鶴岡旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の5月にスペイン・ポルトガル旅行を計画していたところ、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止。<br />予定が空いたので八幡平のドラゴンアイを見ようと計画したものの、こちらもコロナの影響でホテルがクローズして断念。<br />やむなく時期を半年ずらして秋に変更し、東北の名湯と紅葉を巡る旅を計画して、8泊9日のドライブ旅行に出かけてきました。(コロナ対策として密を防ぐため、しんどいけれどマイカーで出かけました)<br />ただ旅行時期を半年ずらしたおかけで、何とGoToトラベルキャンペーンが利用でき、お得に旅することができました。<br />今回の旅程は、<br />10月17日(土)マイカーで出発し、新潟県の新発田城を観光して村上市の瀬波温泉泊<br />10月18日(日)山形県鶴岡市内観光後、出羽三山神社参拝して休暇村羽黒温泉泊<br />10月19日(月)秋田県角館市内と田沢湖を観光後、乳頭温泉泊<br />10月20日(火)八幡平散策後、山形県の銀山温泉泊<br />10月21日(水)立石寺を観光後、福島県裏磐梯の五色沼散策して猫魔温泉泊<br />10月22日(木)大内宿、鶴ヶ城・飯盛山観光後、東山温泉泊<br />10月23日(金)新潟県に移動し、清津峡渓谷トンネル観光後、大湯温泉泊<br />10月24日(土)西福寺参拝後富山県に移動し、海王丸パークと高岡大仏・瑞龍寺観光し宿泊<br />10月25日(日)世界遺産の相倉・菅沼合掌造り集落観光後帰宅<br />今回の全走行距離は約2800Km。<br />一人で運転したので結構しんどかったけれど美味しいものをいただき、きれいな紅葉が眺めて、毎日温泉に入られたので疲れも緩和されました。<br />国内旅行にしては長い旅行だったので、14回の旅行記にまとめて紹介したいと思います。<br />今回は旅行2日目に観光した鶴岡市内を紹介します。<br />この日は天気も良かったので、致道博物館、大宝館、カトリック鶴岡教会天主堂などを気持ち良く見学・散策しました。<br />表紙の写真は大寶館です。<br />

東北の名湯と紅葉巡りの旅 2/14(鶴岡市内観光)

4いいね!

2020/10/17 - 2020/10/25

333位(同エリア405件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

今年の5月にスペイン・ポルトガル旅行を計画していたところ、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止。
予定が空いたので八幡平のドラゴンアイを見ようと計画したものの、こちらもコロナの影響でホテルがクローズして断念。
やむなく時期を半年ずらして秋に変更し、東北の名湯と紅葉を巡る旅を計画して、8泊9日のドライブ旅行に出かけてきました。(コロナ対策として密を防ぐため、しんどいけれどマイカーで出かけました)
ただ旅行時期を半年ずらしたおかけで、何とGoToトラベルキャンペーンが利用でき、お得に旅することができました。
今回の旅程は、
10月17日(土)マイカーで出発し、新潟県の新発田城を観光して村上市の瀬波温泉泊
10月18日(日)山形県鶴岡市内観光後、出羽三山神社参拝して休暇村羽黒温泉泊
10月19日(月)秋田県角館市内と田沢湖を観光後、乳頭温泉泊
10月20日(火)八幡平散策後、山形県の銀山温泉泊
10月21日(水)立石寺を観光後、福島県裏磐梯の五色沼散策して猫魔温泉泊
10月22日(木)大内宿、鶴ヶ城・飯盛山観光後、東山温泉泊
10月23日(金)新潟県に移動し、清津峡渓谷トンネル観光後、大湯温泉泊
10月24日(土)西福寺参拝後富山県に移動し、海王丸パークと高岡大仏・瑞龍寺観光し宿泊
10月25日(日)世界遺産の相倉・菅沼合掌造り集落観光後帰宅
今回の全走行距離は約2800Km。
一人で運転したので結構しんどかったけれど美味しいものをいただき、きれいな紅葉が眺めて、毎日温泉に入られたので疲れも緩和されました。
国内旅行にしては長い旅行だったので、14回の旅行記にまとめて紹介したいと思います。
今回は旅行2日目に観光した鶴岡市内を紹介します。
この日は天気も良かったので、致道博物館、大宝館、カトリック鶴岡教会天主堂などを気持ち良く見学・散策しました。
表紙の写真は大寶館です。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
グルメ
3.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 10月18日(日)旅行2日目。<br />この建物が宿泊した『瀬波はまなす荘』です。<br />朝食まで時間があるのでホテル周辺を散策します。

    10月18日(日)旅行2日目。
    この建物が宿泊した『瀬波はまなす荘』です。
    朝食まで時間があるのでホテル周辺を散策します。

  • これがホテルのロビーです。<br />売店も併設されていたので、チェックアウト時に地域共通クーポンを使ってお土産を買いました。

    これがホテルのロビーです。
    売店も併設されていたので、チェックアウト時に地域共通クーポンを使ってお土産を買いました。

  • このホテルは海水浴場前にあるので砂浜を散策します。<br />浜辺にはホテルが並んでいますが、廃業しているもののありました。<br />温泉地は結構経営が厳しいようです。

    このホテルは海水浴場前にあるので砂浜を散策します。
    浜辺にはホテルが並んでいますが、廃業しているもののありました。
    温泉地は結構経営が厳しいようです。

  • そして砂浜では早朝から釣りをしている人が結構いました。<br />この時期、鮭も釣れるようです。

    そして砂浜では早朝から釣りをしている人が結構いました。
    この時期、鮭も釣れるようです。

  • 一旦ホテルに戻り、客室から日本海を眺めるととてもきれいです。<br />この日は前日とうって変わって天気が良さそうです。

    一旦ホテルに戻り、客室から日本海を眺めるととてもきれいです。
    この日は前日とうって変わって天気が良さそうです。

  • これがこの日の朝食です。<br />ビュッフェスタイルではないので食べ過ぎなくて良かったです。<br />料理は温泉宿の朝食という感じで、美味しくいただきました。

    これがこの日の朝食です。
    ビュッフェスタイルではないので食べ過ぎなくて良かったです。
    料理は温泉宿の朝食という感じで、美味しくいただきました。

  • 8時過ぎにホテルをチェックアウトして国道345号線を走って山形県鶴岡市を目指します。<br />この道は日本海沿いにあるので景色は抜群。

    8時過ぎにホテルをチェックアウトして国道345号線を走って山形県鶴岡市を目指します。
    この道は日本海沿いにあるので景色は抜群。

  • ここ笹川流れは、日本屈指の透明度を誇る海が続いており、日本海の荒波によって浸食された奇岩や岩礁・洞窟が続いています。<br />対岸の島は粟島です。

    ここ笹川流れは、日本屈指の透明度を誇る海が続いており、日本海の荒波によって浸食された奇岩や岩礁・洞窟が続いています。
    対岸の島は粟島です。

  • ここは夕映えの港町『寝屋』<br />漁協直営のお店もあります。

    ここは夕映えの港町『寝屋』
    漁協直営のお店もあります。

  • この港の景色がこれです。<br />結構絵になります。<br />そして海もきれいです。

    イチオシ

    この港の景色がこれです。
    結構絵になります。
    そして海もきれいです。

  • そしてこの『道の駅あつみ しゃりん』で休憩します。<br />この道の駅は、海に浮かぶ船をモチーフにした建物になっています。

    そしてこの『道の駅あつみ しゃりん』で休憩します。
    この道の駅は、海に浮かぶ船をモチーフにした建物になっています。

  • ここからの景色もきれいです。<br />この時期まだ海が穏やかで、透き通ってきれいです。<br />これが冬場になると荒れて、海の色も変わってきます。

    ここからの景色もきれいです。
    この時期まだ海が穏やかで、透き通ってきれいです。
    これが冬場になると荒れて、海の色も変わってきます。

  • そして鶴岡市には10時過ぎに到着。<br />鶴岡公園の中央駐車場に車を停めて市内を散策します。<br />こちらの駐車場も無料なので助かります。<br />公園の木も紅葉が始まっていてきれいです。

    そして鶴岡市には10時過ぎに到着。
    鶴岡公園の中央駐車場に車を停めて市内を散策します。
    こちらの駐車場も無料なので助かります。
    公園の木も紅葉が始まっていてきれいです。

  • まずは致道博物館に向かいます。<br />この建物は博物館内にある旧西田川郡役所です。

    まずは致道博物館に向かいます。
    この建物は博物館内にある旧西田川郡役所です。

  • これが致道博物館の案内図。<br />敷地内には重要文化財建造物3棟や庭園があり、民俗資料などが展示されています。<br />入場料は800円。<br />ここにも無料駐車場があったのでこちらに車を停めても良かったかな。

    これが致道博物館の案内図。
    敷地内には重要文化財建造物3棟や庭園があり、民俗資料などが展示されています。
    入場料は800円。
    ここにも無料駐車場があったのでこちらに車を停めても良かったかな。

  • まずは入館料を払って中に入ります。<br />まず向かったのがこの正面の旧鶴岡警察署庁舎。<br />明治新政府の威信を示すため初代県令、三島通庸の命で建造されたものです。

    まずは入館料を払って中に入ります。
    まず向かったのがこの正面の旧鶴岡警察署庁舎。
    明治新政府の威信を示すため初代県令、三島通庸の命で建造されたものです。

  • 2階にはバルコニーも有り、とても警察署には見えません。

    2階にはバルコニーも有り、とても警察署には見えません。

  • 中には明治時代の署長室、取調室などが見学でき西洋建築資料などが展示されています。<br />この日は日本刀の内見会が行われていました。<br />そして2階のバルコニーにも入れます。

    中には明治時代の署長室、取調室などが見学でき西洋建築資料などが展示されています。
    この日は日本刀の内見会が行われていました。
    そして2階のバルコニーにも入れます。

  • 2階のバルコニーからの眺めがこれで、正面には旧西田川郡役所や鶴ヶ岡城跡が望めます。<br />眺めは抜群です。

    2階のバルコニーからの眺めがこれで、正面には旧西田川郡役所や鶴ヶ岡城跡が望めます。
    眺めは抜群です。

  • そして左側を眺めると旧庄内藩主御隠殿や酒井氏庭園が望めます。

    そして左側を眺めると旧庄内藩主御隠殿や酒井氏庭園が望めます。

  • そしてこの建物は先ほどのバルコニーから眺めた旧庄内藩主御隠殿。<br />幕末に江戸中屋敷を一部改築したと伝わる藩主の隠居所です。

    そしてこの建物は先ほどのバルコニーから眺めた旧庄内藩主御隠殿。
    幕末に江戸中屋敷を一部改築したと伝わる藩主の隠居所です。

  • そしてこちらは重要有形民族文化財収集庫です。<br />中には庄内地方の暮らしを今に伝える民具などが展示されています。

    そしてこちらは重要有形民族文化財収集庫です。
    中には庄内地方の暮らしを今に伝える民具などが展示されています。

  • その展示物の一つがこの北前船。<br />結構大きな船で、どうやってこの収蔵庫に収めたのか不思議です。

    その展示物の一つがこの北前船。
    結構大きな船で、どうやってこの収蔵庫に収めたのか不思議です。

  • こちらは職人さんの道工具やタンス類などの民具を展示しているコーナです。<br />庄内地方で使われていたものとは言うものの、関西でも使われているものと同じようなものが沢山ありました。

    こちらは職人さんの道工具やタンス類などの民具を展示しているコーナです。
    庄内地方で使われていたものとは言うものの、関西でも使われているものと同じようなものが沢山ありました。

  • そしてこの茅葺き屋根の家は、旧渋谷家住宅です。<br />この建物も重要文化財です。

    そしてこの茅葺き屋根の家は、旧渋谷家住宅です。
    この建物も重要文化財です。

  • 正面から見るとこんな感じで、世界遺産 五箇山の茅葺き屋根と形がちょっと違います。<br />元々は出羽三山の山麓民家のもので、豪雪地帯に適した形になっているようです。<br />中に入りましたが、昔の生活用具や農具などが展示されています。

    正面から見るとこんな感じで、世界遺産 五箇山の茅葺き屋根と形がちょっと違います。
    元々は出羽三山の山麓民家のもので、豪雪地帯に適した形になっているようです。
    中に入りましたが、昔の生活用具や農具などが展示されています。

  • そしてこちらは酒井氏庭園です。<br />旧藩主の隠居所奥座敷から眺めるための庭園で、鳥海山を借景にして造園されているようです。

    そしてこちらは酒井氏庭園です。
    旧藩主の隠居所奥座敷から眺めるための庭園で、鳥海山を借景にして造園されているようです。

  • これは旧西田川郡役所で、重要文化財に指定されています。<br />西洋建築を学んだ鶴岡市出身の棟梁、高橋謙吉と石井竹次郎が建てたもので、明治初期の擬洋風建築になっています。<br />とてもしゃれた建物です。<br />中には戊辰戦争時の西郷隆盛との関連資料などが展示されています。<br />戊辰戦争時の庄内藩と西郷隆盛との関係を初めて知りました。

    これは旧西田川郡役所で、重要文化財に指定されています。
    西洋建築を学んだ鶴岡市出身の棟梁、高橋謙吉と石井竹次郎が建てたもので、明治初期の擬洋風建築になっています。
    とてもしゃれた建物です。
    中には戊辰戦争時の西郷隆盛との関連資料などが展示されています。
    戊辰戦争時の庄内藩と西郷隆盛との関係を初めて知りました。

  • 致道博物館の見学後、歩いて大寶館(たいほうかん)に向かいます。<br />鶴岡市内の主な観光地は、城址公園を中心に徒歩圏内にあるのでとっても便利です。<br />ちなみに先ほど見学した致道博物館からこの大寶館までは徒歩で5分足らずです。<br />

    致道博物館の見学後、歩いて大寶館(たいほうかん)に向かいます。
    鶴岡市内の主な観光地は、城址公園を中心に徒歩圏内にあるのでとっても便利です。
    ちなみに先ほど見学した致道博物館からこの大寶館までは徒歩で5分足らずです。

  • この大寶館は1915年(大正4年)に大正天皇即位を記念して創建されたものです。<br />今回は中に入りませんでしたが、鶴岡ゆかりの人物資料館になっているようです。<br />左右対称の洋風ロマンを感じる建物です。

    この大寶館は1915年(大正4年)に大正天皇即位を記念して創建されたものです。
    今回は中に入りませんでしたが、鶴岡ゆかりの人物資料館になっているようです。
    左右対称の洋風ロマンを感じる建物です。

  • これが鶴岡公園周辺の案内図です。<br />公園内には大寶館、藤沢修平記念館、護国神社、庄内神社が有り、周辺には先ほどの致道博物館、庄内藩校致道館などがあります。

    これが鶴岡公園周辺の案内図です。
    公園内には大寶館、藤沢修平記念館、護国神社、庄内神社が有り、周辺には先ほどの致道博物館、庄内藩校致道館などがあります。

  • そしてこちらが鶴ヶ岡城の復元図とお城の移り変わりです。<br />鶴ヶ岡城は昔、大宝寺城と呼ばれていて、鎌倉時代は武藤氏、その後は上杉氏、最上氏と続き、1622年に酒井忠勝が入城し、戊辰戦争まで続いたそうです。<br />1875年(明治8年)に鶴ヶ岡城が解体され、公園となり本丸跡に庄内神社が建てられたそうです。

    そしてこちらが鶴ヶ岡城の復元図とお城の移り変わりです。
    鶴ヶ岡城は昔、大宝寺城と呼ばれていて、鎌倉時代は武藤氏、その後は上杉氏、最上氏と続き、1622年に酒井忠勝が入城し、戊辰戦争まで続いたそうです。
    1875年(明治8年)に鶴ヶ岡城が解体され、公園となり本丸跡に庄内神社が建てられたそうです。

  • この正面が護国神社。

    この正面が護国神社。

  • そしてこちらは本丸跡に建てられた庄内神社です。<br />ちょうど七五三の時期ですので、可愛らしい女の子がお参りに来ていました。

    そしてこちらは本丸跡に建てられた庄内神社です。
    ちょうど七五三の時期ですので、可愛らしい女の子がお参りに来ていました。

  • ここの御手水には花ビラが浮かんでいました。<br />ここで手を清めるのがもったいないような気になります。

    ここの御手水には花ビラが浮かんでいました。
    ここで手を清めるのがもったいないような気になります。

  • この正面が本殿で、善政を敷いていた酒井家の藩主を慕う、当時の人たちの総意で明治10年に庄内神社が創建されたそうです。

    この正面が本殿で、善政を敷いていた酒井家の藩主を慕う、当時の人たちの総意で明治10年に庄内神社が創建されたそうです。

  • この庄内神社でも新型コロナによる密を避けるため七五三は完全予約制で、今年は6月から受付を開始したそうです。<br />新型コロナはいろんな所に影響が出ています。

    この庄内神社でも新型コロナによる密を避けるため七五三は完全予約制で、今年は6月から受付を開始したそうです。
    新型コロナはいろんな所に影響が出ています。

  • 次は鶴岡カトリック教会天主堂に向かうため庄内神社を後にします。<br />本来ならばこの参道を通って庄内神社を参拝するようですが、私たちは反対のルートで回っています。<br />この写真は、振り返って撮ったもので、鳥居の向こう側が庄内神社になります。

    次は鶴岡カトリック教会天主堂に向かうため庄内神社を後にします。
    本来ならばこの参道を通って庄内神社を参拝するようですが、私たちは反対のルートで回っています。
    この写真は、振り返って撮ったもので、鳥居の向こう側が庄内神社になります。

  • これが鶴岡カトリック教会天主堂です。<br />カトリック教会なのに和風の門があるのでちょっと奇異に感じます。

    これが鶴岡カトリック教会天主堂です。
    カトリック教会なのに和風の門があるのでちょっと奇異に感じます。

  • ちょうど工事中でこちら側から何とか教会の全景を撮影しました。<br />教会が運営する保育園を建築しているようです。

    ちょうど工事中でこちら側から何とか教会の全景を撮影しました。
    教会が運営する保育園を建築しているようです。

  • 教会の内部はこんな感じで、バシリカ型三廊式とよばれる造りになっていて、床面は畳敷きになっています。<br />今はその上にイスを置いていますが、昔は畳の上に膝をついて礼拝していたそうです。<br />この教会で有名なのが『黒い聖母マリア様』<br />この教会が完成した明治36年に記念としてフランス ノルマンディー州デリヴランド修道院から贈られたもので、日本で唯一の黒いマリア様だそうです。<br />そのため黒い聖母マリア様を探したのですが見つかりませんでした

    教会の内部はこんな感じで、バシリカ型三廊式とよばれる造りになっていて、床面は畳敷きになっています。
    今はその上にイスを置いていますが、昔は畳の上に膝をついて礼拝していたそうです。
    この教会で有名なのが『黒い聖母マリア様』
    この教会が完成した明治36年に記念としてフランス ノルマンディー州デリヴランド修道院から贈られたもので、日本で唯一の黒いマリア様だそうです。
    そのため黒い聖母マリア様を探したのですが見つかりませんでした

  • そしてこちらは天主堂の窓絵です。<br />これはステンドグラスではなく、通称『貼り絵』と言われるもので、二重になっている窓ガラスの内面側に絵を描いて、その上に透明ガラスを貼り合わせているそうです。

    そしてこちらは天主堂の窓絵です。
    これはステンドグラスではなく、通称『貼り絵』と言われるもので、二重になっている窓ガラスの内面側に絵を描いて、その上に透明ガラスを貼り合わせているそうです。

  • この『窓絵』は、日本ではここだけだそうです。<br />それにしてもとてもきれいな絵です。

    この『窓絵』は、日本ではここだけだそうです。
    それにしてもとてもきれいな絵です。

  • そしてこちらは旧風間家住宅の丙申堂です。<br />庄内藩の御用商人として呉服屋を営んでいた豪商の風間家の旧宅です。<br />見学できたようですが、あまり時間がないので庄内藩校の致道館に向かいます。

    そしてこちらは旧風間家住宅の丙申堂です。
    庄内藩の御用商人として呉服屋を営んでいた豪商の風間家の旧宅です。
    見学できたようですが、あまり時間がないので庄内藩校の致道館に向かいます。

  • それぞれの観光地まではこのような案内板があるので迷わずに行けて便利です。

    それぞれの観光地まではこのような案内板があるので迷わずに行けて便利です。

  • こちらが庄内藩校 旧致道館の案内図です。<br />庄内藩主9代目の酒井忠徳候が、退廃した士道を刷新して藩政の振興を図るため1805年に設立した藩校です。

    こちらが庄内藩校 旧致道館の案内図です。
    庄内藩主9代目の酒井忠徳候が、退廃した士道を刷新して藩政の振興を図るため1805年に設立した藩校です。

  • 入館料が無料なので中に入ります。<br />この門は、藩主がお成りの時に使われた門で、表御門です。<br />この表御門を通って中に入ります。

    入館料が無料なので中に入ります。
    この門は、藩主がお成りの時に使われた門で、表御門です。
    この表御門を通って中に入ります。

  • これは聖廟だったかな?<br />儒学の祖である孔子を祀っているところです。

    これは聖廟だったかな?
    儒学の祖である孔子を祀っているところです。

  • そしてこちらが講堂です。<br />致道館では、次の5段階に分かれていて年1~4回の学業検閲に合格すると年齢や修学年数に関係なく進級できたそうです。<br />①.句読所(くとうしょ):今の小学校<br />②.終目詰(しゅうじつつめ):今の中学校<br />③.外舎(がいしゃ):今の高校<br />④.試舎生(ししゃせい):今の大学の教養課程<br />⑤.舎生(しゃせい):今の大学学部か大学院<br />

    そしてこちらが講堂です。
    致道館では、次の5段階に分かれていて年1~4回の学業検閲に合格すると年齢や修学年数に関係なく進級できたそうです。
    ①.句読所(くとうしょ):今の小学校
    ②.終目詰(しゅうじつつめ):今の中学校
    ③.外舎(がいしゃ):今の高校
    ④.試舎生(ししゃせい):今の大学の教養課程
    ⑤.舎生(しゃせい):今の大学学部か大学院

  • 今の小学校に相当する句読所の教科書を見ましたが、読むことができませんでした。<br />ちなみに句読所までは担任の教師がつくそうですが、それ以降は自学自習と小集団討議が中心だったそうです。<br />ここは講堂で生徒数は、10歳の句読所から30歳の舎生まで約350名程度だったそうです。

    今の小学校に相当する句読所の教科書を見ましたが、読むことができませんでした。
    ちなみに句読所までは担任の教師がつくそうですが、それ以降は自学自習と小集団討議が中心だったそうです。
    ここは講堂で生徒数は、10歳の句読所から30歳の舎生まで約350名程度だったそうです。

  • 約2時間弱で鶴岡市内観光を終えるとちょうどお昼。<br />インターネットで地域共通クーポンが使用できるレストランがこの庄内観光物産館にあると知り、そこに向かいます。<br />ただレストランに入ろうとすると何と山形県と調整ができていないので使用できないとのこと。<br />やむなく現金でお昼をいただくことにしました。

    約2時間弱で鶴岡市内観光を終えるとちょうどお昼。
    インターネットで地域共通クーポンが使用できるレストランがこの庄内観光物産館にあると知り、そこに向かいます。
    ただレストランに入ろうとすると何と山形県と調整ができていないので使用できないとのこと。
    やむなく現金でお昼をいただくことにしました。

  • これはフードコートで私がいただいた豚丼です。<br />お腹がすいていたので美味しくいただきました。

    これはフードコートで私がいただいた豚丼です。
    お腹がすいていたので美味しくいただきました。

  • そしてこちらはかみさんがいただいた海藻そばです。<br />岩のりのようなものが沢山載っています。<br />味は普通だったそうです。<br />地域共通クーポンの利用期間が本日中のため、食後にお土産コーナで地酒とお菓子を買いました。<br />地域共通クーポンを使い切るのは大変です。<br />食後は羽黒山に向かいます。<br />その様子は次の旅行記で紹介させていただきます。

    そしてこちらはかみさんがいただいた海藻そばです。
    岩のりのようなものが沢山載っています。
    味は普通だったそうです。
    地域共通クーポンの利用期間が本日中のため、食後にお土産コーナで地酒とお菓子を買いました。
    地域共通クーポンを使い切るのは大変です。
    食後は羽黒山に向かいます。
    その様子は次の旅行記で紹介させていただきます。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鶴岡の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集