インスブルック旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 2018年10月4日(木)~16日(火)迄、ユーラシア旅行社主催「オーストリア、世界遺産巡りと湖水地方の旅 13日間」に参加しました。その一日毎の旅行記です。主な行程は以下の通りです。<br />1日目 オーストリア航空直行便にて ウィーンへ <br />    バスにてアイゼンシュタットへ<br />2日目 アイゼンシュタット市内観光 セメリンク鉄道乗車 グラーツへ<br />3日目 グラーツ市内観光 ハイリゲンブルートへ<br />4日目 ツェル・アム・ゼー アルプス山岳鉄道 フランツヨーゼフヘーエ    の展望台 ツェル・アム・ゼー泊<br />5日目 ゲルロス・パス街道経由マイヤーホーフェン SL列車乗車<br />    インスブルック泊<br />6日目 インスブルック市内観光 アルプバッハ ザルツブルク2連泊<br />7日目 ザルツブルク観光<br />8日目 ザツルカンマーグート地方へ ザンクトギルゲン <br />    ハルシュタット2連泊<br />9日目 ハルシュタット観光<br />10日目 メルクへ ドナウクルーズ バスにてウィーンへ<br />    モーツアルト・コンサート ウィーン2連泊<br />11日目 ウィーン市内観光 シェーンブルン宮殿、シュテファン寺院<br />12日目 ウィーン市内にてショッピング <br />    オーストリア航空直行便にてOS51便にて帰国<br />13日目 成田着

オーストリア、世界遺産巡りと湖水地方の旅 6日目の1 インスブルック

4いいね!

2018/10/09 - 2018/10/09

405位(同エリア524件中)

旅行記グループ オーストリア

0

54

よしめさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

 2018年10月4日(木)~16日(火)迄、ユーラシア旅行社主催「オーストリア、世界遺産巡りと湖水地方の旅 13日間」に参加しました。その一日毎の旅行記です。主な行程は以下の通りです。
1日目 オーストリア航空直行便にて ウィーンへ 
    バスにてアイゼンシュタットへ
2日目 アイゼンシュタット市内観光 セメリンク鉄道乗車 グラーツへ
3日目 グラーツ市内観光 ハイリゲンブルートへ
4日目 ツェル・アム・ゼー アルプス山岳鉄道 フランツヨーゼフヘーエ    の展望台 ツェル・アム・ゼー泊
5日目 ゲルロス・パス街道経由マイヤーホーフェン SL列車乗車
    インスブルック泊
6日目 インスブルック市内観光 アルプバッハ ザルツブルク2連泊
7日目 ザルツブルク観光
8日目 ザツルカンマーグート地方へ ザンクトギルゲン 
    ハルシュタット2連泊
9日目 ハルシュタット観光
10日目 メルクへ ドナウクルーズ バスにてウィーンへ
    モーツアルト・コンサート ウィーン2連泊
11日目 ウィーン市内観光 シェーンブルン宮殿、シュテファン寺院
12日目 ウィーン市内にてショッピング 
    オーストリア航空直行便にてOS51便にて帰国
13日目 成田着

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
交通
4.0
同行者
社員・団体旅行
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
ユーラシア旅行社

PR

  •  2018年10月9日(火)旅行6日目<br /> 出発前にちょっとホテル前の教会を覗きました。

     2018年10月9日(火)旅行6日目
     出発前にちょっとホテル前の教会を覗きました。

  •  8:05  ホテル出発 午前中は徒歩観光<br /> 良く晴れて青空、あの山まで行きます。<br /><br />

     8:05 ホテル出発 午前中は徒歩観光
     良く晴れて青空、あの山まで行きます。

  • 王宮の前を通過

    王宮の前を通過

    王宮 城・宮殿

    真っ白です by よしめさん
  • 州立劇場前を通過

    州立劇場前を通過

  • 8:15  congress駅 <br />ケーブルカー(フンガーブルクバーン)を乗り継いでゼーグル展望台へ。

    8:15 congress駅 
    ケーブルカー(フンガーブルクバーン)を乗り継いでゼーグル展望台へ。

  •  チケット<br /> バーコードを読み取らせる。

     チケット
     バーコードを読み取らせる。

  •  ケーブルカー<br /> 8:15  congress駅 ケーブルカーを乗り継いでゼーグル展望台へ。

     ケーブルカー
     8:15 congress駅 ケーブルカーを乗り継いでゼーグル展望台へ。

  •  自転車も乗りこみます。<br />ホームドアが下がって行って、足元の隙間の板がフラットになり乗り込みます。これなら乳母車だって乗れます。実際帰りには乗り込んでました。

     自転車も乗りこみます。
    ホームドアが下がって行って、足元の隙間の板がフラットになり乗り込みます。これなら乳母車だって乗れます。実際帰りには乗り込んでました。

  •  いろいろな屋根の形の駅があります。<br />女性設計者ザハ・ハディッドさんの作だそうです。

     いろいろな屋根の形の駅があります。
    女性設計者ザハ・ハディッドさんの作だそうです。

  • イン川や街が一望

    イン川や街が一望

  •  8:39  乗り継ぎ駅 hungeruburug駅<br /> 駅ごとに、屋根の形が違います。素敵だけど、建設費がかかっただろうし、お掃除も大変だろうなと、下世話なことを考えました。

     8:39 乗り継ぎ駅 hungeruburug駅
     駅ごとに、屋根の形が違います。素敵だけど、建設費がかかっただろうし、お掃除も大変だろうなと、下世話なことを考えました。

  • 紅葉している木々

    紅葉している木々

  • 9:00  ロープウェーに乗り継ぎ

    9:00 ロープウェーに乗り継ぎ

  • 9:08  ゼーグルーベ展望台  標高1905m<br />

    9:08 ゼーグルーベ展望台 標高1905m

  • 遠くの山々が見える。イタリアはあちらかな?

    遠くの山々が見える。イタリアはあちらかな?

  • ハーフェレカー。このてっぺんまでは行きませんでした。

    ハーフェレカー。このてっぺんまでは行きませんでした。

  • とがっている

    とがっている

  •  山々の説明<br /> 正直どれがどの山かなんて興味ありません。高くて見晴らしがよいな、晴れてよかった程度の物です。暑くて疲れるのに、わざわざ歩いて登る方々の気持ちは、否定はしませんが、理解できません。

     山々の説明
     正直どれがどの山かなんて興味ありません。高くて見晴らしがよいな、晴れてよかった程度の物です。暑くて疲れるのに、わざわざ歩いて登る方々の気持ちは、否定はしませんが、理解できません。

  • 雪をかぶった山々

    雪をかぶった山々

  •  山羊の群れがいる。<br />耳のパンチは飼われているしるしかな?

     山羊の群れがいる。
    耳のパンチは飼われているしるしかな?

  •  歩いたり、自転車などで登って来たりする人たちもいる。<br />私達は来た道をそのまま、ロープウェーや、ケーブルカーを使ってまたおります。

     歩いたり、自転車などで登って来たりする人たちもいる。
    私達は来た道をそのまま、ロープウェーや、ケーブルカーを使ってまたおります。

  • 普通の家だが、檜皮葺の壁が珍しい。

    普通の家だが、檜皮葺の壁が珍しい。

  • 線路あり

    線路あり

  • ここも紅葉

    ここも紅葉

  •  現地ガイドさん<br /> 民族衣装でご案内。結婚なさっているそうです。さすが海外で暮らしていらっしゃるだけあって、はっきり物をおっしゃいます。強くなければ生きていけないのでしょう。

     現地ガイドさん
     民族衣装でご案内。結婚なさっているそうです。さすが海外で暮らしていらっしゃるだけあって、はっきり物をおっしゃいます。強くなければ生きていけないのでしょう。

  • 下から見ても綺麗。山は見る物、楽してなら登ってもよい物。

    下から見ても綺麗。山は見る物、楽してなら登ってもよい物。

  • 3本の旗<br />ハプスブルグ家は双頭の鷲と聞きました。

    3本の旗
    ハプスブルグ家は双頭の鷲と聞きました。

  • 顔に見える家

    顔に見える家

  • 王宮の前を通過

    王宮の前を通過

  • アンナ記念柱<br />逆光でよくわかりません。

    アンナ記念柱
    逆光でよくわかりません。

  • 市庁舎

    市庁舎

  • マリアテレジア通り

    マリアテレジア通り

  •  アンナ記念柱<br /> スペイン継承戦争の際、バイエルン軍を撃退した日が聖アンナの日だったことを記念して造られました。

     アンナ記念柱
     スペイン継承戦争の際、バイエルン軍を撃退した日が聖アンナの日だったことを記念して造られました。

    アンナ記念柱 モニュメント・記念碑

    マリアテレジア通りの真ん中に立つ by よしめさん
  •  カウフハウスチロル<br /> 昨日行ったスーパーが入っているショッピングモール。

     カウフハウスチロル
     昨日行ったスーパーが入っているショッピングモール。

  • 立派な建物<br />今はオーストリア銀行です。

    立派な建物
    今はオーストリア銀行です。

  • 塔

  • 王冠マーク

    王冠マーク

  •  凱旋門<br /> マリアテレジアが息子レオポルトの結婚記念として1765年に建設。同時期に夫フランツ1世がなくなったため、片側には「生と幸福」片側には「死と悲しみ」のモチーフが刻まれました。これは「死と悲しみ」側

     凱旋門
     マリアテレジアが息子レオポルトの結婚記念として1765年に建設。同時期に夫フランツ1世がなくなったため、片側には「生と幸福」片側には「死と悲しみ」のモチーフが刻まれました。これは「死と悲しみ」側

    凱旋門 モニュメント・記念碑

    表と裏では意味が違う by よしめさん
  •  凱旋門 「生と幸福」側<br /> Oさんが車の間を縫って写真を撮りに車道へ。思わず皆から「危ない!」の声が。ご本人はいたって平然。さすがにTDがやんわり注意。けがをして、本人が痛い思いをするだけなら自業自得です。が、そうなるとTDが付き添ったり、保険の請求をしたり、余計な手間がかかり、皆にそのしわ寄せが来ます。そんなことは考えもしないのでしょう。いつも真っ先に陣取り、思ったことを120%口にし、周りの事に頓着しない、空気が読めない方のようです。

     凱旋門 「生と幸福」側
     Oさんが車の間を縫って写真を撮りに車道へ。思わず皆から「危ない!」の声が。ご本人はいたって平然。さすがにTDがやんわり注意。けがをして、本人が痛い思いをするだけなら自業自得です。が、そうなるとTDが付き添ったり、保険の請求をしたり、余計な手間がかかり、皆にそのしわ寄せが来ます。そんなことは考えもしないのでしょう。いつも真っ先に陣取り、思ったことを120%口にし、周りの事に頓着しない、空気が読めない方のようです。

  • ショッピング通りです。

    ショッピング通りです。

  • イン川、イン橋へ。

    イン川、イン橋へ。

  •  パステルトーンの街並み。<br /> ハンザ同盟の何かかしら?

     パステルトーンの街並み。
     ハンザ同盟の何かかしら?

  • 昔ここまでが城壁でした。

    昔ここまでが城壁でした。

  • カラフルな窓ガラスカバー<br />オーストリア国旗を意識している?

    カラフルな窓ガラスカバー
    オーストリア国旗を意識している?

  • ひそひそ声で話す人たちの銅像

    ひそひそ声で話す人たちの銅像

  • 古の建物

    古の建物

  • 看板が素敵

    看板が素敵

  •  聖ヤコブ大聖堂<br /> 18世紀にバロック様式に改築されました。<br /><br /> ルーカス・クラーナハ作の「救いの聖母」<br /> 下の長方形の絵です。小さすぎてよく見えないかもしれませんが。

     聖ヤコブ大聖堂
     18世紀にバロック様式に改築されました。

     ルーカス・クラーナハ作の「救いの聖母」
    下の長方形の絵です。小さすぎてよく見えないかもしれませんが。

    大聖堂(聖ヤコプ教会) 寺院・教会

    内部が豪華 by よしめさん
  • パイプオルガン

    パイプオルガン

  • 説教壇も美しい

    説教壇も美しい

  •  天井画も素敵<br />バロックの巨匠アザム兄弟の作。

     天井画も素敵
    バロックの巨匠アザム兄弟の作。

  • 右も左も素敵

    右も左も素敵

  • 荘厳な感じ

    荘厳な感じ

  • 写真撮影は1ユーロ(134円)

    写真撮影は1ユーロ(134円)

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

オーストリア

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 440円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集