寝屋川・枚方・交野旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「東海道五十三次」とは余りにも知られている江戸時代に整備された五街道の最も重要な街道のひとつ。<br />江戸は日本橋から東海道を経て、京の三条大橋までの間に置かれた五十三の宿場町を差すわけですが、歌川広重の浮世絵などでお馴染みですね。<br /><br />その東海道の延長線とも言える京街道(大坂街道とも言う)の宿場、伏見宿・淀宿・枚方宿・守口宿の4宿場が含められて「東海道五十七次」と成ったようです。<br />即ち、江戸は日本橋から大坂の高麗橋までの間が東海道と成った様ですね。<br /><br />今回はその「枚方宿」の古い町並が残る旧街道をぶらぶら歩いてみます。<br />現在の大阪府枚方市~、京阪電車の枚方市駅から枚方公園駅間に残る一帯で、直ぐ近くには淀川が流れる水運の要の湊(港)が置かれ、京は伏見から大坂天満橋まで三十石船の中継地点として栄えたようです。<br /><br />実は枚方宿には以前から何度も来たことあったのですが、余りにも身近過ぎてスルーしていたんですね~。<br />だから今回は、ちょっとだけでも気合を入れて歩いてみました。<br /><br />また、聞いて知ったのですが「枚方宿くらわんか五六市」、毎月第二日曜日に街道筋に200余りの店舗が並ぶ市が開かれているそうです。<br />是非、カメラ片手にぶらぶら歩いてみようと思います。

大阪・歴史街道 淀川くらわんか船の湊・枚方宿をぶらぶら歩き旅

11いいね!

2018/12/15 - 2018/12/15

359位(同エリア670件中)

機乗の空論

機乗の空論さん

この旅行記のスケジュール

2018/12/15

この旅行記スケジュールを元に

「東海道五十三次」とは余りにも知られている江戸時代に整備された五街道の最も重要な街道のひとつ。
江戸は日本橋から東海道を経て、京の三条大橋までの間に置かれた五十三の宿場町を差すわけですが、歌川広重の浮世絵などでお馴染みですね。

その東海道の延長線とも言える京街道(大坂街道とも言う)の宿場、伏見宿・淀宿・枚方宿・守口宿の4宿場が含められて「東海道五十七次」と成ったようです。
即ち、江戸は日本橋から大坂の高麗橋までの間が東海道と成った様ですね。

今回はその「枚方宿」の古い町並が残る旧街道をぶらぶら歩いてみます。
現在の大阪府枚方市~、京阪電車の枚方市駅から枚方公園駅間に残る一帯で、直ぐ近くには淀川が流れる水運の要の湊(港)が置かれ、京は伏見から大坂天満橋まで三十石船の中継地点として栄えたようです。

実は枚方宿には以前から何度も来たことあったのですが、余りにも身近過ぎてスルーしていたんですね~。
だから今回は、ちょっとだけでも気合を入れて歩いてみました。

また、聞いて知ったのですが「枚方宿くらわんか五六市」、毎月第二日曜日に街道筋に200余りの店舗が並ぶ市が開かれているそうです。
是非、カメラ片手にぶらぶら歩いてみようと思います。

旅行の満足度
3.0
観光
3.0
グルメ
3.0
ショッピング
3.0
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
高速・路線バス 私鉄 徒歩

PR

  • 出発は京阪枚方駅近くのイオン枚方店の西角に在る石碑「枚方宿」、<br /><br />東海道五十七次(京街道)の五十六番目の宿場として栄えた枚方宿。<br />では、ここから西見附(枚方公園駅)に向ってぶらぶら歩き始めます~。

    出発は京阪枚方駅近くのイオン枚方店の西角に在る石碑「枚方宿」、

    東海道五十七次(京街道)の五十六番目の宿場として栄えた枚方宿。
    では、ここから西見附(枚方公園駅)に向ってぶらぶら歩き始めます~。

  • 早速、道路を渡ったところからこの風情に溢れる旧街道筋~、<br /><br />漆喰造りのお店は「56un」という雑貨小物屋などを扱うワークショップでした。

    早速、道路を渡ったところからこの風情に溢れる旧街道筋~、

    漆喰造りのお店は「56un」という雑貨小物屋などを扱うワークショップでした。

  • その隣も漆喰造りの風情ある店は大阪では数少ない味噌醸造所の「北村みそ本家」~、<br /><br />創業明治16年と、130年余りもこの地で親しまれた”白味噌と菊人形味噌”。<br />一度、ご賞味下さいませ!。

    その隣も漆喰造りの風情ある店は大阪では数少ない味噌醸造所の「北村みそ本家」~、

    創業明治16年と、130年余りもこの地で親しまれた”白味噌と菊人形味噌”。
    一度、ご賞味下さいませ!。

  • 街道沿いには必ず設置されている「常夜灯」~、<br /><br />夜道の安全の為、字の如く一晩中つけておく灯りのことで今でいう街灯。<br />または街道の道標の役目も果していますね。<br /><br />正しくは「妙見宮常夜灯石灯篭」で、妙見宮・天泰平・駅内安全と刻まれてます~。

    街道沿いには必ず設置されている「常夜灯」~、

    夜道の安全の為、字の如く一晩中つけておく灯りのことで今でいう街灯。
    または街道の道標の役目も果していますね。

    正しくは「妙見宮常夜灯石灯篭」で、妙見宮・天泰平・駅内安全と刻まれてます~。

    常夜灯 名所・史跡

  • 漆喰造りの綺麗な町屋は「町かどデイハウスわくわく」~、<br /><br />なるほど高齢者介護の日帰りサービス施設なんですね。<br />わくわく!と言う名前が何となく好いですね。

    漆喰造りの綺麗な町屋は「町かどデイハウスわくわく」~、

    なるほど高齢者介護の日帰りサービス施設なんですね。
    わくわく!と言う名前が何となく好いですね。

  • 本陣跡近くの三矢公園手前、黒い壁と漆喰が綺麗な商家は「くらわんかギャラリー」で、どっしりとした重厚な商家です。<br /><br />旧小野邸跡で、天保年間から続く老舗”塩熊商店”を一般公開しているようです。

    本陣跡近くの三矢公園手前、黒い壁と漆喰が綺麗な商家は「くらわんかギャラリー」で、どっしりとした重厚な商家です。

    旧小野邸跡で、天保年間から続く老舗”塩熊商店”を一般公開しているようです。

    くらわんかギャラリー 専門店

  • 店内はギャラリーに成っていて、喫茶形式で座敷へ上がり見学をして頂くようで、郷土品販売などもあるそうです。<br /><br />この日は定休日でした、残念です。

    店内はギャラリーに成っていて、喫茶形式で座敷へ上がり見学をして頂くようで、郷土品販売などもあるそうです。

    この日は定休日でした、残念です。

  • その先の格子に漆喰の在る渋い町屋は、普通の個人宅でお住まいの様ですね~。<br /><br />街並みとして見る分には良いのですが、<br />お住まいの方には、保存の一環として感謝するしかありませんね?…。

    その先の格子に漆喰の在る渋い町屋は、普通の個人宅でお住まいの様ですね~。

    街並みとして見る分には良いのですが、
    お住まいの方には、保存の一環として感謝するしかありませんね?…。

  • 渋い色合いの格子に漆喰の家屋は「阪口医院」~、<br /><br />病院なんですが、横に新しく建てられた建物に成ってました。<br />でも、代々続いた家屋なんでしょうね?…。

    渋い色合いの格子に漆喰の家屋は「阪口医院」~、

    病院なんですが、横に新しく建てられた建物に成ってました。
    でも、代々続いた家屋なんでしょうね?…。

  • 街道が直角に曲がったところに在る「浄念寺」は浄土真宗のお寺。<br /><br />これは本陣防御の為から左右に折れ曲がった枡形に成ってますね!。<br />明応4年開基の古いお寺ですが、明治21年まで北河内の郡役所が設置されていたんですね?~。

    街道が直角に曲がったところに在る「浄念寺」は浄土真宗のお寺。

    これは本陣防御の為から左右に折れ曲がった枡形に成ってますね!。
    明応4年開基の古いお寺ですが、明治21年まで北河内の郡役所が設置されていたんですね?~。

    浄念寺 寺・神社

  • この重厚な商家は「枚方宿問屋役人・木南気喜右衛門家」で、この宿では最大の遺構、屋号は「田葉粉屋」とありました。<br /><br />この家屋は明治中期に建てられたそうで、敷地内には複数の蔵が在るそうです。<br />但し、一般公開はされていないようで残念です?。

    この重厚な商家は「枚方宿問屋役人・木南気喜右衛門家」で、この宿では最大の遺構、屋号は「田葉粉屋」とありました。

    この家屋は明治中期に建てられたそうで、敷地内には複数の蔵が在るそうです。
    但し、一般公開はされていないようで残念です?。

  • 街道を挟んで見た旧街道筋の風景~、<br /><br />向かいの家の軒下から眺めると良いですね!~、何とも言えない趣き、風情に見舞われます。<br />まだ、大阪にもあるんあですね~。

    イチオシ

    街道を挟んで見た旧街道筋の風景~、

    向かいの家の軒下から眺めると良いですね!~、何とも言えない趣き、風情に見舞われます。
    まだ、大阪にもあるんあですね~。

  • 先程からガーリックの好い香りがしてくると思ったら~、<br /><br />イタリアンレストラン「MogaJoga」と在りました。<br />町屋を改装したお洒落な雰囲気を醸し出してますね?~。

    先程からガーリックの好い香りがしてくると思ったら~、

    イタリアンレストラン「MogaJoga」と在りました。
    町屋を改装したお洒落な雰囲気を醸し出してますね?~。

  • ちょっと古めかしい家屋は「ルポ・デ・ミディ」?…、<br />何屋さんかと思いきや衣・食・住、生活雑貨店とカフェと有りました。<br /><br />窓からちょっと覗いてみると~、古民家を改装した好い雰囲気ですね!、<br />近い内にお邪魔します。

    ちょっと古めかしい家屋は「ルポ・デ・ミディ」?…、
    何屋さんかと思いきや衣・食・住、生活雑貨店とカフェと有りました。

    窓からちょっと覗いてみると~、古民家を改装した好い雰囲気ですね!、
    近い内にお邪魔します。

    ルポ・デ・ミディ グルメ・レストラン

  • 普通に住まわれている「村田邸」も2階に虫篭窓の在る町屋です。<br /><br />手前の壁は元蔵のようですね?。

    普通に住まわれている「村田邸」も2階に虫篭窓の在る町屋です。

    手前の壁は元蔵のようですね?。

  • 町屋カフェ&皮小物「遊馬」だったと思うのですが?…、<br /><br />もう店じまいをしたのでしょうか?…、<br />でも、格子戸と漆喰の町屋は健在でした。

    町屋カフェ&皮小物「遊馬」だったと思うのですが?…、

    もう店じまいをしたのでしょうか?…、
    でも、格子戸と漆喰の町屋は健在でした。

  • その格子と漆喰造りの町屋が3棟並ぶと良い風情が出ますね!、<br /><br />正面の町屋は「森本邸」、普通に住まわれてます。<br /><br />向かいの軒下から佇んでると、ここが枚方であることを忘れてしまいそうです?…。

    イチオシ

    その格子と漆喰造りの町屋が3棟並ぶと良い風情が出ますね!、

    正面の町屋は「森本邸」、普通に住まわれてます。

    向かいの軒下から佇んでると、ここが枚方であることを忘れてしまいそうです?…。

  • 鉄筋5階建ての「鍵屋別館」には色々なお店が入ってます~。<br /><br />主に雑貨小物・カフェなどですが、若い方々がオーナーとして新しい風を吹き入れることは地域の活性化を担ってますね!。<br />

    鉄筋5階建ての「鍵屋別館」には色々なお店が入ってます~。

    主に雑貨小物・カフェなどですが、若い方々がオーナーとして新しい風を吹き入れることは地域の活性化を担ってますね!。

  • 今回の枚方宿を知る上で最も象徴的なところが「市立・鍵屋資料館」、歴史を伝える資料館。<br /><br />鍵屋とは屋号で、江戸時代は船待ち宿、近代は料亭・料理旅館として平成9年まで営業を続けていたそうです。<br />江戸時代の主屋と、昭和初期の別棟から成り立ってます。<br /><br />*詳細はクチコミでお願いします

    今回の枚方宿を知る上で最も象徴的なところが「市立・鍵屋資料館」、歴史を伝える資料館。

    鍵屋とは屋号で、江戸時代は船待ち宿、近代は料亭・料理旅館として平成9年まで営業を続けていたそうです。
    江戸時代の主屋と、昭和初期の別棟から成り立ってます。

    *詳細はクチコミでお願いします

    枚方宿鍵屋資料館 美術館・博物館

    くらわんか船、お薦め資料館! ~ 枚方宿鍵屋資料館 by 機乗の空論さん
  • 街道沿いに解体・復元された「主屋」が当時の面影を偲ばせます~。<br /><br />江戸時代・文化8年に建てられた町屋は、市を代表する歴史的建造物として有形文化財に指定されてます。

    街道沿いに解体・復元された「主屋」が当時の面影を偲ばせます~。

    江戸時代・文化8年に建てられた町屋は、市を代表する歴史的建造物として有形文化財に指定されてます。

  • では、中庭側からですが入ってみましょう!~、<br /><br />まずは”とおりにわ”と言って、表口と裏口をつなぐ通路代わりの場所。<br />その左側は”ひろしき”と言う船の休憩所・待合所のようなところ。<br />奥には当時の姿をした人形も有ります。<br />

    では、中庭側からですが入ってみましょう!~、

    まずは”とおりにわ”と言って、表口と裏口をつなぐ通路代わりの場所。
    その左側は”ひろしき”と言う船の休憩所・待合所のようなところ。
    奥には当時の姿をした人形も有ります。

  • 店の正面玄関と成るところです~、<br /><br />当時の宿や店は大半が”摺り上げ戸”、開口部を上に収納する戸で、大勢の客の出入りに対応したのでしょう。

    店の正面玄関と成るところです~、

    当時の宿や店は大半が”摺り上げ戸”、開口部を上に収納する戸で、大勢の客の出入りに対応したのでしょう。

  • 奥を眺めたところ~<br /><br />手前がひろしきで、夜は客間として宿泊所に使われたんでしょうね。<br />左手は台所で釜や水回り~、待ち人などにお茶などを用意したんでしょう!。<br />

    奥を眺めたところ~

    手前がひろしきで、夜は客間として宿泊所に使われたんでしょうね。
    左手は台所で釜や水回り~、待ち人などにお茶などを用意したんでしょう!。

  • 台所の奥は”帳場”~、<br /><br />今で言う事務所のようなところで、番頭さん丁稚・小僧さんが働いていたんでしょう!。<br />宿や商家らしい風情が残ってますね。

    台所の奥は”帳場”~、

    今で言う事務所のようなところで、番頭さん丁稚・小僧さんが働いていたんでしょう!。
    宿や商家らしい風情が残ってますね。

  • 有料の「別棟」、2階大広間は圧巻です!、<br /><br />この折上げ格天井は贅を尽くしたもので一見の価値あり!。<br />63畳もある大広間からは、東は比叡山から西は六甲山まで望めます。

    有料の「別棟」、2階大広間は圧巻です!、

    この折上げ格天井は贅を尽くしたもので一見の価値あり!。
    63畳もある大広間からは、東は比叡山から西は六甲山まで望めます。

  • 街道から鍵屋さん全体を眺めるとやはり立派で大きいですね!、<br /><br />解体・復元して後世に残してくれた枚方市に感謝です!。<br /><br />

    イチオシ

    街道から鍵屋さん全体を眺めるとやはり立派で大きいですね!、

    解体・復元して後世に残してくれた枚方市に感謝です!。

  • その先にも格子と漆喰造りの町屋「田中邸」、<br /><br />こちらも普通に住まわれてますね~。<br /><br />街道筋を眺めると随分と道幅が狭かったことが判ります。

    その先にも格子と漆喰造りの町屋「田中邸」、

    こちらも普通に住まわれてますね~。

    街道筋を眺めると随分と道幅が狭かったことが判ります。

  • 宿場の端にあたる「西見附」まで来ました~、<br /><br />街道の分岐点など交通の要所に置かれた見張所のこと。<br /><br />更にここを右折すれば淀川の堤防、府道13号線に出ます。

    宿場の端にあたる「西見附」まで来ました~、

    街道の分岐点など交通の要所に置かれた見張所のこと。

    更にここを右折すれば淀川の堤防、府道13号線に出ます。

  • 府道13号線沿いに白壁で囲まれた石碑は「郵便屋の渡し跡」、<br /><br />明治4年に枚方郵便取扱所が開設され、明治10年に大阪・京都間に東海道線が対岸に開通すると郵便屋の渡しが新設されると郵便物が高槻に運ばれるように成ったそうです…、なるほどね!。

    府道13号線沿いに白壁で囲まれた石碑は「郵便屋の渡し跡」、

    明治4年に枚方郵便取扱所が開設され、明治10年に大阪・京都間に東海道線が対岸に開通すると郵便屋の渡しが新設されると郵便物が高槻に運ばれるように成ったそうです…、なるほどね!。

  • 枚方公園駅から電車で一駅、枚方市駅に戻って来ました。<br /><br />スタート地点の前に在る蕎麦屋「おらが蕎麦」でお昼を頂きます。<br />本格的な蕎麦がリーズナブルでボリュームあって旨いです!。<br /><br />*詳細はクチコミでお願いします

    枚方公園駅から電車で一駅、枚方市駅に戻って来ました。

    スタート地点の前に在る蕎麦屋「おらが蕎麦」でお昼を頂きます。
    本格的な蕎麦がリーズナブルでボリュームあって旨いです!。

    *詳細はクチコミでお願いします

    おらが蕎麦 枚方ビオルネ店 グルメ・レストラン

    心の体も温まって満腹状態! ~ おらが蕎麦 枚方ビオルネ店 by 機乗の空論さん
11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

寝屋川・枚方・交野の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集