バクー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「コーカサス3国」は、カスピ海と黒海に挟まれた旧ソ連の国々です。<br />アゼルバイジャン共和国・ジョージア(グルジア)・アルメニアの3ヶ国を訪れました。<br /> 3回目は、アゼルバイジャンの首都バクーの半日自由行動で、路線バスと地下鉄に乗り、中心街と旧市街を歩き回った様子を紹介します。<br />バクー市内の公共交通機関は、バクーカードというチャージ式のカードでのみ精算できます。<br />その時に出会った親切なアゼリーたちとの交流。これが、自由行動の楽しさです。<br />旧市街は城壁に囲まれた迷路。入り組んだ、先の見通せない道をふらふら歩く。<br />まだ観光客が押し寄せる前の静かな時間でした。城門から出て、近くの繁華街ニザミ通りへ。<br />広くて綺麗な通りのカフェでスイーツをテイクアウト。これが安くて美味しい!<br />半日ではなくて、一日だったらいいのに。午後はツアーでの市内観光。それは次回にて。<br />

コーカサス3国周遊 アゼルバイジャン(3)

25いいね!

2018/10/04 - 2018/10/11

56位(同エリア204件中)

ミズ旅撮る人

ミズ旅撮る人さん

「コーカサス3国」は、カスピ海と黒海に挟まれた旧ソ連の国々です。
アゼルバイジャン共和国・ジョージア(グルジア)・アルメニアの3ヶ国を訪れました。
 3回目は、アゼルバイジャンの首都バクーの半日自由行動で、路線バスと地下鉄に乗り、中心街と旧市街を歩き回った様子を紹介します。
バクー市内の公共交通機関は、バクーカードというチャージ式のカードでのみ精算できます。
その時に出会った親切なアゼリーたちとの交流。これが、自由行動の楽しさです。
旧市街は城壁に囲まれた迷路。入り組んだ、先の見通せない道をふらふら歩く。
まだ観光客が押し寄せる前の静かな時間でした。城門から出て、近くの繁華街ニザミ通りへ。
広くて綺麗な通りのカフェでスイーツをテイクアウト。これが安くて美味しい!
半日ではなくて、一日だったらいいのに。午後はツアーでの市内観光。それは次回にて。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • この日は、昨日と同様、大変長い一日となります。なぜなら、バクーからジョージアのトビリシへ行く飛行機が22時発、23:10到着で、ホテル到着予定が24:30だからです。<br />それで、午前中フリータイムが出来ました。正午にホテルを出るまで、のんびり過ごすもよし、私のようにいそいそと町に繰り出すもよし。<br />今回のホテルは郊外にあり、中心部までは路線バスで行かなければなりません。(私は基本的にタクシーは使いません)<br />幸いバス停は、ホテルのすぐそばにありました。<br />

    この日は、昨日と同様、大変長い一日となります。なぜなら、バクーからジョージアのトビリシへ行く飛行機が22時発、23:10到着で、ホテル到着予定が24:30だからです。
    それで、午前中フリータイムが出来ました。正午にホテルを出るまで、のんびり過ごすもよし、私のようにいそいそと町に繰り出すもよし。
    今回のホテルは郊外にあり、中心部までは路線バスで行かなければなりません。(私は基本的にタクシーは使いません)
    幸いバス停は、ホテルのすぐそばにありました。

    カフカズ バクー シティ ホテル&レジデンス ホテル

  • Chirag Plaza。ここからバスに乗ります。大きな広場なので、バスはたくさんの系統が止まります。<br />

    Chirag Plaza。ここからバスに乗ります。大きな広場なので、バスはたくさんの系統が止まります。

  • Tbilisi avenueは大きな通りです。止まっている車を数えると6車線ありますね。<br />6台のうち、1台が日産、1台がホンダです。日本車の占める割合は高いです。<br />スバルも多く、トヨタ、スズキなどもよく走っています。<br />

    Tbilisi avenueは大きな通りです。止まっている車を数えると6車線ありますね。
    6台のうち、1台が日産、1台がホンダです。日本車の占める割合は高いです。
    スバルも多く、トヨタ、スズキなどもよく走っています。

  • これが紫バス。赤バスも同様の仕様ですが、白バスはちょっと小型で路線もよりローカルなようです。<br />

    これが紫バス。赤バスも同様の仕様ですが、白バスはちょっと小型で路線もよりローカルなようです。

  • 地下鉄・路線バス共通のバクー・カードは券売機で購入できます。<br />券売機は、地下鉄の各駅とバス停(設置されていないバス停もあり)に設置されています。<br />この券売機で、カードを買おうと順番を待っていると、今買っていた男性が声を掛けて来ました。<br />「カードを買いたいの?」私がそうだと言うと、彼は次々に指示を出して、買わせてくれました。<br />アゼリーは、とても親切です。チャージの仕方まで、じっくり教えてくれました。<br />

    地下鉄・路線バス共通のバクー・カードは券売機で購入できます。
    券売機は、地下鉄の各駅とバス停(設置されていないバス停もあり)に設置されています。
    この券売機で、カードを買おうと順番を待っていると、今買っていた男性が声を掛けて来ました。
    「カードを買いたいの?」私がそうだと言うと、彼は次々に指示を出して、買わせてくれました。
    アゼリーは、とても親切です。チャージの仕方まで、じっくり教えてくれました。

  • バクー・カードには2種類あります。1枚は4回のみ使えるもので、利用制限があります。<br />勝手がわからないのと、必要な時に余分に使える方がいいので、チャージ式のカードを購入します。<br />画面で言うと左側です。ちなみに、バクーと日本語で言いますが、表記は「Baki」です。<br />

    バクー・カードには2種類あります。1枚は4回のみ使えるもので、利用制限があります。
    勝手がわからないのと、必要な時に余分に使える方がいいので、チャージ式のカードを購入します。
    画面で言うと左側です。ちなみに、バクーと日本語で言いますが、表記は「Baki」です。

  • チャージ式のカードは2マナトです。130円。suicaだと500円のデポジットですから、すごく安いです。<br />但し、これはカード本体の金額です。<br />2マナト投入すればカードは買えますが、チャージはされていないので、利用することは出来ません。<br />余分にお金を入れれば、その分は自動的にチャージされます。但し、お釣りは出ないので要注意。

    チャージ式のカードは2マナトです。130円。suicaだと500円のデポジットですから、すごく安いです。
    但し、これはカード本体の金額です。
    2マナト投入すればカードは買えますが、チャージはされていないので、利用することは出来ません。
    余分にお金を入れれば、その分は自動的にチャージされます。但し、お釣りは出ないので要注意。

  • チャージをする時は、右側にあるカードを置く部分に、このように置いてお金を入れるだけ。<br />お釣りが出ないので、入れた金額すべてがチャージされます。なので、小銭を用意しておく必要があります。<br />バスや地下鉄の料金は、1乗車0.2マナト(13円)です。均一料金なので、どれだけ乗っても同じです。<br />今回、バス2回、地下鉄1回の利用なので、カードと合わせて3マナトで済みました。<br />この場合、使い切り方式のカードでもいいのだと思います。<br />しかし、急に別のルートで移動したり、何かの条件(利用路線制限など)に合致しなくて使えなかったりしたら困るので、金額的にとても安いチャージ式を選択しています。

    チャージをする時は、右側にあるカードを置く部分に、このように置いてお金を入れるだけ。
    お釣りが出ないので、入れた金額すべてがチャージされます。なので、小銭を用意しておく必要があります。
    バスや地下鉄の料金は、1乗車0.2マナト(13円)です。均一料金なので、どれだけ乗っても同じです。
    今回、バス2回、地下鉄1回の利用なので、カードと合わせて3マナトで済みました。
    この場合、使い切り方式のカードでもいいのだと思います。
    しかし、急に別のルートで移動したり、何かの条件(利用路線制限など)に合致しなくて使えなかったりしたら困るので、金額的にとても安いチャージ式を選択しています。

  • バス停にはバスの運行状況を知らせる表示板があります。<br />現在、2番があと1分、13番があと4分の場所にいます。<br />この2番の赤バスに乗って、28Mayの地下鉄駅を目指します。<br />

    バス停にはバスの運行状況を知らせる表示板があります。
    現在、2番があと1分、13番があと4分の場所にいます。
    この2番の赤バスに乗って、28Mayの地下鉄駅を目指します。

  • 土曜の朝ですが、バスは結構混んでいます。なので、残念ながら車内の写真は撮れませんでした。<br />バスの中には、次に停車するバス停の表示板があります。向こう3停留所まで表示されるので、助かります。<br />たまたま、私の前の席が空きました。私が近くに立っていたご婦人に声を掛けて譲ると、その女性は自分の膝の上を指して、「あなたの荷物を置いて。」と言いました。<br />私の荷物はかなり重いので、丁重にお断りしましたが、こうしたやり取りが出来たことがとても嬉しかったです。もう、日本では見られなくなりました。<br />

    土曜の朝ですが、バスは結構混んでいます。なので、残念ながら車内の写真は撮れませんでした。
    バスの中には、次に停車するバス停の表示板があります。向こう3停留所まで表示されるので、助かります。
    たまたま、私の前の席が空きました。私が近くに立っていたご婦人に声を掛けて譲ると、その女性は自分の膝の上を指して、「あなたの荷物を置いて。」と言いました。
    私の荷物はかなり重いので、丁重にお断りしましたが、こうしたやり取りが出来たことがとても嬉しかったです。もう、日本では見られなくなりました。

  • 郊外の高台から中心部を目指して、坂を下り続けたバスは、地下鉄ニザミ通り駅(Nizami st.)の前を通り、Fuzuli 通りにぶつかると、目指す方向と反対の右手に曲がりました。<br />北から南下してくると、ここに緩衝地帯のようなグリーンベルトがあって、大きく迂回しなければならないのです。初めてのバスで、ちょっと緊張しました。<br />バスは西に向かってどんどん進み、坂を上がって行きます。また行き当たるとグリーンベルトを回り込んで、ようやく東に向かって下って行きました。やれやれ、目的地に行くバスに乗ったはずなのに、間違えたかと冷や汗かいちゃった。<br />

    郊外の高台から中心部を目指して、坂を下り続けたバスは、地下鉄ニザミ通り駅(Nizami st.)の前を通り、Fuzuli 通りにぶつかると、目指す方向と反対の右手に曲がりました。
    北から南下してくると、ここに緩衝地帯のようなグリーンベルトがあって、大きく迂回しなければならないのです。初めてのバスで、ちょっと緊張しました。
    バスは西に向かってどんどん進み、坂を上がって行きます。また行き当たるとグリーンベルトを回り込んで、ようやく東に向かって下って行きました。やれやれ、目的地に行くバスに乗ったはずなのに、間違えたかと冷や汗かいちゃった。

  • 28Mayの広場に行くには、Central Bankか、次のMughan Gardenで降りればOK。<br />2番の赤バスに別れを告げて、Mughan Gardenで降りました。余分に街中を走りたかったので。<br />

    28Mayの広場に行くには、Central Bankか、次のMughan Gardenで降りればOK。
    2番の赤バスに別れを告げて、Mughan Gardenで降りました。余分に街中を走りたかったので。

  • Samad Vurgun Gardenです。バクー市内には大きな公園があちこちにあります。<br />すぐそばで石油を掘削しているのに、こんなにも緑豊かだなんて、他のオイルダラーの国とは全然違います。<br />

    Samad Vurgun Gardenです。バクー市内には大きな公園があちこちにあります。
    すぐそばで石油を掘削しているのに、こんなにも緑豊かだなんて、他のオイルダラーの国とは全然違います。

  • 国鉄のバクー駅です。ロシアのモスクワやキエフ行きの国際列車が乗り入れます。但し、外国人は乗車できないようです。<br />他に、ジョージアのトビリシへの夜行列車もあるそうです。<br />こうして建物を遠くから撮るのは大丈夫ですが、建物のそばに近寄ってカメラを構えると、警備員に追い払われます。<br />

    国鉄のバクー駅です。ロシアのモスクワやキエフ行きの国際列車が乗り入れます。但し、外国人は乗車できないようです。
    他に、ジョージアのトビリシへの夜行列車もあるそうです。
    こうして建物を遠くから撮るのは大丈夫ですが、建物のそばに近寄ってカメラを構えると、警備員に追い払われます。

  • いわば東京駅の八重洲口だというのに、な~んにもない。<br />国鉄の建物を右手に見ながら、まっすぐ進みます。角を曲がると地下鉄の駅がある広場28Mayに出ます。<br />

    いわば東京駅の八重洲口だというのに、な~んにもない。
    国鉄の建物を右手に見ながら、まっすぐ進みます。角を曲がると地下鉄の駅がある広場28Mayに出ます。

  • 町中いたるところにキオスクはあります。煙草が表示板で売られているのがおもしろいです。<br />

    町中いたるところにキオスクはあります。煙草が表示板で売られているのがおもしろいです。

  • 国鉄の建物のお向かい辺りに白い小屋があります。「WC」。有料公衆トイレです。<br />男性の入り口の右側にある小さな窓口で料金を払います。<br />女性用の入り口は向かって右側にあり、そこには窓口はなかったので、入ってしまいました。<br />すると外からドンドンドンドンドン!と、すごい勢いで叩かれました。<br />有料とは気づかず(ガイドブックには無料と書いてあった)、びっくりしました。<br />

    国鉄の建物のお向かい辺りに白い小屋があります。「WC」。有料公衆トイレです。
    男性の入り口の右側にある小さな窓口で料金を払います。
    女性用の入り口は向かって右側にあり、そこには窓口はなかったので、入ってしまいました。
    すると外からドンドンドンドンドン!と、すごい勢いで叩かれました。
    有料とは気づかず(ガイドブックには無料と書いてあった)、びっくりしました。

  • 広場がL字型に曲がる辺りに、地下鉄への階段があります。<br />しかし、やたら小便臭い上に、地元の人が滅多に出入りしません。<br />ちゃんと立派な地下鉄の建物が目の前にあるので、降りるのは止めました。<br />後でわかったのですが、こちらはJafar Jabbarli駅です。28May駅とは路線が違いました(緑ライン)。<br />

    広場がL字型に曲がる辺りに、地下鉄への階段があります。
    しかし、やたら小便臭い上に、地元の人が滅多に出入りしません。
    ちゃんと立派な地下鉄の建物が目の前にあるので、降りるのは止めました。
    後でわかったのですが、こちらはJafar Jabbarli駅です。28May駅とは路線が違いました(緑ライン)。

  • こちらが地下鉄の28May駅です。真ん中にドアが見えますが、出口専用で、入り口は左に回り込んだところにあります。<br />中に入ってすぐに警備員がいて、大きな荷物は中を見せるよう、呼び止められます。また、写真撮影は禁止です。<br />ここは、次から次へと人が改札へと吸い込まれて行きます。<br />地下鉄には乗るのですが、せっかくなので、広場に面したショッピングセンターを覗きに行きます。<br />改札前でウロウロしていると、「地下鉄に乗りたいの?」と声を掛けられました。<br />外国人がどうしたらいいのか迷っているように見えたようです。<br />アゼリー(アゼルバイジャン人)は本当に親切です。<br />

    こちらが地下鉄の28May駅です。真ん中にドアが見えますが、出口専用で、入り口は左に回り込んだところにあります。
    中に入ってすぐに警備員がいて、大きな荷物は中を見せるよう、呼び止められます。また、写真撮影は禁止です。
    ここは、次から次へと人が改札へと吸い込まれて行きます。
    地下鉄には乗るのですが、せっかくなので、広場に面したショッピングセンターを覗きに行きます。
    改札前でウロウロしていると、「地下鉄に乗りたいの?」と声を掛けられました。
    外国人がどうしたらいいのか迷っているように見えたようです。
    アゼリー(アゼルバイジャン人)は本当に親切です。

  • 地下鉄駅の隣に、立派なイスラム建築があります。<br />さぞかし名のあるモスクかと思いきや、元は地下鉄駅で、その後、なんとケンタッキーフライドチキンになりました。世界一大きなKFCでした。<br />しかし、現在は移転して、地下鉄駅を挟んで向こう側の建物にあります。<br />

    地下鉄駅の隣に、立派なイスラム建築があります。
    さぞかし名のあるモスクかと思いきや、元は地下鉄駅で、その後、なんとケンタッキーフライドチキンになりました。世界一大きなKFCでした。
    しかし、現在は移転して、地下鉄駅を挟んで向こう側の建物にあります。

  • 広場に面して建つショッピンモール「28 Mall」。<br />5階建てで、外からは半地下の1階と2階に行くことが出来ます。<br />物販店は10~22時。スーパーマーケットは9時から開店です。4階には、マックやKFCがあり、MADOカフェもあります。<br />

    広場に面して建つショッピンモール「28 Mall」。
    5階建てで、外からは半地下の1階と2階に行くことが出来ます。
    物販店は10~22時。スーパーマーケットは9時から開店です。4階には、マックやKFCがあり、MADOカフェもあります。

    28モール ショッピングセンター

  • さて、これは何でしょう?<br />イチェリシャハル(旧市街)の地下鉄駅の天井です。<br />地下鉄構内は撮影禁止。あれだけ警備員がうじゃうじゃいたら、カメラを向ける隙さえありません。<br />改札でバクーカードをかざして中に入ると、地下に向かうエレベーターに乗ります。<br />飾り気のないエレベーターは、急角度でガンガン降りて行きます。<br />昨今の日本のスーパーなどでは、やたら遅いエレベーターが流行っていますが、まるでベルトコンベヤーに載せられた荷物のように、ズンズンと地下に送り込まれます。<br />辿り着いたところにも監視所があり、その先、両側にあるホームを繋ぐ廊下のような場所にも警備員。<br />「Icharishaharに行きたい。」と言うと、ホームを教えてくれて「next station」と言います。<br />ホームの警備員にも「次の駅」と言われました。しかし、「Icharishahar」は2つ目の駅なんです。<br />地下鉄には赤ラインと緑ラインがあり、Icharishaharは赤ラインの終点です。どうして情報が間違ったのか不明です。<br />緑ラインを利用する時は、28May広場にあったJafar Jabbarli駅の階段を降りて行くのです。<br />中で繋がっていないのかな?<br />

    さて、これは何でしょう?
    イチェリシャハル(旧市街)の地下鉄駅の天井です。
    地下鉄構内は撮影禁止。あれだけ警備員がうじゃうじゃいたら、カメラを向ける隙さえありません。
    改札でバクーカードをかざして中に入ると、地下に向かうエレベーターに乗ります。
    飾り気のないエレベーターは、急角度でガンガン降りて行きます。
    昨今の日本のスーパーなどでは、やたら遅いエレベーターが流行っていますが、まるでベルトコンベヤーに載せられた荷物のように、ズンズンと地下に送り込まれます。
    辿り着いたところにも監視所があり、その先、両側にあるホームを繋ぐ廊下のような場所にも警備員。
    「Icharishaharに行きたい。」と言うと、ホームを教えてくれて「next station」と言います。
    ホームの警備員にも「次の駅」と言われました。しかし、「Icharishahar」は2つ目の駅なんです。
    地下鉄には赤ラインと緑ラインがあり、Icharishaharは赤ラインの終点です。どうして情報が間違ったのか不明です。
    緑ラインを利用する時は、28May広場にあったJafar Jabbarli駅の階段を降りて行くのです。
    中で繋がっていないのかな?

  • 少し離れて見ます。昨夜、七色に輝いていた駅です。出入口の天井には絨毯のような模様が描かれています。<br />

    少し離れて見ます。昨夜、七色に輝いていた駅です。出入口の天井には絨毯のような模様が描かれています。

  • まったく撮れないのも悔しいので、横から覗いてみました。<br />日産リーフの展示がありました。オイルダラーの国に、電気自動車?

    まったく撮れないのも悔しいので、横から覗いてみました。
    日産リーフの展示がありました。オイルダラーの国に、電気自動車?

  • イチェリシャハル(Icharishahar)駅の前の広場には、こんな水飲み場がありました。それぞれの蛇口が星座になっています。<br />夏は40度を超すというバクー。水が飲めるとありがたいです。試しに飲んでみましたが、平気でしたよ。<br />

    イチェリシャハル(Icharishahar)駅の前の広場には、こんな水飲み場がありました。それぞれの蛇口が星座になっています。
    夏は40度を超すというバクー。水が飲めるとありがたいです。試しに飲んでみましたが、平気でしたよ。

  • 地下鉄イチェリシャハル駅を右手に見ながら、旧市街の城門をくぐって中に入って行きます。<br />

    地下鉄イチェリシャハル駅を右手に見ながら、旧市街の城門をくぐって中に入って行きます。

  • 旧市街の城壁は、大半が残っています。西はフォーシーズンズホテルのそばまで、<br />東はシェマハ門(Shemakha Gate)を経て、乙女の望楼まで続きます。<br />

    旧市街の城壁は、大半が残っています。西はフォーシーズンズホテルのそばまで、
    東はシェマハ門(Shemakha Gate)を経て、乙女の望楼まで続きます。

  • 城門をくぐると目の前には小さな広場があります。大きな頭部の像もあります。前大統領のヘイダル・アリエフかな?<br />塀の向こうは、シルヴァンシャー宮殿(Shirvanshakhs Palace)です。内部の見学は午後のツアーでするので、今は外周を歩くだけ。<br />

    城門をくぐると目の前には小さな広場があります。大きな頭部の像もあります。前大統領のヘイダル・アリエフかな?
    塀の向こうは、シルヴァンシャー宮殿(Shirvanshakhs Palace)です。内部の見学は午後のツアーでするので、今は外周を歩くだけ。

  • 小さな広場の左端を行くと宮殿の塀に沿って歩ける道が続いています。<br />左には、Museum of Miniature Booksがあります。豆本の博物館です。<br />クロアチアの首都ザグレブには失恋博物館なんてものもあるし、世界にはいろんな博物館があります。<br />

    小さな広場の左端を行くと宮殿の塀に沿って歩ける道が続いています。
    左には、Museum of Miniature Booksがあります。豆本の博物館です。
    クロアチアの首都ザグレブには失恋博物館なんてものもあるし、世界にはいろんな博物館があります。

  • マンホールの蓋。上部にイチェリシャハル(旧市街)と書かれています。<br />

    マンホールの蓋。上部にイチェリシャハル(旧市街)と書かれています。

  • むくげの花が咲いています。塀と共に左に曲がります。ちょうど突き当りの真上が、宮殿の入り口です。<br />

    むくげの花が咲いています。塀と共に左に曲がります。ちょうど突き当りの真上が、宮殿の入り口です。

  • 曲がると坂道になっていて、いよいよ旧市街の中心部になります。<br />

    曲がると坂道になっていて、いよいよ旧市街の中心部になります。

  • 小さな公園は花盛り。バクー市内には、本当にちょこちょこ、このような公園があります。<br />なんだか心のゆとりを感じますね。<br />

    小さな公園は花盛り。バクー市内には、本当にちょこちょこ、このような公園があります。
    なんだか心のゆとりを感じますね。

  • 猫ものんびり。<br />

    猫ものんびり。

  • 本当は、城壁に沿って歩こうかと思っていたけれど、やっぱり路地に惹かれるんだよね。行っちゃえ!<br />

    本当は、城壁に沿って歩こうかと思っていたけれど、やっぱり路地に惹かれるんだよね。行っちゃえ!

  • この鉄門がシルヴァンシャー宮殿の入り口。今登って来た坂の先に見えるのが、モスクとハマム。<br />鉄門が開いているのは、前を歩いていた女の人が入って行ったから。でも、開館は10時からだから、まだ早い。<br />

    この鉄門がシルヴァンシャー宮殿の入り口。今登って来た坂の先に見えるのが、モスクとハマム。
    鉄門が開いているのは、前を歩いていた女の人が入って行ったから。でも、開館は10時からだから、まだ早い。

  • ここからだとフレームタワーが良く見えます。2本しか見えないのが残念。<br />あんなに大きな建物なのに、意外と3本全部ちゃんと見えない。<br />

    ここからだとフレームタワーが良く見えます。2本しか見えないのが残念。
    あんなに大きな建物なのに、意外と3本全部ちゃんと見えない。

  • ふいに目をやった路地の出窓に、猫がぶら下がっている絵が描かれていました。こんな発見が楽しい。<br />

    ふいに目をやった路地の出窓に、猫がぶら下がっている絵が描かれていました。こんな発見が楽しい。

  • 割と簡素で、飾り気のない町並みなんだけど、所々にこうしたアート作品が隠れています。<br />

    割と簡素で、飾り気のない町並みなんだけど、所々にこうしたアート作品が隠れています。

  • 建物に装飾がほぼないので、ちょっと味気ない町並み。イスラム教の町だからかなあ。<br />旧市街の中は、平らな場所がほとんどありません。ちょこちょこ上がったり、下がったり。<br />整地しないで町を作ったんだね。だから、家々の玄関もちょっとずつ高さが違う。<br />

    建物に装飾がほぼないので、ちょっと味気ない町並み。イスラム教の町だからかなあ。
    旧市街の中は、平らな場所がほとんどありません。ちょこちょこ上がったり、下がったり。
    整地しないで町を作ったんだね。だから、家々の玄関もちょっとずつ高さが違う。

  • 路地と路地が交差する場所に古いモスク。<br />

    路地と路地が交差する場所に古いモスク。

  • 行く手の路地から現れて、モスクの角を曲がり、スタスタと歩いて行くおばあさん。<br />この旧市街は、路面がとっても滑らか。まるで磨き込んだみたい。これなら高低差はあっても歩きやすい。<br />おばあさんが手に持っているのは、丸くて平たいパン。<br />

    行く手の路地から現れて、モスクの角を曲がり、スタスタと歩いて行くおばあさん。
    この旧市街は、路面がとっても滑らか。まるで磨き込んだみたい。これなら高低差はあっても歩きやすい。
    おばあさんが手に持っているのは、丸くて平たいパン。

  • 土地が限られているから、少しでも部屋を広くするために、出窓が作られる。<br />マルタ島の出窓は、すごかった。どの家もカラフルな出窓だったから、見応えがあった。<br />バクーの出窓は、申し訳ないけど、無い方がすっきり。<br />

    土地が限られているから、少しでも部屋を広くするために、出窓が作られる。
    マルタ島の出窓は、すごかった。どの家もカラフルな出窓だったから、見応えがあった。
    バクーの出窓は、申し訳ないけど、無い方がすっきり。

  • 路地を抜けたら、北側の城壁に出ました。<br />写真の壁は、城壁沿いに作られたレストランの壁です。<br />この辺りから、シェマハ門までがレストランをはじめ、土産物店で賑わっています。<br />

    路地を抜けたら、北側の城壁に出ました。
    写真の壁は、城壁沿いに作られたレストランの壁です。
    この辺りから、シェマハ門までがレストランをはじめ、土産物店で賑わっています。

  • 由緒ありそうなレストラン「Old house」。<br />

    由緒ありそうなレストラン「Old house」。

  • どこまでが城壁なんだかよくわかりません。ここには城門があって、外に出るといきなりすごい階段があります。<br />結構、旧市街と外の公園とは高低差がありました。<br />シェマハ門に向かって旧市街は下り坂になり、門の中と外は同じ高さになります。<br />

    どこまでが城壁なんだかよくわかりません。ここには城門があって、外に出るといきなりすごい階段があります。
    結構、旧市街と外の公園とは高低差がありました。
    シェマハ門に向かって旧市街は下り坂になり、門の中と外は同じ高さになります。

  • 城門の一部を壁にして、大きな建物(Ismailliyya binasi)が建っています。<br />

    城門の一部を壁にして、大きな建物(Ismailliyya binasi)が建っています。

  • この建物の前に長い階段が3階分、ずっとあります。降りたところは城壁に沿った長い公園になっています。これはシェマハ門まで続いています。<br />

    この建物の前に長い階段が3階分、ずっとあります。降りたところは城壁に沿った長い公園になっています。これはシェマハ門まで続いています。

  • 今度はおじさんが、パンの袋を持って路地を歩いて行きます。<br />角に座っているおばあさんは、突き当りの家の前に置かれている籠に入ったザクロやブドウを売っているようです。<br />

    今度はおじさんが、パンの袋を持って路地を歩いて行きます。
    角に座っているおばあさんは、突き当りの家の前に置かれている籠に入ったザクロやブドウを売っているようです。

  • おばあさんの座っている階段は、この小さな広場の入り口でした。スペインのパティオ(中庭)のようですね。<br />何があるのか行ってみなければわからない。路地の醍醐味です。<br />

    おばあさんの座っている階段は、この小さな広場の入り口でした。スペインのパティオ(中庭)のようですね。
    何があるのか行ってみなければわからない。路地の醍醐味です。

  • こうした路地を歩いていると、一人のちょっと身なりのだらしないおばあさんと出くわしました。<br />手を差し出して、何かを言っていたので、物乞いだったのでしょう。<br />バクーは治安のいい都市ですが、こうした輩はいるので、ある程度の注意は必要です。<br />

    こうした路地を歩いていると、一人のちょっと身なりのだらしないおばあさんと出くわしました。
    手を差し出して、何かを言っていたので、物乞いだったのでしょう。
    バクーは治安のいい都市ですが、こうした輩はいるので、ある程度の注意は必要です。

  • すっごくおしゃれな猫に出会いました。ポスターでも作りたくなるくらい綺麗。<br />

    すっごくおしゃれな猫に出会いました。ポスターでも作りたくなるくらい綺麗。

  • 旧ソビエト時代に作られた車かしら?こうした車が結構たくさん走っています。<br />でも、アゼルバイジャンが独立したのは1991年。27年も経っているんだよね・・・<br />

    旧ソビエト時代に作られた車かしら?こうした車が結構たくさん走っています。
    でも、アゼルバイジャンが独立したのは1991年。27年も経っているんだよね・・・

  • 城壁に沿って露店が並びます。まだ早い時間なので、お店も準備中。<br />

    城壁に沿って露店が並びます。まだ早い時間なので、お店も準備中。

  • シェマハ門に向かって、道は下って行きます。<br />旧市街の内部には車は入れないので、外周を走るこの道は、結構車通りが多いです。<br />

    シェマハ門に向かって、道は下って行きます。
    旧市街の内部には車は入れないので、外周を走るこの道は、結構車通りが多いです。

  • 「CIZZ-BIZZ」。雰囲気がいいので撮ったレストラン。ここはツアーの昼食場所でした。<br />

    「CIZZ-BIZZ」。雰囲気がいいので撮ったレストラン。ここはツアーの昼食場所でした。

  • 振り返って見ます。結構坂道でした。<br />高低差を考えると、イチェリシャハル駅から歩き始めるのはいい選択だったと思います。<br />

    振り返って見ます。結構坂道でした。
    高低差を考えると、イチェリシャハル駅から歩き始めるのはいい選択だったと思います。

  • イチゴを売っています。ヨーロッパのイチゴは、見た目は良くても酸っぱかったり、大味だったり。これはどうなのかな?<br />

    イチゴを売っています。ヨーロッパのイチゴは、見た目は良くても酸っぱかったり、大味だったり。これはどうなのかな?

  • シェマハ門に来ました。旧市街の散策はこれで終了。<br />フリータイムが午前だけなので、簡単に横断することしか出来ません。もっと内部に入って彷徨い歩きたかったな。<br />

    シェマハ門に来ました。旧市街の散策はこれで終了。
    フリータイムが午前だけなので、簡単に横断することしか出来ません。もっと内部に入って彷徨い歩きたかったな。

    シェマハ門 建造物

  • 旧市街の外から見たシェマハ門(Shemakha Gate)。<br />かつてキャラバン(隊商)が通った、12~14世紀頃に建造された石造の門。<br />門には旅人の無事を祈る言葉が彫られています。<br />

    旧市街の外から見たシェマハ門(Shemakha Gate)。
    かつてキャラバン(隊商)が通った、12~14世紀頃に建造された石造の門。
    門には旅人の無事を祈る言葉が彫られています。

    シェマハ門 建造物

  • シェマハ門からニザミ通りへと向かいます。噴水公園のある角に、ニザミ文学博物館(Nizami Museum of Azerbaijan Literature)があります。<br />詩人のNizami Ganjavi生誕800周年を記念して、1945年5月14日に文学博物館を創設しました。<br />

    シェマハ門からニザミ通りへと向かいます。噴水公園のある角に、ニザミ文学博物館(Nizami Museum of Azerbaijan Literature)があります。
    詩人のNizami Ganjavi生誕800周年を記念して、1945年5月14日に文学博物館を創設しました。

  • 文学館の壁面には、有名な詩人や文学者の絵が掲げられていました。<br />

    文学館の壁面には、有名な詩人や文学者の絵が掲げられていました。

  • 文学館の前にあるニザミ公園には、ニザミ(1141~1209)の銅像。<br />セルジューク・トルコ(1038~1157年)と、モンゴル帝国に支配された時代の人です。<br />16才までがトルコで、その後がモンゴルなんて、すごい変遷。<br />

    文学館の前にあるニザミ公園には、ニザミ(1141~1209)の銅像。
    セルジューク・トルコ(1038~1157年)と、モンゴル帝国に支配された時代の人です。
    16才までがトルコで、その後がモンゴルなんて、すごい変遷。

  • ニザミ公園から噴水公園に掛けての道は、とても広くておしゃれ。そぞろ歩きたくなるね。<br />

    ニザミ公園から噴水公園に掛けての道は、とても広くておしゃれ。そぞろ歩きたくなるね。

  • 噴水公園の一角には、メリーゴーランドがありました。<br /><br />

    噴水公園の一角には、メリーゴーランドがありました。

    噴水公園 広場・公園

  • 猫も散歩してる。この町は、猫との遭遇率が高いみたい。<br />

    猫も散歩してる。この町は、猫との遭遇率が高いみたい。

  • 噴水公園に地図があったので、掲載します。<br />赤丸が現在いる噴水公園。その下に大きな心臓のような赤ワイン色の旧市街。更に下の青がカスピ海。<br />現在地の1つ北側を東西に走る通りが歩行者天国の繁華街ニザミ通り。<br />

    噴水公園に地図があったので、掲載します。
    赤丸が現在いる噴水公園。その下に大きな心臓のような赤ワイン色の旧市街。更に下の青がカスピ海。
    現在地の1つ北側を東西に走る通りが歩行者天国の繁華街ニザミ通り。

  • 噴水公園の北側にアルメニア教会(armenianchurch)があります。<br />なぜアゼルバイジャンの真ん中にアルメニアの教会が?よりにもよってアルメニア?<br />アゼルバイジャンとアルメニアは、アゼルバイジャン領内でアルメニア系住民が居住するナゴルノ・カラバフ自治州をめぐって紛争が起こり、1994年5月ロシア及びOSCE(米・仏・露)の仲介により停戦されましたが、解決の目途は立っていません。<br />そのため、アルメニアの入国スタンプがあるとアゼルバイジャンには入りにくいと言われています。<br />

    噴水公園の北側にアルメニア教会(armenianchurch)があります。
    なぜアゼルバイジャンの真ん中にアルメニアの教会が?よりにもよってアルメニア?
    アゼルバイジャンとアルメニアは、アゼルバイジャン領内でアルメニア系住民が居住するナゴルノ・カラバフ自治州をめぐって紛争が起こり、1994年5月ロシア及びOSCE(米・仏・露)の仲介により停戦されましたが、解決の目途は立っていません。
    そのため、アルメニアの入国スタンプがあるとアゼルバイジャンには入りにくいと言われています。

  • 噴水公園の北側を曲がって、東に歩いています。南北に歩いていた時と、地面の模様が白黒逆転しました。<br />地図上では、かなり細い道のようでしたが、実際はこんなに広い道でした。<br />

    噴水公園の北側を曲がって、東に歩いています。南北に歩いていた時と、地面の模様が白黒逆転しました。
    地図上では、かなり細い道のようでしたが、実際はこんなに広い道でした。

  • なんておしゃれな通りなんでしょう!<br />ガラス張りの建物はNargiz ショッピンモールです。<br />1階にマクドナルドとZARAが入っています。<br />

    なんておしゃれな通りなんでしょう!
    ガラス張りの建物はNargiz ショッピンモールです。
    1階にマクドナルドとZARAが入っています。

  • 噴水公園(Fountains Square)の象徴。<br />

    噴水公園(Fountains Square)の象徴。

    噴水公園 広場・公園

  • マクドナルドの前に何故か傘を差しながら携帯で話をしている女性像が立っています。<br />

    マクドナルドの前に何故か傘を差しながら携帯で話をしている女性像が立っています。

  • この先の一角は、通りにシャンデリアがあります。クリスマスイルミネーションみたい。<br />そこに、お目当ての店がある筈。<br />

    この先の一角は、通りにシャンデリアがあります。クリスマスイルミネーションみたい。
    そこに、お目当ての店がある筈。

  • MADOカフェです。トルコ資本のカフェなんだとか。<br />ガイドブックに載っていたので、見てみたかったのです。<br />明るくて、入りやすそう。<br />

    MADOカフェです。トルコ資本のカフェなんだとか。
    ガイドブックに載っていたので、見てみたかったのです。
    明るくて、入りやすそう。

  • この辺りはアーケードが続いていて、そこにオープンカフェを設置しています。天井にはエキゾチックな絵が。<br />

    この辺りはアーケードが続いていて、そこにオープンカフェを設置しています。天井にはエキゾチックな絵が。

  • 店内も明るくて綺麗。全然イスラム教の国とは思えない(偏見?)。<br />

    店内も明るくて綺麗。全然イスラム教の国とは思えない(偏見?)。

  • オープンテラスは申し分ないのに、店内の席は配置が狭苦しい感じ。2階席もあるようですが、この時はまだオープンしていませんでした。<br />

    オープンテラスは申し分ないのに、店内の席は配置が狭苦しい感じ。2階席もあるようですが、この時はまだオープンしていませんでした。

  • まだ早い時間だからか、スイーツは少ない感じ。<br />ショーウィンドウの上段に並べられているお菓子は、kg単位で表示されています。どれだけ買うの?しかも、すっごく安い!ケーキ2つで100円しない?<br />ガイドブックには、「バクーはコーカサス3国で最も物価が高い町」と書かれていたけど、物に依るのね。<br />

    まだ早い時間だからか、スイーツは少ない感じ。
    ショーウィンドウの上段に並べられているお菓子は、kg単位で表示されています。どれだけ買うの?しかも、すっごく安い!ケーキ2つで100円しない?
    ガイドブックには、「バクーはコーカサス3国で最も物価が高い町」と書かれていたけど、物に依るのね。

  • 店の奥には階段があって、「↓WC」と書かれています。お言葉に甘えて、トイレを拝借。<br />階段下にはガラス張りの厨房があって、その前の通路を歩いて行くとトイレはあります。<br />しかし、電子ロックが掛かっています。引き返して厨房の人にトイレを指さすと、ナンバーを教えてくれました。<br />以前、どこかの国でマックでトイレを借りようとしたら、やはり電子ロックが掛かっていて、レシートにナンバーが表示されていました。国によっていろいろあるのが楽しいです。<br />

    店の奥には階段があって、「↓WC」と書かれています。お言葉に甘えて、トイレを拝借。
    階段下にはガラス張りの厨房があって、その前の通路を歩いて行くとトイレはあります。
    しかし、電子ロックが掛かっています。引き返して厨房の人にトイレを指さすと、ナンバーを教えてくれました。
    以前、どこかの国でマックでトイレを借りようとしたら、やはり電子ロックが掛かっていて、レシートにナンバーが表示されていました。国によっていろいろあるのが楽しいです。

  • MADOカフェから出て、先に進みます。隣のカフェもオープンテラスで天井に絵が描かれています。<br />バクーの繁華街を歩くなら、ニザミ通りだけでなく、こちらもお勧めです。<br />

    MADOカフェから出て、先に進みます。隣のカフェもオープンテラスで天井に絵が描かれています。
    バクーの繁華街を歩くなら、ニザミ通りだけでなく、こちらもお勧めです。

  • 左右の建物の1階部分がアーケードになっています。<br />スイスのベルンはこれが数100m続いていました。<br />通りの真ん中には路面電車が行き交っていて、とても魅力的な街でした。<br />さて、Khaghaniショッピンモールに突き当たったら、左に曲がってニザミ通りに行きます。<br />

    左右の建物の1階部分がアーケードになっています。
    スイスのベルンはこれが数100m続いていました。
    通りの真ん中には路面電車が行き交っていて、とても魅力的な街でした。
    さて、Khaghaniショッピンモールに突き当たったら、左に曲がってニザミ通りに行きます。

  • さあ、ニザミ通りです。歩行者天国なので、安心して歩けます。<br />

    さあ、ニザミ通りです。歩行者天国なので、安心して歩けます。

  • 実際に歩いてみて、ニザミ通りというのは、メインストリートではあっても、「繁華街」というのかどうかは疑問でした。<br />だって、土曜の午前中なのに、人がいない。イスラム教だと金曜日が賑わうのかな?<br />期待したような雑踏や賑わいが感じられませんでした。<br />

    実際に歩いてみて、ニザミ通りというのは、メインストリートではあっても、「繁華街」というのかどうかは疑問でした。
    だって、土曜の午前中なのに、人がいない。イスラム教だと金曜日が賑わうのかな?
    期待したような雑踏や賑わいが感じられませんでした。

  • 繁華街で、こんなにベンチのある所って見たことがありません。<br />街灯の数だけベンチがあります。すごいなあ。なんで日本には殆どないんだろう。<br />

    繁華街で、こんなにベンチのある所って見たことがありません。
    街灯の数だけベンチがあります。すごいなあ。なんで日本には殆どないんだろう。

  • 「Nizami77」なんか格好いい地番。イスラム教のラッキーナンバーって何番なんだろう?<br />

    「Nizami77」なんか格好いい地番。イスラム教のラッキーナンバーって何番なんだろう?

  • ニザミ通りで目を引いた看板「金繕(つくろ)い」。<br />普通、「金継(つ)ぎ」のことだと思うけど、まさかアゼルバイジャンでねえ?それにどう見たって紳士服店。<br />空港でも「極度乾燥(しなさい)」だし。<br />

    ニザミ通りで目を引いた看板「金繕(つくろ)い」。
    普通、「金継(つ)ぎ」のことだと思うけど、まさかアゼルバイジャンでねえ?それにどう見たって紳士服店。
    空港でも「極度乾燥(しなさい)」だし。

  • 地下倉庫を改装したレストランの入り口。ヨーロッパ各国の古い街にはよく見られる地下の店。<br />アゼルバイジャンは、こんなところまでヨーロッパ方式を取り入れたんですね。<br />

    地下倉庫を改装したレストランの入り口。ヨーロッパ各国の古い街にはよく見られる地下の店。
    アゼルバイジャンは、こんなところまでヨーロッパ方式を取り入れたんですね。

  • ニザミ通りから北上する通り(Samad Vurgun)に曲がりました。<br />路上に靴やかばんの修理屋の露店がありました。しかも、ここで直すらしい。すごい。<br />

    ニザミ通りから北上する通り(Samad Vurgun)に曲がりました。
    路上に靴やかばんの修理屋の露店がありました。しかも、ここで直すらしい。すごい。

  • イマハディン・ナシミの像。ニザミ同様、詩人だそうです。<br />

    イマハディン・ナシミの像。ニザミ同様、詩人だそうです。

  • 本当に、ここがどこだかわからなくなりそうなヨーロッパ調の町並み。<br />ガイドブックには、旧市街とフレームタワーしか取り上げていないけれど、バクーの最大の特徴は、この19世紀のヨーロッパ風の町並みだと思います。<br />かつてオイルマネーでヨーロッパの建築家を呼び寄せ、町を作った名残。<br />

    本当に、ここがどこだかわからなくなりそうなヨーロッパ調の町並み。
    ガイドブックには、旧市街とフレームタワーしか取り上げていないけれど、バクーの最大の特徴は、この19世紀のヨーロッパ風の町並みだと思います。
    かつてオイルマネーでヨーロッパの建築家を呼び寄せ、町を作った名残。

  • 段々と道が狭くなり、小綺麗な街並みも庶民的になって来ました。<br />そろそろホテルに戻らなければならないので、バス停のあるグリーンベルトを目指しています。<br />

    段々と道が狭くなり、小綺麗な街並みも庶民的になって来ました。
    そろそろホテルに戻らなければならないので、バス停のあるグリーンベルトを目指しています。

  • SPARでちょっとお買い物。<br />

    SPARでちょっとお買い物。

  • 店内を撮影すると怒られるので、滅多にしないんですが。<br />店内の巨大な切り株のまな板で、肉を直に切っていたので驚きました。<br />

    店内を撮影すると怒られるので、滅多にしないんですが。
    店内の巨大な切り株のまな板で、肉を直に切っていたので驚きました。

  • SPARを出て、そのまま北上し、グリーンベルトに到着。<br />コンサートホールのそばにあるバス停City Clinic Hospital №4からバスに乗ります。<br />広いグリーンベルトに面して立派な建物が建っています。<br />

    SPARを出て、そのまま北上し、グリーンベルトに到着。
    コンサートホールのそばにあるバス停City Clinic Hospital №4からバスに乗ります。
    広いグリーンベルトに面して立派な建物が建っています。

  • コンサートホール(Central Concert Hall)。意外とつまらないデザインです。<br />これにもやっぱり前大統領の名前が付いています。その向こうの公園もヘイダルアリエフ公園。これだけ見聞きすれば、絶対に覚えるね。<br />

    コンサートホール(Central Concert Hall)。意外とつまらないデザインです。
    これにもやっぱり前大統領の名前が付いています。その向こうの公園もヘイダルアリエフ公園。これだけ見聞きすれば、絶対に覚えるね。

  • う~ん、すごい!古い建物なのに全面ガラス張り。博物館級の建物が並んでいる。<br />

    う~ん、すごい!古い建物なのに全面ガラス張り。博物館級の建物が並んでいる。

  • 帰りはグリーンベルトの北側を通っているから、迂回することなく右に曲がってホテルに向かって一直線に坂を登って行きます。<br />車線が日本と反対方向なので、なかなか慣れませんでした。<br />ホテルに戻ったら、午後からツアーの観光です。それはまた次回にて。<br />

    帰りはグリーンベルトの北側を通っているから、迂回することなく右に曲がってホテルに向かって一直線に坂を登って行きます。
    車線が日本と反対方向なので、なかなか慣れませんでした。
    ホテルに戻ったら、午後からツアーの観光です。それはまた次回にて。

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アゼルバイジャンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アゼルバイジャン最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アゼルバイジャンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集