高松旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭。<br />友人に誘われてよく分からないまま見に行った前回、以外にも芸術の面白さと奥深さにはまってしまい、今回はぜひ事前に作品鑑賞パスポートを購入し、予定を立てて見て回ろうと決めていました。<br />今年、第4回目の開催となる芸術祭が開幕しました。<br /><br />ふれあう春:4月26日~5月26日<br />あつまる夏:7月19日~8月25日<br />ひろがる秋:9月28日~11月4日<br /><br />春会期には、沙弥島・宇野港・犬島・小豆島を訪れました。<br /><br />夏会期2回目は、オフィショナルツアーに参加し大島から女木島、男木島を巡り、島歩きと作品を楽しみました。<br />高松港から 定期船で20分~40分程度で行けて、気軽に離島気分を味わえる女木島と男木島。<br />今回はチャーター船で廻りましたが、個人で行かれる際は、高松港⇒女木島⇒男木島⇒(女木島経由下船不要)⇒高松港のルートがお勧めです。<br />女木・男木島共に、歩いて楽しめる距離に作品があること、また先に女木島から見ていくことで、帰りは男木島からフェリーに乗る方が席が確保しやすいこともあるからです。<br /><br />女木島は、高松の沖合、約4㎞に位置する、面積2.68平方㎞、周囲7.8㎞、人口約140人の島です。「オオテ」と呼ばれる石垣の間や美しい海岸沿いを歩きながら、島の風景と共に様々な作品を楽しむことができました。

瀬戸内国際芸術祭 2019 ・夏 女木島

22いいね!

2019/07/23 - 2019/07/23

283位(同エリア1239件中)

旅行記グループ 瀬戸内国際芸術祭2019

0

62

3年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭。
友人に誘われてよく分からないまま見に行った前回、以外にも芸術の面白さと奥深さにはまってしまい、今回はぜひ事前に作品鑑賞パスポートを購入し、予定を立てて見て回ろうと決めていました。
今年、第4回目の開催となる芸術祭が開幕しました。

ふれあう春:4月26日~5月26日
あつまる夏:7月19日~8月25日
ひろがる秋:9月28日~11月4日

春会期には、沙弥島・宇野港・犬島・小豆島を訪れました。

夏会期2回目は、オフィショナルツアーに参加し大島から女木島、男木島を巡り、島歩きと作品を楽しみました。
高松港から 定期船で20分~40分程度で行けて、気軽に離島気分を味わえる女木島と男木島。
今回はチャーター船で廻りましたが、個人で行かれる際は、高松港⇒女木島⇒男木島⇒(女木島経由下船不要)⇒高松港のルートがお勧めです。
女木・男木島共に、歩いて楽しめる距離に作品があること、また先に女木島から見ていくことで、帰りは男木島からフェリーに乗る方が席が確保しやすいこともあるからです。

女木島は、高松の沖合、約4㎞に位置する、面積2.68平方㎞、周囲7.8㎞、人口約140人の島です。「オオテ」と呼ばれる石垣の間や美しい海岸沿いを歩きながら、島の風景と共に様々な作品を楽しむことができました。

旅行の満足度
4.5

PR

  • 女木港に到着すると、防波堤に並ぶカモメたちがお出迎えです。

    女木港に到着すると、防波堤に並ぶカモメたちがお出迎えです。

    女木島(鬼ヶ島) 自然・景勝地

  • まずは、今日のランチ会場へ向かいました。<br />16「瀬戸内ガストロノミー」<br />「レストラン イアラ 女木島」で頂きます。

    まずは、今日のランチ会場へ向かいました。
    16「瀬戸内ガストロノミー」
    「レストラン イアラ 女木島」で頂きます。

    レストラン イアラ 女木島 グルメ・レストラン

  • 夏なので、シェフの一押しというお酢(吉野酢と仁尾酢)をふんだんに使ったコース料理が用意されていました。<br />食前酒、お酢が効いてて胃の中をさっぱりとしてくれました。

    夏なので、シェフの一押しというお酢(吉野酢と仁尾酢)をふんだんに使ったコース料理が用意されていました。
    食前酒、お酢が効いてて胃の中をさっぱりとしてくれました。

  • 鯛のカルパッチョ。

    鯛のカルパッチョ。

  • 鶏の手羽先をお酢を使って煮込んだ一品。<br />お箸でもホロリと取れるほど、柔らかくて美味しかった。

    鶏の手羽先をお酢を使って煮込んだ一品。
    お箸でもホロリと取れるほど、柔らかくて美味しかった。

  • 目の前ではシェフが、最後の仕上げを行なっています。<br />地元食材をふんだんに使用した、工夫を凝らした内容となっていました。

    目の前ではシェフが、最後の仕上げを行なっています。
    地元食材をふんだんに使用した、工夫を凝らした内容となっていました。

  • 一見トマトの冷製パスタのようですが、小豆島のお素麺バージョンです。<br />カラスミがかかった上品な一品。<br />喉越しが良くて、サッパリツルリと頂けました。(^^)<br />

    一見トマトの冷製パスタのようですが、小豆島のお素麺バージョンです。
    カラスミがかかった上品な一品。
    喉越しが良くて、サッパリツルリと頂けました。(^^)

  • 最後に、手作りクッキーが出て終了となりました。

    最後に、手作りクッキーが出て終了となりました。

  • レストランに併設する<br />15「不在の存在」 改造した空き家に2つの作品が展示。<br />これは実際に人が歩いているかのように、砂上に足跡ができたり消えたりするもの。<br />この手前にある繋がっている2つの部屋には、真ん中にある鏡によって1つの部屋に見える、いずれも不在の可視化がテーマの、不思議な感覚が体験できる作品。

    レストランに併設する
    15「不在の存在」 改造した空き家に2つの作品が展示。
    これは実際に人が歩いているかのように、砂上に足跡ができたり消えたりするもの。
    この手前にある繋がっている2つの部屋には、真ん中にある鏡によって1つの部屋に見える、いずれも不在の可視化がテーマの、不思議な感覚が体験できる作品。

  • お腹も満足したところで、島歩き開始。<br />ブロック塀に描かれたイラストも島の個性が出ている。

    お腹も満足したところで、島歩き開始。
    ブロック塀に描かれたイラストも島の個性が出ている。

  • 休校中の女木小学校内にある作品。<br />13「女根/めこん」

    休校中の女木小学校内にある作品。
    13「女根/めこん」

  • 島で育った大きな椰子の周りにタイルのモザイクやワニのオブジェ、船材などを配置。

    島で育った大きな椰子の周りにタイルのモザイクやワニのオブジェ、船材などを配置。

  • 学校の校舎と植物、作品のコラボ。<br />「こんな見方もあるのか…」という自分では絶対思いつかない視点から制作された作品。<br />小学校と作品のギャップもさることながら…アートは奥深い…。

    学校の校舎と植物、作品のコラボ。
    「こんな見方もあるのか…」という自分では絶対思いつかない視点から制作された作品。
    小学校と作品のギャップもさることながら…アートは奥深い…。

  • 制作者の大竹氏は、直島の、直島銭湯「I ?湯」の作者でもあります。<br />なるほど!と思わずにいられない作品。

    制作者の大竹氏は、直島の、直島銭湯「I ?湯」の作者でもあります。
    なるほど!と思わずにいられない作品。

  • 女木小学校前を左に折れたすぐ先にある<br />14「女木島名画座」<br />マンハッタンの懐かしい劇場の記憶が凝縮された、こじんまりとした可愛い映画館。

    女木小学校前を左に折れたすぐ先にある
    14「女木島名画座」
    マンハッタンの懐かしい劇場の記憶が凝縮された、こじんまりとした可愛い映画館。

  • 往年の映画スターの肖像画が壁一面に飾られたロビー。

    往年の映画スターの肖像画が壁一面に飾られたロビー。

  • ドアもユニークな仕上がりになっています。

    ドアもユニークな仕上がりになっています。

  • スクリーンにはニューヨークの名劇場の「その後」を取材した映像が流れていました。

    スクリーンにはニューヨークの名劇場の「その後」を取材した映像が流れていました。

  • 一旦港方面へ向かって、次の作品へ。<br />女木島は別名「鬼ヶ島」と呼ばれており、歩いていると時々この可愛い鬼さんと遭遇します。

    一旦港方面へ向かって、次の作品へ。
    女木島は別名「鬼ヶ島」と呼ばれており、歩いていると時々この可愛い鬼さんと遭遇します。

  • 港の一番近くにある作品。<br />04「BOSAI deepening roots 2019」<br />盆栽師 平尾成志氏と瀬ト内工芸ズ(香川県立高松工芸高等学校出身のデザイナーを中心に結成されたクリエイター集団)<br />zone♯01「記憶」<br />3年前、女木島の住民に託した「島盆栽」を記憶の起点として「根づく」ことをテーマとした作品。

    港の一番近くにある作品。
    04「BOSAI deepening roots 2019」
    盆栽師 平尾成志氏と瀬ト内工芸ズ(香川県立高松工芸高等学校出身のデザイナーを中心に結成されたクリエイター集団)
    zone♯01「記憶」
    3年前、女木島の住民に託した「島盆栽」を記憶の起点として「根づく」ことをテーマとした作品。

  • 「今」の象徴として平尾成志氏が制作した、巨大創作盆栽「久遠」<br />

    イチオシ

    「今」の象徴として平尾成志氏が制作した、巨大創作盆栽「久遠」

  • 「島盆栽」と「久遠」の間を「記憶のくさび」でつないだ空間=盆栽の記憶<br />という壮大な作品。

    イチオシ

    「島盆栽」と「久遠」の間を「記憶のくさび」でつないだ空間=盆栽の記憶
    という壮大な作品。

  • どのようにしたらこんな作品が創られるのか…驚きと感動しかない。

    どのようにしたらこんな作品が創られるのか…驚きと感動しかない。

  • zone♯02「空間」<br />この会場の花園荘は昭和中期に、国の特別名勝「栗林公園」から移築された建物。

    zone♯02「空間」
    この会場の花園荘は昭和中期に、国の特別名勝「栗林公園」から移築された建物。

  • 建物内部は、女木島の存在の内側、女木島の今ある状況/環境/コミュニティの内面に盆栽が配置されているとのこと。

    建物内部は、女木島の存在の内側、女木島の今ある状況/環境/コミュニティの内面に盆栽が配置されているとのこと。

  • zone♯03「命」<br /><br />

    zone♯03「命」

  • この家屋は長い間無人でしたが、盆栽を展示することにより、再び新たに命が繋がっていく条件が整い始めたのだそう。

    この家屋は長い間無人でしたが、盆栽を展示することにより、再び新たに命が繋がっていく条件が整い始めたのだそう。

  • その新しい流れが生み出される前兆を、盆栽の形式美にあてはめ石を用いて表現されています。

    その新しい流れが生み出される前兆を、盆栽の形式美にあてはめ石を用いて表現されています。

  • 出口近くには、盆栽に関する書籍などの販売や、自由に見られるスペースがありました。<br />また3年後どう変わっているのか、今後も楽しみな作品です。

    出口近くには、盆栽に関する書籍などの販売や、自由に見られるスペースがありました。
    また3年後どう変わっているのか、今後も楽しみな作品です。

  • ここからは「島の中の小さなお店プロジェクト」内にある作品を見て回ります。

    ここからは「島の中の小さなお店プロジェクト」内にある作品を見て回ります。

  • 05「cafe de la Plage/カフェ・ドウ・ラ・ブラージュ 2019」<br />飲み物を片手に本を読んだり、語り合ったりできるフレンドリーなスペース。<br />カフェ&amp;島の交流の場的な場所なのかな。

    05「cafe de la Plage/カフェ・ドウ・ラ・ブラージュ 2019」
    飲み物を片手に本を読んだり、語り合ったりできるフレンドリーなスペース。
    カフェ&島の交流の場的な場所なのかな。

  • カフェに隣接する<br />06「ヘアサロン壽 2019」<br />作者宮永氏が、島めぐりの中で出会った美容師と女木島でのひとときを提案して作品にしたもの。<br />営業は金曜日~月曜日。<br />あいにくこの日はお休みでしたが…

    カフェに隣接する
    06「ヘアサロン壽 2019」
    作者宮永氏が、島めぐりの中で出会った美容師と女木島でのひとときを提案して作品にしたもの。
    営業は金曜日~月曜日。
    あいにくこの日はお休みでしたが…

  • サロンの鏡は目の前に広がる海。<br />「光や風を受けて形を変える波を目の前に、椅子に座り、少しだけ変わる自分が確認できる」<br />…このひらめきが何とも言えず素敵。

    サロンの鏡は目の前に広がる海。
    「光や風を受けて形を変える波を目の前に、椅子に座り、少しだけ変わる自分が確認できる」
    …このひらめきが何とも言えず素敵。

  • 07「ウェディング・ショップ」<br />中国の結婚式を思わせるような雰囲気。<br />社会の最小単位であるふたりを祝うことで、人と人とのあらゆるつながりや営みをたたえているのだとか…。

    07「ウェディング・ショップ」
    中国の結婚式を思わせるような雰囲気。
    社会の最小単位であるふたりを祝うことで、人と人とのあらゆるつながりや営みをたたえているのだとか…。

  • 2階の部屋には、色々な写真が展示されていました。<br />間取りからも、かつて民宿だった面影が感じられる。

    2階の部屋には、色々な写真が展示されていました。
    間取りからも、かつて民宿だった面影が感じられる。

  • 08「ピンポン・シー」<br />1階に降りた先の建物の一角にある、海の上の卓球のテーマパーク。

    08「ピンポン・シー」
    1階に降りた先の建物の一角にある、海の上の卓球のテーマパーク。

  • 誰でも自由に卓球が楽しめます。<br />みんなでplayできる巨大卓球台。<br />ありそうでなかった発想で面白い。

    誰でも自由に卓球が楽しめます。
    みんなでplayできる巨大卓球台。
    ありそうでなかった発想で面白い。

  • 09「ランドリー」<br />洗濯物が回転する映像が流れる洗濯機を一面に置き、

    09「ランドリー」
    洗濯物が回転する映像が流れる洗濯機を一面に置き、

  • 反対側には、本物の洗濯機と乾燥機を設置。<br />虚構と現実を同じ空間に混在させることで、見ている側の戸惑いを誘ったもの。

    反対側には、本物の洗濯機と乾燥機を設置。
    虚構と現実を同じ空間に混在させることで、見ている側の戸惑いを誘ったもの。

  • 10「世界はどうしてこんなに美しいんだ 2019」<br />文字がホイールライトによって車輪に浮かび上がる自転車を制作し、それに乗って海沿いを走る映像を作品にしたもの。<br />隣には、光る自転車も展示されていました。

    10「世界はどうしてこんなに美しいんだ 2019」
    文字がホイールライトによって車輪に浮かび上がる自転車を制作し、それに乗って海沿いを走る映像を作品にしたもの。
    隣には、光る自転車も展示されていました。

  • 11「un… こころのマッサージサロン」<br />心のマッサージチェアは、椅子に腰をかけてハンドルを回してみると、歯車が旋律を繰り出しリラックスできるというもの。<br />「体」ではなくて「心」に着目しているのが面白い!

    11「un… こころのマッサージサロン」
    心のマッサージチェアは、椅子に腰をかけてハンドルを回してみると、歯車が旋律を繰り出しリラックスできるというもの。
    「体」ではなくて「心」に着目しているのが面白い!

  • マッサージチェアとしての実用性は低いと疑問に感じた人のために、本物のマッサージチェアも向かいにちゃんと設置してありました。(^ ^)

    マッサージチェアとしての実用性は低いと疑問に感じた人のために、本物のマッサージチェアも向かいにちゃんと設置してありました。(^ ^)

  • 12「的屋」<br />島で採れる地物に手を加えた商品や海岸で拾ったものを使ったヨーヨー釣りなど、女木島ならではの的屋がテーマ。

    12「的屋」
    島で採れる地物に手を加えた商品や海岸で拾ったものを使ったヨーヨー釣りなど、女木島ならではの的屋がテーマ。

  • その日の運勢をゲーム仕立てにしたもの。<br />ボタンを押して、とまって光った物がラッキーアイテムになっている。

    その日の運勢をゲーム仕立てにしたもの。
    ボタンを押して、とまって光った物がラッキーアイテムになっている。

  • 島のニャンコの写真もありました。

    島のニャンコの写真もありました。

  • 女木島の海岸は遠浅になっており、香川県民の海水浴スポットにもなっています。<br />水質の良さでも知られており、環境省の「快水浴場百選」に選定されているそうです。<br />子供の頃、子供会でよく遊びに来ていた、思い出の場所でもあります。

    女木島の海岸は遠浅になっており、香川県民の海水浴スポットにもなっています。
    水質の良さでも知られており、環境省の「快水浴場百選」に選定されているそうです。
    子供の頃、子供会でよく遊びに来ていた、思い出の場所でもあります。

    女木島海水浴場 ビーチ

  • 11「un…   こころのマッサージサロン」<br />マッサージチェアと同じ作者、中里氏制作の風で動く作品。<br />

    11「un… こころのマッサージサロン」
    マッサージチェアと同じ作者、中里氏制作の風で動く作品。

  • 風の具合によって、ゆらりゆらりと左右上下に動いて変化していきます。<br />「五円玉と人間」?<br />風の強い時も穏やかな時もあるけど、人との縁に支えられて、周りとのバランスを上手く保ちながら生きていきたい…そんな感じかなと勝手に解釈して納得してる。^ ^

    風の具合によって、ゆらりゆらりと左右上下に動いて変化していきます。
    「五円玉と人間」?
    風の強い時も穏やかな時もあるけど、人との縁に支えられて、周りとのバランスを上手く保ちながら生きていきたい…そんな感じかなと勝手に解釈して納得してる。^ ^

  • こんな興味をそそられる趣のある一角を入っていくと、

    イチオシ

    こんな興味をそそられる趣のある一角を入っていくと、

  • 03「MEGI HOUSE」に到着。<br />愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム<br />活動拠点として作品の展示や、イベントなどを行っています。<br />古民家にうちわをアレンジした作品。

    03「MEGI HOUSE」に到着。
    愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム
    活動拠点として作品の展示や、イベントなどを行っています。
    古民家にうちわをアレンジした作品。

  • 再び、海岸沿いまで戻ってきました。<br />目の前には、女木島の集落を見守るように立つ「モアイ像」<br />高松市内のクレーンメーカーが、倒れたまま放置されていたイースター島のモアイ像を立て直すというプロジェクトを立ち上げた際に、テスト実験するために製造されたものだったとか。<br />イースター島の本物のモアイ像と同じ凝灰岩で造られており、10.8トンもの重さがあるそう…。<br />なぜ女木島に??

    再び、海岸沿いまで戻ってきました。
    目の前には、女木島の集落を見守るように立つ「モアイ像」
    高松市内のクレーンメーカーが、倒れたまま放置されていたイースター島のモアイ像を立て直すというプロジェクトを立ち上げた際に、テスト実験するために製造されたものだったとか。
    イースター島の本物のモアイ像と同じ凝灰岩で造られており、10.8トンもの重さがあるそう…。
    なぜ女木島に??

  • 女木港周辺には、防風防潮用に「オオテ」と呼ばれる高さ3.4mにもなる石垣が築かれ、独特の景観を作り出しています。<br />

    女木港周辺には、防風防潮用に「オオテ」と呼ばれる高さ3.4mにもなる石垣が築かれ、独特の景観を作り出しています。

  • 最後の作品へ向かう途中に「鬼の台所は→ 」という看板に興味が湧き…きっとおしゃれなカフェに違いないよね…と妄想しちょっと寄り道。<br />石垣の間の小さな道を進んでいきます。

    最後の作品へ向かう途中に「鬼の台所は→ 」という看板に興味が湧き…きっとおしゃれなカフェに違いないよね…と妄想しちょっと寄り道。
    石垣の間の小さな道を進んでいきます。

  • 途中に出会った、女木島のニャンコ。<br />微動だもせず、じっと道行く人を見ていました。

    途中に出会った、女木島のニャンコ。
    微動だもせず、じっと道行く人を見ていました。

  • 辿り着いた先は、食品を売っている小さな商店でした。<br />想像していたものとのギャップが大きくて、思わず苦笑い。<br />「鬼ヶ島」=女木島の台所 というイメージなのかもしれません。

    辿り着いた先は、食品を売っている小さな商店でした。
    想像していたものとのギャップが大きくて、思わず苦笑い。
    「鬼ヶ島」=女木島の台所 というイメージなのかもしれません。

  • 元の海岸沿いの道まで戻り、「オーテ」沿いを進んでいきます。

    イチオシ

    地図を見る

    元の海岸沿いの道まで戻り、「オーテ」沿いを進んでいきます。

    オーテ (女木島の石垣) 名所・史跡

  • 18「家船」<br />家族で船で暮らし、一定の海域を移動し、海上生活を送る人たち。<br />漁業を営み生活した船を、瀬戸内海では「家船」と呼んでいます。

    18「家船」
    家族で船で暮らし、一定の海域を移動し、海上生活を送る人たち。
    漁業を営み生活した船を、瀬戸内海では「家船」と呼んでいます。

  • 海沿いの家屋に船首などを取りつけ、漂流する漁民が暮らした家を再現した作品。

    海沿いの家屋に船首などを取りつけ、漂流する漁民が暮らした家を再現した作品。

  • 「おにの館」前まで戻ってきました。<br />女木島の名物にもなっている、レトロ感満載の島内を巡るバス。

    「おにの館」前まで戻ってきました。
    女木島の名物にもなっている、レトロ感満載の島内を巡るバス。

    高松市鬼ヶ島おにの館 美術館・博物館

  • フェリーを待つ間にも作品鑑賞。<br />02「20世紀の回想」

    フェリーを待つ間にも作品鑑賞。
    02「20世紀の回想」

  • 「ピアノから流れる音楽が、海の波の音と呼応しながら旋律を奏でる」とのことでしたが、当日はあいにく強い季節風が…残念。

    イチオシ

    「ピアノから流れる音楽が、海の波の音と呼応しながら旋律を奏でる」とのことでしたが、当日はあいにく強い季節風が…残念。

  • 01「カモメの駐車場」<br />風が吹くと一斉に向きを変える姿は、今ではもう女木島の風物詩となりました。<br />その数およそ300羽だそうです。<br />この後、最後の島、男木島へ向かって出発です。

    イチオシ

    01「カモメの駐車場」
    風が吹くと一斉に向きを変える姿は、今ではもう女木島の風物詩となりました。
    その数およそ300羽だそうです。
    この後、最後の島、男木島へ向かって出発です。

22いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集