てっきり赤い橋の事だとばかり思っていましたが木曽川の向こう河の道に沿って見えるガードフェンスの下の岩壁に沿って丸太を組んだ桟のような道だったそうです。

  • 木曽路のウォーキングマップに従って歩いていたら、いつの間にか中山道の旧道をそれてしまったようです。地図には迂回路の表示が。<br />旧道はどうやら木曽の桟の赤い橋を渡らずにまっすぐ進んでいくようでしたが、途中で途切れているのか迂回路を誘導していました。

    木曽路のウォーキングマップに従って歩いていたら、いつの間にか中山道の旧道をそれてしまったようです。地図には迂回路の表示が。
    旧道はどうやら木曽の桟の赤い橋を渡らずにまっすぐ進んでいくようでしたが、途中で途切れているのか迂回路を誘導していました。

  • 迂回路はかなり遠回りになっています。<br />まっすぐ進めれば多分もう合流地点までたどり着いているのでは・・・

    迂回路はかなり遠回りになっています。
    まっすぐ進めれば多分もう合流地点までたどり着いているのでは・・・

  • 中山道六十九次、36番目の宿場町上松宿に入りました

    中山道六十九次、36番目の宿場町上松宿に入りました

  • 上松宿の外れの寝覚ノ床に降りる角に越前屋という旅館の看板が出ている風情ある建物がありました。<br />今は廃業しているようで、もともとは有名な蕎麦屋さんだった大正元年に建てられた建物。<br />

    イチオシ

    上松宿の外れの寝覚ノ床に降りる角に越前屋という旅館の看板が出ている風情ある建物がありました。
    今は廃業しているようで、もともとは有名な蕎麦屋さんだった大正元年に建てられた建物。

  • その反対側には茶屋せたやの建物があります。<br />今の建物は当時のものではありませんが、それでも十分古そうな建物です。<br />立場茶屋と呼ばれた瀬田屋は、大名の休憩のための上段の間もついていた立派な茶屋だったそうです。<br />

    その反対側には茶屋せたやの建物があります。
    今の建物は当時のものではありませんが、それでも十分古そうな建物です。
    立場茶屋と呼ばれた瀬田屋は、大名の休憩のための上段の間もついていた立派な茶屋だったそうです。

  • 景勝地の寝覚の床まで300m程なので寄り道します。

    景勝地の寝覚の床まで300m程なので寄り道します。

  • 坂を下ると先程の越前屋の現在のお店がありました。<br />寝覚の床を見た後

    坂を下ると先程の越前屋の現在のお店がありました。
    寝覚の床を見た後

    越前屋 グルメ・レストラン

    寛永元年創業の日本で2番目に古い蕎麦屋が中山道の上松宿にありました by ぬいぬいさん
  • 寝覚の床は、木曽川の流れが花崗岩を削り大きな箱を並べたような不思議な形を造った国の名勝にも指定されている自然の景勝地。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    寝覚の床は、木曽川の流れが花崗岩を削り大きな箱を並べたような不思議な形を造った国の名勝にも指定されている自然の景勝地。

    寝覚の床 自然・景勝地

    浦島太郎伝説のある木曽の景勝地 by ぬいぬいさん
  • 竜宮城から帰ってきた浦島太郎がここで寝ざめたという伝説が残っていて寝覚の床と呼ばれるようになったのだとか。<br />

    竜宮城から帰ってきた浦島太郎がここで寝ざめたという伝説が残っていて寝覚の床と呼ばれるようになったのだとか。

  • 寝覚の床を見るには臨川寺というお寺を抜けなけらば行けなくてお寺の入口で拝観料を払う箱がありました。

    寝覚の床を見るには臨川寺というお寺を抜けなけらば行けなくてお寺の入口で拝観料を払う箱がありました。

  • 越後屋さんは寛永元年(1624年)創業の日本で2番目に古い蕎麦屋なんだそうです。<br />創業400年すごい老舗ですね。

    越後屋さんは寛永元年(1624年)創業の日本で2番目に古い蕎麦屋なんだそうです。
    創業400年すごい老舗ですね。

  • 寒かったのでかけそばとエネルギー補給のビールを<br />老舗有名なお蕎麦屋さんでしたが味はごく普通でした。

    寒かったのでかけそばとエネルギー補給のビールを
    老舗有名なお蕎麦屋さんでしたが味はごく普通でした。

  • 寝覚の床から少し行ったところにある小野の滝。<br />木曽八景のひとつで、あの安藤広重が中山道六十九次の浮世絵に描いた景勝地。<br />水源は日本アルプスの木曽駒ケ岳から流れているそうです。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    寝覚の床から少し行ったところにある小野の滝。
    木曽八景のひとつで、あの安藤広重が中山道六十九次の浮世絵に描いた景勝地。
    水源は日本アルプスの木曽駒ケ岳から流れているそうです。

    小野の滝 自然・景勝地

    木曽八景の一つだった景勝地も今では上を電車が走っています by ぬいぬいさん
  • 昔は景勝地だったのでしょうが、今は残念な事に、上にJR中央線の走る鉄橋があって、目の前は国道でした。

    昔は景勝地だったのでしょうが、今は残念な事に、上にJR中央線の走る鉄橋があって、目の前は国道でした。

  • 江戸から73里目の荻原の一里塚<br />292キロ地点を通過です。

    江戸から73里目の荻原の一里塚
    292キロ地点を通過です。

  • この辺りには出桁造りの家が並んでいます。

    この辺りには出桁造りの家が並んでいます。

  • しばらく進むと国道から線路を超えて反対側の道に進みます

    しばらく進むと国道から線路を超えて反対側の道に進みます

  • 山の上の細い道が続きます

    山の上の細い道が続きます

  • 木曽路はほんと山の中ですね

    木曽路はほんと山の中ですね

  • 橋の向こう側に旧道が進むわけではありませんが、このつり橋は旧道の横に流れる川にかかっていました。

    橋の向こう側に旧道が進むわけではありませんが、このつり橋は旧道の横に流れる川にかかっていました。

  • 木曽川の向こう側に見えるのは桃山発電所<br />大正12年に建てられたゴシック風の外観の建物です。

    イチオシ

    木曽川の向こう側に見えるのは桃山発電所
    大正12年に建てられたゴシック風の外観の建物です。

  • ここを左に上ると江戸から37番目の宿場町、須原宿へ入ります

    ここを左に上ると江戸から37番目の宿場町、須原宿へ入ります

  • ガードレールと民家の隙間の細い道が中山道です。

    ガードレールと民家の隙間の細い道が中山道です。

  • 脇本陣の西尾家

    脇本陣の西尾家

  • 須原宿は水が豊富の宿場町で当時は中山道の街道沿いに数多くの共同井戸があったそうで、水場をした天然さわら丸太をくり抜いて、舟のような形をした水舟と呼ばれる水汲み場があちこちにありました。

    須原宿は水が豊富の宿場町で当時は中山道の街道沿いに数多くの共同井戸があったそうで、水場をした天然さわら丸太をくり抜いて、舟のような形をした水舟と呼ばれる水汲み場があちこちにありました。

  • 宿場町の面影を残す風情ある街並みが残っています。

    宿場町の面影を残す風情ある街並みが残っています。

  • 木曽路の名刹 定勝寺<br />見えている山門、本堂、庫裏は国の重要文化財に指定されています。

    イチオシ

    木曽路の名刹 定勝寺
    見えている山門、本堂、庫裏は国の重要文化財に指定されています。

  • 鍵屋の坂と呼ばれる須原宿の桝形

    鍵屋の坂と呼ばれる須原宿の桝形

  • こちらの建物は旅籠っぽい雰囲気

    こちらの建物は旅籠っぽい雰囲気

  • 踏切を渡ってしばらく進んで、赤いポストのところを曲がると清水寺と同じような懸造の岩出観音堂が見えてきました。

    イチオシ

    踏切を渡ってしばらく進んで、赤いポストのところを曲がると清水寺と同じような懸造の岩出観音堂が見えてきました。

  • お堂自体は小さな建物です

    お堂自体は小さな建物です

  • 崖にせり出すように建っていました。

    崖にせり出すように建っていました。

  • 先に進んでいくと木曽川の向こう岸にまた、変電所の建物が見えます。

    先に進んでいくと木曽川の向こう岸にまた、変電所の建物が見えます。

  • あと1キロほどで大桑駅

    あと1キロほどで大桑駅

  • 大桑駅を通り過ぎて線路の向こうに中央アルプスが見えてきました。

    大桑駅を通り過ぎて線路の向こうに中央アルプスが見えてきました。

  • 中山道の現道へ出てしばらく進むと道の駅大桑があります。<br />野尻駅まではここから20分ほどですが、駅周辺には何もなさそうなのでここでおつまみと酎ハイを買いました。<br />

    中山道の現道へ出てしばらく進むと道の駅大桑があります。
    野尻駅まではここから20分ほどですが、駅周辺には何もなさそうなのでここでおつまみと酎ハイを買いました。

    道の駅 大桑 道の駅

    木曽の木工品や農産物の販売所のほかレストランも併設しています by ぬいぬいさん
  • この辺りからは中央アルプスの山並みがきれいに見えます

    この辺りからは中央アルプスの山並みがきれいに見えます

  • 特急電車も走っているのですが、五街道ウォークをする際の自分で決めたルールは各駅停車を利用すること。<br />木曽路まで来ると次の電車に乗らないと、今日中に品川の自宅に帰れません。

    特急電車も走っているのですが、五街道ウォークをする際の自分で決めたルールは各駅停車を利用すること。
    木曽路まで来ると次の電車に乗らないと、今日中に品川の自宅に帰れません。

  • 野尻駅までは踏切を渡ると15分ほどで到着するはず。

    野尻駅までは踏切を渡ると15分ほどで到着するはず。

  • 薄暗くなった道の先で、古い建物大好きな私の琴線に触れる建物発見

    薄暗くなった道の先で、古い建物大好きな私の琴線に触れる建物発見

  • 地元の建設会社の社屋のようです。

    地元の建設会社の社屋のようです。

  • 江戸から38番目の宿場町野尻宿に入りました。

    江戸から38番目の宿場町野尻宿に入りました。

  • この先で左に入ると今日のゴール野尻駅です。

    この先で左に入ると今日のゴール野尻駅です。

  • 野尻駅へ到着しました。<br />電車の発車時間まではあと5分。<br />次の電車は比較的乗り換えがスムーズのようなので、品川の自宅に戻るのは6時間後<br />

    野尻駅へ到着しました。
    電車の発車時間まではあと5分。
    次の電車は比較的乗り換えがスムーズのようなので、品川の自宅に戻るのは6時間後

    野尻駅

  • 先ほど道の駅で買ったドライサワーで今日の街道ウォークのの終了に乾杯<br />次に中山道の続きを歩くのは、春の青春18きっぷの使える3月10日以降になりそうです。

    先ほど道の駅で買ったドライサワーで今日の街道ウォークのの終了に乾杯
    次に中山道の続きを歩くのは、春の青春18きっぷの使える3月10日以降になりそうです。

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

中山道ウォーク

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

木曽・塩尻の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集