銀山温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の5月にスペイン・ポルトガル旅行を計画していたところ、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止。<br />予定が空いたので八幡平のドラゴンアイを見ようと計画したものの、こちらもコロナの影響でホテルがクローズして断念。<br />やむなく時期を半年ずらして秋に変更し、東北の名湯と紅葉を巡る旅を計画して、8泊9日のドライブ旅行に出かけてきました。(コロナ対策として密を防ぐため、しんどいけれどマイカーで出かけました)<br />ただ旅行時期を半年ずらしたおかけで、何とGoToトラベルキャンペーンが利用でき、お得に旅することができました。<br />今回の旅程は、<br />10月17日(土)マイカーで出発し、新潟県の新発田城を観光して村上市の瀬波温泉泊<br />10月18日(日)山形県鶴岡市内観光後、出羽三山神社参拝して休暇村羽黒温泉泊<br />10月19日(月)秋田県角館市内と田沢湖を観光後、乳頭温泉泊<br />10月20日(火)八幡平散策後、山形県の銀山温泉泊<br />10月21日(水)立石寺を観光後、福島県裏磐梯の五色沼散策して猫魔温泉泊<br />10月22日(木)大内宿、鶴ヶ城・飯盛山観光後、東山温泉泊<br />10月23日(金)新潟県に移動し、清津峡渓谷トンネル観光後、大湯温泉泊<br />10月24日(土)西福寺参拝後富山県に移動し、海王丸パークと高岡大仏・瑞龍寺観光し宿泊<br />10月25日(日)世界遺産の相倉・菅沼合掌造り集落観光後帰宅<br />今回の全走行距離は約2800Km。<br />一人で運転したので結構しんどかったけれど美味しいものをいただき、きれいな紅葉が眺めて、毎日温泉に入られたので疲れも緩和されました。<br />国内旅行にしては長い旅行だったので、14回の旅行記にまとめて紹介したいと思います。<br />今回は、旅行4日目の八幡平観光後に行って宿泊した銀山温泉の様子を紹介します。<br />銀山温泉の夜景はガス灯が灯って古き良き日本という感じでとてもよかったです。<br />できれば冬の雪が積もった時期にまた出かけたいものです。<br />今回も沢山の写真を撮ったので写真を中心に紹介させていただきます。<br />

東北の名湯と紅葉巡りの旅 7/14(銀山温泉観光)

25いいね!

2020/10/17 - 2020/10/25

92位(同エリア243件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

今年の5月にスペイン・ポルトガル旅行を計画していたところ、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止。
予定が空いたので八幡平のドラゴンアイを見ようと計画したものの、こちらもコロナの影響でホテルがクローズして断念。
やむなく時期を半年ずらして秋に変更し、東北の名湯と紅葉を巡る旅を計画して、8泊9日のドライブ旅行に出かけてきました。(コロナ対策として密を防ぐため、しんどいけれどマイカーで出かけました)
ただ旅行時期を半年ずらしたおかけで、何とGoToトラベルキャンペーンが利用でき、お得に旅することができました。
今回の旅程は、
10月17日(土)マイカーで出発し、新潟県の新発田城を観光して村上市の瀬波温泉泊
10月18日(日)山形県鶴岡市内観光後、出羽三山神社参拝して休暇村羽黒温泉泊
10月19日(月)秋田県角館市内と田沢湖を観光後、乳頭温泉泊
10月20日(火)八幡平散策後、山形県の銀山温泉泊
10月21日(水)立石寺を観光後、福島県裏磐梯の五色沼散策して猫魔温泉泊
10月22日(木)大内宿、鶴ヶ城・飯盛山観光後、東山温泉泊
10月23日(金)新潟県に移動し、清津峡渓谷トンネル観光後、大湯温泉泊
10月24日(土)西福寺参拝後富山県に移動し、海王丸パークと高岡大仏・瑞龍寺観光し宿泊
10月25日(日)世界遺産の相倉・菅沼合掌造り集落観光後帰宅
今回の全走行距離は約2800Km。
一人で運転したので結構しんどかったけれど美味しいものをいただき、きれいな紅葉が眺めて、毎日温泉に入られたので疲れも緩和されました。
国内旅行にしては長い旅行だったので、14回の旅行記にまとめて紹介したいと思います。
今回は、旅行4日目の八幡平観光後に行って宿泊した銀山温泉の様子を紹介します。
銀山温泉の夜景はガス灯が灯って古き良き日本という感じでとてもよかったです。
できれば冬の雪が積もった時期にまた出かけたいものです。
今回も沢山の写真を撮ったので写真を中心に紹介させていただきます。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 10月20日(火)旅行4日目。<br />午前中に八幡平を観光し、東北自動車道の松尾八幡平ICから銀山温泉を目指します。<br />その途中、昼食のため紫波SAで休憩。<br />ここのレストランでは地域共通クーポンが使えたので、それを使って昼食をいただきます。<br />昼食に地域共通クーポンが使えると無駄なお土産を買わずに済むので助かります。

    10月20日(火)旅行4日目。
    午前中に八幡平を観光し、東北自動車道の松尾八幡平ICから銀山温泉を目指します。
    その途中、昼食のため紫波SAで休憩。
    ここのレストランでは地域共通クーポンが使えたので、それを使って昼食をいただきます。
    昼食に地域共通クーポンが使えると無駄なお土産を買わずに済むので助かります。

  • いただいたのがこの1050円の『白銀豚の生姜焼き定食』<br />八幡平を散策した後だったのでお腹がすいていて、美味しくいただきました。

    いただいたのがこの1050円の『白銀豚の生姜焼き定食』
    八幡平を散策した後だったのでお腹がすいていて、美味しくいただきました。

  • 紫波SAの木も紅葉してきれいです。<br />その後、東北自動車道の古川ICでおり、国道347号線を走って銀山温泉に向かいます。

    紫波SAの木も紅葉してきれいです。
    その後、東北自動車道の古川ICでおり、国道347号線を走って銀山温泉に向かいます。

  • 銀山温泉には15時30分に到着。<br />八幡平山頂レストハウスから約4時間かけて到着しました。<br />銀山温泉には一般車両の進入が禁止されているので、宿の専用駐車場に車を停め、荷物を持って宿の車で温泉街に向かいます。<br />それでも宿の前まで車で行けないので歩いて向かいます。<br />

    銀山温泉には15時30分に到着。
    八幡平山頂レストハウスから約4時間かけて到着しました。
    銀山温泉には一般車両の進入が禁止されているので、宿の専用駐車場に車を停め、荷物を持って宿の車で温泉街に向かいます。
    それでも宿の前まで車で行けないので歩いて向かいます。

  • 宿泊したのはこの古勢起屋別館。<br />とても趣のある宿です。<br />私たちはこの宿の3階に泊まりました。

    宿泊したのはこの古勢起屋別館。
    とても趣のある宿です。
    私たちはこの宿の3階に泊まりました。

  • ここがフロントで、検温をしてチェックインします。

    ここがフロントで、検温をしてチェックインします。

  • お風呂はこの廊下の左右に有り、夕方と朝とで男女入れ替え制になっています。<br />

    お風呂はこの廊下の左右に有り、夕方と朝とで男女入れ替え制になっています。

  • お風呂の前に脱衣籠が置いてありますが、入場制限しているので4個しか置かれていません。<br />そのためお風呂に何人入っているかが一目でわかるようになっています。<br />ちなみにお風呂を出る際は、使った脱衣籠は別の場所に置くようになっています。<br />ホームページを見ると小さなお風呂のため姉妹館の銀山荘のお風呂も利用してくださいと書いていましたが、こちらのお風呂のほうが風情があって良かったです。

    お風呂の前に脱衣籠が置いてありますが、入場制限しているので4個しか置かれていません。
    そのためお風呂に何人入っているかが一目でわかるようになっています。
    ちなみにお風呂を出る際は、使った脱衣籠は別の場所に置くようになっています。
    ホームページを見ると小さなお風呂のため姉妹館の銀山荘のお風呂も利用してくださいと書いていましたが、こちらのお風呂のほうが風情があって良かったです。

  • そして客室がこれです。<br />この宿には洋室もあるようですが、温泉街が眺められる川側の和室を指定して予約しました。<br />二間続きの部屋だったのでとても広く使えました。

    そして客室がこれです。
    この宿には洋室もあるようですが、温泉街が眺められる川側の和室を指定して予約しました。
    二間続きの部屋だったのでとても広く使えました。

  • 客室の窓側がこれで、この椅子に座って温泉街を眺めることが出来ます。<br />口コミでは窓ガラスが汚れていて温泉街がよく見えなかったと書いていましたが、きれいに拭かれていたので窓からの景色を楽しむことが出来ました。<br />ここの宿もそうですが、東北地方はこの時期カメムシが多く発生しているようで、窓はなるべく開けないようにとの注意書きが有り、カメムシを見つけた場合は備え付けのガムテープで貼り付けて捨ててくださいと書かれていました。<br />決して触らないようにとのことです。

    客室の窓側がこれで、この椅子に座って温泉街を眺めることが出来ます。
    口コミでは窓ガラスが汚れていて温泉街がよく見えなかったと書いていましたが、きれいに拭かれていたので窓からの景色を楽しむことが出来ました。
    ここの宿もそうですが、東北地方はこの時期カメムシが多く発生しているようで、窓はなるべく開けないようにとの注意書きが有り、カメムシを見つけた場合は備え付けのガムテープで貼り付けて捨ててくださいと書かれていました。
    決して触らないようにとのことです。

  • そしてこちらが洗面所。<br />この宿の欠点は客室にトイレがないことです。<br />ただ集合トイレの便器はウォシュレット式でした。

    そしてこちらが洗面所。
    この宿の欠点は客室にトイレがないことです。
    ただ集合トイレの便器はウォシュレット式でした。

  • 客室の窓からの眺めがこれで、正面には建築家の熊研吾氏がデザインした『藤屋』さんがあります。<br />正直言ってこの温泉街には似合わない建物です。

    客室の窓からの眺めがこれで、正面には建築家の熊研吾氏がデザインした『藤屋』さんがあります。
    正直言ってこの温泉街には似合わない建物です。

  • そして左側には、有名な『旅館永澤平八』や『能登屋』さんが見られます。<br />夜になるのが楽しみです。

    そして左側には、有名な『旅館永澤平八』や『能登屋』さんが見られます。
    夜になるのが楽しみです。

  • 温泉街を散策する前に姉妹館の銀山荘に送迎バスでお風呂に入りに行きます。

    温泉街を散策する前に姉妹館の銀山荘に送迎バスでお風呂に入りに行きます。

  • これが銀山荘の玄関。<br />温泉街には巡回バスが走っていて、私たちは宿からチケットをいただきましたが、一般のお客も有料で利用できるようです。

    これが銀山荘の玄関。
    温泉街には巡回バスが走っていて、私たちは宿からチケットをいただきましたが、一般のお客も有料で利用できるようです。

  • こちらは銀山荘のフロント横の待合所です。<br />私のほうが早くお風呂を出たのでかみさんをここで待ち、その後温泉街に戻りました。

    こちらは銀山荘のフロント横の待合所です。
    私のほうが早くお風呂を出たのでかみさんをここで待ち、その後温泉街に戻りました。

  • お風呂に入ったので、ゆっくりと温泉街を散策します。<br />この景色が見たかったのです。

    お風呂に入ったので、ゆっくりと温泉街を散策します。
    この景色が見たかったのです。

  • こちらは客室から眺めた『旅館永澤平八』と『能登屋』さん。<br />とても風情があり大正ロマンを感じる建物です。

    こちらは客室から眺めた『旅館永澤平八』と『能登屋』さん。
    とても風情があり大正ロマンを感じる建物です。

  • 『旅館永澤平八』を正面から見るとこんな感じです。<br />私たちの泊まった古勢起屋別館と同じような造りです。

    『旅館永澤平八』を正面から見るとこんな感じです。
    私たちの泊まった古勢起屋別館と同じような造りです。

  • そしてこちらの建物が『能登屋』さん。<br />アニメの『千と千尋の神隠し』のモデルとなったと言われている旅館です。

    そしてこちらの建物が『能登屋』さん。
    アニメの『千と千尋の神隠し』のモデルとなったと言われている旅館です。

  • 『能登屋』さんの玄関はこんな感じです。<br />ノッポナ建物ですので上層階が写真に入りません。

    『能登屋』さんの玄関はこんな感じです。
    ノッポナ建物ですので上層階が写真に入りません。

  • 更に温泉街を散策します。

    更に温泉街を散策します。

  • 川には沢山の橋が架かっていて、左右行ったり来たり出来、いろんな景色を楽しむことが出来ます。

    川には沢山の橋が架かっていて、左右行ったり来たり出来、いろんな景色を楽しむことが出来ます。

  • おみやげ屋さんもあります。

    おみやげ屋さんもあります。

  • こちらの旅館は使われていませんが、私たちが泊まった古勢起屋別館の本館です。

    こちらの旅館は使われていませんが、私たちが泊まった古勢起屋別館の本館です。

  • こちらは宿泊した古勢起屋別館の川をはさんで正面にある熊研吾氏がプロデュースした『藤屋』さん。

    こちらは宿泊した古勢起屋別館の川をはさんで正面にある熊研吾氏がプロデュースした『藤屋』さん。

  • こちらは鏝絵(こてえ)で有名な『古仙閣』

    こちらは鏝絵(こてえ)で有名な『古仙閣』

  • これは3階にある北前船の『宝船』の鏝絵。

    これは3階にある北前船の『宝船』の鏝絵。

  • これが鏝絵の説明書です。<br />宿の2階には1月から12月までの行事や風習にちなんだ鏝絵が飾られています。

    これが鏝絵の説明書です。
    宿の2階には1月から12月までの行事や風習にちなんだ鏝絵が飾られています。

  • これは11月の七五三の神社参りの鏝絵。

    これは11月の七五三の神社参りの鏝絵。

  • これは8月の夏祭りの鏝絵です。

    これは8月の夏祭りの鏝絵です。

  • 温泉街には無料の足湯もあります。

    温泉街には無料の足湯もあります。

  • そしてここは温泉街の入り口にあるお菓子屋さんです。

    そしてここは温泉街の入り口にあるお菓子屋さんです。

  • 温泉街はとてもコンパクトで30分もあれば1周回れます。

    温泉街はとてもコンパクトで30分もあれば1周回れます。

  • それにしても銀山温泉は時代に取り残されたレトロ感溢れる温泉街です。<br />夜景はもっときれいなようなので楽しみです。

    それにしても銀山温泉は時代に取り残されたレトロ感溢れる温泉街です。
    夜景はもっときれいなようなので楽しみです。

  • 宿に戻って夕食をいただきます。<br />夕食はこの写真のように食堂で椅子に座っていただきます。

    宿に戻って夕食をいただきます。
    夕食はこの写真のように食堂で椅子に座っていただきます。

  • これは旬彩の胡麻豆腐、丸十煮、ふき煮、枝豆、海老寿司<br />鮎の土佐煮、蕎麦の実なめこです。<br />量は少ないけれどちょっとずついろんな料理をいただきます。

    これは旬彩の胡麻豆腐、丸十煮、ふき煮、枝豆、海老寿司
    鮎の土佐煮、蕎麦の実なめこです。
    量は少ないけれどちょっとずついろんな料理をいただきます。

  • こちらは蔵王サーモンと地場野菜のカルパッチョ。

    こちらは蔵王サーモンと地場野菜のカルパッチョ。

  • お造りは、本マグロ、ブリ、牡丹海老。<br />それと蟹爪のお吸い物です。

    お造りは、本マグロ、ブリ、牡丹海老。
    それと蟹爪のお吸い物です。

  • そしてメインは、山形黒毛和牛のローストビーフ。<br />このローストビーフは軟らかくて絶品でした。

    そしてメインは、山形黒毛和牛のローストビーフ。
    このローストビーフは軟らかくて絶品でした。

  • そして蒸し物は南瓜饅頭・<br />それと焼き物はカレイの朴葉包み焼きです。

    そして蒸し物は南瓜饅頭・
    それと焼き物はカレイの朴葉包み焼きです。

  • ご飯は尾花沢産のつや姫と山菜酒粕汁。<br />東北のご飯はとても美味しい。

    ご飯は尾花沢産のつや姫と山菜酒粕汁。
    東北のご飯はとても美味しい。

  • デザートは杏仁豆腐。<br />ちょっとずつ美味しいものをいただき、お腹いっぱいになりました。

    デザートは杏仁豆腐。
    ちょっとずつ美味しいものをいただき、お腹いっぱいになりました。

  • 夜も更けてきて、客室から眺めた温泉街の夜景です。<br />客室からこの景色が眺められるのでとても贅沢です。

    夜も更けてきて、客室から眺めた温泉街の夜景です。
    客室からこの景色が眺められるのでとても贅沢です。

  • 夕食後の散歩がてら温泉街を散策します。

    夕食後の散歩がてら温泉街を散策します。

  • 今回は三脚を持ってきたので銀山温泉街の写真を沢山紹介します。

    今回は三脚を持ってきたので銀山温泉街の写真を沢山紹介します。

  • 温泉街にガス灯が灯ると雰囲気がまた変わってきます。

    温泉街にガス灯が灯ると雰囲気がまた変わってきます。

  • これは泊まった旅館前からの景色です。

    これは泊まった旅館前からの景色です。

  • やはり能登屋さん方面の景色が一番絵になります。

    やはり能登屋さん方面の景色が一番絵になります。

  • いろいろと撮影条件を変えて夜景を撮っていきます。<br />ホワイトバランスを白熱電球にしているのでちょっと冷たい感じに見えます。

    いろいろと撮影条件を変えて夜景を撮っていきます。
    ホワイトバランスを白熱電球にしているのでちょっと冷たい感じに見えます。

  • これなんかいい感じです。

    これなんかいい感じです。

  • こんどはホワイトバランスを白色蛍光灯でとるとこんな感じ。<br />ちょっと暖かみが出てきます。

    こんどはホワイトバランスを白色蛍光灯でとるとこんな感じ。
    ちょっと暖かみが出てきます。

  • そして今度は絞りを8.0に絞ります。

    そして今度は絞りを8.0に絞ります。

  • 結構夜景の撮影も難しいです。

    結構夜景の撮影も難しいです。

  • これなんかお気に入りの写真です。

    これなんかお気に入りの写真です。

  • ガス灯は蛍光灯など一般の電灯と違って古い街並みに溶け込んで絵になります。

    ガス灯は蛍光灯など一般の電灯と違って古い街並みに溶け込んで絵になります。

  • 今度は絞りを11.0にし、ホワイトバランスを白熱電球に変えると先ほどの雰囲気とがらりと変わります。<br />

    今度は絞りを11.0にし、ホワイトバランスを白熱電球に変えると先ほどの雰囲気とがらりと変わります。

  • ホワイトバランスは白色蛍光灯のほうがレトロ感が出ていい感じになります。<br />銀山温泉の夜景をたっぷり楽しむことが出来ました。<br />その後宿に戻って温泉に入ってやすみました。

    ホワイトバランスは白色蛍光灯のほうがレトロ感が出ていい感じになります。
    銀山温泉の夜景をたっぷり楽しむことが出来ました。
    その後宿に戻って温泉に入ってやすみました。

  • 10月21日(水)旅行5日目になります。<br />目を覚まして客室から温泉街を眺めるとこんな感じです。

    10月21日(水)旅行5日目になります。
    目を覚まして客室から温泉街を眺めるとこんな感じです。

  • 朝食まで時間があるので観光客が少ない温泉街を散策します。

    朝食まで時間があるので観光客が少ない温泉街を散策します。

  • 今回は昨日行かなかった温泉街の上流にある白銀公園に向かいます。

    今回は昨日行かなかった温泉街の上流にある白銀公園に向かいます。

  • このハイカラさん通りを抜けて白銀の滝を目指します。

    このハイカラさん通りを抜けて白銀の滝を目指します。

  • これが白銀公園の案内図。<br />この銀山温泉はその名の通り江戸時代は日本第1級の銀山だったようで、有馬温泉は金の楯より湧き出る日本一の名湯で、ここ銀山温泉は銀の楯より湧き出る日本第二の名湯と呼ばれているそうです。

    これが白銀公園の案内図。
    この銀山温泉はその名の通り江戸時代は日本第1級の銀山だったようで、有馬温泉は金の楯より湧き出る日本一の名湯で、ここ銀山温泉は銀の楯より湧き出る日本第二の名湯と呼ばれているそうです。

  • これが白銀の滝。

    これが白銀の滝。

  • 落差が20mの滝です。

    落差が20mの滝です。

  • このあたりの紅葉はまだ先のようです。

    このあたりの紅葉はまだ先のようです。

  • さらに坂道を登って『せことい橋』に向かいます。

    さらに坂道を登って『せことい橋』に向かいます。

  • この赤い橋が『せことい橋』です。<br />橋の上流には、らいおんの滝があります。

    この赤い橋が『せことい橋』です。
    橋の上流には、らいおんの滝があります。

  • これが『らいおんの滝』かな?<br />紅葉が進むともっときれいになるのかな。

    これが『らいおんの滝』かな?
    紅葉が進むともっときれいになるのかな。

  • そしてこちらは疎水抗の中です。<br />元は銀山の排水・運搬に使われていたようで、坑道には当時のノミ跡が残っているそうです。<br />坑道に流れる排水は温泉の成分が含まれているようで坑内は暖かく、硫黄の臭いもしました。

    そしてこちらは疎水抗の中です。
    元は銀山の排水・運搬に使われていたようで、坑道には当時のノミ跡が残っているそうです。
    坑道に流れる排水は温泉の成分が含まれているようで坑内は暖かく、硫黄の臭いもしました。

  • 白銀公園から引き返し、温泉街を散策。

    白銀公園から引き返し、温泉街を散策。

  • 朝早いので観光客もほとんどいないのでこの景色を独り占めできます。<br />銀山温泉に宿泊した人の特権かな。

    朝早いので観光客もほとんどいないのでこの景色を独り占めできます。
    銀山温泉に宿泊した人の特権かな。

  • この景色は何度見ても見飽きません。

    この景色は何度見ても見飽きません。

  • そして宿に帰って朝食をいただきます。<br />この日の予定は、立石寺・蔵王の御釜を観光し、裏磐梯に行く予定。<br />今日も移動距離が長いので朝食はたっぷりいただきました。<br />立石寺・蔵王の観光は次の旅行記で紹介させていただきます。

    そして宿に帰って朝食をいただきます。
    この日の予定は、立石寺・蔵王の御釜を観光し、裏磐梯に行く予定。
    今日も移動距離が長いので朝食はたっぷりいただきました。
    立石寺・蔵王の観光は次の旅行記で紹介させていただきます。

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

銀山温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集